カミタクの部屋

  

カミタク・ブログ

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

STATISTICS
「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」トップ > 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」メニュー(フレーム枠内) > 知覧観光案内

IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理

木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント
  

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

知覧観光案内
(薩摩の小京都・知覧)


知覧の観光情報を、行った場所は訪問記で、未訪問の場所はリンク集で紹介する、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」HPのサブ・コンテンツ。夏休み,冬休み,春休みや土日・休日の遊び、デート、ドライブ情報の計画を立てる際に、お使いいただけます。さあ、
薩摩の小京都・知覧へどうぞ。

  
アルバム「せつなくて...sentimental season」







このページのトップへ,  観光ガイド欄の詳細目次へ



鹿児島県の温泉&観光
(訪問した所は訪問記(注),訪問未済みの所はリンク集)

(注)100箇所以上に及ぶ、当HPオリジナル・コンテンツ。
地域 温泉案内 観光案内
鹿児島市
(桜島を含む)
鹿児島温泉とは(鹿児島市内温泉とは) 鹿児島市内(含む桜島)観光案内
鹿児島市の温泉(ホテル・旅館,桜島も含む)
鹿児島市の温泉(温泉銭湯[日帰り温泉立ち寄り湯],桜島も含む)
指宿 指宿及びその周辺の温泉 指宿観光案内
南薩 南薩地域の温泉 知覧観光案内
南薩観光案内
霧島 霧島温泉 霧島観光案内
霧島市,姶良
(霧島温泉以外)
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 隼人・国分・姶良地域観光案内
日当山温泉&姫城温泉
その他霧島市(旧国分市,旧隼人町),姶良地区の温泉
北薩・中薩 北薩・中薩地域の温泉 北薩・中薩の観光案内
大隅
(霧島以外)
大隅地域の温泉 大隅観光案内
種子島,屋久島,三島村,十島村地区 種子島,屋久島,三島村,十島村の温泉 種子島,屋久島,三島村,十島村の観光案内
奄美諸島 奄美大島,与論島,沖永良部島地区の温泉 奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島の観光案内
全般的に 訪問入湯記
(当HPオリジナル・コンテンツ:訪れた感想と観光案内)
観光訪問記
(当HPオリジナル・コンテンツ:訪れた感想と観光案内)
鹿児島県の温泉宿宿泊予約 鹿児島県内全域観光案内別サイト(リンク集)
特集 NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介(鹿児島観光案内)(New! 2007年12月)

「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内(New! 2010年08月)

鹿児島へのご旅行は
(当HP内の)九州新幹線乗車記&沿線観光案内







当HP・「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」掲載の、この地域&隣接地域の鹿児島県観光案内
地域 訪問or体験した観光地orスポット
指宿周辺 岩崎美術館・工芸館
指宿周辺 時遊館COCCOはしむれ(指宿市考古博物館),橋牟礼川遺跡
指宿周辺 知林ヶ島
指宿周辺 特別快速なのはなDX
知覧周辺 知覧特攻平和会館
知覧周辺 知覧武家屋敷群
知覧周辺 ミュージアム知覧(南九州市立博物館)
知覧周辺 薩摩英国館
南薩地域(指宿市山川) 長崎鼻
南薩地域(指宿市山川) フラワーパーク かごしま
南薩(指宿市山川) JR日本最南端の駅「西大山駅」
南薩地域 開聞岳 & 開聞山麓自然公園
南薩地域 池田湖
南薩地域 あじろ浜(網代浜)訪問記&坊津観光案内



当HP・「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」掲載の、この地域&隣接地域の温泉・温浴施設の入湯記
温泉,地域 入湯した温泉・温浴施設
指宿温泉 指宿いわさきホテル
指宿温泉 指宿白水館
指宿温泉 指宿こころの湯(日帰り温泉立ち寄り湯のスーパー銭湯)
指宿温泉 二月田温泉殿様湯(指宿温泉でも特に歴史と伝統のある、日帰り温泉立ち寄り湯)
指宿市(旧・山川町地域)・鰻温泉 区営鰻温泉
指宿市(旧・山川町地域)・鰻温泉 うなぎ温泉まつまえ
指宿市(旧・山川町地域)伏目温泉 山川ヘルシーランド露天風呂(海が見える露天風呂がある日帰り温泉立ち寄り湯)
南薩地域・枕崎市 枕崎なぎさ温泉(海が見える露天風呂がある日帰り温泉立ち寄り湯)
ここで紹介しきれていない最新の入湯記はこちらへ



当HP内の他の関連エリア情報
指宿の温泉 「指宿温泉案内」でご参照いただけます。
南薩地域の温泉 「南薩地域温泉案内」でご参照いただけます。
指宿の観光 「指宿観光案内」でご参照いただけます。
南薩地域の観光 「南薩観光案内」でご参照いただけます。



知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内の観光バス案内知覧へのアクセスをご覧下さい。
→   ○   (当画面内の)観光バス案内欄
○   (当画面内の)知覧へのアクセス欄



(当HP内の)知覧特攻平和会館訪問記
2009年4月現在指宿温泉鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)の温泉宿,鹿児島市のホテル等にご宿泊の方は、後述の観光バスで訪問することが可能です。知覧市街地には関連スポットとして、ホタル館 富屋食堂,  富屋旅館があります。また、ミュージアム知覧が隣接して、というよりはむしろ併設されており、併せて周遊することが可能です。
  なお、特別攻撃隊(特攻隊)に関する鹿児島県内の博物館はこの
知覧特攻平和会館の他には、南さつま市加世田市地域万世特攻平和祈念館,  鹿屋市鹿屋航空基地史料館があります。
  繰り返しになりますが、
知覧特攻平和会館を巡る際に便利な定期観光バスについて詳しくは、当画面(当ページ)内・下方の観光バス案内欄でご参照可能です。また、知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

(当HP内の)知覧武家屋敷群訪問記
知覧武家屋敷群では、薩摩の小京都の風情をお楽しみいただけます。2009年4月現在指宿温泉鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)の温泉宿,鹿児島市のホテル等にご宿泊の方は、後述の観光バスで訪問することが可能です。二ツ家民家が一角にある他、薩摩英国館,  亀甲城跡(亀甲城公園),  ホタル館 富屋食堂,  富屋旅館,  みやげ処「ふもと横丁等が近くにあります。
  繰り返しになりますが、
知覧武家屋敷群を巡る際に便利な定期観光バスについて詳しくは、当画面(当ページ)内・下方の観光バス案内欄でご参照可能です。また、知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

(当HP内の)ミュージアム知覧(南九州市立博物館)訪問記
ミュージアム知覧(南九州市立博物館)知覧城からは距離が離れていますが、知覧城に関する展示博物館でもあります。知覧特攻平和会館に隣接して、というよりはむしろ併設されており、併せて周遊することが可能です。市町村合併前の旧・知覧町立博物館です。
  知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の
知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

(当HP内の)薩摩英国館訪問記
薩摩英国館は幕末維新史の博物館(兼)紅茶ベースのレストラン・喫茶店です。知覧武家屋敷群のすぐ近くにあり、併せて周遊することが可能です。
  知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の
知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

ホタル館 富屋食堂
(「特攻隊員の母」の食堂を復元した展示館です。楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県でもホタル館 富屋食堂として紹介されています。知覧武家屋敷群の近くにあり、また、知覧特攻平和会館関連スポットでもあります。
  知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の
知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

鳥Mトメと富屋旅館のホームページ
(「特攻隊員の母」が経営していた旅館です。今日でも営業してくれています。知覧武家屋敷群の近くにあり、また、知覧特攻平和会館関連スポットでもあります。
  知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の
知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

ふもと横丁
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでもふもと横丁として、都市再生・景観サイトでも景観に配慮「麓公園」と「ふもと横丁」が完成...知覧 (2007/05/26) 読売新聞として、女将の部屋(富屋旅館)でも富屋別館がオープンいたしましたの中で紹介されています。
  
ふもと横丁は、富屋旅館別館に隣接した、みやげ処(兼)休憩に適した公園です。2012年4月現在、例えば和雑貨店「遊美ごころ(あそびごころ)」等の店があるとの由です。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

ちらん人形博物館公式WEBサイト
楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県でもちらん人形博物館として紹介されています。知覧武家屋敷群の近くにあります。
  知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の
知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

二ツ家民家
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでも二ツ家民家として紹介されています。知覧武家屋敷群の一角にあります。
  知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の
知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

豊玉姫神社
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、豊玉姫神社の場所のとおりです。住所:鹿児島県南九州市知覧町郡16510-1,Tel.:0993-83-4335。鹿児島県神社庁ホームページでも豊玉姫神社として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも豊玉姫神社(南九州市)として、MAPPLE観光ガイドでも豊玉姫神社,  豊玉姫神社の水車からくりとして、九州神社紀行−ブログでも豊玉姫神社(鹿児島県南九州市)として紹介されています。
  
豊玉姫神社では、毎年7月9日・10日に行われる夏祭り「六月灯」で水車の動力によるからくり人形(水車からくり)劇「薩摩の水からくり「豊玉姫神社の水車からくり」」が上演されます。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

薩摩の水からくり「豊玉姫神社の水車からくり」の場所(毎年7月9日・10日)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:鹿児島県南九州市知覧町郡16510-1(つまり、豊玉姫神社の場所),Tel.:0993-83-4335。公式WEBサイトとしては、南九州市ホームページで、【7月】豊玉姫神社 水からくりとして紹介されています(リンク先URLは2014年11月現在。将来もしもリンク切れになったら、南九州市ホームページ上のキーワード「豊玉姫神社+水からくり」のgoogle検索結果でお探し下さい)。楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県でも豊玉姫神社の中で、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも豊玉姫神社六月灯・水車からくりとして(リンク先URLは2014年11月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」ホームページ上のキーワード「豊玉姫神社+水車からくり」のgoogle検索結果でお探し下さい)、おじゃったもんせ かごしま知覧(南九州市知覧観光協会事務局)でもイベント情報の中で(リンク先URLは2014年11月現在。将来もしもリンク切れになったら、おじゃったもんせ かごしま知覧ホームページ上のキーワード「豊玉姫神社+水車からくり」のgoogle検索結果でお探し下さい)、観るなび(公益社団法人日本観光振興協会)でも薩摩の水からくり(知覧の水車からくり)として、文化庁 ・ 文化遺産オンラインでも薩摩の水からくりの中で、インターネット博物館「鹿児島県薩摩半島民俗文化博物館」でも水車からくり・六月灯(ろくがつどう)として、九州神社紀行−ブログでも豊玉姫神社(鹿児島県南九州市)の中で、YouTubeでも 応援団お茶むらい ・ 豊玉姫神社の水車からくり,ならびに Ken Goisitya  ・ 薩摩の水からくりとして紹介されています。
  
薩摩の水からくり「豊玉姫神社の水車からくり」は、毎年7月9日・10日に豊玉姫神社で行われる夏祭り「六月灯」で上演される、水車の動力によるからくり人形(水車からくり)劇です。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

知覧ねぷた祭の場所(毎年7月)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:鹿児島県南九州市知覧町郡,Tel.:0993-83-2511(南九州市総務部商工観光課観光係(〒897-0392 鹿児島県南九州市知覧町郡6204番地))。公式WEBサイトとしては、南九州市ホームページで、イベント情報・【7月】知覧ねぷた祭として紹介されています(リンク先URLは2014年11月現在。将来もしもリンク切れになったら、南九州市ホームページ上のキーワード「知覧ねぷた祭」のgoogle検索結果でお探し下さい)。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でもねぶたの中で、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも第19回知覧ねぷた祭 として(リンク先URLは2014年11月現在。将来もしもリンク切れになったら、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」ホームページ上のキーワード「知覧ねぷた祭」のgoogle検索結果でお探し下さい)、おじゃったもんせ かごしま知覧(南九州市知覧観光協会事務局)でもイベント情報の中で(リンク先URLは2014年11月現在。将来もしもリンク切れになったら、おじゃったもんせ かごしま知覧ホームページ上のキーワード「知覧ねぷた祭」のgoogle検索結果でお探し下さい)、じゃらんnetでも知覧ねぷた祭として(リンク先URLは2014年11月現在。将来もしもリンク切れになったら、じゃらんnet上のキーワード「知覧ねぷた祭」のgoogle検索結果でお探し下さい)、紹介されています。
  
知覧ねぷた祭は、ちらんまち商店街で、毎年7月に開催されるとの由です。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

知覧島津家墓地の場所(この辺り)
(リンク先は、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課) ・ まち歩き南九州市知覧「薩摩の小京都をぶらり」(PDF版)(リンク先URLは2012年4月現在)に基づいて示したアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図・いつもガイドの地図。住所:鹿児島県南九州市知覧町郡,Tel.:0993-83-4433(ミュージアム知覧)。
  
知覧島津家墓地は、詳しくは当画面(当ページ)下方の知覧城紹介欄で後述する一時の例外時を除いて、室町時代から江戸時代幕末 ・ 明治維新期まで薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)(現・鹿児島県 ・ 南九州市知覧町地域)を統治した、島津氏庶流の知覧島津家(佐多氏(さたし))歴代の墓です。知覧島津家(佐多家)は、詳しくは当画面(当ページ)下方の知覧城紹介欄で後述するとおり、江戸時代の正徳元年(1711年)に島津姓を名乗ることが許される以前は「佐多(さた)氏」と名乗っていたため、正式な呼称「知覧家(知覧島津家)」だけでなく「佐多氏(佐多島津家)」と呼ばれることも多い家です。知覧島津家(佐多島津家)自体のさらなる庶流(分家)は、(島津姓を名乗れないために)江戸時代以降も「佐多氏」を名乗り続けました。
  後年、残念ながら、明治2年(1872年)の廃仏毀釈で知覧島津家(佐多氏)の菩提寺・西福寺も廃寺になってしまいました。寺は消えてしまいましたが、
知覧島津家墓地は残っています。知覧島津家墓地知覧武家屋敷群の西側・知覧市街地の西の端と言える場所にある模様ですので、知覧武家屋敷群ご来訪時に、併せてお楽しみいただくことが可能です。知覧島津家墓地についてさらに詳しくは、当画面(当ページ)下方の知覧城紹介欄で、ご参照いただけます。
→   (当HP内の)知覧島津家墓地

  知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の
知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。
  その他、島津氏宗家・庶流各家の墓/墓地については、当ホームページ内の
感応寺訪問記内の島津氏諸家の墓一覧表で、ご参照いただけます。)

知覧城跡の場所(国指定史跡)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県南九州市知覧町永里。
  
知覧城跡ちらんじょうあとは一般公開用に散策路等は整備されていますが、発掘遺物や解説展示についての博物館は城址の場所には無く、ミュージアム知覧(南九州市立博物館)知覧城に関する展示博物館ですので、知覧城跡へのご訪問客の方はミュージアム知覧(南九州市立博物館)も併せてお楽しみいただくことをお薦めします。知覧城ちらんじょうは、知覧特攻平和会館所在地としても知られる薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)(現・鹿児島県 ・ 南九州市知覧町地域)にあった中世 ・ 戦国時代の山城で、城跡が国の指定史跡になっています。知覧城は、シラス台地を利用した壮大な城郭で、空堀に囲まれた、独立性の高い曲輪群で構成されている点が特徴で、これは南九州独特の城郭様式です。知覧城跡についてさらに詳しくは、当画面(当ページ)下方のさらに詳しい、知覧城跡紹介欄でご参照いただけます。
→   (当HP内の)知覧城跡紹介欄

  
知覧城の城主だった佐多氏(後の知覧島津家(知覧家))歴代の墓地は、知覧島津家墓地欄にあります。また、知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

亀甲城跡(亀甲城公園)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県知覧町上郡。中世 ・ 戦国時代の城跡です。知覧亀甲城公園として整備されています。知覧亀甲城公園は、知覧城の支城だったと考えられている中世山城で、知覧武家屋敷群に隣接しています。ちえぞー!城行こまいでも亀甲城として、YORIさんのHP(お城見てある記)でも知覧亀甲城として紹介されています。
  
亀甲城跡は、鹿児島県 ・ 南九州市知覧町地域にある中世の城跡で、今日では知覧亀甲城公園として整備されています。「亀甲城」は、別名を「蜷尻城」と言います。詳細は不明ながら、知覧城の支城だったと考えられている中世山城です。
  本城・
知覧城の城主だった佐多氏(後の知覧島津家(知覧家))について詳しくは、当画面(当ページ)内・上方の知覧島津家墓地欄でご参照いただけます。また、知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

知覧一番山農園
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイド(まっぷる,マップル)でも知覧一番山農園として紹介されています。また、楽天市場にも販売サイト【楽天市場】知覧一番山農園を出店しています。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

知覧の里
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイド(まっぷる,マップル)でも知覧の里として紹介されています。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

あ・うん港屋
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイド(まっぷる,マップル)でもあ・うん港屋として紹介されています。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

御食事処 山水(おしょくじどころ さんすい)
(リンク先は食べログのサブ・コンテンツ。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

ふるさとプラザ知覧 さくら館
(リンク先はMAPPLE観光ガイド(まっぷる,マップル)のサブ・コンテンツ。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

そば茶屋吹上庵公式WEBサイト・知覧武家屋敷店,そば道場三稜館
知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

パンとお茶の館 茶楽里
(リンク先はMAPPLE観光ガイド(まっぷる,マップル)のサブ・コンテンツ。YAHOO!ぐるめでもパンとお茶の館 茶楽里として紹介されています。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

知覧パラダイス公式WEBサイト
グルメぴあでも知覧パラダイスとして紹介されています。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

高城庵
(リンク先はMAPPLE観光ガイド(まっぷる,マップル)のサブ・コンテンツ。食べログでも高城庵(たきあん)として紹介されています。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

JAレストラン ちらん亭
(リンク先は食べログのサブ・コンテンツ。ホットペッパーでもJAレストラン ちらん亭として紹介されています。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

隼ラーメン
(リンク先は食べログのサブ・コンテンツ。YAHOO!ぐるめでも隼ラーメンとして紹介されています。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

知覧テニスの森公園オフィシャルサイト
goo地域でも[市区町村機関] 知覧テニスの森公園 - 鹿児島として紹介されています。知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

知覧観光マップ
(リンク先は南九州市ホームページのサブ・コンテンツ。)

映画「ホタル」のロケ地を訪ねて
(リンク先は南九州市ホームページのサブ・コンテンツ。)

小京都ふるさとまつり(しょうきょうとふるさとまつり)
(リンク先はかごしまの旅:鹿児島県四地区観光連絡協議会のサブ・コンテンツ。地域ネットワーク研究会:日本の自然、手作り、祭り ・ 日本の祭りでも小京都ふるさとまつりとして、鹿児島観光ポータルサイト「ほっとかごしま」でも10月のイベントの中で紹介されています。)

知覧の温泉は
知覧温泉 【楽天トラベル】ホテル末広温泉
(リンク先は楽天トラベルのサブ・コンテンツ。プチたびでも末広温泉として、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも末広温泉として(リンク先URLは2012年2月現在)、紹介されています。立ち寄り湯可。)
知覧温泉センターの場所
(立ち寄り湯。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。Press9 九州沖縄9紙合同サイト ・ 九州温泉プレスでも知覧温泉センターとして、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも知覧温泉センターとして(リンク先URLは2012年2月現在)hiroの湯めぐり日記でも知覧温泉 知覧温泉センターとして紹介されています。)

○   【楽天GORA】鹿児島県のゴルフ場一覧
○   【楽天GORA】知覧カントリークラブ




知覧観光の際のご宿泊は(再掲)
温泉天国・鹿児島温泉紹介!
(当WEBサイト)
(当HP内の)鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)案内
(当HP内の)指宿温泉案内
(当HP内の)知覧温泉欄
【楽天トラベル】鹿児島市内(鹿児島・桜島)  ホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】南九州市知覧のホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧
【楽天トラベル】指宿温泉  温泉宿一覧
【楽天トラベル】知覧温泉  温泉宿一覧

【楽天トラベル・たびノート(観光案内)】鹿児島県

鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)

南九州市公式バナー南九州市ホームページ

おじゃったもんせ かごしま知覧(南九州市知覧観光協会事務局)

南九州市
(リンク先はフリー百科事典『ウィキペディア』のサブ・コンテンツ。)

旧・知覧町(市町村合併前)
(リンク先はフリー百科事典『ウィキペディア』のサブ・コンテンツ。)



【指宿・知覧観光バス案内】
  2009年4月現在、観光バスによる日帰りバス・ツアーもご利用可能で、いわさきグループ鹿児島交通観光バスの定期観光バス「指宿・知覧コース」が便利です(以下のコース情報は2005年5月現在)(注)。2005年5月15日訪問時には当HP管理人も乗ってみましたが、楽しかったですし、南薩の観光スポットを効率的に回れるので、実は最もお薦めの行き方です。また、この観光バスは、個人的には今は亡き両親との最後の家族旅行の思い出の定期観光バスです。この定期観光バスの詳細は、以下のとおりです。
(注) 以下のコース情報は2005年5月現在、自分が乗った時のものです。最新の訪問先については、変更になっている可能性があります。

いわさきグループ・鹿児島交通観光バスの定期観光バス「指宿・知覧コース」日帰りバス・ツアー(下記のコースは2005年5月現在。最新の訪問先の情報については、2014年11月現在のお問い合わせ先は・Tel:099-247-6088(鹿児島交通観光バス株式会社貸切営業部(〒892-0812 鹿児島市浜町120-8))の他、以下の各リンク先でお調べいただけます。)
   ○   【いわさきコーポレーション(株)HP】定期観光バス欄
リンク先URLは2014年11月参照時のもので、いわさきコーポレーション(株)ホームページのサブ・コンテンツ。もしも将来リンク切れになったら、キーワード「指宿+知覧+観光バス」のいわさきコーポレーション(株)HP上のgoogle検索結果で、情報掲載先をお探し下さい。)
○   【鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」】「バスご利用の方向けアクセス案内」のページ(の画面の下方の「指宿・開聞・知覧 定期観光バス」欄
リンク先URLは2014年11月参照時のもので、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)のサブ・コンテンツ。もしも将来リンク切れになったら、キーワード「指宿+知覧+観光バス」の鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」上のgoogle検索結果で、情報掲載先をお探し下さい。)


○   出発地1:天文館(8:30発)
○   出発地2:鹿児島中央駅(8:50発)
○   出発地3:指宿駅(10:10発)
○   出発地4&訪問地:指宿いわさきホテル(10:15〜11:05)
温泉や、指宿いわさきホテル:美術館・工芸館を楽しめます(時間的にどちらか片方)
○   長崎鼻
○   フラワーパークかごしま
○   開聞岳(トカラ馬の開聞山麓自然公園敷地内のいぶすきゴルフクラブクラブハウスで昼食)(12:50〜13:35)
○   池田湖(14:00〜14:10)
○   知覧特攻平和会館(14:45〜15:25)
○   知覧武家屋敷群(15:30〜16:10)
○   鹿児島中央駅着(17:30)
○   天文館着(17:40)
○   鹿児島空港着(18:30)



公共交通による知覧へのアクセス・行き方については、このページ画面内の後方の知覧へのアクセスをご覧下さい。


知覧観光の際のご宿泊は(再掲)
温泉天国・鹿児島温泉紹介!
(当WEBサイト)
(当HP内の)鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)案内
(当HP内の)指宿温泉案内
(当HP内の)知覧温泉欄
【楽天トラベル】鹿児島市内(鹿児島・桜島)  ホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】南九州市知覧のホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧
【楽天トラベル】指宿温泉  温泉宿一覧
【楽天トラベル】知覧温泉  温泉宿一覧

知覧島津家墓地の場所(この辺り)
(リンク先は、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課) ・ まち歩き南九州市知覧「薩摩の小京都をぶらり」(PDF版)(リンク先URLは2012年4月現在)に基づいて示したアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図・いつもガイドの地図。住所:鹿児島県南九州市知覧町郡,Tel.:0993-83-4433(ミュージアム知覧)。南九州市ホームページでも島津墓地(市指定史跡)として(リンク先URLは2012年4月現在、リンク切れ時には南九州市ホームページでのキーワード「島津墓地」のgoogle検索結果でお探し下さい)、筑後川の航海日誌でも鹿児島県史跡巡り2009(2日目前半:豊臣秀頼の墓・佐多島津墓地・知覧城)として、司法書士 佐野雄人の風 〜静岡市から〜でも佐多島津家の墓地^^として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも西福寺(南九州市)の中で紹介されています。
  
知覧島津家墓地は、島津氏庶流で、薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)(現・鹿児島県 ・ 南九州市知覧町地域)を統治した、知覧島津家(知覧家)の墓です。知覧島津家(佐多家)は、詳しくは後述するとおり、江戸時代の正徳元年(1711年)に島津姓を名乗ることが許される以前は「佐多(さた)氏」と名乗っていたため、正式な呼称「知覧家」だけでなく「佐多家(佐多島津家)」と呼ばれることも多い家です。知覧島津家(佐多島津家)自体のさらなる庶流(分家)は、(島津姓を名乗れないために)江戸時代以降も「佐多氏」を名乗り続けました。川口素生島津一族 無敵を誇った南九州の雄新紀元社,2011)pp.213-214によれば、知覧家(佐多家)は、鎌倉時代島津氏第4代当主・島津忠宗の子・島津忠光が南北朝時代に分家したことに始まる島津氏庶流(分家)の家系で、島津忠光は知覧と、大隅国 禰寝院(ねじめいん)南俣(小禰寝院:現・鹿児島県 ・ 南大隅町根占町(ねじめちょう)地域南大隅町佐多町(さたちょう)地域鹿児島県 ・ 錦江町田代町地域)の佐多(現・鹿児島県 ・ 南大隅町佐多町地域)の2地域の領主となり佐多の方を本拠地としたため、「佐多氏」を名乗りました。その後、知覧の方は一時期は伊集院頼久配下の地域となったりして佐多氏の手を離れましたが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 西福寺(南九州市),  知覧城によれば、応永27年(1420年)に島津久豊伊集院氏から知覧を取り返すと、佐多氏第4代当主・佐多親久に知覧を再び与えて佐多氏を移しました。以来、佐多氏は知覧城を拠点として、詳しくは当画面(当ページ)下方の知覧城紹介欄で後述する一時の例外時を除いて知覧を統治しました。
  
知覧城廃城後も、各地の地方行政区画「郷」ごとに武家を集住させた武家屋敷群「外城(後に「麓」と改称)」を設けて軍事・行政両面の拠点とすることにより、一国一城令下での実質的な支城ネットワーク網とする、江戸時代薩摩藩独特の地方軍事・行政制度「外城制」の下、薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧郷(ちらんごう)(現・鹿児島県 ・ 南九州市知覧町地域)の知覧麓(知覧武家屋敷群)を統治する家系として、江戸時代幕末 ・ 明治維新期まで存続しました。その間、九州旅倶楽部 ・ 知覧武家屋敷通り,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津久逵によれば、、佐多氏(知覧島津家)第16代当主・佐多久逵(さた ひさみち)は、薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧郷(ちらんごう)の私領地化が認められて、外城制における地方行政区画「郷」を私領主として統治することを許された、「一所持」と呼ばれる薩摩藩 島津氏重臣の家系になり、正徳元年(1711年)には、島津氏宗家第21代当主で薩摩藩第4代藩主の島津吉貴(よしたか)公から、島津姓をを代々名乗ることが許されることになり、島津久逵に改姓したとの由です。これ以降、佐多氏当主の家系は、知覧島津家になりました。なお、島津久逵は、島津氏宗家第19代当主で薩摩藩第2代目藩主の島津光久公の子(五男)で、島津氏宗家から分家(庶流)の佐多氏を養子相続して当主となった人物であるとの由です。これまで述べて来たこと以外の佐多氏(知覧島津家)について詳しくは、当画面(当ページ)下方の知覧城紹介欄で、ご参照いただけます。
→   (当HP内の)知覧城跡紹介欄

  
知覧島津家墓地は、西福寺跡(廃寺)にあります。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 西福寺(南九州市)によれば、曹洞宗の寺院・極楽山西福寺(旧名は松峯院)は、知覧島津家(知覧家)の菩提寺であったとの由です。西福寺は当初は、当時の佐多氏の所領であった大隅国 佐多(現・鹿児島県 ・ 南大隅町佐多町地域)にあったとの由です。覚隠和尚を開山として、佐多氏の菩提寺として設立されたとの由です。室町時代の佐多氏第4代当主・佐多親久が、一時期は奪われていた薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)(現・鹿児島県 ・ 南九州市知覧町地域)を与えられて戻り移って来た際に、西福寺も一緒に、佐多から知覧に移転したとの由です。後年、残念ながら、明治2年(1872年)の廃仏毀釈の際に、一時期は藩主菩提寺も含めて領内では全寺院が廃寺となる程に厳しかった薩摩藩廃仏毀釈の嵐の過程で、西福寺も廃寺になってしまいました。寺は消えてしまいましたが、知覧島津家墓地は残っています。知覧島津家墓地知覧武家屋敷群の西側・知覧市街地の西の端と言える場所にある模様ですので、知覧武家屋敷群ご来訪時に、併せてお楽しみいただくことが可能です。
  知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の
知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。
  その他、島津氏宗家・庶流各家の墓/墓地については、当ホームページ内の
感応寺訪問記内の島津氏諸家の墓一覧表で、ご参照いただけます。)

知覧城跡の場所(国指定史跡)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県南九州市知覧町永里。中世 ・ 戦国時代の城跡。知覧城跡は一般公開用に散策路等は整備されていますが、発掘遺物や解説展示についての博物館は城址の場所には無く、ミュージアム知覧(南九州市立博物館)知覧城に関する展示博物館ですので、知覧城跡へのご訪問客の方はミュージアム知覧(南九州市立博物館)も併せてお楽しみいただくことをお薦めします。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも知覧城として、ちえぞー!城行こまいでも知覧城として、YORIさんのHP(お城見てある記)でも知覧城として、Extreme Party ・ 藤波イズム(日本の城の紹介ページ)でも知覧城として、日本の城・写真集でも知覧城として紹介されています。
  
知覧城ちらんじょうは、知覧特攻平和会館所在地としても知られる薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)(現・鹿児島県 ・ 南九州市知覧町地域)にあった中世山城で、城跡が国の指定史跡になっています。知覧城は、シラス台地を利用した壮大な城郭で、空堀に囲まれた、独立性の高い曲輪群で構成されている点が特徴で、これは南九州独特の城郭様式です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 知覧城によれば、
知覧城の初めての築城は平安時代末期頃の郡司・知覧忠信によるものとされ、後に、南北朝時代に、薩摩国 山門院(概ね、現・鹿児島県 ・ 出水市)の木牟礼城きのむれじょう城主で島津氏宗家第4代当主・島津忠宗公の三男の島津氏庶流(分家)で、当初は大隅半島佐多地域(現・鹿児島県 ・ 南大隅町佐多町(さたちょう)地域)を領有していた佐多忠光(島津忠光)が、知覧領主になったとの由です。その経緯についてより詳しく解説すれば、鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.34,  国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会 : 60巻. 7(巻之19-21) コマ番号31ー32,ならびに三国名勝図会 : 60巻. 16(巻之46-48) コマ番号27によれば、佐多氏初代当主・佐多忠光(島津忠光)は、当初は薩摩国 鹿児島郡 伊敷(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市伊敷この辺り(地図)),  伊敷町この辺り(地図)),  下伊敷この辺り(地図))等」)を領有して薩摩国 鹿児島郡 伊敷にいましたが、鎌倉時代の文保2年(1318年)に父・道義公(島津氏宗家第4代当主・島津忠宗公)から大隅国禰寝院(ねじめいん)南俣(小禰寝院:現・鹿児島県 ・ 南大隅町根占町(ねじめちょう)地域南大隅町佐多町地域鹿児島県 ・ 錦江町田代町地域)の佐多(現・鹿児島県 ・ 南大隅町佐多町(さたちょう)地域)を与えられて、故に「佐多氏」と称したとの由です。国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会 : 60巻. 16(巻之46-48) コマ番号27,ならびに鴨着く島 おおすみ 〜南九州の歴史の謎を探る〜 ・  『三国名勝図会』から学ぶ おおすみ歴史講座 ・ 平成21年度 第九回 『三国名勝図会』大隅国・大隅郡・田代郷および佐多郷(2月14日)等によれば、佐多での佐多忠光の拠点は高木城であったとの由です。国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会 : 60巻. 16(巻之46-48) コマ番号27によれば、南北朝時代の観応2年(1351年)に、大隅国 禰寝院(ねじめいん)南俣領主で禰寝氏(ねじめし)第7代当主の禰寝清成が佐多城(恐らくは高木城のことと思量)を攻略して、薩摩国 鹿児島郡 伊敷にいた佐多忠光は救援しきれず、守将は佐多城(高木城保てずに逃走せざるを得なくなり、一時期、佐多城(高木城を失ったとの由です。その後、佐多忠光は佐多城(高木城を奪い返したとの由です。
  鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.34,ならびに国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会 : 60巻. 7(巻之19-21) コマ番号31ー32によれば、佐多忠光は、南北朝時代の文和2年(1353年)に、軍功により足利尊氏から下文を与えられて、薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)(現・鹿児島県 ・ 南九州市知覧町地域)を増封されたとの由です。これが佐多氏が知覧を領有した嚆矢(こうし)になります。鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.34によれば、佐多氏第2代当主・佐多忠直は薩摩国 鹿児島郡 伊敷にいたという話が載っていますが、国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会 : 60巻. 7(巻之19-21) コマ番号31ー32には、佐多氏は第3代当主・佐多氏義の時まで大隅国佐多に居城していた(つまり、
高木城にいた)という話が載っています。両史料が共に正しいと仮定すれば、佐多氏第2代当主・佐多忠直は、薩摩国 鹿児島郡 伊敷大隅国佐多とを行ったり来たりしていたことが、窺えます。これは、鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.34によれば、佐多忠直兄弟が、南北朝時代の延文4年(1359年)に、庄内國合之戦で戦死したとの由ですので、南北朝時代の戦乱の中で各地を転戦していたため、居城にいたままという訳にはいかなかったという事情もあるのではないか、と推測します。この庄内國合之戦とは「国合原(くにあいばる)の合戦」のことであり、ようこそ大船庵へ ・ 古文書を楽しむ ・ 南九州の中世ー薩摩藩内古城由緒ー ・ P15-P19によれば、延文4年(1359年)10月5日に、島津氏宗家が奥州家総州家とに分かれていた時期の島津氏宗家第6代当主(兼)奥州家初代当主に後になる島津氏久公が、志布志城があった日向国 諸県郡(もろかたぐん)志布志(しぶし;現・鹿児島県 ・ 志布志市志布志町地域)から、日向国 宮崎郡 南郷(現・宮崎県 ・ 日南市南郷町地域),大隅国 囎唹郡(そおぐん) 末吉(現・鹿児島県 ・ 曽於市(そおし)末吉町地域)に出陣して、大隅国 囎唹郡 末吉の国合原(くにあいばる)(地図)で、肥後国 球磨郡(現・熊本県 ・ 人吉 + 球磨郡)の人吉城城主・相良氏,  日向国 ・ 真幸院(まさきいん)(現・宮崎県 ・ えびの市,  小林市)の飯野城城主・北原氏と戦った合戦であるとの由です。なお、国合原(くにあいばる)(地図)の位置は、日本の城址 ・ 国合原古戦場にによるものです。
  国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会 : 60巻. 16(巻之46-48) コマ番号27によれば、南北朝時代の永徳元年(1381年)に、佐多氏第3代当主・佐多氏義は、禰寝(ねじめ)氏第9代当主・禰寝久清に
高木城を奪われたとの由です。上述のとおり、国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会 : 60巻. 7(巻之19-21) コマ番号31ー32には、この佐多氏義の代まで大隅国佐多に居城していた(つまり、高木城にいた)旨が載っているにもかかわらず、国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会 : 60巻. 16(巻之46-48) コマ番号27によれば、佐多氏第4代当主・佐多親久が薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)に移った(つまり、知覧城に移った)との由であり、同一文献でも巻によって、一見すれば、大隅国佐多から離れた時期が異なるような話が載っています。これは、鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.34によれば、佐多親久が薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)に移ったのは、詳しくは次段落で述べる、一時期は伊集院頼久の一族に押領だれていた知覧島津久豊公が取り返した後の応永27年(1420年)のことですので、大隅国佐多から離れて以降、知覧に移るまでの間にタイム・ラグがあったからであることが分かります。したがって、同一文献でも巻によって、一見すれば大隅国佐多から離れた時期が異なるような話が載っているように見えても、実は矛盾はしていないことになります。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 知覧城によれば、
知覧城は一時期、薩摩国 日置郡 伊集院(現・鹿児島県 ・ 日置市伊集院町地域)の一宇治城(伊集院城)城主の伊集院頼久に押領されてしまい、伊集院頼久の一族が住んだの由です。国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会 : 60巻. 7(巻之19-21) コマ番号31ー32,ならびに『知覧町文化財調査報告書第3集 知覧城跡』(ミュージアム知覧,1992年)p.9によれば、この伊集院頼久の一族とは、今給黎(いまきいれ)久俊であるとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 知覧城,ならびに鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.34によれば、室町時代の応永20年(1413年)〜応永24年(1417年)の伊集院頼久の乱において応永24年(1417年)に、薩摩国 鹿児島郡鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市鹿児島市地域)の清水城しみずじょう城主で島津氏宗家第8代当主・島津久豊公が知覧城を奪い返した結果、知覧城は再び佐多氏のものになり、佐多氏第4代当主・佐多親久の城になったとの由です。その後、室町時代の間、佐多氏は大隅国佐多から薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)に移り、知覧城を拠点としていました。ただし、鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.35には、佐多氏第5代当主・佐多忠遊について、「自知覧復移居佐多」という、再び大隅国佐多に移ったかのような記述がありますが、詳細は不明です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 佐多久政によれば、戦国時代から安土桃山時代にかけての知覧城城主で佐多氏第10代当主の佐多久政は、島津氏による三州(薩摩国,  大隅国,  日向国)(概ね現・鹿児島県 + 宮崎県)の領国国内統一平定戦で大いに活躍したとの由です。
  第11代当主・佐多久慶が、安土桃山時代の天正19年(1591年)に薩摩国 川辺郡川辺(かわなべ;現・鹿児島県 ・ 南九州市川辺町地域)に移封(転封)になったとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 佐多久慶によれば、この移封(転封)理由は、佐多氏一族・佐多久福の家来らが久福の名を旗に書いて禁じられていた海賊行為を働いていた罪に関して自分は無関係であった釈明がかろうじて通った時期のことであるため、確認した上での史実ではなく推測・仮説であるに過ぎませんが、釈明が認められたとは申せ、部下(家臣)の海賊行為に対する管理責任を問われてのことあろうと推測可能なタイミングです。関東鹿児島県人会連合会 さつまグローバルネット ・ 鹿児島の情報 ・ もっと鹿児島が知りたい[2]知覧町観光案内では、移封(転封)先は、薩摩国川辺の中でも宮村(現・南九州市 大字川辺町宮(この辺り(地図)))と、村名まで含めて特定化されていますので、移封(転封)先が薩摩国川辺全域であるのか、それとも薩摩国川辺宮村周辺のごく一部であるに過ぎないのかは、調べてみましたが、分かりませんでした。恐らくは、確認した上での史実ではなく推測・仮説であるに過ぎませんが、もしも上述のとおり部下の海賊行為に対する管理責任を問われての移封(転封)であったという仮説が成立する場合、薩摩国川辺全域ではなく宮村であるに過ぎななかった可能性も、否定はできません。なお、-梅鉢umebachi- ・ 古城址探訪 ・ 知覧城によれば、佐多久慶が出て行った天正19年(1591年)から、詳しくは次段落で後述する種子島久時が移って来た文禄4年(1995年、12月は新暦(西暦)で1996年)までの間の薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)は、島津氏島津氏宗家)直轄領になっていたとの由です。
  鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第50集 西藩烈士干城録(二)p.11,ならびに鮫嶋安豊写真で見る種子島の歴史たましだ舎,2011)p.51によれば、安土桃山時代の文禄4年(1595年)秋に、豊臣秀吉の命により、種子島氏第16代当主・種子島久時薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)(現・鹿児島県 ・ 南九州市知覧町地域)に移封(転封)になり、大隅国 熊毛郡 種子島西之表(現・鹿児島県 ・ 西之表市)の
野久尾城この辺り(地図)から移って来たとの由です。原口虎雄薩摩藩外城制度の成立と元和の一国一城令」(法制史学会法制史研究』,Vol.1979 (1979) No.29)pp.79-81,ならびに桐野作人関ケ原島津退き口 敵中突破三〇〇里学研新書,2010)p.237によれば、種子島久時のこの移封(転封)は、島津氏領では安土桃山時代の文禄4年(1595年)に行われた太閤検地の結果、家臣団の大幅な所替が、減封を伴う形で行われた結果によるものです。Extreme Party ・ 藤波イズム(日本の城の紹介ページ) ・ 知覧城,ならびに日本の城・写真集 ・ 知覧城によれば、薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)での種子島久時の居城は、知覧城であったとの由です。台明寺岩人島津家の謀略: 伊集院忠棟、忠眞の非業の死地方・小出版流通センター南方新社),2007年08月)p.52,  Samurai Worldサムライワールド ・ 島津以久の墓 宮崎市佐土原,  西之表市8つの都市公園 ・ 新城公園,ならびにいちご畑よ永遠に ・ 種子島皆既日食ツアー 2 千座の岩屋 私学校跡 西郷隆盛洞窟によれば、種子島久時の旧領・種子島には代わりに、島津氏中興の祖・日新斎(じっしんさい)島津忠良公の次男で勇将だった島津忠将の嫡男であり、島津四兄弟(島津氏宗家第16代当主・島津義久公,  島津義弘公,  島津歳久公,  島津家久公)の従兄弟の島津以久(別名:島津征久)が、大隅国 囎唹郡(そおぐん)国分(こくぶ;現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)の国分清水城こくぶきよみずじょうもしくは上井城から移封(転封)して来て、大隅国 熊毛郡 種子島西之表(現・鹿児島県 ・ 西之表市)の新城に移ったとの由です。
  鴨着く島おおすみ ・ 『三国名勝図会』から学ぶおおすみ歴史講座 ・ 第十回 大隅国・大隅郡・垂水郷によれば、慶長4年(1599年)に島津以久(別名:島津征久)は、大隅国 大隅郡垂水(たるみず;現・鹿児島県 ・ 垂水市)に移封(転封)となり、
垂水城に移ったとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 種子島久時(16代)によれば、この慶長4年(1599年)に種子島氏第16代当主・種子島久時が、島津以久(別名:島津征久)と交代して、旧領・種子島に戻ったとの由です。鮫嶋安豊写真で見る種子島の歴史たましだ舎,2011)p.51によれば、種子島久時の代の時には居城は野久尾城この辺り(地図)であるとの由であり、かつ、ふるさと種子島 ・ 美浜町(榕城)によれば、その種子島久時が、江戸時代初期の慶長14年(1609年)に内城に移ったとの由ですので、タイミング上、慶長4年(1599年)に種子島に戻った時の種子島久時の城は、恐らくは野久尾城この辺り(地図)だったのではないかと推測します。
  鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.36,  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 佐多忠充によれば、佐多氏第12代当主・佐多忠充(さた ただみつ)は、江戸時代初期の慶長15年(1610年)に旧領・薩摩国 知覧院(薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 知覧)(現・鹿児島県 ・ 南九州市知覧町地域)の領主になって佐多氏は旧領を回復し、支族(一族)の佐多久信を地頭代として知覧に派遣したとの由です。しかし、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 知覧城,  YORIさんのHP(お城見てある記) ・ 知覧城等によれば、佐多忠充が戻って来るまでの間の期間中に、
知覧城は原因不明の出火で炎上してしまったとの由であり、慶長20年/元和元年(1615年)の一国一城令が施行される以前に、廃城になったと考えられているとの由です。九州旅倶楽部 ・ 知覧武家屋敷通りによれば、復帰した佐多氏は、当初は、拠点として御仮屋を、後の知覧武家屋敷群の約1km西に中郡竹に設けたとの由です。中郡竹の御仮屋の具体的な場所については、南九州市知覧町地域大字(おおあざ)「知覧町郡」字(あざ)「中郡町」はこの当たり(地図)であり、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 簡単検索によれば、大字(おおあざ)「知覧町郡」には、地頭所遺跡地図(住所:鹿児島県南九州市知覧町郡地頭所)がありますので、ここが、中郡竹の御仮屋跡なのではないかと推測しますが、他の情報とつきあわせてダブル・チェックして確認した上での仮説ではありませんので、間違っている可能性も否定できません。
  江戸時代薩摩藩では、慶長20年/元和元年(1615年)の一国一城令に対する実質的な抜け穴の支城ネットワーク網となる地方行政・軍事ネットワーク網の制度「外城制」の下、「郷(ごう)」と呼ばれる地方行政区画ごとに武家集住地域「外城(後に「麓」と改称)」を設け、武家屋敷群を拠点にした地方統治を行っていました。また、御仮屋とは、武家屋敷群の統治者の役所(兼)館となる施設です。江戸時代薩摩国 給黎郡(きいれぐん) 
知覧知覧御仮屋は、上述のとおり、当初は後の知覧武家屋敷群の約1km西の中郡竹の御仮屋(場所は恐らくは地頭所遺跡地図(住所:鹿児島県南九州市知覧町郡地頭所))にありましたので、中郡竹の御仮屋の当たりに当初の知覧麓(知覧武家屋敷群)があったことになります。各「外城(麓)」で「郷」を統治する武士の見地から「郷」を分類すれば、一所持と呼ばれる家格の重臣が私領主として統治する「郷」と、薩摩藩の藩庁の役人が藩官僚「地頭」として統治する「郷」とが、ありました。九州旅倶楽部 ・ 知覧武家屋敷通り,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津久逵によれば、佐多氏は代々知覧地頭職を世襲はしていたものの、当初は私領主ではなかったとの由ですが、佐多氏(知覧島津家)第16代当主・佐多久逵(後の島津久逵(しまづ ひさみち))(慶安4年(1651年)〜享保4年(1719年))の代の時に、私領主として知覧を統治することが認められたとの由です。佐多氏(知覧島津家)は、「郷」を私領主として領有することを許された一所持の家格の重臣の家系の薩摩藩家臣として、幕末まで知覧を統治したとの由です。また、これらのリンク先各ページによれば、正徳元年(1711年)に、島津氏宗家第21代当主(兼)薩摩藩第4代藩主・島津吉貴公から佐多久逵は代々島津氏を名乗ることを許されて、島津久逵に改名したとの由です。なお、佐多久逵は、島津氏宗家第19代当主で薩摩藩第2代目藩主の島津光久公の子(五男)で、島津氏宗家から分家(庶流)の佐多氏を養子相続して当主となった人物であるとの由です。九州旅倶楽部 ・ 知覧武家屋敷通り,ならびにSamurai World ・ 知覧 鹿児島県南さつま市によれば、江戸時代中期に、佐多氏(知覧島津家)第18代当主・島津久峰(享保17年(1732年)〜 明和9年(1772年))の代の時に、知覧麓(知覧武家屋敷群)を、中郡竹の御仮屋(場所は恐らくは地頭所遺跡地図)周辺から、今日の知覧武家屋敷群の場所に移したとの由です。「麓(麓武家屋敷群)」は、文字どおり、(一国一城令で廃城になった)戦国時代の山城の麓に設けられた場合が多いですが、知覧麓(知覧武家屋敷群)の場合には、知覧城跡の麓ではありますが、亀甲城跡に隣接しており、街並みの構造上の核としては、むしろ亀甲城跡の麓と言える位置にあります。このため、知覧武家屋敷群に隣接して、知覧城の支城だったと考えられている亀甲城の城跡(亀甲城跡(亀甲城公園))があります。
  
知覧城の城主だった佐多氏(後の知覧島津家(知覧家))歴代の墓地は、知覧島津家墓地欄にあります。また、知覧への交通案内については、当画面(当ページ)内・下方の知覧への行き方・アクセス欄でご参照いただけます。)

公共交通による知覧へのアクセス・行き方については、このページ画面内の後方の知覧へのアクセスをご覧下さい。


知覧観光の際のご宿泊は(再掲)
温泉天国・鹿児島温泉紹介!
(当WEBサイト)
(当HP内の)鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)案内
(当HP内の)指宿温泉案内
(当HP内の)知覧温泉欄
【楽天トラベル】鹿児島市内(鹿児島・桜島)  ホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】南九州市知覧のホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧
【楽天トラベル】指宿温泉  温泉宿一覧
【楽天トラベル】知覧温泉  温泉宿一覧


<知覧への行き方、アクセス>

<まずは、鹿児島県への行き方>
鹿児島県に着いてからさらに知覧に行くための行き方については、その後ろ(下方;↓)でご参照いただけます。)

鹿児島県への行き方(2009年4月現在)
鉄道 JR九州 ・ 鹿児島支社
・   九州新幹線
・   特急「きりしま」
日豊本線 : 宮崎市−(都城経由−「霧島温泉への拠点駅・霧島神宮駅」経由)−鹿児島市 ・ 鹿児島中央駅
・   観光列車「いさぶろう・しんぺい」号,  観光特急「はやとの風」
肥薩線 : 熊本県 ・ 人吉−(鹿児島県 ・ 湧水町 ・ 吉松駅乗換−「霧島温泉への拠点駅・霧島温泉駅」経由)−鹿児島市 ・ 鹿児島中央駅
・   特急「指宿のたまて箱」
鹿児島県県内路線・指宿枕崎線鹿児島市 ・ 鹿児島中央駅指宿市 ・ 指宿駅
・   吉都線  宮崎県 ・ 都城鹿児島県 ・ 湧水町 ・ 吉松駅
・   日南線  宮崎市 ・ 南宮崎駅鹿児島県 ・ 志布志市 ・ 志布志駅

肥薩おれんじ鉄道 ・ 快速「スーパーおれんじ」「オーシャンライナーさつま」
熊本県 ・ 八代市−(鹿児島県 ・ 出水(いずみ)経由)−鹿児島県 ・ 川内(せんだい)。旧JR鹿児島本線の同区間が、九州新幹線開業に伴い並行在来線分離により設立された第三セクター鉄道。)
飛行機
【楽天トラベル:航空券+ホテルがセットになったANA楽パック】 > 鹿児島県
(ANAの予約画面経由でSNA(スカイネットアジア航空)やオリエンタルエアブリッジ(ORC)の予約もできます。)

【楽天トラベル:航空券+ホテルがセットになったJAL楽パック】 > 鹿児島県
【楽天トラベル】航空券予約
(SKYMARK Airlines(スカイマーク)や、ANAの予約画面経由でSNA(スカイネットアジア航空)やオリエンタルエアブリッジ(ORC)の便の予約もできます。)
フジドリームエアラインズ(FDA)  静岡県 ・ 富士山静岡空港鹿児島線:2009年3月現在、2009年夏から就航しました。)
鹿児島国際空港ホームページ ・ 交通アクセス
海路 当HP内の鹿児島の交通・アクセスをご参照下さい。
バス オール九州 高速バス予約サイト 楽バス
福岡市鹿児島市桜島号,  大阪鹿児島市トロピカル号,  神戸鹿児島市トワイライト神戸号,  大分鹿児島市トロピカル号,  宮崎市鹿児島市線などの高速バスの予約ができます。)
いわさきバスネットワーク(旧・林田バス)鹿児島交通バス等の時刻表・路線検索は、以下のリンク先でご参照可能です。
九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
九州のバス乗り放題乗車券「SUNQパス」
九州ローカルバス時刻表(バス時刻表ボランティアHP) ・ 鹿児島県
レンタカー オリックス・レンタカー鹿児島・種子島・屋久島・宮崎・熊本


鹿児島県に着いてから、さらに知覧へのアクセス・行き方>
  鹿児島空港からのアクセス方法については、2006年11月7日をもって空港からの直行連絡バスが廃止になってしまいましたので、南九州市ホームページ「鹿児島空港から知覧へのアクセス」に載っていた(2009年4月現在)、以下の方法をお知らせします。

  (1)   一旦、鹿児島市内行きの空港連絡バスに乗って鹿児島市に行っていただき、以下のa,bいずれかの場所で鹿児島交通の「知覧行き」もしくは「特攻観音入口行き」バスに乗り換えれば、知覧に辿り着けます。
a. 「金生町」バス停で下車して、山形屋BC(バスセンター)で乗り換え
b. 空港連絡バス鹿児島中央駅バス停で下車して、鹿児島中央駅バス乗り場で乗り換え

知覧での下車バス停は、知覧武家屋敷群,  薩摩英国館が「武家屋敷入口」バス停で、知覧特攻平和会館,  ミュージアム知覧(南九州市立博物館)が「特攻観音入口」バス停です。時刻表については、以下のリンク先URLでご参照可能です。
→   鹿児島交通バスの時刻表は、以下のリンク先サイトでご参照可能です。
九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
→   鹿児島交通バスの時刻表は、南九州市ホームページ ・ アクセス ・ JR鹿児島中央駅〜知覧 方面行き バス時刻表でもご参照可能です(参照先URLは2009年4月現在)

  (2)   一旦、鹿児島市内行きの空港連絡バスに乗って鹿児島中央駅に行った上で、鹿児島中央駅からはJR指宿枕崎線平川駅もしくは喜入駅まで行き、タクシー又は鹿児島交通のバスに乗れば、辿り着けます。喜入駅前を通る知覧行きのバス路線は、2011年3月現在指宿いわさきホテル指宿駅前経由のものであり、指宿温泉ご宿泊と組み合わせて知覧観光を行う際にもお薦めの路線であると同時に、喜入駅特急「指宿のたまて箱」停車駅でもあります。指宿いわさきホテル指宿駅前,喜入駅前経由知覧行きのバス路線をご利用の場合には、『のったりおりたりマイプラン』が便利です(2011年3月現在)
→   JR九州の時刻表は、JR九州ホームページでご参照いただけます。
→   鹿児島交通バスの時刻表は、以下のリンク先サイトでご参照可能です。
九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
→   『のったりおりたりマイプラン』については、以下のリンク先サイトでご参照可能です。以下のこのリンク先でも、2011年3月現在鹿児島交通バスの時刻表をご参照いただけます。
○   いぶすき☆観光ネット(指宿市観光協会)HP  『のったりおりたりマイプラン』紹介ページ
(リンク先URLは2011年3月現在)

  (3)   一旦、山川・指宿行きの空港連絡バスに乗って平川または喜入バス停で下車し、その後は上述(2)と同じ方法で辿り着けます。
  (4) 鹿児島空港鹿児島中央駅からレンタカーに乗っていく。レンタカーについては、以下のリンク先をご参照下さい。
→   オリックス・レンタカー鹿児島・宮崎・熊本
→  




  上述の方法は、鹿児島市内到着後の行程だけを抜き出せば、鹿児島市民などの鹿児島県民の方、或いは、九州新幹線の列車でお越しの方にもご利用いただけます。また、鹿児島交通の路線バスは、指宿温泉にご宿泊の上で周遊される際にもご利用可能であります他、上述(↑)の観光バスは、鹿児島市からも指宿温泉からも便利にご利用いただけます。
九州のバス時刻表
交通ナビかごしま

  タクシーを使う場合、観光タクシーで周遊する場合には、鹿児島交通タクシー,  島津交通タクシー,  山元交通タクシー等の観光周遊サービスがご利用いただけます。また、知覧市街地でのタクシー会社には、以下のような会社があります(2009年4月現在)。
タクシー うとタクシー
ちらんタクシー(旧 大隣タクシー:知覧のタクシー会社)
(リンク先はYAHOO!地域情報のサブ・コンテンツ。)


  お車で行く場合には知覧特攻平和会館に行く場合を例にして示せば指宿スカイライン知覧インターチェンジ(リンク先は地図)で降りて、県道23号線に出る所(リンク先は地図)で左折して道なりに真っ直ぐ進み、武家屋敷群などがある知覧市街地(リンク先は地図)を抜けたらここの三叉路(リンク先は地図)で左折して県道23号線に入り、しばらく道なりに行けば到着(リンク先は地図)です。

知覧に行く際に便利な定期観光バスについては、このページ画面内の上方(↑)の観光バス案内をご覧下さい。
→   (当画面(ページ)内の)指宿・知覧観光バス案内欄

知覧観光の際のご宿泊は(再掲)
温泉天国・鹿児島温泉紹介!
(当WEBサイト)
(当HP内の)鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)案内
(当HP内の)指宿温泉案内
(当HP内の)知覧温泉欄
【楽天トラベル】鹿児島市内(鹿児島・桜島)  ホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】南九州市知覧のホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧
【楽天トラベル】指宿温泉  温泉宿一覧
【楽天トラベル】知覧温泉  温泉宿一覧

鹿児島県の宿泊予約 & まち楽
(powered by 楽天トラベル, and 楽天市場.)
  ↓

全国温泉宿予約(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
  
  ↓

宿泊施設情報(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧    鹿児島市内(鹿児島・桜島)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  空室検索    南薩(指宿・枕崎)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  温泉宿一覧
南薩(指宿・枕崎)  温泉宿一覧
吹上温泉  温泉宿一覧
   北薩(出水・川内)  ホテル・旅館一覧
市比野温泉  温泉宿一覧
宮之城温泉  温泉宿一覧
北薩(出水・川内)  温泉宿一覧
霧島温泉  空室検索    大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  ホテル・旅館一覧
霧島温泉  温泉宿一覧
妙見温泉  温泉宿一覧
大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  温泉宿一覧
種子島・屋久島  温泉宿一覧    種子島・屋久島  ホテル・旅館一覧
      奄美大島・喜界島・徳之島  ホテル・旅館一覧
      沖永良部島・与論島  ホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったANA楽パック ・ 鹿児島県
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったJAL楽パック ・ 鹿児島県





鹿児島県の温泉&観光
(訪問した所は訪問記(注),訪問未済みの所はリンク集)

(注)100箇所以上に及ぶ、当HPオリジナル・コンテンツ。
地域 温泉案内 観光案内
鹿児島市
(桜島を含む)
鹿児島温泉とは(鹿児島市内温泉とは) 鹿児島市内(含む桜島)観光案内
鹿児島市の温泉(ホテル・旅館,桜島も含む)
鹿児島市の温泉(温泉銭湯[日帰り温泉立ち寄り湯],桜島も含む)
指宿 指宿及びその周辺の温泉 指宿観光案内
南薩 南薩地域の温泉 知覧観光案内
南薩観光案内
霧島 霧島温泉 霧島観光案内
霧島市,姶良
(霧島温泉以外)
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 隼人・国分・姶良地域観光案内
日当山温泉&姫城温泉
その他霧島市(旧国分市,旧隼人町),姶良地区の温泉
北薩・中薩 北薩・中薩地域の温泉 北薩・中薩の観光案内
大隅
(霧島以外)
大隅地域の温泉 大隅観光案内
種子島,屋久島,三島村,十島村地区 種子島,屋久島,三島村,十島村の温泉 種子島,屋久島,三島村,十島村の観光案内
奄美諸島 奄美大島,与論島,沖永良部島地区の温泉 奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島の観光案内
全般的に 訪問入湯記
(当HPオリジナル・コンテンツ:訪れた感想と観光案内)
観光訪問記
(当HPオリジナル・コンテンツ:訪れた感想と観光案内)
鹿児島県の温泉宿宿泊予約 鹿児島県内全域観光案内別サイト(リンク集)
特集 NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介(鹿児島観光案内)(New! 2007年12月)

「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内(New! 2010年08月)

鹿児島へのご旅行は
(当HP内の)九州新幹線乗車記&沿線観光案内















このページのトップへ    (当ページ内)入湯記一覧へ    (当ページ内)観光地訪問記一覧へ    (当ページ内)全国の観光・温泉案内へ

「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」の訪問記or体験記
地域 訪問or体験した観光地orスポット
鹿児島県全体 鹿児島の芋焼酎が楽天市場で買える鹿児島県内店(リンク先は当HP管理人のブログ・カミタク・ブログの記事。)
鹿児島市内(含む桜島) 九州新幹線
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市電
(鹿児島市電については、当HP管理人の別サイト・鉄道艦船航空陸自マニアでも、鹿児島市交通局として紹介されています。)
鹿児島市内(含む桜島) カゴシマシティビュー乗車記(鹿児島市内観光地周遊バス)
鹿児島市内(含む桜島) 尚古集成館(島津斉彬公による我が国初の洋式工業団地・集成館事業の産業遺産)
鹿児島市内(含む桜島) 島津家別邸:名勝 仙巌園(磯庭園)
鹿児島市内(含む桜島) 猫神神社(+猫グッズ専門店「猫屋」)
鹿児島市内(含む桜島) 磯工芸館(旧島津家吉野植林所)
鹿児島市内(含む桜島) 薩摩ガラス工芸(薩摩切子)工場見学
鹿児島市内(含む桜島) 磯くわはら館(旧芹ヶ野島津家金山鉱業事業所建物のレストラン)
鹿児島市内(含む桜島) 異人館(旧鹿児島紡績所技師館)
鹿児島市内(含む桜島) caf'e潮音館(旧・重富島津家別邸米蔵の石蔵のカフェ:田之浦潮音館)
鹿児島市内(含む桜島) 城山(城山展望台)
鹿児島市内(含む桜島) 鶴丸城(鹿児島城)
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島県歴史資料センター黎明館
鹿児島市内(含む桜島) 薩摩義士碑
鹿児島市内(含む桜島) 大中寺(薩摩義士の墓)
鹿児島市内(含む桜島) 平田公園(平田靱負屋敷跡&平田靱負銅像)
鹿児島市内(含む桜島) 西郷隆盛銅像
鹿児島市内(含む桜島) 大久保利通銅像
鹿児島市内(含む桜島) 維新ふるさと館
鹿児島市内(含む桜島) 甲突川河畔(桜のお花見&歴史散策)
鹿児島市内(含む桜島) 東郷平八郎誕生地
鹿児島市内(含む桜島) 示現流兵法所史料館(示現流史料館)
鹿児島市内(含む桜島) 天璋院篤姫の生家・今和泉島津家本邸跡
鹿児島市内(含む桜島) 南洲神社・南洲墓地
鹿児島市内(含む桜島) 西郷南洲顕彰館
鹿児島市内(含む桜島) 西郷洞窟
鹿児島市内(含む桜島) 福昌寺跡(島津家墓地)
鹿児島市内(含む桜島) 照国神社と六月灯
鹿児島市内(含む桜島) 探勝園跡(島津三銅像〜照国神社脇の島津斉彬公像,島津久光公像,島津忠義公像〜
鹿児島市内(含む桜島) 荒田八幡宮と六月灯
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市立美術館
鹿児島市内(含む桜島) 長島美術館
鹿児島市内(含む桜島) 陽山美術館
鹿児島市内(含む桜島) 児玉美術館
鹿児島市内(含む桜島) 三宅美術館
鹿児島市内(含む桜島) かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島県立博物館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市立科学館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島大学総合研究博物館
鹿児島市内(含む桜島) 石橋記念公園・石橋記念館(祇園之洲公園)
鹿児島市内(含む桜島) いおワールド かごしま水族館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市平川動物公園
鹿児島市内(含む桜島) 奄美の里(本場大島紬の里)
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市立ふるさと考古歴史館(掃除山遺跡出土品,草野貝塚展示博物館)
鹿児島市内(含む桜島) 県立吉野公園(桜のお花見の名所)
鹿児島市内(含む桜島) 多賀山公園(東郷平八郎銅像,東福寺城址)
鹿児島市内(含む桜島) おはら祭
鹿児島市内(含む桜島) かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」
鹿児島市内天文館 山形屋百貨店
鹿児島市内(含む桜島) 天文館(鹿児島の中心街・繁華街)
鹿児島市内天文館 うなぎの末よし
鹿児島市内天文館 正調さつま料理 熊襲亭
鹿児島市内天文館 cafe de MANON(カフェ・ド・マノン)
鹿児島市内天文館 さつまいもの館
鹿児島市内天文館 唐芋ワールド
鹿児島市内天文館 池畑天文堂
鹿児島市内天文館 T−MAXボウル(T-MAX BOWL)
鹿児島市内(含む桜島) アミュプラザ鹿児島&大観覧車アミュラン
鹿児島市内(含む桜島) 南洲寺(僧月照の墓)
鹿児島市内(含む桜島) 南林寺由緒墓
鹿児島市内(含む桜島) 松原神社
鹿児島市内(含む桜島) 天保山公園(坂本竜馬新婚の碑,共月亭,砲台跡,調所広郷の像)
鹿児島市内(含む桜島) 慈眼寺公園(慈眼寺跡)
鹿児島市内(含む桜島) 谷山神社
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島カテドラル・ザビエル教会
鹿児島市内(含む桜島) ザビエル滞麑記念碑(ザビエル公園)
鹿児島市内(含む桜島) 桜島納涼観光船
鹿児島市内(含む桜島) 桜島フェリー
鹿児島市内(含む桜島) 桜島(特に湯之平展望所)
鹿児島市内(含む桜島) 桜島焼窯元・桜岳陶芸
指宿周辺 岩崎美術館・工芸館
指宿周辺 時遊館COCCOはしむれ(指宿市考古博物館),橋牟礼川遺跡
指宿周辺 知林ヶ島
指宿周辺 特急「指宿のたまて箱」紹介+特別快速なのはなDX乗車記
知覧周辺 知覧特攻平和会館
知覧周辺 知覧武家屋敷群
知覧周辺 ミュージアム知覧(南九州市立博物館)
知覧周辺 薩摩英国館
南薩地域(指宿市山川) 長崎鼻
南薩地域(指宿市山川) フラワーパーク かごしま
南薩地域(指宿市山川) JR日本最南端の駅「西大山駅」
南薩地域 開聞岳 & 開聞山麓自然公園
南薩地域 池田湖
南薩地域 あじろ浜(網代浜)訪問記&坊津観光案内
霧島周辺 霧島神宮
霧島周辺 霧島神宮古宮址
霧島周辺 高千穂河原&高千穂河原ビジターセンター
霧島周辺 霧島連山登山(霧島トレッキング・霧島縦走コース:韓国岳,獅子戸岳,新燃岳,中岳)
霧島周辺 高千穂峰登山
霧島周辺 和気神社&霧島市和気公園
霧島周辺 犬飼滝
霧島周辺 高千穂牧場
霧島周辺 生駒高原 コスモス園
霧島周辺 特急きりしま
霧島周辺 観光特急「はやとの風」(肥薩線の旅行)
霧島周辺 観光列車「いさぶろう・しんぺい」号(肥薩線の旅行)
隼人・国分・姶良地域 上野原縄文の森(上野原遺跡)
隼人・国分・姶良地域 鹿児島神宮(大隅国一宮)
隼人・国分・姶良地域 霧島市立隼人歴史民俗資料館
隼人・国分・姶良地域 隼人塚
隼人・国分・姶良地域 霧島市立隼人塚史跡館
隼人・国分・姶良地域 熊襲の穴
隼人・国分・姶良地域・溝辺 高屋山上陵
(日向神話の彦火々出見尊(ヒコホホデミノミコト,別名・火遠理命(ホオリノミコト),山幸彦)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)
隼人・国分・姶良地域 龍門滝
隼人・国分・姶良地域 長年寺跡と島津墓地・亀墓
隼人・国分・姶良地域 加治木島津館跡(加治木護国神社)
隼人・国分・姶良地域 蒲生八幡神社
隼人・国分・姶良地域 蒲生の大クス(特別天然記念物)
北薩・中薩 ・ 日置市 さつま湖公園
北薩・中薩 ・ 日置市 妙円寺
(島津義弘菩提寺で、妙円寺詣り発祥の禅寺)
北薩・中薩 ・ 日置市 徳重神社
(島津義弘を祭神とする、妙円寺詣り会場の神社)
北薩・中薩 ・ 日置市 雪窓院跡&島津義久公剃髪石(座禅石)
北薩・中薩 ・ 日置市 一宇治城跡(伊集院城跡;城山公園)
北薩・中薩 ・ いちき串木野市 薩摩金山蔵
(焼酎蔵[焼酎工場]見学,金山跡坑道見学,薩摩料理&焼酎お食事処)
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内川花火大会
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 新田神社(薩摩国一宮)
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 可愛山陵
(天孫降臨伝説・日向神話の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 泰平寺
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 薩摩国分寺跡史跡公園
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内歴史資料館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内まごころ文学館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内戦国村
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内原子力発電所展示館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 きやんせふるさと館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市 藺牟田池(いこいの村いむた池入湯記)
北薩・中薩 肥薩おれんじ鉄道
北薩・中薩 ・ 出水市 感応寺(感応禅寺)・五廟社(島津氏最初の5代の墓)
北薩・中薩 ・ 出水市 出水市ツル観察センター
北薩・中薩 ・ 出水市 出水麓武家屋敷群
北薩・中薩 ・ 出水市 出水市出水駅観光特産品館「飛来里」
北薩・中薩 ・ 出水市 日本一のお地蔵様(出水市・八坂神社)
北薩・中薩 ・ さつま町 紫尾神社(紫尾区営温泉「神の湯」入湯記)
大隅半島 ・ 志布志市 大慈寺
屋久島 益救神社(最南端の式内社,旧多禰国一宮)
屋久島 屋久島大社
屋久島 屋久杉自然館(+「縄文杉の写真」,杉の茶屋)
屋久島 ボタニカルリサーチパーク(屋久島有用植物リサーチパーク)+トローキの滝
屋久島 屋久杉ランド(ヤクスギランド)
屋久島 紀元杉
屋久島 白谷雲水峡
横浜 ホテルニューグランド
横浜 横浜伊勢佐木町ワシントンホテル
横浜 横浜ランドマークタワー&横浜ロイヤルパークホテル
湘南・三浦・鎌倉 観音崎京急ホテル・レストラン「浜木綿」(&「SPASSO(スパッソ)」案内)
湘南・三浦・鎌倉 観音崎灯台
北九州,下関他 門司港レトロ地区:全般
北九州,下関他 門司港レトロ地区:旧門司税関
北九州,下関他 門司港レトロ地区:門司港駅
北九州,下関他 門司港レトロ地区:旧門司三井倶楽部
北九州,下関他 門司港レトロ地区:海峡プラザ赤煉瓦ガラス館 & オルゴールミュージアム門司港を含む)
高知の観光 高知城
高知の観光 桂浜
高知の観光 高知県立坂本龍馬記念館
高知の観光 坂本龍馬像
高知の観光 高知市立龍馬の生まれた町記念館
高知の観光 坂本龍馬誕生地の碑
名古屋の観光 覚王山日泰寺
名古屋の観光 末森城址(末盛城址)&城山八幡宮
岐阜県の観光 治水神社(薩摩義士ゆかりの神社)
岐阜県の観光 千本松原(油島千本松締切堤)
岐阜県の観光 国営木曽三川公園・木曽三川公園センター
三重県の観光 海蔵寺(薩摩義士の墓)
三重県の観光 常音寺(薩摩義士の墓)
長野県の観光 岩松院(福島正則公霊廟)
長野県の観光 諏訪大社上社本宮
長野県の観光 諏訪大社上社前宮
長野県の観光 神長官守矢史料館
長野県の観光 尖石縄文考古館,尖石遺跡,与助尾根遺跡
長野県の観光 御射鹿池(みしゃかいけ)
(東山魁夷の「白い馬」シリーズの名画「緑響く」の取材地)
長野県の観光 横谷渓谷(よこやけいこく)
ここで紹介しきれていない最新の訪問記or体験記はこちらへ





このページのトップへ    (当ページ内)入湯記一覧へ    (当ページ内)観光地訪問記一覧へ    (当ページ内)全国の観光・温泉案内へ

「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」の温泉・温浴施設の入湯記
温泉,地域 入湯した温泉・温浴施設
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) 城山観光ホテル・城山温泉・さつま乃湯(桜島と海が見える露天風呂があります。)
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) ホテル吹上荘
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) 温泉ホテル中原別荘
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) ホテル満秀
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) KKR鹿児島敬天閣
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) 錦江高原ホテル
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) ホテルエスポワールタナカ
鹿児島市内温泉(ホテル(兼)立ち寄り湯) 健康プラザ田中温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 芦刈温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 池田温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 一本桜温泉センター(市内西部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 今村温泉(市内中心部)(注)
(注)残念ながら2011年5月31日をもって閉店しました。
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) うちの温泉センター(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) お乃湯(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 温泉錦湯(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) かごっま温泉(天文館最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 春日温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 霧島温泉(天文館最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 花野温泉たぬき湯(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 郡元温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) さつま温泉(天文館最寄り かつ ウォーターフロント・ベイエリア)(注)
(注)残念ながら2007年6月に廃業したとの由です。
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 野天風呂 薩摩いろはの湯(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 慈眼寺温泉(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 寿康温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 城山長寿泉(市内中心部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 新川温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 新とそ温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) ジェルめいわ温泉(旧・めいわ温泉,市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 太陽ヘルスセンター(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 武岡温泉(市内西部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 竹迫温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 玉里温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 中山温泉(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 中村温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 永吉温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 滑川温泉(市電沿線,JR鹿児島駅最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 南開温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 西田温泉(鹿児島中央駅最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) はらら温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 真砂温泉(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みずほ温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みやこ温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みょうばん温泉(鹿児島中央駅最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みょうばん温泉まきばの湯(市内南部)(注)
(注)残念ながら2011年7月に廃業したとの由です。
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 薬師温泉(市内北部)
鹿児島温泉(桜島地域) 国民宿舎レインボー桜島・マグマ温泉
鹿児島温泉(桜島地域) さくらじま白浜温泉センター
鹿児島市・桜島古里温泉 ふるさと観光ホテル
鹿児島市・桜島古里温泉 桜島シーサイドホテル
鹿児島市・桜島古里温泉 さくらじまホテル
鹿児島市内温泉・足湯 ドルフィンポート・足湯
鹿児島市内温泉・足湯 奄美の里・足湯
指宿温泉 指宿いわさきホテル
指宿温泉 指宿白水館
指宿温泉 指宿こころの湯(日帰り温泉立ち寄り湯のスーパー銭湯。旅館「指宿こころの宿」も併設されています。)
指宿温泉 二月田温泉殿様湯(指宿温泉でも特に歴史と伝統のある、日帰り温泉立ち寄り湯)
指宿市(旧・山川町地域)・鰻温泉 区営鰻温泉
指宿市(旧・山川町地域)・鰻温泉 うなぎ温泉まつまえ
指宿市(旧・山川町地域)・伏目温泉 山川ヘルシーランド露天風呂(海が見える露天風呂がある日帰り温泉立ち寄り湯)
南薩地域・枕崎市 枕崎なぎさ温泉(海が見える露天風呂がある日帰り温泉立ち寄り湯)
霧島温泉郷 霧島いわさきホテル
霧島温泉郷 霧島国際ホテル
霧島温泉郷 霧島スパヒルズ(旧「霧島第一ホテル スパヒルズ」)
霧島温泉郷 硫黄谷温泉霧島ホテル
霧島温泉郷 静流荘
霧島温泉郷 旅行人山荘
霧島温泉郷 前田温泉カジロが湯(日帰り温泉立ち寄り湯)
霧島温泉郷 新湯温泉・霧島新燃荘
霧島温泉(霧島山麓) 野々湯温泉
霧島温泉郷&霧島山系山麓の温泉地 栗野岳温泉南洲館
霧島山系周辺平野部・吉松温泉郷 吉松駅前温泉
妙見温泉 妙見石原荘
妙見温泉 味の宿どさんこ
妙見温泉 田島本館
新川渓谷温泉郷 塩浸温泉龍馬公園
新川渓谷温泉郷 日の出温泉きのこの里
日当山温泉 日当山温泉・花の湯
国分,隼人,姶良地区・足湯 鹿児島空港天然温泉足湯「おやっとさあ」
国分,隼人,姶良地区 船津温泉
国分,隼人,姶良地区 重富温泉
国分,隼人,姶良地区 姶良市温泉センター くすの湯(旧・蒲生町多目的温泉保養センター「くすの湯」)
国分,隼人,姶良地区 龍門滝温泉
北薩・中薩吹上温泉郷 みどり荘
北薩・中薩いちき串木野市 薩摩金山蔵 「杜氏乃湯」
(温浴施設は、後になくなっており、焼酎蔵[焼酎工場]見学,金山跡坑道見学,薩摩料理&焼酎お食事処専用施設になっています。)
北薩・中薩川内市街地温泉 川内ホテル・川内温泉センター
北薩・中薩川内市街地温泉 温泉平佐城(平佐城温泉)
北薩・中薩藺牟田温泉 いこいの村いむた池
北薩・中薩紫尾温泉 紫尾区営温泉「神の湯」
屋久島等・屋久島の温泉 屋久島いわさきホテル
屋久島等・屋久島の温泉 JRホテル屋久島
屋久島等・屋久島の温泉 縄文の宿 まんてん
屋久島等・屋久島の温泉 平内海中温泉
屋久島等・屋久島の温泉 湯泊温泉
屋久島等・屋久島の温泉 尾之間温泉
屋久島等・屋久島の温泉 楠川温泉
屋久島等・屋久島の温泉 旧・大浦温泉(大浦の湯)
横浜の温泉 横浜みなとみらい万葉倶楽部
横浜温泉 綱島温泉・綱島ラジウム温泉東京園
横浜温泉 綱島温泉・富士乃湯
横浜温泉 天然温泉みうら湯弘明寺店
横浜温泉 若宮湯
横浜温泉 中島館
横浜の大浴場付きホテル ブリーズベイホテル・リゾート&スパ,&  リゾートカプセル桜木町
東京都の温泉 麻布十番温泉  (注) 残念ながら2008年3月末で廃業しました。
東京都の温泉 東京ドーム天然温泉 Spa LaQua(スパ ラクーア)
川崎温泉 縄文天然温泉 志楽の湯
福岡市内温泉 薬院しろやま乃湯  (注) 残念ながら閉館しました。
福岡市内温泉 萃豊閣ホテル&南福岡グリーンホテル温泉
福岡市内温泉 八百治博多ホテル・八百治の湯
人吉市内の温泉 球磨川ラフティング MAIN STREAM & ビジネスホテル白山山荘 附属温泉
高知の温泉 龍河温泉(香美市)
高知の温泉 物部川ほとりの温泉 夢の温泉(香美市)
高知の温泉 高知黒潮ホテル・黒潮温泉「龍馬の湯」(香南市)
高知の温泉 高知三翠園・高知三翠園温泉水哉閣(高知市)
高知の温泉 スーパーホテル高知・長岡温泉・龍馬の湯(高知市)
高知の温泉 国民宿舎 桂浜荘(高知市桂浜:人工温泉)
札幌市内温泉 JRタワーホテル日航札幌・スカイリゾートスパ「プラウブラン(月の島)」
札幌市内温泉 ホテルモントレエーデルホフ札幌・スパ
大阪市内温泉 スーパーホテルCity大阪天然温泉(なにわ天然温泉「花乃井」)
大阪市内温泉 ホテル阪神「徳次郎の湯」(天然温泉スパ&サウナ)
大阪市内温泉 天然温泉なにわの湯
大阪府・箕面温泉 箕面温泉スパーガーデン
宮城県の温泉 鳴子温泉・貸切露天風呂の宿扇屋
秋田県の温泉 乳頭温泉郷・鶴の湯温泉
山梨県の温泉 下部温泉郷・古湯坊源泉館
山梨県の温泉 下部温泉・くつろぎの宿裕貴屋(旧・大市館)
長野県の温泉 奥蓼科温泉郷 渋御殿湯
長野県の温泉 明治温泉旅館
長野県の温泉 毒沢鉱泉神乃湯
ここで紹介しきれていない最新の入湯記はこちらへ



このページのトップへ    (当ページ内)入湯記一覧へ    (当ページ内)観光地訪問記一覧へ    (当ページ内)全国の観光・温泉案内へ




全国と鹿児島県の温泉&観光
鹿児島県の温泉&観光
(訪問した所は訪問記(注),訪問未済みの所はリンク集)

(注)100箇所以上に及ぶ、当HPオリジナル・コンテンツ。
地域 温泉案内 観光案内
鹿児島市
(桜島を含む)
鹿児島温泉とは(鹿児島市内温泉とは) 鹿児島市内(含む桜島)観光案内
鹿児島市の温泉(ホテル・旅館,桜島も含む)
鹿児島市の温泉(温泉銭湯[日帰り温泉立ち寄り湯],桜島も含む)
指宿 指宿及びその周辺の温泉 指宿観光案内
南薩 南薩地域の温泉 知覧観光案内
南薩観光案内
霧島 霧島温泉 霧島観光案内
霧島市,姶良
(霧島温泉以外)
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 隼人・国分・姶良地域観光案内
日当山温泉&姫城温泉
その他霧島市(旧国分市,旧隼人町),姶良地区の温泉
北薩・中薩 北薩・中薩地域の温泉 北薩・中薩の観光案内
大隅
(霧島以外)
大隅地域の温泉 大隅観光案内
種子島,屋久島,三島村,十島村地区 種子島,屋久島,三島村,十島村の温泉 種子島,屋久島,三島村,十島村の観光案内
奄美諸島 奄美大島,与論島,沖永良部島地区の温泉 奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島の観光案内
温泉宿 →鹿児島県の温泉宿宿泊予約はこちらへ
特集 NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介(鹿児島観光案内)(New! 2007年12月)

「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内(New! 2010年08月)


横浜
(全般,観光

(横浜のホテル)
東京
(全般,観光

(東京のホテル)
川崎
(全般,観光

(川崎のホテル)
横浜温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
東京の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
川崎温泉
湘南・三浦・鎌倉の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
相模原市,厚木市,相模湖,丹沢,小田急沿線(箱根,東京,川崎以外)の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
札幌市内観光・温泉定山渓温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
夕張の温泉・観光
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
花巻温泉郷
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
名古屋・愛知県の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
京都市の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
大阪府の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
神戸市の温泉・観光有馬温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
高知の観光・温泉

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
松山市の観光・温泉道後温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
北九州&筑豊&豊前&下関の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
福岡市の観光
(全般,観光

(福岡のホテル)
福岡市及びその近郊の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
甘木朝倉地域の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
荒尾・大牟田地域の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
黒川温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
由布院温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
別府温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
人吉温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
その他の地域の温泉・観光(全国各地)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
各地の温泉入湯記 各地の観光訪問記




 このHPはリンク・フリーです。サブ・コンテンツへの直リンクもOKです。






HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

楽天トラベル

  


  


  



  


  


  



  



このHP作者に関係のある別HPです。

カミタクの部屋

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine



このページの先頭へ


温泉天国・鹿児島温泉紹介!へ(戻る)    温泉天国・鹿児島温泉紹介!(フレーム枠内メニュー画面)へ(戻る)


「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」内の知覧観光案内。:知覧,観光,案内