カミタクの部屋

  

カミタク・ブログ

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

STATISTICS
「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」トップ > 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」メニュー(フレーム枠内) > 奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島観光案内

IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理

木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント

  

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島観光案内

奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島の観光情報を、行った場所は入湯記で、未訪問の場所はリンク集で紹介する、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」HPのサブ・コンテンツ。夏休み,冬休み,春休みや土日・休日の遊び、デート、ドライブ情報の計画を立てる際に、お使いいただけます。

  
アルバム「せつなくて...sentimental season」












このページのトップへ,  観光ガイド欄の詳細目次へ



鹿児島県の温泉&観光
(訪問した所は訪問記(注),訪問未済みの所はリンク集)

(注)100箇所以上に及ぶ、当HPオリジナル・コンテンツ。
地域 温泉案内 観光案内
鹿児島市
(桜島を含む)
鹿児島温泉とは(鹿児島市内温泉とは) 鹿児島市内(含む桜島)観光案内
鹿児島市の温泉(ホテル・旅館,桜島も含む)
鹿児島市の温泉(温泉銭湯[日帰り温泉立ち寄り湯],桜島も含む)
指宿 指宿及びその周辺の温泉 指宿観光案内
南薩 南薩地域の温泉 知覧観光案内
南薩観光案内
霧島 霧島温泉 霧島観光案内
霧島市,姶良
(霧島温泉以外)
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 隼人・国分・姶良地域観光案内
日当山温泉&姫城温泉
その他霧島市(旧国分市,旧隼人町),姶良地区の温泉
北薩・中薩 北薩・中薩地域の温泉 北薩・中薩の観光案内
大隅
(霧島以外)
大隅地域の温泉 大隅観光案内
種子島,屋久島,三島村,十島村地区 種子島,屋久島,三島村,十島村の温泉 種子島,屋久島,三島村,十島村の観光案内
奄美諸島 奄美大島,与論島,沖永良部島地区の温泉 奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島の観光案内
全般的に 訪問入湯記
(当HPオリジナル・コンテンツ:訪れた感想と観光案内)
観光訪問記
(当HPオリジナル・コンテンツ:訪れた感想と観光案内)
鹿児島県の温泉宿宿泊予約 鹿児島県内全域観光案内別サイト(リンク集)
特集 NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介(鹿児島観光案内)(New! 2007年12月)

「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内(New! 2010年08月)

鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城(New! 2016年02月)
(サブ画面:島津氏の戦国時代の薩摩・大隅・日向の三州の領国国内統一平定史,  熊本県,佐賀県,長崎県,福岡県,大分県,沖縄県の島津氏九州平定事業(九州統一事業)(戦国時代)関連等の城(詳細編)

鹿児島へのご旅行は







当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
島 or 分類 市町村 or 内容
目次 (当画面(当ページ)だけでなく)全体の目次
全般的に 全般的に(奄美群島全体)
奄美大島 奄美市 名瀬市地域
住用村地域
笠利町地域
龍郷町
大和村
宇検村
瀬戸内町




加計呂麻島
請島
与路島
喜界島 喜界町
徳之島 徳之島町
伊仙町
天城町
沖永良部島 和泊町
知名町
与論島 与論町
交通案内 交通案内,アクセス




鹿児島県の宿泊予約 & まち楽
(powered by 楽天トラベル, and 楽天市場.)
  ↓

全国温泉宿予約(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
  
  ↓

宿泊施設情報(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧    鹿児島市内(鹿児島・桜島)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  空室検索    南薩(指宿・枕崎)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  温泉宿一覧
南薩(指宿・枕崎)  温泉宿一覧
吹上温泉  温泉宿一覧
   北薩(出水・川内)  ホテル・旅館一覧
市比野温泉  温泉宿一覧
宮之城温泉  温泉宿一覧
北薩(出水・川内)  温泉宿一覧
霧島温泉  空室検索    大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  ホテル・旅館一覧
霧島温泉  温泉宿一覧
妙見温泉  温泉宿一覧
大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  温泉宿一覧
種子島・屋久島  温泉宿一覧    種子島・屋久島  ホテル・旅館一覧
      奄美大島・喜界島・徳之島  ホテル・旅館一覧
      沖永良部島・与論島  ホテル・旅館一覧
【楽天トラベル・楽パック】国内旅行・パックツアー(交通+宿) ・ 【楽パック】鹿児島県 売れ筋ホテル・旅館ランキング





全般的に(奄美群島全体)

鹿児島県庁

奄美群島,  奄美群島の歴史
(リンク先はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のサブ・コンテンツ。)

鹿児島県観光サイト「どんどん鹿児島の旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)

鹿児島 しまのサポーター

本物。かごしま離島net(かごしま離島観光促進協議会)

一般社団法人 奄美群島観光物産協会公式WEBサイト「ぐーんと奄美」

(当HP内の)奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島地区温泉,銭湯,大浴場案内



当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
島 or 分類 市町村 or 内容
目次 (当画面(当ページ)だけでなく)全体の目次
全般的に 全般的に(奄美群島全体)
奄美大島 奄美市 名瀬市地域
住用村地域
笠利町地域
龍郷町
大和村
宇検村
瀬戸内町




加計呂麻島
請島
与路島
喜界島 喜界町
徳之島 徳之島町
伊仙町
天城町
沖永良部島 和泊町
知名町
与論島 与論町
交通案内 交通案内,アクセス





奄美大島

当画面(当ページ)内の目次へ(戻る) 当画面(当ページ)の先頭(トップ)



【楽天トラベル】奄美大島・喜界島・徳之島のホテル・旅館
【楽天トラベル】国内旅行・パックツアー(交通+宿) ・ 【楽パック】奄美大島・喜界島・徳之島 売れ筋ホテル・旅館ランキング
航空券
(空路)
【楽天トラベル】航空券予約
バニラエア(Vanilla Air)公式WEBサイト
2015年8月現在、「成田国際空港解説,  搭乗手続きカウンターは成田国際空港 第3ターミナル地図)) − 奄美空港」便を就航しているLCC(格安航空会社)です。)
【楽天トラベル・たびノート】鹿児島県の観光スポット
【楽天トラベル・たびノート】奄美大島・喜界島・徳之島の観光スポット


(当HP内の)奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島地区温泉,銭湯,大浴場案内

奄美大島
(リンク先はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のサブ・コンテンツ。)

一般社団法人 奄美群島観光物産協会公式WEBサイト「ぐーんと奄美」

奄美大島観光物産協会公式サイト「のんびり奄美」

奄美大島観光協会

しまバスホームページ
(奄美大島を公共交通機関で移動する際に便利です。空港から各地に行く際にも使えます。)

あまみ便りあまみ便り(観光ネットワーク奄美)
(島内の案内地図やバス時刻表が便利)
楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ たびノートでも観光ネットワーク奄美として紹介されています。)

奄美大島探検マップ奄美大島探検マップ

奄美大島観光ガイド

あまみネットワークプラザ

奄美大島商工会議所 ・ 奄美の観光マップ

奄美時間 奄美大島完全ガイド

奄美大島のHP検索 奄美インデックス

子どものための奄美ワールド(奄美総合リンク集)

奄美の観光情報サイト 夢島WEB(奄美のフリーペーパー「奄美夢島」の情報提供サイト)
(公式ブログ奄美 夢島Blogがあり、奄美の風景「住用マングローブ原生林」(住用町)等の記事が載っています。)

空と海の物語〜from奄美大島〜(blog)
(当HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」補完ブログ「カミタク・ブログも参加している、鹿児島県のブログ・ポータル「【さつまブロ】かごしまBlog集」に参加しているブログです。2008/03/28付け日記「さようなら!!奄美!!」によれば、残念ながら奄美を出てしまった模様です。)

奄美大島エコツアーガイド連絡協議会

当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
島 or 分類 市町村 or 内容
目次 (当画面(当ページ)だけでなく)全体の目次
全般的に 全般的に(奄美群島全体)
奄美大島 奄美市 名瀬市地域
住用村地域
笠利町地域
龍郷町
大和村
宇検村
瀬戸内町




加計呂麻島
請島
与路島
喜界島 喜界町
徳之島 徳之島町
伊仙町
天城町
沖永良部島 和泊町
知名町
与論島 与論町
交通案内 交通案内,アクセス





奄美大島 ・ 奄美市

当画面(当ページ)内の目次へ(戻る) 当画面(当ページ)の先頭(トップ)



【楽天トラベル】鹿児島県奄美市のホテル・旅館の検索結果


奄美市ホームページ

奄美市
(リンク先はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のサブ・コンテンツ。2006年3月20日に、旧名瀬市(なぜし),旧住用村(すみようそん),旧笠利町(かさりちょう)が合併して発足しました。)

一般社団法人 奄美群島観光物産協会公式WEBサイト「ぐーんと奄美」

奄美大島観光物産協会公式サイト「のんびり奄美」

奄美大島観光協会

(当HP内の)奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島地区温泉,銭湯,大浴場案内

奄美大島エコツアーガイド連絡協議会

しまバスホームページ
(奄美大島を公共交通機関で移動する際に便利です。空港から各地に行く際にも使えます。)




奄美大島 ・ 奄美市 ・ 旧名瀬市地域>

当画面(当ページ)内の目次へ(戻る) 当画面(当ページ)の先頭(トップ)



【楽天トラベル】鹿児島県奄美市のホテル・旅館の検索結果 > 【楽天トラベル】鹿児島県奄美市の旧名瀬市の市街地のホテルの検索結果


奄美市ホームページ

奄美市
(リンク先はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のサブ・コンテンツ。2006年3月20日に、名瀬市(なぜし)住用村(すみようそん)笠利町(かさりちょう)が合併して発足しました。)

一般社団法人 奄美群島観光物産協会公式WEBサイト「ぐーんと奄美」

奄美大島観光物産協会公式サイト「のんびり奄美」

奄美大島観光協会

奄美大島エコツアーガイド連絡協議会

(当HP内の)奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島地区温泉,銭湯,大浴場案内



奄美市名瀬市地域の内の目次
なぜまち(中心街(中心市街地)) 「なぜまち」の南の山・丘陵
「なぜまち」の北西&西側の郊外のスポット 「なぜまち」の北東&東側の郊外のスポット
「なぜまち」の南側の郊外のスポット   
旧名瀬市地域の先頭(トップ)
当画面(当ページ)の先頭(トップ)


なぜまち  (奄美市名瀬市地域中心街中心市街地))】

しまバスホームページ解説
(奄美大島を公共交通機関で移動する際に便利です。奄美空港から各地に行く際にも使えます。奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちでのしまバスの主要な乗降場は、2018年2月現在、以下のとおりです。バス路線によっては、以下の内でも停車しないバス停がありますので、しまバスホームページ掲載情報で、停車バス停を事前にご確認されることを、お勧めします。
→   ○   本社営業所地図
(住所:鹿児島県奄美市名瀬伊津部町9−23,Tel.:0997−52−0509)
○   港町待合所地図
(住所:鹿児島県奄美市名瀬港町4-16)
○   【楽天トラベル】ホテル ウエストコート奄美 <奄美大島>公式WEBサイト)(地図
(住所:鹿児島県奄美市名瀬入舟町9-1,Tel.:0997-52-8080)



奄美市AiAiひろばあいあいひろば(観光交流センター):AiAiひろばの場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:奄美市名瀬末広町14-10、Tel.:0997-52-1778,0997-57-6233(奄美市AiAiひろば1階入居の観光案内所((一社)あまみ大島観光物産連盟))。奄美市AiAiひろば1階入居の(一社)あまみ大島観光物産連盟の電話番号は0997-53-3240で、同じく1階入居の(株)まちづくり奄美の電話番号は0997-52-1778です。奄美市AiAiひろばの公式WEBサイトは、鹿児島県奄美市公式ホームページ奄美市AiAiひろば(あいあいひろば)として紹介されていますリンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「AiAiひろば」のgoogle検索結果でお探し下さい)。公式WEBサイトとしては上記の他に、2018年2月現在奄美市AiAiひろば1階に入居組織の公式HP/ブログとして、奄美大島観光案内所ブログ,  (一社)あまみ大島観光物産連盟,  (株)まちづくり奄美公式HP型ブログもあります。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも一般社団法人あまみ大島観光物産連盟(の所在地)として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+AiAiひろば」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも奄美市AiAiひろばとして(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+AiAiひろば」のgoogle検索結果でお探し下さい)、観光ネットワーク奄美「あまみ便り」でもブログ 中のAiAiひろばとして(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、観光ネットワーク奄美「あまみ便り」上のキーワード「AiAiひろば」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。
  
奄美市AiAiひろばあいあいひろばは、鹿児島県 奄美大島奄美市名瀬市地域にある観光交流センターです。2018年2月現在旅行客向の方けには、1階に観光案内所((一社)あまみ大島観光物産連盟運営)休憩所パソコンコーナーがある他、荷物一時預かりも可能です(ただし、「荷物一時預かり」は貴重品を除く)。2階の多目的ホール会議室,3階には集会室屋上広場(キッズひろば)があります。2018年2月現在奄美市AiAiひろばあいあいひろば1階の観光案内所((一社)あまみ大島観光物産連盟運営)では、奄美市だけにとどまらず奄美群島全体の観光パンフレットが揃っており、かつ鹿児島県 奄美市名瀬市地域中心市街地の中にあって交通便利ですので、例えば観光パンフレット入手等々、奄美群島の観光情報を調べるために極めて便利な施設です。
  なお、奄美大島の観光案内所は、鹿児島県 奄美市名瀬市地域
奄美市AiAiひろばあいあいひろば,  鹿児島県 奄美市笠利町地域奄美空港,  奄美パーク(内の奄美の郷,  奄美市ひと・もの交流プラザ味の郷かさり,  鹿児島県 大島郡 瀬戸内町せとうち海の駅にあります。
→   ○   (当画面内の)奄美市AiAiひろばあいあいひろば紹介欄へ
○   (当画面内の)奄美空港紹介欄
○   (当画面内の)奄美パーク(内の奄美の郷紹介欄へ
○   (当画面内の)奄美市ひと・もの交流プラザ味の郷かさり紹介欄へ
○   (当画面内の)せとうち海の駅紹介欄



観光ネットワーク奄美「あまみ便り」観光ネットワーク奄美「あまみ便り」
(島内の案内地図やバス時刻表が便利。観光ネットワーク奄美公式Facebookページもあります。楽天トラベル ・ たびノートでも【楽天トラベル・たびノート】観光ネットワーク奄美として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、観光ネットワーク奄美の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬幸町19-5、Tel.:0997-54-4991。)

鳥しん奄美鶏飯と島料理の(株)鳥しん公式WEBサイト
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、鳥しんの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬伊津部町12-6、Tel.:0997-53-6515。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも濃厚スープの鶏飯が好みの人はここ!名瀬の名店「鳥しん」として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+鳥しん」のgoogle検索結果でお探し下さい)、奄美大島観光協会でも奄美鶏飯と島料理の鳥しんとして(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、奄美大島観光協会公式WEBサイト上のキーワード「奄美市+鳥しん」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも鳥しんとして(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+鳥しん」のgoogle検索結果でお探し下さい)、奄美のお店グルメサイト・みしょらんガイドでも鳥しんとして、奄美まるごと情報局でも奄美鶏飯と島料理の鳥しんとして、ぐるなびでも奄美鶏飯と島料理の鳥しんとして、食べログでも鳥しんとして、HOT PEPPER グルメでも鳥しんとして、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも鳥しんとして、goo ・ タウンページでも鳥しんとして、iタウンページでも鳥しんとして、鶏飯を食べ歩く!でも鳥しんとして、エコラリー奄美でも奄美鶏飯と島料理の鳥しんとして紹介されています。この他、鳥しんについては、キーワード「奄美市+鳥しん」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

東本願寺(奄美市)東本願寺(奄美市)の場所  (東本願寺(恐らくは真宗大谷派(東本願寺)。ただし、昭和44年(1969年)〜平成17年(2005年)のお東騒動の結果分かれた、浄土真宗東本願寺派,  浄土真宗大谷本願寺派,  嵯峨本願寺に属したりしているか否かは不明)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬伊津部町9-19-2F、Tel.:0997-52-1827。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも東本願寺として、goo ・ タウンページでも東本願寺として、iタウンページでも東本願寺として紹介されています。この他、東本願寺については、キーワード「奄美市+東本願寺」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
東本願寺(奄美市)は観光スポットではありませんが、奄美大島Iターン移住される方の内、仏教徒の方や、或いは、「葬式仏教山本七平提唱の用語『日本教』的に葬儀法要の際の家の宗教が仏教である方」のために、日本の仏教伝統宗教の宗派の切り分け基準として、十三宗五十六派に属する宗派の寺院であるため、挙げておきます。鹿児島県は、旧薩摩藩領(現・宮崎県の一部 + 鹿児島県)では、慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で一時期は藩主菩提寺も含めて1寺も残さずに寺院が壊滅したため、明治時代以降に県内で急増した浄土真宗諸宗派の寺院を例外として除けば今日でも寺院が少なく、特に奄美群島では、県内他地域では多い浄土真宗諸宗派も含めて寺院が少ない状況にあります。なお、明治時代以降に鹿児島県で特に浄土真宗諸宗派の寺院が増えた原因もしくは背景事情は、江戸時代の藩政期の薩摩藩の本土では、一向宗がご禁制(禁教)でしたが実は隠れキリシタン一向宗版「隠れ念仏」の信仰を抱き続けた領民がいたり、檀家制度が無かったり(注1)した状況の地域において、星野元興鹿児島県 伊佐市大口市地域の伊佐市大口上町16-3の浄土真宗本願寺派(西本願寺) ・ 大ー寺(だいがんじ)住職)真宗寺院にみる廃寺の現状 : 鹿児島県、富山県、広島県の事例から鹿児島大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程地域政策科学専攻紀要地域政策科学研究vol.10, 2013年3月, pp.121-139)p.126によれば、明治時代に禁教が解けた後、「それまでを中心に, 密かに組織されていた真宗信仰集団(注2)が数多く寺院化されることとなった」からであるとの由です。その過程については、窪壮一朗『鹿児島西本願寺の草創期 : なぜ鹿児島には浄土真宗が多いのか』(窪壮一朗(自費出版),2014.11)ブログ上の告知記事,  PDF縦書き版,  PDF横書き版),  西本願寺 鹿児島別院関連の鹿児島教区懇談会「心のともしび」 ・ 明治時代の本願寺による薩摩開教について(中期)明治維新後の宗教政策・西南戦争の影響等に載っており、また、明治時代以降の奄美大島仏教布教史については、財部めぐみ奄美大島における近代仏教の布教過程の特質 : 宗教者の移動性と布教スタイルを中心に鹿児島大学 国際島嶼教育研究センター南太平洋研究vol.30, No.2, 2010年1月1日, pp.1-12)等で解説されています。財部めぐみ氏は、鹿児島大学博士学位論文でも『奄美大島における仏教の成立と展開』(2011年3月)を発表していますが、2018年4月現在、この学位論文の全文を公開した画面(ページ)は、見つけられませんでした。
(注1) 檀家制度が無かった薩摩藩では、健康オタクの目移り ・ 薩摩藩の暗黒史 (4)徹底した廃仏毀釈には、代わりに五人組で宗教の取り締まりが行われた旨の情報が載っていますが、異説(異論)もあり、西本願寺 鹿児島別院関連の鹿児島教区懇談会「心のともしび」 ・ 明治時代の本願寺による薩摩開教について(中期)明治維新後の宗教政策・西南戦争の影響には寺請制度薩摩藩領でもあった旨の情報が載っています。
(注2) 「真宗信仰集団」とは、即ち、隠れ念仏のことであろうと、当ホームページ管理人は推測します。



末広市場(すえひろしじょう,すえひろいちば)永田橋市場(ながたはししじょう,ながたはしいちば)奄美・名瀬『永田橋市場』公式ブログ
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、末広市場の場所,  永田橋市場の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町13-8(奄美市AiAiひろばあいあいひろば)裏)。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも【末広市場・永田橋市場】 レトロで新しい市場めぐり,  戦後から奄美を支える市民の台所!古くて新しいホットスポット「末広・永田橋市場」等として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+末広市場」のgoogle検索結果,  「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+永田橋市場」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも末広市場・永田橋市場として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+末広市場」のgoogle検索結果,  じゃらんネット上のキーワード「奄美市+永田橋市場」のgoogle検索結果でお探し下さい)、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも末広市場 永田橋市場として、まちづくり事例情報サイト【まちかつ!】でも鹿児島県奄美市名瀬【まちかつ】永田橋市場(ながたばしいちば)・末広市場(すえひろいちば)〜奄美らしさの残る「市民の台所」に新たな魅力を持つ出店者増加〜として紹介されています。この他、末広市場 ・ 永田橋市場については、キーワード「奄美市+末広市場」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+永田橋市場」のgoogle検索結果でお調べいただけます。
  2018年2月現在
末広市場 ・ 永田橋市場には、自家焙煎珈琲 こん日和(Coffee Konnichiwa)珈琲こん日和(Coffee Konnichiwa)公式Facebookページ,  google検索結果(住所:奄美市名瀬末広町13-25),  あまみエフエムディ!ウェイヴ77.7MHz・末広市場ディ!放送所別URLのもう1つの公式WEBサイト,  あまみエフエムディ!ウェイヴ77.7MHz公式Facebookページ,  解説(住所:奄美市名瀬末広町13-8,Tel.:0997-55-0777),  昭和レトロな立ち飲み屋・たっとかんばぁ奄美時代屋 たっとかんばぁ公式Facebookページ,  google検索結果(住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町13-3,Tel.:0997-69-3422)等が入居しています。)

なぜまちモーレなぜまちモーレ公式WEBサイト
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、なぜまちモーレの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町11‐2、Tel.:0997-57-1257。machi-iroでもGRAND OPEN!「座・ガモール奄美店『なぜまちモーレ』」に行ってきました(^^)として、マチイロマガジンでもGRAND OPEN!「座・ガモール奄美店『なぜまちモーレ』」に行ってきました(^^)として紹介されています。この他、なぜまちモーレについては、キーワード「奄美市+なぜまちモーレ」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

郷土料理かずみ島唄解説)のライブを楽しめる郷土料理(奄美料理)の店)郷土料理かずみの場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所: 鹿児島県奄美市名瀬末広町15-16、Tel.:0997-52-5414。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも【郷土料理かずみ】唄者の女将が出迎える、あたたかいシマ唄と郷土料理のお店として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+郷土料理かずみ」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも郷土料理 かずみとして(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+郷土料理かずみ」のgoogle検索結果でお探し下さい)、ぐるなびでも郷土料理かずみとして、食べログでも郷土料理かずみとして、HOT PEPPER グルメでも郷土料理 かずみとして紹介されています。この他、郷土料理かずみについては、キーワード「奄美市+郷土料理+かずみ」のgoogle検索結果で、自然と伝統文化の島々・奄美群島 ・ 奄美の島唄でも島唄の聴ける店の中でお探しいただけます。
  なお、
郷土料理かずみ以外で島唄解説)のライブを楽しめる店については、キーワード「奄美市名瀬+島唄+ライブ+店」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市名瀬+島唄+聴ける+店」のgoogle検索結果,  ぐるなび上のキーワード「奄美市名瀬+島唄」のgoogle検索結果,  食べログ上のキーワード「奄美市名瀬+島唄」のgoogle検索結果,  HOT PEPPER グルメ上のキーワード「奄美市名瀬+島唄」のgoogle検索結果等でお探しいただけます。)

ティダモールTida Mall名瀬中央通りアーケード商店街):ティダモールの場所(アーケードは、ここ(地図)からここ(地図)まで)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもティダモールとして、沖縄離島ドットコムでも ティダモールの情報として、鹿児島県商店街振興組合連合会でも名瀬中央通りアーケード商店街振興組合として、トリップアドバイザー(tripadvisor)でもティダモールとして紹介されています。この他、ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街については、キーワード「奄美市+ティダモール」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+アーケード」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街には、2018年2月現在、(名瀬中央通りのアーケードが切れる辺りの場所も含めて)例えば以下のようなお店があります(それ以外のお店もあります)。
→   ○   (当画面内の)山形屋ギフトショップ大島紹介欄
○   (当画面内の)つむぎのにし紹介欄
○   (当画面内の)瀬里奈紹介欄
○   (当画面内の)グリーンストア末広店紹介欄
○   (当画面内の)おもちゃ・カバンのオオクボ紹介欄
○   (当画面内の)三洋薬局紹介欄
○   (当画面内の)ミュージックショップ じんのうち中央通り店紹介欄
○   (当画面内の)喜喜ランド紹介欄
○   (当画面内の)BEE'HIVEビーハイブ紹介欄へ



山形屋ギフトショップ大島山形屋ギフトショップ大島
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、山形屋ギフトショップ大島の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町2-5号 1階、Tel.:0997-54-1011。鹿児島県 鹿児島市天文館の百貨店(デパート)・山形屋の、鹿児島県 奄美市名瀬市地域におけるギフトショップです。山形屋ギフトショップ大島は、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちティダモール名瀬中央通りアーケード商店街にあります。
  なお、
山形屋は、楽天市場にも【楽天市場】山形屋楽天市場店(鹿児島県&宮崎県の百貨店)として出店しています。
→   ○  
【楽天市場】山形屋楽天市場店(鹿児島県&宮崎県の百貨店)
○   (当画面内の)ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街紹介欄へ



つむぎのにし奄美市つむぎのにし(大島紬)のブログ
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、つむぎのにしの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町1-4、Tel.:0997-53-5296。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもつむぎのにしとして、goo ・ タウンページでもつむぎのにしとして、iタウンページでもつむぎのにしとして、奄美の観光情報サイト 夢島WEBでも年中夢求つむぎのにしとして、奄美市のまーじん子育て応援団でもつむぎのにし として紹介されています。この他、つむぎのにしについては、キーワード「奄美市+つむぎのにし」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
つむぎのにしは、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちティダモール名瀬中央通りアーケード商店街にあります。
→   (当画面内の)ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街紹介欄へ



瀬里奈奄美料理の店)瀬里奈公式Facebookページ
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、瀬里奈の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町1-11(ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街))、Tel.:0997-52-1034。じゃらんnetでも奄美の島料理 新穂花&瀬里奈として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+瀬里奈」のgoogle検索結果でお探し下さい)、ぐるなびでも地産地消レストラン瀬里奈として、食べログでも奄美の島料理 新穂花&瀬里奈として、HOT PEPPER グルメでも奄美の島料理 新穂花&瀬里奈として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも奄美の島料理 新穂花&瀬里奈として紹介されています。この他、瀬里奈については、キーワード「奄美市+瀬里奈」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
瀬里奈は、鶏飯(けいはん)等の奄美料理を食べられる店であると同時に、洋食レストラン、ケーキ・ショップとしてもお楽しみいただける店です。瀬里奈は、かつて鹿児島県 鹿児島市鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」にテナント入居していた奄美料理店・新穂花(あらほばな)と同じ経営者の店であり、瀬里奈鶏飯(けいはん)は絶品です。瀬里奈は、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちティダモール名瀬中央通りアーケード商店街にあります。
→   (当画面内の)ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街紹介欄へ



グリーンストア末広店グリーンストア末広店  (スーパーマーケット
グリーンストア公式Facebookページもあります。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、グリーンストア末広店の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町1-11、Tel.:0997-57-1011。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも株式会社グリーンストア末広店として、goo ・ タウンページでも株式会社グリーンストア末広店として、iタウンページでも株式会社グリーンストア末広店として、machi-iroでもついにオープン!! グリーンストア末広店として紹介されています。平成28年(2016年)12月6日にオープンしました。
  
グリーンストア末広店は、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちティダモール名瀬中央通りアーケード商店街にあります。
→   (当画面内の)ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街紹介欄へ



おもちゃ・カバンのオオクボおもちゃのオオクボ公式ブログ
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、おもちゃ・カバンのオオクボの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町1-9、Tel.:0997-52-0243。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもおもちゃ・カバンのオオクボとして、goo ・ タウンページでもおもちゃ・カバンのオオクボとして、iタウンページでもおもちゃ・カバンのオオクボとして紹介されています。この他、おもちゃ・カバンのオオクボについては、キーワード「奄美市+オオクボ+名瀬末広町」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
おもちゃ・カバンのオオクボは、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちティダモール名瀬中央通りアーケード商店街にあります。
→   (当画面内の)ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街紹介欄へ



三洋薬局三洋薬局の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町8-1、Tel.:0997-52-0464。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも有限会社三洋薬局として、goo ・ タウンページでも有限会社三洋薬局として、iタウンページでも有限会社三洋薬局として紹介されています。その他、三洋薬局については、キーワード「奄美市+三洋薬局」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  ハブの毒吸出器は、各薬局でお買い求めいただくことができます。したがって、確認した上での話ではありませんが、恐らくは
三洋薬局でもハブの毒吸出器を買うことができるであろうと推測します。三洋薬局は、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちティダモール名瀬中央通りアーケード商店街にあります。
→   (当画面内の)ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街紹介欄へ



ミュージックショップ じんのうち中央通り店ミュージックショップ じんのうち中央通り店の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町9-8、Tel.:0997-52-6363。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもじんのうち中央通り店として、goo ・ タウンページでもじんのうち/中央通り店として、iタウンページでもじんのうち/中央通り店として、路地裏ダイバーでも名瀬(3)−歌と芸能の島とカルチャーの中で紹介されています。この他、ミュージックショップ じんのうち中央通り店については、キーワード「奄美市+じんのうち+中央通り店」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
ミュージックショップ じんのうち中央通り店は、島唄解説)のCDが揃った店です。ミュージックショップ じんのうち中央通り店は、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちティダモール名瀬中央通りアーケード商店街にあります。
→   (当画面内の)ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街紹介欄へ



ギターリペア専門店「喜喜ランド」:喜喜優遊公式ブログ
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、喜喜ランドの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町9-13、Tel.:0997-53-1225。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも喜喜ランドとして、goo ・ タウンページでも喜喜ランドとして、iタウンページでも喜喜ランドとして、吉田商事株式会社でも【連載第17回】ギターを試演奏される方との語らいのひと時にアクアネオスとして紹介されています。この他、喜喜ランドについては、キーワード「奄美市+喜喜ランド」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
喜喜ランドはギターリペア専門店ですが、新品お取り寄せ、中古販売も行っているとの由です。喜喜ランドは、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちティダモール名瀬中央通りアーケード商店街にあります。
→   (当画面内の)ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街紹介欄へ



エアーガン・モデルガン・ガスガン専門店「BEE'HIVEビーハイブ)」:BEE'HIVE(ビーハイブ)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町9-15、Tel.:0997-54-5490。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもBEE-HIVEとして、goo ・ タウンページでもBEE-HIVEとして、iタウンページでもBEE-HIVEとして、エコラリー奄美でもGUN専門店 BEE'HIVE(ビーハイブ)として、名瀬商店街周辺の情報発信ブログ「(株)まちづくり奄美」でもGUN専門店 BEE'HIVE(ビーハイブ)として紹介されています。この他、BEE'HIVEビーハイブについては、キーワード「奄美市+BEE+HIVE」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
BEE'HIVEビーハイブは、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちティダモール名瀬中央通りアーケード商店街にあります。
→   (当画面内の)ティダモール名瀬中央通りアーケード商店街紹介欄へ



セントラル楽器セントラル楽器公式WEBサイト
セントラル楽器公式Facebookページもある他、関連する公式ブログには奄美島唄学校,  奄美島唄学校パートIIもあります。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、セントラル楽器の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町1-20、Tel.:0997-52-0530。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも島唄を記録して60年!オリジナルレーベルで島の唄文化を支える「セントラル楽器」として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+セントラル楽器」のgoogle検索結果でお探し下さい)、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも株式会社セントラル楽器として、goo ・ タウンページでも株式会社セントラル楽器として、iタウンページでも株式会社セントラル楽器として、島キャン宣伝部でもイケメン社長率いる島の楽器屋さん。奄美民謡、伝統楽器はここで。『セントラル楽器』として、エコラリー奄美でもセントラル楽器として紹介されています。この他、セントラル楽器については、キーワード「奄美市+セントラル楽器」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
セントラル楽器は、島唄解説)に関する楽器やCDの取り扱いで有名な店であり、独自のレーベルでアーティストの応援もしています。)

本場奄美大島紬協同組合(本場奄美大島紬会館)
本場奄美大島紬協同組合公式Facebookページもあります。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、本場奄美大島紬会館の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬港町15-1、Tel.:0997-52-3411。ぐーんと奄美でも本場奄美大島紬協同組合として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、ぐーんと奄美上のキーワード「本場奄美大島紬協同組合」のgoogle検索結果でお探し下さい)、奄美パーク公式WEBサイトでも本場奄美大島紬会館として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、奄美パーク公式WEBサイト上のキーワード「奄美市+本場奄美大島紬会館」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。)

久保薬局久保薬局公式WEBサイト
久保薬局公式Facebookページもあります。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、久保薬局の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬港町4-21、Tel.:0997-52-3161。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも久保薬局として、goo ・ タウンページでも久保薬局として、iタウンページでも久保薬局として紹介されています。その他、久保薬局については、キーワード「奄美市+久保薬局」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
久保薬局では、ハブの毒吸出器を買うことができます(当ホームページ管理人は、このお店でハブの毒吸出器を買いました)。)

奄美サンプラザホテル&和食・中華のレストラン愛かな奄美サンプラザホテル公式WEBサイト
楽天トラベルでも【楽天トラベル】奄美サンプラザホテル <奄美大島>として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、奄美サンプラザホテルの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬港町2番1号、Tel.:0997-53-5151。この他、奄美サンプラザホテルについては、キーワード「奄美市+奄美サンプラザホテル」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
奄美サンプラザホテルの和食・中華のレストラン愛かなは、お勧めのレストランの中の1つです。和食・中華レストランレストラン愛かなについては、その公式WEBサイトは和食・中華レストラン 愛かなであり(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、奄美サンプラザホテル公式ホームページ上のキーワード「レストラン+愛かな」のgoogle検索結果でお探し下さい)、この他、ぐるなびでもレストラン愛かなとして、食べログでもレストラン愛かなとして、HOT PEPPER グルメでもレストラン愛かなとして紹介されています。)

奄美観光ホテル & 鯨石庵(けいせきあん)総合宴集会場・奄美観光ホテル&旬菜酒房・鯨石庵公式WEBサイト
奄美観光ホテル あまかん・鯨石庵(けいせきあん)公式ブログもあります。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、奄美観光ホテル 鯨石庵の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬港町2-10、Tel.:0997-52-2221。ぐるなびでも奄美観光ホテル 鯨石庵として、食べログでも旬菜酒房 鯨石庵として、HOT PEPPER グルメでも鯨石庵として、奄美のお店グルメサイト・みしょらんガイドでも旬菜酒房 鯨石庵 として、奄美まるごと情報局でもとして、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも奄美観光ホテルとして、goo ・ タウンページでも奄美観光ホテルとして、iタウンページでも奄美観光ホテルとして、奄美のうまい店100選でも旬彩酒房 鯨石庵として、machi-iroでも奄美観光ホテルとして紹介されています。この他、奄美観光ホテルについてはキーワード「奄美市+奄美観光ホテル」のgoogle検索結果で、鯨石庵についてはキーワード「奄美市+鯨石庵」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  奄美観光ホテル あまかん・鯨石庵(けいせきあん)公式ブログ左側の「当社のあらまし」欄によれば、
奄美観光ホテルは昭和41年(1966年)10月に「ホテル奄美」として営業を開始し、昭和42年(1967年)9月に(株)奄美観光ホテルに社名を変更し、昭和53年(1978年)10月にホテルを大改装して、宿泊施設から宴集会場になったとの由です。同情報源によれば、昭和61年(1986年)1月に、地下1階、地上4階の今日(平成30年(2018年)3月現在)奄美観光ホテルの建物を新築したとの由です。この沿革によれば、2018年3月現在奄美観光ホテルは、「宿泊施設を持たない、宴集会場(宴会場と集会場)に専門特化したホテル」であることになります(したがって、奄美観光ホテルには、宿泊することはできません)。
  上述のとおり、今日(平成30年(2018年)3月現在)
奄美観光ホテルは、宿泊は不可能な宴集会場施設あり、和風レストラン・鯨石庵(けいせきあん)が1階にあり、このお店は料理がおいしい店ですので、お勧めです。
  また、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 奄美大島開運酒造等によれば、黒糖焼酎製造場(蔵元工場)が奄美大島内の鹿児島県 大島郡 宇検村湯湾字大潟浜2920-3(地図)にある奄美黒糖焼酎メーカー・
株式会社奄美大島開運酒造解説は、奄美観光ホテルグループ企業の中の1社であるとの由です。2018年4月現在れんと,  紅さんご等の株式会社奄美大島開運酒造解説製の黒糖焼酎は、2018年4月現在楽天市場 ・ 山形屋 楽天市場店でお求めいただくことが可能です。
→   ○   【楽天市場】「山形屋百貨店 楽天市場店」における銘柄「れんと」のキーワードの検索結果
○   【楽天市場】「山形屋百貨店 楽天市場店」における銘柄「紅さんご」のキーワードの検索結果
○   【楽天市場】「山形屋百貨店 楽天市場店」における「奄美大島開運酒造株式会社」のキーワードの検索結果
○  



焼肉 伊勢屋焼肉 伊勢屋公式Facebookページ
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、焼肉 伊勢屋の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬幸町7-1、Tel.:0997-52-7517。ぐるなびでも焼肉 伊勢屋として、食べログでも伊勢屋として、HOT PEPPER グルメでも伊勢屋として、奄美のお店グルメサイト・みしょらんガイドでも焼肉 伊勢屋として、マチイロマガジン(まち色マガジン;machi-iro)でも焼肉 伊勢屋として、奄美の観光情報サイト 夢島WEBでも焼肉 伊勢屋として、奄美まるごと情報局でもとして、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも伊勢屋として、goo ・ タウンページでも焼肉伊勢屋として、iタウンページでも焼肉伊勢屋として、みしょーれ 奄美でも伊勢屋として紹介されています。この他、焼肉 伊勢屋については、キーワード「奄美市+伊勢屋+焼肉」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

カトリック名瀬聖心教会(なぜみこころきょうかい)名瀬聖心教会公式WEBサイト  (カトリック(旧教)
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、カトリック名瀬聖心教会の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬幸町18-1、Tel.:0997-52-0339。所属教区の公式WEBサイトとしては、カトリック鹿児島司教区公式WEBサイト名瀬聖心教会として紹介されています(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、カトリック鹿児島司教区公式WEBサイト上のキーワード「名瀬聖心教会」のgoogle検索結果でお探し下さい)。エコラリー奄美でもカトリック名瀬聖心教会として、machi-iroでもカトリック名瀬聖心教会として、酒井建築事務所 SAKAIARCHITECTSでも名瀬聖心教会 2015年12月14日,  名瀬聖心教会 2016年08月07日として、まちかど逍遥でもカトリック名瀬聖心教会として紹介されています。この他、カトリック名瀬聖心教会については、キーワード「奄美市+カトリック名瀬聖心教会」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+名瀬聖心教会」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  奄美大島にはキリスト教カトリック(旧教)の教会が多く、宗教施設としてだけではなく、建築文化として外観を眺めるだけでも文化上の価値があります。全てのカトリック教会を挙げきれませんので当画面(当ページ)で紹介するカトリック教会は限定列挙ではなく代表例示ですが、奄美大島の他のカトリック教会,ならびに全体像については、
カトリック鹿児島司教区公式WEBサイトでお探しいただける他、ダイヤモンド・ビッグ社地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 喜界島 加計呂麻島 徳之島ダイヤモンド社,2015年4月)(注)pp.112-113.でお探しいただけ、特に『同書』p.112には奄美大島でカトリック教会が多い理由(布教史上の経緯)が載っています。
(注) この2015年4月版の本は、既に2018年4月現在で最新版ではなく2018年4月現在の最新版は地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 奄美群島1(2017年12月22日発行)です。将来、当ホームページご来訪客の方のご参照時時点での最新版については、「【楽天ブックス】キーワード「地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 ダイヤモンド社」の検索結果」でお探し下さい。



大正寺大正寺の場所  (浄土真宗本願寺派(西本願寺)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬幸町5-5、Tel.:0997-52-0118。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも大正寺として、goo ・ タウンページでも大正寺(浄土真宗西本願寺派)として、iタウンページでも大正寺(浄土真宗西本願寺派)として紹介されています。この他、大正寺については、キーワード「奄美市+大正寺」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
大正寺は観光スポットではありませんが、奄美大島Iターン移住される方の内、仏教徒の方や、或いは、「葬式仏教山本七平提唱の用語『日本教』的に葬儀法要の際の家の宗教が仏教である方」のために、日本の仏教伝統宗教の宗派の切り分け基準として、十三宗五十六派に属する宗派の寺院であるため、挙げておきます。鹿児島県は、旧薩摩藩領(現・宮崎県の一部 + 鹿児島県)では、慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で一時期は藩主菩提寺も含めて1寺も残さずに寺院が壊滅したため、明治時代以降に県内で急増した浄土真宗諸宗派の寺院を例外として除けば今日でも寺院が少なく、特に奄美群島では、県内他地域では多い浄土真宗諸宗派も含めて寺院が少ない状況にあります。なお、明治時代以降に鹿児島県で特に浄土真宗諸宗派の寺院が増えた原因もしくは背景事情は、江戸時代の藩政期の薩摩藩の本土では、一向宗がご禁制(禁教)でしたが実は隠れキリシタン一向宗版「隠れ念仏」の信仰を抱き続けた領民がいたり、檀家制度が無かったり(注1)した状況の地域において、星野元興鹿児島県 伊佐市大口市地域の伊佐市大口上町16-3の浄土真宗本願寺派(西本願寺) ・ 大ー寺(だいがんじ)住職)真宗寺院にみる廃寺の現状 : 鹿児島県、富山県、広島県の事例から鹿児島大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程地域政策科学専攻紀要地域政策科学研究vol.10, 2013年3月, pp.121-139)p.126によれば、明治時代に禁教が解けた後、「それまでを中心に, 密かに組織されていた真宗信仰集団(注2)が数多く寺院化されることとなった」からであるとの由です。その過程については、窪壮一朗『鹿児島西本願寺の草創期 : なぜ鹿児島には浄土真宗が多いのか』(窪壮一朗(自費出版),2014.11)ブログ上の告知記事,  PDF縦書き版,  PDF横書き版),  西本願寺 鹿児島別院関連の鹿児島教区懇談会「心のともしび」 ・ 明治時代の本願寺による薩摩開教について(中期)明治維新後の宗教政策・西南戦争の影響等に載っており、また、明治時代以降の奄美大島仏教布教史については、財部めぐみ奄美大島における近代仏教の布教過程の特質 : 宗教者の移動性と布教スタイルを中心に鹿児島大学 国際島嶼教育研究センター南太平洋研究vol.30, No.2, 2010年1月1日, pp.1-12)等で解説されています。財部めぐみ氏は、鹿児島大学博士学位論文でも『奄美大島における仏教の成立と展開』(2011年3月)を発表していますが、2018年4月現在、この学位論文の全文を公開した画面(ページ)は、見つけられませんでした。
(注1) 檀家制度が無かった薩摩藩では、健康オタクの目移り ・ 薩摩藩の暗黒史 (4)徹底した廃仏毀釈には、代わりに五人組で宗教の取り締まりが行われた旨の情報が載っていますが、異説(異論)もあり、西本願寺 鹿児島別院関連の鹿児島教区懇談会「心のともしび」 ・ 明治時代の本願寺による薩摩開教について(中期)明治維新後の宗教政策・西南戦争の影響には寺請制度薩摩藩領でもあった旨の情報が載っています。
(注2) 「真宗信仰集団」とは、即ち、隠れ念仏のことであろうと、当ホームページ管理人は推測します。



ホテル・レクストン奄美セントラルホテル・レクストン奄美セントラル公式WEBサイト
楽天トラベルでも【楽天トラベル】ホテル・レクストン奄美セントラル <奄美大島>として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、ホテル・レクストン奄美セントラルの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬入舟町1-3、Tel.:0997-52-7141。この他、ホテル・レクストン奄美セントラルについては、キーワード「奄美市+ホテル・レクストン奄美セントラル」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
ホテル・レクストン奄美セントラルは、鹿児島の総合商社・西川グループ(本社・鹿児島県鹿児島市南栄5丁目10-9)経営のホテルであり、奄美市名瀬市地域では近くに、西川グループが運営する別の業種のお店・コンビニエンスストア 123マート,  酒のキンコー奄美店,  ジョイフル奄美入舟店があります。
→   (当画面内の)コンビニエンスストア 123マート,  酒のキンコー奄美店,  ジョイフル奄美入舟店紹介欄へ

  また、西川グループは、徳之島鹿児島県 大島郡 徳之島町奄美黒糖焼酎の蔵元・(株)奄美大島にしかわ酒造地図(住所:鹿児島県大島郡徳之島町白井474番地565,Tel.:0997-82-1650)も運営しており、この蔵元の黒糖焼酎は、西川グループ楽天市場に出店しているお店・【楽天市場】黒糖焼酎どぅでも、お買い求めいただくことができます。
→   【楽天市場】黒糖焼酎どぅ



コンビニエンスストア 123マート酒のキンコー奄美店,& ファミリー・レストラン「ジョイフル奄美入舟店」:コンビニエンスストア 123マート,酒のキンコー奄美店,ジョイフル奄美入舟店の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬入舟町10-8、Tel.:0997-57-6666(コンビニエンスストア 123マート,  酒のキンコー奄美店),0997-57-6699(ジョイフル奄美入舟店)。コンビニエンスストア 123マート,  酒のキンコー奄美店,  ジョイフル奄美入舟店は、鹿児島の総合商社・西川グループ(本社・鹿児島県鹿児島市南栄5丁目10-9)の店です。2018年3月現在、各お店独自URLの公式WEBサイトはありませんが、各お店の公式WEBサイトは、コンビニエンスストア 123マートについては西川グループ公式WEBサイト上のキーワード「奄美市+123マート」のgoogle検索結果で、酒のキンコー奄美店については西川グループ公式WEBサイト上のキーワード「奄美市+酒のキンコー」のgoogle検索結果で、ジョイフル奄美入舟店については西川グループ公式WEBサイト上のキーワード「奄美市+ジョイフル」のgoogle検索結果で、それぞれお探しいただけます。また、2018年3月現在酒のキンコー奄美店は、(株)オーリック解説)の関連会社・酒のキンコーフランチャイズチェーン(FC)のフランチャイジー(加盟店)です。2018年3月現在ジョイフル奄美入舟店フランチャイズチェーン(FC)のフランチャイジー(加盟店)であり、フランチャイザー(本部)の公式WEBサイト・Joyfull公式WEBサイト解説)では同店はJoyfull公式WEBサイト上のキーワード「奄美市+名瀬」のgoogle検索結果で、お探しいただけます。この他、コンビニエンスストア 123マートについてはキーワード「123マート」のgoogle検索結果で、酒のキンコー奄美店についてはキーワード「酒のキンコー奄美店」のgoogle検索結果でお探しいただけ、ジョイフル奄美入舟店については、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもジョイフル奄美入舟店として、ぐるなびでもジョイフル奄美入舟店として、食べログでもジョイフル奄美入舟店として、HOT PEPPER グルメでもジョイフル奄美入舟店として紹介されている他、キーワード「ジョイフル奄美入舟店」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
コンビニエンスストア 123マートは、おみやげを買えるコンビニエンスストアであり、酒類については酒のキンコー奄美店でもある他、2階にはジョイフル奄美入舟店もあります。奄美市名瀬市地域では近くに、西川グループが運営するホテル・ホテル・レクストン奄美セントラルもあります。
→   (当画面内の)ホテル・レクストン奄美セントラル紹介欄

  また、西川グループは、徳之島鹿児島県 大島郡 徳之島町奄美黒糖焼酎の蔵元・(株)奄美大島にしかわ酒造地図(住所:鹿児島県大島郡徳之島町白井474番地565,Tel.:0997-82-1650)も運営しており、この蔵元の黒糖焼酎は、西川グループ楽天市場に出店しているお店・【楽天市場】黒糖焼酎どぅでも、お買い求めいただくことができます。
→   【楽天市場】黒糖焼酎どぅ



おみやげセンターまるいまるい商店):おみやげセンターまるい(まるい商店)の場所  (土産物屋)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬入舟町2-15、Tel.:0997-52-0766。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもまるい商店として、goo ・ タウンページでもまるい商店として、iタウンページでもまるい商店として、奄美 ホームページでもおみやげセンターまるいとして紹介されています。その他、おみやげセンターまるいまるい商店については、キーワード「奄美市+まるい」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

ホテルウエストコート奄美ホテルウエストコート奄美I・II公式WEBサイト
楽天トラベルでも【楽天トラベル】ホテル ウエストコート奄美 <奄美大島>として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、ホテルウエストコート奄美の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬入舟町9-1、Tel.:0997-52-8080。この他、ホテルウエストコート奄美については、キーワード「奄美市+ホテルウエストコート奄美」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  2018年3月現在
ホテルウエストコート奄美は、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちでのしまバス解説の、奄美空港行きの路線バスの起点バス停でもあります。 )

ホテルウエストコート奄美IIホテルウエストコート奄美I・II公式WEBサイト
楽天トラベルでも【楽天トラベル】ホテルウエストコート奄美II<奄美大島>として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、ホテルウエストコート奄美IIの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬入舟町8-8、Tel.:0997-52-8080。この他、ホテルウエストコート奄美IIについては、キーワード「奄美市+ホテルウエストコート奄美II」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

ホテルニュー奄美ホテルニュー奄美公式WEBサイト
楽天トラベルでも【楽天トラベル】ホテルニュー奄美 <奄美大島>として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、ホテルニュー奄美の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬入舟町9番2号、Tel.:0997-52-2000。将来もしもリンク切れになったら、ホームページ上のキーワード「」のgoogle検索結果でお探し下さい)。この他、ホテルニュー奄美については、キーワード「奄美市+ホテルニュー奄美」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

(当HP内の)奄美まつり訪問記

楠田書店楠田書店公式WEBサイト
(この本屋を実家とする方によるブログ・奄美の本屋★むつき日記もあります。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、楠田書店の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬入舟町6-1、Tel.:0997-52-2631,0120-263152。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも楠田書店として、goo ・ タウンページでも株式会社楠田書店として、iタウンページでも株式会社楠田書店として、エコラリー奄美でも奄美大島本の専門店 (株)楠田書店 【商店街】として紹介されています。この他、楠田書店については、キーワード「奄美市+楠田書店」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
楠田書店は、鹿児島県奄美群島に関する本が揃った本屋です。奄美群島に関して、刊行されている本を探すのにお勧めの店です。楠田書店で、奄美手帳を手に入れることも可能です(当ホームページ管理人は、楠田書店で奄美手帳を購入しました)。)

奄美のめぐみ奄美のめぐみ(ピーシーショップめぐみ)公式WEBサイト  (土産物屋(特に黒糖焼酎))
ピーシーショップめぐみの酒屋ブログもあります。楽天市場でも【楽天市場】黒糖焼酎専門店・奄美のめぐみとして紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、奄美のめぐみ(ピーシーショップめぐみ)の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬金久町15-4、Tel.:0997-52-1327。その他、奄美のめぐみについては、キーワード「奄美市+ピーシーショップめぐみ」のgoogle検索結果でもお探しいただけます。
→  
【楽天市場】黒糖焼酎専門店・奄美のめぐみ



屋仁川通りやんご通り):奄美市社交飲食業組合公式WEBサイト「やんごマップ」
奄美市社交飲食業生活衛生同業組合公式ブログ「奄美「やんご」情報とか・・・☆☆」もあります(「奄美市社交飲食業組」と「奄美市社交飲食業生活衛生同業組合」とが、同じ組織であるか否かは不明)。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、屋仁川通り(ここ(地図)からここ(地図)を通る通り)のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬入舟町(奄美市社交飲食業生活衛生同業組合の所在地は「奄美市名瀬永田町15-11」)、Tel.:0997-52-0559。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でもみっけの女子旅Vol.3|屋仁川Barホッピングとして(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+屋仁川」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、屋仁川通りやんご通りについては、キーワード「奄美市+屋仁川」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
屋仁川通りやんご通りは、奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまちにおける、飲み屋街です。屋仁川通りやんご通りは、鹿児島県内でも特に、鹿児島市中心街中心市街地天文館の飲み屋街に次ぐ繁栄ぶりであると言われる、県内屈指の飲み屋街です。奄美大島にお越しになった方の内、宿をなぜまちや、その近くにされた方にとって、奄美群島のおいしい食べ物や、奄美群島名産の黒糖焼酎等を楽しむ際に、お勧めの街です。また、毎年、8月第1日曜日を最終日として4日間開催される奄美まつりでは、土曜日の夜に行われる八月踊りが、屋仁川通りやんご通りで開催されます。
  
屋仁川通りやんご通りのお店については、以下の各リンク先で、お探しいただけます。
屋仁川通りやんご通り)のお店(注)
  (注) ただし、名瀬入舟町,名瀬金久町等、なぜまちにあるお店で、屋仁川通りやんご通り以外のお店も、下記検索検索に出て来ますので、屋仁川通りやんご通り)のお店だけをお探しの場合には、さらに、各お店の地図で確認する必要があります。

情報の在り処 検索結果
ぐるなび ぐるなび上のキーワード「奄美市名瀬入舟町」のgoogle検索結果
ぐるなび上のキーワード「奄美市名瀬金久町」のgoogle検索結果
食べログ 屋仁川通り周辺のお店、レストラン
HOT PEPPER グルメ HOT PEPPER グルメ上のキーワード「奄美市名瀬入舟町」のgoogle検索結果
HOT PEPPER グルメ上のキーワード「奄美市名瀬金久町」のgoogle検索結果



上記以外の奄美市名瀬市地域中心街中心市街地)「なぜまち」の紹介サイト、お店、施設、スポット等:
奄美の商店街ブログ[奄美市 鹿児島県 奄美大島 観光 旅行 商店街 活性化 フラダンス イベント]
    &
machi-iro
(リンク先はいずれも、奄美市名瀬市地域の中心街なぜまちを紹介する情報源であり、当画面内で前述した以外のなぜまちの情報も、載っています(リンク先URLは2018年4月現在)。前者(奄美の商店街ブログ)はなぜまちの商店街の公式ブログであり、例えば「第56回カンモーレ市場・金曜市の開催について ビッグダディ 料理教室 当原ミツヨ 民謡日本一 奄美市 アオサ」等の商店街イベント情報が載っています。一方、後者(machi-iro)では、なぜまち以外の情報も含めて広く奄美大島の情報が載っており、特になぜまちの情報が豊富であり、例えばなぜまち散策をナビゲート,  完成が楽しみ♪なぜまち商店街末広本通り♪,  GRAND OPEN!「座・ガモール奄美店『なぜまちモーレ』」に行ってきました(^^)等の記事があり、前者(奄美の商店街ブログ)よりも最新の情報が載っています。
  この他、当画面上方の
奄美市名瀬市地域で上述した以外のなぜまちのお店、施設、スポットについては、以下の各リンク先で、お探しいただけます(検索結果には、当画面内で上述済みのお店、施設、スポットも含まれ得ます)。
なぜまちのお店、施設、スポット
情報の在り処 検索結果
Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコ Yahoo! ロコ上のキーワード「奄美市名瀬伊津部町」のgoogle検索結果
Yahoo! ロコ上のキーワード「奄美市名瀬末広町」のgoogle検索結果
Yahoo! ロコ上のキーワード「奄美市名瀬港町」のgoogle検索結果
Yahoo! ロコ上のキーワード「奄美市名瀬幸町」のgoogle検索結果
Yahoo! ロコ上のキーワード「奄美市名瀬永田町」のgoogle検索結果
Yahoo! ロコ上のキーワード「奄美市名瀬入舟町」のgoogle検索結果
Yahoo! ロコ上のキーワード「奄美市名瀬金久町」のgoogle検索結果
goo ・ タウンページ goo タウンページ上のキーワード「奄美市名瀬伊津部町」のgoogle検索結果
goo タウンページ上のキーワード「奄美市名瀬末広町」のgoogle検索結果
goo タウンページ上のキーワード「奄美市名瀬港町」のgoogle検索結果
goo タウンページ上のキーワード「奄美市名瀬幸町」のgoogle検索結果
goo タウンページ上のキーワード「奄美市名瀬永田町」のgoogle検索結果
goo タウンページ上のキーワード「奄美市名瀬入舟町」のgoogle検索結果
goo タウンページ上のキーワード「奄美市名瀬金久町」のgoogle検索結果
iタウンページ iタウンページ上のお店のキーワード「奄美市名瀬伊津部町」のgoogle検索結果
iタウンページ上のお店のキーワード「奄美市名瀬末広町」のgoogle検索結果
iタウンページ上のお店のキーワード「奄美市名瀬港町」のgoogle検索結果
iタウンページ上のお店のキーワード「奄美市名瀬幸町」のgoogle検索結果
iタウンページ上のお店のキーワード「奄美市名瀬永田町」のgoogle検索結果
iタウンページ上のお店のキーワード「奄美市名瀬入舟町」のgoogle検索結果
iタウンページ上のお店のキーワード「奄美市名瀬金久町」のgoogle検索結果
特に飲食店についての情報は、以下のリンク先のとおりです。
ぐるなび ぐるなび上のキーワード「奄美市名瀬伊津部町」のgoogle検索結果
ぐるなび上のキーワード「奄美市名瀬末広町」のgoogle検索結果
ぐるなび上のキーワード「奄美市名瀬港町」のgoogle検索結果
ぐるなび上のキーワード「奄美市名瀬幸町」のgoogle検索結果
ぐるなび上のキーワード「奄美市名瀬永田町」のgoogle検索結果
ぐるなび上のキーワード「奄美市名瀬入舟町」のgoogle検索結果
ぐるなび上のキーワード「奄美市名瀬金久町」のgoogle検索結果
食べログ 【食べログ】奄美市名瀬伊津部町のお店、レストラン
【食べログ】奄美市名瀬末広町のお店、レストラン
【食べログ】奄美市名瀬港町のお店、レストラン
【食べログ】奄美市名瀬幸町のお店、レストラン
【食べログ】奄美市名瀬永田町のお店、レストラン
【食べログ】奄美市名瀬入舟町のお店、レストラン
【食べログ】奄美市名瀬金久町のお店、レストラン
HOT PEPPER グルメ HOT PEPPER グルメ上のキーワード「奄美市名瀬伊津部町」のgoogle検索結果
HOT PEPPER グルメ上のキーワード「奄美市名瀬末広町」のgoogle検索結果
HOT PEPPER グルメ上のキーワード「奄美市名瀬港町」のgoogle検索結果
HOT PEPPER グルメ上のキーワード「奄美市名瀬幸町」のgoogle検索結果
HOT PEPPER グルメ上のキーワード「奄美市名瀬永田町」のgoogle検索結果
HOT PEPPER グルメ上のキーワード「奄美市名瀬入舟町」のgoogle検索結果
HOT PEPPER グルメ上のキーワード「奄美市名瀬金久町」のgoogle検索結果



奄美市名瀬市地域の内の目次
なぜまち(中心街(中心市街地)) 「なぜまち」の南の山・丘陵
「なぜまち」の北西&西側の郊外のスポット 「なぜまち」の北東&東側の郊外のスポット
「なぜまち」の南側の郊外のスポット   
旧名瀬市地域の先頭(トップ)
当画面(当ページ)の先頭(トップ)


「なぜまち」の南の山・丘陵
奄美市名瀬市地域中心街中心市街地)「なぜまち」のすぐ近くの南の山・丘陵)
→   名瀬市紹介欄の先頭(トップ)へ(戻る)


おがみ山公園【楽天トラベル・たびノート】おがみ山公園
(奄美市名瀬エリア。リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、おがみ山公園の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬永田町、Tel.:0997-52-1111(奄美市紬観光課)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」の中で、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でもおがみ山公園,  おがみ山公園展望所として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+おがみ山公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでもおがみ山公園,  おがみ山公園展望所として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+おがみ山公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、おがみ山公園については、キーワード「奄美市+おがみ山公園」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

観音堂跡地伊津部観音堂跡名瀬伊津部観音堂跡曹洞宗補陀山観音寺跡(名瀬伊津部)(廃寺)観音堂跡地の場所(恐らくはこの辺り(地図(名瀬井根町12)地図(名瀬井根町13))と思量)
(リンク先は、跡地の案内掲示板所在地の正確な場所を明記した地図を2018年3月現在見つけられなかったため、麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.188掲載地図に基づく推定場所についての、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬井根町12,もしくは同市名瀬井根町13、Tel.:0997-54-1210(奄美市文化財課)?。鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所)でも文化財・史跡案内の中で(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「観音堂跡地」のgoogle検索結果でお探し下さい)、電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄で、海圓寺公式WEBサイトでも与論島の仏教事情の中で、沖縄・琉球弧ヲ想フでも2016.05.25 奄美・加計呂麻へ、再び 17 〜赤木名観音堂の碑(里)の中で、yama42のブログでも赤木名観音堂のミステリーとして、machi-iroでも大熊龍王神社として紹介されています。この他、観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部)については、キーワード「龍郷町+」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡は、江戸時代にあった寺院の跡地であり、海圓寺公式WEBサイト ・ 与論島の仏教事情,ならびに沖縄・琉球弧ヲ想フ ・ 2016.05.25 奄美・加計呂麻へ、再び 17 〜赤木名観音堂の碑(里)によれば、その宗派は曹洞宗で寺院名は補陀山観音寺であり、薩摩国 鹿児島郡 鹿児島(現・鹿児島県 鹿児島市鹿児島市地域)の福昌寺廃寺。後に移転再興)の末寺であったとの由です。鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内によれば(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「観音堂跡地」のgoogle検索結果でお探し下さい)、観音堂曹洞宗・補陀山観音寺は、江戸時代の半ば頃までは、当時、薩摩藩大島代官所(大島仮屋)があった薩摩藩直轄領 奄美大島 笠利 間切 赤木名方 赤木名村(現・鹿児島県 奄美市笠利町地域赤木名地区(現在の住所では、笠利町大字里(この辺り(地図))、笠利町大字外金久(この辺り(地図))、笠利町大字中金久(この辺り(地図))の3集落))にあったとの由です(大島代官所(大島仮屋)大島代官所跡(赤木名)大島仮屋跡(赤木名),  大島仮屋屋敷跡(赤木名)観音堂曹洞宗・補陀山観音寺赤木名観音堂跡補陀山観音寺跡(赤木名))。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.65-66の「大熊集落」欄によれば、江戸時代の途中で一時期、大島代官所(大島仮屋)奄美大島 笠利 間切 赤木名方 赤木名村奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 大熊村(現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の町名「名瀬大字大熊(この辺り(地図))」,「名瀬大熊町(この辺り(地図))」,「名瀬鳩浜町(この辺り(地図))」,「名瀬朝日町(この辺り(地図))」)との間で交互に移転を繰り返した時期があるとの由であり、それに伴って観音堂曹洞宗・補陀山観音寺も移転を繰り返していたと伝えられるとの由ですが、鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内によれば(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「観音堂跡地」のgoogle検索結果でお探し下さい)、寛政13年(1801年)初頭時点には奄美大島 笠利 間切 赤木名方 赤木名村にあったとの由です。なお、奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 大熊村における大島代官所(大島仮屋)観音堂曹洞宗・補陀山観音寺のかつての所在地の場所は、2018年3月時点当ホームページ管理人が入手可能な情報源からは分かりませんでしたが、大熊コンシェルジェ ・ 島津藩政時代と大熊によれば50年前(同ブログ日記記事執筆年が2012年ですので、そこから50年を差し引けば1962年頃と思量)には「仮屋屋敷跡・観音堂」の地名が残っていたとの由ですので、当ホームページ管理人2018年3月時点までに入手した情報の範囲では分からなかっただけの話であり、当該情報がこの世から完全に消滅した訳ではありませんく。少なくとも大熊コンシェルジェブログ管理人お手元の情報源では、当該情報が分かり得る模様です(同ブログ日記記事には、該当する情報が載っている地図の写真も掲載されていましたが、画像精度の制約等の事情のため、読み取れませんでした)。
  鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内によれば(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「観音堂跡地」のgoogle検索結果でお探し下さい)、江戸時代の寛政13年(1801年)に
大島代官所(大島仮屋)薩摩藩直轄領 奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 伊津部村(いつぶむら)(実際には名瀬 間切 名瀬方 金久村,現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の中心部「なぜまち」西側で、所在地の具体的な今日の町名は名瀬矢之脇町(大島代官所(名瀬伊津部)大島仮屋(名瀬伊津部))に移転した際には観音堂曹洞宗・補陀山観音寺をすぐには移できず、19年後の文政2年(1819年)にようやく薩摩藩直轄領 奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 伊津部村(いつぶむら)(実際には名瀬 間切 名瀬方 金久村,現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の中心部「なぜまち」西側で、所在地の具体的な今日の町名は名瀬井根町(観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部))に移転したとの由です。yama42のブログ ・ 赤木名観音堂のミステリー掲載の観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部)跡地の案内掲示板記載内容によれば、観音堂曹洞宗・補陀山観音寺の移転が大島代官所(大島仮屋)の移転よりも19年間も遅れた理由は、移転元の赤木名村の住民の反対に遭い、説得するために何回か交渉を行う必要があったからであるとの由です。
  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄によれば、
観音堂伊津部観音堂,  名瀬伊津部観音堂,  補陀山観音寺(名瀬伊津部)は、残念ながら慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で廃寺になり、その代わりに、明治2年(1869年)6月に高千穂神社が建立(こんりゅう)されたとの由です。同情報源、ならびに鹿児島県神社庁ホームページ ・ 高千穗神社によれば、高千穂神社は当初は現在地(鹿児島県奄美市名瀬井根町19-1(地図))とは異なる場所「金久・矢之脇」にあり、明治21年(1888年)1月に近隣の高千穂神社五社(赤木名方外金久・笠利方手花部・瀬名方浦・龍郷方龍郷・古見方小湊)及び八幡神社を合祀した上で、現在地に遷座されたとの由です。麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.188掲載地図、ならびにRSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログ画面(ページ)上の「11/03/11--04:02: 【鴉(17)】」欄によれば、高千穂神社のこの旧所在地は、鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町18のやのわき公園矢之脇公園地図))が跡地であるとの由です。この場所は、今日の住所で鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町の大島代官所跡(名瀬伊津部)大島仮屋跡(名瀬伊津部)の近くにあり、また、鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町23-11の稲荷神社の近くでもあります。
  鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「観音堂跡地」のgoogle検索結果でお探し下さい),ならびにmachi-iro ・ 大熊龍王神社によれば、
観音堂曹洞宗・補陀山観音寺が廃寺になった後、そこにあった観音坐像と弁財天坐像は、今日では鹿児島県奄美市名瀬大字大熊の大熊龍王神社大熊観音堂の御神体になっているとの由です。ということは、観音堂伊津部観音堂,  名瀬伊津部観音堂,  補陀山観音寺(名瀬伊津部)廃仏毀釈で廃寺になった後も運良く仏像は残り、それが今日では離れた場所の「神社の御神体」として祀られていることになります。同情報源によれば、この2体の(元・仏像の)ご神体は、平成10年9月に市指定文化財となったとの由です。
  鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「観音堂跡地」のgoogle検索結果でお探し下さい),ならびにふるふる奄美(3)(PDF版)pp.61-62の名瀬金久地区」欄によれば、廃寺になったため、2018年3月現在
観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部)には寺院建築は無く更地になっていますが、跡地に跡地の案内掲示板があるとの由です。この観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部)は、今日の永田墓地の中にあるとの由です。
  
高千穂神社観音堂関連の神社・寺院跡地は、以下のとおりです。
→   ○   (当画面内の)高千穂神社紹介欄  (奄美市旧名瀬市地域)
○   (当画面内の)赤木名観音堂跡紹介欄補陀山観音寺跡(赤木名)  (奄美市旧笠利町地域)
○   (当画面内の)観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部)紹介欄へ  (奄美市旧名瀬市地域)
○   (当画面内の)大熊龍王神社大熊観音堂紹介欄へ  (奄美市旧名瀬市地域)



高千穂神社高千穂神社公式ブログ「高千穂の杜便り」,  「高千穂の杜便り」旧URL版
リンク先URLは2018年2月現在高千穗神社公式Facebookページもあります。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、高千穂神社の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬井根町19-1、Tel.:0997-52-1345。所属団体公式WEBサイトとしてはこの他、鹿児島県神社庁ホームページでも高千穗神社として紹介されています。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」の中で、Yahoo! ロコでも高千穂神社として、goo ・ タウンページでも高千穂神社として、iタウンページでも高千穂神社として、奄美まるごと情報局でも高千穂神社として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、奄美まるごと情報局ホームページ上のキーワード「奄美市+高千穂神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、あまみ便り(奄美大島なんでもガイド。観光ネットワーク奄美)でもFon解説)Wi-Fiスポットに関して「WE(WiFi Everywhere) in AMAMI(奄美市公衆無線LAN) > 高千穂神社」として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、あまみ便りホームページ上のキーワード「奄美市+高千穂神社」のgoogle検索結果でお探し下さい。Fon解説)Wi-Fiスポットに関しては、【googleマップ】FON設置にがんばる街まっぷでも設置場所について調べることができます。)、鹿児島市観光サイト よかとこ かごんまナビでも高千穂神社六月灯(タカチホジンジャロクガツドウ)として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、よかとこ かごんまナビ上のキーワード「奄美市+高千穂神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、Online Instagram解説) Posts Viewer「ingr.club」では高千穗神社ー奄美市鎮座として紹介されています。その他、高千穂神社については、キーワード「奄美市+高千穂神社」のgoogle検索結果でもお探しいただけます。
  
高千穂神社は、後述する経緯から分かるとおり、鹿児島県 奄美市名瀬市地域だけにとどまらず、奄美大島全体を代表する神社と言える神社であろうと思う神社であり、そう思う傍証として、鹿児島県神社庁ホームページ ・ 高千穗神社によれば、高千穂神社旧社格は県社です。同情報源によれば、高千穂神社の御祭神は瓊瓊杵尊(ニニギノニコト),  彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト),  応神天皇(オウジンテンノウ)の3柱であるとの由です。この高千穂神社は、鹿児島県にある「高千穂」の名称の神社であるため、鹿児島県 霧島市宮崎県 都城市との県境にある天孫降臨伝説の霊峰・ 高千穂峰の山岳信仰である、鹿児島県 霧島市霧島神宮等の霧島六社権現系統の神社なのであろうと推測します。ただし、霧島神宮公式WEBサイト ・ 御由緒によれば、上述した高千穂神社の御祭神の内、瓊瓊杵尊,  彦火火出見尊の2柱は霧島神宮の御祭神7柱にも含まれている神様ですが、応神天皇霧島神宮の御祭神の中には含まれていません。応神天皇八幡信仰の神様であり、鹿児島県神社庁ホームページ ・ 高千穗神社によれば、高千穂神社が明治21年(1888年)1月に合祀した近隣の神社の中に「八幡神社」が含まれていますので、高千穂神社の御祭神の中に応神天皇が含まれている理由ならびに経緯は、この合祀された「八幡神社」に由来するものであろうと、推測します。
  江戸時代には
高千穂神社は無く、電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄によれば、代わりに、今日の高千穂神社とは少し離れた場所である薩摩藩直轄領 奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 伊津部村(いつぶむら)(実際には名瀬 間切 名瀬方 金久村,現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の中心部「なぜまち」西側で、所在地の具体的な今日の町名は名瀬井根町)に、仏教寺院の観音堂伊津部観音堂,  名瀬伊津部観音堂があったとの由です。海圓寺公式WEBサイト ・ 与論島の仏教事情,ならびに沖縄・琉球弧ヲ想フ ・ 2016.05.25 奄美・加計呂麻へ、再び 17 〜赤木名観音堂の碑(里)によれば、その宗派は曹洞宗で寺院名は補陀山観音寺であり、薩摩国 鹿児島郡 鹿児島(現・鹿児島県 鹿児島市鹿児島市地域)の福昌寺廃寺。後に移転再興)の末寺であったとの由です。詳しくは当画面(当ページ)内の観音堂伊津部観音堂,  名瀬伊津部観音堂,  補陀山観音寺(名瀬伊津部)紹介欄で解説したとおり、観音堂伊津部観音堂,  名瀬伊津部観音堂,  補陀山観音寺(名瀬伊津部)は移転を繰り返しましたが、幕末 ・ 明治維新期には、上述したとおり名瀬 間切 名瀬方 伊津部村(いつぶむら)(実際には名瀬 間切 名瀬方 金久村,現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の中心部「なぜまち」西側で、所在地の具体的な今日の町名は名瀬井根町)に移っていたとの由です。ところが、電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄によれば、観音堂伊津部観音堂,  名瀬伊津部観音堂,  補陀山観音寺(名瀬伊津部)は、残念ながら慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で廃寺になってしまったとの由です。
→   (当画面内の)観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部)紹介欄へ

  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄によれば、観音堂伊津部観音堂,  名瀬伊津部観音堂,  補陀山観音寺(名瀬伊津部)が廃寺になった代わりに、明治2年(1869年)6月に高千穂神社が建立(こんりゅう)されたとの由です。同情報源、ならびに鹿児島県神社庁ホームページ ・ 高千穗神社によれば、高千穂神社は当初は現在地(鹿児島県奄美市名瀬井根町19-1(地図))とは異なる場所「金久・矢之脇」にあり、明治21年(1888年)1月に近隣の高千穂神社五社(赤木名方外金久・笠利方手花部・瀬名方浦・龍郷方龍郷・古見方小湊)及び八幡神社を合祀した上で、現在地に遷座されたとの由です。麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.188掲載地図、ならびにRSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログ画面(ページ)上の「11/03/11--04:02: 【鴉(17)】」欄によれば、高千穂神社のこの旧所在地は、鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町18のやのわき公園矢之脇公園地図))が跡地であるとの由です。この場所は、今日の住所で鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町にあった、当時の大島代官所(名瀬伊津部)大島仮屋(名瀬伊津部)の近くにあり、また、鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町23-11の稲荷神社の近くでもあります。今日のやのわき公園矢之脇公園地図))にあった時期の高千穂神社旧社格は村社であったとの由です。
  鹿児島県神社庁ホームページ ・ 高千穗神社によれば、全堕落で上述したとおり明治21年(1888年)1月に現所在地に遷座された後、昭和5年(1930年)2月に丸田兼義翁のご尽力により瓦葺きの本殿・拝殿に建て替えられたとの由であり、今日に残る神明形式の鳥居や「勾玉の池」の池も、その時の奉仕作業でできたものであるとの由です。同情報源によれば、昭和10年(1935年)5月に、旧社格が県社に昇格したとの由です。さらに、同情報源によれば、
高千穂神社の現在の社殿・幣殿・拝殿は、平成11年(1999年)8月に、国の氏子・崇敬者のご奉賛によって落成したものであるとの由です。
  鹿児島県神社庁ホームページ ・ 高千穗神社によれば、
高千穂神社六月灯(旧暦の6月(現在は7月)に、旧薩摩藩領(現・宮崎県の一部(都城市等) + 鹿児島県)で行われるお祭り)は、7月の最終土曜日・日曜日であるとの由です。
  (当画面内の)
蘭館山らんかん山)(らんかん公園,  秋葉神社跡,  くれないの塔紹介欄,  高千穂神社紹介欄,  稲荷神社紹介欄,  弁天山厳島神社(名瀬),  ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬)しゅばま遺跡),  金久塩浜))紹介欄で解説したとおり、麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.154掲載の明治18年(1885年)の名瀬市街地の地図,ならびに電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄によれば、明治21年(1888年)1月の高千穂神社の遷座以前の時期、例えば明治18年(1885年)等には、今日の鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には、大物主(神社;後の秋葉神社,  高千穂神社旧所在地現・やのわき公園矢之脇公園地図))),  稲荷神社,  厳島社(後の厳島神社(名瀬)の4つの神社があったことになります。奄美の歴史入門 奄美子たちに贈るp.180の掲載の昭和7年(1932年)の名瀬市街地の地図によれば、明治21年(1888年)1月の高千穂神社の遷座以後の時期、例えば昭和7年(1932年)には、今日の鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には、秋葉神社,  稲荷神社,  弁天神社(後の厳島神社(名瀬)の3社があり、『同書』p.188掲載の昭和27年(1952年)の名瀬市街地の地図によれば、この3社は名前が変わったりしながらも残っていて、秋葉神社,  稲荷神社,  厳島神社(名瀬)であった旨が分かります。今日(平成30年(2018年)3月)では、秋葉神社が消滅して鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には稲荷神社,  厳島神社(名瀬)の2社だけが残っており、かつ厳島神社(名瀬)は辿り着ける状況ではない旨の情報に鑑(かんが)みれば、2018年3月現在、参拝可能な残っている神社は稲荷神社の1社だけになっているとの由です。
→   ○   (当画面内の)蘭館山らんかん山)(らんかん公園,  秋葉神社跡,  くれないの塔紹介欄へ
○   (当画面内の)高千穂神社紹介欄
○   (当画面内の)稲荷神社紹介欄
○   (当画面内の)弁天山厳島神社(名瀬),  ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬)しゅばま遺跡),  金久塩浜))紹介欄

  高千穂神社観音堂関連の神社・寺院跡地は、以下のとおりです。
→   ○   (当画面内の)高千穂神社紹介欄  (奄美市旧名瀬市地域)
○   (当画面内の)赤木名観音堂跡紹介欄補陀山観音寺跡(赤木名)  (奄美市旧笠利町地域)
○   (当画面内の)観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部)紹介欄へ  (奄美市旧名瀬市地域)
○   (当画面内の)大熊龍王神社大熊観音堂紹介欄へ  (奄美市旧名瀬市地域)



奄美市名瀬市地域の内の目次
なぜまち(中心街(中心市街地)) 「なぜまち」の南の山・丘陵
「なぜまち」の北西&西側の郊外のスポット 「なぜまち」の北東&東側の郊外のスポット
「なぜまち」の南側の郊外のスポット   
旧名瀬市地域の先頭(トップ)
当画面(当ページ)の先頭(トップ)


「なぜまち」の北西&西側の郊外のスポット
奄美市名瀬市地域中心街中心市街地)「なぜまち」の北西&西側のスポット)
→   名瀬市紹介欄の先頭(トップ)へ(戻る)


金久白糖製造工場跡白糖工場跡地):金久白糖製造工場跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬町大字金久(鹿児島県奄美市名瀬入舟町7番8号)、Tel.:0997-54-1210(奄美市文化財課)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「金久地区」欄で、鹿児島県観光サイト「どんどんかごしまの旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも金久白糖製造工場跡として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「どんどんかごしまの旅」ホームページ上のキーワード「奄美市+金久白糖製造工場」のgoogle検索結果でお探し下さい)、銘酒日本地図でも『黒糖焼酎 龍宮』 鹿児島の銘酒の中で紹介されています。この他、金久白糖製造工場跡白糖工場跡地については、キーワード「奄美市+白糖製造工場」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.81によれば、江戸時代 ・ 幕末薩摩藩では、当時の大阪市では白糖の方が黒糖よりも価格が高かったため、奄美大島に4か所、外国人技師を呼んで白糖の製造工場を作ったとの由です。しかし、黄ばんだ砂糖しか作れず、燃料となる木材が入手できないことや台風の影響もあり、白糖製造工場は残念ながら操業停止せざるを得なかったとの由です。この
金久白糖製造工場跡白糖工場跡地は、その4工場跡地の中の1つです。
  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄等によれば、
金久白糖製造工場に関わった英国人技師達の住居が工場の背後の山にあったとの由であり、このため、この山は今日、蘭館山らんかん山と呼ばれているとの由です。RSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログの「11/02/11--03:57: 【鴉(16)】」欄,ならびにわきゃしま大好き ・ くれないの塔によれば、英国人なのに「蘭」、即ちオランダ人と呼ばれている理由は、当時(江戸時代)は、西洋人を全て「おらんだ人」と呼んでいたためであるとの由です。
→   (当画面内の)蘭館山らんかん山)(らんかん公園,  秋葉神社跡,  くれないの塔紹介欄へ

  奄美の歴史入門 奄美子たちに贈るp.81によれば、金久白糖製造工場跡白糖工場跡地は一時期、三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が買い取って日本郵船(株)解説)の土地にして、一時期は沖縄県,  台湾との間の海運交易に利用していたとの由です。銘酒日本地図 ・ 『黒糖焼酎 龍宮』 鹿児島の銘酒によれば、2018年3月現在金久白糖製造工場跡白糖工場跡地は、今日の奄美黒糖焼酎の蔵元・(有)富田酒造場所在地になっているとの由です。
  なお、
(有)富田酒造場は、龍宮の銘柄の奄美黒糖焼酎を製造している蔵元です。黒糖焼酎「龍宮」は、楽天市場で、お買い求めいただくことができます。
→   【楽天市場】黒糖焼酎「龍宮」の検索結果

  なお、奄美群島黒糖産業の歴史について詳しくは、当画面内の開饒神社(詳細内容編)で、ご参照いただけます。
→   (当画面内の)開饒神社(詳細内容編)紹介欄



蘭館山らんかん山)(らんかん公園秋葉神社跡(神社跡地)くれないの塔):蘭館山の場所,  秋葉神社跡の場所(恐らくこの辺り),  くれないの塔の場所
(リンク先は、秋葉神社跡については麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.180の掲載の昭和7年(1932年)の名瀬市街地の地図,ならびに『同書』p.188掲載の昭和27年(1952年)の名瀬市街地の地図に基づき、くれないの塔についてはgoogleマップ ・ 【googleマップ】くれないの塔の記号が付されている場所に基づく、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。蘭館山らんかん山)については、電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄で、秋葉神社跡については、RSSING.COMでもアンダーカレント 〜高良俊礼のブログの中で、蘭館山らんかん山,  らんかん公園,ならびにくれないの塔については、奄美まるごと情報局でもらんかん公園として、等高線の狭間からでも蘭館山として、RSSING.COMでもアンダーカレント 〜高良俊礼のブログの中で、わきゃしま大好きでもくれないの塔として、*ALWAYS memoir*でも「くれないの塔」で慰霊として、自衛隊の災害派遣について知ることのできるページでも(1962)災害派遣中のP2V墜落事故(奄美大島名瀬)として、災害派遣について知ることのできるページblog版でもくれないの塔-昭和37年奄美大島におけるP2V4628号機墜落事の故慰霊塔-として紹介されています。この他、蘭館山らんかん山についてはキーワード「名瀬矢之脇町+蘭館山」のgoogle検索結果,  キーワード「名瀬矢之脇町+らんかん山」のgoogle検索結果で、らんかん公園についてはキーワード「名瀬+らんかん公園」のgoogle検索結果で、秋葉神社跡についてはキーワード「名瀬矢之脇町+秋葉神社」のgoogle検索結果で、くれないの塔については、キーワード「名瀬矢之脇町+蘭館山」のgoogle検索結果,  キーワード「蘭館山+くれないの塔」のgoogle検索結果等で、お探しいただけます。
  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄等によれば、
蘭館山らんかん山は、金久白糖製造工場跡白糖工場跡地の白糖製造工場に関わった英国人技師達の住居があったために「蘭館山」と呼ばれるようになった山であるとの由です。RSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログの「11/02/11--03:57: 【鴉(16)】」欄,ならびにわきゃしま大好き ・ くれないの塔によれば、英国人なのに「蘭」、即ちオランダ人と呼ばれている理由は、当時(江戸時代)は、西洋人を全て「おらんだ人」と呼んでいたためであるとの由です。奄美の歴史入門 奄美子たちに贈るp.154掲載の明治18年(1885年)の名瀬市街地の地図には、蘭館山製糖異人館跡が載っていますので、明治18年(1885年)時点では、どこが製糖異人館跡であるかがまだ人々に知られていたことが分かります。しかし、時間の流れと共にその情報は忘れられた模様であり、RSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログの「11/04/11--04:03: 【鴉(18)】」欄によれば、同ブログ日記記事が書かれた平成23年(2011年)の時点では蘭館山らんかん山山中で、恐らくは異人館があったであろうと推測可能な広場には、偉人館跡らしき面影は残っていない」状況になっているとの由であり、奄美まるごと情報局 ・ らんかん公園には「どこにその住居(即ち、製糖異人館跡)と工場(即ち、金久白糖製造工場跡白糖工場跡地)があったのかは不明である」旨の情報が載っています。ただし、電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄には金久白糖製造工場跡白糖工場跡地の場所が載っていますので、工場については場所が分からない旨は誤報である可能性があり得ますが、もしもこの情報が「工場用地の敷地の話ではなく、具体的にどの建物がどこに建っていたのかについて分からない旨を述べている」場合にはそのとおりである可能性があり、したがって、同情報を軽々に誤報であると決めつけてはいけないことになるであろうとも、思います。
  なお、RSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログの「11/03/11--04:02: 【鴉(17)】」欄,ならびに「11/05/11--04:05: 【鴉(19)】」欄によれば、
蘭館山は、金久白糖製造工場白糖工場の英国人技師達の内、建築家のオートロス(トーマス・ウォートロス(Thomas James Waters))、技師のマッキンタイラーの2名の名前だけが明らかになっているとの由であり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ トーマス・ウォートルスによれば、オートロス(トーマス・ウォートロス(Thomas James Waters))は、大阪府 大阪市北区天満橋1-1の造幣寮応接所(現・泉布観)地図等の設計に携わった人物であるとの由です。
  奄美まるごと情報局 ・ らんかん公園,ならびに等高線の狭間から ・ 蘭館山によれば、
蘭館山らんかん山は、らんかん公園という公園になっているとの由です。情報源によれば、蘭館山らんかん山の登山口は、奄美黒糖焼酎の蔵元・(有)富田酒造場の脇地図であるとの由です。詳しくは当画面(当ページ)の金久白糖製造工場跡白糖工場跡地紹介欄で解説したとおり、(有)富田酒造場は、金久白糖製造工場跡白糖工場跡地です。
→   (当画面内の)金久白糖製造工場跡白糖工場跡地紹介欄へ

  RSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログの「11/02/11--03:57: 【鴉(16)】」欄によれば、蘭館山らんかん山にはかつて、秋葉神社という名前の神社があったとの由です。同情報源、ならびに奄美の歴史入門 奄美子たちに贈るp.154掲載の明治18年(1885年)の名瀬市街地の地図によれば、明治18年(1885年)の時点では秋葉神社の場所は大物主と書かれており、当時は大物主を祀る神社であったことが分かります。『同書』p.180の掲載の昭和7年(1932年)の名瀬市街地の地図,ならびに『同書』p.188掲載の昭和27年(1952年)の名瀬市街地の地図にはこの神社は秋葉神社の名前で載っていますので、明治18年(1885年)〜昭和7年(1932年)の間のいずれかの時期に、この神社が、大物主を祀る神社から秋葉権現を祀る秋葉神社系の神社に御祭神が交代したことと、昭和27年(1952年)時点では、まだ秋葉神社が存続していたこととが、分かります。2018年3月現在秋葉神社は現存していませんので、昭和27年(1952年)〜今日(平成30年(2018年))のいずれかの時期に、秋葉神社は消滅したことになります。RSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログの「11/04/11--04:03: 【鴉(18)】」欄の記載内容ならびに掲載写真によれば、蘭館山らんかん山に登って着く最初の広場に警察関係の慰霊碑が3塔あり、その背後の藪の中に朱塗りの石造りの祠(ほこら)があるとの由です。同ブログ管理人の方は、かつてはこの広場に、秋葉権現を祀る秋葉神社の本殿があり、この祠(ほこら)は、大物主を祀る(即ち、摂末社)であったのではないかと、推測しておられます。
  (当画面内の)
蘭館山らんかん山)(らんかん公園,  秋葉神社跡,  くれないの塔紹介欄,  高千穂神社紹介欄,  稲荷神社紹介欄,  弁天山厳島神社(名瀬),  ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬)しゅばま遺跡),  金久塩浜))紹介欄で解説したとおり、麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.154掲載の明治18年(1885年)の名瀬市街地の地図,ならびに電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄によれば、明治21年(1888年)1月の高千穂神社の遷座以前の時期、例えば明治18年(1885年)等には、今日の鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には、大物主(神社;後の秋葉神社,  高千穂神社旧所在地現・やのわき公園矢之脇公園地図))),  稲荷神社,  厳島社(後の厳島神社(名瀬)の4つの神社があったことになります。奄美の歴史入門 奄美子たちに贈るp.180の掲載の昭和7年(1932年)の名瀬市街地の地図によれば、明治21年(1888年)1月の高千穂神社の遷座以後の時期、例えば昭和7年(1932年)には、今日の鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には、秋葉神社,  稲荷神社,  弁天神社(後の厳島神社(名瀬)の3社があり、『同書』p.188掲載の昭和27年(1952年)の名瀬市街地の地図によれば、この3社は名前が変わったりしながらも残っていて、秋葉神社,  稲荷神社,  厳島神社(名瀬)であった旨が分かります。今日(平成30年(2018年)3月)では、秋葉神社が消滅して鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には稲荷神社,  厳島神社(名瀬)の2社だけが残っており、かつ厳島神社(名瀬)は辿り着ける状況ではない旨の情報に鑑(かんが)みれば、2018年3月現在、参拝可能な残っている神社は稲荷神社の1社だけになっているとの由です。
→   ○   (当画面内の)蘭館山らんかん山)(らんかん公園,  秋葉神社跡,  くれないの塔紹介欄へ
○   (当画面内の)高千穂神社紹介欄
○   (当画面内の)稲荷神社紹介欄
○   (当画面内の)弁天山厳島神社(名瀬),  ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬)しゅばま遺跡),  金久塩浜))紹介欄

  蘭館山らんかん山には、くれないの塔もあります。わきゃしま大好き ・ くれないの塔,  *ALWAYS memoir* ・ 「くれないの塔」で慰霊,ならびに災害派遣について知ることのできるページblog版 ・ くれないの塔-昭和37年奄美大島におけるP2V4628号機墜落事の故慰霊塔-によれば、くれないの塔とは、自衛隊機の航空機事故の尊い命の犠牲者を偲(しの)んで立てられた塔であるとの由です。上記各情報源によれば、この航空機事故は、昭和37年(1962年)9月3日、1人の女性救急患者の生命を救うために輸血用血液を空輸中の鹿児島県 鹿屋市(かのやし)鹿屋市地域海上自衛隊 鹿屋航空基地地図(恐らくは部隊は第1航空群と思量)所属のP2V 対潜哨戒機が、輸血用血液を名瀬港中央ふ頭に投下しるために低空で空中旋回しようとしていた時に、蘭館山らんかん山の立ち木に接触して墜落・炎上して、自衛隊員12人全員と市民1人の合計13人が死亡した事件であるとの由です。自衛隊の災害派遣について知ることのできるページ ・ (1962)災害派遣中のP2V墜落事故(奄美大島名瀬)によれば、蘭館山らんかん山がある名瀬市矢之脇町(現・奄美市名瀬矢之脇町)に破片が落下した結果、市民の犠牲は上述の死者1名の他に、重傷2名、軽症7名、約30世帯が全焼したとの由です。なお、同情報源によれば、輸血用血液を届けようとしていた理由は、(昭和37年(1962年)時点の住所は存じ上げませんが、)平成30年(2018年)3月時点の住所で鹿児島県奄美市名瀬真名津町18番1号の鹿児島県立大島病院解説,  地図で子宮外妊娠の女性(当時29歳)の手術中に550cc出血して貧血状態に陥ったためであるとの由であり、この女性の手術は実は地元高校生の献血により、P2V 対潜哨戒機の離陸によりも45分前に無事に終了していたとの由です(したがって、情報伝達がうまく行われていれば、起きずに済んだ事故であることになります)。*ALWAYS memoir* ・ 「くれないの塔」で慰霊によれば、奄美大島では常時の献血は行われておらず、今でも、事故があった9月3日をメモリアルデーとして、毎年この日に献血を行っているとの由です。自衛隊の災害派遣について知ることのできるページ ・ (1962)災害派遣中のP2V墜落事故(奄美大島名瀬)によれば、同ホームページ管理人の方が同ページ(画面)を書いたと思量可能な平成19年(2007年)頃の時点で、自衛隊の災害派遣史上最悪の事故であり、その時点までの自衛隊の災害派遣の殉職者の内、およそ1/4が、このP2V墜落事故によるものであるとの由です。人命救助のために出動した結果、一般人も含めて尊い命の犠牲者を出してしまったという極めて悲しい事件であり、くれないの塔は、この尊い犠牲を忘れてはならないという記念碑なのだと思います。)

大島代官所(名瀬伊津部)跡(大島仮屋(名瀬伊津部)跡)(寛政13年(1801年)〜幕末・明治維新期):跡地は、現・鹿児島地方検察庁名瀬支部の場所,  鹿児島地方裁判所名瀬支部・鹿児島家庭裁判所名瀬支部・名瀬簡易裁判所の場所,  鹿児島刑務所大島拘置支所の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。所在地は順に、住所:鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町1-2、Tel.:0997-52-0245,住所:鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町1-1、Tel.:0997-52-5141(代),住所:鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町21-1、Tel.:0997-52-0198。大島代官所跡(名瀬伊津部)大島仮屋跡(名瀬伊津部)の場所については、電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」の中で、長谷川雅康 『薩摩のものづくり研究 近代日本黎明期における薩摩藩集成館事業の諸技術とその位置付けに関する総合的研究』(平成16年度-平成17年度科学研究費補助金(特定領域研究(2))研究成果報告書,2006)p.130で、与論島クオリアでも「近代化への出発」1の中で紹介されています。この他、大島代官所(名瀬伊津部)大島仮屋(名瀬伊津部)については、キーワード「奄美市+代官所+伊津部」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+代官所+金久」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  ふるふる奄美(3)(PDF版)p.61、ならびに長谷川雅康『薩摩のものづくり研究 近代日本黎明期における薩摩藩集成館事業の諸技術とその位置付けに関する総合的研究』p.130で現在の裁判所がある場所に関する「それは
大島代官所の跡地であるとされる」という記載内容によれば、江戸時代薩摩藩の大島代官所(大島仮屋)が寛政13年(1801年)に名瀬(現・奄美市名瀬市地域中心街中心市街地なぜまち及びその周辺)に移って来た時の場所の跡地は、今日の鹿児島地方検察庁名瀬支部地図),  鹿児島地方裁判所名瀬支部鹿児島家庭裁判所名瀬支部名瀬簡易裁判所地図),  鹿児島刑務所大島拘置支所地図)がある辺りであったとの由です。ふるふる奄美(3)(PDF版)p.57,p.61等々、各種参考文献によれば、この大島代官所(名瀬伊津部)大島仮屋(名瀬伊津部)名瀬の中でも伊津部(いつぶ)に移って来た旨になっていますが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 奄美市の地名欄によれば、跡地とされる場所の今日の町名「名瀬矢之脇町」は、昭和32年(1957年)までの大字(おおあざ)では「伊津部,即ち江戸時代薩摩藩直轄領 奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 伊津部村(いつぶむら)(注)(この時期は令制国の範囲。明治12年(1879年)以降、鹿児島県(旧大隅国) 大島郡 伊津部村)」ではなく、「金久(かねく),即ち江戸時代薩摩藩直轄領 奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 金久村(注(再掲))(この時期は令制国の範囲。明治12年(1879年)以降、鹿児島県(旧大隅国) 大島郡 金久村)」に属している場所になります。鹿児島県奄美市公式ホームページ ・ 史跡赤木名城跡保存管理計画書 ・ 史跡赤木名城跡保存管理計画書付編(PDF版).79にある注釈欄孫引きの『大島代官記』には(リンク先URLは2018年2月現在。もしも将来リンク切れになったら、奄美市公式ホームページ上のキーワード「赤木名城」のgoogle検索結果でお探し下さい)、享和元年(1801年)の仮屋(大島仮屋,大島代官所)の移転に関して「是年仮屋名瀬間切伊津部ニ移ス」との記載内容が載っているとの由であり、多くの情報源で大島代官所(大島仮屋)の移転先が「伊津部」であるとされる根拠はこの文献史料によるものと推測しますが、上述のとおり跡地とされる場所は(伊津部ではなく)金久であるため、同情報源では仮屋(大島仮屋,大島代官所)の移転先について「名瀬間切名瀬方の伊津部村(金久村)」という表現が使われていますす。
  江戸時代薩摩藩直轄領 奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 伊津部村(いつぶむら)
大島代官所(名瀬伊津部)大島仮屋(名瀬伊津部)に移って来る以前、時期にもよりますが、薩摩藩の大島代官所は、薩摩藩直轄領 奄美大島 笠利 間切 赤木名方 赤木名村(現・鹿児島県 奄美市笠利町地域の赤木名地区(現在の住所では、笠利町大字里(この辺り(地図))、笠利町大字外金久(この辺り(地図))、笠利町大字中金久(この辺り(地図))の3集落))の大島代官所跡(赤木名)大島仮屋跡(赤木名),  大島仮屋屋敷跡(赤木名)や、江戸時代薩摩藩直轄領 奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 大熊村(現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の名瀬大熊町(この辺り(地図)),具体的な代官所跡の場所は存じ上げません)にあった時期がありました。
(注) 江戸時代間切の行政区分については、山の愚者の国際分析(仮) ・ 奄美大島の歴史的地域区分地図(間切、方),ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 間切を参照しました。

→   (当画面内の)大島代官所跡(赤木名)大島仮屋跡(赤木名),  大島仮屋屋敷跡(赤木名)紹介欄へ

  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡、古戦場等については、(当ホームページ内の)鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



稲荷神社稲荷神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町23-11、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄で、あまみ便りでも稲荷神社として、自然と伝統の島々 奄美群島でも名瀬の史跡等の中で紹介されています。この他、稲荷神社については、キーワード「奄美市名瀬矢之脇町+稲荷神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  ふるふる奄美(3)(PDF版)pp.61-62,ならびにあまみ便り ・ 稲荷神社によれば、明治(1868年1月25日〜1912年7月30日)初期に、大阪の呉服豪商「大阪屋」の南野幸太郎が現在の矢之脇町に住み、その祖母が、稲荷信仰に厚い人であったため、大阪からご神体をお供してきて、ここに
稲荷神社を安置したとの由です。ふるふる奄美(3)(PDF版)pp.61-62によれば、名瀬(奄美市名瀬市地域中心部)の商人たちにも稲荷神社は厚く信仰されていたとの由であり、あまみ便り ・ 稲荷神社によれば、特に明治後期の頃には、稲荷神社が料亭関係者達の信仰を集めたとの由です。
  あまみ便り ・ 稲荷神社によれば、大正(1912年7月30日〜1926年12月25日)か昭和(1926年12月25日〜1989年1月7日)初期辺りの時期に、
稲荷神社の御神体は高千穂神社に移されたそうであるとの由ですが、祠(ほこら)はまだ残っているとの由です。鹿児島県神社庁ホームページ ・ 高千穗神社に載っている、明治21年(1888年)1月に高千穂神社に合祀された神社の中に稲荷神社は含まれていませんし、この明治21年(1888年)1月は、上述の御神体移設時期「大正か昭和初期」よりも前のことになります。したがって、御神体を移したとは申せ、合祀された訳では無い可能性が高いものと考えます。このことが、御神体を移したとは申せ、稲荷神社がまだ現存している理由なのではないかと推測します。傍証として、鹿児島県神社庁ホームページ ・ 高千穗神社によれば、今日(2018年3月現在)高千穂神社の御祭神の中に、稲荷信仰の神様・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)/倉稲魂命(うかのみたまのみこと)は、含まれていません。
  ただし、RSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログ画面(ページ)上の「11/01/11--03:58: 【鴉(15)】」欄では、
稲荷神社は「現在廃社」として載っていますので、上述の御神体移設時期「大正か昭和初期」に廃社になり、「合祀」扱いではなく、高千穂神社には摂末社として稲荷神社の祠(ほこら)が設けられた可能性も、否定はできません。もしもこの仮説モデルが史実どおりである場合には、この仮説モデルと、今日(2018年3月現在)稲荷神社が現存している旨とに併せて鑑(かんが)みれば、一旦廃社になった上で、後日(or 後年)、稲荷神社が再興されたことになります。なお、麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.180掲載の昭和7年(1932年)の名瀬市街地の地図にも、『同書』p.188掲載の昭和27年(1952年)の名瀬市街地の地図にも稲荷神社が載っていますので、昭和7年(1932年)と昭和27年(1952年)にも稲荷神社が存在していた旨が分かります。稲荷神社は廃社にならずに残存し続けたために現存しているのか、それとも一旦は廃社になった上で再興されたのか、そのいずれであるのかは存じ上げませんが、上述したとおり、今日(2018年3月現在)でも祠(ほこら)として稲荷神社は存続しているとの由です。
  (当画面内の)
蘭館山らんかん山)(らんかん公園,  秋葉神社跡,  くれないの塔紹介欄,  高千穂神社紹介欄,  稲荷神社紹介欄,  弁天山厳島神社(名瀬),  ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬)しゅばま遺跡),  金久塩浜))紹介欄で解説したとおり、麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.154掲載の明治18年(1885年)の名瀬市街地の地図,ならびに電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄によれば、明治21年(1888年)1月の高千穂神社の遷座以前の時期、例えば明治18年(1885年)等には、今日の鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には、大物主(神社;後の秋葉神社,  高千穂神社旧所在地現・やのわき公園矢之脇公園地図))),  稲荷神社,  厳島社(後の厳島神社(名瀬)の4つの神社があったことになります。奄美の歴史入門 奄美子たちに贈るp.180の掲載の昭和7年(1932年)の名瀬市街地の地図によれば、明治21年(1888年)1月の高千穂神社の遷座以後の時期、例えば昭和7年(1932年)には、今日の鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には、秋葉神社,  稲荷神社,  弁天神社(後の厳島神社(名瀬)の3社があり、『同書』p.188掲載の昭和27年(1952年)の名瀬市街地の地図によれば、この3社は名前が変わったりしながらも残っていて、秋葉神社,  稲荷神社,  厳島神社(名瀬)であった旨が分かります。今日(平成30年(2018年)3月)では、秋葉神社が消滅して鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には稲荷神社,  厳島神社(名瀬)の2社だけが残っており、かつ厳島神社(名瀬)は辿り着ける状況ではない旨の情報に鑑(かんが)みれば、2018年3月現在、参拝可能な残っている神社は稲荷神社の1社だけになっているとの由です。
→   ○   (当画面内の)蘭館山らんかん山)(らんかん公園,  秋葉神社跡,  くれないの塔紹介欄へ
○   (当画面内の)高千穂神社紹介欄
○   (当画面内の)稲荷神社紹介欄
○   (当画面内の)弁天山厳島神社(名瀬),  ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬)しゅばま遺跡),  金久塩浜))紹介欄



弁天山厳島神社(名瀬)ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬)(しゅばま遺跡)金久塩浜)):厳島神社(名瀬)の場所,ヤマトグスク(名瀬)(塩浜遺跡(名瀬),金久塩浜)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬名瀬矢之脇町2220、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。厳島神社(名瀬)についてはYahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも厳島神社として、日本神社でも厳島神社として、RSSING.COMでもアンダーカレント 〜高良俊礼のブログの中で、ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬),  金久塩浜についてはハイヌミカゼでも南西諸島グスクリストの中で紹介されています。この他、厳島神社(名瀬)については、キーワード「奄美市名瀬矢之脇町+厳島神社」のgoogle検索結果で、ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬),  金久塩浜についてはキーワード「名瀬+ヤマトグスク」のgoogle検索結果,  キーワード「名瀬+塩浜遺跡」のgoogle検索結果,  キーワード「名瀬+金久塩浜」のgoogle検索結果で、お探しいただけます。
  ハイヌミカゼ ・ 南西諸島グスクリストによれば、
厳島神社(名瀬)所在地は、ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬)しゅばま遺跡),  金久塩浜というグスク跡であるとの由です。なお、ヤマトグスク(名瀬)グスクの名称ですが、塩浜遺跡(名瀬)しゅばま遺跡,ならびに金久塩浜は、(グスクの名称ではなく、)遺跡の名称です。麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.188掲載の昭和27年(1952年)の名瀬市街地の地図、ならびにRSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログ画面(ページ)上の「11/02/11--03:57: 【鴉(16)】」欄によれば、厳島神社(名瀬)がある山は「弁天山」と呼ばれているとの由です。
  実は、
厳島神社(名瀬)は現存しているか否か、当ホームページ管理人には分かりません。ハイヌミカゼ ・ 南西諸島グスクリストには厳島神社(名瀬)高千穂神社に合祀された旨の情報が載っており、この情報が史実どおりであれば、厳島神社(名瀬)は廃社になっていることになります。また、RSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログ画面(ページ)上の「11/02/11--03:57: 【鴉(16)】」欄によれば、弁天山の厳島神社(名瀬)は、「あった。」という過去形で書かれており、「『ある』という現在形」では、ありません。これが、厳島神社(名瀬)2018年現在、廃社になっているかも知れない情報源になります。
  一方、ところが、2018年3月参照時時点で、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図でも(厳島神社(名瀬)の地図)、googleマップでも(厳島神社(名瀬)の地図)、
厳島神社(名瀬)は地図に載っており、地形図について地理院地図を参照しても、厳島神社(名瀬)がある場所には神社の地図記号が載っています(厳島神社(名瀬)所在地近傍の地形図)。また、2018年3月現在Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコにも厳島神社(名瀬)は載っています(リンク先(【Yahoo! ロコ】厳島神社))。さらに、鹿児島県神社庁ホームページ ・ 高千穗神社によれば、今日(2018年3月現在)高千穂神社の御祭神の中に(一般的な意味での)厳島神社の御祭神「市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)弁才天」は含まれておらず、同情報源によれば、高千穂神社が合祀した神社の中に「厳島神社」は含まれていません。これらの情報は、厳島神社(名瀬)が現存している可能性を示唆します。ハイヌミカゼ ・ 南西諸島グスクリストによれば、厳島神社(名瀬)に関して、「土砂崩れにより神社への道が塞がれていた(2011年8月時点)」旨の情報も載っていますので、もしかしたら、2011年8月より少し前の時点まで厳島神社(名瀬)が存続した上で、土砂崩れ災害によって辿り着くことができなくなり、正式な廃社の手続きを行った訳ではなく、誰もお参りに行けない状況のまま忘れられていたり、社殿が朽ち果てていったりしている可能性も、想定可能な仮説モデルの中の1モデルとして挙げることができます。
  このような事例は、他にもあります。鹿児島県 薩摩川内市(さつませんだいし)東郷町(とうごうちょう)地域
鶴ヶ岡城跡曲輪「国見城跡」にある、住所で申せば鹿児島県薩摩川内市東郷町斧淵9051の愛宕神社地図は、2018年3月現在鹿児島県神社庁ホームページでも愛宕神社として載っていますのでまだ「廃神社=神社跡」扱いはされていないことになりますし、地理院地図でも該当の場所に神社の地図記号が付いていますが、平成28年(2016年)11月当ホームページ管理人が訪れた時には、地元の方の話によれば数年前の台風で道が塞がれてしまったとの由であり、このため、実際に、参道の登山道が倒木や藪(やぶ)に覆われてもはや獣道(けものみち)でさえなく、さながら「自然に還る途中」のごとき状況でした。ふるさと薩摩川内 ・ 外城と麓(東郷)には、そのさらに以前の時点の愛宕神社地図の写真が載っていますが、この時点では、社殿は崩れかけているものの、参道の登山道は綺麗に整備されていました。かつては綺麗に整備されていた参道も、1度の台風で「自然に還る途中」のごとき状況と化してしまったことになります。
  話を
厳島神社(名瀬)に戻せば、その現状について、廃社、現存、「正式に廃社となった訳では無いが、お参りできない状況にあるまま消えつつある」、のいずれの仮説モデルが事実どおりであるかについて、2018年3月現在当ホームページ管理人は存じ上げません。なお、奄美の歴史入門 奄美子たちに贈るp.180掲載の昭和7年(1932年)の名瀬市街地の地図には厳島神社(名瀬)弁天神社の名称で、『同書』p.188掲載の昭和27年(1952年)の名瀬市街地の地図には厳島神社(名瀬)厳島神社の名称で載っていますので、昭和27年(1952年)の時点までの間は厳島神社(名瀬)は存在していた旨と、一時期は神社名が後世の呼称とは異なっていた旨が分かります。なお、名称から推測すれば、御祭神は、神社がどちらの名称であった場合でも同じ(即ち、「市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)弁才天」)だったであろうと、推測します。
  RSSING.COM ・ アンダーカレント 〜高良俊礼のブログの「11/02/11--03:57: 【鴉(16)】」欄によれば、
弁天山にはかつてお堂があり、その内側には経文がびっしりと書かれていたとの由です。この情報と、薩摩藩領では慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈が激しく厳しくて、藩主菩提寺も含めて一時期は鹿児島県では1寺も残さずに寺が全滅した歴史があった旨とに併せて鑑(かんが)みれば、厳島神社(名瀬)がある場所には、かつて江戸時代には寺があり、廃仏毀釈で廃寺になった後で、代わりに神社になった宗教施設が厳島神社(名瀬)である可能性も、想定可能と考えます。「江戸時代までの寺の所在地が、明治以降に神社に転じた」事例は鹿児島県には他にも存在し、例えば鹿児島市鹿児島市地域 松原神社(旧・曹洞宗 南林寺。ただし、南林寺は一旦は廃寺になった後、鹿児島市内の別の場所に松原山大中寺として移転再興されています),  平松神社(旧・曹洞宗 心岳寺),  南さつま市加世田市地域竹田神社(旧・曹洞宗 龍護山日新寺(じっしんじ)),  日置市伊集院町地域徳重神社(旧・曹洞宗 法智山妙円寺。ただし、妙円寺は一旦は廃寺になった後、近隣に移転再興されています)等の事例があります。
  (当画面内の)
蘭館山らんかん山)(らんかん公園,  秋葉神社跡,  くれないの塔紹介欄,  高千穂神社紹介欄,  稲荷神社紹介欄,  弁天山厳島神社(名瀬),  ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬)しゅばま遺跡),  金久塩浜))紹介欄で解説したとおり、麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.154掲載の明治18年(1885年)の名瀬市街地の地図,ならびに電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄によれば、明治21年(1888年)1月の高千穂神社の遷座以前の時期、例えば明治18年(1885年)等には、今日の鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には、大物主(神社;後の秋葉神社,  高千穂神社旧所在地現・やのわき公園矢之脇公園地図))),  稲荷神社,  厳島社(後の厳島神社(名瀬)の4つの神社があったことになります。奄美の歴史入門 奄美子たちに贈るp.180の掲載の昭和7年(1932年)の名瀬市街地の地図によれば、明治21年(1888年)1月の高千穂神社の遷座以後の時期、例えば昭和7年(1932年)には、今日の鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には、秋葉神社,  稲荷神社,  弁天神社(後の厳島神社(名瀬)の3社があり、『同書』p.188掲載の昭和27年(1952年)の名瀬市街地の地図によれば、この3社は名前が変わったりしながらも残っていて、秋葉神社,  稲荷神社,  厳島神社(名瀬)であった旨が分かります。今日(平成30年(2018年)3月)では、秋葉神社が消滅して鹿児島県奄美市名瀬矢之脇町には稲荷神社,  厳島神社(名瀬)の2社だけが残っており、かつ厳島神社(名瀬)は辿り着ける状況ではない旨の情報に鑑(かんが)みれば、2018年3月現在、参拝可能な残っている神社は稲荷神社の1社だけになっているとの由です。
→   ○   (当画面内の)蘭館山らんかん山)(らんかん公園,  秋葉神社跡,  くれないの塔紹介欄へ
○   (当画面内の)高千穂神社紹介欄
○   (当画面内の)稲荷神社紹介欄
○   (当画面内の)弁天山厳島神社(名瀬),  ヤマトグスク(名瀬)塩浜遺跡(名瀬)しゅばま遺跡),  金久塩浜))紹介欄

  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡、古戦場等については、(当ホームページ内の)鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄へ



奄美ポートタワーホテル奄美ポートタワーホテル公式WEBサイト
楽天トラベルでも【楽天トラベル】奄美ポートタワーホテル <奄美大島>として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、奄美ポートタワーホテルの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬塩浜町4-12、Tel.:0997-54-1111。この他、奄美ポートタワーホテルについては、キーワード「奄美市+奄美ポートタワーホテル」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

奄美大島名瀬港新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)地図
(地図については、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。場所:鹿児島県奄美市名瀬市地域。具体的な住所と電話番号については、当ホームページ内の新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)紹介欄,ならびに名瀬港佐大熊岸壁紹介欄ご参照。国土交通省 ・ 九州地方整備局 ・ 港湾空港部 ・ 鹿児島港湾・空港整備事務所でも名瀬港についてとして(リンク先URLは2015年8月現在)国土交通省 ・ 観光庁 ・ CRUISE PORT GUIDE OF JAPANでも名瀬港(九州エリア/鹿児島県)として(リンク先URLは2015年8月現在)鹿児島県ホームページ(鹿児島県庁公式WEBサイト)でもかごしま港めぐり(名瀬港)として(リンク先URLは2015年8月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県ホームページ上のキーワード「名瀬港」のgoogle検索結果でお探し下さい)、鹿児島県観光サイト「どんどん鹿児島の旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でもかごしま港めぐり(名瀬港)として(リンク先URLは2015年8月現在)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも名瀬港として紹介されています。
  
名瀬港は、奄美群島奄美大島を代表する港湾であり、鹿児島県 ・ 奄美市名瀬市地域にあります。2015年8月時点名瀬港の各岸壁ごとの航路と、その岸壁から名瀬市地域への路線バスについてのご案内は、当画面(当ページ)内の以下のリンク先でご参照いただけます。
→   ○   (当画面(当ページ)内の)新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)紹介欄
○   (当画面(当ページ)内の)名瀬港佐大熊岸壁紹介欄



奄美観光ハブセンター【楽天トラベル・たびノート】奄美観光ハブセンター
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、奄美観光ハブセンターの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬長浜町3-15、Tel.:0997-52-1505。(一社)あまみ大島観光物産連盟「のんびり奄美」でも奄美観光ハブセンターとして(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「のんびり奄美」上のキーワード「奄美市+奄美観光ハブセンター」のgoogle検索結果でお探し下さい)、奄美大島観光協会でも奄美観光ハブセンターとして(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、奄美大島観光協会公式WEBサイト上のキーワード「奄美市+奄美観光ハブセンター」のgoogle検索結果でお探し下さい)、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも奄美観光ハブセンターとして(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+奄美観光ハブセンター」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも奄美観光ハブセンターとして(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+奄美観光ハブセンター」のgoogle検索結果でお探し下さい)、奄美まるごと情報局でも奄美観光ハブセンターとして、紹介されています。この他、奄美観光ハブセンターについては、キーワード「奄美観光ハブセンター」のgoogle検索結果でお調べいただけます。)

マリンスポーツ奄美奄美大島ダイビングショップ【マリンスポーツ奄美】公式WEBサイト
マリンスポーツ奄美公式Facebookページ,  マリンスポーツ奄美公式ブログ「奄美大島のダイビング情報など」もあります。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、マリンスポーツ奄美の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬長浜町32-1、Tel.:0997-53-1245。奄美大島観光協会でもマリンスポーツ奄美として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、奄美大島観光協会公式WEBサイト上のキーワード「奄美市+マリンスポーツ奄美」のgoogle検索結果でお探し下さい)、奄美まるごと情報局でもマリンスポーツ奄美として紹介されています。この他、マリンスポーツ奄美については、キーワード「奄美市+マリンスポーツ奄美」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

ホテルビッグマリン奄美 & 郷土料理レストラン「あさばな」:ホテルビッグマリン奄美公式WEBサイト
ホテルビッグマリン奄美については、楽天トラベルでも【楽天トラベル】ホテルビッグマリン奄美 <奄美大島>として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、ホテルビッグマリン奄美の場所,  (ホテルビッグマリン奄美敷地内の)郷土料理レストラン「あさばな」の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬長浜町27-1、Tel.:0997-53-1321。この他、ホテルビッグマリン奄美については、キーワード「奄美市+ホテルビッグマリン奄美」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
郷土料理レストラン「あさばな」については、公式WEBサイトとしては、ホテルビッグマリン奄美公式WEBサイトでサブ画面(ページ)「お食事」の中で紹介されています(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、ホテルビッグマリン奄美公式WEBサイト上のキーワード「あさばな」のgoogle検索結果でお探し下さい)。あさばなについてはこの他、かごしまの食ウェブサイト(かごしまブランド推進本部(鹿児島県農政部農政課内))でもホテル ビッグマリン奄美 「郷土料理レストラン あさばな」として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、かごしまの食ウェブサイト上のキーワード「ビッグマリン奄美+あさばな」のgoogle検索結果でお探し下さい)、ぐるなびでも郷土料理レストラン あさばなとして、食べログでも郷土料理 あさばなとして、奄美まるごと情報局でも郷土料理レストラン「あさばな」として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも郷土料理レストランあさばなとして紹介されています。
  2018年3月現在
ホテルビッグマリン奄美には人工光明石温泉のお風呂があり、ご宿泊客の方はご利用いただけます。また、郷土料理レストラン「あさばな」はご宿泊客の方向けの朝食だけでなく、ランチや夕食は立ち寄りのレストランとしてご利用いただくことができ、このレストランの島料理(奄美料理)「鶏飯」のセットは、絶品で素晴らしいです。)

奄美市立奄美博物館【楽天トラベル・たびノート】奄美市立奄美博物館
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。公式WEBサイトとしては、鹿児島県奄美市公式ホームページ奄美市立奄美博物館として紹介されています(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、奄美市ホームページ上のキーワード「奄美市立奄美博物館」のgoogle検索結果でお探し下さい)。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、奄美市立奄美博物館の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬長浜町517番地、Tel.:0997-54-1210。
  2018年2月現在奄美大島の歴史関連の博物館には、鹿児島県 奄美市名瀬市地域
奄美市立奄美博物館,  奄美市笠利町地域奄美市歴史民俗資料館,  宇宿貝塚史跡公園うしゅくかいづかしせきこうえん,  鹿児島県 大島郡 龍郷町奄美・龍郷 島ミュージアム(龍郷町生涯学習センター「りゅうがく館」文化財展示室),  鹿児島県 大島郡 瀬戸内町瀬戸内町立図書館・郷土館等があります。
→   ○   (当画面内の)奄美市立奄美博物館紹介欄
○   (当画面内の)奄美市歴史民俗資料館紹介欄
○   (当画面内の)宇宿貝塚史跡公園紹介欄
○   (当画面内の)奄美・龍郷 島ミュージアム(龍郷町生涯学習センター「りゅうがく館」文化財展示室)紹介欄へ
○   (当画面内の)瀬戸内町立図書館・郷土館紹介欄



光明寺(奄美市)光明寺(奄美市)の場所  (真言宗
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬朝仁新町605-17、Tel.:0997-53-0179。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも光明寺として、goo ・ タウンページでも光明寺として、iタウンページでも光明寺として紹介されています。この他、光明寺(奄美市)については、キーワード「奄美市名瀬朝仁新町+光明寺」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  立神作造奄美大島における葬送祭祀儀礼の実践 : 宇検村平田(へだ)集落における共同納骨堂の共同性(『千葉大学人文公共学研究論集』vol.34,2017年3月30日,pp.138-152)p.142の注釈欄記載内容によれば、
光明寺(奄美市)真言宗の寺院であるとの由です。
  
光明寺(奄美市)は観光スポットではありませんが、奄美大島Iターン移住される方の内、仏教徒の方や、或いは、「葬式仏教山本七平提唱の用語『日本教』的に葬儀法要の際の家の宗教が仏教である方」のために、日本の仏教伝統宗教の宗派の切り分け基準として、十三宗五十六派に属する宗派の寺院であるため、挙げておきます。鹿児島県は、旧薩摩藩領(現・宮崎県の一部 + 鹿児島県)では、慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で一時期は藩主菩提寺も含めて1寺も残さずに寺院が壊滅したため、明治時代以降に県内で急増した浄土真宗諸宗派の寺院を例外として除けば今日でも寺院が少なく、特に奄美群島では、県内他地域では多い浄土真宗諸宗派も含めて寺院が少ない状況にあります。なお、明治時代以降に鹿児島県で特に浄土真宗諸宗派の寺院が増えた原因もしくは背景事情は、江戸時代の藩政期の薩摩藩の本土では、一向宗がご禁制(禁教)でしたが実は隠れキリシタン一向宗版「隠れ念仏」の信仰を抱き続けた領民がいたり、檀家制度が無かったり(注1)した状況の地域において、星野元興鹿児島県 伊佐市大口市地域の伊佐市大口上町16-3の浄土真宗本願寺派(西本願寺) ・ 大ー寺(だいがんじ)住職)真宗寺院にみる廃寺の現状 : 鹿児島県、富山県、広島県の事例から鹿児島大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程地域政策科学専攻紀要地域政策科学研究vol.10, 2013年3月, pp.121-139)p.126によれば、明治時代に禁教が解けた後、「それまでを中心に, 密かに組織されていた真宗信仰集団(注2)が数多く寺院化されることとなった」からであるとの由です。その過程については、窪壮一朗『鹿児島西本願寺の草創期 : なぜ鹿児島には浄土真宗が多いのか』(窪壮一朗(自費出版),2014.11)ブログ上の告知記事,  PDF縦書き版,  PDF横書き版),  西本願寺 鹿児島別院関連の鹿児島教区懇談会「心のともしび」 ・ 明治時代の本願寺による薩摩開教について(中期)明治維新後の宗教政策・西南戦争の影響等に載っており、また、明治時代以降の奄美大島仏教布教史については、財部めぐみ奄美大島における近代仏教の布教過程の特質 : 宗教者の移動性と布教スタイルを中心に鹿児島大学 国際島嶼教育研究センター南太平洋研究vol.30, No.2, 2010年1月1日, pp.1-12)等で解説されています。財部めぐみ氏は、鹿児島大学博士学位論文でも『奄美大島における仏教の成立と展開』(2011年3月)を発表していますが、2018年4月現在、この学位論文の全文を公開した画面(ページ)は、見つけられませんでした。
(注1) 檀家制度が無かった薩摩藩では、健康オタクの目移り ・ 薩摩藩の暗黒史 (4)徹底した廃仏毀釈には、代わりに五人組で宗教の取り締まりが行われた旨の情報が載っていますが、異説(異論)もあり、西本願寺 鹿児島別院関連の鹿児島教区懇談会「心のともしび」 ・ 明治時代の本願寺による薩摩開教について(中期)明治維新後の宗教政策・西南戦争の影響には寺請制度薩摩藩領でもあった旨の情報が載っています。
(注2) 「真宗信仰集団」とは、即ち、隠れ念仏のことであろうと、当ホームページ管理人は推測します。



奄美市農林産物直売所「ゆてぃもれ」:農産物直売所『ゆてぃもれ』公式ブログ,  農家のイタリアン食堂 ゆてぃもれ(農産物直売所併設レストラン)公式ブログ
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、ゆてぃもれの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬浜里町167番2、Tel.:0997-54-1108。鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所)物産販売所の中で紹介されています(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページホームページ上のキーワード「ゆてぃもれ」のgoogle検索結果でお探し下さい)。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもゆてぃもれとして、goo ・ タウンページでもゆてぃもれとして、iタウンページでもゆてぃもれとして紹介されています。この他、ゆてぃもれについては、キーワード「奄美市+ゆてぃもれ」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

小宿グスク(こしゅくグスク)小宿グスクの場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬小宿、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)。ハイヌミカゼでも南西諸島グスクリストの中で、KISHOの東京・沖縄・奄美日記でも浦上から国直までとして紹介されています。本では、麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.31.の図に載っています。この他、小宿グスクについては、キーワード「奄美市+小宿グスク」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)
鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



小宿厳島神社(こしゅくいつくしまじんじゃ)小宿厳島神社の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字小宿1097、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」p.77の「小宿集落」欄で、アンダーカレント 〜高良俊礼のブログでも11/01/11--03:58: 【鴉(15)】の中で、奄美雑録(Carrot Club)でも小宿(こしゅく)埋立俯瞰図の中で、自然と伝統の島々 奄美群島でも名瀬の史跡等の中で紹介されています。本では、麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)p.31.の図に載っています。この他、小宿厳島神社については、キーワード「奄美市+小宿+厳島神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

カトリック小宿教会カトリック小宿教会の場所  (カトリック(旧教)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字小宿992、Tel.:0997-54-8134。所属教区の公式WEBサイトとしては、カトリック鹿児島司教区公式WEBサイト小宿教会として紹介されています(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、カトリック鹿児島司教区公式WEBサイト上のキーワード「小宿教会」のgoogle検索結果でお探し下さい)。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもカトリック小宿教会として、goo ・ タウンページでもカトリック小宿教会として、iタウンページでもカトリック小宿教会として、奄美雑録(Carrot Club)でもカトリック小宿教会として、ゆみのブログでもクリスマスに向けて 小宿教会として、全国ロケ地ガイド:ドラマ・映画・特撮の撮影場所案内でもジャッジ ロケ地ガイドの中で紹介されています。この他、カトリック小宿教会については、キーワード「奄美市+小宿教会」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  奄美大島にはキリスト教カトリック(旧教)の教会が多く、宗教施設としてだけではなく、建築文化として外観を眺めるだけでも文化上の価値があります。全てのカトリック教会を挙げきれませんので当画面(当ページ)で紹介するカトリック教会は限定列挙ではなく代表例示ですが、奄美大島の他のカトリック教会,ならびに全体像については、
カトリック鹿児島司教区公式WEBサイトでお探しいただける他、ダイヤモンド・ビッグ社地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 喜界島 加計呂麻島 徳之島ダイヤモンド社,2015年4月)(注)pp.112-113.でお探しいただけ、特に『同書』p.112には奄美大島でカトリック教会が多い理由(布教史上の経緯)が載っています。
(注) この2015年4月版の本は、既に2018年4月現在で最新版ではなく2018年4月現在の最新版は地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 奄美群島1(2017年12月22日発行)です。将来、当ホームページご来訪客の方のご参照時時点での最新版については、「【楽天ブックス】キーワード「地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 ダイヤモンド社」の検索結果」でお探し下さい。



【楽天トラベル・たびノート】小宿里のスモモこしゅくさとのすもも
(奄美市名瀬エリア。リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、小宿里のスモモの場所(この辺り)のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字小宿里、大島郡大和村ほか、Tel.:0997-52-1111(奄美市紬観光課)。NAVITIMEでも小宿里のスモモとして、でも横当島 and  里のスモモ 桜の中で紹介されています。)

大浜海浜公園【楽天トラベル・たびノート】大浜海浜公園(ジャンル:海水浴),  【楽天トラベル・たびノート】大浜海浜公園のハイビスカス  (日本の渚百選
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、【楽天トラベル・たびノート】上のキーワード「大浜海浜公園+奄美市」の検索結果でお探し下さい)。2018年3月現在、恐らくは指定管理者と思量可能なしまバスによる公式WEBサイトは、奄美市大浜海浜公園です。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、大浜海浜公園の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬小宿大浜701-1、Tel.:0997-55-6000(奄美海洋展示館)。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも大浜海浜公園 (奄美市・名瀬),  東シナ海に沈む夕日の絶景 市民の憩いの場・大浜海浜公園として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+大浜海浜公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、鹿児島県観光サイト「どんどんかごしまの旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも大浜海浜公園・小浜キャンプ場として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「どんどんかごしまの旅」ホームページ上のキーワード「奄美市+大浜海浜公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも大浜海浜公園(公園),  大浜海浜公園(海岸景観),  大浜海浜公園大浜ビーチとして(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+大浜海浜公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも大浜海浜公園,  大浜海浜公園大浜ビーチとして(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+大浜海浜公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、大浜海浜公園については、キーワード「奄美市+大浜海浜公園」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
大浜海浜公園には、大浜海浜公園小浜キャンプ場,  奄美海洋展示館,  タラソ奄美の竜宮もあります。
→   ○   (当画面内の)大浜海浜公園小浜キャンプ場紹介欄
○   (当画面内の)奄美海洋展示館紹介欄
○   (当画面内の)タラソ奄美の竜宮紹介欄



大浜海浜公園小浜キャンプ場【楽天トラベル・たびノート】大浜海浜公園小浜キャンプ場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。2018年3月現在、恐らくは指定管理者と思量可能なしまバスによる公式WEBサイトは、奄美市大浜海浜公園です。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、大浜海浜公園小浜キャンプ場の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬小宿大浜701-1、Tel.:0997-55-6000(奄美海洋展示館)。鹿児島県観光サイト「どんどんかごしまの旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも大浜海浜公園・小浜キャンプ場として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「どんどんかごしまの旅」ホームページ上のキーワード「奄美市+小浜キャンプ場」のgoogle検索結果でお探し下さい)、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも大浜海浜公園小浜キャンプ場として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+大浜海浜公園小浜キャンプ場」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも大浜海浜公園小浜キャンプ場として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+大浜海浜公園小浜キャンプ場」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、大浜海浜公園小浜キャンプ場については、キーワード「奄美市+大浜海浜公園小浜キャンプ場」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
大浜海浜公園小浜キャンプ場は、大浜海浜公園にあります。
→   (当画面内の)大浜海浜公園紹介欄



奄美海洋展示館奄美海洋展示館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬小宿大浜701-1、Tel.:0997-55-6000。2018年3月現在、恐らくは指定管理者と思量可能なしまバスによる公式WEBサイトは、奄美市大浜海浜公園であり、2018年3月現在、同ホームページ上に奄美海洋展示館のページ(画面)があります(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、しまバス版奄美市大浜海浜公園公式ホームページ上のキーワード「奄美海洋展示館」のgoogle検索結果でお探し下さい)。また、恐らくは指定管理者選定前の時点のバージョンと思量可能な公式WEBサイトは、奄美海洋展示館公式WEBサイトです。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でもさあ、奄美の海へ、探検の始まりです。奄美市名瀬の「奄美海洋展示館」として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+奄美海洋展示館」のgoogle検索結果でお探し下さい)、鹿児島県観光サイト「どんどんかごしまの旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも奄美海洋展示館として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「どんどんかごしまの旅」ホームページ上のキーワード「奄美市+奄美海洋展示館」のgoogle検索結果でお探し下さい)、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも奄美海洋展示館として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美海洋展示館」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんネットでも奄美海洋展示館として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美海洋展示館」のgoogle検索結果でお探し下さい)、奄美まるごと情報局でも奄美海洋展示館として紹介されています。この他、奄美海洋展示館については、キーワード「奄美市+奄美海洋展示館」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
奄美海洋展示館は、大浜海浜公園にあります。
→   (当画面内の)大浜海浜公園紹介欄



タラソ奄美の竜宮タラソ奄美の竜宮公式WEBサイト
タラソ奄美の竜宮公式Facebookページ,  タラソ奄美の竜宮公式ブログもあります。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、タラソ奄美の竜宮の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字小宿716番地、Tel.:0997-55-6211。(一社)あまみ大島観光物産連盟「のんびり奄美」でもタラソ奄美の竜宮として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「のんびり奄美」上のキーワード「奄美市+タラソ奄美の竜宮」のgoogle検索結果でお探し下さい)、(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも自然の生命力で癒される時間を。本格タラソテラピーが楽しめる“タラソ奄美の竜宮”,  奄美の自然がもたらす癒しを堪能「タラソ奄美の竜宮」として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+タラソ奄美の竜宮」のgoogle検索結果でお探し下さい)、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でもタラソ奄美の竜宮として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「タラソ奄美の竜宮」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんネットでもタラソ奄美の竜宮として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「タラソ奄美の竜宮」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、タラソ奄美の竜宮については、キーワード「奄美市+タラソ奄美の竜宮」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
タラソ奄美の竜宮は、大浜海浜公園にあります。
→   (当画面内の)大浜海浜公園紹介欄



知名瀬小倉神社知名瀬小倉神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字知名瀬2418、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」p.81の「知名瀬集落」欄で、NISHIKA SHOWTEN Blogでも小倉神社祭り“2012”,  旧暦九月十九日 の中で、自然と伝統の島々 奄美群島でも名瀬の史跡等の中で紹介されています。この他、知名瀬小倉神社については、キーワード「奄美市+知名瀬+小倉神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

知名瀬グスク知名瀬城,  知名瀬城田):知名瀬グスクの場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字知名瀬城田.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。ハイヌミカゼでも南西諸島グスクリストの中で、小助官兵衛の部屋でも小助官兵衛の戦国史に登場する城郭一覧・薩摩国の中で紹介されています。鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベースでは、知名瀬城田の遺跡名称で載っています。この他、知名瀬グスク知名瀬城,  知名瀬城田については、キーワード「奄美市+知名瀬グスク」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+知名瀬城」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)
鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



【楽天トラベル・たびノート】根瀬部のツツジねせぶのつつじ
(奄美市名瀬エリア。リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、根瀬部のツツジの場所(この辺り)のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字根瀬部又、Tel.:0997-54-1210(奄美市立奄美博物館)。NAVITIMEでも根瀬部のツツジとして、鹿児島県奄美市公式ホームページでも奄美市指定文化財の中で(リンク先URLは2017年8月現在。もしも将来リンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「根瀬部+ツツジ」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。)

根瀬部弁財天神社根瀬部弁財天神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字根瀬部866、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.83-84の「根瀬部集落」欄で、奄美のCD屋サウンズパルでも根瀬部弁財天として、自然と伝統の島々 奄美群島でも名瀬の史跡等の中で紹介されています。この他、根瀬部弁財天神社については、キーワード「奄美市+根瀬部+弁財天」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

根瀬部グスク根瀬部城根瀬部城田(ねせぶグシクバテー)):根瀬部グスクの場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字根瀬部城田.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。ハイヌミカゼでも南西諸島グスクリストの中で、小助官兵衛の部屋でも小助官兵衛の戦国史に登場する城郭一覧・薩摩国の中で紹介されています。鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベースでは、根瀬部城田の遺跡名称で載っています。この他、根瀬部グスク根瀬部城,  根瀬部城田については、キーワード「奄美市+根瀬部グスク」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+根瀬部城」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)
鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



金作原原生林【楽天トラベル・たびノート】金作原原生林
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、金作原原生林の場所(リンク先周辺の場所一帯)のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬朝戸金作原、Tel.:0997-52-1111(奄美市紬観光課)。金作原原生林というブログもあります。(一社)あまみ大島観光物産連盟「のんびり奄美」でも金作原原生林として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「のんびり奄美」上のキーワード「奄美市+金作原原生林」のgoogle検索結果でお探し下さい)、鹿児島県観光サイト「どんどんかごしまの旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも金作原原生林として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「どんどんかごしまの旅」ホームページ上のキーワード「奄美市+金作原原生林」のgoogle検索結果でお探し下さい)、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも金作原原生林として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+金作原原生林」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも金作原原生林として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+金作原原生林」のgoogle検索結果でお探し下さい)、tangkai-hatiの日記(ブログ)でも『金作原原生林』ぎゅっと見所おさんぽとして紹介されています。この他、金作原原生林については、キーワード「奄美市+金作原原生林」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

奄美市名瀬市地域の内の目次
なぜまち(中心街(中心市街地)) 「なぜまち」の南の山・丘陵
「なぜまち」の北西&西側の郊外のスポット 「なぜまち」の北東&東側の郊外のスポット
「なぜまち」の南側の郊外のスポット   
旧名瀬市地域の先頭(トップ)
当画面(当ページ)の先頭(トップ)


「なぜまち」の北東&東側の郊外のスポット
奄美市名瀬市地域中心街中心市街地)「なぜまち」の北東&東側のスポット)
→   名瀬市紹介欄の先頭(トップ)へ(戻る)


イオンプラザ大島店イオンプラザ大島店公式WEBサイト
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、イオンプラザ大島店の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬小浜町23-1、Tel.:0997-53-4100。イオン九州(株)でも店舗リスト一覧の中で(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、イオン九州(株)公式WEBサイト上のキーワード「奄美市名瀬小浜町」のgoogle検索結果でお探し下さい)、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でもイオンプラザ大島店として紹介されています。この他、イオンプラザ大島店は、かつてのダイエープラザ大島店であり、平成27年(2015年)9月1日に店名がイオンプラザ大島店に変更になりました。)

エディオン鹿児島名瀬店エディオン鹿児島名瀬店
エディオン鹿児島の鹿児島名瀬店です。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、エディオン鹿児島名瀬店の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬小浜町30-7、Tel.:0997-53-6211。エディオン鹿児島を運営するカコイグループは、楽天市場にも【楽天市場】デジ倉 楽天市場店として出店しています。また、エディオン本体は、楽天市場【楽天市場】エディオン 楽天市場店として出店しています。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ カコイエレクトロに載っているとおり、エディオン鹿児島を運営するカコイグループがフランチャイズ契約先をベスト電器からエディオンに変更して、2013年10月に旧鹿児島ベスト電器(アーカイブ・ページの店舗からエディオン鹿児島の店舗に変わりました。エディオン鹿児島名瀬店も、これに伴い店名が変わりました。
→   〇  
【楽天市場】デジ倉 楽天市場店
〇  
【楽天市場】エディオン 楽天市場店



奄美大島・名瀬港:名瀬港佐大熊岸壁地図
(地図については、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。場所:鹿児島県奄美市名瀬市地域。具体的な住所と電話番号については、当ホームページ内の新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)紹介欄,ならびに名瀬港佐大熊岸壁紹介欄ご参照。国土交通省 ・ 九州地方整備局 ・ 港湾空港部 ・ 鹿児島港湾・空港整備事務所でも名瀬港についてとして(リンク先URLは2015年8月現在)国土交通省 ・ 観光庁 ・ CRUISE PORT GUIDE OF JAPANでも名瀬港(九州エリア/鹿児島県)として(リンク先URLは2015年8月現在)鹿児島県ホームページ(鹿児島県庁公式WEBサイト)でもかごしま港めぐり(名瀬港)として(リンク先URLは2015年8月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県ホームページ上のキーワード「名瀬港」のgoogle検索結果でお探し下さい)、鹿児島県観光サイト「どんどん鹿児島の旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でもかごしま港めぐり(名瀬港)として(リンク先URLは2015年8月現在)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも名瀬港として紹介されています。
  
名瀬港は、奄美群島奄美大島を代表する港湾であり、鹿児島県 ・ 奄美市名瀬市地域にあります。2015年8月時点名瀬港の各岸壁ごとの航路と、その岸壁から名瀬市地域への路線バスについてのご案内は、当画面(当ページ)内の以下のリンク先でご参照いただけます。
→   ○   (当画面(当ページ)内の)新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)紹介欄
○   (当画面(当ページ)内の)名瀬港佐大熊岸壁紹介欄



奄美山羊島ホテル奄美山羊島ホテル公式WEBサイト
楽天トラベルでも【楽天トラベル】スパリゾート奄美山羊島ホテル <奄美大島>として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、奄美山羊島ホテルの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬大熊鳩1382-1(鹿児島県奄美市名瀬大字大熊鳩1382-1)、Tel.:0997-54-5111。この他、奄美山羊島ホテルについては、キーワード「奄美市+スパリゾート奄美山羊島ホテル」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

カトリック大熊教会(カトリックだいくまきょうかい)カトリック大熊教会の場所  (カトリック(旧教)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大熊町21-1、Tel.:0997-54-3216。所属教区の公式WEBサイトとしては、カトリック鹿児島司教区公式WEBサイト大熊教会として紹介されています(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、カトリック鹿児島司教区公式WEBサイト上のキーワード「大熊教会」のgoogle検索結果でお探し下さい)。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも聖水〜龍〜マリア像 奄美市名瀬大熊のパワースポットを巡るの中で(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+大熊教会」のgoogle検索結果でお探し下さい)、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもカトリック大熊教会として、goo ・ タウンページでもカトリック大熊教会として、iタウンページでもカトリック大熊教会として、いつも教会が好き!元外資系秘書・ライター ミホコの世界の教会巡礼記でも奄美巡礼 その7 大熊(だいくま)教会 浦上教会 のマリア像と天使像として紹介されています。この他、カトリック大熊教会については、キーワード「奄美市+大熊教会」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  奄美大島にはキリスト教カトリック(旧教)の教会が多く、宗教施設としてだけではなく、建築文化として外観を眺めるだけでも文化上の価値があります。全てのカトリック教会を挙げきれませんので当画面(当ページ)で紹介するカトリック教会は限定列挙ではなく代表例示ですが、奄美大島の他のカトリック教会,ならびに全体像については、
カトリック鹿児島司教区公式WEBサイトでお探しいただける他、ダイヤモンド・ビッグ社地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 喜界島 加計呂麻島 徳之島ダイヤモンド社,2015年4月)(注)pp.112-113.でお探しいただけ、特に『同書』p.112には奄美大島でカトリック教会が多い理由(布教史上の経緯)が載っています。
(注) この2015年4月版の本は、既に2018年4月現在で最新版ではなく2018年4月現在の最新版は地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 奄美群島1(2017年12月22日発行)です。将来、当ホームページご来訪客の方のご参照時時点での最新版については、「【楽天ブックス】キーワード「地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 ダイヤモンド社」の検索結果」でお探し下さい。



大熊龍王神社大熊観音堂(地名の地元呼称:「でっくま」,「でくま」)大熊龍王神社&大熊観音堂の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字大熊、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.65-66の「名瀬大熊」集落欄の中で、鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所)文化財・史跡案内の中で(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、奄美市公式ホームページ上のキーワード「龍王神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも聖水〜龍〜マリア像 奄美市名瀬大熊のパワースポットを巡るの中で(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+龍王神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、machi-iro | 奄美の今をお届けするマチイロマガジンでも大熊龍王神社として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「machi-iro」上のキーワード「奄美市+龍王神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、奄美黒兎でも大熊−龍王神社として、大熊コンシェルジェでも島津藩政時代と大熊として、アンダーカレント 〜高良俊礼のブログでもあちこち(大熊龍王神社)として、わきゃしま大好きでも大熊龍王神社大祭として紹介されています。この他、大熊龍王神社大熊観音堂については、キーワード「奄美市+大熊+龍王神社」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+大熊観音堂」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
大熊観音堂の元になる観音堂は、江戸時代奄美大島内で数回移転しながら存在した寺院です(が、ただし、今日の大熊龍王神社にある大熊観音堂は、寺院ではありません。誤解を避けるべく念のため)。海圓寺公式WEBサイト ・ 与論島の仏教事情,ならびに沖縄・琉球弧ヲ想フ ・ 2016.05.25 奄美・加計呂麻へ、再び 17 〜赤木名観音堂の碑(里)によれば、観音堂の宗派は曹洞宗で寺院名は補陀山観音寺であり、薩摩国 鹿児島郡 鹿児島(現・鹿児島県 鹿児島市鹿児島市地域)の福昌寺廃寺。後に移転再興)の末寺であったとの由です。鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内によれば(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「観音堂跡地」のgoogle検索結果でお探し下さい)、観音堂曹洞宗・補陀山観音寺は、江戸時代の半ば頃までは、当時、薩摩藩大島代官所(大島仮屋)があった薩摩藩直轄領 奄美大島 笠利 間切 赤木名方 赤木名村(現・鹿児島県 奄美市笠利町地域赤木名地区(現在の住所では、笠利町大字里(この辺り(地図))、笠利町大字外金久(この辺り(地図))、笠利町大字中金久(この辺り(地図))の3集落))にあったとの由です(大島代官所(大島仮屋)大島代官所跡(赤木名)大島仮屋跡(赤木名),  大島仮屋屋敷跡(赤木名)観音堂曹洞宗・補陀山観音寺赤木名観音堂跡補陀山観音寺跡(赤木名))。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.65-66の「大熊集落」欄によれば、江戸時代の途中で一時期、大島代官所(大島仮屋)奄美大島 笠利 間切 赤木名方 赤木名村奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 大熊村(現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の町名「名瀬大字大熊(この辺り(地図))」,「名瀬大熊町(この辺り(地図))」,「名瀬鳩浜町(この辺り(地図))」,「名瀬朝日町(この辺り(地図))」)との間で交互に移転を繰り返した時期があるとの由であり、それに伴って観音堂曹洞宗・補陀山観音寺も移転を繰り返していたと伝えられるとの由ですが、鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内によれば(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「観音堂跡地」のgoogle検索結果でお探し下さい)、寛政13年(1801年)初頭時点には奄美大島 笠利 間切 赤木名方 赤木名村にあったとの由です。なお、奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 大熊村における大島代官所(大島仮屋)観音堂曹洞宗・補陀山観音寺のかつての所在地の場所は、2018年3月時点当ホームページ管理人が入手可能な情報源からは分かりませんでしたが、大熊コンシェルジェ ・ 島津藩政時代と大熊によれば50年前(同ブログ日記記事執筆年が2012年ですので、そこから50年を差し引けば1962年頃と思量)には「仮屋屋敷跡・観音堂」の地名が残っていたとの由ですので、当ホームページ管理人2018年3月時点までに入手した情報の範囲では分からなかっただけの話であり、当該情報がこの世から完全に消滅した訳ではありませんく。少なくとも大熊コンシェルジェブログ管理人お手元の情報源では、当該情報が分かり得る模様です(同ブログ日記記事には、該当する情報が載っている地図の写真も掲載されていましたが、画像精度の制約等の事情のため、読み取れませんでした)。
  鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内によれば(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「観音堂跡地」のgoogle検索結果でお探し下さい)、江戸時代の寛政13年(1801年)に
大島代官所(大島仮屋)薩摩藩直轄領 奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 伊津部村(いつぶむら)(実際には名瀬 間切 名瀬方 金久村,現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の中心部「なぜまち」西側で、所在地の具体的な今日の町名は名瀬矢之脇町(大島代官所(名瀬伊津部)大島仮屋(名瀬伊津部))に移転した際には観音堂曹洞宗・補陀山観音寺をすぐには移できず、19年後の文政2年(1819年)にようやく薩摩藩直轄領 奄美大島 名瀬 間切 名瀬方 伊津部村(いつぶむら)(実際には名瀬 間切 名瀬方 金久村,現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の中心部「なぜまち」西側で、所在地の具体的な今日の町名は名瀬井根町(観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部))に移転したとの由です。yama42のブログ ・ 赤木名観音堂のミステリー掲載の観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部)跡地の案内掲示板記載内容によれば、観音堂曹洞宗・補陀山観音寺の移転が大島代官所(大島仮屋)の移転よりも19年間も遅れた理由は、移転元の赤木名村の住民の反対に遭い、説得するために何回か交渉を行う必要があったからであるとの由です。
  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.61-62の「名瀬金久地区」欄によれば、
観音堂伊津部観音堂,  名瀬伊津部観音堂,  補陀山観音寺(名瀬伊津部)は、残念ながら慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で廃寺になり、その代わりに、明治2年(1869年)6月に高千穂神社が建立(こんりゅう)されたとの由です。高千穂神社の、所在地の移転(遷座)も含めての経緯については、(当画面N(当ページ)内の)高千穂神社紹介欄でご参照いただけます。
→   (当画面内の)高千穂神社紹介欄

  鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「観音堂跡地」のgoogle検索結果でお探し下さい),ならびにmachi-iro ・ 大熊龍王神社によれば、観音堂曹洞宗・補陀山観音寺が廃寺になった後、そこにあった観音坐像と弁財天坐像は、今日では鹿児島県奄美市名瀬大字大熊の大熊龍王神社大熊観音堂の御神体になっているとの由です。ということは、観音堂伊津部観音堂,  名瀬伊津部観音堂,  補陀山観音寺(名瀬伊津部)廃仏毀釈で廃寺になった後も運良く仏像は残り、それが今日では離れた場所の「神社の御神体」として祀られていることになります。同情報源によれば、この2体の(元・仏像の)ご神体は、平成10年9月に市指定文化財となったとの由です。
  
高千穂神社観音堂関連の神社・寺院跡地は、以下のとおりです。
→   ○   (当画面内の)高千穂神社紹介欄  (奄美市旧名瀬市地域)
○   (当画面内の)赤木名観音堂跡紹介欄補陀山観音寺跡(赤木名)  (奄美市旧笠利町地域)
○   (当画面内の)観音堂跡地伊津部観音堂跡,  名瀬伊津部観音堂跡,  補陀山観音寺跡(名瀬伊津部)紹介欄へ  (奄美市旧名瀬市地域)
○   (当画面内の)大熊龍王神社大熊観音堂紹介欄へ  (奄美市旧名瀬市地域)



奄美ネイチャーセンター(奄美大島エコツアーガイド・ANaCAMAMI NATURE CENTER)):(有)奄美ネイチャーセンター公式WEBサイト
楽天トラベル ・ たびノートでも【楽天トラベル・たびノート】奄美ネイチャーセンターとして紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、奄美ネイチャーセンターの場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬和光町12-8、Tel.:0997-57-7592。この他、奄美ネイチャーセンターANaCAMAMI NATURE CENTER))については、キーワード「奄美市+奄美ネイチャーセンター」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

田中一村終焉の家【楽天トラベル・たびノート】田中一村終焉の家
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、田中一村終焉の家の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬有屋町38番地3、4、Tel.:0997-52-1111(奄美市紬観光課)。田中一村については、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』田中一村として紹介されています。田中一村終焉の家については、(一社)あまみ大島観光物産連盟「のんびり奄美」でも田中一村終焉の家として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「のんびり奄美」上のキーワード「奄美市+田中一村終焉の家」のgoogle検索結果でお探し下さい)、鹿児島県観光サイト「どんどんかごしまの旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも田中一村終焉の家として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「どんどんかごしまの旅」ホームページ上のキーワード「奄美市+田中一村終焉の家」のgoogle検索結果でお探し下さい)、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも田中一村終焉の家として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+田中一村終焉の家」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも田中一村終焉の家として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+田中一村終焉の家」のgoogle検索結果でお探し下さい)、奄美まるごと情報局でもとして紹介されています。この他、田中一村終焉の家については、キーワード「田中一村終焉の家+奄美市」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  画家・田中一村関連の奄美大島にある観光スポットには、この他、奄美市笠利町地域
田中一村記念美術館もあります。
→   (当画面内の)田中一村記念美術館紹介欄



有屋ノロのトネヤ跡有屋とね屋有屋刀禰屋):有屋ノロのトネヤ跡の場所(有屋とね屋の場所)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬有屋町37番地、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」p.69の「名瀬 有屋・仲勝集落」欄で、いちご畑よ永遠にでも奄美大島 加計呂麻島 画家・田中一村 作家・島尾敏雄の中で、南島新話でもとねやとして、奄美黒兎でも新節 八月踊りの中で紹介されています。この他、有屋ノロのトネヤ跡有屋とね屋,  有屋刀禰屋については、キーワード「有屋ノロのトネヤ」のgoogle検索結果,  キーワード「有屋+トネヤ」のgoogle検索結果,  キーワード「有屋とね屋」のgoogle検索結果等で、お探しいただけます。
  
有屋ノロのトネヤ跡有屋とね屋,  有屋刀禰屋は、有屋集落における、女性神官「ノロ」の住居跡です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ ノロ等によれば、ノロとは、琉球神道における女性神官であるとの由です。琉球神道における女性神官にはノロの他にもユタがありますが、同情報源等によれば、ノロユタとの相違点は、ユタが民間の女性シャーマン巫(かんなぎ),  巫女(みこ))であるのに対して、ノロ沖縄本島 首里(現・沖縄県 那覇市首里地域)の
首里城しゅりじょう,  すいぐすく;  地図を王城としていた琉球王国によって任命された、正式な女性神官である点にあるとの由です。麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)pp.73-74によれば、江戸時代奄美群島の歴史では「大和世(やまとんゆ)」)の奄美群島薩摩藩直轄領であったためノロの任命に関しても琉球王国奄美群島の縁は切れたとの由ですが、薩摩藩ノロに関しては禁止策を採らずに統治に利用したため残ったとの由です。本来的な任命者である琉球王国との縁が切れた後も奄美群島ノロが世代をまたがって継承できた理由(メカニズム)は、同情報源,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ ノロによればノロは世襲制だったからであるとの由です。奄美の歴史入門 奄美子たちに贈るpp.73-74によれば、薩摩藩奄美大島ではノロに関して、南大島では古法を守る「真須知(ますち)」、北大島では大和人との通婚を認める「須多(すた)」とに世襲継承方法を分けた上で、奄美群島の歴史での琉球王国統治時代の「那覇世(なはんゆ;奄美大島では、本土では室町時代の文安4年(1447年)の琉球王国による奄美大島侵攻・征服時から、江戸時代初期の慶長14年(1609年)の薩摩藩による奄美大島侵攻・征服時までの間)」には妹・娘・姪等の「女筋目」でノロが継承されて来たのに対して、嫁への継承も行われるようになったとの由です。即ち、同情報源によれば、従来は女系での血筋・血統での継承だったノロの継承が、奄美群島の歴史での「大和世(やまとんゆ;本土では概ね江戸時代)」には「家」での継承が行われるようになったとの由です。「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」 ・ 「 浦上トネヤ跡 」には、「ヰヒリ腹」と呼ばれる「ノロは兄弟の娘が嗣ぐ」運用が行われていた旨の情報が載っていますので、嫁がノロの跡を継ぐようになったか否かにかかわらず、姪に継承させる事例が多かった可能性が、あり得ます。
  奄美大島の歴史について書かれた各種文献、ホームページ等を見た印象では、奄美群島ノロは近現代になって以降も残っていた模様ですが、近年急速に跡を継がれることなく消えて行って、「跡地」だけが残っている場所が増えている状況にある模様です。また、「トネヤ」については、徒根屋株式会社 ・ 企業概要(徒根屋について > 徒根屋(トネヤ)命名の由来)によれば、ノロの方々が集まってカミ祭り(神祭り)を行う家は「アシャゲ」、ノロが住む家は「トネヤ」と呼ばれて、奄美大島加計呂麻島の集落(シマ)の心のよりどころであるとの由です。
  なお、奄美の歴史入門 奄美子たちに贈るp.74によれば、江戸時代奄美群島の歴史では「大和世(やまとんゆ)」)の薩摩藩は、ノロに関しては上述のとおり規制が緩やかであったとの由ですが、ユタに関しては「御禁制(即ち、禁止)」として厳しく取り締まったとの由です。同情報源によれば、ユタが「御禁制」であった理由は、病気など個人的な不安や、迷信を煽(あお)る存在であるとみなされたからであるとの由です。)


有盛神社平有盛神社),浦上城(別名:有盛城) :有盛神社の場所(浦上城跡の場所(有盛城跡の場所))
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬浦上町43番地、Tel.:0997-53-3240((一社)あまみ大島観光物産連盟)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」の中で、沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)公式WEBサイト ・ 調査・研究 ・ 紀要(博物館)でも當眞嗣一「グスクの縄張りについて(上)」『沖縄県立博物館紀要』第19号,1993年3月,pp.57-73のpp.69-71で(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)公式WEBサイト上のキーワード「グスクの縄張りについて(上)」のgoogle検索結果でお探し下さい)、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも有盛神社として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+有盛神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも有盛神社として、machi-iroでも平家落人伝説 三 〜浦上・有盛神社〜として、Yahoo! ロコでも有盛神社として、近くの城址でも浦上城として紹介されています。その他、有盛神社平有盛神社についてはキーワード「奄美市+有盛神社」のgoogle検索結果で、浦上城についてはキーワード「奄美市+浦上城」のgoogle検索結果で、有盛城についてはキーワード「奄美市+有盛城」のgoogle検索結果で、お探しいただけます。本では、名嘉正八郎グスク探訪ガイド 沖縄・奄美の歴史文化遺産(城・グスク)地方・小出版流通センターボーダーインク),2002)p.68.に載っています。
  近くの城址 ・ 浦上城等によれば、
浦上城(別名:有盛城は、奄美大島平家の落人伝説において、平有盛が築いたとされる城であるとの由であり、今日、跡地は有盛神社平有盛神社になっているとの由です。公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」 ・ 有盛神社によれば(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+有盛神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、有盛神社平有盛神社に祀られているご祭神は平有盛であるとの由です。また、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 簡単検索でも(リンク先URLは2018年2月現在)浦上城(別名:有盛城跡の場所は有盛神社平有盛神社になっています。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 奄美群島の歴史,ならびに蓋と城 ・ 喜界島で城跡や史跡を訪ねてみた(2)【川嶺グスク・七城・平家森・直線道路・阿伝集落・レーダー基地跡】(鹿児島県喜界町)等によれば、奄美群島平家の落人伝説では、平安時代末期の元暦2年/寿永4年3月24日(1185年4月25日)の壇ノ浦の戦いに敗れて平家(伊勢平氏)が滅亡した後、平資盛平清盛の嫡男である平重盛の次男)が喜界島に逃れて
七城平家森を築城した後に、平有盛平重盛の四男で平資盛の弟)、平行盛平清盛の次男である平基盛の長男、即ち平資盛 ・ 平有盛兄弟の従兄弟)と合流して、奄美大島に入ったとの由です。鹿児島県大島郡龍郷町教育委員会『龍郷町文化財ガイドブック2013』(龍郷町教育委員会,2013)pp.74-75によれば、その後、平資盛奄美大島に隣接する加計呂麻島の諸鈍(しょどん;後の 間切 渡連方 諸鈍村(現・鹿児島県 大島郡 瀬戸内町 諸鈍))に諸鈍城(関連する神社は大屯神社おおちょんじんじゃ)を、平有盛奄美大島の浦上(うらがみ;後の名瀬 間切 名瀬方浦上,現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の名瀬大字浦上)に浦上城(別名:有盛城(跡地は現・有盛神社平有盛神社)を、平行盛奄美大島の戸口(とぐち;後の古見 間切 瀬名方戸口,現・鹿児島県 大島郡 龍郷町大字戸口)に戸口城ヒラキ山遺跡(関連する神社は行盛神社平行盛神社)を構えて、源氏清和源氏)の来島に備えたとの由です。
  奄美大島,ならびに奄美大島に隣接する加計呂麻島平家の落人伝説に関連する観光スポットや、史跡/遺跡スポットには、鹿児島県 奄美市名瀬市地域
有盛神社平有盛神社)(浦上城跡(別名:有盛城跡)),  鹿児島県 奄美市笠利町地域蒲生神社蒲生権現,  鹿児島県 大島郡 龍郷町戸口城跡ヒラキ山遺跡,  行盛神社平行盛神社,  今井権現今井大権現神社,  鹿児島県 大島郡 瀬戸内町加計呂麻島大屯神社おおちょんじんじゃ,  諸鈍城跡があります。
→   ○   (当画面内の)有盛神社平有盛神社)(浦上城跡(別名:有盛城跡))紹介欄へ
○   (当画面内の)蒲生神社蒲生権現紹介欄へ
○   (当画面内の)戸口城跡ヒラキ山遺跡紹介欄へ
○   (当画面内の)行盛神社平行盛神社紹介欄へ
○   (当画面内の)今井権現今井大権現神社紹介欄へ
○   (当画面内の)大屯神社おおちょんじんじゃ紹介欄へ
○   (当画面内の)諸鈍城跡紹介欄

  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



有良厳島神社(ありらいつくしまじんじゃ。「有良(ありら)」の現地読みは「あった」)有良厳島神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字有良、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.71-72の「名瀬有良」集落欄の中で、鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所)文化財・史跡案内の中で(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、奄美市公式ホームページ上のキーワード「有良+厳島神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも有良の「ケンムンの散歩道」は写真スポットの宝庫!?,  【体験型観光】アッタドコネ収穫体験・集落歩きバスツアー・・・アッタ(有良)にも龍の目がアッタ!?の中で(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+有良+厳島神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、しまバスホームページ ・ (株)しまバスのブログでもあったどこねバスツアー!!レポートの中で、machi-iroでも有良厳島神社として、わきゃしま大好きでも有良厳島神社として紹介されています。この他、有良厳島神社については、キーワード「奄美市+有良+厳島神社」のgoogle検索結果,  奄美市+有良厳島神社でお探しいただけます。)

南洲神社(芦花部(あしけぶ)):(当HP内の)南洲神社(奄美市名瀬・芦花部)訪問記
(  南洲神社は、奄美大島における西郷どん(せごどん)こと西郷隆盛関連の観光スポットです。西郷どん(せごどん)こと西郷隆盛は、平成30年(2018年)のNHK 大河ドラマ西郷どん解説,  【楽天ブックス】キーワード「西郷どん」の検索結果,  NHKオンデマンド)」の主人公です。奄美大島における西郷隆盛,ならびに奄美大島での妻・愛加那関連の観光スポットには、鹿児島県 奄美市名瀬市地域南洲神社,  鹿児島県 奄美市笠利町地域中金久学舎(赤木名)西郷隆盛が背もたれしたという柱),  赤木名小学校の西郷さんの銅像赤木名小学校の西郷隆盛の銅像,  鹿児島県 大島郡 龍郷町奄美・龍郷 島ミュージアム(龍郷町生涯学習センター「りゅうがく館」文化財展示室),  西郷松西郷松跡,  菊池源吾第二の潜居地西郷隆盛第二の潜居地,  西郷南洲第二の潜居地,  西郷隆盛が2番目に住んでいた場所)/田畑家屋敷跡龍家屋敷跡,  西郷隆盛が愛加那に与えた田畑,  愛加那の泉ヒキョのイジョンゴ,  イジョンゴ,  西郷隆盛が1番目に住んでいた場所西郷隆盛が最初に住んでいた場所,  愛加那の墓田畑(龍)家墓,  ブジティンヌハカ,  弁財天墓地,  西郷南洲流謫跡西郷南洲謫居跡があり、この中で最もよく知られているスポットは西郷南洲流謫跡西郷南洲謫居跡です。
→   ○   (当画面内の)南洲神社紹介欄
○   (当画面内の)中金久学舎(赤木名)西郷隆盛が背もたれしたという柱)紹介欄へ
○   (当画面内の)赤木名小学校の西郷さんの銅像赤木名小学校の西郷隆盛の銅像紹介欄へ
○   (当画面内の)奄美・龍郷 島ミュージアム(龍郷町生涯学習センター「りゅうがく館」文化財展示室)紹介欄へ
○   (当画面内の)西郷松紹介欄
○   (当画面内の)菊池源吾第二の潜居地西郷隆盛第二の潜居地,  西郷南洲第二の潜居地,  西郷隆盛が2番目に住んでいた場所)/田畑家屋敷跡龍家屋敷跡紹介欄へ
○   (当画面内の)西郷隆盛が愛加那に与えた田畑紹介欄
○   (当画面内の)愛加那の泉ヒキョのイジョンゴ,  イジョンゴ紹介欄へ
○   (当画面内の)西郷隆盛が1番目に住んでいた場所西郷隆盛が最初に住んでいた場所紹介欄へ
○   (当画面内の)愛加那の墓田畑(龍)家墓,  ブジティンヌハカ,  弁財天墓地紹介欄へ
○   (当画面内の)西郷南洲流謫跡西郷南洲謫居跡紹介欄へ

  また、上記の観光スポットに関連したお土産屋さんだったり、或いは観光スポットの内の数場所を巡る場合の拠点になったりするお店には、例えば、鹿児島県 大島郡 龍郷町西郷松本舗西郷松せんべい,  あいかなグループあいかな等があります。
→   ○   (当画面内の)西郷松本舗西郷松せんべい紹介欄へ
○   (当画面内の)あいかなグループあいかな紹介欄へ



奄美市名瀬市地域の内の目次
なぜまち(中心街(中心市街地)) 「なぜまち」の南の山・丘陵
「なぜまち」の北西&西側の郊外のスポット 「なぜまち」の北東&東側の郊外のスポット
「なぜまち」の南側の郊外のスポット   
旧名瀬市地域の先頭(トップ)
当画面(当ページ)の先頭(トップ)


「なぜまち」の南側の郊外のスポット
奄美市名瀬市地域中心街中心市街地)「なぜまち」の南側のスポット)
→   名瀬市紹介欄の先頭(トップ)へ(戻る)


日本ホーリネス教団大島キリスト教会大島キリスト教会の場所  (プロテスタント(新教) ・ 日本ホーリネス教団
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬石橋町3-1、Tel.:0997-52-8157。所属教派の公式WEBサイトとしては、日本ホーリネス教団公式WEBサイトでも教会所在地の中で紹介されています(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本ホーリネス教団公式WEBサイト上のキーワード「奄美市+大島キリスト教会」のgoogle検索結果でお探し下さい)。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもホーリネスキリスト教会として、goo ・ タウンページでも大島キリスト教会として、iタウンページでも大島キリスト教会として、福音車21 ゴスペルボックス Official siteでも「 [244] 1月26日(水) ホーリネス 大島キリスト教会(2)  2011/01/28 09:10:59 」掲載ページ,  「 [1972] 2016 1月10日 ホーリネス大島キリスト教会(2) 2016/01/11 20:14:19」掲載ページとして(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、福音車21 ゴスペルボックス Official site上のキーワード「奄美市+大島キリスト教会」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、日本ホーリネス教団大島キリスト教会については、キーワード「奄美市+大島キリスト教会」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
日本ホーリネス教団大島キリスト教会は観光スポットではありませんが、奄美大島Iターン移住される方の内、プロテスタント(新教)クリスチャン(キリスト教徒)であり、故に奄美大島に多いカトリック(旧教)の教会に通う訳にはいかない方のために、キリスト教のプロテスタント(新教)における正統教義教派の中の1つ・日本ホーリネス教団所属教会として、挙げておきます。)

日本キリスト教団名瀬教会日本キリスト教団名瀬教会の場所  (プロテスタント(新教) ・ 日本基督教団
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬石橋町9-15、Tel.:0997-53-4335。所属教派の公式WEBサイトとしては、日本基督教団公式WEBサイトでも教区・教会・伝道所 ・ 九州教区(PDF版)の中で(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本基督教団公式WEBサイト上のキーワード「名瀬教会」のgoogle検索結果でお探し下さい)、日本基督教団 九州教区でも名瀬教会として(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本基督教団 九州教区ホームページ上のキーワード「奄美市+名瀬教会」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも日本キリスト教団名瀬教会として、goo ・ タウンページでも日本キリスト教団名瀬教会として、iタウンページでも日本キリスト教団名瀬教会として、福音車21 ゴスペルボックス Official siteでも「[242] 1月26日(水) 名瀬教会 2011/01/28 09:08:29 (修正済み)」掲載ページとして(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、福音車21 ゴスペルボックス Official site上のキーワード「奄美市+名瀬教会」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、日本キリスト教団名瀬教会については、キーワード「奄美市+日本キリスト教団名瀬教会」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
日本キリスト教団名瀬教会は観光スポットとは言えないかも知れませんが、奄美大島Iターン移住される方の内、プロテスタント(新教)クリスチャン(キリスト教徒)であり、故に奄美大島に多いカトリック(旧教)の教会に通う訳にはいかない方のために、キリスト教のプロテスタント(新教)における正統教義教派の中の1つ・日本基督教団所属教会として、挙げておきます。日本基督教団合同教会であるため、合同する前の各教派に対応する米国教派と1対1対応はしていませんが、今日の日本基督教団所属の各教会の昭和16年(1941年)の合同以前のかつての教派は、長老派教会,  バプテスト,  メソジスト等のメインライン(主流派)の系譜のプロテスタント(新教)です。)

鹿児島県立奄美図書館鹿児島県立奄美図書館公式WEBサイト
リンク先URLは2018年2月現在で、鹿児島県立図書館公式WEBサイトのサブ・コンテンツ。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県立図書館公式WEBサイト上のキーワード「奄美図書館」のgoogle検索結果でお探し下さい。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、鹿児島県立奄美図書館の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬古田町1-1、Tel.:0997-52-0244。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも鹿児島県立奄美図書館として、I love Amami 〜ゆーりのふるさと再発見〜でも【名瀬】 鹿児島県立奄美図書館として紹介されています。この他、鹿児島県立奄美図書館については、キーワード「鹿児島県立奄美図書館」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
鹿児島県立奄美図書館には、島尾敏雄解説記念室があります。)

カトリック古田町教会カトリック古田町マリア教会):カトリック古田町教会(カトリック古田町マリア教会)の場所  (カトリック(旧教)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬古田町16-8、Tel.:0997-52-1107。所属教区の公式WEBサイトとしては、カトリック鹿児島司教区公式WEBサイト古田町教会として紹介されています(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、カトリック鹿児島司教区公式WEBサイト上のキーワード「古田町教会」のgoogle検索結果でお探し下さい)。goo ・ 地図でもカトリック古田町マリア教会として、いつも教会が好き!元外資系秘書・ライター ミホコの世界の教会巡礼記でも奄美大島巡礼(その2)名瀬聖マリア教会 (古田町教会)Furutacho Churchとして、奄美雑録(Carrot Club)でも夜の教会として紹介されています。この他、カトリック古田町教会カトリック古田町マリア教会については、キーワード「奄美市+古田町教会」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+カトリック+古田町+教会」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  奄美大島にはキリスト教カトリック(旧教)の教会が多く、宗教施設としてだけではなく、建築文化として外観を眺めるだけでも文化上の価値があります。全てのカトリック教会を挙げきれませんので当画面(当ページ)で紹介するカトリック教会は限定列挙ではなく代表例示ですが、奄美大島の他のカトリック教会,ならびに全体像については、
カトリック鹿児島司教区公式WEBサイトでお探しいただける他、ダイヤモンド・ビッグ社地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 喜界島 加計呂麻島 徳之島ダイヤモンド社,2015年4月)(注)pp.112-113.でお探しいただけ、特に『同書』p.112には奄美大島でカトリック教会が多い理由(布教史上の経緯)が載っています。
(注) この2015年4月版の本は、既に2018年4月現在で最新版ではなく2018年4月現在の最新版は地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 奄美群島1(2017年12月22日発行)です。将来、当ホームページご来訪客の方のご参照時時点での最新版については、「【楽天ブックス】キーワード「地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 ダイヤモンド社」の検索結果」でお探し下さい。



立安寺(りゅうあんじ)立安寺の場所  (日蓮正宗
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬平田町6-8、Tel.:0997-52-1434。日蓮正宗公式サイトでも立安寺(りゅうあんじ)として(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、日蓮正宗公式サイト上のキーワード「奄美市+立安寺」のgoogle検索結果でお探し下さい)、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも立安寺として、iタウンページでも立安寺として紹介されています。この他、立安寺については、キーワード「奄美市+立安寺」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
立安寺は観光スポットではありませんが、奄美大島Iターン移住される方の内、仏教徒の方や、或いは、「葬式仏教山本七平提唱の用語『日本教』的に葬儀法要の際の家の宗教が仏教である方」のために、日本の仏教伝統宗教の宗派の切り分け基準として、十三宗五十六派に属する宗派の寺院であるため、挙げておきます。鹿児島県は、旧薩摩藩領(現・宮崎県の一部 + 鹿児島県)では、慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で一時期は藩主菩提寺も含めて1寺も残さずに寺院が壊滅したため、明治時代以降に県内で急増した浄土真宗諸宗派の寺院を例外として除けば今日でも寺院が少なく、特に奄美群島では、県内他地域では多い浄土真宗諸宗派も含めて寺院が少ない状況にあります。なお、明治時代以降に鹿児島県で特に浄土真宗諸宗派の寺院が増えた原因もしくは背景事情は、江戸時代の藩政期の薩摩藩の本土では、一向宗がご禁制(禁教)でしたが実は隠れキリシタン一向宗版「隠れ念仏」の信仰を抱き続けた領民がいたり、檀家制度が無かったり(注1)した状況の地域において、星野元興鹿児島県 伊佐市大口市地域の伊佐市大口上町16-3の浄土真宗本願寺派(西本願寺) ・ 大ー寺(だいがんじ)住職)真宗寺院にみる廃寺の現状 : 鹿児島県、富山県、広島県の事例から鹿児島大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程地域政策科学専攻紀要地域政策科学研究vol.10, 2013年3月, pp.121-139)p.126によれば、明治時代に禁教が解けた後、「それまでを中心に, 密かに組織されていた真宗信仰集団(注2)が数多く寺院化されることとなった」からであるとの由です。その過程については、窪壮一朗『鹿児島西本願寺の草創期 : なぜ鹿児島には浄土真宗が多いのか』(窪壮一朗(自費出版),2014.11)ブログ上の告知記事,  PDF縦書き版,  PDF横書き版),  西本願寺 鹿児島別院関連の鹿児島教区懇談会「心のともしび」 ・ 明治時代の本願寺による薩摩開教について(中期)明治維新後の宗教政策・西南戦争の影響等に載っており、また、明治時代以降の奄美大島仏教布教史については、財部めぐみ奄美大島における近代仏教の布教過程の特質 : 宗教者の移動性と布教スタイルを中心に鹿児島大学 国際島嶼教育研究センター南太平洋研究vol.30, No.2, 2010年1月1日, pp.1-12)等で解説されています。財部めぐみ氏は、鹿児島大学博士学位論文でも『奄美大島における仏教の成立と展開』(2011年3月)を発表していますが、2018年4月現在、この学位論文の全文を公開した画面(ページ)は、見つけられませんでした。
(注1) 檀家制度が無かった薩摩藩では、健康オタクの目移り ・ 薩摩藩の暗黒史 (4)徹底した廃仏毀釈には、代わりに五人組で宗教の取り締まりが行われた旨の情報が載っていますが、異説(異論)もあり、西本願寺 鹿児島別院関連の鹿児島教区懇談会「心のともしび」 ・ 明治時代の本願寺による薩摩開教について(中期)明治維新後の宗教政策・西南戦争の影響には寺請制度薩摩藩領でもあった旨の情報が載っています。
(注2) 「真宗信仰集団」とは、即ち、隠れ念仏のことであろうと、当ホームページ管理人は推測します。



大島紬泥染公園【楽天トラベル・たびノート】大島紬泥染公園(見学)
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、大島紬泥染公園の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市名瀬伊津部勝727番地、Tel.:0997-54-9088。鹿児島県観光サイト「どんどんかごしまの旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも本場奄美大島紬泥染公園として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「どんどんかごしまの旅」ホームページ上のキーワード「奄美市+大島紬泥染公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも本場奄美大島紬泥染公園として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+大島紬泥染公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも本場奄美大島紬泥染公園として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+大島紬泥染公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、大島紬泥染公園については、キーワード「奄美市+大島紬泥染公園」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

伊津部勝グスク(いつぶがちぐすく)伊津部勝城(いつぶがちじょう)按司屋敷アジ屋敷),ターダスクママターグスクの誤記か?),タカグスク伊津部勝城原):伊津部勝グスク(伊津部勝城)の主郭の場所(この辺り),  伊津部勝グスク(伊津部勝城)の主郭の場所の縮尺拡大地図(この辺り),  伊津部勝グスク(伊津部勝城)の最も北東側の曲輪の場所の縮尺拡大地図(この辺り)
(リンク先は、沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)公式WEBサイト ・ 調査・研究 ・ 紀要(博物館) ・ 當眞嗣一「グスクの縄張りについて(上)」『沖縄県立博物館紀要』第19号,1993年3月,pp.57-73のp.71の城郭遺構の地図に基づく、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字伊津部勝、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」p.95の「伊津部勝集落」欄の中で伊津部勝グスク,  アジ屋敷として、として、ハイヌミカゼでも南西諸島グスクリストの中でターダスクママターグスクの誤記か?),  タカグスク,  伊津部勝城原,  按司屋敷として、沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)公式WEBサイト ・ 調査・研究 ・ 紀要(博物館)でも當眞嗣一「グスクの縄張りについて(上)」『沖縄県立博物館紀要』第19号,1993年3月,pp.57-73のpp.71-72,ならびに當眞嗣一「グスクの縄張りについて(下)」『沖縄県立博物館紀要』第20号,1992年3月,pp.1-25のp.6で(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)公式WEBサイト上のキーワード「グスクの縄張りについて(上)」のgoogle検索結果,ならびに沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)公式WEBサイト上のキーワード「グスクの縄張りについて(下)」のgoogle検索結果でお探し下さい)、小助官兵衛の部屋 ・ 小助官兵衛の戦国史 ・ 小助官兵衛の戦国史シナリオ/小助官兵衛の戦国史に登場する城郭一覧でも薩摩国の中で紹介されています。なお、ターグスクについては、ハイヌミカゼ ・ 南西諸島グスクリスト2018年3月参照時時点の記載内容ではターダスクの名称で載っていますが、恐らくはこれは誤記であり、実はターグスクなのではないかとも思量可能です。この他、伊津部勝グスク伊津部勝城,  按司屋敷アジ屋敷),  ターダスクママターグスクの誤記か?),  タカグスク,  伊津部勝城原については、キーワード「伊津部勝城」のgoogle検索結果,  キーワード「伊津部勝グスク」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+伊津部勝グスク」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+伊津部勝」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
伊津部勝グスク伊津部勝城,  按司屋敷アジ屋敷),  ターダスクママターグスクの誤記か?),  タカグスク,  伊津部勝城原は、奄美大島 古見 間切 古見方伊津部勝村(現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の「名瀬大字伊津部勝(この辺り(地図))」)にあったグスクです。古見 間切は、当画面(当ページ)内の湊グスク用安湊グスク,  用安湊城紹介欄で解説した、湊グスク用安湊グスク,  用安湊城城主の与湾大親(別表記:輿湾大親。ゆわんうふや,奄美方言では「ゆあんうふや」)の敵で、讒言によって与湾大親琉球王国に対する謀反の冤罪を着せた古見我利爺(コミ ガリヤ,或いはコミ ゴリヤ)の2説ある本拠地の中の1つですが、我利爺(ガリヤ,或いはゴリヤ)のグスクが、具体的にどこにあったかは不明です。
  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)
鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



西仲勝グスク西仲勝グスクの場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字西仲勝.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。ハイヌミカゼでも南西諸島グスクリストの中で、小助官兵衛の部屋でも小助官兵衛の戦国史に登場する城郭一覧・薩摩国の中で紹介されています。鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベースでは、西仲勝名称未定の遺跡名称で載っています。この他、西仲勝グスクについては、キーワード「奄美市+西仲勝グスク」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+西仲勝城」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
西仲勝グスクは、奄美大島 古見 間切 古見方西仲勝村(現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の「名瀬大字西仲勝(この辺り(地図))」)にあったグスクです。古見 間切は、当画面(当ページ)内の湊グスク用安湊グスク,  用安湊城紹介欄で解説した、湊グスク用安湊グスク,  用安湊城城主の与湾大親(別表記:輿湾大親。ゆわんうふや,奄美方言では「ゆあんうふや」)の敵で、讒言によって与湾大親琉球王国に対する謀反の冤罪を着せた古見我利爺(コミ ガリヤ,或いはコミ ゴリヤ)の2説ある本拠地の中の1つですが、我利爺(ガリヤ,或いはゴリヤ)のグスクが、具体的にどこにあったかは不明です。
  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)
鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



前勝グスク前勝城):候補地1:前勝グスクの場所,  候補地2:前勝城の場所
(リンク先はそれぞれ、前勝グスクの場所についてはハイヌミカゼ ・ 南西諸島グスクリストに、前勝城の場所については鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベースの地図検索結果に基づく、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字の前勝集落.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。ハイヌミカゼでも南西諸島グスクリストの中で、小助官兵衛の部屋でも小助官兵衛の戦国史に登場する城郭一覧・薩摩国の中で紹介されています。鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベースでは、前勝城の遺跡名称で載っています。この他、前勝グスク前勝城については、キーワード「奄美市+前勝グスク」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+前勝城」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
前勝グスク前勝城は、奄美大島 古見 間切 古見方西仲勝村(現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の「名瀬大字西仲勝(この辺り(地図))」)の前勝集落にあったグスクです。古見 間切は、当画面(当ページ)内の湊グスク用安湊グスク,  用安湊城紹介欄で解説した、湊グスク用安湊グスク,  用安湊城城主の与湾大親(別表記:輿湾大親。ゆわんうふや,奄美方言では「ゆあんうふや」)の敵で、讒言によって与湾大親琉球王国に対する謀反の冤罪を着せた古見我利爺(コミ ガリヤ,或いはコミ ゴリヤ)の2説ある本拠地の中の1つですが、我利爺(ガリヤ,或いはゴリヤ)のグスクが、具体的にどこにあったかは不明です。
  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)
鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



名瀬勝グスク名瀬勝グスクの場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字名瀬勝.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。ハイヌミカゼでも南西諸島グスクリストの中で紹介されています。この他、名瀬勝グスクについては、キーワード「奄美市+名瀬勝グスク」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
名瀬勝グスクは、奄美大島 古見 間切 古見方名瀬勝村(現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の「名瀬大字名瀬勝(この辺り(地図))」)にあったグスクです。古見 間切は、当画面(当ページ)内の湊グスク用安湊グスク,  用安湊城紹介欄で解説した、湊グスク用安湊グスク,  用安湊城城主の与湾大親(別表記:輿湾大親。ゆわんうふや,奄美方言では「ゆあんうふや」)の敵で、讒言によって与湾大親琉球王国に対する謀反の冤罪を着せた古見我利爺(コミ ガリヤ,或いはコミ ゴリヤ)の2説ある本拠地の中の1つですが、我利爺(ガリヤ,或いはゴリヤ)のグスクが、具体的にどこにあったかは不明です。
  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)
鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



金刀比羅神社(名瀬勝)金刀比羅神社(名瀬勝)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字名瀬勝.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.89-90の「名瀬勝集落」欄で、きはらもりおのDIGITAL DARK ROOMでも2011年11月の中で紹介されています。この他、金刀比羅神社(名瀬勝)については、キーワード「奄美市+金刀比羅神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

小湊フワガネク遺跡小湊外金久遺跡):小湊フワガネク遺跡の場所,  小湊フワガネク遺跡の案内板の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字小湊338、Tel.:0997-54-1210(奄美市立奄美博物館)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」の中,ならびに「小湊フワガネク遺跡出土品」国重要文化財指定に!等として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、また、同ホームページ内の「小湊フワガネク遺跡」に関する他の掲載情報については、電子ミュージアム奄美上のキーワード「小湊フワガネク遺跡」のgoogle検索結果でお探し下さい)、文化遺産オンラインでも小湊フワガネク遺跡として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、文化遺産オンライン上のキーワード「小湊フワガネク遺跡」のgoogle検索結果でお探し下さい)、鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 鹿児島県立埋蔵文化財センター ・ 先史・古代の鹿児島 ・ 大島地区でも小湊フワガネク遺跡(PDF版)として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト上のキーワード「小湊フワガネク遺跡」のgoogle検索結果でお探し下さい)、熊本大学公式WEBサイト ・ 熊本大学附属図書館 ・ 熊本大学学術リポジトリでも木下尚子「先史奄美のヤコウガイ消費 : ヤコウガイ大量出土遺跡の理解にむけて」熊本大学『文学部論叢』Vol.101,2010,pp.35-55の中で、紹介されています。その他、小湊フワガネク遺跡小湊外金久遺跡については、キーワード「奄美市+小湊フワガネク遺跡」のgoogle検索結果でもお探しいただけます。本では、松下志朗 ・ 下野敏見街道の日本史(55) 鹿児島の湊と薩南諸島吉川弘文館,2002)p35ならびにp.65,  麓純雄奄美の歴史入門 奄美子たちに贈る地方・小出版流通センター南方新社),2011)pp.33-34で紹介されています。
  
小湊フワガネク遺跡小湊外金久遺跡に関する展示は、2018年2月現在奄美市立奄美博物館で行われています。)

小湊按司屋敷小湊アジ屋敷):小湊按司屋敷の場所(この辺り(道に囲まれた区画))小湊按司屋敷の場所(この辺り(道に囲まれた区画))拡大地図,  マー(の広場:小湊按司屋敷前の広場)の場所,  神道の場所(ここここ
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字小湊.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課)?。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」pp.85-86の「小湊集落」欄,ならびに奄美市教育委員会編『国指定史跡 小湊フワガネク遺跡 小湊集落の歴史と文化』(奄美市教育委員会,2014年)(PDF版)の中で、鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所)でも文化財・史跡案内の「島建て石」欄の中で(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「小湊+按司屋敷」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、小湊按司屋敷小湊アジ屋敷については、キーワード「奄美市+小湊+按司屋敷」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+小湊+アジ屋敷」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内の「島建て石」欄(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「小湊+按司屋敷」のgoogle検索結果でお探し下さい)、ならびに電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 奄美市教育委員会編『国指定史跡 小湊フワガネク遺跡 小湊集落の歴史と文化』(奄美市教育委員会,2014年)(PDF版)p.10によれば、結婚するために琉球 伊平屋島いへやじま,  解説(現・沖縄県 島尻郡 伊平屋村いへやそん,  村役場公式WEBサイト,  解説,  観光協会HP,  地図)))を脱出して来た按司(アジ)の兄妹が、イスビラ(この辺り(地図))の海岸に到着したとの由です。同情報源によれば、その海岸は高い山に囲まれていたために、兄妹は石を持ちながら高い山から周囲を眺めてみると良さそうな平地が見えたので、そこで暮らすことにしたとの由であり、その石が置かれた場所・シマ建て石(シマダテ石(この辺り(地図)))には、大きな男石(イヒリガナシ石)と小さな女石(ウナリガナシ石)があるとの由です。同情報源によれば、兄妹は、平地の中心をマーの広場(地図)に定めて、その隣に屋敷を構えたとの由です。この屋敷が、
小湊按司屋敷小湊アジ屋敷です。
  鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内の「島建て石」欄によれば(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「小湊+按司屋敷」のgoogle検索結果でお探し下さい)、(小湊集落に限らず他の集落でも)「マー」と呼ばれる広場は「ミャー」,「ミヤ」等とも呼ばれて、集落の祭りや行事等を行う神聖な場所であるとの由です。また、同情報源によれば、奄美大島では、集落の始まりと関わった自然石を「イビガナシ」等と呼んで祀ってある場合が多いとの由ですが、(他の集落では一般的に)集落中央のこの「ミャー(マー,ミヤ)」と呼ばれる広場の一角に置かれて祀られている場合が多いとの由です。したがって、小湊集落のように、この石が近くの山の上にある事例は、多数派ではない事例であることになります。
  
小湊按司屋敷小湊アジ屋敷は、城(しろ)でもグスクでもありませんが、按司(アジ)の屋敷跡であるため、跡やグスク跡と同様に紹介することにします。小湊按司屋敷小湊アジ屋敷は、奄美大島 古見 間切 古見方小湊村(現・鹿児島県 奄美市名瀬市地域の「名瀬大字小湊(この辺り(地図))」)にあった按司(アジ)の屋敷跡だということになります。古見 間切は、当画面(当ページ)内の湊グスク用安湊グスク,  用安湊城紹介欄で解説した、湊グスク用安湊グスク,  用安湊城城主の与湾大親(別表記:輿湾大親。ゆわんうふや,奄美方言では「ゆあんうふや」)の敵で、讒言によって与湾大親琉球王国に対する謀反の冤罪を着せた古見我利爺(コミ ガリヤ,或いはコミ ゴリヤ)の2説ある本拠地の中の1つですが、我利爺(ガリヤ,或いはゴリヤ)のグスクが、具体的にどこにあったかは不明です。
  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)
鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



小湊厳島神社小湊厳島神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市名瀬大字小湊、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課),0997-63-1111(奄美市笠利総合支所)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(3)(PDF版)」p.85の「小湊集落」欄の中で(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、電子ミュージアム奄美上のキーワード「小湊厳島神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所)でも文化財・史跡案内,  奄美市指定文化財として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「小湊厳島神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、わきゃしま大好きでも小湊厳島神社として、徒然なる奄美でも小湊・厳島神社として、奄美屋診療所でも十六童子弁財天坐像〜小湊厳島神社祭として紹介されています。この他、小湊厳島神社については、キーワード「奄美市+小湊+厳島神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所) ・ 文化財・史跡案内によれば(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「小湊厳島神社」のgoogle検索結果でお探し下さい)、
小湊厳島神社は当初、江戸時代には観音寺という寺であったとの由です。同情報源によれば、慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈によって観音寺は廃寺となり、今日の厳島神社になったとの由です。)

上記以外の旧名瀬市地域の遺跡・歴史・神社・民俗文化関連の観光スポット
(当欄(旧名瀬市地域)で上述した以外鹿児島県 奄美市名瀬市地域の遺跡・歴史・神社・民俗文化関連の観光スポットについては、以下のリンク先やパンフレットでお探しいただけます。
→   ○   電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊!添付のふるふる奄美(3)(PDF版)
○   上記以外の電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館掲載情報
・   「電子ミュージアム奄美」上のキーワード「名瀬+遺跡」のgoogle検索結果
・   「電子ミュージアム奄美」上のキーワード「名瀬+歴史」のgoogle検索結果
・   「電子ミュージアム奄美」上のキーワード「名瀬+神社」のgoogle検索結果
・   「電子ミュージアム奄美」上のキーワード「名瀬+民俗」のgoogle検索結果
・   「電子ミュージアム奄美」上のキーワード「名瀬+文化」のgoogle検索結果
○   鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 鹿児島県立埋蔵文化財センター ・ 先史・古代の鹿児島 ・ 大島地区
リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト上のキーワード「遺跡+名瀬」のgoogle検索結果でお探し下さい。)



(当HP内の)奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島地区温泉,銭湯,大浴場案内


【楽天トラベル】鹿児島県奄美市のホテル・旅館の検索結果 > 【楽天トラベル】鹿児島県奄美市の旧名瀬市のホテル・旅館の検索結果


奄美市名瀬市地域の内の目次
なぜまち(中心街(中心市街地)) 「なぜまち」の南の山・丘陵
「なぜまち」の北西&西側の郊外のスポット 「なぜまち」の北東&東側の郊外のスポット
「なぜまち」の南側の郊外のスポット   
旧名瀬市地域の先頭(トップ)
当画面(当ページ)の先頭(トップ)


当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
島 or 分類 市町村 or 内容
目次 (当画面(当ページ)だけでなく)全体の目次
全般的に 全般的に(奄美群島全体)
奄美大島 奄美市 名瀬市地域
住用村地域
笠利町地域
龍郷町
大和村
宇検村
瀬戸内町




加計呂麻島
請島
与路島
喜界島 喜界町
徳之島 徳之島町
伊仙町
天城町
沖永良部島 和泊町
知名町
与論島 与論町
交通案内 交通案内,アクセス


奄美大島名瀬新港新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:〒894-0035 鹿児島県奄美市 名瀬塩浜町17-2281,Tel.:0997-53-2111(マルエーフェリー(株)(旧・大島運輸(株))解説)(住所:〒894-0034 鹿児島県奄美市名瀬入舟町8−21−1F(地図))),0997-52-2316(マルエーフェリー(株)阪神航路以外の鹿児島航路&同グループ企業・奄美海運(株)解説)の場合の代理店・名瀬港運(株)観光・旅行センター港町営業所,鹿児島県奄美市名瀬港町11-3(地図)),0997-52-5151(マリックスラインの場合の2015年8月現在、船名「クイーンコーラルプラス」出入港の場合の代理店・叶運輸(住所:奄美市名瀬入舟町20-2(この辺り(地図)))),0997-53-3111(マリックスラインの場合の2015年8月現在、船名「クイーンコーラル8」出入港の場合の代理店・里見海運産業(住所:奄美市名瀬塩浜町17-5(地図))),0997-53-3113(詳しくは次段落で述べる「十島航路」の場合の代理店・里見海運産業(株)(奄美ツーリストサービス)新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)における拠点「里見海運産業(株)新港営業所」)。新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)については、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)として紹介されています。新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)は、鹿児島県 ・ 奄美群島奄美大島奄美市名瀬市地域名瀬港の埠頭/岸壁の中の一つです。名瀬港全体について紹介する参照先ホームページは、当画面(当ページ)内の名瀬港紹介欄でご参照いただけます。
→   (当画面(当ページ)内の)名瀬港紹介欄

  十島航路とは、十島村営のカーフェリー(2014年5月現在、船は「フェリーとしま」)で、鹿児島県 ・ 鹿児島市鹿児島港,ならびに名瀬港と、鹿児島県 ・ 十島村(吐喝喇列島(トカラ列島))とを結ぶ航路です。十島村ホームページ ・ フェリーとしま運行状況によれば(リンク先URLは2015年8月現在)2015年8月現在十島航路の船は、都度都度の状況に応じて、名瀬港では、新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)に入港する場合と、名瀬港佐大熊岸壁に入港する場合とがあるとの由です。
→   (当画面(当ページ)内の)名瀬港佐大熊岸壁紹介欄

  十島航路名瀬港での代理店は、里見海運産業(株)(奄美ツーリストサービス)です。十島村ホームページ ・ フェリーとしま運行状況によれば(リンク先URLは2015年8月現在)2015年8月現在奄美市名瀬市地域での乗船券販売は、出港前日までは里見海運産業(株)旅行部門の奄美ツーリストサービスリンク先URLは2015年8月現在。将来リンク切れになったら、里見海運産業(株)ホームページ上のキーワード「奄美ツーリストサービス」のgoogle検索結果でお探し下さい)であるとの由であり、住所:〒894-0035 鹿児島県奄美市名瀬塩浜町17-5 里見海運産業(株)1F(地図),Tel.:0997-53-3112です。同参照先情報源によれば、2015年8月現在、出港当日はフェリー船内案内所にて手続き可能であるとの由であり、かつ詳しくは名瀬港代理店との由です。名瀬港代理店は、新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)に入港する場合には、里見海運産業(株)新港営業所(住所:〒894-0035 鹿児島県奄美市 名瀬塩浜町17-2281(地図),Tel.:0997-53-3113)であるとの由です。また、名瀬港佐大熊岸壁に入港する場合の現地代理店営業所は、里見海運産業(株)佐大熊営業所(住所:鹿児島県奄美市名瀬佐大熊町2474(地図),Tel.:0997-52-2251)であるとの由です。なお、この十島航路は、鹿児島港名瀬港から十島村(吐喝喇列島(トカラ列島))に行くことを主目的とする航路であり、途中で十島村(吐喝喇列島(トカラ列島))の島々に寄港するため鹿児島港からは時間がかかりますので、鹿児島港から奄美大島に直行する場合よりはむしろ、奄美大島十島村(吐喝喇列島(トカラ列島))と併せて離島の周遊する場合にお薦めの航路です。
  2015年8月時点
名瀬港 ・ 新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)に就航する航路について詳しくは、以下のリンク先でご参照いただけます。なお、以下の航路の出航地の港の内、鹿児島港については、九州新幹線等で鹿児島県 ・ 鹿児島市にお越しになった方、或いは鹿児島県九州本土にお住まいの方等々、鹿児島市経由で行く方にお薦めです。この場合、船が出る埠頭である鹿児島港の各埠頭への、九州新幹線停車駅・鹿児島中央駅地図)がある鹿児島市内での行き方は、当ホームページ内の鹿児島港本港区北埠頭旅客ターミナル紹介欄,  鹿児島新港紹介欄、ならびに鹿児島港本港区南埠頭紹介欄でご参照いただけます。
→  ◎   神戸港解説) ・ 六甲アイランド ・ 六甲船客ターミナル地図から
   兵庫県 ・ 神戸市。住所:住所:〒658-0031 兵庫県神戸市東灘区向洋町東3丁目3,Tel.:078-857-3901(マルエーフェリー(株)))
   & 大阪港解説) ・ 大阪南港フェリーターミナル解説)(地図から
   大阪府 ・ 大阪市。住所:〒559-0032 大阪府大阪市住之江区南港南2-2-24,Tel.:0997-53-2111(マルエーフェリー(株)))
   & 那覇港 ・ 那覇新港(安謝) 船客待合所(那覇新港フェリーターミナル)(地図から
   沖縄県 ・ 那覇市。住所:〒900-0001 沖縄県那覇市港町1丁目16-10,Tel.:098-861-1881(マルエーフェリー(株)))
  ○  A''Line マルエーフェリー株式会社・奄美海運株式会社ホームページ
【状況変更情報】  平成29年(2017年)10月10日から、当航路の旅客取り扱いは中止になり、内航RO-RO船による貨物航路に変更になりました。なお、2018年2月現在、貨物RO-RO船の航路は、東京航路もある他、平成30年(2018年)2月9日(金)から、週回金曜日に名古屋便も就航しているとの由です。)
◎   鹿児島港 ・ 鹿児島港本港区北埠頭旅客ターミナルから
   鹿児島県 ・ 鹿児島市。住所:〒892-0814 鹿児島市 本港新町3 北埠頭ターミナル,Tel.:099-222-2338(北埠頭旅客ターミナル),099-224-2126(奄美海運)。)
  ○  A''Line マルエーフェリー株式会社・奄美海運株式会社ホームページ ・ 奄美海運欄
奄美海運欄について、リンク先URLは2015年8月現在。将来リンク切れになったら、マルエーフェリー(株)・奄美海運(株)ホームページ上のキーワード「奄美海運」のgoogle検索結果で情報をお探し下さい。)
2015年8月現在マルエーフェリー(株)(旧・大島運輸(株))解説)グループ企業・奄美海運(株)解説)の船は、鹿児島県奄美群島に行く航路を運行しています。寄港する港は、喜界島湾港,  奄美大島鹿児島県 奄美市名瀬市地域名瀬港 ・ 名瀬新港 ・ 新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル),  奄美大島鹿児島県 大島郡 瀬戸内町 大字(おおあざ) 古仁屋(こにや)古仁屋港こにやこう) ・ 古仁屋漁港ターミナル大湊待合所,  徳之島平土野港へとのこう,  沖永良部島知名港です。)
◎   鹿児島港 ・ 鹿児島新港から
   鹿児島県 ・ 鹿児島市。住所:鹿児島市 城南町45地内,Tel.:099-286-3645(鹿児島県土木部港湾空港課),2015年8月現在マリックスラインの場合の連絡先は099-225-1551(マリックスライン(株))、マルエーフェリー(株)の場合の連絡先は099-226-4141(マルエーフェリー(株))。)
   & 本部港地図から
   沖縄県 国頭郡 本部町。住所:〒905-0225 沖縄県国頭郡本部町字崎本部5232,Tel.:0980-47-4200(本部港管理事務所)。2015年8月現在マリックスラインの場合の連絡先はトランスネット沖縄(株)本部営業所(住所:沖縄県国頭郡本部町字崎本部5232,Tel.:0980-51-6630)、マルエーフェリー(株)の場合の連絡先は鹿児島奄美那覇切符売場(北部港運(株))(住所:沖縄県国頭郡本部町字崎本部5232,Tel.:0980-47-3801)。)
   & 那覇港 ・ 那覇港フェリーターミナル(地図から
   沖縄県 ・ 那覇市。住所:沖縄県那覇市通堂町2-1 那覇港ターミナルビル内,Tel.:098-868-2578(那覇港管理組合総務部総務課)。2015年8月現在マリックスラインの場合の連絡先はトランスネット沖縄(株)(住所:沖縄県那覇市通堂町2-1,Tel.:098-868-9098)、マルエーフェリー(株)の場合の連絡先はマルエーフェリー(株)/船客(住所:〒900-0035 沖縄県那覇市通堂町2-1-1F,Tel.:098-861-1886))
  ○  マリックスライン公式WEBサイト
2015年8月現在、上記の各港から、マリックスライン解説の船で、鹿児島県奄美群島に行くことができます。寄港する港は、奄美大島名瀬港 ・ 名瀬新港 ・ 新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル),  徳之島亀徳港,  沖永良部島和泊港,  与論島与論港です。)
   ○  A''Line マルエーフェリー株式会社・奄美海運株式会社ホームページ
2015年8月現在、上記の各港から、マルエーフェリー(株)(旧・大島運輸(株))解説)の鹿児島航路の船で、鹿児島県奄美群島に行くことができます。寄港する港は、奄美大島名瀬港 ・ 名瀬新港 ・ 新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル),  徳之島亀徳港,  沖永良部島和泊港,  与論島与論港です。)
◎   鹿児島港 ・ 鹿児島港本港区南埠頭(旅客船乗り場)十島航路待合所(フェリーとしま旅客待合所)(地図から
   鹿児島県 ・ 鹿児島市。住所:住所:鹿児島市本港新町6番地,Tel.:十島航路については099-219-1191(十島航路 鹿児島本港南埠頭海岸事務所),099-222-2103(十島村土木交通課航路対策室),099-219-1191(取扱代理店・中川運輸(株)南埠頭事務所(住所:〒892-0814 鹿児島市本港新町6番地 フェリーとしま旅客ターミナル内(地図))),099-226-5111(取扱代理店・中川運輸(株)本社総合受付(住所:〒892-0823 鹿児島市住吉町13番3号(地図)))。
  ○  鹿児島県十島村ホームページ ・ フェリー情報
リンク先URLは2015年8月現在。もしも将来リンク切れになったら、鹿児島県十島村ホームページ上のキーワード「フェリー」のgoogle検索結果で、十島航路についてお調べいただけます。2015年8月現在十島航路の船も、奄美大島名瀬港に寄港します。接岸する岸壁は、名瀬新港 ・ 新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)の場合と、名瀬港佐大熊岸壁なぜこうさだいくまがんぺきの場合とがあります。)

  2015年8月現在奄美大島奄美市名瀬市地域名瀬港 ・ 名瀬新港 ・ 新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)地図から、名瀬市地域の市街地へは、しまバス(旧称:道の島交通)解説)の路線バスで行くことができます。名瀬港 ・ 新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)地図最寄りのバス停はしまバス解説)の「塩浜バス停」(地図)であり、このバス停の奄美市立金久中学校グラウンド(地図)側から、2015年8月現在、「奥又・与儀又行き」、「小湊行き」、「古仁屋行き」、「春日・田雲行き」、「有屋・浦上・奥万田行き」のバスに乗り、ホテル ウエストコート奄美最寄りの「ウエストコート前」バス停(地図)で降りれば、そこが名瀬市地域の市街地です。
  また、奄美大島内の他の箇所にも、しまバス(旧称:道の島交通)解説)の路線バスに乗り換えれば、行くことができます。2015年8月現在しまバス路線図によれば、「名瀬(ホテル ウエストコート)」バス停(地図)はB>空港線バスの発着所となるバス停であり、「港町待合所前」バス停(地図)は奄美市笠利町地域 ・ 大島郡 龍郷町方面に行く路線バスが出るバス停でもあり、「しまバス本社前」バス停(地図)は大島郡 瀬戸内町 ・ 奄美市住用村地域 ・ 大島郡 宇検村方面に行く路線バスへの乗り換え拠点となるバス停であるとの由です。
  しまバスの時刻表については、しまバス公式WEBサイトでお調べいただけます。

→   しまバス公式WEBサイト

  奄美大島レンタカーは、【楽天トラベル・レンタカー予約】奄美大島 のレンタカー店舗一覧でお探しいただけます。
→   【楽天トラベル・レンタカー予約】奄美大島 のレンタカー店舗一覧

  奄美大島奄美市のタクシー会社は、以下のリンク先でお探しいただけます。
→   ○   アット・ニフティ@nifty ・ 電話帳 ・ 奄美市のタクシー会社の検索結果
○   【iタウンページ】奄美市のタクシー会社の検索結果



奄美大島名瀬港佐大熊岸壁(なぜこうさだいくまがんぺき):名瀬港佐大熊岸壁の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:鹿児島県奄美市 名瀬佐大熊町2474,Tel.:0997-52-2251(詳しくは次段落で述べる「十島航路」の場合の代理店・里見海運産業(株)(奄美ツーリストサービス)名瀬港佐大熊岸壁における拠点「里見海運産業(株)佐大熊営業所」)。名瀬港佐大熊岸壁は、鹿児島県 ・ 奄美群島奄美大島奄美市名瀬市地域名瀬港の岸壁の中の一つであり、名瀬港全体について紹介する参照先ホームページは、当画面(当ページ)内の名瀬港紹介欄でご参照いただけます。
→   (当画面(当ページ)内の)名瀬港紹介欄

  2015年8月現在名瀬港佐大熊岸壁は、「十島航路」で使われる名瀬港の岸壁の中の一つです。十島航路とは、十島村営のカーフェリー(2014年5月現在、船は「フェリーとしま」)で、鹿児島県 ・ 鹿児島市鹿児島港,ならびに名瀬港と、鹿児島県 ・ 十島村(吐喝喇列島(トカラ列島))とを結ぶ航路です。十島村ホームページ ・ フェリーとしま運行状況によれば(リンク先URLは2015年8月現在)2015年8月現在十島航路の船は、都度都度の状況に応じて、名瀬港では、新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)に入港する場合と、名瀬港佐大熊岸壁に入港する場合とがあるとの由です。
→   ○   (当画面(当ページ)内の)新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)紹介欄

  十島航路名瀬港での代理店は、里見海運産業(株)(奄美ツーリストサービス)です。十島村ホームページ ・ フェリーとしま運行状況によれば(リンク先URLは2015年8月現在)2015年8月現在奄美市名瀬市地域での乗船券販売は、出港前日までは里見海運産業(株)旅行部門の奄美ツーリストサービスリンク先URLは2015年8月現在。将来リンク切れになったら、里見海運産業(株)ホームページ上のキーワード「奄美ツーリストサービス」のgoogle検索結果でお探し下さい)であるとの由であり、住所:〒894-0035 鹿児島県奄美市名瀬塩浜町17-5 里見海運産業(株)1F(地図),Tel.:0997-53-3112です。同参照先情報源によれば、2015年8月現在、出港当日はフェリー船内案内所にて手続き可能であるとの由であり、かつ詳しくは名瀬港代理店との由です。名瀬港代理店は、新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)に入港する場合には、里見海運産業(株)新港営業所(住所:〒894-0035 鹿児島県奄美市 名瀬塩浜町17-2281(地図),Tel.:0997-53-3113)であるとの由です。また、名瀬港佐大熊岸壁に入港する場合の現地代理店営業所は、里見海運産業(株)佐大熊営業所(住所:鹿児島県奄美市名瀬佐大熊町2474(地図),Tel.:0997-52-2251)であるとの由です。なお、この十島航路は、鹿児島港名瀬港から十島村(吐喝喇列島(トカラ列島))に行くことを主目的とする航路であり、途中で十島村(吐喝喇列島(トカラ列島))の島々に寄港するため鹿児島港からは時間がかかりますので、鹿児島港から奄美大島に直行する場合よりはむしろ、奄美大島十島村(吐喝喇列島(トカラ列島))と併せて離島の周遊する場合にお薦めの航路です。
  2015年8月時点
名瀬港 ・ 名瀬港佐大熊岸壁に就航する航路について詳しくは、以下のリンク先でご参照いただけます。なお、九州新幹線停車駅・鹿児島中央駅地図)がある鹿児島市内での鹿児島港十島航路の埠頭への行き方は、当ホームページ内の鹿児島港本港区南埠頭紹介欄でご参照いただけます。
→  ◎   鹿児島港 ・ 鹿児島港本港区南埠頭(旅客船乗り場)十島航路待合所(フェリーとしま旅客待合所)(地図から
   鹿児島県 ・ 鹿児島市。住所:住所:鹿児島市本港新町6番地,Tel.:十島航路については099-219-1191(十島航路 鹿児島本港南埠頭海岸事務所),099-222-2103(十島村土木交通課航路対策室),099-219-1191(取扱代理店・中川運輸(株)南埠頭事務所(住所:〒892-0814 鹿児島市本港新町6番地 フェリーとしま旅客ターミナル内(地図))),099-226-5111(取扱代理店・中川運輸(株)本社総合受付(住所:〒892-0823 鹿児島市住吉町13番3号(地図)))。
  ○  鹿児島県十島村ホームページ ・ フェリー情報
リンク先URLは2015年8月現在。もしも将来リンク切れになったら、鹿児島県十島村ホームページ上のキーワード「フェリー」のgoogle検索結果で、十島航路についてお調べいただけます。2015年8月現在十島航路の船も、奄美大島名瀬港に寄港します。接岸する岸壁は、名瀬新港 ・ 新港船客待合所(名瀬新港フェリーターミナル)の場合と、名瀬港佐大熊岸壁なぜこうさだいくまがんぺきの場合とがあります。)

  奄美大島 ・ 名瀬港 ・ 名瀬港佐大熊岸壁地図最寄りのバス停は、しまバス(旧称:道の島交通)解説)の「佐大熊団地(国道沿い)」バス停(地図)もしくは「佐大熊(国道沿い)」バス停(地図)です。両バス停から、しまバス解説)の「奄美市笠利町地域 ・ 大島郡 龍郷町方面から、奄美市名瀬市地域方面行き」の路線バスに乗れば、奄美市名瀬市地域の市街地に行くことができます。
  また、奄美大島内の他の箇所にも、しまバス(旧称:道の島交通)解説)の路線バスに乗り換えれば、行くことができます。2015年8月現在しまバス路線図によれば、「名瀬(ホテル ウエストコート)」バス停(地図)はB>空港線バスの発着所となるバス停であり、「港町待合所前」バス停(地図)は奄美市笠利町地域 ・ 大島郡 龍郷町方面に行く路線バスが出るバス停でもあり、「しまバス本社前」バス停(地図)は大島郡 瀬戸内町 ・ 奄美市住用村地域 ・ 大島郡 宇検村方面に行く路線バスへの乗り換え拠点となるバス停であるとの由です。
  しまバスの時刻表については、しまバス公式WEBサイトでお調べいただけます。

→   しまバス公式WEBサイト

  奄美大島レンタカーは、【楽天トラベル・レンタカー予約】奄美大島 のレンタカー店舗一覧でお探しいただけます。
→   【楽天トラベル・レンタカー予約】奄美大島 のレンタカー店舗一覧

  奄美大島奄美市のタクシー会社は、以下のリンク先でお探しいただけます。
→   ○   アット・ニフティ@nifty ・ 電話帳 ・ 奄美市のタクシー会社の検索結果
○   【iタウンページ】奄美市のタクシー会社の検索結果





【楽天トラベル】奄美大島・喜界島・徳之島のホテル・旅館
【楽天トラベル】国内旅行・パックツアー(交通+宿) ・ 【楽パック】奄美大島・喜界島・徳之島 売れ筋ホテル・旅館ランキング
航空券
(空路)
【楽天トラベル】航空券予約
バニラエア(Vanilla Air)公式WEBサイト
2015年8月現在、「成田国際空港解説,  搭乗手続きカウンターは成田国際空港 第3ターミナル地図)) − 奄美空港」便を就航しているLCC(格安航空会社)です。)
【楽天トラベル・たびノート】鹿児島県の観光スポット
【楽天トラベル・たびノート】奄美大島・喜界島・徳之島の観光スポット


当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
島 or 分類 市町村 or 内容
目次 (当画面(当ページ)だけでなく)全体の目次
全般的に 全般的に(奄美群島全体)
奄美大島 奄美市 名瀬市地域
住用村地域
笠利町地域
龍郷町
大和村
宇検村
瀬戸内町




加計呂麻島
請島
与路島
喜界島 喜界町
徳之島 徳之島町
伊仙町
天城町
沖永良部島 和泊町
知名町
与論島 与論町
交通案内 交通案内,アクセス




奄美大島 ・ 奄美市 ・ 旧住用村地域>

当画面(当ページ)内の目次へ(戻る) 当画面(当ページ)の先頭(トップ)



【楽天トラベル】鹿児島県奄美市のホテル・旅館の検索結果


奄美市ホームページ

奄美市
(リンク先はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のサブ・コンテンツ。2006年3月20日に、名瀬市(なぜし)住用村(すみようそん)笠利町(かさりちょう)が合併して発足しました。)

一般社団法人 奄美群島観光物産協会公式WEBサイト「ぐーんと奄美」

奄美大島観光物産協会公式サイト「のんびり奄美」

奄美大島観光協会

奄美大島エコツアーガイド連絡協議会

しまバスホームページ
(奄美大島を公共交通機関で移動する際に便利です。空港から各地に行く際にも使えます。)


城集落(住用町大字城(すみようちょうおおあざぐすく))(グスク跡として) & イキィビライキイビラ城集落(住用町大字城)の場所(この辺り),  イキィビラ/イキイビラの場所(この辺り)
(リンク先は、城集落(住用町大字城)についてはハイヌミカゼ ・ 南西諸島グスクリスト掲載情報に、イキィビライキイビラについては鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベースの検索結果に基づく、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字城、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課),0997-63-1111(奄美市笠利総合支所)。ハイヌミカゼでも南西諸島グスクリストの中、ならびに奄美市住用地区 ・ 城集落の中で紹介されており、鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイトでも埋蔵文化財情報データベースイキィビラを検索できます。
  鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベースの検索結果によれば、鹿児島県奄美市住用町大字城の遺跡には「ワキノト・マツヤマ遺跡(鹿児島県奄美市住用町大字城(この辺り(地図)))」,  「イキィビラ遺跡(鹿児島県奄美市住用町大字池平(この辺り(地図)))」,  「サモト遺跡(鹿児島県奄美市住用町大字池平(この辺り(地図)))」,  「アギ遺跡(鹿児島県奄美市住用町大字城(この辺り(地図)))」,  「トウグチ遺跡(鹿児島県奄美市住用町大字金久(この辺り(地図)))」があり、この内、「イキィビラ遺跡(鹿児島県奄美市住用町大字池平(この辺り(地図)))」の「遺跡の主な時代」欄は「中世,中世 グスク」であることになっています。ハイヌミカゼ ・ 南西諸島グスクリスト孫引きの三木靖「奄美におけるグスク調査の報告」(鹿児島短期大学付属南日本文化研究所『奄美学術調査記念論文集』,1993)によれば、住用町大字城の小字城では「山際の平坦面で住宅跡畑地が聖地視されている」との由であり、同ホームページ管理人の方は、この表現されている場所を「集落北側のイキイビラと呼ばれる場所のことか?」と、「?」付きで推測しておられます。この推測は、上述したとおり、鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベースの検索結果では「イキィビラ遺跡(鹿児島県奄美市住用町大字池平(この辺り(地図)))」がグスクになっている旨と平仄(ひょうそく)が合っています。なお、イキィビラ/イキイビラは、この場所の小字名「池平」の奄美方言読みなのではないかと、当ホームページ管理人は推測します。
  この他、
城集落(住用町大字城) & イキィビライキイビラについては、キーワード「住用町+城集落」のgoogle検索結果,  キーワード「住用町+イキィビラ」のgoogle検索結果,  キーワード「住用町+イキイビラ」のgoogle検索結果で、お探しいただけます。
  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)
鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



城サモト遺跡グスクサモトいせきサモト遺跡):サモト遺跡の場所・候補1,  サモト遺跡の場所・候補2
(リンク先は、サモト遺跡の場所・候補1については鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベースの検索結果に、サモト遺跡の場所・候補2については電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館・「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)」p.105の「城(グスク)集落」欄に基づく、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字池平、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課),0997-63-1111(奄美市笠利総合支所)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)」p.105の「城(グスク)集落」欄で(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、電子ミュージアム奄美上のキーワード「サモト遺跡」のgoogle検索結果でお探し下さい)、鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 鹿児島県立埋蔵文化財センター ・ 先史・古代の鹿児島 ・ 大島地区でもサモト遺跡(PDF版)として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト上のキーワード「サモト遺跡」のgoogle検索結果でお探し下さい)、与論島クオリアでも「歩み続ける奄美考古学」の中で、奄美群島広域事務組合でも奄美キーワード:史跡の中で紹介されています。この他、城サモト遺跡サモト遺跡については、キーワード「奄美市+サモト遺跡」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

城大師堂(ぐすくたいしどう)弘法大師堂):城大師堂の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字城、Tel.:0997-63-1111(奄美市笠利総合支所)?。大熊コンシェルジェでも奄美島歩き 城大師堂として、I love Amami 〜ゆーりのふるさと再発見〜でも【住用】【神社】 城大師堂(ぐすくたいしどう)♪として、MIRACLE NATURE@奄美大島の自然でも謎の石像として紹介されています。この他、城大師堂弘法大師堂については、キーワード「奄美市+住用+城大師堂」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市住用+城+弘法大師」のgoogle検索結果でお探しいただけます。城大師堂弘法大師堂に行く道の、国道58号からの分岐点には、上記各情報源の内、最も日付が新しい2017年時点で道案内の看板があるとの由であり、その分岐点は分岐点の場所(地図)のとおりです。
  大熊コンシェルジェ ・ 奄美島歩き 城大師堂に載っている
城大師堂の案内板記載内容によれば、城大師堂は、戦前(=昭和16年(1941年)12月8日〜昭和20年(1945年)8月15日の太平洋戦争開戦以前の時期)より弘法大師(空海)坐像が、上半身が破壊されたままの姿で安置されていましたが、その詳細は不明であるとの由です。近年、伝承が危うくなったため、城(ぐすく)集落の老人クラブで再建管理していくとの由です。MIRACLE NATURE@奄美大島の自然 ・ 謎の石像によれば、同ブログ管理人の方が平成24年(2012年)に訪れた時には(ブログ日記記事作成日付は同年12月3日ですので、同日か、或いはそれ以前のいずれかの時期)、胸の上部より上が落とされた状態の石造が、ブロック塀に囲まれた状態で野ざらしになっていたとの由であり、その写真が載っていますが、大熊コンシェルジェ ・ 奄美島歩き 城大師堂がアップロードされた平成25年(2013年)7月19日の時点の写真では、トタン板と思量可能な波板で建てられたお堂ができており、この石像の上(恐らく)に小さな僧侶像(当然のことですが、恐らくは弘法大師(空海)像と思量)が置かれている写真が載っています。したがって、平成25年(2013年)7月までの間に、お堂が整備された旨が分かります。I love Amami 〜ゆーりのふるさと再発見〜 ・ 【住用】【神社】 城大師堂(ぐすくたいしどう)♪の記載内容ならびに掲載写真によれば、仏教の宗派・真言宗の開祖である弘法大師(空海)像を祀るお堂であるにもかかわらず、2基の鳥居があるという、神仏習合的なお堂になっています。同情報源掲載の写真によれば、2基の鳥居の内の片方には額束(がくづか)扁額(神額))があり、それには弘法大師堂と書かれています。
  前段落で述べたとおり、上半身が破壊された弘法大師(空海)坐像の詳細は不明であるとの由です。とは申せ、一時期は藩主の菩提寺も含めて1寺も残さず寺院が全滅した程の激しい廃仏毀釈が行われた旧薩摩藩領で、僧侶の石像が破壊されているということは、断言はできませんが一定の確率で、慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で破壊されたものである可能性が高いものと推測します。)


菅原神社(摺勝)菅原神社(摺勝)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字摺勝19、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課),0997-63-1111(奄美市笠利総合支所)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)」p.107の「摺勝集落」欄で(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、電子ミュージアム奄美上のキーワード「菅原神社+住用」のgoogle検索結果でお探し下さい)、鹿児島県神社庁ホームページでも菅原神社として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも菅原神社として、machi-iroでも菅原神社として紹介されています。この他、菅原神社(摺勝)については、キーワード「住用+菅原神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

奄美市木工工芸センター奄美市木工工芸センターの場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町摺勝555-10、Tel.:0997-69-5015。公式WEBサイトとしては、鹿児島県奄美市公式ホームページ奄美市木工工芸センターとして紹介されています(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「木工工芸センター」のgoogle検索結果でお探し下さい)。(一社)あまみ大島観光物産連盟「のんびり奄美」でも木工工芸センターとして(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「のんびり奄美」上のキーワード「奄美市+木工工芸センター」のgoogle検索結果でお探し下さい)、(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも森の島・奄美大島で楽しむ木工体験 【奄美市木工工芸センター】として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+木工工芸センター」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。)

奄美市地域物産販売所(奄美市住用農林産物加工センター)「サン奄美」:サン奄美公式ブログ「サン奄美だより」
楽天トラベル ・ たびノートでも【楽天トラベル・たびノート】サン奄美として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、サン奄美の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市住用町摺勝555-13、Tel.:0997-69-5033。公式WEBサイトとしては他にも、鹿児島県奄美市公式ホームページ(奄美市役所)物産販売所の中で紹介されています(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページホームページ上のキーワード「サン奄美」のgoogle検索結果でお探し下さい)。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でもタンカンの味をいつでも!ドライブ休憩にもぴったりな「サン奄美」として(リンク先URLは2018年3月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+サン奄美」のgoogle検索結果でお探し下さい)、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもサン奄美として紹介されています。この他、サン奄美については、キーワード「奄美市+サン奄美」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

山下弘 植物写真ギャラリー&奄美自生植物見本園「わだつみ館」:わだつみ館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字摺勝555-13、Tel.:0997-69-5331。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも奄美大島の希少植物に出会える、住用の隠れギャラリー「わだつみ館」として(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+わだつみ館」のgoogle検索結果でお探し下さい)、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでもわだつみ館として、goo ・ タウンページでもわだつみ館として、iタウンページでもわだつみ館として、奄美大島ブログでもわだつみ 館として紹介されています。この他、わだつみ館については、キーワード「奄美市住用町+わだつみ館」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

奄美体験交流館(当HP内の)奄美体験交流館紹介欄地図
(住所:鹿児島県奄美市住用町見里1084-1、Tel.:0997-56-2030。詳しくは、(当HP内の)奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島地区温泉,銭湯,大浴場案内奄美体験交流館紹介欄をご参照下さい。)

内海公園バンガローうちうみバンガロー):内海公園バンガローの場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町見里510、Tel.:0997-69-5081。公式WEBサイトとしては、鹿児島県奄美市公式ホームページうちうみバンガローとして(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「内海+バンガロー」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。(一社)あまみ大島観光物産連盟「のんびり奄美」でも内海公園バンガローとして(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「のんびり奄美」上のキーワード「奄美市+内海+バンガロー」のgoogle検索結果でお探し下さい)、(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも穏やかな海に面した宿「内海バンガロー」でゆったり時間として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+内海+バンガロー」のgoogle検索結果お探し下さい)、紹介されています)

三太郎峠三太郎峠の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字東仲間 、Tel.:0997-69-2111(奄美市役所住用総合支所)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)」pp.111-112の「東仲間」欄で、奄美大島観光協会だよりでも三太郎古道として、(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも伝説になった峠の茶屋 「三太郎」の物語をたどる(奄美市住用)として(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「住用+三太郎」のgoogle検索結果でお探し下さい)、世界自然遺産 奄美トレイル公式Facebookページでも住用エリアのトレイル開通式+三太郎峠歩こう会案内(過去・平成30年(2018年)1月28日(日)に実施済みのイベントの告知)として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも三太郎峠として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも三太郎峠として、あまみ便りでも三太郎峠古道、整備として、四季 山の奥 花の細道でも奄美市 住用町 2度めの訪問の中で、ハイヌミカゼでも東仲間集落の中で、自然と伝統文化の島々・奄美群島でも住用町の史跡ギャラリーの中で、I love Amami 〜ゆーりのふるさと再発見〜でも【住用】【史跡】 三太郎古道♪として、奄美自然観察記でも古い山道「古道三太郎峠」を歩く(上),  古い山道「古道三太郎峠」を歩く(下) 風景などとして紹介されています。この他、三太郎峠については、キーワード「住用+三太郎峠」のgoogle検索結果,  キーワード「住用+三太郎+古道」のgoogle検索結果,  キーワード「住用+三太郎+茶屋」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  上記各情報源によれば、
三太郎峠は、明治時代から昭和時代にかけての農業指導者で、この峠に茶屋を構えた畠中三太郎(安政5年(1858年) - 昭和7年(1932年)7月)の名前にちなんだ名称の、古道の峠であるとの由です。上記各情報源によれば、現在では茶屋は無く、その跡地のみが峠に残っているとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 三太郎峠等によれば、畠中三太郎の生前の大正10年(1921年)2月9日に、柳田國男(柳田国男)が訪れたこともあるとの由です。)

タンギョの滝タンギョの滝の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字神屋。奄美大島探検マップでもタンギョの滝として、奄美海風荘ブログでも九州一?!奄美大島タンギョの滝 滝つぼへとして、離島ドットコムでもタンギョの滝への道のりの情報として紹介されています。)

黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用):「黒潮の森 マングローブパーク」(道の駅 奄美大島 住用)((株)マングローブ公社公式WEBサイト)
楽天トラベル ・ たびノートでも【楽天トラベル・たびノート】道の駅 奄美大島住用として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、黒潮の森 マングローブパーク(道の駅 奄美大島 住用)の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市住用町石原478番地(鹿児島県奄美市住用町大字石原478,鹿児島県奄美市住用町大字西仲間478)、Tel.:0997-56-3355。公式WEBサイトとしては、国土交通省 九州地方整備局 ・ 道の駅へようこそでも道の駅 奄美大島住用としてとしても紹介されています(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、国土交通省九州地方整備局ホームページ上のキーワード「道の駅+奄美大島住用」のgoogle検索結果でお探し下さい)。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも道の駅奄美大島住用として紹介されています。この他、黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用については、キーワード「黒潮の森 マングローブパーク」のgoogle検索結果,  キーワード「道の駅+奄美大島住用」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用では、マングローブ原生林のマングローブ・カヌー体験で、マングローブのトンネルの中を進むことができます。また、黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用の敷地内には、石原ヨシハラウエノ遺跡もあります。
→   ○   (当画面内の)マングローブ原生林紹介欄
○   (当画面内の)石原ヨシハラウエノ遺跡紹介欄



マングローブ原生林【楽天トラベル・たびノート】マングローブ原生林
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、マングローブ原生林の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市住用町大字石原〜鹿児島県奄美市住用町大字役勝、Tel.:0997-56-3355(黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用))。(一社)あまみ大島観光物産連盟「のんびり奄美」でもマングローブ原生林として(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、「のんびり奄美」上のキーワード「奄美市+マングローブ原生林」のgoogle検索結果でお探し下さい)、(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも奄美大島の大自然を肌で実感!黒潮の森マングローブパークのカヌー探検として(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+マングローブ原生林」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでもマングローブカヌーツーリングとして(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+マングローブ」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、マングローブ原生林については、キーワード「奄美市+マングローブ原生林」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
マングローブ原生林は、黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用で楽しむことができます。
→   (当画面内の)黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用紹介欄へ

  NHK公式WEBサイト ・ 「ブラタモリ」番組公式ホームページ ・ タモリのブラブラ足跡マップ「#67 奄美の森 〜なぜ奄美は 生き物の楽園!?〜」,  タモリのブラブラ足跡マップ「#68 奄美の海 〜なぜ奄美は 生き物の楽園!?〜」リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、NHK「ブラタモリ」番組公式ホームページ上のキーワード「奄美大島」のgoogle検索結果でお探し下さい),ならびにNHK「ブラタモリ」制作班ブラタモリ 12 別府 神戸 奄美KADOKAWA,2017年)pp.120-124によれば、マングローブ原生林は、平成29年(2017年)3月25日(土)、ならびに4月1日(土)に放送されたNHK解説の番組「ブラタモリ番組公式HP,  解説」でタモリさんが歩いた場所であるとの由です(実際に放送された番組の中でもそうでした)。)

石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク),石原グスク):石原ヨシハラウエノ遺跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字役勝、Tel.:0997-56-3355(当遺跡所在地の所有・管理者・黒潮の森 マングローブパーク),0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課),0997-69-2111(奄美市住用総合支所)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊!でもふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄で、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも石原ヨシハラウエノ遺跡として紹介されています。その他、石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク))については、キーワード「奄美市+石原ヨシハラウエノ遺跡」のgoogle検索結果,  キーワード「住用町+石原ナガサク遺跡」のgoogle検索結果,  キーワード「住用町+ユシハラブギンシャ」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+住用町+ユシハラ」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+住用町+ヨシハラ」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+住用町+吉原分限者」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+住用町+吉原+城」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+住用町+吉原+遺跡」のgoogle検索結果でお探しいただけます。また、石原グスクについては、キーワード「奄美市+住用町+石原グスク」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 石原ヨシハラウエノ遺跡によれば、
黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用)の展望台地図は、石原ヨシハラウエノ遺跡という、おおよそ(本土の)室町時代(1336年〜1573年)頃に築城されたと推定されているグスク山城)の遺跡であるとの由です。「室町時代」は、南北朝時代戦国時代を含める場合と含めない場合とがあり、上記の「1336年〜1573年」は含めての定義です。この築城年代については、電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄によれば、石原ヨシハラウエノ遺跡山城跡は14〜16世紀頃の遺跡ではないかと考えられているとの由であり、この「14〜16世紀頃」が、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 石原ヨシハラウエノ遺跡2018年2月参照時時点の記載内容では「おおよそ室町時代頃」と表現されていることになります。ふるふる奄美(4)(PDF版)によれば、城があった時代に関するこの仮説の根拠は、国指定史跡である鹿児島県 奄美市笠利町地域赤木名城赤木名グスクとよく似た構造をしているためであるとの由です。14〜16世紀頃は、奄美群島の歴史では、複数の豪族・領主「按司(あじ、または、あんじ)」が独立割拠していた「グスク時代(旧称:按司世(あじんゆ))」と呼ばれる時代と、沖縄本島 首里(現・沖縄県 那覇市首里地域)の首里城しゅりじょう,  すいぐすく;  地図を王城とする琉球王国による奄美大島の侵攻・征服後に、奄美大島按司達が独立統治権を喪失して、同島が琉球王国の領域になった「那覇世(なはんゆ)」と呼ばれる時代が該当します。なお、赤木名城赤木名グスクとよく似た構造をしているということは、琉球王国系のグスクではなく、本土(日本)系の城であったことになります。
  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄によれば、
石原ヨシハラウエノ遺跡山城跡は、誰が何のために構築したのか分からない謎の遺跡であるとの由です。同情報源によれば、黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用)の展望台地図がある突き出した痩せ尾根一帯は、小字(こあざ)「ユシハラ(吉原)」と呼ばれていたとの由であり、ここに「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)」と呼ばれる豪農が住んでいたとの由です。この「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)」が、石原ヨシハラウエノ遺跡山城の城主であったのか、それとも廃城後・後世の住人であったのか、そのいずれであるかについては載っておらず、他の情報源を探しても見つからず、分かりませんでした。ふるふる奄美(4)(PDF版)には、この山城跡の城の名称や遺跡名称が載っていませんので、この情報源に基づく呼称としては、たとえ城主ではなかった可能性があり得るとしても「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)」がかつて住んでいたと伝承される場所にある山城跡であるため、当画面(当ページ)では、石原ヨシハラウエノ遺跡としてだけではなく、ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスクとしても、紹介することにします。
  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄によれば、平成21年(2009年)〜平成23年(2011年)に奄美市教育委員会が「住用町遺跡詳細分布調査」を行った結果、この痩せ尾根が中世山城の遺跡である旨が分かったとの由です。
  なお、ハイヌミカゼ ・ 南西諸島グスクリストには、鹿児島県 奄美市住用村地域グスクの中に
石原グスクの名が載っています。同情報源の2018年3月時点の記載内容によれば、同ホームページ管理人の方が「石原グスク跡は展望台になっている」旨に情報に基づいて奄美市役所住用総合支所で質問したところ、応対した方が「石原に展望所は無いが、代わりに展望の良い所」として、「滝ノ鼻山の近くにあるゴミ捨て場(恐らくはこの辺り(地図))を「石原グスク跡候補地」として挙げたとの由です。当ホームページ管理人の推測としては、上述したとおり石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク))黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用)の展望台地図にありますので、ハイヌミカゼホームページ管理人の方が聞いていた「遠望台」とは即ち黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用)の展望台地図のことであり、奄美市役所住用総合支所職員の方は「展望台」の語から黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用が思い浮かばなかったため、誤った推測を行ってしまったのではないかと思います。この仮説モデルが事実どおりであった場合、石原グスクとは、石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク))のことを指すのであろうと思います。
  
石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク),石原グスクの関連スポットには、その所在地・黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用がある他、石原ナガサク遺跡,  石原ヨシハラウエノ遺跡関連のもう一つの城跡奄美市住用町大字山間の城跡があります。
→   ○   (当画面内の)黒潮の森 マングローブパーク道の駅 奄美大島 住用紹介欄へ
○   (当画面内の)石原ナガサク遺跡紹介欄へ
○   (当画面内の)石原ヨシハラウエノ遺跡関連のもう一つの城跡奄美市住用町大字山間の城跡紹介欄へ

  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡については、(当ホームページ内の)鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



石原ナガサク遺跡石原ナガサク遺跡の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字石原、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課),0997-69-2111(奄美市住用総合支所)。上記リンク先地図の場所は、電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄掲載の写真における位置と、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 石原ヨシハラウエノ遺跡画面(ページ)内の石原ナガサク遺跡欄に載っている「石原ヨシハラウエノ遺跡から見て住用川の対岸にある石原集落の公民館(即ち、奄美市住用町大字石原168の石原公民館地図)の背後にある尾根筋が石原ナガサク遺跡の場所である」旨の情報に基づけば、この辺りになるであろうという推測に基づくものです。
  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄で、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも石原ヨシハラウエノ遺跡画面(ページ)内の石原ナガサク遺跡欄で紹介されています。この他、
石原ナガサク遺跡については、キーワード「奄美市+石原ナガサク遺跡」のgoogle検索結果,  キーワード「住用町+石原ナガサク遺跡」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 石原ヨシハラウエノ遺跡画面(ページ)内の石原ナガサク遺跡欄によれば、上記の推定値の辺りにある遺跡は
石原ナガサク遺跡と言い、石原ヨシハラウエノ遺跡と同様にグスク山城)の遺跡であるとの由です。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄によれば、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 石原ヨシハラウエノ遺跡石原ナガサク遺跡とされている場所のグスク山城)遺跡は、平成21年(2009年)〜平成23年(2011年)に奄美市教育委員会が「住用町遺跡詳細分布調査」を行った結果、石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク),石原グスクから見て住用川の対岸の石原集落の痩せ尾根からも、石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク),石原グスクと同様の中世山城跡の遺跡が発見されたとの由です。
  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄によれば、この山城跡(=
石原ナガサク遺跡)は、誰が何のために構築したのか分からない謎の遺跡であるとの由ですが、国指定史跡である鹿児島県 奄美市笠利町地域赤木名城赤木名グスクとよく似た構造をしているため、14〜16世紀頃の遺跡ではないかと考えられているとの由です。14〜16世紀頃は、本土では南北朝時代室町時代戦国時代の時期が該当し、奄美群島の歴史では、複数の豪族・領主「按司(あじ、または、あんじ)」が独立割拠していた「グスク時代(旧称:按司世(あじんゆ))」と呼ばれる時代と、沖縄本島 首里(現・沖縄県 那覇市首里地域)の首里城しゅりじょう,  すいぐすく;  地図を王城とする琉球王国による奄美大島の侵攻・征服後に、奄美大島按司達が独立統治権を喪失して、同島が琉球王国の領域になった「那覇世(なはんゆ)」と呼ばれる時代が該当します。なお、赤木名城赤木名グスクとよく似た構造をしているということは、琉球王国系のグスクではなく、本土(日本)系の城であったことになります。
  上述したとおり、
石原ナガサク遺跡の関連スポットには、石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク),石原グスク,  石原ヨシハラウエノ遺跡関連のもう一つの城跡奄美市住用町大字山間の城跡があります。
→   ○   (当画面内の)石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク),石原グスク紹介欄へ
○   (当画面内の)石原ヨシハラウエノ遺跡関連のもう一つの城跡奄美市住用町大字山間の城跡紹介欄へ

  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡、古戦場等については、(当ホームページ内の)鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



石原ヨシハラウエノ遺跡関連のもう一つの城跡奄美市住用町大字山間の城跡):石原ヨシハラウエノ遺跡関連のもう一つの城跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字山間、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課),0997-69-2111(奄美市住用総合支所)。上記リンク先地図の場所は、電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄掲載の写真における位置から推測したものです。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄で、紹介されています。この他、石原ヨシハラウエノ遺跡関連のもう一つの城跡奄美市住用町大字山間の城跡については、キーワード「奄美市+住用町+山間+城」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+住用町+山間+グスク」のgoogle検索結果でお探し下さい。
  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)の「住用町石原」のページ(p.120)の「ユシハラブギンシャ(吉原分限者)・マングローブ展望台」紹介欄によれば、平成21年(2009年)〜平成23年(2011年)に奄美市教育委員会が「住用町遺跡詳細分布調査」を行って
石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク),石原グスク,  石原ナガサク遺跡が中世の山城跡である旨が分かった時に、石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク),石原グスクから見て役勝川対岸の突き出た尾根も、中世の山城跡である旨が分かったとの由です。この山城跡の城の名称や遺跡名は調べても分かりませんでしたので、当欄では仮に石原ヨシハラウエノ遺跡関連のもう一つの城跡奄美市住用町大字山間の城跡と呼称することにします。
  
石原ヨシハラウエノ遺跡関連のもう一つの城跡奄美市住用町大字山間の城跡の推測される築城年代等は、関連スポットである石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク),石原グスク,  石原ナガサク遺跡と同様ですので、当欄(石原ヨシハラウエノ遺跡関連のもう一つの城跡奄美市住用町大字山間の城跡)欄)では省略しますので、関連スポットである他の2城の紹介欄をご覧ください。
→   ○   (当画面内の)石原ヨシハラウエノ遺跡ユシハラブギンシャのグスク吉原分限者のグスク),石原グスク紹介欄へ
○   (当画面内の)石原ナガサク遺跡紹介欄

  この他、奄美群島を含む鹿児島県内の跡やグスク跡、古戦場等については、(当ホームページ内の)鹿児島県&宮崎県の城・麓武家屋敷群、県外の島津氏関連の城(熊本県等)+訪問した城画面(ページ)内の鹿児島県の城欄で紹介しています。
→   (当HP内の)鹿児島県の城欄欄へ



マングローブ茶屋マングローブ茶屋公式WEBサイト
マングローブ茶屋公式Facebookページもあります。楽天トラベル ・ たびノートでも【楽天トラベル・たびノート】マングローブ茶屋として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、マングローブ茶屋の場所のとおり。住所:鹿児島県奄美市住用町役勝7番地、Tel.:0997-69-2189。鹿児島県観光サイト「どんどんかごしまの旅」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でもマングローブ茶屋として(リンク先URLは2018年4月現在。将来もしもリンク切れになったら、「どんどんかごしまの旅」ホームページ上のキーワード「奄美市+マングローブ茶屋」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、マングローブ茶屋については、キーワード「奄美市+マングローブ茶屋」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

奄美アイランド原野農芸博物館):【楽天トラベル・たびノート】奄美アイランド
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。博物館,植物園,水族館,小動物園等。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、奄美アイランドの場所(原野農芸博物館の場所)のとおり。住所:鹿児島県奄美市住用町山間811-1、Tel.:0997-69-2248。じゃらんネットでも奄美アイランドとして(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+奄美アイランド」のgoogle検索結果でお探し下さい)、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも奄美アイランド,  奄美アイランド植物園,  原野農芸博物館として、goo ・ タウンページでも奄美アイランド植物園,  原野農芸博物館として、iタウンページでも奄美アイランド植物園,  原野農芸博物館として、 歴史資料ネットワーク でも奄美大島の原野農芸博物館がリニューアルオープンされました!として紹介されています。その他、キーワード「奄美市住用町+奄美アイランド」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+原野農芸博物館」のgoogle検索結果でお調べいただけます。
   歴史資料ネットワーク  ・ 奄美大島の原野農芸博物館がリニューアルオープンされました!によればリンク先URLは2018年2月現在
奄美アイランド原野農芸博物館は、平成22年(2010年)10月18日〜21日の奄美豪雨の被害のために休館になっていたとの由ですが、平成25年(2013年)12月にリニューアルオープンしたとの由です。)

山間厳島神社(やんまいつくしまじんじゃ)山間厳島神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字山間、Tel.:0997-69-2111(奄美市役所住用総合支所)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)」pp.125-126の「山間集落」欄で、奄美まるごと情報局でも山間厳島神社として、ハイヌミカゼでも山間集落の中で、自然と伝統文化の島々・奄美群島でも住用町の史跡ギャラリーの中で、紹介されています。この他、山間厳島神社については、キーワード「住用+山間+厳島神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

山間高千穂神社(やんまたかちほじんじゃ)山間高千穂神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字山間、Tel.:0997-69-2111(奄美市役所住用総合支所)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)」pp.125-126の「山間集落」欄で、goo ・ 地図でも山間集落高千穂神社として、ハイヌミカゼでも山間集落の中で、自然と伝統文化の島々・奄美群島でも住用町の史跡ギャラリーの中で、サネンバナ(奄美女の日常)でも住用・山間集落豊年祭撮影会!の中で紹介されています。この他、山間高千穂神社については、キーワード「住用+山間+高千穂神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

山間権現(やんまごんげん)山間権現の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字山間、Tel.:0997-69-2111(奄美市役所住用総合支所)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)」pp.125-126の「山間集落」欄で、ハイヌミカゼでも山間集落の中で、自然と伝統文化の島々・奄美群島でも住用町の史跡ギャラリーの中で、奄美が好きでも奄美市重要史跡「山間(やんま)権現」として、日刊しーまでも【白い馬】シマの不思議スポット!の中で、南方単車亭日乗でもアームチェア・ツーリング 住用半島 四の中で、鹿児島の自然と食でも石抱きガジュマルの中で紹介されています。この他、山間権現については、キーワード「住用+山間権現」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

宮戸神社(みやとじんじゃ)宮戸神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字山間戸玉、Tel.:0997-69-2111(奄美市役所住用総合支所)。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(4)(PDF版)」pp.127-128の「戸玉集落」欄で、自然と伝統文化の島々・奄美群島でも住用町の史跡ギャラリーの中で紹介されています。この他、宮戸神社については、キーワード「住用+宮戸神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

氏守神社氏守神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字市、Tel.:0997-69-2111(奄美市役所住用総合支所)。ハイヌミカゼでも市集落の中で、自然と伝統文化の島々・奄美群島でも住用町の史跡ギャラリーの中で紹介されています。この他、氏守神社については、キーワード「住用+氏守神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

トビラ島トビラ島の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字市の市集落沖、Tel.:0997-69-2111(奄美市役所住用総合支所)。(一社)あまみ大島観光物産連盟「のんびり奄美」でもトビラ島として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「のんびり奄美」上のキーワード「奄美市+トビラ島」のgoogle検索結果でお探し下さい)、奄美大島探検マップでもトビラ島として、空と海の物語〜from奄美大島〜でもトビラ島☆として紹介されています。)

むちゃ加那の碑むちゃ加那の碑の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市住用町大字市、Tel.:0997-69-2111(奄美市住用総合支所産業建設課)。公式WEBサイトとしては、鹿児島県奄美市公式ホームページ【観光情報】住用地区の中で紹介されています(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県奄美市公式ホームページ上のキーワード「むちゃ加那の碑」のgoogle検索結果でお探し下さい)。(一社)あまみ大島観光物産連盟「奄美大島の観光情報メディア あまみっけ。」でも島唄に残る伝説の美女「むちゃ加那」の碑を訪ねて、限界集落「青久」へとして(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「あまみっけ。」上のキーワード「奄美市+むちゃ加那の碑」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。この他、キーワード「奄美市+むちゃ加那の碑」のgoogle検索結果でもお調べいただけます。)

上記以外の旧住用村地域の遺跡・歴史・神社・民俗文化関連の観光スポット
(当欄(旧住用村地域)で上述した以外鹿児島県 奄美市住用村地域の遺跡・歴史・神社・民俗文化関連関連の観光スポットについては、以下のリンク先やパンフレットでお探しいただけます。
→   ○   電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊!添付のふるふる奄美(4)(PDF版)
○   上記以外の電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館掲載情報
・   「電子ミュージアム奄美」上のキーワード「住用+遺跡」のgoogle検索結果
・   「電子ミュージアム奄美」上のキーワード「住用+歴史」のgoogle検索結果
・   「電子ミュージアム奄美」上のキーワード「住用+神社」のgoogle検索結果
・   「電子ミュージアム奄美」上のキーワード「住用+民俗」のgoogle検索結果
・   「電子ミュージアム奄美」上のキーワード「住用+文化」のgoogle検索結果
○   鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 鹿児島県立埋蔵文化財センター ・ 先史・古代の鹿児島 ・ 大島地区
リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト上のキーワード「遺跡+住用」のgoogle検索結果でお探し下さい。)



(当HP内の)奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島地区温泉,銭湯,大浴場案内


【楽天トラベル】鹿児島県奄美市のホテル・旅館の検索結果


【楽天トラベル】奄美大島・喜界島・徳之島のホテル・旅館
【楽天トラベル】国内旅行・パックツアー(交通+宿) ・ 【楽パック】奄美大島・喜界島・徳之島 売れ筋ホテル・旅館ランキング
航空券
(空路)
【楽天トラベル】航空券予約
バニラエア(Vanilla Air)公式WEBサイト
2015年8月現在、「成田国際空港解説,  搭乗手続きカウンターは成田国際空港 第3ターミナル地図)) − 奄美空港」便を就航しているLCC(格安航空会社)です。)
【楽天トラベル・たびノート】鹿児島県の観光スポット
【楽天トラベル・たびノート】奄美大島・喜界島・徳之島の観光スポット


当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
島 or 分類 市町村 or 内容
目次 (当画面(当ページ)だけでなく)全体の目次
全般的に 全般的に(奄美群島全体)
奄美大島 奄美市 名瀬市地域
住用村地域
笠利町地域
龍郷町
大和村
宇検村
瀬戸内町

加計呂麻島
喜界島 喜界町
徳之島 徳之島町
伊仙町
天城町
沖永良部島 和泊町
知名町
与論島 与論町
交通案内 交通案内,アクセス




奄美大島 ・ 奄美市 ・ 旧笠利町地域>
<歴史回廊のまち笠利>

当画面(当ページ)内の目次へ(戻る) 当画面(当ページ)の先頭(トップ)



【楽天トラベル】鹿児島県奄美市のホテル・旅館の検索結果 > 【楽天トラベル】鹿児島県奄美市の笠利地域(旧笠利町地域)のホテル・旅館の検索結果


奄美市ホームページ

奄美市
(リンク先はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のサブ・コンテンツ。2006年3月20日に、名瀬市(なぜし)住用村(すみようそん)笠利町(かさりちょう)が合併して発足しました。)

一般社団法人 奄美群島観光物産協会公式WEBサイト「ぐーんと奄美」

奄美大島観光物産協会公式サイト「のんびり奄美」

奄美大島観光協会

奄美大島エコツアーガイド連絡協議会

しまバスホームページ
(奄美大島を公共交通機関で移動する際に便利です。空港から各地に行く際にも使えます。)


笠利崎灯台用岬):笠利崎灯台の場所(用岬の場所)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市笠利町用、Tel.:0997-63-1111(奄美市役所笠利総合支所),0997-52-5811(海上保安庁 第十管区海上保安本部 奄美海上保安部管理課)。公式WEBサイトとしては、海上保安庁公式WEBサイト ・ 第十管区海上保安本部 ・ 灯台(南九州の灯台)笠利崎灯台として紹介されていますリンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、海上保安庁公式WEBサイト上のキーワード「笠利崎灯台」のgoogle検索結果でお探し下さい)。(一社)あまみ大島観光物産連盟「のんびり奄美」でも笠利崎灯台として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「のんびり奄美」上のキーワード「奄美市+笠利崎灯台」のgoogle検索結果でお探し下さい)、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも笠利崎灯台として、奄美まるごと情報局でも用岬(笠利崎)として、奄美大島探検マップでも笠利崎灯台として、沖縄離島ドットコムでも笠利崎/用岬/夢をかなえる「カメ」さんの情報として紹介されています。この他、笠利崎灯台用岬については、キーワード「奄美市+笠利崎灯台」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
笠利崎灯台は、灯台の敷地内は立ち入り禁止であるため、笠利半島東海岸海中公園から眺めて下さい。
→   (当画面内の)笠利半島東海岸海中公園紹介欄欄へ



夢をかなえる「カメ」さん夢をかなえるカメさん,  夢をかなえる亀さん,  夢を叶える亀さん,  笠利半島東海岸海中公園):夢をかなえる「カメ」さんの場所(笠利半島東海岸海中公園の場所)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市笠利町大字用、Tel.:0997-63-1111(奄美市役所笠利総合支所)。(一社)あまみ大島観光物産連盟「のんびり奄美」でも奄美大島のモデルコース カップルコースの中で(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、「のんびり奄美」上のキーワード「奄美市+夢をかなえる亀さん」のgoogle検索結果でお探し下さい)、公益社団法人日本観光振興協会「全国観るなび」でも笠利半島東海岸海中公園として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、日本観光振興協会ホームページ上のキーワード「奄美市+笠利半島東海岸海中公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも笠利半島東海岸海中公園として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんネット上のキーワード「奄美市+笠利半島東海岸海中公園」のgoogle検索結果でお探し下さい)、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも笠利半島東海岸海中公園として、渚のゲストハウス「奄美 LONG BEACH」でも夢をかなえる亀さん(笠利崎灯台手前)として、奄美群島観光ガイドでも夢をかなえる「カメ」さん (Monument of Turtle)として、奄美海風荘ブログでも奄美 龍宮伝説 夢をかなえるカメさん Yume-Kameとして、沖縄離島ドットコムでも笠利崎/用岬/夢をかなえる「カメ」さんの情報紹介されています。この他、夢をかなえる「カメ」さん夢をかなえるカメさん,  夢をかなえる亀さん,  夢を叶える亀さん,  笠利半島東海岸海中公園については、キーワード「奄美市+夢をかなえる「カメ」さん」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+夢をかなえるカメさん」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+夢をかなえる亀さん」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+夢を叶える亀さん」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+笠利半島東海岸海中公園」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
笠利崎灯台は、灯台の敷地内は立ち入り禁止であるため、笠利半島東海岸海中公園から眺めることになります。
→   (当画面内の)笠利崎灯台紹介欄欄へ



用見崎遺跡(ようみざきいせき)用見崎遺跡群用見崎遺跡(用見崎遺跡群)の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市笠利町大字用、Tel.:0997-54-1210(奄美市教育委員会文化財課),0997-63-1111(奄美市笠利総合支所),0997-63-8513(長島植物園)。知る人ぞ知る 宇宿貝塚史跡公園 ・ 用見崎遺跡 (ようみさき いせき)によれば、鹿児島県奄美市笠利町大字用881の長島植物園地図の敷地内であるとの由であり、上記の場所はこの情報に基づくものです。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(2)(PDF版)」の中,ならびに郷土は博物館−家族で訪ねる笠利町の文化財−pp.59-60で、鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト ・ 鹿児島県立埋蔵文化財センター ・ 先史・古代の鹿児島 ・ 大島地区でも用見崎遺跡(PDF版)として(リンク先URLは2018年2月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県上野原縄文の森公式WEBサイト上のキーワード「用見崎遺跡」のgoogle検索結果でお探し下さい)、熊本大学公式WEBサイト ・ 熊本大学附属図書館 ・ 熊本大学学術リポジトリでも木下尚子「マツノト遺跡第1文化層、用見崎遺跡3層、安良川遺跡の先後関係 : ヤコウガイデータ分析のための基礎作業として」熊本大学『先史琉球の生業と交易 -奄美・沖縄の発掘調査から-(平成14〜17年度科学研究費補助金基盤研究(A)(2)研究成果報告書「琉球列島の農耕社会形成過程の解明に向けた実証的研究−5〜7世紀を中心に−」第6章 第2節 付論)』,2006,pp.221-230,  木下尚子「先史奄美のヤコウガイ消費 : ヤコウガイ大量出土遺跡の理解にむけて」熊本大学『文学部論叢』Vol.101,2010,pp.35-55の中で、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でもヤコウガイの中で、知る人ぞ知る 宇宿貝塚史跡公園でも用見崎遺跡 (ようみさき いせき)として紹介されています。この他、用見崎遺跡用見崎遺跡群については、キーワード「奄美市+用見崎遺跡」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+用見崎遺跡群」のgoogle検索結果でお探しいただけます。本では、松下志朗 ・ 下野敏見街道の日本史(55) 鹿児島の湊と薩南諸島吉川弘文館,2002)p.65で紹介されています。
  街道の日本史(55) 鹿児島の湊と薩南諸島p.65によれば、
用見崎遺跡用見崎遺跡群からは、中国の618年〜907年開元通宝が出土したとの由です。)

ゲストハウス 奄美LONG BEACH渚のゲストハウス「奄美 LONG BEACH」公式WEBサイト
楽天トラベルでも【楽天トラベル】ゲストハウス 奄美LONG BEACH <奄美大島>として紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図で場所を示せば、渚のゲストハウス 奄美LONG BEACHの場所(この辺り)のとおり。住所:鹿児島県奄美市笠利町用146-1、Tel.:0997-63-8586。この他、ゲストハウス 奄美LONG BEACHについては、キーワード「奄美市+ゲストハウス+奄美+LONG BEACH」のgoogle検索結果でお探しいただけます。)

八幡神社(奄美市笠利町用)八幡神社(奄美市笠利町用)の場所
(リンク先は【googleマップ】鹿児島県奄美市笠利町大字用+八幡神社に基づくアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図の地図。住所:鹿児島県奄美市笠利町大字用。電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館でも「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(2)(PDF版)」の中で、そこらへんの神社!でも 八幡神社 - 奄美市笠利町用として、自然と伝統文化の島々・奄美群島でも笠利町の史跡ギャラリーの中で紹介されています。この他、八幡神社(奄美市笠利町用)については、キーワード「奄美市+笠利町用+八幡神社」のgoogle検索結果,  キーワード「奄美市+笠利町大字用+八幡神社」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  電子ミュージアム奄美 | 奄美遺産活用実行委員会による電子博物館 ・ 「奄美市シマ遺産ガイドブック『ふるふる奄美』発刊! ・ ふるふる奄美(2)(PDF版)」p.35によれば、用集落(鹿児島県奄美市笠利町大字用(この辺り(地図)))の西側の山を総称して「ムラヤマ」と呼び、昔からチヂ(恐らくはチヂ神(守護霊)のことと思量)として畏敬されていたとの由です。同情報源によれば、
八幡神社(奄美市笠利町用)は、この「ムラヤマ」の中腹辺りに建立(こんりゅう)されている神社であり、明治(慶応4年1月1日/明治元年1月1日(1868年1月25日)〜明治45年(1912年)7月30日)の頃に、用集落で火事や台風の被害があったために、明治23年(1889年)に鹿児島(鹿児島県 鹿児島市)の荒田八幡宮(荒田八幡神社)から分祀されたとの由です。同情報源によれば、八幡神社(奄美市笠利町用)の現在の建物は、昭和11年(1936年)に改築されたものであるとの由です。
  当ホームページ管理人は、平成16年(2004年)10月〜平成19年(2007年)7月に鹿児島県 鹿児島市に住んでいた時に、
荒田八幡宮の近くに住んでおり、故に荒田八幡宮に深い愛着心があるため、荒田八幡宮ゆかりの神社として、この八幡神社(奄美市笠利町用)を挙げておきます。)

ウーバルグスク笠利ウーバルグスク):