カミタクの部屋

  

カミタク・ブログ

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

STATISTICS
温泉天国・鹿児島温泉紹介! > 卑弥呼の湯や原鶴温泉等甘木朝倉地域温泉紹介リンク集

IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理

木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント
  

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

邪馬台国・卑弥呼の里:卑弥呼の湯や原鶴温泉等
甘木朝倉地域(+吉野ヶ里周辺)の観光・温泉紹介

(甘木朝倉地域の観光スポット,温泉とスーパー銭湯を、行った場所は入湯記 or 訪問記で、未訪問の場所はリンク集で紹介する、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」HPのサブ・コンテンツ。夏休み,冬休み,春休みや土日・休日の遊び、家族旅行の思い出作り,デート、ドライブ情報の計画を立てる際に、お使いいただけます。)

  
アルバム「せつなくて...sentimental season」














邪馬台国・卑弥呼の里:卑弥呼の湯や原鶴温泉等甘木朝倉地域+うきは市の温泉・観光紹介リンク集(+吉野ヶ里周辺)
(この画面内の目次)

目次
この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    

地域外 この地域の温泉や観光地ではありませんが・・・

城山観光ホテル
城山観光ホテル
桜島が見える露天風呂
   山川ヘルシーランド露天風呂
山川ヘルシーランド露天風呂

○   温泉なら、県別源泉数日本2位の温泉天国・鹿児島県へ!
○   2008年NHK大河ドラマ「篤姫」ゆかりの歴史スポットなど素敵な観光スポットもたくさん!


温泉天国・鹿児島温泉紹介!



【楽天トラベル】航空券予約

九州新幹線で行き易くなりました。
隣接エリア+α(当HP内の他ページ)
福岡市及びその近郊の温泉・観光案内

ホテル宿泊予約,  観光,  温泉
北九州・筑豊・下関の温泉・観光案内

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
甘木朝倉地域の温泉・観光案内
(原鶴温泉,筑後川温泉,卑弥呼の湯等)
大牟田・荒尾の温泉・観光案内
(グリーンランド,石炭産業科学館等)
黒川温泉の温泉・観光案内
+阿蘇山観光案内
由布院温泉の温泉・観光案内
人吉温泉の温泉・観光案内 別府温泉の温泉・観光案内
東京都の温泉・観光案内

ホテル宿泊予約,  観光,  温泉
横浜市の温泉・観光案内

ホテル宿泊予約,  観光,  温泉
名古屋市の温泉・観光案内

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
大阪府の温泉・観光案内

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
京都市の温泉・観光案内嵐山温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
神戸市の温泉・観光案内有馬温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
札幌定山渓温泉も含む),  夕張,  花巻温泉郷,  湘南・三浦地域・鎌倉,  相模原市,厚木市,相模湖,丹沢,大山など,  松山市道後温泉も含む),  高知県,  その他全国各地の地域のホテル,観光案内,温泉案内




(温泉案内の前に)この地域の宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
(宿は、温泉以外も含む)

【楽天トラベル】福岡県朝倉市の宿(ホテル・旅館)の検索結果
【楽天トラベル】福岡県朝倉郡筑前町の宿(ホテル・旅館)の検索結果
福岡県朝倉郡筑前町解説は、三輪町夜須町が、2005年3月22日に合併してできました。)
【楽天トラベル】福岡県うきは市の宿(ホテル・旅館)の検索結果
飛行機 【楽天トラベル・楽パック・国内ツアー】(JAL,ANA航空券と宿の同時予約)
【楽天トラベル】航空券予約
この地域に行くための鉄道 (当HP内の)九州新幹線乗車記
【楽天トラベル×JR九州】<往復JR+宿泊>セットでおトクな予約
JR九州公式WEBサイト
西鉄(西日本鉄道(株))公式WEBサイト → にしてつくらしネット
甘木鉄道(株)公式WEBサイト
この地域の路線バス 九州のバス時刻表
西鉄(西日本鉄道(株))公式WEBサイト → にしてつくらしネット
(株)甘木観光バス公式WEBサイト
キーワード「うきはバス」のgoogle検索結果



この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    




(温泉案内の前に)この地域の観光案内


(温泉案内の前に)甘木・朝倉地域の福岡県朝倉市の温泉以外の観光スポット

朝倉市 全般的に 朝倉市ホームページ(朝倉市役所)
【ウィキペディア(Wikipedia)】朝倉市
ちくご観光案内所(福岡県南部 筑後地方15市町村の観光ガイド)
あさくら路観光案内(あさくら観光協会)
朝倉市商工会
秋月観光事業者組合
秋月地区は、福岡県 朝倉市甘木市地域の中でも、特に人気のある観光地です。)
甘木市地域
【楽天トラベル】福岡県朝倉市の宿(ホテル・旅館)の検索結果

福岡県 朝倉市は、甘木市地域に、国指定史跡弥生時代中期から古墳時代にかけて(紀元前1世紀〜西暦4世紀頃)の環濠集落遺跡であり、邪馬台国甘木朝倉説における邪馬台国比定地である平塚川添遺跡ひらつかかわぞえいせきがあったり、筑前 福岡藩 黒田家支藩 ・ 筑前 秋月藩の藩庁があった秋月城秋月陣屋の城下町が人気の観光地・秋月地区があったりする、歴史観光の街です。)

国史跡 平塚川添遺跡公園ひらつかかわぞえいせき
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、平塚川添遺跡公園の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市平塚444、Tel.:0946-21-7966。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも平塚川添遺跡として、邪馬台国大研究でも国指定 平塚川添遺跡として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも平塚川添遺跡,  平塚川添遺跡公園として、全国観みなびでも平塚川添遺跡として、プチたびでも平塚川添遺跡公園として、NPO法人シニアネット久留米(略称SNK)でも平塚川添遺跡として紹介されています。
  朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 平塚川添遺跡(リンク先URLは2015年12月現在),ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 平塚川添遺跡によれば、
平塚川添遺跡は、弥生時代後期を中心にして、弥生時代中期から古墳時代にかけて(紀元前1世紀〜西暦4世紀頃)の、多重の環濠に囲まれた大規模な環濠集落の遺跡であるとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 平塚川添遺跡によれば、平塚川添遺跡では、上記の多重の環濠の他、約300軒の竪穴式住居、約100軒の掘立柱建物跡が確認されているとの由です。朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 平塚川添遺跡によれば(リンク先URLは2015年12月現在)平塚川添遺跡は国指定の史跡(平成6年(1994年)5月19日指定)であるとの由です。安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説における邪馬台国比定地・朝倉市にありますので、邪馬台国の候補地の中の1つと言われている遺跡です。
  安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説の概略、また、それに基づいて「邪馬台国高天原」とした場合の関連スポットとして、
高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))天照大神を祀る朝倉市とその周辺の神社の一覧や、朝倉市朝倉郡の古墳の一覧について詳しくは当画面(当ページ)下方の平塚川添遺跡紹介欄(長文版)で、ご参照いただけます。
→   (当HP内の)平塚川添遺跡紹介欄

  また、
平塚川添遺跡についても紹介展示している博物館は、2016年1月現在甘木歴史資料館です。
→   (当HP内の)甘木歴史資料館紹介欄

平塚川添遺跡と邪馬台国甘木説関連参照リンク先
分類 参照HP
私の説 邪馬台国や、邪馬台国東遷説(神武東征)に関する私の説は、当ホームページ内の、以下の各訪問記の解説欄で解説しています。
(当HP内の)可愛山陵(瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の墓)訪問記(鹿児島県)
(当HP内の)神長官守矢史料館訪問記(長野県)
安本美典 安本美典氏
(powered by 邪馬台国の会.)
安本美典
(powered by フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.)
邪馬台国 邪馬台国の会
(邪馬台国甘木説を唱える安本美典氏主宰の古代史研究会)
邪馬台国大研究
(サブコンテンツとして、全国・博物館巡り甘木歴史資料館の中に、国指定 平塚川添遺跡があります。)
邪馬台国
(リンク先はSelfpit セルフピット(ブログ)のサブ・コンテンツ。)
邪馬台国「朝倉説」
(リンク先は風変人(ふうがじん) ・ ふるさと 朝倉(あさくら)のサブ・コンテンツ。)
関連本
powered by

【楽天ブックス】「著者名:安本美典」の検索結果
【楽天ブックス】キーワード「平塚川添遺跡」の検索結果
福岡県高等学校歴史研究会福岡県の歴史散歩山川出版社,2008年)
【楽天ブックス】キーワード「福岡県+歴史」の検索結果

甘木歴史資料館甘木歴史資料館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市甘木216−2,Tel.:0946−22−7515。公式WEBサイトは甘木歴史資料館公式WEBサイトです。クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも甘木歴史資料館として、全国観るなびでも甘木歴史資料館として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも甘木歴史資料館として紹介されています。
  
甘木歴史資料館でも展示されている平塚川添遺跡について詳しくは、当画面(当ページ)下方の平塚川添遺跡紹介欄(長文版)で、ご参照いただけます。平塚川添遺跡は、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説に基づいた場合の、邪馬台国所在地の有力候補地となり得る遺跡です。
→   (当HP内の)平塚川添遺跡紹介欄

  歴史に関する博物館ならば、鹿児島県では、鹿児島市
尚古集成館,  維新ふるさと館,  指宿市薩摩伝承館,  南九州市南九州市頴娃(えい)歴史民俗資料館,  南九州市 ・ 知覧知覧特攻平和会館,  ミュージアム知覧(南九州市立博物館),  南さつま市坊津歴史資料センター輝津館の場所,  鑑真記念館,  笠沙恵比寿,  霧島市塩浸温泉龍馬公園,  姶良市(あいらし)加治木郷土館,  姶良市歴史民俗資料館,  いちき串木野市薩摩藩英国留学生記念館,  長島町長島町歴史民俗資料館,  さつま町宮之城歴史資料センター,  伊佐市大口歴史民俗鉄道記念資料館,  垂水市(たるみずし)垂水文行館(旧・垂水島津館),  種子島 ・ 熊毛郡くまげぐん) 南種子町たねがしま赤米館,  屋久島 ・ 熊毛郡 屋久島町屋久島町歴史民俗資料館,  奄美群島 ・ 奄美大島 ・ 奄美市奄美パーク,  奄美群島 ・ 徳之島 ・ 大島郡 天城町天城町歴史文化産業化学資料センター「ユイの館」,  奄美群島 ・ 与論島 ・ 大島郡 与論町サザンクロスセンターや、特に古代史についても展示している博物館については、鹿児島市鹿児島県歴史資料センター黎明館,  鹿児島市立ふるさと考古歴史館,  指宿市時遊館COCCOはしむれ(指宿市考古博物館),  南さつま市加世田郷土資料館,  南さつま市歴史交流館金峰,  霧島市上野原縄文の森(上野原遺跡),  霧島市立隼人塚史跡館,  霧島市立隼人歴史民俗資料館,  薩摩川内市(さつませんだいし)川内歴史資料館,  鹿屋市(かのやし)王子遺跡資料館,  曽於市(そおし)曽於市歴史民俗資料館,  肝属郡きもつきぐん) 東串良町(ひがしくしらちょう)東串良町郷土研修館,  肝属郡 肝付町(きもつきちょう)肝付町立歴史民俗資料館,  種子島 ・ 西之表市種子島開発総合センター 鉄砲館,  種子島 ・ 熊毛郡くまげぐん) 中種子町中種子町立歴史民俗資料館,  種子島 ・ 熊毛郡 南種子町広田遺跡ミュージアム,  南種子町郷土館,  奄美群島 ・ 奄美大島 ・ 奄美市奄美市立奄美博物館,  奄美市歴史民俗資料館,  宇宿貝塚史跡公園(うしゅくかいづかしせきこうえん),  奄美群島 ・ 徳之島 ・ 大島郡 伊仙町伊仙町立歴史民俗資料館,  奄美群島 ・ 沖永良部島 ・ 大島郡 和泊町和泊町歴史民俗資料館等も、お薦めです。)
安長寺安長寺の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市甘木772、Tel.:0946-24-6758(朝倉市観光協会)。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも安長寺として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも安長寺として紹介されています。)
皇産霊本宮神社皇産霊(むすひ)本宮神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市甘木1507。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもむすひ(皇産霊)本宮神社として、COOL-JPでも皇産霊(むすひ)本宮神社 福岡県朝倉市甘木1507 (C-X)として、紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「皇産霊本宮神社」+「朝倉市」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 皇産霊(むすひ)本宮神社 福岡県朝倉市甘木1507 (C-X)によれば、
皇産霊本宮神社天之御中主神,  高御産巣日神,  神産巣日神を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
須賀神社(朝倉市甘木)須賀神社(朝倉市甘木)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市甘木842(甘木873-5とする情報源もあります),Tel.:0946-22-2249。朝倉市甘木市地域。「須賀神社公式WFacebookページ」もあり、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも須賀神社として、じゃらんnetでも須賀神社として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも須賀神社として、九州神社紀行−ブログでも須賀神社(福岡県朝倉市)として紹介されています。
  九州神社紀行−ブログ ・ 須賀神社(福岡県朝倉市)によれば、
須賀神社(朝倉市甘木)の御祭神は大己貴神,  櫛稲田姫神,  素戔嗚神(スサノオノカミ),  火産霊神,  少彦名神であるとの由です。素戔嗚尊(スサノオノミコト)も御祭神とする神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の素戔嗚尊を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
小石原川(こいしわらがわ)(旧称:夜須川安川):甘木市街地,平塚川添遺跡最寄り):小石原川の場所(甘木市街地),  小石原川の場所(平塚川添遺跡最寄り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で、前者は福岡県 朝倉市甘木市地域甘木市地域市街地中心部の皇産霊本宮神社最寄りで、後者は平塚川添遺跡最寄りの場所です。住所:前者は福岡県朝倉市甘木,後者は福岡県朝倉市下浦。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも邪馬台国九州説の中で、邪馬台国の会ホームページでも天照大御神は卑弥呼である,  高天原の謎の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「小石原川」+「天の安」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
小石原川こいしわらがわは、福岡県 朝倉市甘木市地域甘木市地域市街地中心部地域や、秋月城の城下町だった甘木市地域の秋月地区等を流れている川です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 筑後川によれば、小石原川は、筑後川の支流の筑後川水系の河川であるとの由です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 邪馬台国九州説,  邪馬台国の会ホームページ ・ 天照大御神は卑弥呼である,  高天原の謎によれば、
小石原川は、かつては夜須川やすかわと呼ばれる川で、同じ読みで安川と表記されることもあったとの由です。上記各情報源によれば、このため、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説では、記紀古事記日本書紀)に出て来る天の安の河を、旧称が夜須川安川である、今日の小石原川に比定しているとの由です。同情報源によれば、この旧称・夜須川安川流域では、福岡県 朝倉市甘木市地域に隣接して、福岡県 朝倉郡 筑前町の、市町村合併前の夜須町地域夜須(やす)という地名(その周辺の明治29年(1896年)3月31日までの郡名は夜須郡(やすぐん))、今日の朝倉市甘木市地域の昭和29年(1954年)3月31日までの安川村(今日の朝倉市大字(おおあざ)の「下渕(この辺り(地図))」,「甘水(この辺り(地図))」,「隈江(この辺り(地図))」,「持丸(この辺り(地図))」,「千手(この辺り(地図))」,「長谷山(この辺り(地図))」,「楢原(この辺り(地図))」)という村名に、やすの地名が残っていたことも、安本美典氏は挙げています。安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説に基づいた場合の他の関連スポットについては、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
→   (当HP内の)平塚川添遺跡紹介欄

  この
小石原川(旧甘木市地域中心部)(別名:夜須川,  安川の少し上流の、秋月城の城下町だった秋月地区等の福岡県 朝倉市甘木市地域の安川,秋月,上秋月地区の流域の小石原川(朝倉市の安川,秋月,上秋月地区)は、ホタルの名所であるとの由です。また、小石原川のさらに上流には、上秋月湖江川ダムがあります。)
朝倉市甘木B&G海洋センター
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、朝倉市甘木B&G海洋センターの場所のとおり。住所:福岡県朝倉市堤155、Tel.:0946-24-9500。公式WEBサイト「朝倉市甘木B&G海洋センター公式WEBサイト」もあり、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも朝倉市甘木B&G海洋センターとして紹介されています。)
堤当正寺古墳(つつみとうしょうじこふん):堤当正寺古墳の場所
(リンク先は、古墳マップ ・ 堤当正寺古墳,ならびに古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 堤当正寺古墳によるアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図であり、古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 堤当正寺古墳によれば北緯33°25'19.8",東経130°40'22.2"の場所にあるとの由です。住所:福岡県朝倉市堤。朝倉市ホームページ(朝倉市役所)でも堤当正寺古墳として(リンク先URLは2015年12月現在。もしも将来リンク切れになったら、朝倉市ホームページ上のキーワード「堤当正寺古墳」のgoogle検索結果でお探し下さい)、古墳マップでも堤当正寺古墳として、古墳めぐりウォーキング in 福岡でも堤当正寺古墳として紹介されています。その他、キーワード「堤当正寺古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果でご参照いただけます。朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 堤当正寺古墳(リンク先URLは2015年12月現在),ならびに古墳マップ ・ 堤当正寺古墳によれば、堤当正寺古墳は、古墳時代中期(5世紀中頃)の前方後円墳であり、県指定の史跡であるとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
甘木公園甘木公園,  甘木公園の桜
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、甘木公園の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市菩提寺79、Tel.:0946-24-6758(あさくら観光協会)。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも甘木公園として、じゃらんnetでも甘木公園のツツジとして、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも甘木公園として紹介されています。甘木公園の中には、鬼の枕古墳跡もあります。)
鬼の枕古墳跡鬼の枕古墳跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市菩提寺山畑。古墳めぐりウォーキング in 福岡でも鬼の枕古墳として紹介されています。その他、キーワード「鬼の枕古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果でご参照いただけます。古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 鬼の枕古墳によれば、鬼の枕古墳跡は、甘木公園の中に、かつて存在した古墳の跡であるとの由であり、残念ながら駐車場の拡張工事で消滅したとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
高住神社 & 椀貸古墳(わんかしこふん):高住神社の場所&椀貸古墳の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市柿原1048。高住神社については、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも高住神社として、COOL-JPでも高住神社 福岡県朝倉市柿原1048 V3(C-C)として紹介されています。また、椀貸古墳(わんかしこふん)については、COOL-JPでも高住神社 福岡県朝倉市柿原1048 V3(C-C)の中で紹介されている他、大和國古墳墓取調室でも福岡県朝倉市の古墳の中で、山歩き 古墳巡りでも朝倉古墳訪問の中で、【Picasaウェブアルバム】古川博英さんのギャラリーでもムクロジュの実を拾いながら (甘木町・椀貸古墳)(Wankasi kofun)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 高住神社 福岡県朝倉市柿原1048 V3(C-C)によれば、
高住神社の御祭神は天忍穂耳命(アメノオシホミミ)であるとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ アメノオシホミミによれば、天忍穂耳命(アメノオシホミミ)は、スサノオノミコト天照大神の勾玉を譲り受けて生まれた五皇子の長男,即ち天照大神の子であり、また、高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))の娘婿であり、さらに、天孫降臨を行った瓊瓊杵尊邇邇芸命;ニニギノミコト)の父親です。天照大神の御子神であり、かつ高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))の娘婿である天忍穂耳命(アメノオシホミミ)を祀った神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の天忍穂耳命を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  また、COOL-JP ・ 高住神社 福岡県朝倉市柿原1048 V3(C-C),  大和國古墳墓取調室 ・ 福岡県朝倉市の古墳,  山歩き 古墳巡り ・ 朝倉古墳訪問,ならびに【Picasaウェブアルバム】古川博英さんのギャラリー ・ ムクロジュの実を拾いながら (甘木町・椀貸古墳)(Wankasi kofun)によれば、
高住神社椀貸古墳という円墳の古墳の上にあるとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
鷂天神社(はいたかてんじんしゃ)(別名:高天神社):鷂天神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市上浦230。COOL-JPでも鷂天神社 福岡県朝倉市上浦230 V1(N/C-B)として、福岡神社参拝帳でも[1173] 鷂天神社(はいたかてんじんしゃ)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「鷂天神社」+「朝倉市」+「上浦」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 鷂天神社 福岡県朝倉市上浦230 V1(N/C-B)によれば、
鷂天神社はいたかてんじんしゃ)(別名:高天神社の御祭神は、高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神,  大日霊貴命(オオヒルメムチノミコト)(天照大神であるとの由であり、また、同情報源によれば、甘木市史には菅原神菅原道真も御祭神として記載されているとの由です。高皇産霊尊高木神大日霊貴命天照大神とが御祭神であるとの由ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺地域で、高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社、ならびに天照大神を御祭神としている他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
キリンビール福岡工場(見学)
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、キリンビール福岡工場の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市馬田3601、Tel.:0946-23-2132。じゃらんnetでもキリンビール福岡工場として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもキリンビール福岡工場として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でもキリンビール(株)福岡工場として紹介されています。)
あまぎ水の文化村,  あまぎ水の文化村のコスモス
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、あまぎ水の文化村の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市矢野竹831、Tel.:0946-25-0323。公式WEBサイト「あまぎ水の文化村公式WEBサイト」もあり、あまぎ水の文化村公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でもあまぎ水の文化村として、じゃらんnetでもあまぎ水の文化村として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもあまぎ水の文化村として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でもあまぎ水の文化村として紹介されています。)
三所神社三所神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市三奈木枦畑2409-1。COOL-JPでも三所神社 福岡県朝倉市三奈木枦畑2409-1 V12(C-B)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 三所神社 福岡県朝倉市三奈木枦畑2409-1 V12(C-B)によれば、
三所神社天照大神,  倉稲魂命(ウカノミタマノミコト),  大山祇命を御祭神とした神社であるとの由です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ ウカノミタマ,ならびにトヨウケビメ等によれば、
倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)とは、稲荷神であると同時に、三重県 伊勢市伊勢神宮解説伊勢神宮・外宮(別名:豊受大神宮)(解説,  地図の御祭神・豊受大御神(トヨウケノオオミカミ,トヨウケビメ)と同一視されているとの由であり、一方、豊受大御神は、邪馬台国台与(臺與)(トヨ)(壱与(壹與)(イヨ))に比定されることもある神様です。ただし、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ トヨウケビメによれば、豊受大御神(トヨウケノオオミカミ,トヨウケビメ)丹波国(現・京都府の一部 + 兵庫県の一部)を出自とする神様(神格化される以前の、史実として存在したとする場合で申せば、「動物脊椎動物(せきついどうぶつ)門(脊索動物(せきさくどうぶつ)脊椎動物(せきついどうぶつ)亜門)哺乳綱 霊長目(サル目) ヒト科 ヒト属 ヒトホモ・サピエンス(Homo sapiens))という種の動物」の1個体)ですので、豊受大御神台与(臺與)(トヨ)(壱与(壹與)(イヨ))に比定するのは早計であるとする説もあり得ます。このため、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 台与によれば、邪馬台国甘木・朝倉説を採用した上で「卑弥呼天照大神」と想定した場合でも、天照大神と同時代の神(に神格化される以前の、史実として存在したとする場合の「動物脊椎動物(せきついどうぶつ)門(脊索動物(せきさくどうぶつ)脊椎動物(せきついどうぶつ)亜門)哺乳綱 霊長目(サル目) ヒト科 ヒト属 ヒトホモ・サピエンス(Homo sapiens))という種の動物」の1個体)の中では、「『卑弥呼台与(臺與)(トヨ)(2人を併せて)』=天照大神」説、「天照大神の息子の天忍穂耳命(アメノオシホミミ)と結婚した、高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))の娘の萬幡豊秋津師比売命(ヨロヅハタトヨアキツシヒメ)(栲幡千千姫命(タクハタチヂヒメノミコト))台与(臺與)(トヨ)と比定する説」、等の異説があるとの由です。
  いずれにせよ、
三所神社天照大神も御祭神とする神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて天照大神を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
美奈宜神社上宮(みなぎじんじゃうえみや)(喰那尾神社(くいなおじんじゃ)):美奈宜神社上宮(喰那尾神社)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市三奈木4933(旧三奈木村)。COOL-JPでも美奈宜神社上宮[喰那尾(くいなお)神社]福岡県朝倉市三奈木4933 V12(C-C)として、空 sora そらでも喰那尾神社 福岡県朝倉市として、ひもろぎ逍遥でも喰那尾神社・皇后軍の陣営地として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「喰那尾」+「朝倉市」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 美奈宜神社上宮[喰那尾(くいなお)神社]福岡県朝倉市三奈木4933 V12(C-C)によれば、
美奈宜神社上宮喰那尾神社天照大神,  住吉大明神,  春日大明神を御祭神とした神社であるとの由です。天照大神を御祭神とする神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて天照大神を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  
美奈宜神社の名を冠した神社は、美奈宜神社上宮喰那尾神社の他にも、朝倉市甘木市地域美奈宜神社(荷原)みなぎじんじゃ(いないばる),  美奈宜神社(林田)みなぎじんじゃ(はやしだ)があります。また、みなぎの地名は、従来からの大字(おおあざ)「三奈木(この辺り(地図))」に加えて、恐らくは「都会人のための田舎暮らしと、スローライフ」のための住宅・老人ホーム&介護付き住宅の住宅地として知られる美奈宜の杜公式Facebookページの宅地開発の影響であろうと推測可能な理由により、 新たな町(町丁)の町名「美奈宜の杜1丁目(この辺り(地図))〜7丁目(この辺り(地図))」が設けられています。「美奈宜の杜1丁目〜7丁目」には、美奈宜温泉美奈宜の杜温泉 杜の湯みなぎのもりおんせん・もりのゆもあります。
→   ○   (当HP内の)美奈宜神社(荷原)紹介欄
○   (当HP内の)美奈宜神社(林田)紹介欄

美奈宜神社(荷原)美奈宜神社(みなぎじんじゃ;荷原(いないばる))の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市荷原寺内2421(旧三奈木村),Tel.:0946-22-7431。美奈宜神社(荷原)を紹介する個人サイト「美奈宜神社 魅力紹介」で紹介されている他、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも三奈木くんちとして、goo ・ タウンページでも美奈宜神社として、iタウンページでも美奈宜神社として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも美奈宜神社として、玄松子神社参拝の記憶でも美奈宜神社(荷原)として、九州神社紀行−ブログでも美奈宜神社(福岡県朝倉市荷原)として紹介されています。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 筑前国の式内社一覧によれば、
美奈宜神社(荷原)は、平安時代の延長5年(927年)にまとめられた『延喜式神名帳』に記載のある神社「延喜式内社」であると推定されている神社(論社)であるとの由であり、平安時代筑前国 下座郡(げざぐん)美奈宜神社(ミナギノジンジャ)三座と同一、もしくはその後裔と推測されているとの由です。また、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 名神大社によれば、美奈宜神社(荷原)は、古代における社格の1つ「名神大社(みょうじんたいしゃ)」の神社であるとの由です。
  玄松子の記憶 ・ 美奈宜神社(荷原)によれば、
美奈宜神社(荷原)は、天照皇大神を御祭神として、住吉大神,  春日大神を配祀し、神功皇后,  武内宿禰を相殿とする神社であるとの由です。天照大神を御祭神とする神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて天照大神を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  
美奈宜神社の名を冠した神社は、美奈宜神社(荷原)の他にも、朝倉市甘木市地域美奈宜神社上宮みなぎじんじゃうえみや)(喰那尾神社くいなおじんじゃ)),  美奈宜神社(林田)みなぎじんじゃ(はやしだ)があります。また、みなぎの地名は、従来からの大字(おおあざ)「三奈木(この辺り(地図))」に加えて、恐らくは「都会人のための田舎暮らしと、スローライフ」のための住宅・老人ホーム&介護付き住宅の住宅地として知られる美奈宜の杜公式Facebookページの宅地開発の影響であろうと推測可能な理由により、新たな町(町丁)の町名「美奈宜の杜1丁目(この辺り(地図))〜7丁目(この辺り(地図))」が設けられています。「美奈宜の杜1丁目〜7丁目」には、美奈宜温泉美奈宜の杜温泉 杜の湯みなぎのもりおんせん・もりのゆもあります。
→   ○   (当HP内の)美奈宜神社上宮紹介欄(当HP内の)喰那尾神社紹介欄
○   (当HP内の)美奈宜神社(林田)紹介欄

大神宮(朝倉市日向石)大神宮(朝倉市日向石)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市日向石1228。COOL-JPでも大神宮 福岡県朝倉市日向石1228として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「大神宮」+「朝倉市日向石1228」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
大神宮(朝倉市日向石)の御祭神は調べても分かりませんでしたが、神社名から推測して、天照大神を御祭神とした神社と推測します。このため、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて天照大神を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
小田茶臼塚古墳小田茶臼塚古墳の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市小田572番地。朝倉市ホームページ(朝倉市役所)でも小田茶臼塚古墳として(リンク先URLは2015年12月現在。もしも将来リンク切れになったら、朝倉市ホームページ上のキーワード「小田茶臼塚古墳」のgoogle検索結果でお探し下さい)、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも小田茶臼塚古墳として、古墳めぐりウォーキング in 福岡でも小田茶臼塚古墳として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも小田茶臼塚古墳として、装飾古墳今昔紀行(blog) ・ カテゴリー:福岡県 筑後川右岸でも小田茶臼塚古墳  −?の装飾古墳(朝倉地区の装飾古墳1)−として、街道を歩くでも小田茶臼山古墳として、まぁ坊の思いつくまま考古学日記でも2010.07.20 小田茶臼塚古墳として紹介されています。
  朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 小田茶臼塚古墳(リンク先URLは2015年12月現在),ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 小田茶臼塚古墳によれば、
小田茶臼塚古墳は、古墳時代中期(5世紀)の前方後円墳であり、国指定の史跡である(昭和54年(1979年)9月4日指定)との由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
美奈宜神社(林田)(みなぎじんじゃ(はやしだ)):美奈宜神社(林田)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市林田210(旧蜷城村),Tel.:0946-22-5358。公式WEBサイト等としては美奈宜神社(林田)オフィシャルサイト,  美奈宜神社(林田)公式Facebookページがあります。クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも美奈宜神社(蜷城)として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも美奈宜神社(朝倉市林田)として、goo ・ タウンページでも美奈宜神社として、iタウンページでも美奈宜神社として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも美奈宜神社として、玄松子神社参拝の記憶でも美奈宜神社(林田)として紹介されています。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 筑前国の式内社一覧によれば、
美奈宜神社(林田)は、平安時代の延長5年(927年)にまとめられた『延喜式神名帳』に記載のある神社「延喜式内社」であると推定されている神社(論社)であるとの由であり、平安時代筑前国 下座郡(げざぐん)美奈宜神社(ミナギノジンジャ)三座と同一、もしくはその後裔と推測されているとの由です。また、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 名神大社によれば、美奈宜神社(林田)は、古代における社格の1つ「名神大社(みょうじんたいしゃ)」の神社であるとの由です。
  玄松子の記憶 ・ 美奈宜神社(林田)によれば、
美奈宜神社(林田)は、素戔嗚尊(スサノオノミコト),  大己貴命,  事代主命を御祭神とする神社であるとの由です。素戔嗚尊も御祭神とする神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の素戔嗚尊を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  
美奈宜神社の名を冠した神社は、美奈宜神社(林田)の他にも、朝倉市甘木市地域美奈宜神社上宮みなぎじんじゃうえみや)(喰那尾神社くいなおじんじゃ)),  美奈宜神社(荷原)みなぎじんじゃ(いないばる)があります。
→   ○   (当HP内の)美奈宜神社上宮紹介欄(当HP内の)喰那尾神社紹介欄
○   (当HP内の)美奈宜神社(荷原)紹介欄

秋月地区
秋月城秋月陣屋や、その城下町の秋月の町並み朝倉市秋月伝統的建造物群保存地区等がある秋月地区は、福岡県 朝倉市甘木市地域の中でも、特に人気のある観光地です。)
   ○   秋月観光事業者組合公式WEBサイト
○   【楽天トラブル】福岡県朝倉市秋月の宿・旅館の検索結果

秋月地区  秋月城跡:秋月城跡,  秋月城跡「黒門」「長屋門」周辺,  秋月 杉の馬場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、秋月城跡の場所のとおり。住所:福岡県 朝倉市秋月野鳥、Tel.:0946-24-6758。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも秋月城として、よかとこBY・写真満載九州観光でも秋月城跡として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも秋月城址,  秋月城として、プチたびでも秋月城跡として、MAPPLE観光ガイドでも秋月城跡として、るるぶ.comでも秋月城址として紹介されています。
  
秋月城跡秋月陣屋跡は、筑前国 夜須郡(やすぐん)秋月(現・福岡県 ・ 朝倉市甘木市地域の一部)にあった、筑前 福岡藩支藩 ・ 筑前 秋月藩の城の城跡です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 古処山城,ならびに秋月城によれば、秋月城秋月陣屋は、元和9年(1623年)に、黒田氏が秋月5万石を所領して、福岡藩初代藩主・黒田長政の三男・黒田長興が秋月5万石を分知されて支藩 ・ 秋月藩が立藩された際に、古処山城の麓にあった、戦国時代に領主だった秋月氏の館跡を利用して、秋月城秋月陣屋が築かれたとの由です。
  筑前 秋月藩の藩主で
秋月城秋月陣屋城主の、秋月黒田家の代々の菩提寺は、古心寺であるとの由です。
  城址ならば、鹿児島市
鶴丸城(鹿児島城)もお薦めです。鶴丸城址(鹿児島城跡)の敷地内には歴史展示物が豊富な博物館・鹿児島県歴史資料センター黎明館もあります。)
秋月地区  秋月の町並み朝倉市秋月伝統的建造物群保存地区):秋月の町並み
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、秋月の町並みの場所(この辺り)のとおり。住所:福岡県朝倉市秋月、上秋月、Tel.:0946-24-6758(あさくら観光協会)。秋月の町並み朝倉市秋月伝統的建造物群保存地区戦国時代古処山城こしょさんじょう,  江戸時代秋月城の城下町の町並みが残っているため重要伝統的建造物群保存地区であり、朝倉市は全国の小京都の一つです。秋月の町並み朝倉市秋月伝統的建造物群保存地区の武家屋敷には、武家屋敷久野邸があります。重要伝統的建造物群保存地区の小京都であれば、鹿児島県知覧薩摩の小京都・知覧武家屋敷群や、鹿児島県出水市出水麓武家屋敷群もお薦めです。)
秋月地区  武家屋敷久野邸武家屋敷久野邸の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市秋月83-2、Tel.:0946-24-6758(あさくら観光協会)。戦国時代古処山城こしょさんじょう,  江戸時代秋月城の城下町「秋月の町並み朝倉市秋月伝統的建造物群保存地区」の武家屋敷です。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも武家屋敷久野邸として、じゃらんnetでも武家屋敷久野邸として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも武家屋敷「久野邸」>として紹介されています。)
秋月地区  秋月郷土館朝倉市秋月郷土館
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば秋月郷土館の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市秋月532-2、Tel,:0946-25-0405。戦国時代古処山城こしょさんじょう,  江戸時代秋月城の城下町「秋月の町並み朝倉市秋月伝統的建造物群保存地区」にあります。クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも秋月郷土館として、全国観るなびでも秋月郷土館として紹介されています。まーりたんの暮らし探訪記 ・ 【朝倉市(福岡県)】 来年3月で閉館です “ 秋月郷土館 ”によれば、2013年3月末で一時閉館し、閉館から5年後に朝倉市の新しいミュージアムとしてリニューアル・オープンする予定であるとの由です。)
秋月地区  秋月焼 橘窯
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、秋月焼 橘窯の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市秋月937-1、Tel.:0946-25-0582。じゃらんnetでも秋月焼橘窯・ギャラリーくぐり戸として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも秋月焼 橘窯として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも秋月焼 橘窯として紹介されています。)
秋月地区  古心寺古心寺の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市秋月757、Tel.:0946-24-6758(あさくら観光協会)。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも古心寺として、じゃらんnetでも古心寺として、よかとこBY・写真満載九州観光でも古心寺(こしんじ)として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも古心寺として紹介されています。
  上記各情報源によれば、
古心寺は、筑前 福岡藩 黒田家支藩 ・ 筑前 秋月藩の藩主で秋月城秋月陣屋城主の、秋月黒田家の代々の菩提寺であるとの由です。)
秋月地区  須賀神社(朝倉市秋月)須賀神社(朝倉市秋月)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市秋月653-1。COOL-JPでも須賀神社 福岡県朝倉市秋月653-1 V2(C-B)として、神社めぐり参拝帳でも須賀神社(秋月)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「須賀神社」+「朝倉市秋月」+「653」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 須賀神社 福岡県朝倉市秋月653-1 V2(C-B)によれば、
須賀神社(朝倉市秋月)大国主神,  素盞鳴大神,  稲田命を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の素戔嗚尊(スサノオノミコト)を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
秋月地区  秋月目鏡橋
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば秋月目鏡橋の場所(この辺り)のとおり。住所:福岡県朝倉市秋月野鳥、Tel,:0946-24-6758(あさくら観光協会)。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも秋月目鏡橋として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも秋月・目鏡橋として、よかとこBY・写真満載九州観光でも秋月目鏡橋として紹介されています。)
秋月地区  古処山,  古処山城跡の場所(こしょさんじょう)
(リンク先は、前者が楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツであり、後者がアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIので示した場所の地図です。住所:福岡県 朝倉市秋月野鳥、Tel.:0946-24-6758(朝倉市観光協会)。古処山城跡について詳しくは、当画面(当ページ)内の古処山城跡紹介欄でご参照いただけます。
→   (当画面(当ページ)内の)古処山城跡紹介欄

秋月地区  水の音 土の音
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、水の音 土の音の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市上秋月1642、Tel.:0946-25-0366。クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でもウィークエンド ギャラリー&カフェ 水の音土の音として紹介されています。)
秋月地区  小石原川(朝倉市の安川,秋月,上秋月地区)(こいしわらがわ),水神社(八大龍王社)(朝倉市千手)小石原川(朝倉市の安川,秋月,上秋月地区)の場所,  水神社(八大龍王社)(朝倉市千手)の場所
(リンク先は、小石原川(朝倉市の安川,秋月,上秋月地区)の場所についてはクロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟) ・ 小石原川等に基づき、水神社(八大龍王社)(朝倉市千手)の場所についてはCOOL-JP ・ 水神社(八大龍王社) 福岡県朝倉市千手21 (C-X)に基づく、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。小石原川(朝倉市の安川,秋月,上秋月地区)は、住所:福岡県朝倉市、安川、秋月、上秋月地区,Tel.:0946-52-1428(朝倉市商工観光課),水神社(八大龍王社)(朝倉市千手)は、住所:福岡県朝倉市千手21。クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも小石原川として、九州旅ネットでも小石原川として、COOL-JPでも水神社(八大龍王社) 福岡県朝倉市千手21 (C-X)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「小石原川」+「朝倉市」+「安川」+「秋月」のgoogle検索結果,  キーワード「水神社」+「朝倉市千手21」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
小石原川は、福岡県 朝倉市甘木市地域甘木市地域市街地中心部地域や、秋月城の城下町だった甘木市地域の秋月地区等を流れている川です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 筑後川によれば、小石原川は、筑後川の支流の筑後川水系の河川であるとの由です。
  クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟) ・ 小石原川,ならびに九州旅ネット ・ 小石原川によれば(リンク先URLは2016年1月現在)
小石原川(朝倉市の安川,秋月,上秋月地区)はホタルの名所であるとの由であり、安川地区から上流にかけて、6月にはホタルを見られるとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 朝倉市,ならびに朝倉郡によれば、福岡県 朝倉市甘木市地域の安川地区、即ち昭和29年(1954年)3月31日までの旧安川村の地域は、今日の朝倉市大字(おおあざ)の「下渕(この辺り(地図))」,「甘水(この辺り(地図))」,「隈江(この辺り(地図))」,「持丸(この辺り(地図))」,「千手(この辺り(地図))」,「長谷山(この辺り(地図))」,「楢原(この辺り(地図))」が該当するとの由であり、同じく秋月地区、即ち昭和29年(1954年)3月31日までの旧秋月町の地域は、今日の朝倉市大字(おおあざ)の「秋月(この辺り(地図))」,「秋月野鳥(この辺り(地図))」が該当するとの由であり、同じく上秋月地区、即ち昭和29年(1954年)3月31日までの旧上秋月村の地域は、今日の朝倉市大字(おおあざ)の「江川(この辺り(地図))」,「山見(この辺り(地図))」,「上秋月(この辺り(地図))」,「田代(この辺り(地図))」,「日向石(この辺り(地図))」が該当するとの由です。
  COOL-JP ・ 水神社(八大龍王社) 福岡県朝倉市千手21 (C-X)によれば、
水神社(八大龍王社)(朝倉市千手)の御祭神は八大龍王(ハチダイリュウオウ)罔象女神(ミヅハノメノカミ)であるとの由です。COOL-JP ・ 水神社(八大龍王社) 福岡県朝倉市千手21 (C-X)孫引きの『甘木市史』によれば、川辺にある大石が二個相対する状況であるため「夫婦石」と呼ばれており、その「夫婦石」を八大龍王(ハチダイリュウオウ)として崇めた神社であるとの由です。水神社(八大龍王社)(朝倉市千手)の場所は、上記のクロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟) ・ 小石原川等の掲載地図に基づく小石原川(朝倉市の安川,秋月,上秋月地区)の場所の近くにあります。
  
小石原川の上流には、上秋月湖江川ダムもあります。また、小石原川は旧称を夜須川安川と言い、小石原川(朝倉市の安川,秋月,上秋月地区)の下流の小石原川(旧甘木市地域中心部)で、福岡県 朝倉市甘木市地域甘木市地域市街地中心部地域や平塚川添遺跡がある辺りを流れています。この小石原川(旧甘木市地域中心部)(別名:夜須川,  安川は、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説では、記紀古事記日本書紀)に出て来る天の安の河に比定されている川です。)
共星の里
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、共星の里の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市黒川1546-1(旧黒川小学校)、Tel.:0946-29-0590。じゃらんnetでも共星の里として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも共星の里 黒川in美術館として紹介されています。)
高木神社(朝倉市黒川1805)高木神社(朝倉市黒川1805)の場所(旧高木村)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市黒川1805。朝倉市甘木市地域COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉市黒川1805 V9(C-X)として、神社人でも高木神社として、古代史&フォーラム by tokyoblogでも高皇産霊神、高木神の中で、正しい日本の歴史でも高良神社と高木神社、筑後国の中で、古代史の復元でも高皇産霊神の正体の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「朝倉市黒川1806」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉市黒川1805 V9(C-X)によれば、
高木神社(朝倉市黒川1805)高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神,  伊弉諾尊(イザナギノミコト),  伊弉冉尊(イザナミノミコト),  五部大神を御祭神とした神社との由です。高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
高木神社(朝倉市黒川3328)高木神社(朝倉市黒川3328)の場所(この辺り)(旧高木村)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市黒川3328番1。朝倉市甘木市地域COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉市黒川3328-1 V9(C-C)として、古代史&フォーラム by tokyoblogでも高皇産霊神、高木神の中で、正しい日本の歴史でも高良神社と高木神社、筑後国の中で、古代史の復元でも高皇産霊神の正体の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「朝倉市黒川3328」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉市黒川3328-1 V9(C-C)によれば、
高木神社(朝倉市黒川3328)は、推測ではありますが、御祭神は高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神であろうと推測されています。また、同ホームページ管理人の方が土地の方から聞いた話では、高木神社(朝倉市黒川3328)は、福岡県 田川郡 添田町英彦山ひこさん(恐らくは英彦山神宮ひこさんじんぐうのことと思量:当ホームページ管理人補注)にまつわる由緒ある神社らしいとの由です。詳しくは当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で解説したとおり、高木神社(朝倉市黒川3328)英彦山英彦山神宮)は、高木神高皇産霊尊との関係が指摘されることがある神社です。したがって、高木神社(朝倉市黒川3328)英彦山英彦山神宮)にまつわる神社であるという上述の話が、高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を祀ることに関係のあることだという推測が、容易に成り立つと当ホームページ管理人は考えます。
  いずれにせよ、
高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を御祭神とした神社と推測可能であることから、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
高木神社(朝倉市佐田377番)高木神社(朝倉市佐田377番)の場所(旧高木村)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市佐田377番。朝倉市甘木市地域COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉市佐田377 (C-X)として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも高木神社として、古代史&フォーラム by tokyoblogでも高皇産霊神、高木神の中で、正しい日本の歴史でも高良神社と高木神社、筑後国の中で、古代史の復元でも高皇産霊神の正体の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「朝倉市佐田377」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉市佐田377 (C-X)によれば、
高木神社(朝倉市佐田377番)は、高皇産霊神(タカミムスビノカミ)(高木神を御祭神とした神社であるとの由です。同情報源によれば、その由緒は、福岡県 田川郡 添田町英彦山ひこさん英彦山神宮ひこさんじんぐう)を鎮守神として勧請したとの由です。なお、詳しくは当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で解説したとおり、高木神社(朝倉市黒川3328)英彦山英彦山神宮)は、高木神高皇産霊尊との関係が指摘されることがある神社です。
  
高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
高木神社(朝倉市佐田2953番)高木神社(朝倉市佐田2953番)の場所(旧高木村)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市佐田2953番。朝倉市甘木市地域COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉市佐田2953 V9(C-X)として、こちらは北部九州にある盆地「日田」ですでも佐田での貞任伝承検証 3回目 高木神社編として、正見行脚でも佐田高木神社へ(4)菊紋石柱・英彦山四十八大行事社(朝倉市)等として、古代史&フォーラム by tokyoblogでも高皇産霊神、高木神の中で、正しい日本の歴史でも高良神社と高木神社、筑後国の中で、古代史の復元でも高皇産霊神の正体の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「朝倉市佐田2953」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉市佐田2953 V9(C-X)によれば、
高木神社(朝倉市佐田2953番)の御祭神は不詳との由ですが、同ホームページ管理人の方は、伊弉諾尊(イザナギノミコト),  伊弉冉尊(イザナミノミコト),  高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神ではないかと推測しておられます。推測ではありますが高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
高木神社(朝倉市江川1201-1)高木神社(朝倉市江川1201-1)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市江川1201-1。朝倉市甘木市地域COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉市江川1212 V14(C-X)として、古代史&フォーラム by tokyoblogでも高皇産霊神、高木神の中で、正しい日本の歴史でも高良神社と高木神社、筑後国の中で、古代史の復元でも高皇産霊神の正体の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「朝倉市江川1201」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉市江川1212 V14(C-X)によれば、
高木神社(朝倉市江川1201-1)は、天御中主尊(アメノミナカヌシノミコト),  高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神,  神皇産霊尊(カミムスビノミコト)別天津神(造化三神)の神様3柱を御祭神とする神社であるとの由です。高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を御祭神とする神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  なお、邪馬台国甘木・朝倉説や、邪馬台国東遷説(神武東征)に関する私の説は、当ホームページ内の
可愛山陵(瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の墓)訪問記(鹿児島県)神長官守矢史料館訪問記(長野県)でご参照いただけます。記紀の神話に由来のある神社ならば、鹿児島県霧島エリア霧島神宮もお薦めです。)
上秋月湖江川ダム両筑江川発電所):上秋月湖の場所,  江川ダムの場所,  両筑江川発電所の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:〒838-0012 福岡県朝倉市江川1660-67、Tel.:0946-25-0113(水資源機構 両筑平野用水総合事業所)。江川ダムについては、公式WEBサイトとして独立行政法人 水資源機構ホームページ上に両筑平野用水総合事業所ホームページがあり、その中の両筑平野用水総合事業所とはで、両筑江川発電所についても紹介されています(リンク先URLは2016年1月現在。将来もしもリンク切れになったら、水資源機構ホームページ上のキーワード「両筑平野用水総合事業所」のgoogle検索結果,ならびに水資源機構ホームページ上のキーワード「両筑江川発電所」のgoogle検索結果で掲載情報をお探しいただけます)。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも江川ダムとして、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも水資源機構(独立行政法人)両筑平野用水総合事業所,  上秋月湖として、一般財団法人 水源地環境センターでもダム湖百選 ・ 上秋月湖として紹介されています。それ以外では、キーワード「両筑平野用水総合事業所」のgoogle検索結果,  キーワード「両筑江川発電所」のgoogle検索結果,  キーワード「江川ダム」+「朝倉市」のgoogle検索結果,  キーワード「上秋月湖」のgoogle検索結果で情報を検索できます。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 江川ダムによれば、
江川ダム福岡県 福岡市の水がめの一つの多目的ダムであるとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 江川ダムによれば、江川ダムによってできた人造湖上秋月湖と命名されたとの由であり、ダム湖百選に選ばれているとの由です。独立行政法人 水資源機構ホームページ ・ 両筑平野用水総合事業所ホームページ ・ 両筑平野用水総合事業所とはによれば、江川ダムには両筑江川発電所も設けられているとの由です。
  
上秋月湖江川ダム小石原川こいしわらがわの上流にあります。小石原川の、秋月城の城下町だった秋月地区等の福岡県 朝倉市甘木市地域の安川,秋月,上秋月地区の流域の小石原川(朝倉市の安川,秋月,上秋月地区)は、ホタルの名所であるとの由です。また、小石原川は旧称を夜須川安川と言い、福岡県 朝倉市甘木市地域甘木市地域市街地中心部地域や平塚川添遺跡がある辺りを流れており、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説では、記紀古事記日本書紀)に出て来る天の安の河に比定されている川です。)

【楽天トラベル】福岡県朝倉市の宿(ホテル・旅館)の検索結果

この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    

平塚川添遺跡国史跡 平塚川添遺跡公園ひらつかかわぞえいせき
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、平塚川添遺跡公園の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市平塚444、Tel.:0946-21-7966。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも平塚川添遺跡として、邪馬台国大研究でも国指定 平塚川添遺跡として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも平塚川添遺跡,  平塚川添遺跡公園として、全国観みなびでも平塚川添遺跡として、プチたびでも平塚川添遺跡公園として、NPO法人シニアネット久留米(略称SNK)でも平塚川添遺跡として紹介されています。
  朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 平塚川添遺跡(リンク先URLは2015年12月現在),ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 平塚川添遺跡によれば、
平塚川添遺跡は、弥生時代後期を中心にして、弥生時代中期から古墳時代にかけて(紀元前1世紀〜西暦4世紀頃)の、多重の環濠に囲まれた大規模な環濠集落の遺跡であるとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 平塚川添遺跡によれば、平塚川添遺跡では、上記の多重の環濠の他、約300軒の竪穴式住居、約100軒の掘立柱建物跡が確認されているとの由です。朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 平塚川添遺跡によれば(リンク先URLは2015年12月現在)平塚川添遺跡は国指定の史跡(平成6年(1994年)5月19日指定)であるとの由です。安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説における邪馬台国比定地・朝倉市にありますので、邪馬台国の候補地の中の1つと言われている遺跡です。また、平塚川添遺跡についても紹介展示している博物館は、2016年1月現在甘木歴史資料館です。
→   (当HP内の)甘木歴史資料館紹介欄

  邪馬台国所在地論争においては、プロの専門研究者でさえ、思いつきや思い込みが強い議論が横行していると当ホームページ管理人は考えておりますが、詳しくは後述する安本美典氏の方法論は、カール・ポパー流の実証科学の科学的方法論の見地から見て、瑕疵(かし)の無い方法論に基づいていると当ホームページ管理人は考えます。我が国の古代史については、「神話が全て史実であった」とする戦前(第二次世界大戦の前)の皇国史観が非科学的であって論外だったとしても、だからと言ってその180度逆の「神話は全て嘘である」とする文献批判学が科学的になるというのは早計であり、それは科学的方法論のはき違えであると思います。「神話自体は史実ではないが、史実が神話化することがあるため、その留保条件も踏まえた上で神話も参照するべき」とするのが、本来のあるべき科学的方法論であろうと考えます。欧州ではシュリーマンの1870年のトロイ発掘の結果、文献批判学が壊滅したのに比べると、文献批判学が未だ横行している我が国の古代史研究の風潮は、100年以上は遅れていると思います。古代史研究は、文献による研究と考古学的発掘調査が、両方とも大切であろうと当ホームページ管理人は考えます。カール・ポパー流の実証科学の科学的方法論に基づいてみた場合、記紀古事記日本書紀)や、偽書ではあるが部分的には資料価値があるとされる先代旧事本紀せんだいくじほんぎ)(解説の中の(全体ではなく)資料価値がある部分,倭・倭人関連の中国文献,  倭・倭人関連の朝鮮文献等の文献史料や、考古学発掘成果が、反証可能な実験計画(Design of experiments)を立てるための観察事実になります。
  ここで、文献については、『ムー』的、トンデモ本的、電波系な解釈を除くことは勿論(もちろん)のこと、「陰謀論的な古代の情報操作があり、何でも嘘だとして真実はコレだ」とするような恣意的な解釈も除きます。日本書紀については、当時の政府がまとめた歴史だから事実を都合の良いようにねつ造・改ざんしているとする見方も世間ではある模様ですが、それは「『確認した上での事実』ではなく固定観念」であると考えます。固定観念を排して現実の日本書紀を読めばその編集姿勢は「ねつ造」とは180度逆であり、それは即ち、伝承が枝分かれしていく仮定で伝言ゲーム的に、同じ史実についても伝承経路によって話に相違点がある場合に、「一書(あるふみ)に曰(いわ)く」として異なる伝承も列記している点です。日本書紀のこの編集姿勢は、今日の視点から見ても客観的中立的公平的であり、古代の文献であるとは思えない程に科学的方法論の視点から見て瑕疵(かし)の無い編集姿勢であると、当ホームページ管理人は考えます。ただし、例えば山幸彦と海幸彦の説話において、
彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)の生業(なりわい)が猟師であり、火闌降命(ホスセリノミコト)の生業が漁師であることから推測可能な「この兄弟が土地の実効支配に失敗して農業開発を行えていなかったであろうこと=土地の攻略に失敗したであろうこと」が明記されていない等、「敗北・撤退を転進と言い換える」類の大本営発表的な記述は存在すると考えますので、トンデモ本的や陰謀論的にならない範囲で「行間を読む」必要性は、あり得ると考えます。また、例えば古代の天皇の寿命が100歳を超えていたとするような荒唐無稽な話については,補正した上で解釈する必要性があろうと考えます。
  さて、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説とは、「古代の天皇皇祖神(注1)に関して、『実在して、神話の元になったヒトは存在するが、100年を越えたりする寿命は史実どおりではない』とする作業仮説を置いた上で、時代時代の医療・保健水準から平均在位年数を統計的に算出して各代の人数に掛けることで、年代を逆算する」ことを行った結果、「
天照大神大日霊貴神(注2)(オホヒルメノムチノカミ,=日の女神と、『魏志倭人伝』(解説)の卑弥呼日巫女日の巫女とを同一人物とし、記紀古事記日本書紀神武東征神話の『神話化される以前の、元になった史実』は3世紀にあった出来事であり、甘木朝倉地域(今日の朝倉市 + 朝倉郡)周辺の地名と大和地域の周辺の地名が、大まかな方向も含めて類似することから、甘木朝倉地域から移住した人が大和地域に故郷の地名を付けたという仮説を想定した結果、甘木朝倉地域を高天原と推測し、故に、高天原は即ち邪馬台国であった」とする仮説です。繰り返しになり恐縮ですが、この仮説に基づけば、朝倉市甘木市地域平塚川添遺跡は、「邪馬台国高天原」の候補地の中の1つになります。
(注1) 「神話」自体は史実ではないが、「史実が神話化した」とするならば、日本神話に出て来る神々は、神話の元になった事件が発生した時点では「神」ではなく、動物脊椎動物(せきついどうぶつ)門(脊索動物(せきさくどうぶつ)脊椎動物(せきついどうぶつ)亜門)哺乳綱 霊長目(サル目) ヒト科 ヒト属 ヒトホモ・サピエンス(Homo sapiens))という種の生物の、個体です。当画面(当ページ)では、固有名詞として神々の名前を用いますが、それは実は「神」ではなく、ヒト科 ヒト属 ヒトホモ・サピエンス(Homo sapiens))という種の動物の「或る特定の個体の固有名詞」として用います。
(注2) 大日霊貴神の「霊」の字は、本来の正しい字ではなく、その異体字です。本来の字はJIS漢字コードに含まれておらず、故に当ホームページご来訪客ご利用の端末機器如何では正しく表示されずに文字化けしたりするリスクがあり得るため、代わりに異体字で表現しております。本来の字とは異なる字を用いておりますが、事情ご理解の上、悪しからずお許し下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 邪馬台国九州説,  邪馬台国の会ホームページ ・ 天照大御神は卑弥呼である,  高天原の謎によれば、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説では、記紀古事記日本書紀)に出て来る
天の安の河を、旧称が夜須川やすかわ)(安川である、今日の小石原川こいしわらがわに比定しているとの由です。同情報源によれば、この旧称・夜須川安川流域では、福岡県 朝倉市甘木市地域甘木市地域に隣接して、福岡県 朝倉郡 筑前町の、市町村合併前の夜須町地域夜須(やす)という地名があることも、安本美典氏は挙げています。なお、かつて、福岡県 朝倉市甘木市地域に昭和29年(1954年)4月1日に市町村合併する以前に存在した旧・安川村(今日の朝倉市大字(おおあざ)の「下渕(この辺り(地図))」,「甘水(この辺り(地図))」,「隈江(この辺り(地図))」,「持丸(この辺り(地図))」,「千手(この辺り(地図))」,「長谷山(この辺り(地図))」,「楢原(この辺り(地図))」に相当)の村名も、小石原川の旧称・夜須川安川に起因するとの由です。余談ながら、旧・安川村である、今日の朝倉市安川地区における小石原川(朝倉市の安川,秋月,上秋月地区)は、2016年1月現在、蛍(ホタル)が見られる場所であるとの由です。
  また、邪馬台国の会ホームページ ・ 邪馬台国東遷説 第三章 神話のなかの地名,ならびに天照大御神は卑弥呼であるによれば、邪馬台国の会ホームページ ・ 天照大御神は卑弥呼である,  高天原の謎等によれば、安本美典氏は、
夜須(ここでの夜須は、かつての筑前国 夜須郡の中でも特に、現・福岡県 朝倉市甘木市地域の一部と思量)を中心にした周囲の地名が、大和(旧・大和国 式下郡(しきげぐん)大和。今日の大和神社おおやまとじんじゃ)(公式HP,  解説)(地図奈良県 天理市新泉町306)がある辺り)の周辺の、地名ならびに大まかな方向が同じであると、指摘しています。地名の類似性と言うとこじつけだと思う方もおられるかと思いますが、例えば、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 新十津川町によれば北海道 樺戸郡かばとぐん) 新十津川町しんとつかわちょう)(この辺り(地図))が奈良県 吉野郡 十津川村とつかわむら)(解説,  この辺り(地図))から移住した人達が付けた地名だったり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 北広島市によれば北海道 北広島市この辺り(地図))が広島県人によって開かれた土地だから付いた地名だったり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 福岡市によれば福岡県 福岡市の地名が江戸時代筑前 福岡藩の藩主・黒田家の故郷である岡山県 瀬戸内市 長船町 福岡この辺り(地図))に起因するものだったり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ ニューヨークによればアメリカ合衆国(米国) ニューヨークの名前がイングランドジェームズ2世ヨーク公であったことからイギリスヨークに由来するものであったり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ ニューアムステルダムによればオランダ植民地時代のニューヨークの古名がオランダの首都・アムステルダムにちなんだニューアムステルダムだったりする事例のように、移住者が移住元の地名を移住先に付けることは、経験則上、よくあることです。したがって、地名の類似性に着目する視点はこじつけの類ではなく、「移住者が移住元の地名を付けた」という作業仮説には一定の合理的な推測に基づくものになります。
  具体的に福岡県側の地名を例示すれば、
夜須を中心にして北に笠置山(かさぎやま)地図福岡県 宮若市),  御笠山(みかさやま。別名:宝満山)地図福岡県 太宰府市),  住吉神社公式HP,  解説,  地図福岡県 福岡市 博多区住吉3-1-51),  西に平群(へぐり)(旧・筑前国 早良郡平群。今日の福岡県 福岡市 西区羽根戸この辺り(地図)から福岡市 早良区(さわらく)金武この辺り(地図)付近),  三輪この辺り(地図)(旧・筑前国 夜須郡(やすぐん)の中の、明治22年(1889年)4月1日に福岡県 夜須郡 大三輪村になった地域。現・朝倉郡 筑前町三輪町地域の一部),  高田この辺り(地図)(旧・筑前国 夜須郡(やすぐん)の中の、明治22年(1889年)3月31日までの福岡県 夜須郡高田村。現・朝倉郡 筑前町三輪町地域の一部),  南に朝倉(旧・筑前国 上座郡(じょうざぐん)の中の、明治22年(1889年)4月1日に福岡県 上座郡朝倉村になった地域。今日の福岡県 朝倉市朝倉町地域大字(おおあざ)古毛この辺り(地図),  大字菱野この辺り(地図),ならびに大字山田この辺り(地図)),  香山(こうやま)地図福岡県 朝倉市杷木町地域),  鷹取山地図福岡県 うきは市吉井町地域,  福岡県 八女市やめし星野村地域等の市の境)等があります。上記に対応する奈良県を中心とする近畿地方側の地名を上記の順に挙げれば、笠置山かさぎやま)(解説)(地図京都府 相楽郡 笠置町),  御蓋山(三笠山,春日山とも)みかさやま(かすがやま))(解説)(地図奈良県 奈良市 春日野町。同じ奈良市 春日野町にある若草山解説)(地図三笠山と呼ばれます),  住吉大社公式HP,  解説)(地図大阪府 大阪市 住吉区住吉2-9-89),  平群(へぐり)(この辺り(地図)(旧・大和国 平群郡平群。現・奈良県 生駒郡 平群町へぐりちょう)。(解説)),  三輪この辺り(地図)(旧・大和国 式上郡(しきじょうぐん) 三輪三輪山(みわやま)地図の麓の大神神社おおみわじんじゃ)(公式HP,  解説地図がある、現・奈良県 桜井市 大字(おおあざ)三輪」),  高田この辺り(地図)(旧・大和国 葛下郡(かつげぐん) 高田。現・奈良県 大和高田市の一部),  朝倉地図(旧・大和国 式上郡(しきじょうぐん)の内、明治22年(1889年)4月1日に奈良県 式上郡 朝倉村になった地域。今日の奈良県 桜井市大字(おおあざ)黒崎この辺り(地図),  大字脇本この辺り(地図),  大字慈恩寺この辺り(地図),  大字龍谷この辺り(地図),  大字岩坂この辺り(地図),  大字この辺り(地図),  奈良県 宇陀市うだし)(解説)旧榛原町(はいばらちょう)地域の大字榛原笠間この辺り(地図),ならびに大字榛原安田この辺り(地図)奈良県 桜井市 大字 慈恩寺1029には、近畿日本鉄道(近鉄)解説)の大和朝倉駅地図という駅もあります。),  天香久山(天香具山)(「あまのかぐやま」,もしくは「あめのかぐやま」)地図(山頂にある国常立神社( くにとこたちじんじゃ)地図の住所で申せば、奈良県 橿原市かしはらし)南浦町326。山域・北麓にある天香山神社(あまのかぐやまじんじゃ)地図奈良県 橿原市南浦町608)で「かぐやま」を「香山」と表記されているとおり、天香久山(天香具山)地図香山と表記可能であるため、恐らくは、ですが、安本美典氏は、「福岡県 朝倉市杷木町地域香山(こうやま)地図と同じ名前の山が大和国(現・奈良県)にある事例として挙げたものと思量),  高取山地図奈良県 高市郡たかいちぐん) 高取町(たかとりちょう)高取。高取山地図には、高取城跡観光協会の案内,  解説)(地図があります。)になります。
  上述のとおり、安本美典氏は、
小石原川こいしわらがわの旧称・夜須川やすかわ)(安川記紀古事記日本書紀)に出て来る天の安の河に比定したり、甘木朝倉地域(今日の朝倉市 + 朝倉郡)周辺の地名と大和地域の周辺の地名が、大まかな方向も含めて類似すると指摘したりしました。これらの指摘事項は、北九州勢力が大和国に移って、移住前の地域の地名を新天地に付けたという作業仮説を置けば、神話の神武東征の元になった史実があったことの傍証であり、それは邪馬台国東遷であるとするのが、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説における神武東征と「邪馬台国高天原」説の根拠の中の一部になっています。
  風変人(ふうがじん) ・ 朝倉地区の史跡,  「九州・沖縄ぐるっと探訪」 ・ 福岡県朝倉市史跡 『歎(なげ)きの森』,ならびにひもろぎ逍遥 ・ 宮野神社 斉明天皇が藤原鎌足に命じて造らせた宮によれば、上記の内、朝倉市朝倉町地域にある
天児屋根命を御祭神とする神社・宮野神社は、藤原氏祖先の墓であると伝えられているとの由です。天児屋根命は、瓊瓊杵尊邇邇芸命;ニニギノミコト)天孫降臨に随行したという高天原の神々の中の1柱で藤原氏の祖先神です。したがって、この伝承も、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説に基づいて「邪馬台国高天原」の候補地の中の1つを甘木朝倉地域とする場合、その説の傍証の中の1つになると、当ホームページ管理人は考えます。また、詳しくは後述するとおり、高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社大行事神社を名称に持ったりする神社が、甘木朝倉地域(今日の朝倉市 + 朝倉郡)周辺に多いことも、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説に基づいて「邪馬台国高天原」の候補地の中の1つを甘木朝倉地域とする場合の傍証になると、当ホームページ管理人は考えます。
  なお、邪馬台国所在地については、奈良県 桜井市
箸墓古墳(はしはかこふん)/箸中山古墳倭迹迹日百襲姫 大市墓やまとととひももそひめ おおいちのはか)地図ホケノ山古墳地図等の纒向古墳群この辺り(纒向小学校周辺)(地図)がある纒向遺跡解説)(地図(纒向遺跡辻地区)を挙げる方もおられることかと思います。ですが、纒向遺跡が誤りである可能性が高い理由については、『卑弥呼の墓・宮殿を捏造するな! 誤りと偽りの「邪馬台国=畿内説」』,  『「邪馬台国畿内説」徹底批判 その学説は「科学的」なのか 』,  『大崩壊「邪馬台国畿内説」 土器と鏡の編年・不都合な真実 』,  『「邪馬台国=畿内説」「箸墓=卑弥呼の墓説」の虚妄を衝く! (宝島社新書)』等の安本美典氏の本で、ご参照可能です。
  
高木神社大行事神社を名称に持ったりする神社が、この地域に多いことについて、詳しく補足解説申し上げます。当ホームページ管理人は、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説に基づいて仮説を立てる場合、「伊弉諾尊(イザナギノミコト)天照大神高天原を治めるように命じたということは、天照大神は今日の政治用語で申せば落下傘候補に相当する落下傘女王であろう」と推測しております。そうである場合には、高天原の本来の地元の統治者は高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))であった可能性が高いと考えます。詳しくは後述するとおり、今日の朝倉市とその周辺地域に、高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を御祭神としたり、或いは今日では御祭神が不明ながらも高木神高皇産霊尊が御祭神であったであろうと推測可能な高木神社という名称の神社がこの地域に多いことは、その神社が構成に創建された場合も含めて所在地の偏在性故に、元々の在地指導者が高木神高皇産霊尊であったという仮説モデルの、神社分布から見ての傍証になると考えます。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 英彦山神宮によれば、福岡県 田川郡 添田町
英彦山神宮の今日の御祭神は高木神高皇産霊尊ではないとの由ですが、天神地祇。 ・ 「九州北部域の高木神。」英彦山神宮と鷹の神祇。によれば、筑前国(現・福岡県の一部)から豊前国(現・福岡県の一部 + 大分県の一部)にかけて分布している「英彦山神領四十八大行事社(高木神社群)」と呼ばれる末社群の御祭神が高木神高皇産霊尊であるとの由であり、英彦山山頂域は高木神祭祀の旧地とされているとの由であり、かつ、同情報源ならびに英彦山神宮公式WEBサイト ・ 御祭神と由緒によれば、英彦山神宮 摂社英彦山山頂直下にある英彦山産霊神社ひこさんむすびじんじゃ では、高木神高皇産霊尊を祀っているとの由です。このため、天神地祇。 ・ 「九州北部域の高木神。」英彦山神宮と鷹の神祇。によれば、英彦山英彦山神宮)の本来の御祭神は高木神高皇産霊尊であったとする説もあるとの由です。
  同様の話は、筑後国(現・福岡県の一部)の一宮だった、福岡県 久留米市久留米市地域にある
高良大社こうらたいしゃにもある模様です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 高良大社,ならびに高良大社公式WEBサイト ・ ご祭神によれば、高良大社の今日の御祭神は高良玉垂命 (コウラタマタレノミコト),  八幡大神,  住吉大神 の3神であるとの由ですが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 高良大社によれば、元々の御祭神は高木神高皇産霊尊であり、その時期には高良山高牟礼山(たかむれやま)と呼ばれていたとの由です。同情報源によれば、高良玉垂命 が一夜の宿として高牟礼山(後の高良山)を借りたいと申し出て、高木神高皇産霊尊が譲ったところ、高良玉垂命 結界を張って鎮座してしまい、この結果、御祭神が変更になったとの由です。
  
英彦山神宮の話も高良大社の話も共に、高木神高皇産霊尊が、地域を代表する神社の御祭神の座から滑り落ちたという点が共通しています。このことは、「神話や伝承は史実ではないが、史実が神話や伝承に化ける」という見地から「神話化・伝承化する前の史実を復元する」場合、「『高木神高皇産霊尊のモデルになった、存命中は神ではなくヒトだった人物』が、王の座から滑り落ちた事件があった」という仮説モデルを構築することが可能です。この仮説モデルは、『魏志倭人伝』(解説)に載っている「卑弥呼の没後に男王を立てたが人々が男王に服さずに内乱となり、卑弥呼の親族で13歳の少女の台与を王に立ててようやく、国が治まった」という話と、平仄(ひょうそく)が合うと考えます。つまり、「卑弥呼没後に人々から離反された男王は、高木神高皇産霊尊のことである」という仮説モデルを立てることが可能です。
  御祭神が推測である場合も含めてこの
高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社大行事神社を名称に持ったりする神社は、邪馬台国甘木朝倉説の場・朝倉市と、その周辺に複数あります。これらの神社が「邪馬台国 = 高天原」と同時代に建立(こんりゅう)されたものではないことを踏まえた上でなお、他地域では余り多くはない高木神社等がこの地域に多いという分布密度の差は、「神格化される以前の史実のヒトとしての高木神高皇産霊尊」の本拠地はこの地域であった可能性が高い旨を示唆するものであろうと、当ホームページ管理人は考えます。このような神社には、以下のような神社があります。
朝倉市甘木市地域
○   皇産霊本宮神社むすいほんぐうじんじゃ
○   鷂天神社はいたかてんじんしゃ)(別名:高天神社
○   高木神社(朝倉市黒川1805)
○   高木神社(朝倉市黒川3328)
○   高木神社(朝倉市佐田377番)
○   高木神社(朝倉市佐田2953番)
○   高木神社(朝倉市江川1201-1)
朝倉市朝倉町地域
○   朝闇神社ちょうあんじんじゃ)(別名:大行事社
○   高木神社(朝倉市須川1683番)
朝倉市杷木町地域
○   高木神社(朝倉市杷木白木172)
○   高木神社(朝倉市杷木赤谷744番)
○   高木神社(朝倉市杷木松末2784)
朝倉郡 筑前町夜須町地域
○   高木神社(筑前町曽根田478)
朝倉郡 東峰村とうほうむら小石原村地域こいしわらむら
○   高木神社(東峰村小石原655番)
○   高木神社(東峰村小石原鼓978-8)大行事社
朝倉郡 東峰村とうほうむら宝珠山村地域ほうしゅやまむら
○   高木神社(東峰村宝珠山24)
○   高木神社(東峰村福井(福井2947))
うきは市浮羽町地域
○   高御魂神社たかみたまじんじゃ
久留米市久留米市地域
○   高樹神社COOL-JP解説)(地図
(上述の、高良大社の主祭神の座から滑り落ちた高木神高皇産霊尊を祀る神社)
○   妙見神社(久留米市山川町588)COOL-JP解説)(地図
久留米市田主丸町地域
○   高木神社(久留米市田主丸町豊城1088)COOL-JP解説)(地図
○   矢倉八幡宮(久留米市田主丸町益生田1421)COOL-JP解説)(地図
筑紫野市ちくしのし
○   高木神社(筑紫野市大石569番(筑紫野市大石字上ノ屋敷569番?))地図
○   高木神社(筑紫野市天山241番(筑紫野市天山字山畑241番?))地図
○   大行事神社(筑紫野市二日市北5-3-16)地図
○   地禄神社地録天神)(筑紫野市針摺中央2-12-20)(COOL-JP解説)(地図
小郡市(おごおりし)
○   隼鷹神社COOL-JP解説)(地図
宮若市
○   高木神社(宮若市黒丸1572)
嘉麻市
○   高木神社(嘉麻市熊ケ畑1075番)
○   高木神社(嘉麻市桑野2588番)下高木神社
○   高木神社(嘉麻市桑野1399番)
○   高木神社(嘉麻市小野谷1580番)
○   高木神社(嘉麻市平217番)
大行事社(嘉麻市平)と同じ神社か?)
田川市
○   春日神社(田川市)
(ただし、御祭神中の豊櫛弓削遠祖高魂産霊命(トヨクシユゲトウソタカミムスビノミコト)は、高木神高皇産霊尊の三世孫であるようにも同一神(同一人物)であるようにも読むことができます。前者の場合には、高木神高皇産霊尊の子孫を祀る神社ではあっても、高木神高皇産霊尊ご自身を祀る神社ではないことになります。)
田川郡 添田町
○   英彦山産霊神社ひこさんむすびじんじゃ
(上記の、英彦山神宮摂社
○   高木神社(添田町津野2227)上津野高木神社
○   高木神社(添田町津野6717)下津野高木神社
○   高木神社(添田町落合3583)下落合高木神社
田川郡 大任町(おおとうまち)
○   高木神社(大任町大行事118番)
○   高木神社(大任町大行事2496-1)
京都郡みやこぐん) みやこ町
○   高木神社(みやこ町犀川上伊良原)上高木神社,  藤の宮,旧称:大行事神社
○   高木神社(みやこ町犀川下伊良原)下高木神社,  森ノ宮
○   高木神社(みやこ町犀川柳瀬)
築上郡 築上町
○   高木神社(築上町船迫1133)

  また、邪馬台国甘木朝倉説における、「天照大神オホヒルメノムチノカミ(=日の女神卑弥呼日巫女日の巫女の同一人物」説、ならびに「邪馬台国高天原」説に鑑(かんが)みた今日の神社分布の見地からは、朝倉市とその周辺には、御祭神が推測である場合も含めて天照大神を御祭神とする神社も、以下のとおり複数あります。
朝倉市甘木市地域
○   鷂天神社はいたかてんじんしゃ)(別名:高天神社
○   三所神社
○   大神宮(朝倉市日向石)
○   美奈宜神社上宮喰那尾神社
○   美奈宜神社(荷原)
朝倉市朝倉町地域
○   大日神社
朝倉市杷木町地域
○   麻底良布神社まてらふじんじゃ
朝倉郡 筑前町三輪町地域
○   太神宮(筑前町上高場)
朝倉郡 筑前町夜須町地域
○   長者町大神宮
○   大神宮(筑前町下高場)

  御祭神が推測である場合も含めて、天照大神の弟神・素戔嗚尊(スサノオノミコト)を御祭神とする朝倉市とその周辺の神社は、以下のとおりです。ただし、素戔嗚尊(スサノオノミコト)は、高天原に関する神話だけでなく出雲神話に登場する神であるため出雲神話の信仰によって存在したり、或いは、素戔嗚尊(スサノオノミコト)本地としての牛頭天王(ゴズテンノウ)信仰の対象として、京都八坂神社公式HP,  解説)(地図を総本社とする全国の祇園神社祇園信仰や、愛知県 津島市津島神社公式HP,  解説)(地図を中心とする全国の天王神社津島神社津島信仰等の信仰に基づいて存在したりする可能性があり得ます。したがって、素戔嗚尊を御祭神とする神社の分布は、他の神々に比べて相対的に、「神話化される以前のヒトだった時期の古代史における『邪馬台国 = 高天原』縁(ゆかり)の場所」ではない理由による分布である可能性も高い点も留意した上で、分布状況を観察する必要性があります。
朝倉市甘木市地域
○   須賀神社(朝倉市甘木)
○   須賀神社(朝倉市秋月)
○   美奈宜神社(林田)
朝倉市杷木町地域
○   須賀神社(杷木志波)
○   須賀神社(杷木若市)
朝倉郡 筑前町夜須町地域
○   須佐神社
○   大山祗神社(筑前町三箇山)
○   大山祗神社(筑前町櫛木)
うきは市吉井町地域
○   素盞嗚神社

  天照大神の子で、高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))の娘婿である天忍穂耳命(アメノオシホミミ)を祀る朝倉市とその周辺の神社は、以下のとおりです。
朝倉市甘木市地域
○   高住神社
朝倉郡 筑前町三輪町地域
○   高野神社
○   熊野神社(筑前町当所)當所神社とうしょじんじゃ))
朝倉郡 東峰村とうほうむら宝珠山村地域ほうしゅやまむら
○   岩屋神社

  御祭神が推測である場合も含めて、高天原のその他の神々(=天孫族)を祀った、朝倉市とその周辺の神社には、以下のとおりの神社があります。
朝倉市朝倉町地域
○   宮野神社
(御祭神は天児屋根命(アメノコヤネノミコト)
○   伊弉諾神社妙見神社
(御祭神は伊弉諾尊(イザナギノミコト)
朝倉市杷木町地域
○   杷木神社
(御祭神は、伊弉諾尊,  伊弉冉尊(イザナミノミコト),  武甕槌命(タケミカヅチノミコト)
○   夕月神社(夕月大明神)
(御祭神は月読命(ツクヨミノミコト)
○   夕月神社奥の院
(御祭神は月読命(ツクヨミノミコト)
朝倉郡 東峰村とうほうむら宝珠山村地域ほうしゅやまむら
○   岩屋神社
伊弉諾尊,  伊弉冉尊も御祭神としています。)
○   福井神社米童権現
(御祭神は伊弉諾尊(イザナギノミコト)

  また、多少離れていますが、福岡県 北九州市とその周辺の都市圏には、神武東征(神武東遷)において神日本磐余彦命(神倭伊波礼琵古命)(カムヤマトイワレビコノミコトノミコト)(神武天皇筑紫国(つくしのくに)(現・福岡県の内、東部を除いた地域)で、1年間滞在した岡田宮跡地の候補とされる神社が3社あります。その3社とは、即ち、以下の3社です。
北九州市 八幡西区
○   岡田神社岡田宮
○   一宮神社(北九州市八幡西区)
遠賀郡 芦屋町
○   神武天皇社

  邪馬台国甘木朝倉説の場・朝倉市朝倉郡には、以下のとおり、古墳も複数あります。
朝倉市甘木市地域
○   堤当正寺古墳つつみとうしょうじこふん
○   鬼の枕古墳跡
○   椀貸古墳わんかしこふん
○   小田茶臼塚古墳
朝倉市朝倉町地域
○   宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)宮地嶽古墳(朝倉市宮野)
○   湯の隈装飾古墳湯ノ隈古墳
○   宮野神社内古墳金毘羅神社
○   狐塚古墳
○   須川遺跡群 ・ 虚空蔵山古墳群
○   恵蘇八幡宮1・2号墳御陵山古墳
○   菱野剣塚古墳朝倉剣塚古墳
○   長田古墳
朝倉市杷木町地域
○   志波宝満宮古墳
朝倉郡 筑前町三輪町地域
○   仙道古墳
○   熊野神社古墳當所神社古墳とうしょじんじゃこふん),  当所古墳
○   大塚古墳おおづかこふん)(天神社古墳
朝倉郡 筑前町夜須町地域
○   焼ノ峠古墳
○   砥上観音塚古墳とかみかんのんづかこふん
○   等の砥上古墳群
○   鷲尾塚一号墳鷲尾塚古墳
○   吹田古墳群
○   牧ノ池百項群
○   森原古墳群
○   三牟田古墳群
○   勝山古墳群
○   梶原遺跡

安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説に基づいて「天照大神 = 卑弥呼日巫女日の巫女」と仮定する場合、これらの古墳この内、3世紀の古墳、或いは年代が載っていない年代不明の古墳が、天照大神,或いは高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))等の「高天原 = 邪馬台国」の神々(当時はヒトで、王族)の古墳の候補である可能性があり得ることになります(ただし、年代不明の古墳は4世紀以降のものである可能性もあり得ます。誤解を避けるべく念のため)。該当する古墳は、3世紀の古墳は、朝倉郡 筑前町夜須町地域焼ノ峠古墳が該当するとの由です(ただし、4世紀以降説もあります)。年代を確認できなかった年代不明の古墳には、小古墳群を除けば、以下のとおりです。
朝倉市甘木市地域
○   鬼の枕古墳跡
○   椀貸古墳わんかしこふん
朝倉市朝倉町地域
○   菱野剣塚古墳朝倉剣塚古墳
○   長田古墳
朝倉市杷木町地域
○   志波宝満宮古墳


  日本の古代史についての私の説は、
可愛山陵訪問記,  神長官守矢史料館訪問記の感想欄で述べています。
→   ○   (当HP内の)可愛山陵訪問記
○   (当HP内の)神長官守矢史料館訪問記


  なお、遺跡観光スポットならば、鹿児島県では、鹿児島県指宿市
橋牟礼川遺跡(博物館は時遊館COCCOはしむれ(指宿市考古博物館)),  南さつま市栫ノ原遺跡(博物館は加世田郷土資料館),  霧島市上野原遺跡(博物館は上野原縄文の森),  種子島 ・ 熊毛郡 南種子町広田遺跡(博物館は広田遺跡ミュージアム),  奄美群島 ・ 奄美大島 ・ 奄美市宇宿貝塚(うしゅくかいづか)(博物館は宇宿貝塚史跡公園,  奄美市歴史民俗資料館)等も、お勧めです。)
平塚川添遺跡と邪馬台国甘木説関連参照リンク先
分類 参照HP
私の説 邪馬台国や、邪馬台国東遷説(神武東征)に関する私の説は、当ホームページ内の、以下の各訪問記の解説欄で解説しています。
(当HP内の)可愛山陵(瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の墓)訪問記(鹿児島県)
(当HP内の)神長官守矢史料館訪問記(長野県)
安本美典 安本美典氏
(powered by 邪馬台国の会.)
安本美典
(powered by フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.)
邪馬台国 邪馬台国の会
(邪馬台国甘木説を唱える安本美典氏主宰の古代史研究会)
邪馬台国大研究
(サブコンテンツとして、全国・博物館巡り甘木歴史資料館の中に、国指定 平塚川添遺跡があります。)
邪馬台国
(リンク先はSelfpit セルフピット(ブログ)のサブ・コンテンツ。)
邪馬台国「朝倉説」
(リンク先は風変人(ふうがじん) ・ ふるさと 朝倉(あさくら)のサブ・コンテンツ。)
関連本
powered by

【楽天ブックス】「著者名:安本美典」の検索結果
【楽天ブックス】キーワード「平塚川添遺跡」の検索結果
福岡県高等学校歴史研究会福岡県の歴史散歩山川出版社,2008年)
【楽天ブックス】キーワード「福岡県+歴史」の検索結果


【楽天トラベル】福岡県朝倉市の宿(ホテル・旅館)の検索結果

この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    

古処山,  古処山城跡:古処山,  古処山城跡の場所(こしょさんじょう)
(リンク先は、前者が楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツであり、後者がアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIので示した場所の地図です。住所:福岡県 朝倉市秋月野鳥、Tel.:0946-24-6758(朝倉市観光協会)。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも古処山城として、城郭放浪記でも筑前・古処山城として、福岡県の城址でも(66) 古処山城として紹介されています。
  
古処山城跡は、筑前国 夜須郡(やすぐん)秋月(現・福岡県 ・ 朝倉市甘木市地域の一部)にあった城の中世城郭遺構であり、古処山にあった秋月氏の居城跡です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 秋月種実によれば、戦国時代秋月氏第16代当主・秋月種実は、島津氏九州平定の過程では、天正12年3月24日(1584年5月4日)の沖田畷の戦い(場所は、今日の長崎県 ・ 島原市森岳城(もりたけじょう)(後年の島原城)に近い沖田畷古戦場)で、日向国佐土原(さどわら;現・宮崎県 ・ 宮崎市佐土原町地域)の佐土原城城主の島津家久公が率いる薩摩国,  大隅国,  日向国三州の島津氏と、肥前国 高来郡(たかきぐん)有間庄(現・長崎県 ・ 南島原市北有馬町地域)の日野江城城主・有馬晴信の連合軍が、肥前国 佐嘉郡(佐賀郡)佐嘉(佐賀)(佐賀県 ・ 佐賀市佐賀市地域)の佐賀龍造寺城(村中城)龍造寺氏の軍を撃破して、肥前国 杵島郡(きしまぐん)須古(現・佐賀県 ・ 杵島郡(きしまぐん) ・ 白石町白石町地域)の隠居城・須古城城主の龍造寺隆信を敗死させると、島津氏宗家第16代当主で薩摩国鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市)の内城うちじょう城主の島津義久公に従属したとの由です。秋月種実は、島津氏龍造寺氏の和睦交渉を成立させたとの由です。島津氏大友氏との対立の過程で大友氏の領土を侵食して、秋月種実は、12郡36万石の大名としての最大版図を築いたとの由です。天正14年(1586年)の岩屋城の戦い(場所は、現福岡県 ・ 太宰府市岩屋城)では、島津氏に従って、岩屋城を攻めたとの由です。
  天正14年(1586年)7月〜同15年(1587年)4月の豊臣秀吉九州征伐(九州平定)では討伐対象になりました。城郭放浪記 ・ 豊前・岩石城によれば、
古処山城の支城で、豊前国 田川郡添田(現・福岡県 ・ 田川郡 ・ 添田町の一部)にあった岩石城が、天正15年(1587年)4月に、前田利長蒲生氏郷に攻められて1日で落城し、城将・熊井越中守は討ち死にしたとの由です。このため、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 益富城,ならびに城郭放浪記 ・ 豊前・岩石城によれば、古処山城の支城で、筑前国 嘉麻郡大隈(現・福岡県 嘉麻市嘉穂町地域中の旧大隈村地域)にあった益富城秋月種実は破却して、古処山城に退却したとの由です。ところが、豊臣秀吉一夜城作戦により、益富城が一晩で修復されたように見えた結果、秋月種実は戦意喪失して、降伏したとの由です。
  降伏後は、日向国財部(たからべ)(現・宮崎県 ・ 児湯郡(こゆぐん) ・ 高鍋町(たかなべちょう))3万石に減封の上で移封(転封)となり、飛び地であった日向国櫛間(くしま)(現・宮崎県 ・ 串間市)の
櫛間城くしまじょうに居城を移したとの由です。この時、秋月種実は隠居して、秋月氏家督は嫡男の秋月種長が継いだとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 高鍋城によれば、秋月種長江戸時代初期の慶長9年(1604年)に、居城を櫛間城くしまじょうからさらに、日向国財部(たからべ)の財部城たからべじょう,現舞鶴公園に移したとの由です。この財部城は、延宝元年(1673年)に高鍋城たかなべじょうに改称されたとの由です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 古処山城,ならびに秋月城によれば、元和9年(1623年)に、黒田氏が秋月5万石を所領して、福岡藩初代藩主・黒田長政の三男・黒田長興が秋月5万石を分知されて秋月藩が立藩された際に、
古処山城の麓にあった秋月氏の館跡を利用して、秋月城秋月陣屋が築かれたとの由です。)

【楽天トラベル】福岡県朝倉市の宿(ホテル・旅館)の検索結果

この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    

朝倉町地域
【楽天トラベル】福岡県朝倉市の宿(ホテル・旅館)の検索結果

南淋寺
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、南淋寺の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市宮野87、Tel.:0946-52-0332。朝倉市朝倉町地域公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも南淋寺として、じゃらんnetでも南淋寺として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも医王山 南淋寺として、九州八十八ヶ所霊場会でも第6番 医王山 南淋寺として紹介されています。)
宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)(みやじだけぜんぽうこうえんふん,別名:宮地嶽古墳(朝倉市宮野)):宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)(別名:宮地嶽古墳)の場所
(リンク先は、古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 宮地嶽古墳に基づくアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で、北緯33°23'55.5",東経130°43'40.5"にあるとの由です。住所:福岡県朝倉市宮野1066。朝倉市ホームページ(朝倉市役所)でも宮地嶽前方後円墳として(リンク先URLは2015年12月現在。もしも将来リンク切れになったら、朝倉市ホームページ上のキーワード「宮地嶽前方後円墳」のgoogle検索結果でお探し下さい)、古墳マップでも宮地嶽前方後円墳として、古墳めぐりウォーキング in 福岡でも宮地嶽古墳として紹介されています。その他、キーワード「宮地嶽前方後円墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果,もしくはキーワード「宮地嶽古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果でご参照いただけます。
  朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 宮地嶽前方後円墳(リンク先URLは2015年12月現在),ならびに古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 宮地嶽古墳によれば、
宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)宮地嶽古墳(朝倉市宮野)は、古墳時代前期の、4世紀後半の前方後円墳であるとの由です。朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 宮地嶽前方後円墳によれば(リンク先URLは2015年12月現在)宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)宮地嶽古墳(朝倉市宮野)宮地嶽の丘陵上に群集している10基程の古墳群を代表する古墳であるとの由であり、成13年度の調査で出土した埴輪は、県内でも最も古いタイプのものであるとの由です。また、朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 宮地嶽前方後円墳によれば(リンク先URLは2015年12月現在)宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)宮地嶽古墳(朝倉市宮野)は市指定の史跡であるとの由です。古墳マップ ・ 宮地嶽前方後円墳によれば、宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)宮地嶽古墳(朝倉市宮野)は、宮地嶽公園にあるとの由であり、宮地嶽公園には宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)があります。また、これらのスポットがある宮地嶽の南側中腹には湯の隈装飾古墳湯ノ隈古墳があり、そのすぐ近くには湯隈神社があります。
→   ○   (当HP内の)宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)紹介欄
○   (当HP内の)宮地嶽公園紹介欄
○   (当HP内の)湯の隈装飾古墳紹介欄(当HP内の)湯ノ隈古墳紹介欄
○   (当HP内の)湯隈神社紹介欄

  この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
宮地嶽神社(朝倉市宮野1066) & 宮地嶽公園宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)&宮地嶽公園の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市宮野1066。宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)についてはCOOL-JPでも宮地嶽神社 福岡県朝倉市宮野1066 V12(C-X) として紹介されており、その他、キーワード「宮地嶽神社」+「朝倉市宮野」のgoogle検索結果でお探しいただけます。宮地嶽公園については、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも宮地嶽公園として、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも宮地嶽公園として、じゃらんnetでも宮地嶽公園として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「宮地嶽公園」+「朝倉市」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 宮地嶽神社 福岡県朝倉市宮野1066 V12(C-X) によれば、
宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)神功皇功,  勝村大神,  勝依大神を御祭神とした神社であるとの由です。この内、神功皇功よりも知名度が低いであろう勝村大神,  勝依大神について調べてみました。宮地嶽神社福津市公式ウェブサイト -みやじだけ ・ ご由緒(宮地嶽について),ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 宮地嶽神社によれば、全国各地の宮地嶽神社の総本宮であり、福岡県 福津市解説)にある宮地嶽神社(福津市)公式HP,  解説)(地図(住所:福岡県福津市宮司元町7-1)の御祭神は、宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)と同じであるとの由です。宮地嶽神社福津市公式ウェブサイト -みやじだけ ・ ご由緒(宮地嶽について)によれば、勝村大神勝依大神は、神功皇功三韓征伐の際に随従した神様であるとの由です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 宮地嶽神社,ならびに宮地嶽古墳によれば、朝倉市の方の
宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)における宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)宮地嶽古墳の場合と同様に、福津市の方の宮地嶽神社(福津市)でも、その境内(けいだい)に宮地嶽古墳(福津市)があるとの由です。また、宮地嶽神社福津市公式ウェブサイト -みやじだけ ・ ご由緒(宮地嶽について)によれば、福津市の方の宮地嶽神社(福津市)所在地は、三韓征伐での渡海前に神功皇功が戦勝祈願を行った場所であるとの由で。一方、これに対して、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」 ・ 宮地嶽公園によれば、朝倉市の方の宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)所在地にも、斉明天皇が660年〜661年に百済救援のための渡海出兵を行おうとした際に、戦勝と公開の安全を祈願を行った場所であるという、「時代と人物は異なるものの、同様の由緒」が伝えられていることになります。
  
宮地嶽公園は、宮地嶽山頂の宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)を中心とした公園であり、古墳マップ ・ 宮地嶽前方後円墳によれば、宮地嶽公園には宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)宮地嶽古墳(朝倉市宮野)があるとの由です。また、これらのスポットがある宮地嶽の南側中腹には湯の隈装飾古墳湯ノ隈古墳があり、そのすぐ近くには湯隈神社があります。
→   ○   (当HP内の)宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)紹介欄(当HP内の)宮地嶽古墳(朝倉市宮野)紹介欄
○   (当HP内の)湯の隈装飾古墳紹介欄(当HP内の)湯ノ隈古墳紹介欄
○   (当HP内の)湯隈神社紹介欄

  )
湯の隈装飾古墳湯ノ隈古墳):湯の隈装飾古墳の場所
(リンク先は、古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 湯ノ隈古墳に基づくアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で、北緯33°23'49.6",東経130°43'34.1"にあるとの由です。。住所:福岡県朝倉市宮野1326-2。朝倉市ホームページ(朝倉市役所)でも湯の隈装飾古墳として(リンク先URLは2015年12月現在。もしも将来リンク切れになったら、朝倉市ホームページ上のキーワード「湯の隈装飾古墳」のgoogle検索結果でお探し下さい)、古墳マップでも湯の隈装飾古墳として、古墳めぐりウォーキング in 福岡でも湯ノ隈古墳として、ひもろぎ逍遥でも湯の隈装飾古墳・被葬者は宮地嶽神社を守っているのかとして、海の風 山の風でも湯ノ隈山の中で紹介されています。その他、キーワード「湯の隈装飾古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果,  キーワード「湯ノ隈装飾古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果,  キーワード「湯隈装飾古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果,もしくはキーワード「湯ノ隈古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果でご参照いただけます。
  古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 湯ノ隈古墳,ならびに古墳マップ ・ 湯の隈装飾古墳によれば、
湯の隈装飾古墳湯ノ隈古墳は、古墳時代後期・6世紀後半の古墳であり、築造時には直径20mの円墳であったとの由です。また、朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 湯の隈装飾古墳によれば(リンク先URLは2015年12月現在)宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)宮地嶽古墳(朝倉市宮野),  宮地嶽神社(朝倉市宮野1066),  宮地嶽公園がある宮地嶽の南側中腹のテラス状台地に位置する装飾古墳であるとの由であり、市指定の史跡であるとの由です。湯の隈装飾古墳湯ノ隈古墳の近くには、湯隈神社もあります。
→   ○   (当HP内の)宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)紹介欄(当HP内の)宮地嶽古墳(朝倉市宮野)紹介欄
○   (当HP内の)宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)紹介欄
○   (当HP内の)宮地嶽公園紹介欄
○   (当HP内の)湯隈神社紹介欄

  この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
湯隈神社(ゆのくまじんじゃ):湯隈神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市宮野1320。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも湯隈神社として、COOL-JPでも湯隈神社 福岡県朝倉市宮野1320 (C-X)として、ひもろぎ逍遥でも湯の隈装飾古墳・被葬者は宮地嶽神社を守っているのかの中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「湯隈神社」+「朝倉市」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 湯隈神社 福岡県朝倉市宮野1320 (C-X)によれば、
湯隈神社の御祭神は大己貴命(オホナムチノミコト),  少彦名命(スクナビコナノミコト),  罔象女命(ミズハノメノミコト)であるとの由です。同情報源によれば、「昔は温泉があったと伝えられていて、そこに湯隈大明神の社(やしろ)がある。」との由緒が載っています。ひもろぎ逍遥 ・ 湯の隈装飾古墳・被葬者は宮地嶽神社を守っているのかには異説となる推測が載っていて、それは、「地名『湯の隈』の『湯』とは温泉というよりも『鉄が溶けている状態』を指すことと、『隈』とは天文観測用語でもあることとの2点の理由のため、後述するとおり湯隈神社の背後にある神奈備山・宮地嶽が、古代の製鉄や天文観測の重要な山だった可能性」を示唆しています。
  
湯隈神社のすぐ近くには湯の隈装飾古墳湯ノ隈古墳があり、その湯の隈装飾古墳湯ノ隈古墳が南側中腹あり、湯隈神社の背後にある宮地嶽には、宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)宮地嶽古墳(朝倉市宮野),  宮地嶽神社(朝倉市宮野1066),  宮地嶽公園があります。
→   ○   (当HP内の)宮地嶽前方後円墳(朝倉市宮野)紹介欄(当HP内の)宮地嶽古墳(朝倉市宮野)紹介欄
○   (当HP内の)宮地嶽神社(朝倉市宮野1066)紹介欄
○   (当HP内の)宮地嶽公園紹介欄
○   (当HP内の)湯の隈装飾古墳紹介欄(当HP内の)湯ノ隈古墳紹介欄

宮野神社宮野神社内古墳金毘羅神社):宮野神社の場所,  宮野神社内古墳の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図であり、古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 宮野神社内古墳によれば、宮野神社内古墳金毘羅神社は、北緯33°23'38.0",東経130°43'50.2"にあるとの由です。住所:福岡県朝倉市宮野1248。宮野神社については、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも宮野神社として、COOL-JPでも宮野神社 福岡県朝倉市宮野1248 V3(C-B)として、ひもろぎ逍遥でも宮野神社 斉明天皇が藤原鎌足に命じて造らせた宮,  宮野神社(3) 三階松紋は語る「橘広庭宮は宮野にあり」として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「宮野神社」+「朝倉市」のgoogle検索結果でお探しいただけます。そして、宮野神社内古墳金毘羅神社については古墳めぐりウォーキング in 福岡でも宮野神社内古墳として、ひもろぎ逍遥でも宮野神社(2) 小山は古墳だったとして紹介されています。その他、キーワード「宮野神社内古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果でご参照いただけます。
  COOL-JP ・ 宮野神社 福岡県朝倉市宮野1248 V3(C-B)によれば、
宮野神社に祀られている御祭神は、天児屋根命(アメノコヤネノミコト),  大己貴命,  吉祥女を御祭神とした神社であるとの由です。天児屋根命とは、中臣氏藤原氏の先祖(祖神)であり、吉祥女は、菅原道真の正室(=島田宣来子)です。COOL-JP ・ 宮野神社 福岡県朝倉市宮野1248 V3(C-B),ならびにひもろぎ逍遥 ・ 宮野神社 斉明天皇が藤原鎌足に命じて造らせた宮によれば、宮野神社は、斉明天皇が661年に百済救援のための渡海出兵を行おうとして朝倉橘広庭宮に御遷幸された際に、遠征軍の勝利を祈願して藤原鎌足に命じて、天児屋根命大己貴命を勧請して創建させた神社であるとの由です。風変人(ふうがじん) ・ 朝倉地区の史跡,  「九州・沖縄ぐるっと探訪」 ・ 福岡県朝倉市史跡 『歎(なげ)きの森』,ならびにひもろぎ逍遥 ・ 宮野神社 斉明天皇が藤原鎌足に命じて造らせた宮によれば、この宮野神社藤原氏祖先の墓であると伝えられているとの由です。また、COOL-JP ・ 宮野神社 福岡県朝倉市宮野1248 V3(C-B)によれば、菅原道真の正室(=島田宣来子)・吉祥女が合祀されたのは、後世の平安時代の天慶年間(938年〜947年)のことであるとの由です。朝倉市とその周辺の高天原の神々(=天孫族)を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 宮野神社内古墳によれば、
宮野神社内古墳は、宮野神社内の社殿の右奥にある小円墳であるとの由です。同情報源、ならびにひもろぎ逍遥でも宮野神社(2) 小山は古墳だったによいれば、宮野神社内古墳の墳頂には金毘羅神社があるとの由です。古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 宮野神社内古墳によれば、横穴式石室がある古墳であるとの由です。宮野神社内古墳が築造された時期は不明ですが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 横穴式石室によれば、横穴式石室は4世紀後半から北九州で作られて、それが九州全域に拡がった後に東に伝わったとの由であり、大化2年(646年)の薄葬令の結果、作られなくなったとの由です。この話に基づけば、4世紀後半〜7世紀の間のいずれかの時期に築造されたことになります。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
大日神社大日神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市入地2954。COOL-JPでも大日神社 福岡県朝倉市入地2954 V12(C-C)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「大日神社」+「朝倉市」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 大日神社 福岡県朝倉市入地2954 V12(C-C)によれば、
大日神社大日メ貴神(オオヒルメムチノカミ(天照大神)),  神武天皇,  大山祇命を御祭神とした神社であるとの由です。大日メ貴神(オオヒルメムチノカミ(天照大神))神武天皇を御祭神とする神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて天照大神を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
狐塚古墳狐塚古墳の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市入地2741。朝倉市ホームページ(朝倉市役所)でも狐塚古墳として(リンク先URLは2015年12月現在。もしも将来リンク切れになったら、朝倉市ホームページ上のキーワード「狐塚古墳」のgoogle検索結果でお探し下さい)、古墳マップでも狐塚古墳(朝倉市)として載っています。その他、キーワード「狐塚古墳」+「朝倉市」+「入地」のgoogle検索結果でご参照いただけます。朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 狐塚古墳(リンク先URLは2015年12月現在),ならびに古墳マップ ・ 狐塚古墳(朝倉市)によれば、狐塚古墳は、古墳時代後期の装飾古墳であるとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
朝倉橘広庭宮跡(あさくらのたちばなのひろにわのみやあと):朝倉橘広庭宮跡
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、朝倉橘広庭宮跡の場所のとおり。住所:朝倉市須川1271、Tel.:0946-52-1428(朝倉市商工観光課)。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも朝倉橘広庭宮として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも朝倉橘広庭宮跡として、あさくら観光協会公式Facebookページでもあさくら放浪記 福岡県朝倉市 朝倉橘広庭宮 2015年9月15日撮影として、古墳めぐりウォーキング in 福岡でも朝倉橘広庭宮跡として紹介されています。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 朝倉橘広庭宮によれば、
朝倉橘広庭宮は、飛鳥時代斉明天皇6年(660年)7月に百済 ・ 新羅連合軍に滅ぼされたため、百済復興の戦いに備えるために斉明天皇7年(661年)5月9日に斉明天皇が遷られた宮の跡であるとの由です。この情報源によれば、この朝倉橘広庭宮で、同年7月24日に斉明天皇は崩御されたとの由です。あさくら観光協会公式Facebookページ ・ あさくら放浪記 福岡県朝倉市 朝倉橘広庭宮 2015年9月15日撮影によれば、実は朝倉橘広庭宮の具体的な場所は、まだ特定化されていないとの由ですが、橘廣庭宮之蹟の碑が建てられているとの由です。
  COOL-JP ・ 朝闇神社 福岡県朝倉市須川1269 ☆V1(C-B/L)によれば、
朝闇神社ちょうあんじんじゃ)(別名:大行事社,  朝倉橘広庭宮跡,  長安寺廃寺跡,  天子の森天子の森公園)(地図(福岡県朝倉市須川2928-1)はそれぞれ近くにあるため、朝闇神社(別名:大行事社はこれらと関係があるのではないかと、言われているとの由です。同情報源によれば、「朝倉」の地名の由来は朝闇神社(別名:大行事社から来たと言われているとの由であり、この伝承は、ジャリ道ぶらぶら放浪記 ・ 朝倉市・朝闇神社(ちょうあんじんじゃ)で言葉遊びで考察されているとおり、朝倉市朝倉町地域朝闇神社ちょうあんじんじゃ「あさくらじんじゃ」と読むこともできることに起因するのであろうと、当ホームページ管理人は考えます。)
朝闇神社(チョウアンジンジャ)(別名:大行事社):朝闇神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市須川1269。あさくら観光協会公式Facebookサイトでも福岡県朝倉市 朝闇神社 2015年9月15日撮影として、COOL-JPでも朝闇神社 福岡県朝倉市須川1269 ☆V1(C-B/L)として、ひもろぎ逍遥でも朝闇神社 高木の神…再びの悪夢かとして、紀行歴史遊学でも福岡県朝倉市発祥の地の中で、紹介されています。
  あさくら観光協会公式Facebookサイト ・ 福岡県朝倉市 朝闇神社 2015年9月15日撮影,ならびにCOOL-JP ・ 朝闇神社 福岡県朝倉市須川1269 ☆V1(C-B/L)によれば、
朝闇神社ちょうあんじんじゃ)(別名:大行事社高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神を御祭神とした神社であるとの由であり、また、朝闇神社(別名:大行事社朝倉市の地名の由来になったと言われている神社であるとの由です。高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神を御祭神とした神社であるため、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。なお、COOL-JP ・ 朝闇神社 福岡県朝倉市須川1269 ☆V1(C-B/L)によれば、近くにある毘沙門堂(朝倉市須川)毘沙門天堂(朝倉市須川)は、かつては朝闇神社(別名:大行事社の境内(けいだい)に祀られたもので、現在も残っているものであるとの由です。
  COOL-JP ・ 朝闇神社 福岡県朝倉市須川1269 ☆V1(C-B/L)によれば、
朝闇神社ちょうあんじんじゃ)(別名:大行事社,  朝倉橘広庭宮跡,  長安寺廃寺跡,  天子の森天子の森公園)(地図(福岡県朝倉市須川2928-1)はそれぞれ近くにあるため、朝闇神社(別名:大行事社はこれらと関係があるのではないかと、言われているとの由です。同情報源によれば、「朝倉」の地名の由来は朝闇神社(別名:大行事社から来たと言われているとの由であり、この伝承は、ジャリ道ぶらぶら放浪記 ・ 朝倉市・朝闇神社(ちょうあんじんじゃ)で言葉遊びで考察されているとおり、朝倉市朝倉町地域朝闇神社ちょうあんじんじゃ「あさくらじんじゃ」と読むこともできることに起因するのであろうと、当ホームページ管理人は考えます。)
毘沙門堂(朝倉市須川)毘沙門天堂(朝倉市須川)):毘沙門堂(毘沙門天)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市須川(朝倉市須川1184の隣りの建物ですので、地番は「118X」であろうと推測します)。COOL-JPでも朝闇神社 福岡県朝倉市須川1269 ☆V1(C-B/L)の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「毘沙門堂」or「毘沙門天堂」+「朝倉市須川」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
毘沙門堂(朝倉市須川)毘沙門天堂(朝倉市須川)の正確な由来を当ホームページ管理人は存じ上げませんが、毘沙門堂(朝倉市須川)毘沙門天堂(朝倉市須川)は、COOL-JP ・ 朝闇神社 福岡県朝倉市須川1269 ☆V1(C-B/L)によれば、かつては朝闇神社ちょうあんじんじゃ)(別名:大行事社の境内(けいだい)に祀られたもので、現在も残っているものであるとの由です。詳細な来歴は不明ではありますが、名前から推(お)して、仏教四天王の中の一尊・毘沙門天(びしゃもんてん)を祀ったお堂であることは自明です。このことと「境内(けいだい)にあった」という情報に併せて鑑(かんが)みれば、確認した上での史実ではなく推測に過ぎませんが、神仏分離によって朝闇神社(別名:大行事社摂末社が独立した可能性が想定可能と考えます。ただし、今日、朝闇神社(別名:大行事社毘沙門堂(朝倉市須川)毘沙門天堂(朝倉市須川)との間に一般民家がある模様ですので、単に朝闇神社(別名:大行事社が何らかの理由により最盛期よりも衰微した時期が過去にあって、境内の一部が維持できなくなっただけである可能性も、否定はできません。いずれにせよ、朝闇神社(別名:大行事社関連スポットとして挙げておきます。)
長安寺廃寺跡長安寺廃寺跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市須川1271(朝倉町大字須川字鐘突1271〜1308)。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも長安寺廃寺跡として、じゃらんnetでも長安寺廃寺跡として、お寺めぐりの友でも長安寺跡として、COOL-JPでも朝闇神社 福岡県朝倉市須川1269 ☆V1(C-B/L)の中で、あさくら観光協会公式Facebookページでもあさくら放浪記 福岡県朝倉市 朝倉橘広庭宮 2015年9月15日撮影の中で、古墳めぐりウォーキング in 福岡でも朝倉橘広庭宮跡の中で、紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「長安寺廃寺」+「朝倉市」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  お寺めぐりの友 ・ 長安寺跡によれば、
長安寺跡には石碑とがあり、駐車場の脇の植え込みのツツジに埋もれて立っていて、その脇には案内板があるとの由です。お寺めぐりの友 ・ 長安寺跡孫引きの案内板記載内容によれば、長安寺廃寺跡は県指定史跡であり、奈良時代平安時代の古代寺院の跡であり、古くは朝鞍寺,  朝闇寺とも呼ばれていたとの由です。同情報源によれば、昭和8年(1933年)の発掘調査で8世紀のものと推測されている多量の須恵器、土師、瓦が発見されたり、さらに、その後の調査で建物の礎石が発見されたりした、との由です。また、同情報源によれば、筑前國続風土記恵蘇八幡宮の条に「社僧の寺を朝倉山長安寺という」との記述があるため、長安寺恵蘇八幡宮と深い関係があったことが推測されているとの由です。この情報源の推測は控えめなものですが、「社僧」とあるからには、廃寺になる以前の長安寺は、恵蘇八幡宮別当寺であった可能性があり得るということであろうと、当ホームページ管理人は推測します。また、この朝倉山長安寺という名称からは、長安寺山号が「朝倉山」であったことが分かります。 COOL-JP ・ 
  
COOL-JP ・ 朝闇神社 福岡県朝倉市須川1269 ☆V1(C-B/L)によれば、
朝闇神社ちょうあんじんじゃ)(別名:大行事社,  朝倉橘広庭宮跡,  長安寺廃寺跡,  天子の森天子の森公園)(地図(福岡県朝倉市須川2928-1)はそれぞれ近くにあるため、朝闇神社(別名:大行事社はこれらと関係があるのではないかと、言われているとの由です。同情報源によれば、「朝倉」の地名の由来は朝闇神社(別名:大行事社から来たと言われているとの由であり、この伝承は、ジャリ道ぶらぶら放浪記 ・ 朝倉市・朝闇神社(ちょうあんじんじゃ)で言葉遊びで考察されているとおり、朝倉市朝倉町地域朝闇神社ちょうあんじんじゃ「あさくらじんじゃ」と読むこともできることに起因するのであろうと、当ホームページ管理人は考えます。)
高木神社(朝倉市須川1683番)高木神社(朝倉市須川1683番)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市須川1683番。朝倉市朝倉町地域COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉市須川1683番 V3(C-B)として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも高木神社として、古代史&フォーラム by tokyoblogでも高皇産霊神、高木神の中で、正しい日本の歴史でも高良神社と高木神社、筑後国の中で、古代史の復元でも高皇産霊神の正体の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「朝倉市須川1683」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉市須川1683番 V3(C-B)によれば、
高木神社(朝倉市須川1683番)は、斉明天皇,  応神天皇,  天智天皇を御祭神とした神社であるとの由です。高木神社という名称の神社は高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を御祭神とする場合が多いので、高木神社(朝倉市須川1683番)の御祭神の中に高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))が含まれないというのは珍しいのではないかと思います。何故このような事情になっているのか理由は不明ですが、高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))に縁(ゆかり)のある名称の神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  なお、邪馬台国甘木・朝倉説や、邪馬台国東遷説(神武東征)に関する私の説は、当ホームページ内の
可愛山陵(瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の墓)訪問記(鹿児島県)神長官守矢史料館訪問記(長野県)でご参照いただけます。記紀の神話に由来のある神社ならば、鹿児島県霧島エリア霧島神宮もお薦めです。)
須川遺跡群虚空蔵山古墳群(こくうぞうやまこふんぐん):虚空蔵山古墳群の場所
(リンク先は、yosimitu's page ・ こふんの旅(kofun's index page) ・ 虚空蔵山古墳群に基づくアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図であり、場所は、北緯33°23'15.36",東経130°44'28.65"であるとの由です。googleマップで場所を示せば、虚空蔵山古墳群の場所(北緯33°23'15.36",東経130°44'28.65")のとおりとなります。住所:福岡県朝倉市須川。朝倉市ホームページ(朝倉市役所)でも虚空蔵山古墳群として(リンク先URLは2015年12月現在。もしも将来リンク切れになったら、朝倉市ホームページ上のキーワード「虚空蔵山古墳群」のgoogle検索結果でお探し下さい)、風変人(ふうがじん) ・ ふるさと 朝倉(あさくら)でも朝倉地区の史跡の中で、yosimitu's page ・ こふんの旅(kofun's index page)でも虚空蔵山古墳群として紹介されています。その他、キーワード「須川」+「朝倉」+「虚空蔵山古墳群」のgoogle検索結果,ならびにキーワード「須川遺跡群」+「朝倉」のgoogle検索結果でご参照いただけます。
  朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 虚空蔵山古墳群によれば(リンク先URLは2015年12月現在)
虚空蔵山古墳群古墳時代後期の遺跡であるとの由であり、須川遺跡群の中の虚空蔵山古墳群の8基の古墳と不明遺構が、市指定の史跡であるとの由です。風変人(ふうがじん) ・ ふるさと 朝倉(あさくら) ・ 朝倉地区の史跡によれば、残念ながら柿園造成により消滅したとの由であり、実際、その場所「北緯33°23'15.36",東経130°44'28.65"」をgoogleマップで表示した上で航空写真表示してみても、今日では、古墳の跡らしいものは見当たりません。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
伊弉諾神社妙見神社)(朝倉市菱野):伊弉諾神社(妙見神社)(朝倉市菱野)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市菱野371。COOL-JPでも伊弉諾神社(妙見神社) 福岡県朝倉市菱野371 (C-X)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 伊弉諾神社(妙見神社) 福岡県朝倉市菱野371 (C-X)では、
伊弉諾神社妙見神社の詳細な御祭神は不明との由ですが、神社名から推測して、伊弉諾尊(イザナギノミコト)なのではないか、との推測が行われています。このとおり推測ではありますが、伊弉諾神社妙見神社は、伊弉諾神(イザナギノミコト)を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の高天原の神々(=天孫族)を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
菱野剣塚古墳(ひしのつるぎづかこふん)(朝倉剣塚古墳):菱野剣塚古墳の場所(この辺り?)
(リンク先は、古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 菱野剣塚古墳に基づくアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図であり、北緯33°22'29.3",東経130°44'51.3"にあるとの由ですが、同ホームページの2015年12月現在の内容によれば、参照するWEB上の情報によって菱野剣塚古墳の場所には相違があるとの由であり、その結果、同ホームページ管理人の方も、この訪問した場所が菱野剣塚古墳であるという100%の自信は無いとの由です。住所:福岡県朝倉市菱野剣塚。古墳めぐりウォーキング in 福岡でも菱野剣塚古墳として、山歩き 古墳巡りでも長田古墳、剣塚古墳、志波宝満宮古墳の中で紹介されています。その他、キーワード「菱野剣塚古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果でご参照いただけます。
  古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 菱野剣塚古墳,ならびに山歩き 古墳巡り ・ 長田古墳、剣塚古墳、志波宝満宮古墳によれば、
菱野剣塚古墳の墳丘は竹林と雑草に覆われているとの由であり、築造時期は不明ながら、前方後円墳であるとの由です。古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 菱野剣塚古墳によれば、菱野剣塚古墳のことを朝倉剣塚古墳と表記している書籍やWEBサイトもあるとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
三連水車三連水車
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、三連水車の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市菱野、Tel.:0946-52-0531(山田堰土地改良区事務所)。朝倉市朝倉町地域クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも三連水車として、あじこじ九州でも朝倉三連水車として紹介されています。朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 川用水及び朝倉揚水車によれば(リンク先URLは2015年12月現在)三連水車は、「堀川用水及び朝倉揚水車」として、国指定の史跡(平成2年(1990年)7月4日指定)になっている連式の水車の中の一つであるとの由です。)
三連水車の里あさくら
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、三連水車の里あさくらの場所のとおり。住所:福岡県朝倉市山田2192−1、Tel.:0946-52-9300。朝倉市朝倉町地域。公式WEBサイトとしては、三連水車の里あさくらがあります。よか街、朝倉ブログでも三連水車の里 あさくらとして紹介されています。)
恵蘇八幡宮 & 木の丸殿跡 : 恵蘇八幡宮,  木の丸殿跡の場所
(リンク先は、前者は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツであり、後者はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図です。恵蘇八幡宮の場所をアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、恵蘇八幡宮の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市山田166、Tel.:0946-52-1428(朝倉市商工観光課),0946-52-0557。朝倉市朝倉町地域クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも恵蘇八幡宮として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも恵蘇八幡として、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも恵蘇八幡宮として、じゃらんnetでも恵蘇八幡宮として紹介されています。花橘亭〜PICK UP〜 ・ 恵蘇八幡宮と木の丸殿跡によれば、恵蘇八幡宮は、斉明天皇が崩御された時に、子供の中大兄皇子(後の天智天皇)が喪に服された場所「木の丸殿」の跡地であるとの由です。木の丸殿跡については、キーワード「木の丸殿」+「朝倉市」のgoogle検索結果でご参照いただけます。恵蘇八幡宮木の丸殿の最寄りには、恵蘇八幡宮1・2号墳御陵山古墳もあります。)
恵蘇八幡宮1・2号墳御陵山古墳(ごりょうざんこふん)):恵蘇八幡宮1・2号墳(御陵山古墳)の場所
(リンク先は、古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 御陵山古墳掲載地図に基づくアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で、北緯33°21'59.9",東経130°45'34.1"にあるとの由です。住所:福岡県朝倉市山田恵蘇宿。朝倉市ホームページ(朝倉市役所)でも恵蘇八幡宮1・2号墳として(リンク先URLは2015年12月現在。もしも将来リンク切れになったら、朝倉市ホームページ上のキーワード「恵蘇八幡宮1・2号墳」のgoogle検索結果でお探し下さい)、古墳めぐりウォーキング in 福岡でも御陵山古墳として紹介されています。その他、キーワード「恵蘇八幡宮」+「号墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果,ならびにキーワード「御陵山」+「朝倉市」のgoogle検索結果でご参照いただけます。
  
恵蘇八幡宮1・2号墳御陵山古墳恵蘇八幡宮本殿裏にあり、故に木の丸殿跡の最寄りにあります。朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 恵蘇八幡宮1・2号墳(リンク先URLは2015年12月現在),ならびに古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 御陵山古墳によれば、恵蘇八幡宮1・2号墳御陵山古墳は、中大兄皇子が、朝倉橘広庭宮で崩御した斉明天皇を、一時的に仮に葬った陵墓であるという伝承があるとの由です。円墳が2つあるとの見方から恵蘇八幡宮1・2号墳と呼ばれているとの由ですが、古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 御陵山古墳によれば、前方後円墳であるという説もあるとの由です。朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 恵蘇八幡宮1・2号墳によれば(リンク先URLは2015年12月現在)、採集された埴輪片から5世紀の古墳であると推測されているとの由であり、市指定の史跡であるとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
長田古墳秋葉宮),瑜伽山大権現(ユガサンダイゴンゲン):長田古墳の場所(秋葉宮),  瑜伽山大権現の場所
(リンク先は、古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 長田古墳に基づくアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で、同情報源によれば、長田古墳秋葉宮は北緯33°22'24.2",東経130°45'11.6"にあるとの由です。住所:福岡県朝倉市山田(長田古墳秋葉宮は「朝倉市山田967」最寄りで、瑜伽山大権現は「朝倉市山田1063」最寄り)。長田古墳秋葉宮については、古墳めぐりウォーキング in 福岡でも長田古墳として、山歩き 古墳巡りでも長田古墳、剣塚古墳、志波宝満宮古墳の中で、COOL-JPでも秋葉宮 福岡県朝倉市山田967 (C-X)として紹介されています。その他、キーワード「長田古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果でご参照いただけます。瑜伽山大権現については、COOL-JPでも瑜伽山大権現 福岡県朝倉市山田1063 (C-X)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「瑜伽山大権現」+「朝倉市」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 長田古墳によれば、
長田古墳は、大分自動車道山田サービスエリア(山田SA)(朝倉市山田967,地図)の西側のすぐ近くにある円墳の古墳であるとの由であり、2015年12月現在、説明板等やWEB上の情報がほとんど無いため、詳細は不明であるとの由です。同情報源によれば、近隣農家の方に尋ねてみたところ、古墳であるという認識をほとんどお持ちではなかったとの由ですが、墳頂にある祠(ほこら)は、地元の人が火の神様として祀っているものであるとの由です。COOL-JP ・ 秋葉宮 福岡県朝倉市山田967 (C-X)掲載の地図情報から推測すれば、この祠は、同情報源に載っている秋葉宮のことになります。同情報源によれば、秋葉宮の御祭神を、「?」マーク付きながら神社名から推測して秋葉大権現(アキバダイゴンゲン)(秋葉権現)ではないかとの推測が行われており、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 秋葉権現によれば、秋葉大権現(秋葉権現)は火の神・火之迦具土大神(ヒノカグツチノオオカミ)であるとされているとの由です。このことは、上述した、古墳めぐりウォーキング in 福岡ホームページ管理人の方が当古墳の近隣農家の方から聞いた、その祠は火の神様として祀られているという話と、平仄(ひょうそく)が合う話ですので、妥当な推測と考えます。「火の神様」が、「日の神様」から転じたものと推測すれば、朝倉市安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説における邪馬台国比定地かつ高天原比定地であることに併せて鑑(かんが)みれば、「天照大神大日霊貴神(オホヒルメノムチノカミ)=日の女神卑弥呼日巫女日の巫女」と「『日の神様→転じて、火の神様』という推測」は平仄(ひょうそく)が合う話であることになり、この秋葉宮の御祭神は、興味深い神様であると考えます。ただし、今日の「火(ひ)」と「日(ひ)」が、古代の音韻で同一の発音だったか否かを確認した上での推測ではありませんので、この推測はトンデモ推測であるに過ぎない可能性もあり得ます。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  地図を見ると、
長田古墳秋葉宮の中腹、或いは麓と言える場所に、神社のような建物があります。COOL-JP ・ 瑜伽山大権現 福岡県朝倉市山田1063 (C-X)によれば、この建物は瑜伽山大権現ユガサンダイゴンゲンと呼ばれる神社であるとの由です。読み方は、もしかしたら誤りであり、正しくはユガヤマダイゴンゲンである可能性もあり得ます。同情報源によれば、瑜伽山大権現の御祭神を、「?」マーク付きながら神社名から推測して瑜伽山大権現(ゆがさんだいごんげん)(瑜伽大権現)ではないかとの推測が行われています。この神社・瑜伽山大権現の位置は、長田古墳に対する遥拝所(ようはいじょ)に位置すると見なし得る場所にあります。したがって、確認した上での話ではありませんが、瑜伽山大権現は、長田古墳と関係のある神社である可能性が想定可能です。)

【楽天トラベル】福岡県朝倉市の宿(ホテル・旅館)の検索結果

この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    

旧杷木町地域
【楽天トラベル】福岡県朝倉市旧杷木町地域の宿(ホテル・旅館)の検索結果

普門院
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、普門密院の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市杷木志波5376、Tel.:0946-62-0288。クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも普門院として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも普門院(朝倉市)として紹介されています。)
円清寺
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、円清寺の場所のとおり。住所:朝倉市杷木志波5276、Tel.:0946-62-0803。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも円清寺として、じゃらんnetでも円清寺として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも黒田官兵衛ゆかりの地「円清寺」として紹介されています。)
麻底良布神社麻底良城(別名:左右良城),麻底良山):麻底良布神社の場所(まてらふじんじゃ)(麻底良城跡の場所)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市杷木志波5458。玄松子の記憶でも麻底良布神社として紹介されています。他の紹介サイトについては、キーワード「麻底良布神社」のgoogle検索結果でご参照いただけます。なお、「麻底良布神社」の「底(て)」の字は、本当は「底」ではなく「『底』から广部(まだれ)を省いた字」ですが、その字はJIS漢字コードの字ですので、当ホームページご来訪者の端末機器の画面が文字化けするリスクを回避するために、「底」の字を用いて表記しております。「誤字だ」と思われる方もおられるかと推測しますので、「誤字」と申せば確かに「誤字」なのですが、やむを得ずわざと行った対応ですので、誤解を避けるべく念のため補足しておきます。
  
麻底良布神社まてらふじんじゃ麻底良山山頂にある古社です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 筑前国の式内社一覧によれば、麻底良布神社は、平安時代の延長5年(927年)にまとめられた『延喜式神名帳』に記載のある神社「延喜式内社」であると推定されている神社(比定社)であるとの由であり、平安時代筑前国 上座郡(じょうざぐん)麻弖良布神社(マテラフノジンジャ)と同一、もしくはその後裔と推測されているとの由です。玄松子の記憶 ・ 麻底良布神社によれば、麻底良布神社の御祭神の中に天照大神がおられるとの由であり、神社名中の「まてら」は天照大神(アマテラス)の「ア」が抜けた「マテラ」であるとする説もあるとの由です。天照大神を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて天照大神を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  なお、城郭放浪記 ・ 筑前・麻底良城によれば、
麻底良布神社がある麻底良山山頂には、麻底良布神社だけでなく、中世・近世城郭遺構である麻底良城跡(別名:左右良城跡,  左右良山城跡もあるとの由です。城郭放浪記 ・ 筑前・麻底良城等によれば、麻底良城は、黒田長政が藩主を務めていた時期・江戸時代初期の福岡藩の筑前六端城の中の1城であり、栗山利安(栗山善助)が城主であったとの由です。麻底良城(別名:左右良城,  左右良山城については、キーワード「麻底良城」のgoogle検索結果,  キーワード「左右良城」のgoogle検索結果,  キーワード「左右良山城」のgoogle検索結果でご参照いただけます。また、麻底良山については、キーワード「麻底良山」のgoogle検索結果でご参照いただけます。)
須賀神社(杷木志波)須賀神社(杷木志波)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市杷木志波528(4818?)。COOL-JPでも須賀神社 福岡県朝倉市杷木志波528(4818?) V8(C-C)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 須賀神社 福岡県朝倉市杷木志波528(4818?) V8(C-C)では、
須賀神社(杷木志波)の御祭神は素盞鳴命(スサノオノミコト)ではないかと推測されています。推測ベースですが素盞鳴命を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。御祭神が推測である場合も含めて、朝倉市とその周辺の素戔嗚尊を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
志波宝満宮志波寶満宮)(しわほうまんぐう),志波宝満宮古墳志波宝満宮の場所,  志波宝満宮古墳の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:志波宝満宮志波寶満宮)(しわほうまんぐうは福岡県朝倉市杷木志波5011,志波宝満宮古墳は福岡県朝倉市杷木志波(福岡県朝倉市杷木志波5010の金比羅神社地図最寄り)。古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 志波宝満宮古墳によれば、志波宝満宮古墳所在地は、北緯33°21'46.1",東経130°46'16.6"であるとの由です。志波宝満宮志波寶満宮については、COOL-JPでも志波寶満宮 福岡県朝倉市杷木志波5011 V9 (C-C)として、CJNの九州低山そうつ記でも志波宝満宮の連理の大樟として紹介されています。志波宝満宮古墳については古墳めぐりウォーキング in 福岡でも志波宝満宮古墳として紹介されています。その他、キーワード「志波宝満宮古墳」+「朝倉市」のgoogle検索結果でご参照いただけます。
  COOL-JP ・ 志波寶満宮 福岡県朝倉市杷木志波5011 V9 (C-C)によれば、
志波宝満宮志波寶満宮の御祭神は。玉依姫命(タマヨリビメノミコト),  ~功皇后,  八幡大神であるとの由です。朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 志波宝満宮社叢によれば(リンク先URLは2015年12月現在,将来リンク切れになった場合には、朝倉市ホームページのキーワード「志波宝満宮社叢」のgoogle検索結果でご参照下さい)、志波宝満宮志波寶満宮の社(林)には、暖地性の植物が生い茂っているとの由であり、ここを北限とする貴重な種類もあるとの由であり、県の天然記念物に指定されているとの由です。CJNの九州低山そうつ記 ・ 志波宝満宮の連理の大樟によれば、志波宝満宮志波寶満宮(林)の中には、連理の楠の大木(連理の大樟,連理の大クス)があるとの由です。志波宝満宮志波寶満宮の境内(けいだい) or 同一丘陵上には志波神社地図(福岡県朝倉市杷木志波5011),  金比羅神社,詳しくは次段落で解説する志波宝満宮古墳があります。銀座一丁目新聞 ・ 追悼録(338) 同期生の慰霊の軌跡「防人の道標」によれば、この内、志波神社は、(例えば第二次世界大戦等の)戦没者117柱を祀る神社として、志波宝満宮志波寶満宮の境内に建立(こんりゅう)されたものであるとの由です。金比羅神社の方の由緒は調べてもよく分かりませんでしたが、金比羅神社(金刀比羅神社)を名乗るからには、その御祭神は恐らくは金毘羅権現であろうと推測します(が、これは推測であり、確認した上での事実では、ありません。誤解を避けるべく念のため)。
  CJNの九州低山そうつ記 ・ 志波宝満宮の連理の大樟によれば、
志波宝満宮古墳は、志波宝満宮志波寶満宮と同一の丘陵上にある古墳であるとの由です。古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 志波宝満宮古墳によれば、志波宝満宮古墳は、竪穴式石室に箱式石棺が2つある古墳であるとの由であり、甲冑、刀剣等も出土し、墳丘上に家形埴輪があったとの由です(家形埴輪については「あった」と過去形になっているので、現在では無いであろうと思量)。同情報源によれば、かつては土砂崩れのために石棺が露出していたとの由ですが、古墳めぐりウォーキング in 福岡ホームページ管理人が訪れた時には、土のうでふさがれていたとの由です。築造された年代など、それ以上に詳しい情報は、調べてみましたが分かりませんでした。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
杷木神籠石杷木神籠石
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、杷木神籠石の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市杷木林田、Tel.:0946-22-0001(ピーポート甘木内文化課)。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも神籠石の中で、城郭放浪記でも筑前・杷木神籠石として紹介されています。筑前国 上座郡(じょうざぐん)林田村(現・福岡県 朝倉市 旧杷木町地域大字(おおあざ)杷木林田」)にあります。朝倉市ホームページ(朝倉市役所) ・ 杷木神籠石によれば(リンク先URLは2015年12月現在)杷木神籠石は国指定の史跡(昭和47(1972年)年12月9日指定)であるとの由です。)
道の駅 原鶴
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、道の駅原鶴の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市杷木久喜宮1665-1、Tel.:0946-63-3888。公式WEBサイト「道の駅原鶴 ファームステーションバサロ」もあり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも道の駅原鶴として紹介されています。)
朝倉市大ひまわり園
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、朝倉市大ひまわり園の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市杷木久喜宮1580-1、Tel.:0946-62-0334(道の駅「原鶴」インフォメーション)。)
原鶴温泉ハーブ公園
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、原鶴温泉ハーブ公園の場所のとおり。住所:福岡県朝倉市杷木久喜宮1833-10、Tel.:0946-62-2828(川の駅はらづる)。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも原鶴温泉ハーブ公園として紹介されています。)
高木神社(朝倉市杷木白木172)高木神社(朝倉市杷木白木172)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市杷木白木172番。朝倉市杷木町地域COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉市杷木白木172 V9(C-X)として、古代史&フォーラム by tokyoblogでも高皇産霊神、高木神の中で、正しい日本の歴史でも高良神社と高木神社、筑後国の中で、古代史の復元でも高皇産霊神の正体の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「朝倉市杷木白木172」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉市杷木白木172 V9(C-X)によれば、
高木神社(朝倉市杷木白木172)は、高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神,  伊弉諾尊(イザナギノミコト),  伊弉冉尊(イザナミノミコト)を御祭神とした神社であるとの由です。高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
高木神社(朝倉市杷木赤谷744番)高木神社(朝倉市杷木赤谷744番)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市杷木赤谷744番。朝倉市杷木町地域COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉市杷木赤谷744 V9 (C-C)として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも高木神社として、古代史&フォーラム by tokyoblogでも高皇産霊神、高木神の中で、正しい日本の歴史でも高良神社と高木神社、筑後国の中で、古代史の復元でも高皇産霊神の正体の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「朝倉市杷木赤谷744」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉市杷木赤谷744 V9 (C-C)によれば、
高木神社(朝倉市杷木赤谷744番)は、高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神,  伊弉諾尊(イザナギノミコト),  伊弉冉尊(イザナミノミコト)を御祭神とした神社であるとの由です。高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
高木神社(朝倉市杷木松末2784)高木神社(朝倉市杷木松末2784)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市杷木松末2784番。朝倉市杷木町地域COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉市杷木松末2784 (C-X)として、古代史&フォーラム by tokyoblogでも高皇産霊神、高木神の中で、正しい日本の歴史でも高良神社と高木神社、筑後国の中で、古代史の復元でも高皇産霊神の正体の中で紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「朝倉市杷木松末2784」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉市杷木松末2784 (C-X)によれば、
高木神社(朝倉市杷木松末2784)の御祭神は不詳であるとの由ですが、高木神社という名称の神社の御祭神は高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))である場合が多いため、当ホームページ管理人は、高木神社(朝倉市杷木松末2784)の御祭神は元々は高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))だった可能性が高いであろうと推測します。
  推測の域を出ませんが、
高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))を御祭神とする可能性が高い神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  なお、邪馬台国甘木・朝倉説や、邪馬台国東遷説(神武東征)に関する私の説は、当ホームページ内の
可愛山陵(瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の墓)訪問記(鹿児島県)神長官守矢史料館訪問記(長野県)でご参照いただけます。記紀の神話に由来のある神社ならば、鹿児島県霧島エリア霧島神宮もお薦めです。)
杷木神社杷木神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市杷木池田546。COOL-JPでも杷木神社 福岡県朝倉市杷木池田546番 V3(C-A)として、くるめんもんドットこむでも杷木神社として、紹介されています。
  COOL-JP ・ 杷木神社 福岡県朝倉市杷木池田546番 V3(C-A),ならびにくるめんもんドットこむ ・ 杷木神社によれば、
杷木神社は、伊弉諾尊(イザナギノミコト),  伊弉冉尊(イザナミノミコト),  大己貴命(オオナムチノミコト),  武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を御祭神とした神社であるとの由ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の高天原の神々(=天孫族)を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
夕月神社(夕月大明神)夕月城跡):夕月神社(夕月大明神)&夕月城跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市杷木古賀1405。夕月神社(夕月大明神)については、COOL-JPでも夕月神社(夕月大明神) 福岡県朝倉市杷木古賀1405 V9(C-B)として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも夕月神社の桜として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも夕月神社の桜として紹介されています。夕月城跡については、城郭放浪記でも筑前・夕月城として紹介されています。
  COOL-JP ・ 夕月神社(夕月大明神) 福岡県朝倉市杷木古賀1405 V9(C-B)によれば、
夕月神社(夕月大明神)月読命(ツクヨミノミコト)を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の高天原の神々(=天孫族)を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  また、城郭放浪記 ・ 筑前・夕月城によれば、
夕月神社(夕月大明神)がある場所は、夕月城跡でもあるとの由ですが、夕月城跡について、詳しい城の来歴は不明です。近隣エリアには、夕月神社奥の院もあります。)
夕月神社奥の院夕月神社奥の院の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市杷木古賀1164。COOL-JPでも夕月神社奥の院 福岡県朝倉市杷木古賀1164 (C-X)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 夕月神社奥の院 福岡県朝倉市杷木古賀1164 (C-X)によれば、
夕月神社奥の院月読命(ツクヨミノミコト)を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の高天原の神々(=天孫族)を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。近隣エリアには、夕月神社(夕月大明神)もあります。)
須賀神社(杷木若市)須賀神社(杷木若市)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉市杷木若市2759。COOL-JPでも須賀神社 福岡県朝倉市杷木若市2759 V9(C-A)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 須賀神社 福岡県朝倉市杷木若市2759 V9(C-A)では、
須賀神社(杷木若市)の御祭神は素盞鳴命(スサノオノミコト)ではないかと推測されています。推測ベースですが素盞鳴命を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の素戔嗚尊を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)

【楽天トラベル】福岡県朝倉市旧杷木町地域の宿(ホテル・旅館)の検索結果

朝倉市その他
○   【楽天GORA】福岡県のゴルフ場一覧
○   【楽天GORA】秋月カントリークラブ(福岡県朝倉市)
○   【楽天GORA】夜須高原カントリークラブ(福岡県朝倉郡筑前町)
○   【楽天GORA】浮羽カントリークラブ(福岡県うきは市)
この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    

おまけ
(他地域の温泉)
地図 この地域の温泉や観光地ではありませんが・・・

城山観光ホテル
城山観光ホテル
桜島が見える露天風呂
   山川ヘルシーランド露天風呂
山川ヘルシーランド露天風呂

○   温泉なら、県別源泉数日本2位の温泉天国・鹿児島県へ!
○   2008年NHK大河ドラマ「篤姫」ゆかりの歴史スポットなど素敵な観光スポットもたくさん!


温泉天国・鹿児島温泉紹介!



【楽天トラベル】航空券予約

九州新幹線で行き易くなりました。

(温泉案内の前に)甘木・朝倉地域の福岡県朝倉郡筑前町の温泉以外の観光スポット

朝倉郡筑前町 全般的に 筑前町OfficialWebSite(筑前町役場)
【ウィキペディア(Wikipedia)】筑前町
ちくご観光案内所(福岡県南部 筑後地方15市町村の観光ガイド)
あさくら路観光案内(あさくら観光協会)
筑前町商工会
三輪町地域
【楽天トラベル】福岡県朝倉郡筑前町の宿(ホテル・旅館)の検索結果

大己貴神社大己貴神社
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、大己貴神社の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡筑前町弥永697−3、Tel.:0946-24-5805。大己貴神社公式Facebookページがある他、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも大己貴神社として、じゃらんnetでも大己貴神社として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも大己貴神社として、九州神社紀行−ブログでも大巳貴神社(福岡県筑前町)として紹介されています。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 筑前国の式内社一覧によれば、
大己貴神社は、平安時代の延長5年(927年)にまとめられた『延喜式神名帳』に記載のある神社「延喜式内社」であると推定されている神社「論社、或いは比定社」の中の1社であるとの由であり、平安時代筑前国 夜須郡(やすぐん)於保奈牟智神社(ヲホナムチノオホナモチ)と同一、もしくはその後裔と推測されているとの由です。)
筑前町立大刀洗平和記念館筑前町立大刀洗平和記念館チクゼンチョウリツタチアライヘイワキネンカン
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、筑前町立大刀洗平和記念館の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡筑前町高田2561-1、Tel.:0946-23-1227。公式WEBサイト「筑前町立大刀洗平和記念館公式WEBサイト公式WEBサイト」もあり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも筑前町立大刀洗平和記念館として、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも筑前町立大刀洗平和記念館として、じゃらんnetでも筑前町立大刀洗平和記念館として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも筑前町立大刀洗平和記念館として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも筑前町立大刀洗平和記念館として紹介されています。
  
筑前町立大刀洗平和記念館と関係のある鹿児島県の観光スポットには、知覧特攻平和会館があります。)
仙道古墳仙道古墳の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町久光106、Tel.:0946-22-3385(筑前町教育課)。筑前町教育委員会公式WEBサイトでも仙道古墳:せんどうこふんとして(リンク先URLは2015年12月現在)古墳めぐりウォーキング in 福岡でも仙道古墳として、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも仙道古墳として、じゃらんnetでも仙道古墳として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも仙道古墳(国史跡)として紹介されています。
  筑前町教育委員会公式WEBサイト ・ 仙道古墳:せんどうこふん(リンク先URLは2015年12月現在),ならびに公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも仙道古墳によれば、
仙道古墳は、古墳時代後期の6世紀の円墳であり、石室に装飾があり、盾持武人埴輪が出土したとの由です。古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 仙道古墳によれば、普段は施錠されているため石室は見えないとの由ですが、公開される日はあり、また、公園内に石室の復元模型があるとの由です。また、筑前町教育委員会公式WEBサイト ・ 仙道古墳:せんどうこふんによれば(リンク先URLは2015年12月現在)仙道古墳は、国指定の史跡であるとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
高野神社高野神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町野町1150。COOL-JPでも高野神社 朝倉郡筑前町野町1150 V1(N/C-A)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 高野神社 朝倉郡筑前町野町1150 V1(N/C-A)によれば、
高野神社の御祭神は、伊弉諾尊(イザナギノミコト),  伊弉冉尊(イザナミノミコト),  天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)であるとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ アメノオシホミミによれば、天忍穂耳命(アメノオシホミミ)は、スサノオノミコト天照大神の勾玉を譲り受けて生まれた五皇子の長男,即ち天照大神の子であり、また、高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))の娘婿であり、さらに、天孫降臨を行った瓊瓊杵尊邇邇芸命;ニニギノミコト)の父親です。天照大神の御子神であり、かつ高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト))の娘婿である天忍穂耳命(アメノオシホミミ)を祀った神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の天忍穂耳命を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
太神宮(筑前町上高場)太神宮(筑前町上高場)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町上高場1793。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも大神宮として、COOL-JPでも太神宮 福岡県朝倉郡筑前町上高場1793 V14(C-C)として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも上高場の大藤として紹介されています。
  COOL-JP ・ 太神宮 福岡県朝倉郡筑前町上高場1793 V14(C-C)によれば、
太神宮(筑前町上高場)天照大神を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて天照大神を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
天神社(筑前町大塚)大塚古墳(おおづかこふん)(天神社古墳):天神社(筑前町大塚)の場所,  大塚古墳の場所(天神社古墳)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉筑前町大塚338。天神社(筑前町大塚)については、COOL-JPでも天神社 朝倉郡筑前町大塚338 ☆V1&V8(C-C)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「筑前町大塚」+「天神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。大塚古墳おおづかこふん)(天神社古墳については、古墳めぐりウォーキング in 福岡でも大塚古墳として、山歩き 古墳巡りでも朝倉古墳訪問の中で、遺跡ウォーカーでも天神社古墳として紹介されています。その他、キーワード「大塚古墳」+「筑前町」−「安徳大塚古墳」−「高柳大塚古墳」−「久留米市大塚古墳」−「呰見大塚古墳」−「長田大塚古墳」−「田主丸大塚古墳」−「新延大塚古墳」−「宮地嶽大塚古墳」−「今宿大塚古墳」−「九十折大塚古墳」のgoogle検索結果,  キーワード「天神社古墳」+「筑前町」+「大塚」のgoogle検索結果でご参照いただけます。
  COOL-JP ・ 天神社 朝倉郡筑前町大塚338 ☆V1&V8(C-C)によれば、
天神社(筑前町大塚)の御祭神は、確認できないながらも菅原神(菅原道真=天神様)ではないかと推測されています。
  古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 大塚古墳本文と掲載の案内板写真,山歩き 古墳巡り ・ 朝倉古墳訪問,ならびにCOOL-JP ・ 天神社 朝倉郡筑前町大塚338 ☆V1&V8(C-C)掲載の案内板写真によれば、
大塚古墳おおづかこふん天神社(筑前町大塚)の境内にある古墳であり、古墳時代末期の6世紀後半の円墳であるとの由です。同情報源によれば、墳頂を覆っていた土は流出して天井石が露出していますが、横穴式石室と考えられる石室の入り口は出ていないとの由です。また、遺跡ウォーカー ・ 天神社古墳によれば、大塚古墳天神社古墳とも呼ばれているとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
熊野神社(筑前町当所)當所神社(とうしょじんじゃ)) & 熊野神社古墳當所神社古墳当所古墳):熊野神社(筑前町当所)の場所(當所神社の場所),  熊野神社古墳の場所(當所神社古墳の場所)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町当所213-1,Tel.:0946-42-6601(筑前町企画課)。熊野神社(筑前町当所)當所神社とうしょじんじゃ))については、筑前町OfficialWebSite(筑前町役場)でも當所神社(とうしょじんじゃ)として(リンク先URLは2015年12月現在。もしも将来リンク切れになったら、筑前町OfficialWebSite上のキーワード「當所神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、COOL-JPでも當所神社 朝倉郡筑前町当所213-1 ☆V1(C-B)として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも當所神社として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「大神宮」+「筑前町」+「当所」のgoogle検索結果,またはキーワード「當所神社」+「筑前町」のgoogle検索結果でお探しいただけます。熊野神社古墳當所神社古墳とうしょじんじゃこふん),  当所古墳については、古墳めぐりウォーキング in 福岡でも熊野神社古墳として、山歩き 古墳巡りでも當所神社古墳 虎御前の墓?として紹介されています。その他、キーワード「熊野神社古墳」+「筑前町」のgoogle検索結果,またはキーワード「當所神社」+「筑前町」のgoogle検索結果でご参照いただけます。
  COOL-JP ・ 當所神社 朝倉郡筑前町当所213-1 ☆V1(C-B),ならびに古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 熊野神社古墳掲載の神社案内板の写真によれば、
熊野神社(筑前町当所)當所神社の御祭神は天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)であるとの由であり、境内(けいだい)には、高木神高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)),  地蔵菩薩,  観世音菩薩が祀られているとの由です。天忍穂耳命以外で祀られている神仏の有り様は、確認した上での事実ではなく推測ですが、「境内に」とあるので恐らくは、摂社のことなのであろうと推測します。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ アメノオシホミミによれば、天忍穂耳命は、スサノオノミコト天照大神の勾玉を譲り受けて生まれた五皇子の長男,即ち天照大神の子であり、また、高木神高皇産霊尊の娘婿であり、さらに、天孫降臨を行った瓊瓊杵尊邇邇芸命;ニニギノミコト)の父親です。天照大神の御子神であり、かつ高木神高皇産霊尊の娘婿である天忍穂耳命を祀った神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。一般的には、全国各地の熊野神社の御祭神は熊野三所権現であるのに、御祭神が熊野三所権現のどの神様でもなく、天忍穂耳命である理由は不明です。なお、ただし、天忍穂耳命は、熊野三所権現には含まれていませんが、熊野十二所権現には含まれている旨を、念のため補記しておきます。いずれにせよ、朝倉市とその周辺の高天原の神々(=天孫族)を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 熊野神社古墳によれば、この
熊野神社(筑前町当所)は、その所在地の地名「当所」から、當所神社とも称しているとの由です。筑前町OfficialWebSite(筑前町役場) ・ 當所神社(とうしょじんじゃ)(リンク先URLは2015年12月現在),ならびにクロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟) ・ 當所神社によれば、當所神社(熊野神社(筑前町当所)は、その神社名故に「『當所(あたるところ』の神」であるとして、宝くじの当選祈願、幸福祈願の神社とされているとの由です。
  古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 熊野神社古墳掲載の神社案内板の写真,ならびに山歩き 古墳巡り ・ 當所神社古墳 虎御前の墓?によれば、
熊野神社(筑前町当所)當所神社には、虎御前の墓であると伝えられる墓(石)があるとの由です。虎御前とは、『曽我物語』に描かれた鎌倉時代初期の曾我兄弟の仇討ちにおいて、兄弟の兄の方である曾我祐成の妾であり、曾我祐成の死後、亡夫・曾我祐成の菩提を弔って余生を過ごした人物です。
  古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 熊野神社古墳,それに掲載された神社案内板の写真,ならびに山歩き 古墳巡り ・ 當所神社古墳 虎御前の墓?によれば、
熊野神社(筑前町当所)當所神社の社殿の裏に(言い換えれば、境内(けいだい)に)、古墳があるとの由です。この古墳は、古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 熊野神社古墳掲載の神社案内板の写真によれば熊野神社古墳という名称の古墳であり、山歩き 古墳巡り ・ 當所神社古墳 虎御前の墓?掲載の現地案内板の写真によれば當所神社古墳とうしょじんじゃこふんという名称の古墳であり、さらに、山歩き 古墳巡り ・ 當所神社古墳 虎御前の墓?によれば、地図では当所古墳という名称の古墳であるとの由です。現地の案内板の内、前者は熊野神社(筑前町当所)當所神社が設けたものですが、後者は旧三輪町教育委員会が設けたものです。設立主体が異なるが故に統一した意思の下に設立されたり、稟議書を挙げる意志決定手続きルートが同じであった訳ではありませんので、古墳の名前が案内板相互で異なっていても組織論的には不思議ではありません。いずれにせよ、神社の名前で異称の両方が使われているのと同様に、古墳の名前でも、異称の両方が使われていることが分かります。
  古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 熊野神社古墳掲載の神社案内板の写真によれば、
熊野神社古墳當所神社古墳,  当所古墳は、古墳時代後期・6世紀の円墳であり、墓としての石室は複室横穴式石室であるとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)

【楽天トラベル】福岡県朝倉郡筑前町の宿(ホテル・旅館)の検索結果

この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    

夜須町地域
【楽天トラベル】福岡県朝倉郡筑前町の宿(ホテル・旅館)の検索結果

焼ノ峠古墳焼ノ峠古墳ヤキノトウゲコフン
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、焼ノ峠古墳の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡筑前町四三嶋239-115、Tel.:0946-42-3121(筑前町文化財調査事務所)。筑前町教育委員会公式WEBサイトでも焼ノ峠古墳:やきのとうげこふんとして(リンク先URLは2015年12月現在)古墳めぐりウォーキング in 福岡でも焼ノ峠古墳として、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも焼ノ峠古墳として、じゃらんnetでもとして、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもとして、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも焼ノ峠古墳(国史跡)として紹介されています。
  筑前町教育委員会公式WEBサイト ・ 焼ノ峠古墳:やきのとうげこふんによれば(リンク先URLは2015年12月現在)
焼ノ峠古墳は、古墳時代前期の3世紀後半築造と考えられている前方後方墳であり、国指定の史跡であるとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
筑前町安の里公園ふれあいファーム
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、安の里公園の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡筑前町松延60-5、Tel.:0946-42-6641。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも安の里公園として、じゃらんnetでも安の里公園として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも筑前町安の里公園ふれあいファーム,  安の里公園として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも安の里公園として紹介されています。)
砥上神社(とかみじんじゃ)(中津屋神社(なかつやじんじゃ)):砥上神社の場所(中津屋神社の場所)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町砥上980-1。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも中津屋神社として、COOL-JPでも砥上神社(中津屋神社) 福岡県朝倉郡筑前町砥上980-1 ☆V6(C-C/L)として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも砥上神社(中津屋神社)として、あさくら路観光案内(あさくら観光協会) ・ あさくら観光協会公式Facebookページでも砥上神社(とかみじんじゃ)(中津屋神社 なかつやじんじゃ)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「砥上神社」+「筑前町」のgoogle検索結果,またはキーワード「中津屋神社」+「筑前町」のgoogle検索結果でお探しいただけます。古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 砥上観音塚古墳によれば、西鉄バス(解説)の「松延」バス停(地図)から徒歩約30分で砥上神社中津屋神社に辿り着けるとの由です。また、同情報源によれば、砥上神社中津屋神社は、山中の古墳である砥上観音塚古墳に行くための登山口でもあるとの由です。バスの時刻表ならびに路線については、九州のバス時刻表でお調べいただけます。
  COOL-JP ・ 砥上神社(中津屋神社) 福岡県朝倉郡筑前町砥上980-1 ☆V6(C-C/L)によれば、
砥上神社中津屋神社の御祭神は、神功皇后,  八幡大神応神天皇,  住吉大神(底筒男命(ソコツツノオノミコト)、中筒男命(ナカツツノオノミコト)、表筒男命(ウワツツノオノミコト))であるとの由です。COOL-JP ・ 砥上神社(中津屋神社) 福岡県朝倉郡筑前町砥上980-1 ☆V6(C-C/L)によれば、神功皇后が新羅征討の兵士を当地に集めて「中宿なり」と宣われたため、中つ屋(中津屋)と号したとの由です。また、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟) ・ 砥上神社(中津屋神社),ならびにCOOL-JP ・ 砥上神社(中津屋神社) 福岡県朝倉郡筑前町砥上980-1 ☆V6(C-C/L)によれば、その際、神功皇后が兵士に兵器を研がせたため、砥上と呼ばれるようになったとの由です。)
砥上観音塚古墳(とかみかんのんづかこふん),砥上古墳群砥上観音塚古墳の場所(この辺り)
(リンク先は、古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 砥上観音塚古墳に基づくアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図であり、同情報源によれば、北緯33°28'54.4",東経130°36'23.2"にあるとの由です。住所:朝倉郡筑前町砥上184。古墳めぐりウォーキング in 福岡でも砥上観音塚古墳として、大和國古墳墓取調室でも福岡県筑前町(旧夜須町・三輪町)の古墳の中で、古跡探訪録でも砥上観音塚古墳:横穴式石室の3Dスキャンに同行の中で、oobuta日記でも福岡県筑前町:砥上観音塚古墳として紹介されています。その他、キーワード「砥上観音塚古墳」+「筑前町」のgoogle検索結果でご参照いただけます。古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 砥上観音塚古墳によれば、西鉄バス(解説)の「松延」バス停(地図)から徒歩約30分で砥上神社中津屋神社に行き、砥上神社中津屋神社からさらに約30分間登山をすれば、砥上観音塚古墳に辿り着けるとの由です。往路は山道の登山ですので、下山となる復路は、砥上観音塚古墳砥上神社中津屋神社間は20分であるとの由です。バスの時刻表ならびに路線については、九州のバス時刻表でお調べいただけます。
  古墳めぐりウォーキング in 福岡 ・ 砥上観音塚古墳,ならびに同情報源掲載の現地案内板の写真によれば、
砥上観音塚古墳は、古墳時代後期・6世紀末の円墳であるとの由であり、筑前国(現・福岡県の一部)で最初に発見された、横穴式石室の装飾古墳として名高いとの由です。同情報源によれば、町指定の文化財であるとの由です。
  大和國古墳墓取調室 ・ 福岡県筑前町(旧夜須町・三輪町)の古墳によれば、
砥上観音塚古墳がある砥上岳地図山中の南側斜面一帯の広い範囲に渡って、砥上観音塚古墳以外にも多くの古墳が点在しており、砥上古墳群と呼ばれているとの由です。しかし、砥上観音塚古墳以外は未整備であるため、見学は容易ではないとの由です。砥上古墳群獻さんのリンク ・ 夜須町の情報 ・ 夜須町史 ・ 「第二編 近代までの歩み」>「第一章 原始時代の夜須地方」>「第三節 古墳時代」にも載っていますが、砥上観音塚古墳以外砥上古墳群の正確な位置は、調べてもよく分かりませんでした。
  この地域の他の古墳については、当ホームページ内の
平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
鷲尾塚一号墳鷲尾塚古墳):鷲尾塚一号墳の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町吹田(フキダ)1659。獻さんのリンク ・ 夜須町の情報 ・ 夜須町史でも「第二編 近代までの歩み」>「第一章 原始時代の夜須地方」>「第三節 古墳時代」の中で、チャピの葉でも鷲尾塚古墳として紹介されています。その他、キーワード「鷲尾塚一号墳」のgoogle検索結果,もしくはキーワード「鷲尾塚古墳」+「筑前町」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  獻さんのリンク ・ 夜須町の情報 ・ 夜須町史 ・ 「第二編 近代までの歩み」>「第一章 原始時代の夜須地方」>「第三節 古墳時代」,ならびにチャピの葉 ・ 鷲尾塚古墳掲載の現地案内板写真によれば、
鷲尾塚一号墳鷲尾塚古墳は、未調査のために主体部(埋葬施設)は不明であるものの、古墳時代中期・5世紀の、二段築成で直系30mの大型円墳であるとの由です。鷲尾塚古墳掲載の現地案内板写真によればこの古墳の正式名称は鷲尾塚古墳である模様であり、獻さんのリンク ・ 夜須町の情報 ・ 夜須町史 ・ 「第二編 近代までの歩み」>「第一章 原始時代の夜須地方」>「第三節 古墳時代」によれば、古墳は単独で1基のみ存在しているとの由ですが、2基目以降の古墳が無いにも関わらず、何故か鷲尾塚一号墳の通称で呼ばれているとの由です。この地域の他の古墳については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
吹田古墳群牧ノ池百項群森原古墳群三牟田古墳群勝山古墳群梶原遺跡砥上岳の場所,  鷲尾塚一号墳の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。所在地:福岡県 朝倉郡 筑前町夜須町地域。上記の全古墳が獻さんのリンク ・ 夜須町の情報 ・ 夜須町史 ・ 「第二編 近代までの歩み」>「第一章 原始時代の夜須地方」>「第三節 古墳時代」で紹介されている他、吹田古墳群についてはキーワード「吹田古墳群」のgoogle検索結果で、牧ノ池百項群についてはキーワード「牧ノ池百項群」のgoogle検索結果で、森原古墳群についてはキーワード「森原古墳群」のgoogle検索結果で、三牟田古墳群についてはキーワード「三牟田古墳群」のgoogle検索結果で、勝山古墳群についてはキーワード「勝山古墳群」+「筑前町」のgoogle検索結果で、梶原遺跡についてはキーワード「梶原遺跡」+「筑前町」のgoogle検索結果で、それぞれご参照いただけます。
  獻さんのリンク ・ 夜須町の情報 ・ 夜須町史 ・ 「第二編 近代までの歩み」>「第一章 原始時代の夜須地方」>「第三節 古墳時代」の本文、ならびに
鷲尾塚一号墳欄に掲載された地図によれば、砥上岳地図から鷲尾塚一号墳鷲尾塚古墳までの間一帯に、砥上観音塚古墳欄で紹介した砥上古墳群や、その他にも吹田古墳群,  牧ノ池百項群,  森原古墳群,  三牟田古墳群,  勝山古墳群等の小型の円墳群があるとの由です。上述の地図が不鮮明であるためにどの古墳群が○で囲まれた古墳群に相当するのかが分からなかったり、2015年12月現在、各古墳群の場所を正確に紹介したホームページを検索できなかったりしたため、具体的な場所は不明ですが、大まかな位置は上述の地図でご参照いただけます(ただし、そのリンク先URLは2015年12月現在)獻さんのリンク ・ 夜須町の情報 ・ 夜須町史 ・ 「第二編 近代までの歩み」>「第一章 原始時代の夜須地方」>「第三節 古墳時代」によれば、これらの古墳群は、古墳時代末期・6世紀末のものであるとの由です。
  また、獻さんのリンク ・ 夜須町の情報 ・ 夜須町史 ・ 「第二編 近代までの歩み」>「第一章 原始時代の夜須地方」>「第三節 古墳時代」によれば、筑前町夜須町地域大字(おおあざ)三並(この辺り(地図))の
梶原遺跡でも、19基の古墳群があったとの由ですが、詳しい場所は分からず、かつ、過去に著しい削平を受けた結果、調査地域で墳丘は既に見当たらない状況であるとの由です。同情報源によれば、梶原遺跡の古墳は、古墳時代中期の5世紀前半代から6世紀中頃にかけてのものであるとの由です。
  この地域の他の古墳については、当ホームページ内の
平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
万葉歌碑
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、万葉歌碑の場所(この辺り)のとおり。住所:朝倉郡筑前町篠隈339-1、Tel.:0946-22-3385(筑前町教育課)。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも万葉歌碑として紹介されています。)
Ichigo Land らいおん果実園
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、Ichigo Land らいおん果実園の場所のとおり。住所:福岡県筑前町吹田1478-1、Tel.:0946-42-5556。公式WEBサイト「Ichigo Land らいおん果実園公式WEBサイト」もあり、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でもらいおん果実園として、じゃらんnetでもらいおん果実園として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもらいおん果実園として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でもIchigo Land らいおん果実園として紹介されています。)
長者町大神宮長者町大神宮の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町長者町614。COOL-JP ・ 長者町大神宮 福岡県朝倉郡筑前町長者町614 V11(C-C)によれば、この神社の名前は「長者町大神宮」であり、御祭神は天照大神であることになっており、Google マップのストリートビューで見ても、この神社の扁額(へんがく)には確かに大神宮と書かれているのですが、何故か、水資源機構 両筑平野用水総合事業所 ・ 事務所職員だより Vol.33 朝倉街道再発見(朝倉市甘木〜宝満川),  石橋・眼鏡橋・太鼓橋・石造アーチ橋 田の神・庚申塔・仁王像 ・ 高木神社参道橋 ,  田舎暮らしdeほ! ・ 2009.12.29 福岡県筑前町大字長者町 高木神社参道橋と長者町の石橋群等のホームページの2015年11月参照時現在の掲載内容では、この神社と同じ神社と思量される神社が、高木神(高御産巣日神(タカミムスビ))を御祭神として祀る神社の名称である高木神社の名称で紹介されています。理由は不明です。御祭神が天照大神であれ、高木神(高御産巣日神(タカミムスビ))であれ、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて天照大神を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
大神宮(筑前町下高場)大神宮(筑前町下高場)の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町下高場2249。COOL-JPでも大神宮 福岡県朝倉郡筑前町下高場2249 V14(C-X)として、Basan Worldでも太神宮ジョンと太神宮リリー (筑前町・下高場)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 大神宮 福岡県朝倉郡筑前町下高場2249 V14(C-X),ならびにBasan World ・ 太神宮ジョンと太神宮リリー (筑前町・下高場)によれば、
大神宮(筑前町下高場)天照大神,  菅原道真を御祭神とした神社であるとの由です。天照大神を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて天照大神を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
須佐神社須佐神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町東小田361。COOL-JPでも須佐神社 朝倉郡筑前町東小田361 V8(N/C-B)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 須佐神社 朝倉郡筑前町東小田361 V8(N/C-B)によれば、
須佐神社の御祭神は、確認できない状況ですが素戔嗚尊(スサノオノミコト)であろうか、と推測されています。推測ではありますが素戔嗚尊(スサノオノミコト)を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。御祭神が推測である場合も含めて、朝倉市とその周辺の素戔嗚尊を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
高木神社(筑前町曽根田478)高木神社(筑前町曽根田478)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町曽根田478。COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉郡筑前町曽根田478 V14(C-B)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉郡筑前町曽根田478 V14(C-B)によれば、
高木神社(筑前町曽根田478)の御祭神は不詳との由ですが、高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神ではないか?、との推測が行われています。推測ベースではありますが、高木神高皇産霊尊を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
五玉神社イツタマジンジャ
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、五玉神社の場所(この辺り)のとおり。住所:福岡県朝倉郡筑前町三箇山1144-1、Tel.:0946-42-6601。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも五玉神社として、じゃらんnetでも五玉神社として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも五玉神社として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも五玉神社として紹介されています。)
大山祗神社(筑前町三箇山)大山祗神社(筑前町三箇山)の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町三箇山1062。COOL-JPでも大山祗神社 福岡県朝倉郡筑前町三箇山1062 V14(C-X)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 大山祗神社 福岡県朝倉郡筑前町三箇山1062 V14(C-X)によれば、
大山祗神社(筑前町三箇山)素戔嗚尊(スサノオノミコト),  應~天皇,  大山祇命を御祭神とした神社であるとの由です。素戔嗚尊も御祭神とする神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の素戔嗚尊を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
大山祗神社(筑前町櫛木)大山祗神社(筑前町櫛木(クシギ))の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県朝倉郡筑前町櫛木280-2。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも大山祗神社として、COOL-JPでも大山祗神社 福岡県朝倉郡筑前町櫛木280-2 V14(C-X)として紹介されています。
  COOL-JP ・ 大山祗神社 福岡県朝倉郡筑前町櫛木280-2 V14(C-X)によれば、
大山祗神社(筑前町櫛木)素戔嗚尊(スサノオノミコト),  應~天皇,  大山祇命を御祭神とした神社であるとの由です。素戔嗚尊も御祭神とする神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の素戔嗚尊を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)

【楽天トラベル】福岡県朝倉郡筑前町の宿(ホテル・旅館)の検索結果

この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    

おまけ
(他地域の温泉)
地図 この地域の温泉や観光地ではありませんが・・・

城山観光ホテル
城山観光ホテル
桜島が見える露天風呂
   山川ヘルシーランド露天風呂
山川ヘルシーランド露天風呂

○   温泉なら、県別源泉数日本2位の温泉天国・鹿児島県へ!
○   2008年NHK大河ドラマ「篤姫」ゆかりの歴史スポットなど素敵な観光スポットもたくさん!


温泉天国・鹿児島温泉紹介!



【楽天トラベル】航空券予約

九州新幹線で行き易くなりました。

(温泉案内の前に)甘木・朝倉地域の朝倉郡 東峰村(とうほうむら)の温泉以外の観光スポット

朝倉郡
東峰村
全般的に 東峰村OfficialWebSite(東峰村役場)
【ウィキペディア(Wikipedia)】東峰村
ちくご観光案内所(福岡県南部 筑後地方15市町村の観光ガイド)
あさくら路観光案内(あさくら観光協会)
東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会)
東峰村商工会
ゆっくりのんびり日田彦山線(ひたひこさんせん) ・ 東峰村
リンク先URLは2016年1月現在。もしも将来リンク切れになったら、「ゆっくりのんびり日田彦山線」ホームページ上のキーワード「東峰村」のgoogle検索結果でお探し下さい。)
小石原村地域
近隣市町村の宿:【楽天トラベル】福岡県朝倉市の宿(ホテル・旅館)の検索結果


近隣市町村の宿:【楽天トラベル】福岡県朝倉郡筑前町の宿(ホテル・旅館)の検索結果

小石原焼伝統産業会館
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、小石原焼伝統産業会館の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡東峰村小石原730-9、Tel.:0946-74-2266。公式WEBサイト「小石原焼伝統産業会館公式ホームページ」もあり、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも小石原焼伝統産業会館として、じゃらんnetでも小石原焼伝統産業会館として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも小石原焼伝統産業会館として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも小石原焼伝統産業会館として、東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会)でも小石原焼伝統産業会館として紹介されています。)
小石原焼窯元めぐり
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。住所:福岡県朝倉郡東峰村小石原、小石原鼓、Tel.:0946-74-2311(東峰村企画振興課 )。東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会)でも小石原焼観光ガイド・窯元めぐりとして紹介されています。)
梶原二朗窯
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、梶原二朗窯の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡東峰村小石原807、Tel.:0946-74-2625。)
柳瀬本窯 守拙庵
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、柳瀬本窯 守拙庵の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡東峰村小石原790、Tel.:0946-74-2206。公式WEBサイト「筑前小石原焼 柳瀬本窯元」もあり、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも柳瀬本窯 守拙庵として紹介されています。)
道の駅 小石原
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、道の駅 小石原の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡東峰村小石原941-3、Tel.:0946-74-2300。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも道の駅小石原として、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも道の駅小石原として、じゃらんnetでも道の駅小石原として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも道の駅小石原として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも道の駅 小石原として、東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会)でも道の駅 小石原として紹介されています。)
山賊村(キャンプ場)
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、山賊村の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡東峰村小石原1612、Tel.:0946-74-2654(予約は0946-74-2728・やまめ山荘)。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも 山賊村 として、東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会)でも東峰村の旅館・宿泊施設の中で紹介されています。)
高木神社(東峰村小石原655番)高木神社(東峰村小石原655番)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県 朝倉郡東峰村小石原657。COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉郡東峰村小石原657 V14(C-C)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「東峰」+「小石原」−「鼓」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉郡東峰村小石原657 V14(C-C)によれば、
高木神社(東峰村小石原655番)の御祭神は、高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神,  伊弉諾尊(イザナギノミコト),  伊弉冉尊(イザナミノミコト)であるとの由です。高皇産霊尊高木神を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の高皇産霊尊高木神を御祭神としたり、高皇産霊尊高木神ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
つづみの里 陶器部
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、つづみの里の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡東峰村小石原鼓3492-1、Tel.:0946-74-2729,0946-74-2288(鼓の里産業センター)。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも小石原産業センターふれあい広場つづみの里として、じゃらんnetでも小石原産業センターふれあい広場つづみの里として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でもつづみの里,  つづみの里 きしろ食堂,  鼓の里産業センターとして、東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会)でもふれあい広場つづみの里として紹介されています。)
ポーン太の森キャンプ場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、ポーン太の森キャンプ場の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡東峰村小石原鼓1633、Tel.:0946-74-2323。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でもポーン太の森キャンプ場として、じゃらんnetでもポーン太の森キャンプ場として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもポーン太の森キャンプ場として、東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会)でもつづみの里公園・キャンプ場として紹介されています。)
高木神社(東峰村小石原鼓978-8)大行事社):高木神社(東峰村小石原鼓978-8)(大行事社)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県 朝倉郡東峰村小石原鼓876。COOL-JPでも高木神社(大行事社)福岡県朝倉郡東峰村小石原鼓876 V14 (C-X)として、東峰そんみん塾でも東峰村小石原鼓 「大行事社」として、紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「東峰」+「小石原鼓」のgoogle検索結果,もしくはキーワード「大行事社」+「東峰」+「小石原鼓」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社(大行事社)福岡県朝倉郡東峰村小石原鼓876 V14 (C-X)によれば、
高木神社(東峰村小石原鼓978-8)大行事社の御祭神は、高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神,  伊弉諾尊(イザナギノミコト),  伊弉冉尊(イザナミノミコト)であるとの由です。高皇産霊尊高木神を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の高皇産霊尊高木神を御祭神としたり、高皇産霊尊高木神ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)
宝珠山村地域 岩屋神社岩屋神社
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、岩屋神社の場所(この辺り)のとおり。住所:福岡県朝倉郡東峰村宝珠山4150、Tel.:0946-74-2311(東峰村企画振興課)。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも岩屋神社として、じゃらんnetでも岩屋神社として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも岩屋神社として、東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会)でも岩屋神社として、COOL-JPでも岩屋神社 朝倉郡東峰村宝珠山4150 (C-X)として、ゆっくりのんびり日田彦山線(ひたひこさんせん)でも東峰村の中で、紹介されています。
  COOL-JP ・ 岩屋神社 朝倉郡東峰村宝珠山4150 (C-X)によれば、
岩屋神社の御祭神は、伊弉諾尊(イザナギノミコト),  伊弉冉尊(イザナミノミコト),  天忍穂耳尊(アメノオシホミミノミコト)であるとの由です。朝倉市と、例えば朝倉郡 東峰村とうほうむら等の周辺市町村にある、高天原の神々(=天孫族)を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  
岩屋神社は、JR九州 ・ 日田彦山線(ひたひこさんせん)筑前岩屋駅地図の最寄りにあります。)
岩屋キャンプ場岩屋キャンプ場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、岩屋キャンプ場の場所のとおり。住所:福岡県朝倉郡東峰村宝珠山4171、Tel.:0946-72-2759。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも岩屋キャンプ場として、じゃらんnetでも岩屋キャンプ場として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも東峰村宝珠山岩屋キャンプ場として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも岩屋キャンプ場として、東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会)でも東峰村の旅館・宿泊施設の中で紹介されています。
  
岩屋キャンプ場は、JR九州 ・ 日田彦山線(ひたひこさんせん)筑前岩屋駅地図の最寄りにあります。)
高木神社(東峰村宝珠山24)高木神社(東峰村宝珠山24)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県 朝倉郡東峰村宝珠山24。ゆっくりのんびり日田彦山線(ひたひこさんせん)でも東峰村の中で、COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉郡東峰村宝珠山23 V14(C-X)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「東峰」+「宝珠山24」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉郡東峰村宝珠山23 V14(C-X)によれば、
高木神社(東峰村宝珠山24)の御祭神は、高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神,  伊弉諾尊(イザナギノミコト),  伊弉冉尊(イザナミノミコト)であるとの由です。高皇産霊尊高木神を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の高皇産霊尊高木神を御祭神としたり、高皇産霊尊高木神ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  
高木神社(東峰村宝珠山24)は、JR九州 ・ 日田彦山線(ひたひこさんせん)大行司駅地図の最寄りにあります。)
いぶき館山村文化交流の郷 いぶき館)(元炭鉱倶楽部,元ほうしゅ山荘):いぶき館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県 朝倉郡東峰村大字福井2296-1、Tel.:0946-72-2232。東峰村OfficialWebSiteでもいぶき館として(リンク先URLは2016年1月現在。もしも将来リンク切れになったら、東峰村OfficialWebSite上のキーワード「いぶき館」のgoogle検索結果でお探し下さい。)、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でもいぶき館として、ゆっくりのんびり日田彦山線(ひたひこさんせん)でも東峰村の中で、東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会)でもいぶき館として、東峰村商工会でも山村文化交流の郷 いぶき館として、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも山村文化交流の郷 いぶき館として、じゃらんnetでも山村文化交流の郷 いぶき館として、goo ・ タウンページでもいぶき館として、iタウンページでもいぶき館として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも山村文化交流の郷 いぶき館として、紹介されています。
  クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟) ・ いぶき館,ならびに東峰村OfficialWebSite ・ いぶき館によれば(リンク先URLは2016年1月現在)
いぶき館山村文化交流の郷 いぶき館は、筑豊炭鉱王・伊藤伝右衛門(万延元年11月26日(1861年1月6日) - 昭和22年(1947年)12月15日)が、福岡県 ・ 飯塚市伊藤伝右衛門邸の一部を宝珠山紙屋に移築して、宝珠山炭坑の幹部社員の社交場「炭坑クラブ炭鉱倶楽部」として使っていた建物を、移築復元した歴史博物館であるとの由です。東峰村OfficialWebSite ・ いぶき館によれば(リンク先URLは2016年1月現在)、平成12年(2000年)までの30年間は、料理旅館「ほうしゅ山荘」として営業していた建物であるとの由です。
  クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟) ・ いぶき館によれば、
いぶき館では、宝珠山炭坑の歴史だけでなく、福岡県 田川郡 添田町英彦山神宮の(近世末までの)修験道に縁のある、東峰村とうほうむら宝珠山村地域ほうしゅやまむら)の岩屋神社福井神社米童権現等の歴史についても展示されているとの由です。また、同情報源によれば、かつての宝珠山炭坑には、名優(俳優)・高倉健解説)(昭和6年(1931年)2月16日 - 平成26年(2014年)11月10日)の父親も職員として勤務していたことがあり、このため、高倉健解説)本人も宝珠山村に遊びに訪れたことがあったとの由です。同情報源によれば、このため、高倉健解説)に関する資料も展示されているとの由ですが、東峰見聞録(東峰村ツーリズム協会) ・ いぶき館によれば高倉健解説)に関する展示は特別展であるとの由ですので、特別展示期間終了後の一般展示でも高倉健解説)に関する展示が行われているか否かは、定かではありません。
  
いぶき館山村文化交流の郷 いぶき館は、JR九州 ・ 日田彦山線(ひたひこさんせん)大行司駅地図の最寄りにあります。)
福井神社(旧称:米童権現):福井神社(米童権現)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県 朝倉郡東峰村福井910(COOL-JP ・ 福井神社 福岡県朝倉郡東峰村福井925-1 V14(C-X)とによれば「福岡県朝倉郡東峰村福井925-1」ですが、googleマップや、@nifty 地図いつもNAVI等の地図サイトでは、「福岡県朝倉郡東峰村福井910」で該当の場所にたどり着けます)。COOL-JPでも福井神社 福岡県朝倉郡東峰村福井925-1 V14(C-X)として、ゆっくりのんびり日田彦山線(ひたひこさんせん)でも東峰村の中で、東峰そんみん塾でも観光史跡ガイド看板 宝珠山の古(いにしえ)をめぐる 23 福井神社として、九州の山、温泉、名水、そして時々ツーリングでも福井神社(米童大権現社)として、暇人の憂鬱な日々対策でも福井神社@東峰村(旧宝珠山村)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「東峰村」+「福井神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 福井神社 福岡県朝倉郡東峰村福井925-1 V14(C-X)によれば、
福井神社米童権現の御祭神は、伊弉諾尊(イザナギノミコト),  速玉男命(ハヤタマヲノミコト),  事解男命(コトサカヲノミコト)であるとの由であり、九州の山、温泉、名水、そして時々ツーリング ・ 福井神社(米童大権現社)によれば、福井神社米童権現は、福岡県 朝倉郡 東峰村とうほうむら宝珠山村地域ほうしゅやまむら)の中の旧上座郡(じょうざぐん)福井村地域(現・朝倉郡 東峰村大字(おおあざ)「福井」)の総鎮守であったとの由です。ゆっくりのんびり日田彦山線(ひたひこさんせん) ・ 東峰村,ならびに暇人の憂鬱な日々対策 ・ 福井神社@東峰村(旧宝珠山村)によれば、福井神社米童権現は、福岡県 田川郡 添田町英彦山神宮ひこさんじんぐうの「英彦山神社神領内48大行事社」と呼ばれる末社群の神社大行事社の中の1社であったと比定されているとの由であり、九州の山、温泉、名水、そして時々ツーリング ・ 福井神社(米童大権現社)によれば、福井神社米童権現英彦山神領彦庄の南口に建てられているとの由です。しかし、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で紹介した他の旧・大行事社(現・高木神社)の御祭神は高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神であり、明治以降に社名を大行事社から高木神社に変更になったのに対して、福井神社米童権現の社名は高木神社ではなく、また、その御祭神は高皇産霊尊高木神ではなく、和歌山県熊野三山解説熊野本宮大社公式HP解説,  熊野速玉大社公式HP解説,  熊野那智大社公式HP解説)の熊野権現と同じ神様です。ゆっくりのんびり日田彦山線(ひたひこさんせん) ・ 東峰村,ならびに暇人の憂鬱な日々対策 ・ 福井神社@東峰村(旧宝珠山村)によれば、福井神社米童権現のこの御祭神は熊野三山解説勧請したものであるというよりはむしろ、伊弉諾尊,  英彦山俗体権現勧請したものであるとの由です。
  暇人の憂鬱な日々対策 ・ 福井神社@東峰村(旧宝珠山村)によれば、
米童権現は、明治以前、江戸時代までの福井神社の旧称であるとの由ですので、米童権現福井神社とは、同一の神社の旧称で現在名称である、ということになります。したがって、先述のとおり「英彦山神社神領内48大行事社」の中の1社に比定されているにもかかわらず、江戸時代までの旧称も大行事社ではなかったことになります。この現象が、「正式名称が大行事社で、米童権現は通称だった」のか、或いは、「正式名称も米童権現だった」のか、そのいずれであったのかについては、存じ上げません。九州の山、温泉、名水、そして時々ツーリング ・ 福井神社(米童大権現社)によれば、福井神社米童権現の北50mにある福の井で、英彦山南嶽権現の神々が、童子(どうじ,わらし)の姿に化身して役の小角(役小角)を供応したところ、米が井戸から吹き出したという伝説が残っているとの由です。福井神社の旧称「米童権現」は、この伝説に起因するものと推測しますが、その読み方については、2016年1月現在、調べてみても、よく分かりませんでした。漢字辞典オンライン ・ 「童」の部首・画数・読み方・筆順によれば、「の字」の読み方は、音読みが「ドウ,またはトウ」であり、訓読みが「『わらべ』,または『わらわ』」であるとの由です。であれば、「米童権現」の読み方は、恐らくは、「よなどうごんげん」,「よねどうごんげん」,或いは「こめどうごんげん」辺りなのではないか、と推測いたします。
  上記のとおり、
福井神社米童権現の御祭神は高木神高皇産霊尊ではありませんが、高木神高皇産霊尊を御祭神とする他の旧・大行事社(現・高木神社)と同様に英彦山神宮の「英彦山神社神領内48大行事社」の中の1社と比定されており、かつ、高天原の神々(=天孫族)の中の1柱・伊弉諾尊(イザナギノミコト)を御祭神としているため、挙げておきます。朝倉市とその周辺の高天原の神々(=天孫族)を御祭神とする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  
福井神社米童権現は、JR九州 ・ 日田彦山線(ひたひこさんせん)宝珠山駅地図の最寄りにあります。)
高木神社(東峰村福井(福井2947))高木神社(東峰村福井(福井2947))の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県 朝倉郡東峰村福井2947。COOL-JPでも高木神社 福岡県朝倉郡東峰村福井2947 V14(C-X)として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「高木神社」+「東峰村」+「福井」−「宝珠山」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  COOL-JP ・ 高木神社 福岡県朝倉郡東峰村福井2947 V14(C-X)によれば、
高木神社(東峰村福井(福井2947))の御祭神は、高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)(高木神であるとの由です。高皇産霊尊高木神を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の高皇産霊尊高木神を御祭神としたり、高皇産霊尊高木神ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。)

近隣市町村の宿:【楽天トラベル】福岡県朝倉市の宿(ホテル・旅館)の検索結果


近隣市町村の宿:【楽天トラベル】福岡県朝倉郡筑前町の宿(ホテル・旅館)の検索結果

この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    

おまけ
(他地域の温泉)
地図 この地域の温泉や観光地ではありませんが・・・

城山観光ホテル
城山観光ホテル
桜島が見える露天風呂
   山川ヘルシーランド露天風呂
山川ヘルシーランド露天風呂

○   温泉なら、県別源泉数日本2位の温泉天国・鹿児島県へ!
○   2008年NHK大河ドラマ「篤姫」ゆかりの歴史スポットなど素敵な観光スポットもたくさん!


温泉天国・鹿児島温泉紹介!



【楽天トラベル】航空券予約

九州新幹線で行き易くなりました。

(温泉案内の前に)甘木・朝倉地域に隣接するうきは市の温泉以外の観光スポット

うきは市 うきは市全般 うきは市ホームページ(うきは市役所)
ちくご観光案内所(福岡県南部 筑後地方15市町村の観光ガイド)
うきは市観光体験ホームページ「うきうきうきは」(うきは市観光協会)
うきは市商工会
浮羽町地域
【楽天トラベル】福岡県うきは市の宿(ホテル・旅館)の検索結果

平川家住宅
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、平川家住宅の場所のとおり。住所:福岡県うきは市浮羽町田籠383、Tel.:0943-77-3378。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも平川家住宅として紹介されています。)
大生寺
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、大生寺の場所のとおり。住所:福岡県うきは市浮羽町流川478、Tel.:0943-77-2362。じゃらんnetでも大生寺として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも大生寺として紹介されています。)
うきは市立浮羽歴史民俗資料館うきは市立浮羽歴史民俗資料館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:〒839-1401 福岡県うきは市朝田560-1、Tel.:0943-77-6287。福岡県うきは市ホームページ(うきは市役所)でもうきは市立浮羽歴史民俗資料館として(リンク先URLは2016年1月現在。もしも将来リンク切れになったら、うきは市ホームページ上のキーワード「浮羽歴史民俗資料館」のgoogle検索結果でお探し下さい。)、うきは市観光体験ホームページ「うきうきうきは」(うきは市観光協会)でも浮羽歴史民俗資料館として(リンク先URLは2016年1月現在)古墳めぐりウォーキング in 福岡でも浮羽歴史民俗資料館として、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でもうきは市立浮羽歴史民俗資料館として、じゃらんnetでもうきは市立浮羽歴史民俗資料館として、goo ・ タウンページでもうきは市役所/浮羽歴史民俗資料館として、iタウンページでもうきは市役所/浮羽歴史民俗資料館として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもうきは市立浮羽歴史民俗資料館として紹介されています。それ以外の情報は、キーワード「浮羽歴史民俗資料館」+「うきは市」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  うきは市の歴史民俗博物館は、2016年1月現在浮羽町地域
うきは市立浮羽歴史民俗資料館があり、吉井町地域うきは市立吉井歴史民俗資料館があります。うきは市の宿泊施設は、【楽天トラベル】福岡県うきは市の宿(ホテル・旅館)の検索結果でお探しいただけます。)
丸田窯
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、丸田窯展示館の場所のとおり。住所:うきは市浮羽町朝田1133-2、Tel.:0943-77-2749。公式Facebookサイト「一の瀬焼 丸田窯」もあり、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも一の瀬焼・丸田窯として、クロスロードふくおか((社)福岡県観光連盟)でも一の瀬焼き 丸田窯として紹介されています。)
道の駅うきは
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、道の駅うきはの場所のとおり。住所:福岡県うきは市浮羽町山北729−2、Tel.:0943-74-3939。道の駅うきは公式WEBサイトもあります。)
やまんどん
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、やまんどんの場所のとおり。住所:福岡県うきは市浮羽町山北2212-7、Tel.:0943-77-4174。公式WEBサイト「うきは果樹の村 やまんどん」もあり、じゃらんnetでもうきは果樹の村「やまんどん」(ぶどう狩り,梨狩り,ブルーベリー狩り)として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもやまんどん イチゴ園として紹介されています。)
清水湧水
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、清水湧水の場所のとおり。住所:福岡県うきは市浮羽町山北1941、Tel.:0943-77-5611(うきは市観光協会・浮羽支局)。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも清水湧水として紹介されています。)

長岩城跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県 うきは市 浮羽町新川長岩城について詳しくは、当画面(当ページ)内の長岩城跡紹介欄でご参照いただけます。
→   (当画面(当ページ)内の)長岩城跡紹介欄

立石城跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県 うきは市 浮羽町流川立石城について詳しくは、当画面(当ページ)内の立石城跡紹介欄でご参照いただけます。
→   (当画面(当ページ)内の)立石城跡紹介欄

高御魂神社高御魂神社の場所(たかみたまじんじゃ)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福福岡県うきは市浮羽町新川4362番の1 。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも高御魂神社として、ひもろぎ逍遥でも高御魂神社 的(いくは)物部の宮というとして紹介されています。
  ひもろぎ逍遥 ・ 高御魂神社 的(いくは)物部の宮というによれば、
高御魂神社は、高皇産霊神高御産巣日神(タカミムスビ),高木神,  天御中主神天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)),  神皇産霊神神産巣日神(カミムスビノカミ))別天津神(造化三神)の神様3柱を御祭神とした神社ですので、邪馬台国甘木・朝倉説関連スポットとして挙げておきます。朝倉市とその周辺の、御祭神が推測である場合も含めて高木神高皇産霊尊を御祭神としたり、高木神高皇産霊尊ゆかりの神社名である高木神社を名称に持ったりする他の神社については、当ホームページ内の平塚川添遺跡紹介欄で、ご参照可能です。
  ひもろぎ逍遥 ・ 高御魂神社 的(いくは)物部の宮という,ならびにひぼろぎ逍遥(跡宮)Sympathy for the Devil ・ 134 合所ダムの上に物部氏の本家がある “福岡県うきは市新川の高御魂神社”によれば、この
高御魂神社社家物部本家であるという興味深い伝承が伝えられているとの由です。伝承の内容がこれだけであれば、坂本太郎ら校注日本書紀(一)岩波文庫,1994年9月)pp.232-234,  倉野憲司校注古事記改版岩波文庫,2007年12月)の改版前の1963年1月版pp.86-87,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 物部氏,  ニギハヤヒ等によれば、物部氏天津神の中の1柱(その時点の生前では神ではなくヒト種の1個体)で、神日本磐余彦命(神倭伊波礼琵古命)(カムヤマトイワレビコノミコトノミコト)(神武天皇よりも1足先に大和国(現・奈良県)に天降っていた饒速日命(邇藝速日命)(ニギハヤヒノミコト)の子孫ですので、当地が甘木朝倉地域(今日の朝倉市 + 朝倉郡)に隣接していることにも併せて鑑(かんが)みれば、 この伝承は、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説における「『邪馬台国高天原』説の比定地が甘木朝倉地域であるとする説の傍証になりそうな話では、あります。
  ただし、ひぼろぎ逍遥(跡宮)Sympathy for the Devil ・ 134 合所ダムの上に物部氏の本家がある “福岡県うきは市新川の高御魂神社”には『ムー』的な内容も含まれていますので、掲載内容の取り扱いの際には注意を要すると考えます。もしも仮に、『ムー』的な内容が古代から伝えられてきたとする場合には、偽史である可能性を否定できないということになると考えます。一方、異なる仮定として、『ムー』的な内容が近現代以降に付け加えられたものであり、それを除いた内容だけが古代から伝わって来たのであれば、その箇所に限定して採用可能と考えます。上記情報源の文章からは、後者である可能性も否定できないため、ここでは後者であると仮定して、この伝承を「あり得る伝承」とすることにいたします。
  もしも、この社家の家系が物部氏の末裔であるということは史実であったとしても、この「物部本家」というのが、古代の中央政界で活躍した物部本家の末裔であるのか、それとも後述するこの地域の物部氏の中の本家であるのかは定かではありませんが、上記情報源によれば、近年になるまで、この社家の家系は物部本家であることを隠して来たとの由です。また、物部本家が社家であるにもかかわらず、
高御魂神社の御祭神は、物部氏の祖先である饒速日命(邇藝速日命)(ニギハヤヒノミコト)では、ありません。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 物部守屋,ならびに丁未の乱によれば、用明天皇2年(587年)7月の丁未の乱(ていびのらん)物部守屋が滅んだ時に、物部守屋の一族は葦原に逃げ込んで、ある者は名を代え、ある者は行方知れずとなったとの由です。物部本家であることを隠して来たという状況や、御祭神がは饒速日命(邇藝速日命)はないという話は、この丁未の乱での敗北後の状況と平仄(ひょうそく)が合いますので、この系統である可能性は、あり得ない話ではないと思います。なお、古代の中央政界では、物部氏の本宗家は石上麻呂(いそのかみ の まろ)石上氏(いそのかみうじ)が得たことが知られていますが、この系統であれば隠れ住む必要性はありませんので、石上氏の系統ではなかろうと考えます。
  物部氏の中の本支のいずれかであるかは別にして、「
高御魂神社社家物部氏の末裔である」という伝承は、一定の確率で史実どおりである可能性があり得ると、当ホームページ管理人は考えます。その理由は、この近隣地域の古代の地名です。国立国会図書館 ・ 国立国会図書館デジタルコレクション ・ 源順 撰『倭名類聚鈔 20巻』(村上勘兵衛出版,寛文7(1667)) ・ 三([3])コマ番号13,ならびに国立国会図書館 ・ 国立国会図書館デジタルコレクション ・ 内務省地理局編『和名類聚抄地名索引』(近藤圭造出版,明治21年(1888年)7月)コマ番号29によれば、平安時代中期の承平年間(931年 - 938年)に、勤子内親王の求めに応じて源 順が編纂(へんさん)した辞書『和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』には、古代の筑後国 生葉郡(いくはぐん)(現・福岡県 うきは市(ただし、大字(おおあざ)の「吉井町長栖」,「吉井町鷹取」を除く) + 現・福岡県 八女市やめし星野村地域八女市大字(おおあざ)星野村」))に「物部(ものべごう)」というがあった旨が載っています。天璽瑞宝|古代豪族物部氏に関するサイト ・ 資料 ・ 和名抄物部郷一覧によれば、この筑後国 生葉郡物部は、今日の福岡県 うきは市の中に、比定地が2箇所あるとの由です。古代の筑後国 生葉郡に「物部」があったということは、当地が物部氏の勢力圏だった可能性が高い旨を示唆することです。したがって、もしもこの物部氏が中央政界における物部宗家の末裔ではなく、当地域における物部氏各家の中の本家であるに過ぎないとする場合も含めて、その地にある神社の社家物部氏の末裔であるという話は、決しておかしな話ではないであろうと思います。
  なお、『ムー』的な内容の取り扱いについて補足します。カール・ポパー流の実証科学の科学的方法論に基づいてみた場合、「神話自体は史実ではないが、史実が神話化するという見地から、神話を100%排除することは実証科学の科学的方法論のはき違えである。」とする立場から文献批判学を排除する方法論を採用する場合、我が国の古代史については、文献史料の上では、記紀古事記日本書紀)や、偽書ではあるが部分的には資料価値があるとされる先代旧事本紀せんだいくじほんぎ)(解説の中の(全体ではなく)資料価値がある部分,倭・倭人関連の中国文献,  倭・倭人関連の朝鮮文献が、「反証可能な実験計画(Design of experiments)」を立てるための「観察事実」になろうかと考えます。このことは、安本美典氏の邪馬台国甘木朝倉説を採用するとした場合、「
卑弥呼天照大神」やその少し上の世代の2世紀末〜3世紀の時代以前の王名は家系図も含めた情報としては具体的な情報がありません。したがって、2世紀以前の時期の王統については、「実験・観察事実に基づいた、反証可能な仮説モデル」を立てることは不可能です(ただし、倭・倭人関連の中国文献に出て来る人名は分かり得ますが、その王統譜までは分かりません)。故に、もしも2世紀半ば以前の王統の話が出て来た場合、「それは、実証科学の科学的方法論の守備範囲の話だ」ということになる・・・というのは控えめな言い方であり、有り体(ありてい)に申し上げれば、偽史偽書の類になるであろうと考えます。)

【楽天トラベル】福岡県うきは市の宿(ホテル・旅館)の検索結果

この画面内の目次
この画面(ページ)のトップへ
総合 目次 宿(ホテル・旅館)と公共交通機関
この地域の、温泉以外の観光案内
朝倉市 旧甘木市地域 旧朝倉町地域
旧杷木町地域  
朝倉郡筑前町 旧三輪町地域 旧夜須町地域
朝倉郡東峰村 旧小石原村地域 旧宝珠山村地域
うきは市 旧浮羽町地域 旧吉井町地域
この地域の温泉案内
甘木温泉 あさくら温泉 美奈宜温泉
秋月温泉 その他の旧甘木市地域の温泉 原鶴温泉
吉井温泉 筑後川温泉 筑前町の温泉
邪馬台国つながり:佐賀県吉野ヶ里遺跡&周辺の温泉
吉野ヶ里温泉    

長岩城跡:長岩城跡の場所
(外部リンク)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:福岡県 うきは市 浮羽町新川。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも長岩城(筑後国)として紹介されています。この他、長岩城については、キーワード「長岩城」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
長岩城は、筑後国 生葉郡(いくはぐん)長岩(現・福岡県 うきは市浮羽町地域大字(おおあざ)浮羽町新川」の一部)にあった中世城郭で、戦国時代には、筑後十五城の中の1城だった城です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 長岩城(筑後国),  問註所氏,  問註所統景,  播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 武家家伝 問註所氏,  NPO法人シニアネット久留米 ・ 筑後デジタルアーカイブ研究会 ・ 大木町誌 ・ 第三節 中世等によれば、長岩城問註所氏(もんちゅうしょし)の城であり、戦国時代末期/安土桃山時代初期の頃の城主は、問註所鎮連,  問註所統景父子であるとの由です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 長岩城(筑後国),  問註所統景,  播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 武家家伝 問註所氏によれば、
長岩城城主・問註所統景は、豊後国 大分郡 府内(現・大分県 ・ 大分市の中心部)の大友氏館城主の大友氏の麾下に属していたとの由です。武家家伝 問註所氏,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 毛利元就,  大内輝弘,  山中幸盛によれば、安芸国 高田郡 吉田(現・広島県 安芸高田市吉田町地域大字(おおあざ)吉田町吉田」)の郡山城(吉田郡山城)(公的情報(市役所版,  観光協会版))(解説)(地図を本城とする毛利氏は、豊前国(現・福岡県の一部 + 大分県の一部)と筑前国福岡県の一部)の支配権を巡って大友氏と抗争していましたが、毛利元就に滅ぼされた周防国(現・山口県の一部)の旧主・大内氏大内輝弘を、毛利氏の後方攪乱(かくらん)を狙った大友宗麟(大友義鎮)が永禄11年(1568年)に周防国に送り込み、さらに、毛利元就に滅ぼされた出雲国(現・島根県の一部)の旧主・尼子氏(あまごし)の遺臣・山中幸盛(山中鹿介)尼子勝久を担(かつ)いで尼子氏再興のために永禄12年(1569年)に出雲国に侵攻すると、毛利軍は豊前国,  筑前国で勢力争いを演じる余力が無くなってしまい、この結果、豊前国,  筑前国から毛利軍は同年に撤退したとの由です。武家家伝 問註所氏によれば、その後、毛利氏に与(くみ)していた反大友氏方の筑前国 夜須郡(やすぐん)秋月(現・福岡県 ・ 朝倉市甘木市地域の一部)の古処山城こしょさんじょう城主・秋月種実らを、問註所鎮連は、筑前国 上座郡(じょうざぐん)志波(現・福岡県 ・ 朝倉市杷木町はきまち)地域)の大字(おおあざ)杷木志波」)の左右良山城左右良城)(別名:麻底良城まてらじょう))で同城の城番として監視し、一方、問註所氏の本城・長岩城は、問註所鎮連の弟・問註所鎮堅を後見役として、問註所鎮連の嫡男・問註所統景が守っていたとの由です。武家家伝 問註所氏によれば、秋月種実は、筑後国国人領主・星野氏(注)と結んで問註所氏の切り崩しを行い、問註所鎮連のもう1人の弟・問註所鎮次を味方に引き入れることに成功したとの由です。天正2年(1574年)に、秋月種実問註所鎮次は左右良山城左右良城)(別名:麻底良城まてらじょう))を攻撃し、不意を突かれた問註所鎮連は、討ち死にしたとの由です。
(注) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 星野氏,  妙見城,  播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 武家家伝 星野氏,ならびに城郭放浪記 ・ 筑後・鷹取城等によれば、星野氏には、例えば大友氏方の星野鑑泰(ほしの あきやす,後の星野鎮泰(ほしの しげやす))や、その嫡男の星野鎮虎(ほしの しげとら)、星野鑑泰の次男・三男で反大友氏方の星野鎮胤(ほしの しげたね),星野鎮元(ほしの しげもと)兄弟という具合に、親子兄弟の中でさえ大友氏方と反大友氏方とに分かれているという複雑に入り組んだ関係の複数の武将が一族にあり、この時の星野氏が、星野氏の中の誰であるかは、調べてみてもよく分かりませんでした。反大友氏ということであれば、星野鎮胤,星野鎮元兄弟のことである可能性が最も高いと推測しますが、余湖くんのお城のページ ・ 余湖図コレクション(全国のお城の紹介ページ) ・ 鷹取城(星野村)によれば、星野鎮胤が大友氏から秋月氏に転じたのは天正9年(1581年)頃のことである(=もっと後年のことである)とする記載内容が載っており、タイミング上の辻褄(つじつま)が合いません。結局、この「永禄12年(1569年)、もしくはその数年後」の時点で秋月種実と組んだ星野氏が、星野氏の中のどの武将のことを指すのかは、調べてみてもよく分かりませんでした。
  星野氏は居城についても、この時期に想定可能な城は、筑後国 生葉郡(いくはぐん) 星野(現・福岡県 八女市やめし星野村地域)の、今日の字(あざ)「小竹」の
白石城,  筑後国 生葉郡 福増村(近世の延寿寺村)(現・福岡県 うきは市吉井町地域大字(おおあざ)吉井町福益」の一部)の福丸城,  筑後国 生葉郡 星野(現・福岡県 八女市やめし星野村地域)の鷹取城鷹取山城等々、複数想定可能ですが、ここで挙げられている星野氏の居城がこの内のどれであったのかについては、調べてみてもよく分かりませんでした。)

  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 長岩城(筑後国),  問註所統景,  播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 武家家伝 問註所氏等によれば、戦国時代末期/安土桃山時代の天正6年(1578年)に、薩摩国 鹿児島郡 鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市鹿児島市地域)の
内城うちじょう島津氏が、大友氏を撃破した耳川の戦い(戦場跡は、現・宮崎県 ・ 児湯郡 ・ 木城町から川南町にかけての耳川の戦い古戦場)の結果、筑後国(現・福岡県の一部)で大友氏の勢力が弱体化して、肥前国 佐嘉郡(佐賀郡) 佐嘉(佐賀)佐賀県 ・ 佐賀市佐賀市地域)の佐賀龍造寺城(村中城)龍造寺氏の勢力が伸びてきた後も、問註所統景龍造寺氏になびくことなく、大友氏への忠節を尽くし続けていたとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 長岩城(筑後国),ならびに武家家伝 問註所氏によれば、天正8年(1580年)から3年間、反大友氏方の秋月氏 ・ 星野氏連合軍から攻められた問註所統景は、長岩城で籠城した記録があるとの由です。この3年間、問註所統景は籠城だけしていた訳ではない模様でもあり、武家家伝 問註所氏,ならびに武家家伝 星野氏によれば、天正9年8月(1581年9月28日〜10月27日)に問註所統景の一族・町野伯耆守が、反大友氏方の星野氏の支城で星野上野介が守っていた、筑後国 生葉郡(いくはぐん) 星野(現・福岡県 八女市星野村地域)の今日の字(あざ)「小竹」の白石城を、攻め取ったとの由です。武家家伝 星野氏によれば、恐らくは同年(天正9年(1581年))、秋月治部,  この当時は筑後国 生葉郡 福増村(近世の延寿寺村)(現・福岡県 うきは市吉井町地域大字(おおあざ)吉井町福益」の一部)の福丸城もしくは筑後国 生葉郡 星野(現・福岡県 八女市やめし星野村地域)の鷹取城地図の城主であった(この時点でいずれが本城であるかは不明)星野 中務(恐らくは星野 中務大輔鎮胤のことと思量)らの反大友氏方勢力が、筑後国 生葉郡(いくはぐん) 芋河村(妹川村)(現・福岡県 うきは市浮羽町地域大字(おおあざ)浮羽町妹川」(この辺り(地図)))に攻め寄せたとの由ですが、長岩城城主で大友氏方の問註所統景は、これを打ち破ったとの由です。
  日向国 那珂郡 佐土原(さどわら)(現・宮崎県 ・ 宮崎市佐土原町地域)の
佐土原城さどわらじょう城主で島津四兄弟の末弟の島津家久公が率いる島津氏と、肥前国 高来郡(たかきぐん)有間庄(現・長崎県 ・ 南島原市北有馬町地域)の日野江城城主で肥前有馬氏第14代当主の有馬晴信の連合軍が、龍造寺氏の軍を撃破した、戦国時代末期/安土桃山時代の天正12年3月24日(1584年5月4日)の沖田畷の戦い(戦場跡は、肥前国 高来郡(たかきぐん)島原の北門周辺(現・長崎県 ・ 島原市北門町周辺)の沖田畷古戦場)で龍造寺隆信が戦死すると、,  NPO法人シニアネット久留米 ・ 筑後デジタルアーカイブ研究会 ・ 大木町誌 ・ 第三節 中世等によれば、詳しくは当ホームページ内の鷹尾城紹介欄で紹介した経緯により、筑後国(現・福岡県の一部)の失地回復を狙って大友氏が、天正12年(1584年)に、筑後国龍造寺軍と戦ったとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 問註所統景,  播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 武家家伝 問註所氏等によれば、大友軍が筑後国から去った後も、問註所統景筑後国内の大友氏方として残ったとの由です。上記の各情報源によれば、天正12年(1584年)12月に、問註所統景の大叔父の問註所鑑景,  秋月氏,  星野氏らが長岩城に押し寄せましたが、問註所統景は弟の問註所鎮春と共にこれらを撃退した上に、逆に問註所鑑景を討ち取ったとの由です。
  ,  NPO法人シニアネット久留米 ・ 筑後デジタルアーカイブ研究会 ・ 大木町誌 ・ 第三節 中世によれば、大隅国 串良院(くしらいん;現・鹿児島県の「鹿屋市串良町地域東串良町」)の
鶴亀城串良城城主で島津四兄弟(島津氏宗家第16代当主の島津義久公,  島津義弘公,  島津歳久公,  島津家久公)の従兄弟の島津忠長を総大将とする島津軍は、天正14年(1586年)の九州平定における筑前の戦いで、肥後国(現・熊本県)の諸将を先鋒にして、筑後国(現・福岡県の一部)に攻め込んで来たとの由です。播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 武家家伝 問註所氏,ならびに,  NPO法人シニアネット久留米 ・ 筑後デジタルアーカイブ研究会 ・ 大木町誌 ・ 第三節 中世によれば、この天正14年(1586年)の九州平定における筑前の戦い島津軍は、山下、川崎、黒木の諸城、即ち上蒲池氏の居城・筑後国 上妻郡(こうづまぐん)山下(現・福岡県 八女市やめし)旧立花町地域の大字(おおあざ)「立花町北山」字(あざ)「山下」等)の山下城,  河崎氏川崎氏)の居城・筑後国 上妻郡(こうづまぐん)川崎(現・福岡県 八女市やめし)の大字(おおあざ)「山内,長野,北田形,柳島」)の犬尾城,  黒木氏の居城・筑後国 上妻郡(こうづまぐん)黒木(現・福岡県 八女市やめし黒木町地域)の猫尾城を収めて、城島、即ち西牟田氏の居城・筑後国 三潴郡(みずまぐん) 城島(現・福岡県 久留米市城島町地域の大字(おおあざ)城島町城島」)の城島城を抜き、筑後国 御井郡(みいぐん) 御井(みい)(現・福岡県 久留米市大字(おおあざ)御井町」)の高良山に攻め寄せて、高良山座主良寛・尊能父子を降伏させたとの由です。,  NPO法人シニアネット久留米 ・ 筑後デジタルアーカイブ研究会 ・ 大木町誌 ・ 第三節 中世によれば、ここ(高良山)で島津軍は他の諸将の参陣を待ち、筑後国(現・福岡県の一部)では上蒲池氏山下城城主),  問註所氏,  三池氏筑後国 三池郡今山(現・福岡県 ・ 大牟田市の昭和16年(1941年)3月31日までの旧三池町地域の大字(おおあざ)「今山」)の今山城(三池山城)城主),  草野氏筑後国 山本郡草野(現・福岡県 久留米市の草野地区(大字(おおあざ)「草野町草野,草野町紅桃林,草野町矢作,草野町吉木」))の発心城ほっしんじょう)(発心嶽城城主),  星野氏筑後国 生葉郡(いくはぐん)富永(現・福岡県 うきは市吉井町地域の「吉井町富永」の一部)の妙見城(妙見山城)地図城主),  田尻氏筑後国 山門郡(やまとぐん)鷹尾(現・福岡県 柳川市大和町地域大字(おおあざ)大和町鷹ノ尾(やまとまちたかのお)」)の鷹尾城たかおじょう城主),  江島氏筑後国 三潴郡江島村(現・福岡県 久留米市城島町地域の大字(おおあざ)城島町江島(この辺り(地図))」)を発祥の地とする領主),  江上氏江上城地図があった筑後国 三潴郡江上村(現・福岡県 久留米市城島町地域の大字(おおあざ)城島町江上(この辺り(地図))」)を発祥の地とし。肥前国 神埼郡(かんざきぐん)の今日の佐賀県 神埼市神埼町城原勢福寺城地図城主)の諸将が参陣したとの由です。上記の島津軍への筑後国の参陣諸将の中には問註所氏の名前が挙げられていますが、武家家伝 問註所氏,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 問註所統景によれば、長岩城城主・問註所統景島津氏に従わず、長岩城に籠城して、島津軍の攻撃から最後まで守りきったとの由ですので、この島津軍に参陣した問註所氏は、問註所統景のことではありません。恐らくは、問註所氏の中の問註所統景以外の武将だったのであろうと推測します。
  天正14年(1586年)7月〜同15年(1587年)4月の豊臣秀吉九州征伐(九州平定)後の戦後処理としての九州国分(きゅうしゅうくにわけ)では、播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 武家家伝 問註所氏2015年10月参照時時点の掲載内容によれば、問註所統景は本領は安堵されたものの、独立した大名として取り立てられることなく、従来どおり大友氏の麾下に属するとされたとの由ですが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 長岩城(筑後国)2015年10月参照時時点の掲載内容によれば、問註所統景大友氏から離れて豊臣秀吉に直接仕えた後に、筑前国 糟屋郡(かすやぐん)江戸時代には裏糟屋郡(うらかすやぐん)) 香椎(かしい)名島(なじま)(現・福岡県 福岡市 東区名島(区内の香椎(かしい)地域))の
名島城(現・名島城址公園)地図になった小早川隆景に与力として付けられて、この時期に長岩城が廃城になったとの由が載っており、2015年10月現在、参照する情報源によって掲載内容が異なっています。獻さんのリンク ・ 夜須町の情報 ・ 夜須町史 ・ 第四章近世の夜須町 第一節豊臣秀吉の九州支配,ならびにJLogos ・ 生葉郡にも、長岩城があった筑後国 生葉郡(いくはぐん)(現・福岡県 うきは市から、うきは市吉井町地域内の昭和29年(1954年)12月31日までの旧浮羽郡船越村だった地域を除いた地域)は、豊臣秀吉九州征伐(九州平定)後の戦後処理としての九州国分(きゅうしゅうくにわけ)では小早川隆景領になった旨が載っていますので、これらの情報は問註所統景小早川隆景家臣団化説の傍証になります。ただし、生葉郡には生葉郡 星野(現・福岡県 八女市やめし星野村地域)の鷹取城鷹取山城城主・星野鎮胤(星野 中務大輔吉実)の星野氏の所領もありましたので、旧問註所氏領と旧星野氏とで生葉郡九州国分(きゅうしゅうくにわけ)後の領主が異なった可能性も想定可能であり、このようなことの可能性の有無については上記各情報源に載っておらず、かつ武家家伝 問註所氏ホームページ管理人の方は史料参照が厳密な方でもあり得ますので、上記の参照先各情報源が、「問註所統景小早川隆景家臣団化説」で決まりだ、とするのは早計かも知れません。文禄元年(1592年)〜慶長3年(1598年)の文禄・慶長の役(朝鮮出兵)の文禄の役においては、問註所統景は、武家家伝 問註所氏2015年10月参照時時点の掲載内容によれば毛利氏に従って、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 問註所統景2015年10月参照時時点の掲載内容によれば小早川氏に従って渡海したとの由です。上記の各情報源によれば、文禄の役で問註所統景は、弟・問註所正白は文禄2年9月2日(1593年9月26日)に戦死し、家督は子の問註所政連が継いだとの由です。武家家伝 問註所氏2015年10月参照時時点の掲載内容によれば、大友氏第22代当主・大友吉統(大友義統)朝鮮での不手際により慶長3年(1598年)に改易されたために、(大友氏麾下にあった)問註所政連も所領を失ったとの由ですが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 大友義統によれば、大友吉統(大友義統)が改易処分を受けたのは文禄2年5月1日(1593年5月31日)のことであり、記載された時期がズレています。上記のとおり、2015年10月参照時時点の掲載内容では、武家家伝 問註所氏と、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 長岩城(筑後国),  問註所統景,  大友義統等とで、安土桃山時代九州国分(きゅうしゅうくにわけ)以降の時期の問註所氏の動向ならびに長岩城の状況に差があるのですが、いずれにせよ、この時期に長岩城は廃城になった模様です。
  播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 武家家伝 問註所氏,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 問註所政連によれば、問註所政連は流浪した後に慶長3年(1598年)に、母方の従兄弟に当たる、筑後国 山門郡(やまとぐん) 柳川(柳河)(現・福岡県 ・ 柳川市柳川市地域)の
柳川城城主・立花宗茂に1,000石で仕えたとの由です。しかし、詳しくは当ホームページ内の柳川城紹介欄で解説したとおり、立花宗茂は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで西軍についたために改易されてしまったため、武家家伝 問註所氏によれば、問註所政連は再び浪人してしまったとの由です。武家家伝 問註所氏によれば、肥後国 飽田郡(あきたぐん) 隈本(現・熊本県 ・ 熊本市 ・ 中央区)の隈本城城主・加藤清正の食客に一時なっていた立花宗茂に付いて問註所政連は隈本に行き、立花宗茂肥後国を離れた後も肥後国に残って加藤清正に仕えたとの由です。詳しくは当ホームページ内の柳川城紹介欄で解説した経緯によって江戸時代の元和6年(1620年)に立花宗茂柳川城城主に復帰すると、上記の各情報源によれば、問註所政連は旧主・立花宗茂に再仕官して、子孫は筑後 柳河藩 立花家家臣として存続したとの由です。
  なお、うきは市ホームページ(うきは市役所) ・ 町並み交流館商家(旧松源商店)によれば(リンク先URLは2015年10月現在)うきは市吉井町地域にある
町並み交流館商家(旧松源商店)が、江戸時代から続く老舗の商店「松源商店」だった時期の初代は、中世の長岩城城主だった豪族・問註所氏の末裔と言われる田籠嘉六であるとの由です。したがって、松源商店は、江戸時代における、問註所氏の末裔達の中の1家の行く末だということになります。
  
長岩城があった筑後国 生葉郡(いくはぐん)(現・福岡県 うきは市から、うきは市吉井町地域内の昭和29年(1954年)12月31日までの旧浮羽郡船越村だった地域を除いた地域)のその後の領主は、二転三転しました。先述の話と重複(ちょうふく)しますが、獻さんのリンク ・ 夜須町の情報 ・ 夜須町史 ・ 第四章近世の夜須町 第一節豊臣秀吉の九州支配,ならびにJLogos ・ 生葉郡によれば、筑後国 生葉郡は、天正14年(1586年)7月〜同15年(1587年)4月の豊臣秀吉九州征伐(九州平定)後の戦後処理としての九州国分(きゅうしゅうくにわけ)の結果、筑前国 糟屋郡(かすやぐん)江戸時代には裏糟屋郡(うらかすやぐん)) 香椎(かしい)名島(なじま)(現・福岡県 福岡市 東区名島(区内の香椎(かしい)地域))の名島城(現・名島城址公園)地図城主になった小早川隆景に与えられたとの由です。ただし、先述のとおり、生葉郡の中でも、長岩城があった筑後国 生葉郡長岩(現・福岡県 うきは市浮羽町地域大字(おおあざ)浮羽町新川」の一部)は、当初は小早川氏領ではなかった可能を示唆する異説もあります。この小早川氏については、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 小早川隆景,ならびに小早川秀秋によれば、文禄4年(1595年)以降に小早川隆景が隠居して隠居城・三原城解説)(地図に戻ったり、小早川隆景の養子・小早川秀秋が、安土桃山時代の慶長3年(1598年)に一時期、筑前国,  筑後国(現・福岡県の一部)等の30万7,000石の領国から越前国 足羽郡(あすわぐん) 北ノ庄(現・福井県 福井市)の北ノ庄城解説)(地図(後年、