カミタクの部屋

  

カミタク・ブログ

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

STATISTICS
「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」トップ > 温泉天国・鹿児島温泉紹介!(フレーム枠内メニュー画面) > 鹿児島県観光案内 ・ 北薩・中薩地域 > 肥薩おれんじ鉄道

肥薩おれんじ鉄道

  

肥薩おれんじ鉄道乗車記

「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」トップ > 温泉天国・鹿児島温泉紹介!(フレーム枠内メニュー画面) > 鹿児島県観光案内 ・ 北薩・中薩地域の肥薩おれんじ鉄道に乗った乗車記録)




鉄道名  :  肥薩おれんじ鉄道
(ひさつおれんじてつどう)


電話番号  : 
本社  : 0965-32-5678(代表:総務部,熊本県八代市)
運輸部: 0996-62-7351(鹿児島県出水市)


住所
(リンク先は地図)

 : 
本社  : 〒866-0831 熊本県八代市萩原町1丁目1番1号
運輸部: 〒899-0203 鹿児島県出水市上鯖淵712-2


地図
(powered by Google Map
 : 

上記の地図は、沿線の阿久根市(あくねし)阿久根(あくね)駅のものです。

訪問日  :  2010年11月21日

HP  :  肥薩おれんじ鉄道公式ホームページ

肥薩おれんじ鉄道スタッフブログ(リンク先URLは2010年11月現在)

肥薩おれんじ鉄道(鹿児島県),  肥薩おれんじ鉄道(熊本県)
(リンク先は楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ 旅コミ(クチコミ)のサブ・コンテンツ。)

南九州ファミリーマート ・ 肥薩おれんじ鉄道=ファミマ号=
(サブ・コンテンツオススメスポットの中に、肥薩おれんじ鉄道の旅(野田郷駅)。等の紹介記事があります(リンク先URLは2010年11月現在)。)

鉄道で行くかごしまの旅(リンク先URLは2010年11月現在)

肥薩線と肥薩おれんじ鉄道(鹿児島県)
(リンク先は当HPの補完ブログカミタク・ブログのサブ・コンテンツ。)

(その他、 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも肥薩おれんじ鉄道,  肥薩おれんじ鉄道線,  肥薩おれんじ鉄道HSOR-100形気動車として、 NPO法人ネット八代 よかとこ よかもん うまかもん情報でも肥薩おれんじ鉄道沿線 よかとこ よかもん うまかもん情報ナビ,  八代駅の萩原よしこ 駅務室だより(ブログ)(記事「晩秋 八代駅」等)として、 鉄道旅行(日本/台湾)のページ - ROOM「P」でも肥薩おれんじ鉄道として、 スハネフ14 WEBSITEでも肥薩おれんじ鉄道として、 わがふるさと芦北でも肥薩おれんじ鉄道のスナップとして、 JR全線全駅の駅舎へ「つちぶた本舗の全駅訪問の旅」でも第三セクター化される前の鹿児島本線として、 がんばれ!肥薩おれんじ鉄道!(blog)でも肥薩おれんじ鉄道とは等として、 PHOTO-LOG@でこぽん(ブログ)でもcolumn:『肥薩おれんじ鉄道』、がんばれ (・o・)/として、 [の] のまのしわざ(ブログ)でも肥薩オレンジ鉄道の車窓からとして、 くまもとよか交通Netブログ(ブログ)でも肥薩おれんじ鉄道でプチ旅として、 熊本の老舗模型店(ブログ)でも『肥薩おれんじ鉄道』として、 やっすぃぃぃー’s ブログ(ブログ)でも肥薩おれんじ鉄道・日奈久温泉駅 として、 筍ENTの呟き(ブログ)でも肥薩おれんじ鉄道・ラッピング列車 [旅行]として、 mai×2 no BLOG(ブログ)でも肥薩おれんじ鉄道 〜リバイバルはやぶさ〜(1)として、 UDくまもと公式ブログ 「みなよか日記」(ブログ)でも肥薩おれんじ鉄道っていい感じ!として、 kqtrain.net(京浜急行)(ブログ)でも肥薩おれんじ鉄道、JR線乗り入れへ最終調整として、 さくらねこのPHOTO散歩でも青空の肥薩おれんじ鉄道として、 九州・旅・グルメでも肥薩おれんじ鉄道・日奈久温泉駅(ひさつおれんじてつどう・ひなぐおんせんえき)として、 銀河の旅人☆☆☆のブログ(南の国の列車達)(ブログ)でもブルートレインで楽しむ肥薩おれんじ鉄道の旅〜下りなは その1〜 として、 球 磨 川 の 汽 笛 ♪でも肥薩おれんじ鉄道 (記事「肥薩おれんじ鉄道@白岩踏切」等)として、 めたぼんのブログ(ブログ)でも薩摩高城として、 芦北ん商店&人を応援するブログ(ブログ)でも佐敷駅&肥後田浦駅等として、 出水の撮り鉄!ゆーたんぽんパパのブログ(ブログ)でもカテゴリー「肥薩おれんじ鉄道」(記事「東シナ海は荒れ模様! 11月9日の6115D」等)として紹介されています。)

  当ページ(当画面)内の沿線の観光案内欄で参照したホームページやブログ記事は、以下のとおり。
わがふるさと芦北わがふるさと芦北を、 写真紀行★風に吹かれて薩摩街道・佐敷宿を、 見見楽楽 〜九州ぶらり放浪記〜(ブログ)日本製紙八代工場・・・古紙リサイクル見学を、 九州・旅・グルメ(ブログ)種田山頭火が泊った日奈久温泉 木賃宿 織屋(おりや)を、 帰りたい空(ブログ)野ねずみ探索記 山頭火のあしあと追跡 -日奈久にて-を、 もみじトラベル(ブログ)村津邸・・・日奈久路地裏散策―2―を、 七転び七起き(ブログ)情緒あるレトロな裏通り 「日奈久温泉」ぶ〜らぶら♪その一,  時は天下泰平なり 薩摩街道の「佐敷宿」と「佐敷城跡」を、、 やっちろ♪(ブログ)肥後田浦駅から薩摩街道歩き再スタート☆ Neo MaxKomachiなぶろぐ(ブログ)のどかでいいですね芦北ん商店&人を応援するブログ(ブログ)佐敷本陣 桝屋 今日からオープンです。を、 九州神社紀行−ブログ(ブログ)加紫久利神社(鹿児島県出水市)を、 出水の撮り鉄!ゆーたんぽんパパのブログ(ブログ)わが街 出水! 〜出水市米ノ津 野間の関跡〜を、 【楽天トラベル】ホテルウィングインターナショナル出水 ・ ホテルウィングインターナショナル出水公式ブログ日本一の大鈴がある神社を、 鹿児島 温泉.net高尾野温泉センターもみじを、 神酒造株式会社公式ホームページ公式ブログ「神酒造ブログ」の出水市大産業祭だぁ〜!を、 焼酎蔵探訪(ブログ)十の蔵 神酒造に行くを、 農園レストラン三蔵とグリーンツーリズム情報(ブログ)創業明治5年・・神酒造を、 ツルクレイン ハナショウブ 1,  ハナショウブ 2 ,  ハナショウブ 3,  ハナショウブ 4,  ハナショウブ 5を、 Y.S style 鹿児島県出水市のハナショウブ を、 どら焼き親父写真館花菖蒲の郷を行くを、 SWEET EARTH | ベジタリアン・フレンドリーなお店情報サイト(ブログ)ハモニカンを、 Extra Veggies, please(ブログ)玄米菜食ランチカフェ 「ハモニカン」 鹿児島県を、 KTS鹿児島テレビ ・ げっきん!かごしまブログ欄の7/7(水)マル得!夏に効く♪爽快露天ドライブを、 腹五鹿児島のブログ 目指せ!! 薩摩川内市の地域情報bPブロガー「kagoshima, JAPAN ,blog」 ・ テーマ「西郷隆盛公が愛した高城温泉」目指せ 薩摩せんだい高城温泉 完全まるごと 制覇!!を、 見見楽楽 〜九州ぶらり放浪記〜(ブログ)石蔵イタリアンカフェ mizetta(ミゼッタ) …薩摩川内市を、 ちょっと街歩き(ブログ)モン・シェリーを、 薩摩川内★車屋ナナコのグルメブログ☆(ブログ)焼肉かんだのランチを、 S席かごしま子連れでデートのアイデア(ブログ)でも肉のかんだを、 薩摩川内市観光協会ブログ新幹線さくらを、 薩摩川内親善大使・元気娘blog♪鹿児島黒牛・黒豚焼肉フェスタを、 薩摩川内よか景観ブログ駅と海岸の景観を紹介申し上げました。)

We Love 天文館
We Love 天文館
ホームページ
We Love 天文館
We Love 天文館
ブログ


交通案内
アクセス
 : 
鹿児島県への行き方(2009年4月現在)
鉄道 JR九州 ・ 鹿児島支社
・   九州新幹線
・   特急「きりしま」
日豊本線 : 宮崎市−(都城経由−「霧島温泉への拠点駅・霧島神宮駅」経由)−鹿児島市 ・ 鹿児島中央駅
・   観光列車「いさぶろう・しんぺい」号,  観光特急「はやとの風」
肥薩線 : 熊本県 ・ 人吉−(鹿児島県 ・ 湧水町 ・ 吉松駅乗換−「霧島温泉への拠点駅・霧島温泉駅」経由)−鹿児島市 ・ 鹿児島中央駅
・   特急「指宿のたまて箱」
鹿児島県県内路線・指宿枕崎線鹿児島市 ・ 鹿児島中央駅指宿市 ・ 指宿駅
・   吉都線  宮崎県 ・ 都城鹿児島県 ・ 湧水町 ・ 吉松駅
・   日南線  宮崎市 ・ 南宮崎駅鹿児島県 ・ 志布志市 ・ 志布志駅

肥薩おれんじ鉄道 ・ 快速「スーパーおれんじ」「オーシャンライナーさつま」
熊本県 ・ 八代−(鹿児島県 ・ 出水(いずみ)経由)−鹿児島県 ・ 川内(せんだい)。旧JR鹿児島本線の同区間が、九州新幹線開業に伴い並行在来線分離により設立された第三セクター鉄道。)
飛行機
【楽天トラベル:航空券+ホテルがセットになったANA楽パック】 > 鹿児島県

【楽天トラベル:航空券+ホテルがセットになったJAL楽パック】 > 鹿児島県
【楽天トラベル】航空券予約
オリエンタルエアブリッジ  長崎鹿児島線)
フジドリームエアラインズ(FDA)  静岡県 ・ 富士山静岡空港鹿児島線:2009年3月現在、2009年夏から就航しました。)
鹿児島国際空港ホームページ ・ 交通アクセス
海路 当HP内の鹿児島の交通・アクセスをご参照下さい。
バス オール九州 高速バス予約サイト 楽バス
福岡市鹿児島市桜島号,  大阪鹿児島市トロピカル号,  神戸鹿児島市トワイライト神戸号,  大分鹿児島市トロピカル号,  宮崎市鹿児島市線などの高速バスの予約ができます。)
いわさきバスネットワーク(旧・林田バス)鹿児島交通バス等の時刻表・路線検索は、以下のリンク先でご参照可能です。
九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
九州のバス乗り放題乗車券「SUNQパス」
九州ローカルバス時刻表(バス時刻表ボランティアHP) ・ 鹿児島県
レンタカー オリックス・レンタカー鹿児島・種子島・屋久島・宮崎・熊本


<このエリアに着いてからの行き方(乗り方)>

  以下の情報は、2010年11月現在のものです

  肥薩おれんじ鉄道には、九州新幹線でお越しの方は、新八代(しんやつしろ)駅,  新水俣(しんみなまた)駅,  出水(いずみ)駅,  川内(せんだい)駅で、JR九州 ・ 鹿児島本線でお越しの方は八代駅,  川内駅で、JR九州 ・ 肥薩線えびの高原線)でお越しの方は八代駅で乗り換えていただければ、乗ることができます。九州新幹線でお越しの場合の乗り換え駅の内、新八代駅については、新八代駅八代駅間は厳密に申せば肥薩おれんじ鉄道の路線ではなくJR九州 ・ 鹿児島本線の路線ですが、肥薩おれんじ鉄道の列車が一部乗り入れています。

  また、2010年11月現在出水駅から北(熊本県方面)には熊本駅まで快速「スーパーおれんじ」号が、南(鹿児島市方面)には鹿児島中央駅まで「オーシャンライナーさつま」号が、土曜日・休日のみ、1日2往復JR九州 ・ 鹿児島本線に直通乗り入れしています。土曜日と休日には快速「スーパーおれんじ」号に乗れば熊本駅から、「オーシャンライナーさつま」号に乗れば鹿児島中央駅から、乗り換え無しで肥薩おれんじ鉄道の直通列車に乗ることができます。JR九州肥薩おれんじ鉄道の時刻表は、以下のリンク先サイトでお調べいただけます(リンク先URLは2010年11月現在)
時刻表は →  ○   JR九州公式ホームページ
○   肥薩おれんじ鉄道公式ホームページ


  鹿児島国際空港からは、空港アクセス・バスで新八代駅,  新水俣駅,  水俣駅,  出水駅,  高尾野駅,  野田郷駅,  阿久根駅,  川内駅に行くことができ、そこで肥薩おれんじ鉄道の列車に乗り換えることが可能です。時刻表など詳しくは、以下のリンク先サイトでお調べいただけます(リンク先URLは2010年11月現在)
詳しくは →  鹿児島国際空港公式ホームページ  交通アクセス


  熊本空港からは、神園交通の空港直行高速バス「すーぱーばんぺいゆ号」で新八代駅,  八代駅に行くことができ、そこで肥薩おれんじ鉄道の列車に乗り換えることが可能です。時刻表など詳しくは、以下のリンク先サイトでお調べいただけます(リンク先URLは2010年11月現在)
詳しくは →  ○   熊本空港公式ホームページ  交通アクセス
○   神園交通公式WEBサイト


  薩摩川内市(さつませんだいし)甑島と周遊される方は、フェリー等の船で串木野港に着き、串木野駅からJR九州 ・ 鹿児島本線川内駅に行けば、川内駅から八代駅から肥薩おれんじ鉄道の列車に乗ることができます。時刻表など詳しくは、以下のリンク先サイトでお調べいただけます(航路や就航会社,リンク先URLは、2010年11月現在)
詳しくは →  ○   甑島商船公式ホームページ
○   薩摩川内市ホームページ > 薩摩川内市 観光ガイド


  また、天草・本渡などの天草諸島と周遊される方は、フェリー(船)で八代まで行けば、八代駅から肥薩おれんじ鉄道の列車に乗ることができます。時刻表など詳しくは、以下のリンク先サイトでお調べいただけます(航路や就航会社,リンク先URLは、2010年11月現在)
詳しくは →  ○   交通ナビくまもと交通ナビくまもと
○   松島フェリー(株)公式WEBサイト
○   天草フェリーライン有限会社公式WEBサイト


  天草・本渡などの天草諸島からは、鹿児島県長島まで船で行き、長島も周遊しながら南国交通の「天草市・長島蔵之元〜出水駅間シャトルバス」で出水駅駅まで行き、そこから肥薩おれんじ鉄道の列車に乗ることもできます。時刻表など詳しくは、以下のリンク先サイトでお調べいただけます(航路やバス路線、運行会社,リンク先URLは、2010年11月現在)
航路 →  ○   江崎汽船グループ(三和商船)公式WEBサイト
○   天長フェリー(ロザリオライン観光のフェリーロザリオ) 公式WEBサイト
バス路線 →  ○   南国交通公式WEBサイト
○   九州のバス時刻表
○   交通ナビかごしま



鹿児島と熊本県の温泉地&観光地  : 
鹿児島県と熊本県の温泉&観光
(訪問した所は訪問記(注),訪問未済みの所はリンク集)

(注)100箇所以上に及ぶ、当HPオリジナル・コンテンツ。
地域 温泉案内 観光案内
<鹿児島県>
鹿児島市
(桜島を含む)
鹿児島温泉とは(鹿児島市内温泉とは) 鹿児島市内(含む桜島)観光案内
鹿児島市の温泉(ホテル・旅館,桜島も含む)
鹿児島市の温泉(温泉銭湯[日帰り温泉立ち寄り湯],桜島も含む)
指宿 指宿及びその周辺の温泉 指宿観光案内
南薩 南薩地域の温泉 知覧観光案内
南薩観光案内
霧島 霧島温泉 霧島観光案内
霧島市,姶良
(霧島温泉以外)
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 隼人・国分・姶良地域観光案内
日当山温泉&姫城温泉
その他霧島市(旧国分市,旧隼人町),姶良地区の温泉
北薩・中薩 北薩・中薩地域の温泉 北薩・中薩の観光案内
大隅
(霧島以外)
大隅地域の温泉 大隅観光案内
種子島,屋久島,三島村,十島村地区 種子島,屋久島,三島村,十島村の温泉 種子島,屋久島,三島村,十島村の観光案内
奄美諸島 奄美大島,与論島,沖永良部島地区の温泉 奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島の観光案内
<熊本県>
熊本県 熊本県の温泉(全般) 熊本県の観光(全般)
黒川温泉&阿蘇の温泉と観光
人吉の温泉・観光
<特集>
特集 NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介(鹿児島観光案内)(New! 2007年12月)

「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内(New! 2010年08月)


鹿児島県&熊本県南部の温泉宿,ホテル宿泊予約  : 
鹿児島県&熊本県南部の宿泊予約
(powered by 楽天トラベル.)

温泉宿のホテル・旅館の鹿児島県の宿泊予約  ↓
全国温泉宿予約(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
   温泉が無いホテル・旅館も含む鹿児島県の宿泊予約  ↓
宿泊施設情報(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧    鹿児島市内(鹿児島・桜島)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  空室検索    南薩(指宿・枕崎)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  温泉宿一覧
南薩(指宿・枕崎)  温泉宿一覧
吹上温泉  温泉宿一覧
   北薩(出水・川内)  ホテル・旅館一覧
市比野温泉  温泉宿一覧
宮之城温泉  温泉宿一覧
北薩(出水・川内)  温泉宿一覧
霧島温泉  空室検索    大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  ホテル・旅館一覧
霧島温泉  温泉宿一覧
妙見温泉  温泉宿一覧
大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  温泉宿一覧
離島地区(種子島・奄美大島・徳之島・屋久島・与論島)  温泉宿一覧    離島地区(種子島・奄美大島・徳之島・屋久島・与論島)  ホテル・旅館一覧
  
熊本市  温泉宿一覧    熊本市  ホテル・旅館一覧
天草温泉  温泉宿一覧    熊本県・天草・本渡  ホテル・旅館一覧
熊本県・天草・本渡  温泉宿一覧
日奈久温泉  温泉宿一覧    宇土・八代・水俣・人吉  ホテル・旅館一覧
湯浦温泉  温泉宿一覧
湯の児温泉  温泉宿一覧
湯の鶴温泉  温泉宿一覧
熊本県・宇土・八代・水俣・人吉  温泉宿一覧
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったANA楽パック ・ 鹿児島県
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったANA楽パック ・ 熊本県
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったJAL楽パック ・ 鹿児島県
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったJAL楽パック ・ 熊本県


解説  :    肥薩おれんじ鉄道は、元々は旧国鉄(日本国有鉄道),現JR九州(九州旅客鉄道)鹿児島本線の一部だった路線です。2004年(平成16年)3月13日の九州新幹線新八代(しんやつしろ)駅鹿児島中央駅(旧・西鹿児島駅)間の部分開業に伴い、並行在来線として八代駅川内駅間が第三セクター鉄道会社として分離されて、肥薩おれんじ鉄道が設立されました。肥後国(現熊本県)と薩摩国(現鹿児島県)をまたがって走ることから、肥薩おれんじ鉄道と名付けられました。全線が電化されていますが、交流電車車両新造費用削減のために、2010年11月現在、旅客列車は電車ではなく軽快気動車で運転されています。2010年11月現在、走っている気動車HSOR-100形気動車です。

  2010年11月現在肥薩おれんじ鉄道を走っているHSOR-100形気動車は、新潟トランシス社NDCシリーズと言われる形式のディーゼルカー(気動車)です。新潟トランシス社は、かつての新潟鐵工所が2002(平成14)年に経営破綻して会社更生法の適用申請をした際に、新交通システム・鉄道車両・除雪機械・産業用車両部門が独立してできた当該部門の後身会社であり、2010年11月現在IHI (旧・石川島播磨重工業(株))の100%の完全子会社です。フリー百科事典『ウィキペディア』 ・ 新潟トランシスによれば、新潟トランシス社2010年11月現在、鉄道車両メーカーとしては気動車の国内シェアの8割を製造しており、特に第三セクター鉄道向けには独占に近いシェアを占めているとの由です。NDCシリーズは第三セクター鉄道向け気動車車両で、この肥薩おれんじ鉄道 ・ HSOR-100形気動車以外にも、多くの第三セクター鉄道で採用されています。
肥薩おれんじ鉄道の車両(2010年11月現在)


  肥薩おれんじ鉄道は、JR九州 ・ 鹿児島本線鹿児島中央駅熊本駅への直通乗り入れを、2010年11月現在、土曜日と休日(日曜日+祝日)に1日2往復ずつ行っています。鹿児島市熊本市、及びその周辺等のエリアを起点として肥薩おれんじ鉄道沿線の観光スポットに行く際、ならびに沿線にお住まいの方が鹿児島市熊本市、及びその周辺等のエリアに行く際に便利です。2010年11月現在の、直通乗り入れ列車の状況は、以下の表のとおりです。
肥薩おれんじ鉄道による、JR九州 ・ 鹿児島本線への直通乗り入れ列車
(ただし、以下の情報は2010年11月現在。)
列車 運行区間 列車愛称
出水駅鹿児島中央駅 快速「オーシャンライナーさつま」号
出水(いずみ)駅熊本駅 快速「スーパーおれんじ」号
運転日,本数等 土曜日と休日に1日2往復ずつ(注)
(注) 2010年11月現在、平日には走っていませんので、お間違えなきようご注意下さい。なお、平日に走っていない旨は2010年11月現在のものであり、将来、変わる可能性はあり得ます。

時刻表 肥薩おれんじ鉄道公式ホームページをご参照下さい。
補足 なお、この情報は2010年11月現在のものであり、将来変わる可能性があります。その時点時点での情報や時刻表は、肥薩おれんじ鉄道公式ホームページでご確認下さい。


  また、平成25年(2013年)3月24日から、グルメ観光列車「おれんじ食堂(ORANGE RESTAURANT EXPRESS)」が運行されています。
→   肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト ・ 観光列車「おれんじ食堂」のページ(注)
(注) おれんじ食堂(ORANGE RESTAURANT EXPRESS)」のサービス提供、ならびに上記ホームページのURLは、2014年7月現在のものであり、将来変わる可能性があります。その時点時点での情報や時刻表は、肥薩おれんじ鉄道公式ホームページでご確認下さい。



  上述の肥薩おれんじ鉄道の直通列車は、2008年3月15日から始まったものです。2004年の開業当初は、一部の列車がJR九州 ・ 鹿児島本線八代駅新八代駅間、川内駅隈之城(くまのじょう)駅間に乗り入れている以外は、八代駅川内駅間の肥薩おれんじ鉄道の路線内だけを走っていました。これまでの幹線・鹿児島本線から第三セクター鉄道のローカル鉄道に転じて特急列車が走らなくなったりして乗客数が減少したことから、この対応策として、2008年3月15日から土曜日と休日(日曜日+祝日)運行で観光客向けに鹿児島本線鹿児島中央駅熊本駅への直通乗り入れを開始しました。なお、かつては新八代駅川内駅間を観光快速「海風」・「潮彩」という列車も走っていましたが、直通列車「快速「オーシャンライナーさつま」号快速「スーパーおれんじ」号」の運行開始に伴い、2008年3月15日に廃止されました。観光快速「海風」・「潮彩」に思い出がある方のために、「思い出アーカイブとしての、記録残し」と兼ねて付記しておきます。

  鹿児島商工会議所編鹿児島観光・文化検定 公式テキストブック『かごしま検定』(南方新社,2005)pp.78-79によれば、肥薩おれんじ鉄道の前身である鹿児島本線は、八代駅以北は九州鉄道により開通した上で、八代駅鹿児島駅間は、今日の肥薩線の位置に1897年に官設工事として敷設が始まったとの由です。官設工事となった理由は、鉄道国有化を控えていたためです。当初の鹿児島線の八代駅鹿児島駅間が今日の海岸線ルートではなく、今日の肥薩線の山間ルートだった理由は、『同書』pp.78-79によれば、艦砲射撃を受けるリスクを憂えた防備上の陸軍の主張があったと言われているとの由です。この今日の肥薩線ルートによる旧鹿児島線の八代駅鹿児島駅間は1908年に全通し、その前年に九州鉄道は国有化されて国鉄として貨客を運んだとの由です。

  『同書』pp.78-79によれば、その後、1914年に鹿児島駅−川内町駅(現・川内駅)間が開通し、1927年には海岸ルートが前線開通したため、この海岸ルートの方を「川内線」から「鹿児島線」に名称変更し、山間ルートの旧鹿児島線は肥薩線になりました(ただし、隼人駅鹿児島駅間は、今日では日豊本線の一部)。この鹿児島線が、鹿児島本線です。なお、今日の鹿児島本線九州新幹線鹿児島市のターミナル駅は鹿児島中央駅ですが、本来の鹿児島本線の起点(終点)は実は隣の鹿児島駅であり、鹿児島中央駅ではありません。鹿児島商工会議所編鹿児島観光・文化検定 公式テキストブック『かごしま検定』(南方新社,2005)pp.78-79によれば、鹿児島中央駅は当初は1913年に「武駅(たけえき)」として開業し、1927年からは「西鹿児島駅」と改称され、長らく「にしえき」の愛称で親しまれてきたとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア』 ・ 鹿児島中央駅によれば、1971年に優等列車の発着駅が鹿児島駅から西鹿児島駅(現・鹿児島中央駅)に変更となり、鹿児島市のターミナル駅の機能が移転したとの由です。

  その後、昭和62年(1987年)4月1日の国鉄分割民営化により鹿児島本線九州旅客鉄道(JR九州)の路線になりました。さらに、平成16年(2004年)3月13日の九州新幹線新八代(しんやつしろ)駅鹿児島中央駅(旧・西鹿児島駅)間の部分開業に伴い、上述のとおり並行在来線として鹿児島本線八代駅川内駅間が第三セクター鉄道会社として分離されて、肥薩おれんじ鉄道になりました。なお、この九州新幹線開業時に、「西鹿児島駅」は「鹿児島中央駅」に改称されました。

  肥薩おれんじ鉄道は、2010年12月現在、正直申し上げて経営状況は苦しいので、「友の会」や「車両一口オーナー」を募集しています。後述の当画面内の沿線の温泉・観光案内欄で紹介するとおり、沿線には素敵な温泉や観光スポットが多いため、今後の巻き返しが強く期待されています。「友の会」や「車両一口オーナー」について詳しくは、肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイトでご参照いただけます(ただし、2010年12月現在)
詳しくは →  肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト



沿線温泉・観光案内  :      肥薩おれんじ鉄道の沿線温泉案内・沿線観光案内として温泉・観光スポットを示せば、以下のとおりです。なお、以下は2010年12月現在のものであり、その後の状況変化や、行った先のサービス、外部リンクの場合の情報の精度等については、当HP管理人は責任を負えませんが、悪しからずご了承下さい。
肥薩おれんじ鉄道沿線の観光スポット
(訪問・入湯した場所は当HP内の訪問記・入湯記で、未訪問の場所は外部リンクです。)
観光スポット,観光地,温泉,イベント等+コメント
<熊本県>
新八代駅
(しんやつしろえき)
九州新幹線との乗り換え駅です。新八代駅八代駅間は肥薩おれんじ鉄道の路線ではなくJR九州 ・ 鹿児島本線であり、肥薩おれんじ鉄道の一部の列車が鹿児島本線に乗り入れて新八代駅まで直通しています。
  
八代駅
(やつしろえき)
八代城跡(松江城,別名:白鷺城。三代目八代城)(地図
(  リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。住所:熊本県八代市松江城町15-1,Tel.:0965-35-2021。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 八代城,ならびに麦島城によれば、松江城(三代目八代城)は、肥後国 八代郡 八代(やつしろ;現・熊本県 八代市)の城としては三代目の八代城であり、麦島城(二代目八代城)江戸時代初期の元和5年(1619年)の大地震のために倒壊して廃城になった結果、加藤清正の子の肥後 熊本藩二代目藩主で熊本城城主の加藤忠広が、江戸幕府の許可を受けて松江城(三代目八代城)を築城し、肥後国 八代郡 八代(やつしろ;現・熊本県 八代市)の城を麦島城(二代目八代城)から松江城(三代目八代城)に移したとの由です。
  寛永9年(1632年)に加藤氏が改易されると、代わりに豊前 小倉藩藩主だった細川忠利肥後 熊本藩藩主として転封(移封)されて移って来ました。この時以降、
松江城(三代目八代城)は、細川氏時代の肥後国 熊本藩の世襲家老家(上卿三家)・松井氏が治めた八代三万石の居城になったとの由です。薩摩藩 島津氏への熊本藩 ・ 細川氏側の防衛拠点として、一国一城令の例外として江戸幕府から設置が許されていた城です。一方逆に、薩摩藩側の熊本藩への防衛拠点は、薩摩国出水(いずみ;現・鹿児島県 ・ 出水市)の出水麓(今日の出水麓武家屋敷群です。肥薩おれんじ鉄道に乗って八代城跡(松江城跡,三代目八代城跡)出水麓武家屋敷群とを周遊すれば、熊本藩薩摩藩双方の互いの相手側への防衛拠点城郭・武家屋敷巡りを楽しむことができます。
  松井氏八代三万石は支藩ではありませんが、支藩に近い状況であったと言われています。その背景には、松井氏が有する山城国内の飛び地の領土は「豊臣秀吉から賜ったものが徳川氏の時代になっても存続が認められた」ものであるため、松井氏江戸幕府の直臣(山城国内の領土に関して)と陪臣(=細川氏家臣:八代(やつしろ)の領土に関して)の2つの顔を持っていたためであるとの由です。)
古麓城(ふるふもとじょう)跡(初代八代城)(地図
(住所:熊本県八代市古麓町。古麓城(初代八代城)は、肥後国 八代郡 八代(やつしろ;現・熊本県 八代市)にあった初代の八代城であり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 八代城によれば、南北朝時代建武の新政の功臣・名和長年の子・名和義高が八代庄の地頭職を獲得し、一族の内河義真が地頭代として下向して築いたのが、始まりであるとの由です。しばらくは名和氏の城でしたが、古麓城(初代八代城)戦国時代の文亀3年(1503年)に(当時の)球磨郡人吉城城主の相良氏の城になりましたが、天正9年(1981年)の水俣合戦島津氏相良義陽を破って葦北郡(あしきたぐん)と、(当時の)葦北郡を手に入れて、それまでは島津氏の敵だった相良義陽島津氏の味方になりました。
  その相良義陽が、天正9年(1981年)の響野原の戦い(響ヶ原の合戦)(場所は
響ケ原古戦場地図)で阿蘇氏の家臣・甲斐親直(かい ちかなお)に敗れて討ち死にした後、古麓城(初代八代城)島津氏の城になったとの由です。天正13年(1585年)に島津義弘公が肥後国 守護代になり、日向国 ・ 真幸院(まさきいん)(今日の宮崎県 ・ えびの市,  小林市)の飯野城(現・えびの市)を本拠地として残したまま、島津義弘公が飯野城から移って来ました。天正14年(1586年)7月〜同15年(1587年)4月の豊臣秀吉九州征伐(九州平定)島津氏が敗れた結果、島津義弘公は飯野城に帰り、球磨郡を除いた肥後国は,佐々成政の所領になり、古麓城(初代八代城)佐々成政に属する城になったとの由です。八代(やつしろ)の城は、佐々成政の次の肥後半国の領主・小西行長によって天正16年(1588年)に、麦島城(むぎしまじょう)(二代目八代城)に移転しました。)
麦島城(むぎしまじょう)跡(二代目八代城)(地図
(住所:熊本県八代市古城町。麦島城(むぎしまじょう)(二代目八代城)は、二代目の八代城です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 八代城,ならびに麦島城によれば、天正14年(1586年)7月〜同15年(1587年)4月の豊臣秀吉九州征伐(九州平定)の結果、安土桃山時代肥後国の領主になった佐々成政が、天正15年(1587年)の肥後国人一揆を引き起こした責で翌天正16年(1588年)に改易されて切腹した後、球磨郡を除いた肥後国加藤清正小西行長に与えられ、(当時の)八代郡は、肥後藩国の領主になった、宇土城地図城主の小西行長の領土になりました。小西行長は、天正16年(1588年)に肥後国 八代郡 八代(やつしろ;現・熊本県 八代市)に麦島城(二代目八代城)を築いて、八代(やつしろ)の城を、古麓城(初代八代城)から移したとの由です。
  慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで西軍に属したために敗れて小西行長が滅びると、球磨郡を除いた肥後国全体の領主になった熊本城城主・加藤清正が、(当時の)八代郡の新領主になり、
麦島城(二代目八代城)加藤清正の城になったとの由です。麦島城(二代目八代城)城主には、加藤清正の重臣・加藤正方が、就任したとの由です。慶長20年/元和元年(1615年)の一国一城令の例外として、麦島城(二代目八代城)一国一城令施行後も存続することになりましたが、江戸時代初期の元和5年(1619年)の大地震のために倒壊した結果、麦島城(二代目八代城)は廃城になり、八代の城は、松江城(三代目八代城)に移ったとの由です。)
八代宮
(リンク先は楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 熊本県 ・ 宇土・八代・水俣・人吉のサブ・コンテンツ。八代城跡内にあります。)
松浜軒
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 熊本県 ・ 宇土・八代・水俣・人吉でも松浜軒として紹介されています。松浜軒は、八代城主・松井直之が建てた茶室です。)
松井神社
(リンク先は楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 熊本県 ・ 宇土・八代・水俣・人吉のサブ・コンテンツ。)
カッパ渡来の碑
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
八代市立博物館未来の森ミュージアム
(リンク先は八代市公式ホームページのサブ・コンテンツで公式WEBサイト(リンク先URLは2010年11月現在)楽天トラベル ・ たびノートでも八代市立博物館未来の森ミュージアムとして、楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 熊本県 ・ 宇土・八代・水俣・人吉でも八代市立博物館として紹介されています。)
日本製紙(株) ・ 八代工場工場見学(5人以上から要予約)
アット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIで地図を示せばリンク先のとおりです。(5人以上から要予約)で、連絡先は総務課(0965-33-2111)(2010年11月現在)です。見見楽楽 〜九州ぶらり放浪記〜(ブログ)でも日本製紙八代工場・・・古紙リサイクル見学として紹介されています。)
やつしろ舟出浮き
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらん観光ガイドでもやつしろ舟出浮きとして紹介されています。)
熊本のうなぎ料理専門店うなぎの山藤ホームページ
YAHOO!グルメでも山藤として、楽天市場にも【楽天市場】うなぎ料理専門店 うなぎの山藤として出店しています。)
珈琲と画廊 珈琲店ミック
(リンク先は食べログのサブ・コンテンツ。)
上述以外のグルメやお土産情報については、以下のリンク先サイトでご参照いただけます。
○   肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト > サブ・ページ「グルメめぐり」等
(サブ・コンテンツ「グルメめぐり」のリンク先URLは2010年11月現在。)

肥後高田駅   
日奈久温泉駅
(ひなくおんせんえき)
日奈久温泉
【楽天トラベル】日奈久温泉の温泉宿一覧
(特に、日奈久温泉 金波楼は、木造三階建の老舗旅館として知られています。日奈久温泉は、放浪の俳人・種田山頭火ゆかりの温泉地として知られています。)
日奈久温泉センター ばんぺい湯
(日帰り温泉立ち寄り湯。リンク先はMAPPLE観光ガイドのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉でも八代市日奈久温泉センターとして紹介されています。)
東湯
(日帰り温泉立ち寄り湯の共同浴場。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでも東湯として紹介されています。)
西湯
(日帰り温泉立ち寄り湯の共同浴場。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉のサブ・コンテンツ。)
松の湯
(自炊可能な湯治宿(兼)共同湯。リンク先は日奈久温泉旅館組合のサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年11月現在)好きっちゃ!!温泉(ブログ)でも日奈久温泉 松の湯として紹介されています。)
日奈久温泉神社
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらん観光ガイドでも日奈久温泉神社として紹介されています。)
日奈久温泉は、日奈久温泉駅から徒歩です。
高田焼上野窯(こうだやきあがのがま)公式WEBサイト
熊本県観光サイト なごみ紀行 くまもとでも高田焼上野窯として紹介されています(リンク先URLは2010年11月現在)。)
種田山頭火が泊った日奈久温泉 木賃宿 織屋(おりや)
リンク先は九州・旅・グルメ(ブログ)のサブ・コンテンツ。帰りたい空でも野ねずみ探索記 山頭火のあしあと(ブログ)追跡 -日奈久にて-の中で紹介されています。)
村津邸・・・日奈久路地裏散策―2―
(リンク先はもみじトラベル(ブログ)のサブ・コンテンツ。七転び七起き(ブログ)でも情緒あるレトロな裏通り 「日奈久温泉」ぶ〜らぶら♪その一として紹介されています。)
福島飲料のサイダー,日奈久のちくわ等のグルメやお土産情報については、以下のリンク先サイトでご参照いただけます。
○   肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト ・ グルメめぐり
(サブ・コンテンツ「グルメめぐり」のリンク先URLは2010年11月現在。)
○   日奈久温泉旅館組合

【楽天GORA】八代ゴルフ倶楽部
肥後二見駅
(ひごふたみえき)
二見海水浴場
(リンク先はMAPPLE観光ガイドのサブ・コンテンツ。)
[潮干狩り] 二見海水浴場 - 熊本
(リンク先はgoo ・ 地域のサブ・コンテンツ。熊本県観光サイト なごみ紀行 くまもとでも二見漁協観光潮干狩りとして紹介されています。二見漁協(二見漁業協同組合;0965-38-0382)が主催している模様です。)
二見自然の森
(リンク先はじゃらん観光ガイドのサブ・コンテンツ。goo ・ 地域でも[キャンプ場] 八代市二見自然の森 - 熊本として紹介されています。)
上記以外の八代市の観光スポットについては、八代市公式ホームページの観光情報欄,  【楽天トラベル・たびノート】宇土・八代の観光スポットをご参照下さい。
上田浦駅
(かみたのうらえき)
田浦阿蘇神社
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
たのうら御立岬公園駅
(たのうらおたちみさきこうえんえき)
御立岬温泉センター
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでも御立岬温泉センターとして紹介されています。)
御立岬公園
楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 熊本県 ・ 宇土・八代・水俣・人吉でも御立岬公園として、楽天トラベル ・ たびノートでも御立岬公園として、上述の温泉センターの他、スーパースライダー,ゴーカート,海水浴場,御立岬レストラン,シンボルタワーでの愛のカギ伝説等があります。「愛のカギ」伝説とは、願いをかけて鍵をかけると、好きな人と結ばれるというものです。)
道の駅 たのうら
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
赤松館公式サイト(藤崎家住宅)
熊本県観光サイト なごみ紀行 くまもとでも藤崎家住宅(赤松館)として紹介されています(リンク先URLは2010年11月現在)。)
たのうら観光潮干狩り
(リンク先はじゃらん観光ガイドのサブ・コンテンツ。YAHOO!地域情報でもたのうら観光潮干狩りとして紹介されています。)
肥後田浦駅
(ひごたのうらえき)
幸せの黄色いポスト
NPO法人 ネット八代 ・ よかとこ よかもん うまかもん情報でも肥後田浦の中で、やっちろ♪でも肥後田浦駅から薩摩街道歩き再スタート☆ の中で、Neo MaxKomachiなぶろぐでものどかでいいですねの中で紹介されています。)
海浦駅
(うみのうらえき)
海浦阿蘇神社
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらん観光ガイドでも海浦阿蘇神社として紹介されています。)
佐敷駅
(さしきえき)
薩摩街道佐敷宿の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。〒869-5441 熊本県葦北郡芦北町佐敷1000(佐敷宿交流館桝屋)。Tel.: 0966-61-3770(佐敷宿交流館桝屋)。全国旅そうだんでも薩摩街道佐敷宿として、じゃらん観光ガイドでも薩摩街道佐敷宿として、写真紀行★風に吹かれてでも薩摩街道・佐敷宿として、七転び七起きでも時は天下泰平なり 薩摩街道の「佐敷宿」と「佐敷城跡」として、芦北ん商店&人を応援するブログでもカテゴリー「佐敷宿」佐敷本陣 桝屋 今日からオープンです。等)として紹介されています。
  薩摩街道(鹿児島街道)とは、江戸時代筑前国(現・福岡県)から薩摩国(現・鹿児島県)までの間の街道であり、五街道以外の主要な街道である脇往還(脇街道,脇道)の中の一つだった街道です。薩摩藩領内では出水筋(西目筋・小倉筋),大口筋,高岡筋(東目筋・日向筋)の3ルートがあり、この内の出水筋の肥後国(現・熊本県)・熊本藩領内の宿場町の中の一つが佐敷(さしき)宿です。
  薩摩街道は、薩摩藩島津氏参勤交代のルートでもありましたが、薩摩藩は江戸から遠いため、船で行って出水筋を通らなかった場合もあります。2008年NHK大河ドラマ『篤姫』の主人公・天璋院篤姫も史実では江戸に行く道中で、薩摩街道出水筋を通りました。2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』の主人公・坂本龍馬も、薩摩街道出水筋を通ったことがあり、天璋院篤姫坂本龍馬関連の史跡スポットでもあります。
  2011年3月現在、
薩摩街道佐敷宿交流館「枡屋」があり、また、岩永醤油等の、佐敷宿の街並み建造物もある他、近くには佐敷城址もあります。
  2011年3月現在、佐敷の町の楽天トラベル登録宿には、
野坂屋旅館があります。交通・アクセス(行き方)は、九州新幹線・新八代駅またはJR鹿児島本線・八代駅で肥薩おれんじ鉄道に乗り換えて、佐敷駅(さしきえき)下車徒歩です。肥薩おれんじ鉄道は、土日休日に1日2往復、熊本駅からの直通快速列車が走っており、佐敷駅は直通快速列車の停車駅です。 )
佐敷宿交流館「桝屋」
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図で場所を示せば、薩摩街道佐敷宿交流館のとおり。〒869-5441 熊本県葦北郡芦北町佐敷1000。Tel.: 0966-61-3770。わがふるさと芦北でも薩摩街道佐敷宿交流館として(リンク先URLは2010年11月現在)芦北ん商店&人を応援するブログ(ブログ)でも佐敷本陣 桝屋 今日からオープンです。として、ウクレレ抱いた渡り鳥(ブログ)でも芦北、佐敷宿交流館“桝屋” として紹介されています。薩摩街道佐敷宿の観光案内所機能も有しています。)
岩永醤油ホームページ
(建物は、薩摩街道佐敷宿の街並みの代表的建築物の一つです。芦北町商工会ホームページでも岩永醤油 合名会社として紹介されています(リンク先URLは2010年11月現在)。)
JAあしきたファーマーズマーケット【でこぽん】公式WEBサイト
(リンク先URLは2010年11月現在)アット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIで地図を示せばリンク先のとおりになります。楽天市場にも【楽天市場】JAあしきたとして出店しています。)
高田蒲鉾
(リンク先はJAあしきたファーマーズマーケット【でこぽん】公式WEBサイトのサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年11月現在)芦北町商工会ホームページでも高田蒲鉾として紹介されています(リンク先URLは2010年11月現在)。)
日本一の大瓦モニュメント
(リンク先はJAあしきたファーマーズマーケット【でこぽん】公式WEBサイトのサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年11月現在)。)
観光うたせ船
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
芦北海浜総合公園
楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 熊本県 ・ 宇土・八代・水俣・人吉でも芦北海浜総合公園として紹介されています。)
計石温泉センター
(リンク先は芦北町ホームページのサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年11月現在)熊本県観光サイト なごみ紀行 くまもとでも計石温泉センターとして(リンク先URLは2010年11月現在)goo ・ 地域でも[市区町村機関] 芦北町 計石温泉センター - 熊本として紹介されています。)
大野温泉センター公式WEBサイト
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉でも大野温泉センターとして、MAPPLE観光ガイドでも大野温泉センターとして紹介されています。)
鶴ヶ浜海水浴場
(リンク先はじゃらん観光ガイドのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIで地図を示せばリンク先のとおりになります。)
宮浦古墳
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらん観光ガイドでも宮浦古墳として紹介されています。)
佐敷城(佐敷城跡(佐敷城跡城山公園),佐敷東の城跡):佐敷城跡の場所,  佐敷東の城跡の場所
(リンク先は、城郭放浪記 ・ 肥後・佐敷城,  肥後・佐敷東の城に基づく、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。住所:佐敷城跡佐敷城跡城山公園熊本県 葦北郡 芦北町 大字(おおあざ)佐敷字(あざ)下町(城山公園),佐敷東の城跡熊本県 葦北郡 芦北町 大字(おおあざ)花岡。Tel.: 0966-82-2511(芦北町役場)。全国旅そうだんでも佐敷城跡として、じゃらん観光ガイドでも佐敷城跡として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも佐敷城 (肥後国)として、城郭放浪記でも肥後・佐敷城,  肥後・佐敷東の城として紹介されています。
  
佐敷城は、佐敷花岡城とも呼ばれる、肥後国 葦北郡(あしきたぐん)佐敷(さしき;現・熊本県 葦北郡 芦北町の昭和30年(1955年)1月1日以前の旧佐敷町地域)にあった城であり、詳しくは後述する安土桃山時代梅北一揆の舞台になった城として、島津氏戦国史の上で知られている城です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 佐敷城 (肥後国)によれば、詳しい築城年代は不明ながら、在地豪族・佐敷氏が拠っていた城として、佐敷城の名は、南北朝時代から歴史書に登場するとの由です。芦北町ホームページ(芦北町役場公式WEBサイト) ・ 『史跡佐敷城跡保存管理計画』を策定しました ・ 佐敷城跡保存管理計画書3(第2章)(PDF文書)によれば(リンク先URLは2015年7月現在。もしも将来リンク切れになったら、芦北町ホームページ上のキーワード「佐敷城」のgoogle検索結果で検索して下さい)、後述する相良氏統治時代の佐敷城は、年代不明ながら、相良氏家臣の東藤左衛門と東新左衛門が城代を勤めていた時期には、中世には現在の城跡の東にあった「佐敷東の城」であったとの伝承が、『肥後国誌』に載っているとの由です。佐敷氏統治時代はこの相良氏統治時代よりも以前のことになりますので、佐敷氏による佐敷城は、今日の佐敷城ではなく、この中世の佐敷城「佐敷東の城」であろうと考えられているとの由です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 佐敷城 (肥後国)によれば、戦国時代初期には、当時、八代を領有していた名和氏と、人吉を本拠としていた相良氏との争奪戦の舞台となり、永禄2年(1559年)に、肥後国守護 ・ 菊池為邦によって、相良氏による葦北郡領有が公認されたとの由です。前述のとおり、芦北町ホームページ(芦北町役場公式WEBサイト) ・ 『史跡佐敷城跡保存管理計画』を策定しました ・ 佐敷城跡保存管理計画書3(第2章)(PDF文書)によれば(リンク先URLは2015年7月現在。もしも将来リンク切れになったら、芦北町ホームページ上のキーワード「佐敷城」のgoogle検索結果で検索して下さい)、相良氏統治時代の相良氏家臣の東藤左衛門と東新左衛門が城代を勤めていた時期には、
佐敷東の城佐敷城であったとの伝承が『肥後国誌』に載っているとの由です。
  
佐敷城は、島津氏九州制覇の過程で島津氏相良氏の争奪戦の舞台として、戦国時代史に名が残る城です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 佐敷城 (肥後国),  宮原景種,ならびに南日本新聞社公式WEBサイト「373news.com」 ・ さつま人国誌 ・ 〈375〉島津軍の水俣合戦によれば、戦国時代安土桃山時代の天正9年8月(1581年8月29日〜9月27日)に、薩摩国 鹿児島郡 鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市鹿児島市地域)の内城うちじょう城主で、三州(薩摩国,  大隅国,  日向国)(概ね現・鹿児島県 + 宮崎県) 守護島津氏宗家第16代当主の島津義久公麾下(きか)の島津軍が、相良氏攻めの水俣合戦を起こしたとの由です。南日本新聞社公式WEBサイト「373news.com」 ・ さつま人国誌 ・ 〈375〉島津軍の水俣合戦によれば、この水俣合戦で、天正9年8月17日(1581年9月14日)から島津軍は、肥後国 葦北郡(あしきたぐん) 水俣(みなまた;現・熊本県 水俣市)の水俣城を包囲し、水俣城城主・犬童頼安(いんどう よりやす)らが籠城し、相良氏第18代当主・相良義陽も、佐敷城があった肥後国 葦北郡佐敷(さしき;現・熊本県 葦北郡 芦北町の昭和30年(1955年)1月1日以前の旧佐敷町地域)まで援軍に来たとの由ですが、島津軍が大軍だったため抗戦が叶わなかったとの由です。その結果、天正9年9月20日(1581年10月17日)に水俣城は開城し、天正9年9月26日(1581年10月23日)に相良義陽島津氏降伏したとの由です。その結果、水俣城の他、佐敷城,  肥後国 葦北郡(あしきたぐん)湯浦(現・熊本県 葦北郡 芦北町の昭和45年(1970年)11月1日以前の旧湯浦町地域)の今日の大字(おおあざ)「湯浦」字(あざ)「栫」の湯浦城小野嶽城)(地図,  肥後国 葦北郡(あしきたぐん) 津奈木(つなぎ;現・熊本県 葦北郡 津奈木町)の今日の大字(おおあざ)「岩城」字(あざ)「大手」の津奈木城(現・舞鶴城公園)(地図の3城も、差し出されて島津氏の城になったとの由です。相良氏第18代当主・相良義陽は、相良亀千代(後の相良忠房),  相良長寿丸(後の相良頼房,通称:相良四郎次郎)の2人の子供を島津氏に人質に差し出したとの由です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 佐敷城 (肥後国),  宮原景種によれば、島津氏統治時代には、
佐敷城があった肥後国 葦北郡佐敷(さしき;現・熊本県 葦北郡 芦北町の昭和30年(1955年)1月1日以前の旧佐敷町地域)の地頭には、天正11年(1583年)に島津氏家臣の宮原景種が佐敷の地頭に任じられたとの由です。島津氏統治時代の佐敷城が、今日の佐敷城跡の場所にあったのか、それとも佐敷東の城であったのか、そのいずれであるのかは、調べてみましたがハッキリとは分かりませんでした。城郭放浪記 ・ 肥後・佐敷城,  肥後・佐敷東の城参照時2015年7月時点の記載内容は、「今日の佐敷城跡の場所の方」説に立脚しているような書き方になっていますが、芦北町ホームページ(芦北町役場公式WEBサイト) ・ 『史跡佐敷城跡保存管理計画』を策定しました ・ 佐敷城跡保存管理計画書5(第4章)(PDF文書)によれば(リンク先URLは2015年7月現在。もしも将来リンク切れになったら、芦北町ホームページ上のキーワード「佐敷城」のgoogle検索結果で検索して下さい)、今日の佐敷城跡の場所で発掘された出土品からは、後述する加藤清正による築城よりも以前の状況を伝える出土品は見つかっていない模様です。また、芦北町ホームページ(芦北町役場公式WEBサイト) ・ 『史跡佐敷城跡保存管理計画』を策定しました ・ 佐敷城跡保存管理計画書3(第2章)(PDF文書)pp.23-24によれば(リンク先URLは2015年7月現在。もしも将来リンク切れになったら、芦北町ホームページ上のキーワード「佐敷城」のgoogle検索結果で検索して下さい)、佐敷東の城跡最寄りの2つの遺跡に関して、花岡古町遺跡(この辺り(地図))からは13世紀前半〜16世紀後半の遺物が出土し、遺跡の主体となる出土品は14〜16世紀のものであり、花岡木崎遺跡(この辺り(地図))には環濠を思わせる溝があり、時期については出土品から16世紀と見られているとの由です。これらの発掘調査結果に基づけば、今日の佐敷城跡の場所に、後述する加藤清正による築城以前からも佐敷城があった可能性もまだ否定できませんが、佐敷東の城が、島津氏統治時代の佐敷城であった可能性も否定できず、可能性としては後者の方が事実どおりである確率が高そうであると、考えます。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 佐敷城 (肥後国),ならびに芦北町ホームページ(芦北町役場公式WEBサイト) ・ 『史跡佐敷城跡保存管理計画』を策定しました ・ 佐敷城跡保存管理計画書3(第2章)(PDF文書),  佐敷城跡保存管理計画書5(第4章)(PDF文書)によれば(リンク先URLは2015年7月現在。もしも将来リンク切れになったら、芦北町ホームページ上のキーワード「佐敷城」のgoogle検索結果で検索して下さい)、安土桃山時代豊臣秀吉政権下では、
佐敷城があった葦北郡は当初は当初は、肥後国 飽田郡(あきたぐん) 隈本(現・熊本県 ・ 熊本市 ・ 中央区)の隈本城城主で肥後国新領主の大名・佐々成政の領土になりましたが、肥後国人一揆の不手際の責任を取るべく佐々成政が切腹させられると、葦北郡は、肥後国半国(北半分)を新たに領有することになった隈本城城主・加藤清正の飛び地領となったとの由です。加藤清正は、今日の佐敷城跡の場所に佐敷城を築城して、加藤清正家臣の加藤重次が、佐敷城城代になったとの由です。たとえもしも、島津氏統治時代の佐敷城が、実は今日の佐敷城跡の場所に既にあったとしても、例えば石垣等の今日の佐敷城跡の遺構は、加藤清正による築城によるものであるとの由です。
  南日本新聞社公式WEBサイト「373news.com」 ・ さつま人国誌 ・ 〈352〉梅北一揆の勃発と終息・上,  〈353〉梅北一揆の勃発と終息・中,  〈354〉梅北一揆の勃発と終息・下,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 佐敷城 (肥後国),  梅北一揆,  梅北国兼,  井上吉弘等によれば、安土桃山時代の文禄元年6月(1592年7月9日〜8月7日)に、豊臣秀吉朝鮮征服(文禄・慶長の役)の文禄の役に従軍して
佐敷城 城代加藤重次が不在だったことに乗じて、島津氏の家臣・梅北国兼が、佐敷城を攻略して占拠してしまったとの由です。この反乱を、梅北一揆と呼びます。梅北国兼は主君・島津義久公も同調を呼びかけようとして、肥前国 松浦郡名護屋(現・佐賀県 唐津市鎮西町地域の、大字(おおあざ) 鎮西町名護屋と、その周辺)の名護屋城解説,  地図に詰めていた島津義久公に「早使」を送って知らせたとの由ですが、驚いた島津義久公は使者を捉えた上で、封を切らないまま梅北国兼の書状を石田三成に差し出すことにより、自分は梅北一揆に加担していないことの証明としたとの由です。梅北一揆は、加藤重次の弟で佐敷城留守居役の井上吉弘をはじめとする、井上彦左衛門、坂井善左衛門(境善左衛門尉と同一人物か?)、安田弥右衛門等の加藤清正家臣の佐敷城留守衆が梅北国兼に酒を飲ませて酔わせて殺害したことを契機にして、各地に梅北国兼が派遣していた僚将達も各地で討たれて、梅北一揆は鎮圧されたとの由です。梅北一揆の結果、島津四兄弟の三男で、薩摩国祁答院(けどういん;現・鹿児島県 ・ 薩摩川内市(さつませんだいし)祁答院町地域さつま町宮之城町地域)の虎居城城主の島津歳久公の家臣が梅北一揆に多く参加していたことから島津歳久公は梅北一揆の黒幕と見なされてしまい、この結果、豊臣秀吉の命により、島津義久公は心ならずも実弟の島津歳久公を追討せざるを得なくなり、島津歳久公が死んだことは、鹿児島県の郷土史では、よく知られた史実です。島津歳久公の死に至る経緯についてさらに詳しくは、当ホームページ内の虎居城紹介欄,  平松神社紹介欄等で、ご参照可能です。
  前段落冒頭で紹介した各情報源によれば、梅北一揆の結果、兵力が集まらず兵站補給に苦労していた島津義弘公が朝鮮征服(文禄・慶長の役)に大遅参(大遅刻)せざるを得なくなったり、上述のように島津歳久公が追討されざるを得なくなったり、島津領が豊臣秀吉政権が遣わした浅野長政細川幽斎による厳しい検地を受けたりした等、島津氏は苦難の時期を過ごすことになったとの由です。しかし、検地や、それに伴う島津領内の国人領主層の没落の結果、島津氏は領国内大名権力の強化に成功したという効果ももたらしたとの由です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 佐敷城 (肥後国)によれば、関ヶ原の戦いの際には、東軍方の加藤清正の飛び地領だった葦北郡は、西軍方の小西氏島津氏に南北から挟まれる位置にあったため、孤立したとの由です。この状況下で
佐敷城は、島津忠長の軍に包囲されたとの由です。加藤重次は約1ヶ月間の籠城戦で佐敷城を守りきり、関ヶ原の戦いでの西軍の敗報も伝わった結果、島津軍も兵を引いたとの由です。その後、江戸時代になると、元和元年(1615年)の江戸幕府一国一城令により、佐敷城は廃城になったとの由です。
  
佐敷城跡は、平成10年(1998年)に熊本県指定の史跡になり、平成20年(2008年)には国の史跡になりました。また、城跡の発掘調査の際に出土した「天下泰平国土安穏」と彫られた瓦も、城跡本隊が県の史跡になった平成10年(1998年)に、同時に県指定の重要文化財になったとの由です。この平成10年(1998年)に佐敷城跡城山公園として整備されて、佐敷城は公開されています。
  公共交通機関での行き方、アクセスは、肥薩おれんじ鉄道の佐敷駅から徒歩20分との由です。
  ご宿泊・温泉情報として、肥薩おれんじ鉄道で周遊可能な温泉地には、日奈久温泉駅最寄りの
日奈久温泉,  新水俣駅,  水俣駅等に最寄りの湯の鶴温泉,  湯の児温泉,  出水駅最寄りの出水市内温泉,  白木川内温泉(しらきかわうちおんせん),  湯川内温泉(ゆがわちおんせん),  長島温泉,  阿久根駅最寄りの阿久根温泉,  西方駅最寄りの川内高城温泉(せんだいたきおんせん),  川内(せんだい)駅最寄りの川内市街地温泉(せんだいしがいちおんせん),  市比野温泉(いちひのおんせん),  入来温泉(いりきおんせん)等があります。)
上述以外のグルメやお土産情報については、以下のリンク先サイトでご参照いただけます。
○   肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト > サブ・ページ「グルメめぐり」等
(サブ・コンテンツ「グルメめぐり」のリンク先URLは2010年11月現在。)

湯浦駅
(ゆのうらえき)
湯浦温泉
【楽天トラベル】湯浦温泉の温泉旅館・ホテル一覧
ヘルシーパーク芦北
湯浦温泉の日帰り温泉立ち寄り湯。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでもヘルシーパーク芦北として紹介されています。)
湯浦温泉へは、湯浦駅から徒歩です。
芦北町立星野富弘美術館
楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 熊本県 ・ 宇土・八代・水俣・人吉でも芦北町立星野富弘美術館として紹介されています。)
たこ焼き 清水屋
(リンク先はYAHOO!地域情報のサブ・コンテンツ。goo ・ タウンページでも清水屋として紹介されています。)
上記以外の芦北(あしきた)町の温泉や観光スポットについては、芦北町ホームページの観光情報欄,  芦北町観光協会ホームページ,  水俣、芦北、津奈木の地域観光ポータルサイト「みなまた日和」,  【楽天トラベル・たびノート】宇土・八代の観光スポットをご参照下さい。
津奈木駅
(つなぎえき)
つなぎ温泉四季彩
モノレールで登っていく展望露天風呂で知られています楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ)でもつなぎ温泉 四季彩として紹介されています。)
重盤岩眼鏡橋
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
つなぎ美術館
(リンク先は、津奈木町ホームページのサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年11月現在)。将来もしもURL変更等の事由によりリンク切れになった場合、googleでのキーワード「つなぎ美術館」の検索結果でお探し下さい。また、楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 熊本県 ・ 宇土・八代・水俣・人吉でもつなぎ美術館として紹介されています。)
舞鶴城公園
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらん観光ガイドでも舞鶴城公園として紹介されています。)
つなぎ町物産館グリーンゲイト(つなぎ物産ギャラリー「グリーンゲイト」)公式WEBサイト
リンク先URLは2010年11月現在。将来もしもURL変更等の事由によりリンク切れになった場合、そのサイト内のgoogleでのキーワード「つなぎ物産ギャラリー グリーンゲイト」の検索結果でお探し下さい。)
亀萬酒造合資会社公式WEBサイト
みよし
(リンク先はYAHOO!グルメのサブ・コンテンツ。クーポンのホットペッパーでもみよしとして紹介されています。)
つなぎ朝市
津奈木町ホームページ上の案内はそのサイト内のgoogleでのキーワード「つなぎ朝市」の検索結果で、肥薩オレンジ鉄道公式WEBサイト上の案内ではそのサイト内のgoogleでのキーワード「つなぎ朝市」の検索結果で、ご参照いただけます。
つなぎ屋外彫刻めぐり
(お問い合わせは津奈木町役場 0966-78-3111へ。)
上記以外の津奈木町の観光スポットについては、津奈木町ホームページの観光情報欄,  水俣、芦北、津奈木の地域観光ポータルサイト「みなまた日和」,  【楽天トラベル・たびノート】宇土・八代の観光スポットをご参照下さい。
新水俣駅
(しんみなまたえき)
九州新幹線との乗換駅。
みなまた観光物産協会 エコみなまた
水俣駅
(みなまたえき)

(バス乗り換え)

または

新水俣駅
(タクシー乗り換え)
湯の鶴温泉
【楽天トラベル】湯の鶴温泉の温泉旅館・ホテル一覧
湯の鶴温泉保健センター
湯の鶴温泉の日帰り温泉立ち寄り湯。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでも湯の鶴温泉保健センター ほたるの湯として紹介されています。)
湯の鶴温泉 湯出神社
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。)
湯の鶴温泉へは、水俣駅から、水俣市コミュニティバスみなくるバス」で行けます。みなくるバス」の時刻表は、以下のリンク先でご参照いただけます。
   水俣市公式WEBサイト
湯の児スペイン村福田農場公式WEBサイト
アット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIで場所を示せば、湯の児スペイン村福田農場の場所のとおりです。)
水俣駅 湯の児温泉
【楽天トラベル】湯の児温泉の温泉旅館・ホテル一覧
白梅湯裸楽(しらうめ ゆらら)公式WEBサイト
湯の児温泉の日帰り温泉立ち寄り湯。リンク先URLは2010年11月現在。)
湯の児温泉 温泉神社
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。)
湯の児温泉へは、水俣駅から、水俣市コミュニティバスみなくるバス」で行けます。みなくるバス」の時刻表は、以下のリンク先でご参照いただけます。
   水俣市公式WEBサイト
湯の児フィッシングパーク
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
湯の児海上花火大会
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
湯の児チェリーライン
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
湯の児海岸道路桜並木
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
湯の児海水浴場
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらん観光ガイドでも湯の児海岸として紹介されています。)
徳富蘇峰・蘆花生家
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
徳富蘇峰記念館
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらん観光ガイドでも徳富蘇峰記念館として紹介されています。)
湯出大滝
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
水俣病資料館公式WEBサイト
熊本県観光サイト なごみ紀行 くまもとでも水俣市立水俣病資料館として紹介されています。)
エコパーク水俣バラ園
道の駅みなまた みなまた観光物産館まつぼっくり
国土交通省 九州地方整備局 ・ 道路部 ・ 九州の道の駅でも道の駅みなまたとして紹介されています(リンク先URLは2010年11月現在)。)
アルルカン(スイーツ)
(リンク先はYAHOO!グルメのサブ・コンテンツ。)
(有)鬼塚日昭堂
(リンク先は水俣、芦北、津奈木の地域観光ポータルサイト「みなまた日和」のサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年11月現在)アット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIで場所を示せば、多分、この辺りです。)
喜楽食堂
(リンク先はYAHOO!グルメのサブ・コンテンツ。食べログでも喜楽食堂として紹介されています。)
SWEET SHOP みむら
(リンク先はYAHOO!グルメのサブ・コンテンツ。)
蜂楽饅頭 水俣本店
(リンク先はぐるなびのサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年11月現在)クーポンのホットペッパーでも蜂楽饅頭 水俣本店として紹介されています。)
とくとみ製菓
(リンク先はYAHOO!グルメのサブ・コンテンツ。)
木村蒲鉾店
(リンク先は水俣、芦北、津奈木の地域観光ポータルサイト「みなまた日和」のサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年11月現在)アット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIで場所を示せば、リンク先のとおりです。)
水俣城跡(城山公園):(水俣城跡の場所(城山公園)
(外部リンク)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:熊本県 水俣市古城1丁目(城山公園)。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも水俣城として、城郭放浪記でも肥後・水俣城として紹介されています。それ以外の紹介サイトについては、キーワード「水俣城」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
水俣城みなまたじょうは、肥後国 葦北郡(あしきたぐん) 水俣(みなまた;現・熊本県 水俣市)にあった中世城郭です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 水俣城,ならびに城郭放浪記 ・ 肥後・水俣城によれば、南北朝時代に水俣氏によって築かれたとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 水俣城によれば、室町時代の長禄4年(1460年)以来、肥後国 球磨郡 人吉(現・熊本県 ・ 人吉市)の人吉城城主で戦国大名相良氏(さがらし)の城になっていたとの由です。戦国時代の弘治3年(1557年)に水俣城城主で相良氏庶流の上村頼興が死ぬと、その子・上村頼孝相良氏第18代当主・相良義陽に謀反を起こして鎮圧されたとの由です。上村頼孝の謀反に与(くみ)して相良義陽と関係の悪化していた、大隅国 菱刈郡太良(たら;現・鹿児島県 ・ 伊佐市菱刈町地域大字(おおあざ)「菱刈南浦」等)の太良城たらじょう,  大隅国 菱刈郡馬越(まごし;現・鹿児島県 ・ 伊佐市菱刈町地域大字(おおあざ)「菱刈前目」等)の馬越城まごしじょうを拠点にしていた菱刈氏によって永禄2年5月21日(1559年6月26日)に水俣城が落城させられましたが、翌永禄3年(1560年)に菱刈氏から相良義陽水俣城の割譲を受けたとの由です。
  南日本新聞社公式WEBサイト「373news.com」 ・ さつま人国誌 ・ 〈375〉島津軍の水俣合戦,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 水俣城によれば、戦国時代安土桃山時代の天正9年8月(1581年8月29日〜9月27日)に、薩摩国 鹿児島郡 鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市鹿児島市地域)の
内城うちじょう城主で、三州(薩摩国,  大隅国,  日向国)(概ね現・鹿児島県 + 宮崎県) 守護島津氏宗家第16代当主の島津義久公麾下(きか)の島津軍が、相良氏攻めの水俣合戦を起こしたとの由です。南日本新聞社公式WEBサイト「373news.com」 ・ さつま人国誌 ・ 〈375〉島津軍の水俣合戦によれば、この水俣合戦で、天正9年8月17日(1581年9月14日)から島津軍は水俣城を包囲し、水俣城城主・犬童頼安(いんどう よりやす)らが籠城し、相良氏第18代当主・相良義陽も、佐敷城があった肥後国 葦北郡(あしきたぐん)佐敷(さしき;現・熊本県 葦北郡 芦北町の昭和30年(1955年)1月1日以前の旧佐敷町地域)まで援軍に来たとの由ですが、島津軍が大軍だったため抗戦が叶わなかったとの由です。その結果、天正9年9月20日(1581年10月17日)に水俣城は開城し、天正9年9月26日(1581年10月23日)に相良義陽島津氏降伏したとの由です。その結果、水俣城の他、佐敷城,  肥後国 葦北郡(あしきたぐん)湯浦(現・熊本県 葦北郡 芦北町の昭和45年(1970年)11月1日以前の旧湯浦町地域)の今日の大字(おおあざ)「湯浦」字(あざ)「栫」の湯浦城小野嶽城)(地図,  肥後国 葦北郡(あしきたぐん) 津奈木(つなぎ;現・熊本県 葦北郡 津奈木町)の今日の大字(おおあざ)「岩城」字(あざ)「大手」の津奈木城(現・舞鶴城公園)(地図の3城も、差し出されて島津氏の城になったとの由です。相良氏第18代当主・相良義陽は、相良亀千代(後の相良忠房),  相良長寿丸(後の相良頼房,通称:相良四郎次郎)の2人の子供を島津氏に人質に差し出したとの由です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 水俣城によれば、島津氏統治時代には、
水俣城がある肥後国 葦北郡 水俣地頭は、古墻大炊大夫であったとの由です。天正14年(1586年)7月〜同15年(1587年)4月の豊臣秀吉九州征伐(九州平定)後は、肥後国 葦北郡豊臣秀吉の直轄領になり、天正15年(1587年)に深水長智を当地(肥後国 葦北郡の全体か一部かは未確認)の代官,及び水俣城,  津奈木城(現・舞鶴城公園)(地図城代に任命したとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 水俣城によれば、その後、相良氏寺沢広高水俣城城代になった後、安土桃山時代の慶長3年(1598年)に肥後国 葦北郡 水俣は寺沢氏領になったとの由です。翌慶長4年(1599年)に、肥後国 宇土郡 宇土(現・熊本県 宇土市)の宇土城城主で肥後南半国の大名・小西行長領になり、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い小西行長が滅びた後は、慶長5年(1600年)に小西行長領を併合して肥後国の大名になった、肥後国 飽田郡(あきたぐん) 隈本(現・熊本県 ・ 熊本市 ・ 中央区)の隈本城城主の加藤清正領になったとの由です。加藤清正領時代の水俣城城代は中村正師であったとの由ですが、慶長17年(1612年)に江戸幕府の命令で水俣城は廃城になり、破却されたとの由です。
  ご宿泊・温泉情報として、肥薩おれんじ鉄道で周遊可能な温泉地には、日奈久温泉駅最寄りの
日奈久温泉,  新水俣駅,  水俣駅等に最寄りの湯の鶴温泉,  湯の児温泉,  出水駅最寄りの出水市内温泉,  白木川内温泉(しらきかわうちおんせん),  湯川内温泉(ゆがわちおんせん),  長島温泉,  阿久根駅最寄りの阿久根温泉,  西方駅最寄りの川内高城温泉(せんだいたきおんせん),  川内(せんだい)駅最寄りの川内市街地温泉(せんだいしがいちおんせん),  市比野温泉(いちひのおんせん),  入来温泉(いりきおんせん)等があります。)
上述以外のグルメやお土産情報については、以下のリンク先サイトでご参照いただけます。
○   肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト > サブ・ページ「グルメめぐり」等
(サブ・コンテンツ「グルメめぐり」のリンク先URLは2010年11月現在。)

袋駅
(ふくろえき)
グリーンスポーツみなまた
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
千宝の湯(せんぽうのゆ)
出水市境町1840-1(Tel.:0996−67−2221)。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。最寄り駅は熊本県袋駅ですが、鹿児島県 ・ 出水市にある県境の温泉です。出水市観光協会でも千宝の湯として(リンク先URLは2010年11月現在)I need 湯? 〜別館〜(blog)でも千宝の湯として、北国五郎の大ニッポン見聞録(blog)でも@薩摩温泉街道を行く・・・出水編I絶景の夕日が拝める露天風呂でのんびり千宝の湯として紹介されている他、鹿児島温泉家頁 六三四城でも紹介されています。)
上記以外の水俣市の観光スポットについては、水俣市ホームページの観光情報欄,  みなまた観光物産協会,  水俣、芦北、津奈木の地域観光ポータルサイト「みなまた日和」,  【楽天トラベル・たびノート】宇土・八代の観光スポットをご参照下さい。
<鹿児島県>
米ノ津駅
(こめのつえき)
加紫久利神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県出水市下鯖町1272。Tel.:0996-67-2800。鹿児島県神社庁ホームページでも加紫久利神社として、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも加紫久利神社として(リンク先URLは2013年3月現在)YAHOO!地域情報でも加紫久利神社として、神社ポータルサイト「日本神社」でも加紫久利神社として(リンク先URLは2010年8月現在)フリー百科事典『ウィキペディア』でも加紫久利神社として、九州神社紀行−ブログ(ブログ)でも加紫久利神社(鹿児島県出水市)として紹介されています。
  加紫久利神社とは、「かしくりじんじゃ」と読み、出水市いずみし出水市地域にある神社です。
  創建年は不明ですが、『延喜式神名帳』にも名前が載っており、平安時代初期には既に存在していた歴史と由緒のある古社です。薩摩国には一宮が2社存在(指宿市枚聞神社(ひらききじんじゃ)薩摩川内市(さつませんだいし)新田神社)して二宮は正確には不明なのですが、『延喜式神名帳』には薩摩国では枚聞神社以外には加紫久利神社しか載っていないことから、後世、「薩摩二ノ宮」と呼ばれるようになった神社です。
  御祭神は、以下のとおりです。また、下記の祭神の他、摂末社として稲荷神が祭られているとの由です。
天照大神
多紀理毘売命(注)
住吉三神
応神天皇
神功皇后
(注) 加紫久利神社社伝によると天照大神の娘とされているとの由です。

  交通・アクセス情報(行き方)は、九州新幹線出水(いずみ)駅地図)で肥薩おれんじ鉄道に乗り換えて、米ノ津(こめのつ)駅地図)下車、徒歩です。)
野間之関所跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県出水市下鯖町2577。Tel.:0996-63-4061(出水市観光交流課)。全国旅そうだんでも野間之関所跡及び古井戸として、じゃらん観光ガイドでも野間之関所跡及び古井戸として、出水の撮り鉄!ゆーたんぽんパパのブログ(ブログ)でもわが街 出水! 〜出水市米ノ津 野間の関跡〜として紹介されています。
  野間之関跡とは、江戸時代に、薩摩藩領内の薩摩街道出水筋における最北端国境(藩境)の関所跡であり、国内で対他藩鎖国体制にあったことで知られる薩摩藩にとっては、重要な関所でした。薩摩街道の3本の路線(出水筋,大口筋,日向筋)それぞれにあった三大関所の内、この出水筋は接する先が肥後熊本藩であったこともあり、3大関所(番所)中、出水麓(今日の出水麓武家屋敷群)と連動して、最も警備が厳しい防衛拠点でした。
  このため、江戸時代薩摩藩の実質的な支城ネットワークとして知られる外城(とじょう)制の下でも、出水麓の武士は最強を誇る武士団として知られ、「出水兵児(いずみへこ)」と呼ばれていました。
  また、薩摩街道出水筋は、2008年NHK大河ドラマ『篤姫』の主人公・天璋院篤姫も(ドラマでは海路でしたが)史実では江戸に行く道中で、薩摩街道出水筋を通りました。2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』の主人公・坂本龍馬も、薩摩街道出水筋を通ったことがあり、篤姫坂本龍馬関連の史跡スポットでもあります。
  鹿児島県出水市(いずみし)の市指定文化財(史跡)でもあります。
  交通・アクセス情報(行き方)は、九州新幹線出水(いずみ)駅地図)で肥薩おれんじ鉄道に乗り換えて、米ノ津(こめのつ)駅地図)下車、徒歩です。
  なお、「野間之関跡」は「野間之関址」と書かれる場合もありますが、2011年3月現在、出水市ホームページの観光案内欄では「野間之関跡」と書かれていましたので、ここでは「野間之関跡」と表記しました。)
針原塩湯温泉
(リンク先はじゃらん観光ガイドのサブ・コンテンツ。(有)伊藤タクシー ・ 出水市観光全集 ・ 出水の温泉紹介でも針原塩湯温泉として紹介されています。)
【楽天トラベル】出水湯泉宿泊センター
(注:大浴場はありますが、温泉ではありません。)
米ノ津港
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。薩摩藩藩政期に米の積み出し港だった港です。
  かつては(有)波戸汽船により「すずかけ2」号が長島町 ・ 長島(諸浦(しょうら)港)経由で獅子島(御所(ごしょのうら)浦,片側,幣串等)までの航路が米ノ津港から出ていました。しかし、1974年に阿久根市(あくねし)長島間に黒之瀬戸大橋が、1996年に長島伊唐島間に伊唐大橋が開通すると乗客が減少したため、伊唐島米ノ津港間の航路が廃止されて、平成21年(2009年)時点の情報では、長島獅子島の航路に区間が縮小されたとの由です。この米ノ津港発着の定期航路がなくなった時期については、出水市ホームページ ・ 平成20年(2008年)5月8日付け「おしらせ 第6号」(PDF版)によれば(リンク先URLは2010年11月現在)平成20年(2008年)5月19日(月)からのことになっていますが、長島町ホームページ掲載の鹿児島県長島町,熊本県天草市,熊本県水俣市『長島町地域公共交通総合連携計画』(平成22年3月) ・ 「U 獅子島航路の現状と課題」(PDF版)p.11によれば(リンク先URLは2010年11月現在)平成21年(2009年)1月からのことと日付が異なっており、詳細は不明です。
  なお、長島町ホームページ ・ 交通アクセスのページには(リンク先URLは2010年11月現在)2010年11月参照時現在で(有)波戸汽船の名前が見えず、長島獅子島間に縮小された航路も、残っているか否かが不明です。社団法人 全国遊漁船業協会ホームページ内の鹿児島県 遊漁船業者 一覧に(有)波戸汽船の「すずかけ2」号の名が載っており、もしかしたら定期航路から撤退した上で遊漁船会社になっている可能性がありますが航路が残っている可能性もあり、獅子島に行かれる方は事前にお問い合わせされることをお薦めします。アット・ニフティ@nifty ・ 電話帳 ・ 有限会社波戸汽船によれば、2010年11月現在、電話番号は0996-86-2215,住所は鹿児島県出水郡長島町諸浦254-1との由です。
  なお、総務省 電波利用ホームページには平成22年(2010年)10月30日現在の「無無線局免許状情報」欄に有限会社波戸汽船 が載っており、このことから、2010年10月現在、(有)波戸汽船が無事に存続している旨は分かります。)
出水駅
(いずみ駅)
九州新幹線との乗換駅。
出水市内温泉
【楽天トラベル】ホテル キング
【楽天トラベル】ホテル 桃晃(旧:グリーンヒルイン東光)
その他の出水市内温泉の温泉宿や日帰り温泉立ち寄り湯施設については、(当HP内の)出水市内温泉案内欄でご参照いただけます。
白木川内温泉(しらきかわうちおんせん)
【楽天トラベル】白木川内温泉 旭屋旅館
その他の白木川内温泉の温泉宿については、(当HP内の)白木川内温泉案内欄でご参照いただけます。
白木川内温泉へは、出水駅から車(タクシー等)で約15分です。
湯川内温泉(ゆがわちおんせん)
湯川内温泉かじか荘
(温泉旅館。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでも湯川内温泉かじか荘として紹介されています。)
湯川内温泉へは、出水駅から車(タクシー等)で約15分です。
折尾野温泉公衆浴場(折尾野温泉共同浴場)
出水市武元5818(Tel.:0996−62−3209)。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。全国旅そうだんでも折尾野温泉として、温泉備忘録 + Jake's Photo Galleryでも共同浴場(折尾野温泉)として紹介されています。鹿児島温泉家頁 六三四城や、温泉ニュースBlog: 鹿児島・出水「折尾野温泉共同浴場」年内(注:2006年)再建オープンへによれば、2006年7月豪雨の床上浸水,同年8月の火災を乗り越えて再建されたとの由です。折尾野温泉公衆浴場へは、出水駅から車(タクシー等)で約10分です。)
(当HP内の)出水市出水駅観光特産品館「飛来里」訪問記
九州新幹線開業時に設けられた、出水駅の「土産物店(兼)お食事処・喫茶店(兼)観光案内所」施設です。駅弁として人気が高い松栄軒の人気を買うことができる他、レンタサイクル観光周遊タクシーを、ここで申し込むことができます。)
松栄軒公式WEBサイト(駅弁)
出水市出水駅観光特産品館「飛来里」で売っています。人気の駅弁屋さんで、すぐ売り切れてしまいます。すぐ売り切れてしまうので、私(当HP管理人)は、残念ながら一度も食べられていません(涙)。)
レンタサイクル
出水市出水駅観光特産品館「飛来里」で申し込めます。詳しくは、(当HP内の)「出水市の観光案内」欄からのリンク先ページでご参照いただけます。)
観光周遊タクシー
出水市出水駅観光特産品館「飛来里」で申し込めます。コース・時間ごとに「定価」が決まっており、安心して出水市内観光をお楽しみいただけます。詳しくは、(当HP内の)「出水市の観光案内」欄からのリンク先ページでご参照いただけます。)
(当HP内の)出水市ツル観察センター訪問記
出水市は、鶴(つる)の飛来地です。出水市ツル観察センターは、飛来した鶴を見ることができる施設です。)
出水市ツル博物館クレインパークいずみ
(リンク先は出水市ホームページのサブ・コンテンツで公式WEBサイト(リンク先URLは2010年11月現在)楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県でも出水市ツル博物館クレインパークいずみとして、楽天トラベル ・ たびノートでも出水市ツル博物館クレインパークいずみとして、楽天トラベルの特集企画でも【楽天トラベル ムーブメント企画鹿児島(秋)】ツルの飛来と紅葉狩り。秋の鹿児島を巡る のんびり秋さんぽの中で紹介されています。)
(当HP内の)出水麓武家屋敷群訪問記
出水麓武家屋敷群は、江戸時代薩摩藩における地方軍事(兼)行政ネットワーク制度である外城制(郷制)における、「麓(ふもと)」と呼ばれる武家屋敷群の中の一つです。整備・保存された武家屋敷群として、人気の観光スポットです。出水は、薩摩藩領内では、薩摩街道出水筋沿いの最北端の外城(郷)として、薩摩藩においては、熊本藩への国境(藩境)最前線の防衛拠点として、軍事上特に重要な外城(郷)の中の一つでした。このため、勇猛果敢なことで知られていた薩摩藩の武士団の中でも、出水の武士達は特に勇猛果敢なことで知られ、出水兵児(いずみへこ)と呼ばれていました。詳しくは、(当HP内の)出水麓武家屋敷群訪問記でご参照いただけます。熊本藩側による薩摩藩に対しての「国境(藩境)最前線の防衛拠点」である八代八代城跡肥薩おれんじ鉄道沿線にありますので、薩摩藩 ・ 熊本藩双方の「国境(藩境)最前線の防衛拠点」を、肥薩おれんじ鉄道で周遊することが可能です。)
特定非営利活動法人 いずみ観光牛車会
楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県でも出水観光牛車として、楽天トラベル(旧・旅の窓口)の特集企画でも【楽天トラベル】楽天おすすめ特集〜春〜ムーブメント企画2006 スローライフ・スローフード 鹿児島LOHAS紀行,  【楽天トラベル ムーブメント企画鹿児島(秋)】ツルの飛来と紅葉狩り。秋の鹿児島を巡る のんびり秋さんぽの中で、出水市ホームページでもいずみ観光牛車として(リンク先URLは2010年11月現在)、紹介されています。出水観光牛車で、出水麓武家屋敷群をお楽しみいただけます。)
出水城跡(亀ヶ城,花見ヶ城)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県出水市武本2893。城郭放浪記でも薩摩・出水城として、ちえぞー! 城行こまいでも出水城として、城跡じゃらんジャランでも出水麓・出水城として、お城なっとうでも出水城として紹介されています。城山墓地公園(地図)がある場所も、曲輪の一つであるとの由です。
  建久年間(1190-99年)に和泉小大夫兼保によって築城され、当初は和泉城の字が宛てられたとの由ですが、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索 ・ 出水城跡によれば(リンク先URLは2011年6月現在)、この和泉氏は後の島津氏系の和泉氏とは異なる、肝付氏系の和泉氏であった模様です。
  Samurai World ・ 篤姫の実家、今和泉家とはどんな家柄?によれば、南北朝時代の頃に島津氏庶流の和泉氏の城になったとの由です。島津氏系和泉氏は、島津氏第4代当主・島津忠宗の次男忠氏が、出水の所領を与えられて「出水氏」と称したことから始まるとの由です。和泉忠氏(島津忠氏)は、南北朝時代島津氏宗家の家臣の位置からハミ出して、室町幕府将軍家の直臣になった上に、さらには懐良親王九州入り後は南朝方になり、北朝方であった島津氏第5代当主・島津貞久と敵対するに至ってしまったとの由です。この敵対化は、(社)舞鶴青年会議所 ・ ふるさと舞鶴再発見への取り組み 「深」く掘り起こせ!ふるさと舞鶴の「心」によれば(リンク先URLは2011年6月現在)島津忠氏(和泉忠氏)は観応の擾乱における足利直義派として足利尊氏派の島津貞久と対立したとの由です。この参照資料によれば、島津忠氏(和泉忠氏)は観応の擾乱以前には、室町幕府問注所の役割を任されたり、それまでの軍功により田辺郷(今日の京都府舞鶴市辺り)の地頭職に就いたりしていたとの由で、活動の本拠地が薩摩国ではなかった旨が窺えます。観応の擾乱直義派だったため、忠氏の死後、田辺郷の領地は尊氏派の軍勢に攻められて、失ったとの由です。
  上述のとおり、Samurai World ・ 篤姫の実家、今和泉家とはどんな家柄?には、島津忠氏(和泉忠氏)は南朝方になったと書かれています(リンク先URLは2011年6月現在)島津忠氏(和泉忠氏)が観応の擾乱直義派だったということを、直義南朝方に転じたことがあったり、直義の養子・足利直冬南朝方になったりした観応の擾乱の経緯に併せて鑑(かんが)みれば、島津忠氏(和泉忠氏)が南朝方に転じた理由は、足利直義足利直冬が南朝方に転じた当時の状況に引きずられてのことかと拝察いたします。
  南朝方敗退後、島津氏系和泉氏2代目の久親は豊後国に流されましたが、島津氏第6代当主(奥州家初代当主)・島津氏久に許されて、大隅国 ・ 志布志に移ったとの由です。島津氏第8代当主・島津久豊の代の応永20年(1413年)〜応永24年(1417年)に生じた伊集院頼久の乱において、和泉氏第3代(第4代との情報もあり)の直久と弟・忠次が久豊に従って川辺平山城を攻撃した際に、伊集院頼久の猛攻を受けて兄弟共に討ち死にしてしまったとの由です。直久にも忠次にも子が無かったため、和泉氏は一旦断絶します。
  余談ですが、後の江戸時代に、島津氏第22代当主で薩摩藩第5代藩主の島津継豊が、弟の島津忠卿に300年以上ぶりに和泉氏の名跡を継がせて、藩主断絶の際には代わりに藩主になり得る高い家格の庶流「御一門」の家として再興したのが、後に天璋院篤姫の生家となる今和泉島津家です。
  話を室町時代に戻せば、出水城島津氏庶流(分家)の薩州島津家の城となりました。薩州島津家戦国時代の第5代・島津実久の代に、島津氏宗家の座を巡って島津忠良公,  島津氏第15代当主島津貴久公親子への敵対勢力となり、島津貴久公の領国国内統一戦の叛徒となりました。薩州島津家6代・島津義虎島津宗家にしたがって家臣となり、島津氏の領国統一平定戦に貢献しました。
  豊臣秀吉による九州平定の際には、薩州島津家7代・島津忠辰は天正15年(1587年)4月、秀吉に降伏して一旦は本領を安堵されました。しかし、その後の文禄・慶長の役(朝鮮出兵)の際に、島津義弘公と別の陣にしてくれるように秀吉に直訴、聞き入れられないと病気と称して上陸せずサボタージュしたため秀吉の激怒を買い、改易されてしまったとの由です。出水等の薩州島津家の領土は豊臣政権に接収されて、出水城は廃城になりました。薩州島津家の旧領は、関ヶ原の戦いの前に、文禄・慶長の役(朝鮮出兵)の軍功故に島津氏宗家に返還され、やがて北麓に出水麓ができました。)
薩州島津家墓地の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。出水市ホームページでも指定文化財の中で(リンク先URLは2011年6月現在)(社)出水市観光協会ホームページでも名所・旧跡の中で(リンク先URLは2011年6月現在)パンフNaviでも出水市発行パンフレット「武家屋敷群 出水麓」(2007年)添付のパンフレットPDFファイル版の中で、全国旅そうだんでも薩州島津家の墓として、じゃらん観光ガイドでも薩州島津家の墓として、Samurai Worldでも薩州島津家の墓 鹿児島県出水市,  龍光寺 鹿児島県出水市として、健康的で 明るく 笑顔のたえない ふるさとづくり に挑戦でも出水の敵視を訪ねて(20)〜薩州島津家の墓地〜として、写真ホームページでも長い階段,薩州島津家の墓として、宮様の石橋でも鹿児島県出水市の中で、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索でも龍光寺跡,  見性庵跡として紹介されています。
  薩州島津氏は元々、島津氏家第8代当主・島津久豊の次男・島津用久(好久)に始まる家です。用久は、兄で島津氏家第9代当主・島津忠国守護代として島津氏領国統治を助けますが、勢力をつけすぎた島津用久(好久)を危険視するようになった島津忠国と対立するようになって謀反を起こし、文安5年(1448年)に和解したという経歴の持ち主です。以来、薩州島津氏は、島津家中にあっては独立色の強い、反抗的な庶流(分家)としての歴史を歩んで来ました。
  当画面(当ページ)内の出水城欄でも述べたとおり、戦国時代の第5代・島津実久は、島津氏宗家の座を巡って島津忠良公,  島津氏第15代当主島津貴久公親子への敵対勢力となったため、「敵役(かたきやく)の武将」として鹿児島県戦国時代郷土史で知られている武将です。薩州島津家第6代・島津義虎島津宗家にしたがって家臣となり、薩州島津家の歴史の中では珍しく例外的に島津氏宗家への忠勤に励みますが、その子で薩州島津家第7代・島津忠辰の時に、文禄・慶長の役(朝鮮出兵)時の豊臣政権や島津義弘公への抗命仮病サボタージュ事件を起こしてしまい、豊臣秀吉の激怒を買って改易されて、薩州島津家は残念ながら滅亡してしまいました。
  薩州島津家墓地の場所には、2011年6月現在、実は私はまだ行ったことがありません。鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索  見性庵跡によればこの辺り(地図)ですが、実際に訪問した方のホームページによればむしろ鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索 ・ 龍光寺跡の場所にあり、かつ出水市ホームページ ・ 指定文化財によれば(リンク先URLは2011年6月現在)薩州島津氏菩提寺である龍光寺廃仏毀釈前にあった場所に薩州島津氏の墓所があるとの由ですので、見性庵跡よりも龍光寺跡の場所として、リンク先の場所(地図)を所在地地図として示しております。)
(当HP内の)日本一のお地蔵様訪問記(出水市・八坂神社)
雲海酒造出水蔵
(予約すれば工場見学もできるとの由です(出水市上鯖淵532の1。Tel.:0996−62−0043)。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せば、リンク先のとおりです。雲海酒造の芋焼酎は、2011年6月現在【楽天市場】山形屋オンラインショップでのキーワード「雲海酒造」の検索結果,  【楽天市場】キーワード「雲海酒造+芋焼酎+鹿児島」の検索結果等でお求めいただけます。)
東雲の里あじさい園
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
上場高原コスモス園
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
上場遺跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。出水市ホームページでも上場遺跡についてとして(リンク先URLは2010年8月現在)全国旅そうだんでも上場遺跡(ウワバイセキ)として、じゃらんnetでも上場遺跡として、遺跡ウォーカーでも上場遺跡として、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索でも上場Bとして紹介されています。)
山門ぶどう園(やまかどぶどうえん)公式WEBサイト
楽天トラベル ・ たびノートでも山門ぶどう園として紹介されています。)
特攻碑公園の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。出水市ホームページでも特攻碑公園として(リンク先URLは2010年8月現在)全国旅そうだんでも特攻碑公園として、じゃらん観光ガイドでも特攻碑公園として紹介されています。)
東光山公園の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。全国旅そうだんでも東光山公園として、じゃらん観光ガイドでも東光山公園として、山門ぶどう園でも東光山公園として紹介されています。)
出水の大楠の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。全国旅そうだんでも出水の大楠として、じゃらん観光ガイドでも出水の大楠として、七転び七起きでも蒲生の大楠との悲恋の物語があったそうな♪ 「出水の大楠」として紹介されています。)
出水歴史民俗資料館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。〒899-0205 鹿児島県出水市本町3番14号,出水市立中央図書館2階。Tel.:0996−63−0256。出水市ホームページでも歴史民俗資料館として(リンク先URLは2011年6月現在)ふるさと 出水でも出水市立歴史民俗資料館として、カゴシマニアがゆくでも【戦国島津】出水市立歴史民族資料館所蔵品として紹介されています。)
【楽天GORA】出水ゴルフクラブ
出水ふれあいバス
出水市が運営するコミュニティバスです。時刻表については、出水市ホームページでご参照いただけます。)
時刻表は →  出水市ホームページ
漁亭 いわし茶屋
(リンク先はYAHOO!地域情報のサブ・コンテンツ。じゃらん観光ガイドでも漁亭 いわし茶屋として紹介されています。)
パン工房 麦穂公式WEBサイト
MAPPLE観光ガイドでもパン工房 麦穂(Mugiho)として紹介されています。)
隆泉庵
(リンク先はYAHOO!グルメのサブ・コンテンツ。ぐるなびでも隆泉庵として紹介されています。出水麓武家屋敷群最寄りのお食事処です。)
長島
鹿児島県の離島観光スポット・長島へは、出水駅から南国交通の「天草市・長島蔵之元〜出水駅間シャトルバス」で行くことができます。
時刻表→  南国交通公式WEBサイト
九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
長島,  長島の温泉
(リンク先は楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。)
【楽天トラベル】長島温泉の温泉旅館・ホテル一覧
【楽天トラベル】癒しの宿 サンセット長島
太陽の里温泉センター 東泉望
(リンク先はレジャーランド 太陽の里のサブ・コンテンツで公式WEBサイトリンク先URLは2010年12月現在楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県でも太陽の里温泉センター東泉望として、また、長島の温泉の中で、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉でも太陽の里 温泉センター東泉望として、MAPPLE観光ガイドでも太陽の里 温泉センター東泉望として紹介されています。)
上記以外の長島町の温泉については、(当HP内の)長島町の温泉欄でご参照いただけます。
あづま海水浴場・松ヶ平キャンプ場
(リンク先は長島町ホームページのサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年8月現在)楽天トラベル ・ たびノートでも松ヶ平キャンプ場として紹介されています。)
長島青少年旅行村(小浜海水浴場・キャンプ場)
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
日本マンダリンセンター
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県でも日本マンダリンセンターとして紹介されています。)
長島町歴史民俗資料館
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
道の駅 長島(ポテトハウス望陽)
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
長島海中公園
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらん観光ガイドでも長島海中公園として紹介されています。)
長島観光グラスボート
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらん観光ガイドでも長島観光グラスボートとして紹介されています。)
上述以外の長島町の観光スポットについては、(当HP内の)長島の観光欄でご参照いただけます。
西出水駅
(にしいずみえき)


または

出水駅
日本一の大鈴の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。全国旅そうだんでも日本一の大鈴として、じゃらん観光ガイドでも日本一の大鈴として、ホテルウィングインターナショナル出水 ・ ホテルウィングインターナショナル出水公式ブログでも日本一の大鈴がある神社として紹介されています。箱崎八幡神社にあり、箱崎八幡神社については、鹿児島県神社庁でも箱崎八幡神社として紹介されていますリンク先URLは2011年6月現在。)
高尾野駅
(たかおのえき)
高尾野温泉センターもみじ
(リンク先は鹿児島 温泉.netのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉でも高尾野温泉センターもみじとして、MAPPLE観光ガイドでも高尾野温泉センターもみじとして紹介されています。)
(有)ふれあい館,そば処「まちじまん」
出水市高尾野町大久保617-1,Tel.:0996-82-3004。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。goo ・ 地域でも[食料品店] 有限会社ふれあい館 - 鹿児島として、ぐるなびでも有限会社ふれあい館(うどん・そば店)として紹介されています。高尾野温泉センターもみじの目の前にあります。)
高野山公園(タカノヤマコウエン)
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでも高野山公園として紹介されています。)
紫尾神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県神社庁でも紫尾神社としてリンク先URLは2011年6月現在フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも紫尾神社(出水市)として紹介されています。さつま町の紫尾神社とは別の神社です。)
高尾野郷土館
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。出水市ホームページのサブ・コンテンツでも出水市高尾野郷土館・古城画伯コレクションとして(リンク先URLは2010年8月現在)全国旅そうだんでも高尾野郷土館として、ふるさと 出水でも高尾野町立郷土館として紹介されています。)
神酒造株式会社公式ホームページ・工場見学
(公式ブログ神酒造ブログもあり、出水市大産業祭だぁ〜!等の記事があります。アット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIで場所を示せば、リンク先のとおりです。焼酎蔵探訪(ブログ)でも十の蔵 神酒造に行くとして、農園レストラン三蔵とグリーンツーリズム情報(ブログ)でも創業明治5年・・神酒造として紹介されています。神酒造の芋焼酎は、【楽天市場】キーワード「神酒造+鹿児島」の検索結果でお求めいただけます。)
野田郷駅
(のだごうえき)
(当HP内の)感応寺(感応禅寺)・五廟社(島津氏最初の5代の墓)訪問記
鹿児島県の観光の特徴の一つは歴史が売りであることですが、廃仏毀釈のやり過ぎで、かつて藩主の菩提寺さえ含めて県内の寺院が一寺も残さずに全滅したことがあるため、「お寺巡りの観光スポットが少ない」という、歴史が売りの県では珍しい状況にあります。感応寺は、廃仏毀釈で一旦は廃寺になった後で復活した、鹿児島県では珍しい、歴史のある貴重な寺です。出水市は、鎌倉時代島津氏が最初に守護所を設けた地であるため、島津氏宗家が本拠地を鹿児島市に移すまでの間の、島津氏の最初の五代の墓があります。)
野田郷武家屋敷通りの場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。鹿児島県出水市野田町上名地内。Tel.:0996-79-3030(出水市観光協会)。全国旅そうだんでも野田郷武家屋敷通りとして、じゃらん観光ガイドでも野田郷武家屋敷通りとして紹介されています。江戸時代薩摩藩における地方軍事(兼)行政ネットワーク制度である外城制(郷制)における、「麓(ふもと)」と呼ばれる武家屋敷群の中の一つです。
  鹿児島県の江戸時代薩摩藩は、藩内の軍事・行政ネットワークとして外城(とじょう)制という武家集住地を100ヶ所以上、藩内に配置しました。中世の藩内各地の城郭は壊したとは申せ、これは実質上、江戸幕府一国一城制度を骨抜きにする藩内支城ネットワークでした。外城制の下では、「郷」とも呼ばれる地方行政区画ごとに「麓(ふもと)」と呼ばれる武家屋敷群が設けられて、「郷」単位の地方行政の中心になりました。
  観光スポットとして名高い薩摩の小京都・知覧武家屋敷群出水麓武家屋敷群は、これら外城の麓武家屋敷群の中の一つです。
  現在は市町村合併で出水市になった、野田町地域の野田郷にも麓武家屋敷群が残っています。これが野田郷武家屋敷通りです。肥薩おれんじ鉄道の野田郷駅地図)から南に行くと、玉石垣の石垣が続く武家屋敷群がある他、このエリアに
出水市野田史料館があります。
  野田郷には野田郷駅地図)北側に
感応禅寺(五廟社)も残っており、また、野田町地域ではありませんが、野田郷駅地図)から健脚な方ならば徒歩圏内に木牟礼城跡きのむれじょうあともあります。中世から江戸時代にかけての歴史を楽しめる町です。
  交通は、肥薩おれんじ鉄道 ・ 野田郷駅地図)から徒歩です。)
出水市野田史料館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。〒899-0501 鹿児島県出水市野田町上名6094-1。Tel.:0996-84-3100。出水市ホームページでも出水市野田史料館として(リンク先URLは2010年8月現在)ふるさと 出水でも野田町立図書館・史料館として紹介されています。
  島津家発祥の地と言える、島津氏の最初の5代の鎌倉時代南北朝時代の居城だった
木牟礼城跡きのむれじょうあとや、島津氏最初の5代の墓・五廟社がある感応禅寺が近くにあり、江戸時代には薩摩藩の軍事・行政ネットワークだった外城(とじょう)制の野田郷(は、野田)の野田郷武家屋敷通りがある出水市野田町地域は、歴史の宝庫の町です(注:ただし、木牟礼城跡は、最寄り駅は肥薩おれんじ鉄道 ・ 野田郷駅地図)ですが、出水市野田町地域ではなく、出水市高尾野町地域にあります)。
  出水市野田史料館は、その野田町地域の歴史博物館です。開館時間等は以下のとおりです(注:ただし、以下の条件は2010年12月現在のもの)。
開館時間:土曜日〜木曜日・祝日の午前9時〜午後6時
休館日:毎週金曜日
入館料:無料
交通:肥薩おれんじ鉄道 ・ 野田郷駅地図)から徒歩10分 )
木牟礼城跡(キノムレジョウアト)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。鹿児島県出水市高尾野町江内165-2(小字尾崎)。Tel.:0996-82-1111(出水市役所高尾野支所(旧・高尾野町役場))。全国旅そうだんでも木牟礼城跡として、じゃらん観光ガイドでも木牟礼城跡として、城郭放浪記でも薩摩・木牟礼城として、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索でも木牟礼城跡として紹介されています。
  木牟礼城跡(きのむれじょうあと)は、出水市いずみし高尾野町地域にある中世城郭史跡であり、島津氏宗家の薩摩国内の最初の居城跡です。鎌倉時代初期に、島津氏初代・島津忠久公が薩摩国大隅国日向国の三州(三国)の守護に任じられた際に、本人は直ちに下向せずに鎌倉に詰めていたため、代わりに家臣の本田貞親を派遣して薩摩国の守護所として、山門院(現・出水市)に作らせた城として知られています。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津忠久フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津荘によれば、島津忠久公は全く一度も下向しなかった訳ではなく、元暦2年(1185年)8月17日付で日向国 ・ 島津荘下司職に任じられると、文治2年(1186年)から2年間程、木牟礼城築城の前か後かは存じ上げませんが、山門院(現・出水市)にいたとの由ですが、2年後(1188年)には島津忠久公は鎌倉に戻ったとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津忠久によれば、その後、島津忠久公は建久7年(1196年)に再び山門院(現・出水市)に入ったとの由ですが、その後しばらくして日向国島津院(現・宮崎県 ・ 都城市)の祝吉御所に移り住んだ時期もあると伝えられているとの由です。鎌倉時代の建久8年(1197年)に島津忠久公は薩摩国大隅国守護に任じられ、その後、しばらくして日向国守護に任じられたとの由です。ところが源頼朝公没後の建仁3年(1203年)9月に比企能員の変(比企の乱)が起きると、これに連座して島津忠久公は失脚して三州守護の任を解かれてしまいました。約10年後に復権して薩摩国守護に戻れましたが、大隅国日向国守護の職は戻って来ず、鎌倉時代を通じて島津氏薩摩国だけの守護でした。
  以来、元寇までの時期は島津氏当主は鎌倉に詰めていて、木牟礼城には本田氏酒匂(さこう)氏等の家臣がいました。鎌倉時代元寇の際に3代・島津久経公が島津氏宗家として初めて下向して以来、島津氏宗家も在城するようになりました。
  南北朝時代島津氏第5代当主・島津貞久公が現・薩摩川内市(さつませんだいし)川内市地域碇山城(いかりやまじょう)に拠点を移し、さらに暦応4年(1341年)に島津貞久公が現・鹿児島市東福寺城を攻略して東福寺城に拠点を移しました。この島津貞久公までの間の最初の5代の間、島津氏による薩摩国の拠点となったのが木牟礼城です。廃城の時期は存じ上げません。戦国時代出水島津氏庶流の薩州家薩州島津氏)が治めていましたが、薩州島津氏の居城出水城亀ヶ城)であり、木牟礼城ではありませんでした。
  江戸時代の、薩摩藩独特の藩内軍事拠点(兼)行政ネットワークである外城(とじょう)制では、出水には出水(現・出水麓武家屋敷群),高尾野,野田(現・野田郷武家屋敷通り)の3つのが設けられていました。木牟礼城跡は高尾野郷だった高尾野町地域にありますが、野田町地域との境付近に位置するため、高尾野駅地図)よりはむしろ、徒歩ならば野田郷駅地図)からの徒歩圏内です。
  交通アクセスは、肥薩おれんじ鉄道 ・ 野田郷駅地図)から北に向けて約2.3km徒歩です。もしくは、肥薩おれんじ鉄道 ・ 野田郷駅地図)や高尾野駅地図)からタクシーです。野田郷駅地図)周辺にはこの他、野田郷駅地図)北側に感応禅寺(五廟社),南側に野田郷武家屋敷通り出水市野田史料館があります。 )
伊勢神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県神社庁でも伊勢神社としてリンク先URLは2011年6月現在全国旅そうだんでも伊勢神社として、じゃらん観光ガイドでも伊勢神社として紹介されています。)
熊野神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県神社庁でも熊野神社としてリンク先URLは2011年6月現在フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも熊野神社(出水市)として、全国旅そうだんでも熊野神社として、じゃらん観光ガイドでも熊野神社として紹介されています。)
ハナショウブ園(西田しょうぶ園)
(リンク先は肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイトのサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年12月現在)出水市野田町エリアの休耕田に、10万本のハナショウブ(花菖蒲)が咲き誇っているもので、出水市ホームページ ・ 四季のレジャー情報によれば(リンク先URLは2010年12月現在)、5月下旬〜6月上旬が見頃との由です。ツルクレイン でもハナショウブ 1,  ハナショウブ 2 ,  ハナショウブ 3,  ハナショウブ 4,  ハナショウブ 5,  Y.S style でも鹿児島県出水市のハナショウブ として、どら焼き親父写真館でも花菖蒲の郷を行くとして紹介されています。)
野田郷村おこし屋の場所(物産館)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。全国旅そうだんでも野田郷村おこし屋として、じゃらん観光ガイドでも野田郷村おこし屋として紹介されています。)
赤鶏唐揚げコッコ屋野田店
(リンク先は赤鶏さつま:赤鶏農業協同組合のサブ・コンテンツで公式WEBサイト(リンク先URLは2010年12月現在)アット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIで場所を示せば、リンク先のとおりです。野田郷村おこし屋の隣りにあるとの由です。)
十三奉行温泉(この辺り?)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図での、住所「〒899-0502 出水市野田町下名4974-4」での検索結果(Tel:0996-84-2488)。2010年10月新規開業。定休日:毎月第2,第4水曜日。入浴料:中学生以上300円,小学生140円,小学生未満50円(ただし、2011年5月現在)(社)出水市観光協会でも温泉の中で、鹿児島いずみテレビでも「【第71回】出水市野田町「十三奉行温泉」、10月22日(金)開業」がコラム紫尾山の記事ログの中で紹介されています(いずれも、リンク先URLは2011年5月現在)株式会社アーステクノ地図)が平成7年(1995年)に掘削し、しばらくの間は会社の保養所として使っていたものを、広く一般開放することになったものとの由です。)
はづき温泉
(リンク先は鹿児島 温泉.netのサブ・コンテンツ。出水市と市町村合併する前の旧野田町エリア内にありますが野田郷駅からは相当離れていますので、出水駅からタクシーで行った方が行き易いかも知れません。)
天然の湯舞鶴温泉
(リンク先はrorexgtr like it !のサブ・コンテンツ。鹿児島 温泉.netでも舞鶴温泉 家族湯として紹介されています。出水市と市町村合併する前の旧野田町エリア内にありますが野田郷駅からは相当離れていますので、出水駅からタクシーで行った方が行き易いかも知れません。)
出水市の観光案内や温泉案内は、(当HP内の)出水市観光案内や、(当HP内の)出水市の温泉欄でご参照いただけます。
折口駅
(おりぐちえき)
脇本海水浴場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。折口駅から徒歩約30分、または「バス+徒歩」。バス時刻表は、肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト ・ 脇本海水浴場に載っています(リンク先URLは2011年6月現在)。)
黒の瀬戸の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも黒之瀬戸として(リンク先URLは2011年6月現在)全国旅そうだんでも黒の瀬戸として、じゃらん観光ガイドでも黒の瀬戸として紹介されています。)
笠山観光農園の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも笠山観光農園として(リンク先URLは2011年6月現在)全国旅そうだんでも笠山観光農園として、じゃらん観光ガイドでも笠山観光農園として紹介されています。)
阿久根駅
(あくねえき)
阿久根温泉
(当HP内の)グランビュー あくね入湯記
(当HP内の)ふれあい温泉ぼんたん湯(栄屋旅館)入湯記
きみよし温泉(候吉温泉)
(温泉銭湯。阿久根市大丸町60。Tel.:0996-72-1174。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県でも阿久根温泉の中で、熊谷温泉でもきみよし温泉として、また、鹿児島の温泉情報サイト - 鹿児島温泉家頁 六三四城でも紹介されています。)
その他の阿久根温泉の温泉宿については、(当HP内の)阿久根温泉案内欄でご参照いただけます。
  2010年12月現在阿久根温泉へは、「JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ」という、鹿児島県内からご出発のお得な日帰りグルメ・ツアー切符で行ってお楽しみいただくことができます。阿久根駅まで送迎があり、グランビュー あくねでグルメと温泉とをお楽しみいただけます。詳しくは、以下のリンク先でご参照いただけます(リンク先URLは2010年12月現在)
「JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ」のご案内鹿児島県発)
掲載サイト 情報掲載ページ
JR九州 ・ JR九州列車の旅 駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ ・ 阿久根グルメきっぷ「阿久根市場御膳」欄
JR九州鹿児島支社 グランビューあくね 市場御膳(PDF版)
肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト お得なきっぷ > JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ > 阿久根「市場御膳」


  また、2010年12月現在阿久根温泉への「JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ」には、、熊本県内からご出発のプランもあります。詳しくは、以下のリンク先でご参照いただけます(リンク先URLは2010年12月現在)
「JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ」のご案内熊本県発)
掲載サイト 情報掲載ページ
JR九州 ・ JR九州列車の旅 駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ ・ 阿久根グルメきっぷ「阿久根市場御膳」欄
肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト お得なきっぷ > JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ > 阿久根「市場御膳」〜グランビューあくね〜
クアドーム阿久根
(立ち寄り湯。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉のサブ・コンテンツ。マップルネット(mapple)でもクアドーム阿久根として紹介されています。肥薩おれんじ鉄道 ・ 阿久根駅から南国交通バス出水・水俣行きで10分、大林寺下車すぐ。)
湯の迫鉱泉・長谷の湯(ながたにのゆ)
(リンク先は鹿児島 温泉.netのサブ・コンテンツ。九州温泉プレスでも長谷の湯として、rorexgtr like it !でも湯の迫鉱泉  長谷の湯(ながたにのゆ)として紹介されています。阿久根市(あくねし)の温泉施設ではなく、隣の出水市野田町エリアの温泉施設ですが、肥薩おれんじ鉄道 ・ 阿久根駅から車で約15分です。)
ライダーハウス あくねツーリング STAYtion
ブルー・トレインなは」として走っていた「オハネフ25系」の2両の車両を利用した宿泊施設です。リンク先は運営組織・NPO法人Big upのサブ・コンテンツで公式WEBサイト。NPO法人Big upには公式ブログBig up活動記録もあり、「あくねツーリング STAY tion」 開 業 !等の記事が載っています。楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県でもライダーハウス あくねツーリング STAYtionとして、大島ベア ファンタジーをつむぐ(ブログ)でもあくねツーリング STAY tionとして、★ CB750F 「今、Fに乗るということ」 ★(blog)でも阿久根ライダーズハウス 「あくねツーリングStaytion」 完成として紹介されています。)
阿久根市市民いこいの森
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。縁結びの神・子宝が授かる神として知られる巨石陰陽石(いんようせき)があります。)
番所丘公園
(リンク先は楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも番所丘公園として(リンク先URLは2011年6月現在)阿久根市ホームページでも公共施設(番所丘公園として紹介されています(リンク先URLは2011年3月現在)
阿久根市立図書館郷土室
(リンク先は楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。阿久根市ホームページでも公共施設(図書館) ・ 郷土資料館(図書館3階)として(リンク先URLは2011年3月現在)ふるさと 出水でも阿久根市立図書館・郷土資料館として紹介されています。阿久根市立図書館郷土室では、阿久根砲が展示されています。)
阿久根砲
(リンク先は楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。阿久根市ホームページでも市の歴史(史跡・文化財)の中で紹介されています(リンク先URLは2011年3月現在)阿久根砲は、阿久根の海岸から発見されたもので、16世紀頃のポルトガル船の大砲と推測される貴重な遺物で、県指定文化財(考古資料)に指定されています。阿久根市立図書館郷土室で展示されています。)
波留南方神社
(リンク先は楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも波留南方神社(神舞)として(リンク先URLは2011年6月現在)阿久根市ホームページでも市の歴史(史跡・文化財)の中で「波留南方神社の神舞(無形民俗文化財)」として(リンク先URLは2011年3月現在)フリー百科事典『ウィキペディア』でも波留南方神社(なみどめみなみかたじんじゃ,はるみなみかたじんじゃ)として紹介されています。8年に1度行われる波留南方神社の行事(祭祀)神舞(かんまい)は、県指定の無形文化財です。)
大石酒造株式会社工場見学
(訪問前にお問い合わせいただくことをお勧めします。Tel.:0996−72−0385。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せば〒899−1625 鹿児島県阿久根市波留1676のとおりです。大石酒造の芋焼酎のお求めの際には、【楽天市場】キーワード「大石酒造 焼酎 鹿児島」の検索結果でお探しいただけます。)
アクネ・うまいネ・自然だネ まつり(阿久根市産業祭)
(リンク先は楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。毎年、12月の第3土日に行われます。詳しい開催予定等については、阿久根市ホームページから、アクネうまいネ自然だネまつり(阿久根市産業祭)に関するそのサイト内のgoogleでの検索結果で、掲載情報を探すことできます。)
尾崎地区文旦狩り
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せばリンク先のとおりです。日にちは限られている模様です。時期など詳しくは、ボンタン狩りに関する阿久根市ホームページ内のgoogleでの検索結果で掲載情報を探すことできます。)
市場食堂 ぶえんかん
(リンク先は北さつま漁業協同組合のサブ・コンテンツで公式WEBサイト(リンク先URLは2010年11月現在)阿久根のグルメ・スポットの中の1つです。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せばリンク先のとおりで、YAHOO!グルメでも市場食堂ぶえんかんとして紹介されています。)
横浜食堂
(リンク先は楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ)のサブ・コンテンツ。阿久根のグルメ・スポットの中の1つです。食べログでも横浜食堂として、YAHOO!地域情報でも横浜食堂として紹介されています。)
玄米菜食ランチ CAFEハモニカン
(リンク先はSWEET EARTH | ベジタリアン・フレンドリーなお店情報サイト(ブログ)のサブ・コンテンツ。阿久根のグルメ・スポットの中の1つです。Extra Veggies, please(ブログ)でも玄米菜食ランチカフェ 「ハモニカン」 鹿児島県として紹介されています。肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト内のグルメ紹介欄でも紹介されています。)
おとせ屋
国生さゆりさん大絶賛のメロンパンが人気のパン屋さん。リンク先は食べログのサブ・コンテンツ。阿久根のグルメ・スポットの中の1つです。YAHOO!地域情報でもおとせ屋として紹介されています。)
味亭にぎわい
(リンク先は食べログのサブ・コンテンツ。阿久根のグルメ・スポットの中の1つです。YAHOO!地域情報でも味亭にぎわいとして紹介されています。)
太郎寿司
(リンク先はぐるなびのサブ・コンテンツ。阿久根のグルメ・スポットの中の1つです。食べログでも太郎寿司として紹介されています。)
肉料理うしわか
(リンク先はぐるなびのサブ・コンテンツ。阿久根のグルメ・スポットの中の1つです。YAHOO!グルメでもうしわかとして紹介されています。)
阿久根新鮮朝市の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。全国旅そうだんでも新鮮朝市として、じゃらん観光ガイドでも新鮮朝市として、阿久根市ホームページでもあくね新鮮朝市として(リンク先URLは2010年12月現在)鹿児島県総合観光サイト:ゆっくり・悠・遊 観光かごしまでも新鮮朝市として(リンク先URLは2010年12月現在)、紹介されています。毎日ではなく月1回の開催ですので、開催日には要注意!
A-Zスーパーセンターの場所
(阿久根市赤瀬川2210,Tel.:0996-72-2500。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でもA-Zスーパーセンターとして紹介されています。阿久根駅から車で約10分、もしくは、南国交通バス「水俣駅前」行き,「出水駅」行き、「佐潟口」行きバスで約7分「大林」バス停下車徒歩(時刻表は九州のバス時刻表でご参照いただけます)。)
阿久根大島
癒しの楽園 あくね大島(指定管理者による公式WEBサイト)
2011年6月現在指定管理者は、株式会社 日本水泳振興会です。楽天トラベル ・ たびノートでも阿久根大島として、阿久根市ホームページでも阿久根大島として(リンク先URLは2011年6月現在)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも阿久根大島として紹介されています。)
阿久根大島海水浴場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
阿久根大島キャンプ場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
馬毛鹿
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でもニホンジカの中で解説されています。阿久根大島に行けば出会える鹿です。)
阿久根大島への行き方
  2011年6月現在阿久根駅から、南国交通川内営業所(Tel.:0996-23-8400)の阿久根新港行きバス、または徒歩約15分で阿久根新港の阿久根大島行き渡船場(リンク先は地図)に行き、南国海運大島行き渡船で10分で行けます。大島行き渡船の時刻表は、2011年6月現在、以下の各リンク先でお調べいただけます(一部のリンク先には、2011年6月現在、阿久根新港行きバスの時刻表も載っています)。
→   ○   肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト ・ 阿久根大島海水浴場
○   阿久根市ホームページ ・ 阿久根大島
○   阿久根商工会議所ホームページ ・ 阿久根大島の定期旅客船・旅客船時刻表
○   全国 海外 船の旅情報(by (株)日刊海事通信社) ・ 阿久根←→大島航路
長島
鹿児島県の離島観光スポット・長島へは、(上述のとおり出水駅から行けるだけでなく、)阿久根駅からも南国交通の「阿久根駅発・指江経由平尾行き定期バス」で行くことができます。
時刻表→  長島町ホームページ ・ 「町の概要>交通案内」のページ
リンク先URLは2010年12月現在。)
南国交通公式WEBサイト
九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
長島,  長島の温泉
(リンク先は楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ)のサブ・コンテンツ。)
【楽天トラベル】長島温泉の温泉旅館・ホテル一覧
【楽天トラベル】癒しの宿 サンセット長島
太陽の里温泉センター 東泉望
(リンク先はレジャーランド 太陽の里のサブ・コンテンツで公式WEBサイトリンク先URLは2010年12月現在楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県でも太陽の里温泉センター東泉望として、また、長島の温泉の中で、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉でも太陽の里 温泉センター東泉望として、MAPPLE観光ガイドでも太陽の里 温泉センター東泉望として、鹿児島 温泉.netでも太陽の里温泉センター東泉望として紹介されています。)
その他の長島町の観光スポットの概要については、当ページ(当画面)内上方の長島案内で、そこに載っていないさらなる長島町の観光スポット温泉施設については、(当HP内の)長島の観光欄,  (当HP内の)長島町の温泉欄でご参照いただけます。
  2010年12月現在長島へは、「JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ」という、鹿児島県内からご出発のお得な日帰りグルメ・ツアー切符で行ってお楽しみいただくことができます。阿久根駅まで送迎があり、太陽の里 温泉センター東泉望でグルメと温泉とをお楽しみいただけます。詳しくは、以下のリンク先でご参照いただけます(リンク先URLは2010年12月現在)
「JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ」のご案内鹿児島県発)
掲載サイト 情報掲載ページ
JR九州 ・ JR九州列車の旅 駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ ・ 阿久根グルメきっぷ「長島海峡御膳」欄
JR九州鹿児島支社 長島観光公社 東泉望 「長島海峡御膳」(PDF版)
肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト お得なきっぷ > JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ > 東泉望「長島海峡御膳」


  また、2010年12月現在長島への「JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ」には、、熊本県内からご出発のプランもあります。詳しくは、以下のリンク先でご参照いただけます(リンク先URLは2010年12月現在)
「JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ」のご案内熊本県発)
掲載サイト 情報掲載ページ
JR九州 ・ JR九州列車の旅 駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ ・ 阿久根グルメきっぷ「長島海峡御膳」欄
肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト お得なきっぷ > JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ > 阿久根日帰りグルメきっぷ「東泉望」
牛ノ浜駅
(うしのはまえき)
牛ノ浜景勝地(牛ノ浜海岸)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも牛ノ浜海岸として(リンク先URLは2011年6月現在)肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト ・ 各駅案内でも牛ノ浜の中で(リンク先URLは2011年6月現在)、紹介されています。鹿児島商工会議所鹿児島観光・文化検定 公式テキストブックかごしま検定南方新社,2005)p.16によれば、「沖の岩礁に立つ鳥居と海岸に露出する岩が美しい」場所との由です。中生代三畳紀粘板岩砂岩チャート(岩石)石灰岩等が複雑に混じり合っているとの由です。江戸時代頼山陽も、牛ノ浜景勝地(牛ノ浜海岸)の美しさに感動して、詩を詠んだとの由です。)
頼山陽碑(最寄りの牛ノ浜駅)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。頼山陽碑自体の正確な場所は調べてもよく分かりませんでしたが、牛ノ浜駅の裏との由です。全国旅そうだんでも頼山陽碑として、じゃらん観光ガイドでも頼山陽碑として紹介されています。牛ノ浜景勝地(牛ノ浜海岸)の美しさに感動して、頼山陽が詩を詠んだことを記念した碑文との由です。)
大川島海水浴場
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイトでも大川島海水浴場として(リンク先URLは2011年6月現在)鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも大川島海水浴場として(リンク先URLは2011年6月現在)全国旅そうだんでも大川島海岸,  大川島海水浴場として、じゃらん観光ガイドでも大川島海岸,  大川島海水浴場として紹介されています。肥薩おれんじ鉄道 ・ 牛ノ浜駅から徒歩約15分。)
めん処ふくなが牛の浜店
阿久根市大川9852,Tel.:0996-74-2140。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。YAHOO!グルメでも福永食品めん処ふくなが牛の浜店として紹介されています。)
薩摩大川駅
(さつまおおかわえき)
道の駅 阿久根
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ 旅コミ(クチコミ)でも道の駅阿久根として紹介されています。)
阿久根市の観光案内や温泉案内は、(当HP内の)阿久根市観光案内や、(当HP内の)阿久根市の温泉欄でご参照いただけます。
西方駅
(にしかたえき)
川内高城温泉(せんだいたきおんせん)
双葉旅館(川内高城温泉)
(リンク先は温泉備忘録 + Jake's Photo Galleryのサブ・コンテンツ。熊谷温泉でも川内高城温泉「双葉屋」として紹介されています。)
ホテルマル善
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉のサブ・コンテンツ。日本温泉協会公式WEBサイト・温泉名人でも川内高城温泉 ホテル マル善として紹介されています。)
川内高城温泉 共同湯(元湯)
(リンク先は湯旅休憩所のサブ・コンテンツ。温泉めぐりモノグサ写真日記@九州でも川内高城温泉 共同湯(湯田町立共同温泉)として、温泉パラダイスでも川内高城温泉・共同湯(鹿児島県)として、腹五鹿児島のブログ 目指せ!! 薩摩川内市の地域情報bPブロガー「kagoshima, JAPAN ,blog」 ・ テーマ「西郷隆盛公が愛した高城温泉」でも目指せ 薩摩せんだい高城温泉 完全まるごと 制覇!!の中で紹介されています。)
その他の川内高城温泉の温泉宿については、(当HP内の)川内高城温泉案内欄でご参照いただけます。川内高城温泉について詳しくは、楽天トラベル(旧・旅の窓口) ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 川内高城温泉でご参照いただけます。
川内高城温泉へは、西方駅から薩摩川内市コミュニティバス(愛称「くるくるバス」)の「湯田・西方循環線(北部循環線)」で行くことができます。時刻表は、以下のリンク先でご参照いただけます(リンク先URLは2010年12月現在)
時刻表→  薩摩川内市ホームページ ・ のりもの情報 > 北部循環線 > 時刻表(裏)(PDF文書)
リンク先URLは2010年12月現在。)
南国交通公式WEBサイト
  2010年12月現在川内高城温泉へは、「JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ」という、鹿児島県内からご出発のお得な日帰りグルメ・ツアー切符で行ってお楽しみいただくことができます。西方駅まで送迎があり、ホテルマル善でグルメと温泉とをお楽しみいただけます。詳しくは、以下のリンク先でご参照いただけます(リンク先URLは2010年12月現在)
「JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ」のご案内鹿児島県発)
掲載サイト 情報掲載ページ
JR九州 ・ JR九州列車の旅 駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ ・ 川内グルメきっぷ「名湯御膳」
JR九州鹿児島支社 ホテルマル善 高城温泉「名湯御膳」(PDF版)
肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト お得なきっぷ > JR九州・駅長おすすめの日帰りグルメきっぷ > 高城温泉「名湯御膳」〜ホテル マル善〜
川内高城温泉の温泉以外の観光スポット
熊野神社
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。)
八木商店
(リンク先はYAHOO!地域情報のサブ・コンテンツ。goo ・ タウンページでも八木商店として紹介されています。)
坂元つけあげ店
(リンク先はYAHOO!地域情報のサブ・コンテンツ。Mapion ・ 電話帳でも坂元つけあげ店として紹介されています。)
人形岩の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。★よかとこBY・写真満載九州観光★でも西方海岸(人形岩)として、薩摩川内市ホームページ ・ 薩摩川内市観光ガイドでも人形岩として、鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも人形岩として(リンク先URLは2011年6月現在)、紹介されています。西方駅から徒歩約10分。)
西方海水浴場の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイトでも西方海水浴場として(リンク先URLは2011年6月現在)全国旅そうだんでも西方海水浴場として、MAPPLE観光ガイドでも西方海水浴場として、フリー百科事典『ウィキペディア』でも西方海水浴場として紹介されています。西方駅から徒歩約5分。)
薩摩高城駅
(さつまたきえき)
  
草道駅
(くさみちえき)
(当HP内の)川内戦国村訪問記
(甲冑・武具製造会社が作った、楽しい工場見学(兼)歴史テーマパークです。NHK大河ドラマで使用される甲冑を製造している会社で、歴史映画・ドラマのファンにとっては必見のスポットです。詳しくは(当HP内の)川内戦国村訪問記でご参照いただけます。)
(当HP内の)川内原子力発電所展示館訪問記
薩摩川内市(さつませんだいし)には九州電力による原子力発電所があり、原子力発電所に関する展示が行われている科学・技術系博物館です。訪問時2009年現在の情報ですが、無料で入れます。詳しくは(当HP内の)川内原子力発電所展示館訪問記でご参照いただけます。)
唐浜キャンプ海水浴場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイトでも唐浜キャンプ海水浴場として紹介されています(リンク先URLは2011年6月現在)草道駅から「バス5分+「網津」バス停下車、徒歩30分」、もしくは「車(タクシー等)で約10分」。)
温泉ペンション・湯島温泉「ペンションアイコウ(ペンションアイコー)」
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。YAHOO!地域情報でもペンションアイコウとして、goo ・ タウンページでもペンションアイコウとして、この地域の温泉サイト鹿児島温泉家頁 六三四城でも、紹介されています。)
草道駅下車後、上記の各スポットまでは数百m〜数km程の距離があります。タクシーで行く場合、タクシー会社の電話番号はgoo ・ タウンページiタウンページでお調べいただけます。
時刻表→     goo タウンページ:「タクシー」が含まれる鹿児島県薩摩川内市水引町のタウンページ情報検索結果
   iタウンページ:「鹿児島県薩摩川内市水引町」の業種「タクシー」のタウンページ情報検索結果
上川内駅
(かみせんだいえき)
(当HP内の)新田神社(薩摩国一宮)訪問記
薩摩国には一宮が2社あり、新田神社指宿市枚聞神社と並ぶ、薩摩国一宮です。詳しくは、(当HP内の)新田神社(薩摩国一宮)訪問記でご参照いただけます。)
(当HP内の)可愛山陵訪問記
新田神社敷地内にある、天孫降臨伝説・日向神話の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の陵墓で、神代三山上陵の1つです。詳しくは、(当HP内の)可愛山陵訪問記でご参照いただけます。)
(当HP内の)泰平寺訪問記
鹿児島県の観光の特徴の一つは歴史が売りであることですが、廃仏毀釈のやり過ぎで、かつて藩主の菩提寺さえ含めて県内の寺院が一寺も残さずに全滅したことがあるため、「お寺巡りの観光スポットが少ない」という、歴史が売りの県では珍しい状況にあります。泰平寺は、廃仏毀釈で一旦は廃寺になった後で復活した、鹿児島県では珍しい、歴史のある貴重な寺です。詳しくは、(当HP内の)泰平寺訪問記でご参照いただけます。)
(当HP内の)川内歴史資料館訪問記
薩摩川内市(さつませんだいし)は、かつて薩摩国の国府が置かれていた街です。この古代薩摩国以来の薩摩川内市の長い歴史遺物や史料が展示されている博物館です。詳しくは、(当HP内の)川内歴史資料館訪問記でご参照いただけます。川内まごころ文学館が「併設」状況で隣接しており、併せてお楽しみいただくことができます。)
(当HP内の)川内まごころ文学館訪問記
有島武郎,  有島生馬,  里見クの有島三兄弟,  武満徹(たけみつ とおる),   山口長男(やまぐちたけお)等の、薩摩川内市にルーツがあったり、薩摩川内市生まれだったりする芸術家や、与謝野鉄幹(与謝野寛) ・ 与謝野晶子夫妻等の薩摩川内市にご縁がある芸術家についての博物館です。詳しくは、(当HP内の)川内まごころ文学館訪問記でご参照いただけます。川内歴史資料館が「併設」状況で隣接しており、併せてお楽しみいただくことができます。)
(当HP内の)薩摩国分寺跡史跡公園訪問記
薩摩川内市(さつませんだいし)は、かつて薩摩国の国府が置かれていた街です。この古代薩摩国国分寺跡が、綺麗な遺跡公園として整備された所です。詳しくは、(当HP内の)薩摩国分寺跡史跡公園訪問記でご参照いただけます。)
コケキャン大小路(薩摩川内市大小路商店街)
コケキャン大小路(おおしょうじ;大小路振興会:薩摩川内市大小路商店街)
ガラッパーク川内公式WEBサイト(ガラッパボウル,カラオケルーム,ゴルフ練習場)
アット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図で場所を示せば、リンク先のとおり上川内駅の駅前です。)
川内駅
(せんだいえき)
九州新幹線,  JR九州 ・ 鹿児島本線との乗換駅。
川内市街地温泉(せんだいしがいちおんせん)
(当HP内の)川内ホテル・川内温泉センター入湯記
(当HP内の)温泉平佐城(平佐城温泉)入湯記
【楽天トラベル】ホテルオートリ(旧・ホテルおおとり荘) ・ 空室検索
(リンク先は楽天トラベルのサブ・コンテンツ。)
【楽天トラベル】スーパーホテル薩摩川内 ・ 空室検索
(リンク先は楽天トラベルのサブ・コンテンツ。【楽天トラベル】スーパーホテル薩摩川内は、川内市街地温泉エリアにありますが、温泉は川内市街地温泉のものではなく、市比野温泉のお湯を運んで来た薩摩の湯です。)
その他の川内市街地温泉の温泉宿については、(当HP内の)川内市街地温泉案内欄でご参照いただけます。
川内市街地温泉は、文字どおり薩摩川内市(さつませんだいし)の市街地にありますので、川内駅から徒歩,もしくは車(タクシー等)ですぐです。
川内駅から、薩摩川内市コミュニティバス(愛称「くるくるバス」)またはレンタサイクルで行ける観光スポット
(当HP内の)新田神社(薩摩国一宮)訪問記(再掲)
薩摩国には一宮が2社あり、新田神社指宿市枚聞神社と並ぶ、薩摩国一宮です。詳しくは、(当HP内の)新田神社(薩摩国一宮)訪問記でご参照いただけます。)
(当HP内の)可愛山陵訪問記(再掲)
新田神社敷地内にある、天孫降臨伝説・日向神話の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の陵墓で、神代三山上陵の1つです。詳しくは、(当HP内の)可愛山陵訪問記でご参照いただけます。)
(当HP内の)泰平寺訪問記(再掲)
鹿児島県の観光の特徴の一つは歴史が売りであることですが、廃仏毀釈のやり過ぎで、かつて藩主の菩提寺さえ含めて県内の寺院が一寺も残さずに全滅したことがあるため、「お寺巡りの観光スポットが少ない」という、歴史が売りの県では珍しい状況にあります。泰平寺は、廃仏毀釈で一旦は廃寺になった後で復活した、鹿児島県では珍しい、歴史のある貴重な寺です。詳しくは、(当HP内の)泰平寺訪問記でご参照いただけます。)
(当HP内の)川内歴史資料館訪問記(再掲)
薩摩川内市(さつませんだいし)は、かつて薩摩国の国府が置かれていた街です。この古代薩摩国以来の薩摩川内市の長い歴史遺物や史料が展示されている博物館です。詳しくは、(当HP内の)川内歴史資料館訪問記でご参照いただけます。川内まごころ文学館が「併設」状況で隣接しており、併せてお楽しみいただくことができます。)
(当HP内の)川内まごころ文学館訪問記(再掲)
有島武郎,  有島生馬,  里見クの有島三兄弟,  武満徹(たけみつ とおる),   山口長男(やまぐちたけお)等の、薩摩川内市にルーツがあったり、薩摩川内市生まれだったりする芸術家や、与謝野鉄幹(与謝野寛) ・ 与謝野晶子夫妻等の薩摩川内市にご縁がある芸術家についての博物館です。詳しくは、(当HP内の)川内まごころ文学館訪問記でご参照いただけます。川内歴史資料館が「併設」状況で隣接しており、併せてお楽しみいただくことができます。)
(当HP内の)薩摩国分寺跡史跡公園訪問記(再掲)
薩摩川内市(さつませんだいし)は、かつて薩摩国の国府が置かれていた街です。この古代薩摩国国分寺跡が、綺麗な遺跡公園として整備された所です。詳しくは、(当HP内の)薩摩国分寺跡史跡公園訪問記でご参照いただけます。)
コケキャン大小路(薩摩川内市大小路商店街)(再掲)
コケキャン大小路(おおしょうじ;大小路振興会:薩摩川内市大小路商店街)
  川内駅からは、薩摩川内市コミュニティバスの一つ、くるくるバスに乗って行くことができます。くるくるバスには、いわさきバスネットワークが運行する東回り便も南国交通が運行する西回り便もあり、1時間に1本の運行頻度で川内市街地を8の字型に循環しています。2009年3月現在、運賃は100円均一(子供,身体障害者手帳などをお持ちの方は50円)で、パンフレットによれば「どこから乗っても100円、どこまで乗っても100円」との由です。パンフレットの時刻表は、私が訪問した2009年3月現在時点では、川内駅2階のきやんせふるさと館で入手することができました。
時刻表→     薩摩川内市ホームページ ・ くるくるバス
リンク先URLは2010年12月現在。)
九州のバス時刻表


  また、川内駅からは、レンタサイクルで行くことも可能です。レンタサイクルについては、以下のサイトでご参照可能です。リンク先URLは、いずれも2010年12月現在のものです。
薩摩川内市HP掲載情報 無料レンタル「ルンルン自転車」
肥薩おれんじ鉄道HP掲載情報 レンタサイクル(貸自転車)
サイクル・トレイン(貸自転車中、折りたたみ式のものの列車内持ち込みサービス)

川内駅から、バスまたはタクシーで行ける観光スポット
     以下の各スポットへのバスでの行き方については、リンク先の各スポット紹介ページ(紹介画面)の交通案内欄でご参照いただけます。

(当HP内の)川内戦国村訪問記(再掲)
(甲冑・武具製造会社が作った、楽しい工場見学(兼)歴史テーマパークです。NHK大河ドラマで使用される甲冑を製造している会社で、歴史映画・ドラマのファンにとっては必見のスポットです。詳しくは(当HP内の)川内戦国村訪問記でご参照いただけます。)
(当HP内の)川内原子力発電所展示館訪問記(再掲)
薩摩川内市(さつませんだいし)には九州電力による原子力発電所があり、原子力発電所に関する展示が行われている科学・技術系博物館です。訪問時2009年現在の情報ですが、無料で入れます。詳しくは(当HP内の)川内原子力発電所展示館訪問記でご参照いただけます。)
(当HP内の)きやんせふるさと館訪問記
(当HP内の)川内川花火大会訪問記
せんだい宇宙館
(鹿児島県薩摩川内市旧川内市地区。楽天トラベル ・ たびノートでもせんだい宇宙館として紹介されています。川内原子力発電所展示館と並ぶ、薩摩川内市の科学・技術系博物館です。)
鹿児島純心女子大学附属博物館(旧・こども文化研究センター日本郷土玩具館)
(鹿児島県薩摩川内市旧川内市地区。鹿児島純心女子大学が開設しています。リンク先URLは2010年8月現在。)
山形屋百貨店 ・ 川内山形屋
     山形屋百貨店は、楽天市場にも出店しています。

【楽天市場】山形屋オンラインショップ
【楽天市場】What Online Shop(山形屋運営のおしゃれな文房具ショップ)
ミゼッタ
(リンク先はYAHOO!グルメのサブ・コンテンツ。食べログでもミゼッタとして、KTS鹿児島テレビ ・ げっきん!かごしまブログ欄でも7/7(水)マル得!夏に効く♪爽快露天ドライブとして、見見楽楽 〜九州ぶらり放浪記〜(ブログ)でも石蔵イタリアンカフェ mizetta(ミゼッタ) …薩摩川内市として紹介されています。)
南天ラーメン
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図。ぐるなびでも南天ラーメンとして紹介されています。)
鹿児島県産地鶏・から揚げ・焼豚の福元かしわ店公式ホームページ
じゃらん観光ガイドでも福元かしわ店として紹介されています。)
薩摩蒸気屋公式WEBサイト薩摩川内店,川内店
関西お好み焼小鉄
(リンク先はYAHOO!グルメのサブ・コンテンツ。食べログでもお好み焼小鉄として紹介されています。)
味覚開拓史 モンシェリー松下川内店
(リンク先はYAHOO!グルメのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ いつもNAVIの地図で場所を示せばリンク先のとおりです。ちょっと街歩き(ブログ)でもモン・シェリーとして紹介されています。)
炭火焼 やまや
(リンク先はYAHOO!グルメのサブ・コンテンツ。ぐるなびでもやまやとして紹介されています。)
焼き肉 肉料理かんだ
(リンク先は食べログのサブ・コンテンツ。薩摩川内★車屋ナナコのグルメブログ☆(ブログ)でも焼肉かんだのランチとして、S席かごしま子連れでデートのアイデア(ブログ)でも肉のかんだとして紹介されています。)
うなぎのやまげん(山元産業)川内店
珈琲倶楽部船倉
大山精肉店
(リンク先はYAHOO!地域情報のサブ・コンテンツ。さつま川内DONでも大山精肉店として紹介されています。)
その他の薩摩川内市の温泉・温泉地
     川内高城温泉,  川内市街地温泉以外の薩摩川内市の温泉については、当HP内の以下の欄でご参照いただけます。

(当HP内の)市比野温泉(いちひのおんせん)
楽天トラベルでも【楽天トラベル】市比野温泉の温泉旅館・ホテル一覧でご参照いただけます。)
(当HP内の)藺牟田温泉郷(いむたおんせんきょう)
楽天トラベルでも【楽天トラベル】藺牟田温泉の温泉旅館・ホテル一覧でご参照いただけます。当ホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」内の藺牟田温泉郷の温泉施設の入湯記には、(当HP内の)いこいの村いむた池入湯記があります。
(当HP内の)入来温泉(いりきおんせん)
(当HP内の)諏訪温泉(すわおんせん)
(別名:卒場石温泉(そべし温泉)楽天トラベルでも【楽天トラベル】諏訪温泉郷の温泉旅館・ホテル一覧でご参照いただけます。)
(当HP内の)東郷温泉(とうごうおんせん)
楽天トラベルでも【楽天トラベル】東郷温泉の温泉旅館・ホテル一覧でご参照いただけます。)
(当HP内の)甑島の温泉(こしきじまのおんせん)
その他:(当HP内の)薩摩川内市の温泉欄
  川内高城温泉,  川内市街地温泉以外の、上述のような薩摩川内市の温泉中、甑島の温泉以外の温泉地へは、川内駅鹿児島中央駅等からバスで行けます。この地域のバスには、薩摩川内市コミュニティバス(「くるくるバス」,「市内横断シャトルバス」等),  いわさきバスネットワーク,  JR九州バス ・ 北薩線,  南国交通等の会社や事業者のバスがあります。時刻表は、以下のリンク先でご参照いただけます(リンク先URLは2010年12月現在)
時刻表→  九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
   薩摩川内市ホームページ ・ のりもの情報
リンク先URLは2010年12月現在。)
   南国交通公式WEBサイト
   JR九州バス公式WEBサイト


  甑島の温泉がある甑島(こしきじま)へは、串木野港・串木野新港から甑島商船フェリー及び高速船甑島に渡っていただいた上で、甑島島内では薩摩川内市営バスで移動することができます。川内駅から串木野港・串木野新港までは、2010年12月現在川内駅から南国交通のバスやタクシーで直接串木野港に行くか、或いは川内駅JR九州 ・ 鹿児島本線に乗り換えて串木野駅に行き、串木野駅からいわさきバスネットワークのバスやタクシー串木野港・串木野新港に行くことができます。これらの交通機関の時刻表は、以下のリンク先でご参照いただけます(リンク先URLは2010年12月現在)
時刻表→  九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
   JR九州公式ホームページ
   甑島商船(株)公式WEBサイト
   甑島観光協会公式WEBサイト(甑島商船の船や、薩摩川内市営バスに関して)
その他の薩摩川内市の観光スポット
     薩摩川内市の観光スポット中、市町村合併前の旧・川内市の観光スポット以外の観光スポット(甑島(こしきじま)以外)は、以下のとおりです。

旧・東郷町(とうごうちょう)エリア
藤川天神
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
その他の旧・東郷町の観光スポットは、(当HP内の)旧・東郷町観光案内欄でご参照いただけます。
旧・入来町(いりきちょう)エリア
入来麓武家屋敷群
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらんnetでも入来麓武家屋敷群として、薩摩川内市 ・ 薩摩川内市観光ガイドでも入来麓武家屋敷群として紹介されています(リンク先URLは2010年8月現在)江戸時代薩摩藩における地方軍事(兼)行政ネットワーク制度である外城制(郷制)における、「麓(ふもと)」と呼ばれる武家屋敷群の中の一つです。)
大宮神社
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
【楽天GORA】入来城山ゴルフ倶楽部
その他の旧・入来町の観光スポットは、(当HP内の)旧・入来町観光案内欄でご参照いただけます。
旧・樋脇町(ひわきちょう)エリア
倉野磨崖仏
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
田苑酒造(焼酎資料館)
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。鹿児島の芋焼酎については、【楽天市場】山形屋オンラインショップ,  【楽天市場】インターネット通販 しまづ屋((株)島津興業)等でお買い求めいただくことができます。)
道の駅 樋脇遊湯館(ゆうゆうかん)
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
その他の旧・樋脇町の観光スポットは、(当HP内の)旧・樋脇町観光案内欄でご参照いただけます。
旧・祁答院町(けどういんちょう)エリア
藺牟田池((当HP内の)いこいの村いむた池入湯記)
藺牟田池(いむたいけ)県立自然公園の桜
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
生態系保存資料館アクアタイム(藺牟田池;いむたいけ)
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
町営そうめん流し「竜仙館」
(リンク先は楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ)のサブ・コンテンツ。全国旅そうだんでもそうめん流し「竜仙館」として、じゃらんnetでもそうめん流し「竜仙館」として紹介されています。)
その他の旧・祁答院町の観光スポットは、(当HP内の)旧・祁答院町観光案内欄でご参照いただけます。
  上述のような薩摩川内市の観光スポット中、市町村合併前の旧・川内市の観光スポット以外の観光スポット(甑島(こしきじま)以外)へは、川内駅鹿児島中央駅等からバスで行けます。この地域のバスには、薩摩川内市コミュニティバス(「くるくるバス」,「市内横断シャトルバス」等),  いわさきバスネットワーク,  JR九州バス ・ 北薩線,  南国交通等の会社や事業者のバスがあります。時刻表は、以下のリンク先でご参照いただけます(リンク先URLは2010年12月現在)
時刻表→  九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
   薩摩川内市ホームページ ・ のりもの情報
リンク先URLは2010年12月現在。)
   南国交通公式WEBサイト
   JR九州バス公式WEBサイト
甑島(こしきじま)
     薩摩川内市の観光スポット中、甑島の観光スポットは、以下のとおりです。

長目の浜
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
里武家屋敷跡
(リンク先は全国旅そうだんのサブ・コンテンツ。じゃらんnetでも里武家屋敷跡として紹介されています。江戸時代薩摩藩における地方軍事(兼)行政ネットワーク制度である外城制(郷制)における、「麓(ふもと)」と呼ばれる武家屋敷群の中の一つです。)
亀城跡
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
ナポレオン岩
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
上甑町平良
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。)
鳥ノ巣山展望台,  鳥ノ巣山展望台のカノコユリ
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノートのサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty旅行でも鳥ノ巣山展望台のカノコユリとして紹介されています。)
甑島水中展望船「きんしゅう」
(リンク先は甑島観光協会 ・ 甑島プレイガイド・海と遊ぼう!!のサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年8月現在)楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ)でも水中展望船きんしゅうとして紹介されています。)
甑島観光遊覧船「かのこ」
(リンク先は甑島観光協会 ・ 甑島プレイガイド・海と遊ぼう!!のサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年8月現在)鹿児島県総合観光サイト:ゆっくり・悠・遊 観光かごしまでも観光遊覧船「かのこ」として(リンク先URLは2010年8月現在)全国旅そうだんでも観光船「かのこ」として紹介されています。)
甑島観光遊覧船「おとひめ」
(リンク先は甑島観光協会 ・ 甑島プレイガイド・海と遊ぼう!!のサブ・コンテンツ(リンク先URLは2010年8月現在)鹿児島県総合観光サイト:ゆっくり・悠・遊 観光かごしまでもとして(リンク先URLは2010年8月現在)じゃらんnetでも観光遊覧船おとひめとして紹介されています。)
竜宮の郷(りゅうぐうのさと;ホテル)
(リンク先は甑島観光協会ホームページのサブ・コンテンツで、恐らくは公式WEBサイトです(リンク先URLは2010年8月現在)竜宮の郷の大浴場は、こしき海洋深層水(株)こしき海洋深層水を用いています。MAPPLE観光ガイドでも竜宮の郷として紹介されています。)
その他の甑島の観光スポットは、(当HP内の)甑島観光案内欄でご参照いただけます。
  薩摩川内市の中でも甑島(こしきじま)へは、串木野港・串木野新港から甑島商船フェリー及び高速船甑島に渡っていただいた上で、甑島島内では薩摩川内市営バスで移動することができます。川内駅から串木野港・串木野新港までは、2010年12月現在川内駅から南国交通のバスやタクシーで直接串木野港に行くか、或いは川内駅JR九州 ・ 鹿児島本線に乗り換えて串木野駅に行き、串木野駅からいわさきバスネットワークのバスやタクシー串木野港・串木野新港に行くことができます。これらの交通機関の時刻表は、以下のリンク先でご参照いただけます(リンク先URLは2010年12月現在)
時刻表→  九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
   JR九州公式ホームページ
   甑島商船(株)公式WEBサイト
   甑島観光協会公式WEBサイト(甑島商船の船や、薩摩川内市営バスに関して)
  
隈之城駅
(くまのじょうえき)
JR九州 ・ 鹿児島本線の駅。
隈之城駅から先(南)はJR九州 ・ 鹿児島本線の駅であり、肥薩おれんじ鉄道の駅ではありませんが、隈之城駅最寄りにれいめい中学校・高等学校があるため、肥薩おれんじ鉄道の列車が1日4往復だけ通学生のために隈之城駅に乗り入れています。)
湯の里 隈之城温泉
(リンク先は温泉ニュースBlogのサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでも隈之城温泉として紹介されています。)
木場茶屋駅
(こばんちゃやえき)
JR九州 ・ 鹿児島本線の駅
肥薩おれんじ鉄道の列車は停まりません。)
薩摩川内市(さつませんだいし)の観光案内や温泉案内は、(当HP内の)薩摩川内市観光案内や、(当HP内の)でご参照いただけます。
串木野駅
(くしきのえき)
JR九州 ・ 鹿児島本線の駅
肥薩おれんじ鉄道の駅ではありませんが、2010年12月現在肥薩おれんじ鉄道直通列車「快速「オーシャンライナーさつま」号停車駅です。)
薩摩川内市 ・ 甑島に行くべく、列車から船に乗り換える際の下車駅です。甑島への行き方については、当ページ(当画面)内の甑島観光案内欄でご参照いただけます。)
交通案内 →  当ページ(当画面)内の甑島観光案内欄

当HP内の薩摩金山蔵訪問記(鉱山遺産と焼酎工場見学)
いちき串木野市の観光案内や、市来温泉,  くしき野白浜温泉等のいちき串木野市の温泉の案内は、(当HP内の)いちき串木野市観光案内や、(当HP内の)いちき串木野市の温泉欄でご参照いただけます。
当HP以外の沿線観光案内掲載サイト <全般的に>
肥薩おれんじ鉄道公式WEBサイト
肥薩おれんじ鉄道スタッフブログ
NPO法人ネット八代 よかとこ よかもん うまかもん情報 ・ 肥薩おれんじ鉄道沿線 よかとこ よかもん うまかもん情報ナビ
<鹿児島県>
【楽天トラベル・たびノート】指宿・出水
【楽天トラベル・旅コミ(クチコミ)】北薩(出水・川内)
鹿児島県総合観光サイト:ゆっくり・悠・遊 観光かごしま

おじゃったもんせ 旬の鹿児島へ:(社)鹿児島県観光連盟
鉄道で行くかごしまの旅

川内川アクアフロント(川内川アクアフロント推進協議会)
薩摩川内市観光協会
薩摩川内市観光協会ブログ
新幹線さくら等の記事が載っています。)
薩摩川内親善大使・元気娘blog♪
鹿児島黒牛・黒豚焼肉フェスタ等の日記が載っています。)
甑島観光協会
甑島観光案内所(ブログ;薩摩川内市観光協会甑島案内所)
ふるさと薩摩川内
腹五鹿児島のブログ 目指せ!! 薩摩川内市の地域情報bPブロガー「kagoshima, JAPAN ,blog」
テーマ「西郷隆盛公が愛した高城温泉」 > 目指せ 薩摩せんだい高城温泉 完全まるごと 制覇!!等の記事が載っています。)
薩摩川内よか景観ブログ
駅と海岸の景観等の記事が載っています。)
阿久根市観光協会
出水市観光協会
ふるさと出水
ふるさと 出水
山門ぶどう園(やまかどぶどうえん)
山門洋ぶどう園自体が観光スポットであることに加えて、出水市の観光案内が充実していて、出水市観光案内ページとしても秀れたホームページです。)
<熊本県>
【楽天トラベル・たびノート】宇土・八代の観光スポット
【楽天トラベル・旅コミ(クチコミ)】宇土・八代・水俣・人吉
熊本県観光サイト なごみ紀行 くまもと
八代よかとこ宣伝隊
日奈久温泉旅館組合
わがふるさと芦北
芦北ん商店&人を応援するブログ
芦北町観光協会ホームページ
水俣、芦北、津奈木の地域観光ポータルサイト「みなまた日和」
さるく水俣・芦北 水俣・芦北の情報満載 みなまた観光物産協会


感想  :    (当HP管理人)は、かつて2004年10月〜2007年7月まで鹿児島市民でしたが、鹿児島県に住んでいた期間は、肥薩おれんじ鉄道にいつでも乗れると思っている内に転勤になって名古屋市に出てしまい、乗りそびれたままになってしまっていました。経営学徒でもあるは、2010年11月に日本情報経営学会の全国大会が熊本学園大学であったために熊本県に行く機会があり、第2の故郷である鹿児島県の隣県に行く機会に恵まれたことから、学会終了後についでに鹿児島県に足を伸ばして遊んで来ることにしました。

  熊本県から鹿児島県に入るので、ついでに九州新幹線を途中下車して、今まで乗りそびれたままになっていた肥薩おれんじ鉄道に乗る念願を果たせると思いました。併せて、同様に今まで行きたいと思ったまま行きそびれていた感応寺を訪れることも目標として、肥薩おれんじ鉄道出水駅野田郷駅に乗ることにしました。実は、おバカな出水市出水駅観光特産品館「飛来里」松栄軒の弁当を探している内に肥薩おれんじ鉄道の列車に乗り遅れてしまい(涙)、次の列車まで1時間あったので感応寺にはタクシーで行くハメに陥ったのですが、帰りは無事に野田郷駅から出水駅まで肥薩おれんじ鉄道の列車に乗ることができ、念願の乗車に成功しました。ちなみに、残念ながら松栄軒は売り切れで、は食べられませんでした(涙)。

  肥薩おれんじ鉄道の列車はとてもかわいらしく、わずか数駅間でしたが、とても楽しい列車でした。いつかまた行く機会があったら、今度はもっと長い区間乗りたいと思います。


当HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」を紹介する本  : 
本の表紙
   共著:高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント 』((株)ケー・ユー・ティー発行,丸善発売,2006年12月10日),\1,575−.





肥薩おれんじ鉄道の車両です。




肥薩おれんじ鉄道の車両・その2。




肥薩おれんじ鉄道の車両・その3。




肥薩おれんじ鉄道の車両・その4。




肥薩おれんじ鉄道野田郷駅の駅舎です。




鹿児島県へは、九州新幹線で行けます。九州新幹線では、大阪新大阪駅)から鹿児島市鹿児島中央駅)間まで最短3時間45分で直通で結ばれます。九州新幹線全線開業で、一気にかごしますぐそこに、鹿児島県。

時刻表は  →  JR九州公式ホームページ

沿線観光案内  →  (当HP内の)九州新幹線乗車記





九州新幹線の終点・鹿児島中央駅特急きりしま等の日豊本線の列車に乗り換えれば、姶良市,  妙見温泉など新川渓谷温泉郷,  霧島温泉,  宮崎県 ・ 都城市,  宮崎市等に行けます。逆に、鹿児島県宮崎県から行く場合には、特急きりしまで行けます(2011年3月現在)

時刻表は    JR九州ホームページ

列車案内は    (当HP内の)特急きりしま乗車記


↑〜2011/3/11
2011/3/12〜↓(注)

(注) ただし写真は特急きりしまのものではなく、「リレーつばめ」時代のもの




九州新幹線の終点・鹿児島中央駅観光特急「はやとの風」(写真上)に乗り換えれば、嘉例川駅,  妙見温泉など新川渓谷温泉郷,  霧島温泉,  吉松温泉郷等に行くことができ、さらに観光列車「いさぶろう・しんぺい」号(写真下)と併せて乗れば、楽しい肥薩線の旅を楽しめます。逆に、鹿児島県熊本県 ・ 人吉温泉方面から行く場合には、観光列車「いさぶろう・しんぺい」号観光特急「はやとの風」で行くことができます(2011年3月現在)

時刻表は    JR九州ホームページ

列車案内は    (当HP内の)観光特急「はやとの風」乗車記

   (当HP内の)観光列車「いさぶろう・しんぺい」号乗車記


↑ 観光特急「はやとの風」

観光列車「いさぶろう・しんぺい」号 ↓




九州新幹線の終点・鹿児島中央駅特急「指宿のたまて箱」等の指宿枕崎線の列車に乗り換えれば、喜入駅経由知覧観光,  指宿駅経由で指宿温泉,  南薩観光等を楽しめます。写真は、特急「指宿のたまて箱」の前任で2011年3月11日廃止の優等列車・特別快速「なのはなDX」です。

時刻表は    JR九州ホームページ

列車案内は    (当HP内の)特急「指宿のたまて箱」紹介&特別快速「なのはなDX」乗車記





肥薩おれんじ鉄道沿線の駅から鹿児島県の観光スポットに、いわさきバスネットワーク(旧・林田バス)等の会社のバスで行く場合、時刻表は九州のバス時刻表ホームページ,  交通ナビかごしまでご確認いただけます。
九州のバス時刻表

交通ナビかごしま







鹿児島県の宿泊予約
鹿児島県の温泉宿宿泊予約
熊本県の宿泊予約 熊本県の温泉宿宿泊予約
鹿児島県:航空券+ホテル・宿の宿泊予約 鹿児島県:航空券+ホテル・宿の宿泊予約
熊本県:航空券+ホテル・宿の宿泊予約 熊本県:航空券+ホテル・宿の宿泊予約


北薩・中薩の温泉・温浴施設の入湯記と、北薩・中薩の観光の訪問記
吹上温泉郷(日置市) みどり荘
いちき串木野市 薩摩金山蔵「杜氏乃湯」
(鉱泉水利用温浴施設,焼酎蔵[焼酎工場]見学,金山跡坑道見学,薩摩料理&焼酎お食事処)
川内市街地温泉 川内ホテル・川内温泉センター
(ホテルの温泉ですが、温泉銭湯として安く入湯できます)
温泉平佐城(平佐城温泉)
藺牟田温泉(薩摩川内市) いこいの村いむた池
紫尾温泉(さつま町) 紫尾区営温泉「神の湯」
日置市の観光 さつま湖公園
薩摩川内市街地の観光 川内川花火大会
新田神社(薩摩国一宮)
可愛山陵
(天孫降臨伝説・日向神話の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)
泰平寺
薩摩国分寺跡史跡公園
川内歴史資料館
川内まごころ文学館
川内戦国村
(鹿児島県の歴史を紹介するテーマパーク(兼)博物館。村内に展示館「西郷記念展」があります。)
川内原子力発電所展示館
きやんせふるさと館
鉄道 肥薩おれんじ鉄道
出水市の観光 出水市ツル観察センター
出水麓武家屋敷群
出水市出水駅観光特産品館「飛来里」
日本一のお地蔵様(出水市・八坂神社)





鹿児島県内の楽しい鉄道旅行の列車・観光スポット
(ただし、状況は2010年3月現在)
会社,分類 路線 列車,コメント(注)
(注) ただし、以下の内容は2010年3月現在のものです。将来は様々な事情が変わっている可能性がある旨、後年お読み下さる方は、お含み置き下さい。
全般的に 鉄道で行くかごしまの旅(リンク先URLは2010年3月現在)
JR九州 九州新幹線 九州新幹線
日豊本線 特急「きりしま」
鹿児島中央駅宮崎駅間を結んでおり、今日では県が分かれてしまっていますが、宮崎県内の旧薩摩藩領地域である都城に行く特急でもあります。途中、鹿児島駅重富駅間の桜島の眺めは最高!。また、霧島温泉エリアへの主要アクセス特急で、霧島温泉エリアへは、霧島神宮駅から「いわさきバスネットワーク(旧・林田バス)」のバスに乗り換えれば行けます。
→   霧島温泉エリアへの乗換バスも含めて詳しくは特急「きりしま」乗車記へ)
観光特急「はやとの風」
観光列車「いさぶろう・しんぺい」号とセットになっている列車で、併せて乗ると、肥薩線人吉以南の通称「山線」を堪能できる観光列車です。鹿児島中央駅湧水町 ・ 吉松駅間を2010年3月現在、1日2往復で結んでいます。特急「きりしま」同様に、途中、鹿児島駅重富駅間の桜島の眺めは最高!。ガイド付きで、途中、大隅横川駅や人気の嘉例川駅等のレトロな登録有形文化財を停車した上で楽しめる、楽しい観光列車です。霧島温泉駅霧島神宮駅と並ぶ霧島温泉エリアへのアクセス駅で、いわさきバスネットワークのバスに乗り換えることで行くことができます。
→   霧島温泉エリアへの乗換バスも含めて詳しくは観光特急「はやとの風」乗車記へ)
肥薩線
観光列車「いさぶろう・しんぺい」号
観光特急「はやとの風」とセットになっている列車で、併せて乗ると、肥薩線人吉以南の通称「山線」を堪能できる観光列車です。湧水町 ・ 吉松駅人吉駅間を2010年3月現在、1日2往復で結んでいます。途中で、霧島連山,  えびの高原の絶景に臨む日本三大車窓と言われる眺望を楽しむことができます。観光特急「はやとの風」同様にガイド付きで、レトロな各駅に停まって駅設備を堪能したり、スイッチバックループ線の魅力を堪能できます。ぐるっと一周肥薩きっぷを利用すれば(2010年3月現在)観光特急「はやとの風」,  九州横断特急 ・ 人吉駅新八代駅間(肥薩線の通称「川線」),九州新幹線 ・ 新八代駅鹿児島中央駅間を併せて文字通り「ぐるっと」一周する、1日鉄道旅行を楽しむことができます。
→   詳しくは観光列車「いさぶろう・しんぺい」号乗車記へ)
指宿枕崎線 特別快速「なのはなDX」(〜2011/3/11) or 特急列車「指宿のたまて箱」(2011/3/12〜)
鹿児島中央駅指宿駅間を結んでいます(2010年3月現在)指宿駅指宿温泉の玄関駅です。指宿温泉,  天璋院篤姫ゆかりの観光地 ・ 指宿観光,  知覧観光,  南薩観光の鉄道経路となる観光用優等列車です。途中の車窓からは、桜島大隅半島が綺麗に見えます。
→   詳しくは特急「指宿のたまて箱」案内&特別快速「なのはなDX」号乗車記へ)
JR日本最南端の駅「西大山駅」
鹿児島本線 鹿児島中央駅川内駅(せんだいえき)間を結んでいます。平成16(2004)年の九州新幹線の開通により、並行在来線として鹿児島本線鹿児島県内では川内駅以北が肥薩おれんじ鉄道になりましたが、川内駅以南が鹿児島本線として残っています。沿線の主な観光スポットには、沈壽官窯,  美山陶遊館がある薩摩焼苗代川窯の地「美山」,湯之元温泉等がある日置市,  薩摩金山蔵等があるいちき串木野市等があります。
吉都線 えびの高原線の一部として、吉松駅都城駅間を結んでいます。途中の沿線は、宮崎県内の旧薩摩藩領地域である都城・えびの・小林エリアで、主な観光スポットには、例えば生駒高原 コスモス園京町温泉,  都城歴史資料館等があります。旧薩摩藩内においては、都城都城島津氏(北郷氏)によって治められていました。
日南線 宮崎市 ・ 南宮崎駅鹿児島県 ・ 志布志市 ・ 志布志駅間を結びます。志布志市には、大慈寺等の志布志市の観光スポットや、志布志市の温泉やタラソセラピー施設があります。残念ながら志布志市までは到達していませんが、平成21(2009)年10月から、宮崎駅南郷駅間を観光特急「海幸山幸」が走っています。)
鹿児島市交通局 1系統 鹿児島市電
カゴシマシティビュー1日乗車券」市電・市バス共通1日乗車券」 等を用いれば、市電で鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)巡りや、市電で鹿児島市内観光地巡りをすることができます。2000年代に、1000形電車「ユートラム」,  7000形電車「ユートラムII」の2形式の、近代的でカッコ良くで人にも環境にも優しい超低床電車が導入されました。
(1) 市電で訪問可能な温泉や観光スポットも含めて、詳しくは鹿児島市電乗車記
(2) 市電の写真は、当HP管理人運営の別サイト・鉄道艦船航空陸自マニア ・ 鹿児島市電にも載せています。)
2系統
肥薩おれんじ鉄道 肥薩おれんじ鉄道 肥薩おれんじ鉄道
九州新幹線の開通により、並行在来線として鹿児島本線鹿児島県内では川内駅以北が民営化独立してできた第三セクター鉄道です。沿線には、例えば川内高城温泉,  阿久根温泉,  出水市の旧高尾野町,旧野田町の温泉,そして、ブルートレインなは」に使われていたオハネフ25形客車を利用したライダーハウス「あくねツーリング STAYtion」,   島津氏最初の5代の菩提寺「感応寺」,  木牟礼城跡,  野田郷武家屋敷通り等の、「薩摩川内市,  阿久根市,  出水市」エリアの温泉・観光スポットがあります。平成20(2008)年3月のダイヤ改正で、土曜・休日に肥薩おれんじ鉄道 ・ 出水駅発でJR九州 ・ 鹿児島中央駅まで乗り入れる観光用の直通列車快速「オーシャンライナーさつま」号が2往復運転されています(2010年3月現在)。)
観光施設構内 金山坑道トロッコ列車 薩摩金山蔵
三井串木野鉱山の坑道跡地を利用した金山(鉱山),  芋焼酎醸造元工場見学という、二重の意味での産業観光が楽しめると同時に、薩摩料理のお食事処も備えた観光スポットです。トロッコ列車で坑道の中に入って行けます。
→   詳しくは薩摩金山蔵訪問記へ)




鹿児島県の宿泊予約 & まち楽
(powered by 楽天トラベル, and 楽天市場.)

温泉宿のホテル・旅館の鹿児島県の宿泊予約  ↓
全国温泉宿予約(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
   温泉が無いホテル・旅館も含む鹿児島県の宿泊予約  ↓
宿泊施設情報(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧    鹿児島市内(鹿児島・桜島)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  空室検索    南薩(指宿・枕崎)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  温泉宿一覧
南薩(指宿・枕崎)  温泉宿一覧
吹上温泉  温泉宿一覧
   北薩(出水・川内)  ホテル・旅館一覧
市比野温泉  温泉宿一覧
宮之城温泉  温泉宿一覧
北薩(出水・川内)  温泉宿一覧
霧島温泉  空室検索    大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  ホテル・旅館一覧
霧島温泉  温泉宿一覧
妙見温泉  温泉宿一覧
大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  温泉宿一覧
離島地区(種子島・奄美大島・徳之島・屋久島・与論島)  温泉宿一覧    離島地区(種子島・奄美大島・徳之島・屋久島・与論島)  ホテル・旅館一覧
  
熊本市  温泉宿一覧    熊本市  ホテル・旅館一覧
天草温泉  温泉宿一覧    熊本県・天草・本渡  ホテル・旅館一覧
熊本県・天草・本渡  温泉宿一覧
日奈久温泉  温泉宿一覧    宇土・八代・水俣・人吉  ホテル・旅館一覧
湯浦温泉  温泉宿一覧
湯の児温泉  温泉宿一覧
湯の鶴温泉  温泉宿一覧
熊本県・宇土・八代・水俣・人吉  温泉宿一覧
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったANA楽パック ・ 鹿児島県
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったANA楽パック ・ 熊本県
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったJAL楽パック ・ 鹿児島県
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったJAL楽パック ・ 熊本県












このページのトップへ    (当ページ内)入湯記一覧へ    (当ページ内)観光地訪問記一覧へ    (当ページ内)全国の観光・温泉案内へ

「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」の訪問記or体験記
地域 訪問or体験した観光地orスポット
鹿児島県全体 鹿児島の芋焼酎が楽天市場で買える鹿児島県内店(リンク先は当HP管理人のブログ・カミタク・ブログの記事。)
鹿児島市内(含む桜島) 九州新幹線
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市電
(鹿児島市電については、当HP管理人の別サイト・鉄道艦船航空陸自マニアでも、鹿児島市交通局として紹介されています。)
鹿児島市内(含む桜島) カゴシマシティビュー乗車記(鹿児島市内観光地周遊バス)
鹿児島市内(含む桜島) 尚古集成館(島津斉彬公による我が国初の洋式工業団地・集成館事業の産業遺産)
鹿児島市内(含む桜島) 島津家別邸:名勝 仙巌園(磯庭園)
鹿児島市内(含む桜島) 猫神神社(+猫グッズ専門店「猫屋」)
鹿児島市内(含む桜島) 磯工芸館(旧島津家吉野植林所)
鹿児島市内(含む桜島) 薩摩ガラス工芸(薩摩切子)工場見学
鹿児島市内(含む桜島) 磯くわはら館(旧芹ヶ野島津家金山鉱業事業所建物のレストラン)
鹿児島市内(含む桜島) 異人館(旧鹿児島紡績所技師館)
鹿児島市内(含む桜島) caf'e潮音館(旧・重富島津家別邸米蔵の石蔵のカフェ:田之浦潮音館)
鹿児島市内(含む桜島) 城山(城山展望台)
鹿児島市内(含む桜島) 鶴丸城(鹿児島城)
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島県歴史資料センター黎明館
鹿児島市内(含む桜島) 薩摩義士碑
鹿児島市内(含む桜島) 大中寺(薩摩義士の墓)
鹿児島市内(含む桜島) 平田公園(平田靱負屋敷跡&平田靱負銅像)
鹿児島市内(含む桜島) 西郷隆盛銅像
鹿児島市内(含む桜島) 大久保利通銅像
鹿児島市内(含む桜島) 維新ふるさと館
鹿児島市内(含む桜島) 甲突川河畔(桜のお花見&歴史散策)
鹿児島市内(含む桜島) 東郷平八郎誕生地
鹿児島市内(含む桜島) 示現流兵法所史料館(示現流史料館)
鹿児島市内(含む桜島) 天璋院篤姫の生家・今和泉島津家本邸跡
鹿児島市内(含む桜島) 南洲神社・南洲墓地
鹿児島市内(含む桜島) 西郷南洲顕彰館
鹿児島市内(含む桜島) 西郷洞窟
鹿児島市内(含む桜島) 福昌寺跡(島津家墓地)
鹿児島市内(含む桜島) 照国神社と六月灯
鹿児島市内(含む桜島) 探勝園跡(島津三銅像〜照国神社脇の島津斉彬公像,島津久光公像,島津忠義公像〜
鹿児島市内(含む桜島) 荒田八幡宮と六月灯
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市立美術館
鹿児島市内(含む桜島) 長島美術館
鹿児島市内(含む桜島) 陽山美術館
鹿児島市内(含む桜島) 児玉美術館
鹿児島市内(含む桜島) 三宅美術館
鹿児島市内(含む桜島) かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島県立博物館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市立科学館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島大学総合研究博物館
鹿児島市内(含む桜島) 石橋記念公園・石橋記念館(祇園之洲公園)
鹿児島市内(含む桜島) いおワールド かごしま水族館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市平川動物公園
鹿児島市内(含む桜島) 奄美の里(本場大島紬の里)
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市立ふるさと考古歴史館(掃除山遺跡出土品,草野貝塚展示博物館)
鹿児島市内(含む桜島) 県立吉野公園(桜のお花見の名所)
鹿児島市内(含む桜島) 多賀山公園(東郷平八郎銅像,東福寺城址)
鹿児島市内(含む桜島) おはら祭
鹿児島市内(含む桜島) かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」
鹿児島市内天文館 山形屋百貨店
鹿児島市内(含む桜島) 天文館(鹿児島の中心街・繁華街)
鹿児島市内天文館 天文館シネマパラダイス
鹿児島市内天文館 天まちサロン(観光案内所)
鹿児島市内天文館 うなぎの末よし
鹿児島市内天文館 正調さつま料理 熊襲亭
鹿児島市内天文館 cafe de MANON(カフェ・ド・マノン)
鹿児島市内天文館 さつまいもの館
鹿児島市内天文館 唐芋ワールド
鹿児島市内天文館 池畑天文堂
鹿児島市内天文館 T−MAXボウル(T-MAX BOWL)
鹿児島市内(含む桜島) アミュプラザ鹿児島&大観覧車アミュラン
鹿児島市内(含む桜島) かごっまふるさと屋台村
鹿児島市内(含む桜島) 南洲寺(僧月照の墓)
鹿児島市内(含む桜島) 南林寺由緒墓
鹿児島市内(含む桜島) 松原神社
鹿児島市内(含む桜島) 天保山公園(坂本竜馬新婚の碑,共月亭,砲台跡,調所広郷の像)
鹿児島市内(含む桜島) 慈眼寺公園(慈眼寺跡)
鹿児島市内(含む桜島) 谷山神社
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島カテドラル・ザビエル教会
鹿児島市内(含む桜島) ザビエル滞麑記念碑(ザビエル公園)
鹿児島市内(含む桜島) 桜島納涼観光船
鹿児島市内(含む桜島) 桜島フェリー
鹿児島市内(含む桜島) 桜島(特に湯之平展望所)
鹿児島市内(含む桜島) 桜島焼窯元・桜岳陶芸
指宿周辺 岩崎美術館・工芸館
指宿周辺 時遊館COCCOはしむれ(指宿市考古博物館),橋牟礼川遺跡
指宿周辺 知林ヶ島
指宿周辺 特急「指宿のたまて箱」紹介+特別快速なのはなDX乗車記
知覧周辺 知覧特攻平和会館
知覧周辺 知覧武家屋敷群
知覧周辺 ミュージアム知覧(南九州市立博物館)
知覧周辺 薩摩英国館
南薩地域(指宿市山川) 長崎鼻
南薩地域(指宿市山川) フラワーパーク かごしま
南薩地域(指宿市山川) JR日本最南端の駅「西大山駅」
南薩地域 開聞岳 & 開聞山麓自然公園
南薩地域 池田湖
南薩地域 あじろ浜(網代浜)訪問記&坊津観光案内
霧島周辺 霧島神宮
霧島周辺 霧島神宮古宮址
霧島周辺 高千穂河原&高千穂河原ビジターセンター
霧島周辺 霧島連山登山(霧島トレッキング・霧島縦走コース:韓国岳,獅子戸岳,新燃岳,中岳)
霧島周辺 高千穂峰登山
霧島周辺 和気神社&霧島市和気公園
霧島周辺 犬飼滝
霧島周辺 高千穂牧場
霧島周辺 生駒高原 コスモス園
霧島周辺 特急きりしま
霧島周辺 観光特急「はやとの風」(肥薩線の旅行)
霧島周辺 観光列車「いさぶろう・しんぺい」号(肥薩線の旅行)
隼人・国分・姶良地域 上野原縄文の森(上野原遺跡)
隼人・国分・姶良地域 鹿児島神宮(大隅国一宮)
隼人・国分・姶良地域 霧島市立隼人歴史民俗資料館
隼人・国分・姶良地域 隼人塚
隼人・国分・姶良地域 霧島市立隼人塚史跡館
隼人・国分・姶良地域 熊襲の穴
隼人・国分・姶良地域・溝辺 高屋山上陵
(日向神話の彦火々出見尊(ヒコホホデミノミコト,別名・火遠理命(ホオリノミコト),山幸彦)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)
隼人・国分・姶良地域 龍門滝
隼人・国分・姶良地域 長年寺跡と島津墓地・亀墓
隼人・国分・姶良地域 加治木島津館跡(加治木護国神社)
隼人・国分・姶良地域 蒲生八幡神社
隼人・国分・姶良地域 蒲生の大クス(特別天然記念物)
北薩・中薩 ・ 日置市 さつま湖公園
北薩・中薩 ・ 日置市 妙円寺
(島津義弘菩提寺で、妙円寺詣り発祥の禅寺)
北薩・中薩 ・ 日置市 徳重神社
(島津義弘を祭神とする、妙円寺詣り会場の神社)
北薩・中薩 ・ 日置市 雪窓院跡&島津義久公剃髪石(座禅石)
北薩・中薩 ・ 日置市 一宇治城跡(伊集院城跡;城山公園)
北薩・中薩 ・ いちき串木野市 薩摩金山蔵
(焼酎蔵[焼酎工場]見学,金山跡坑道見学,薩摩料理&焼酎お食事処)
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内川花火大会
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 新田神社(薩摩国一宮)
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 可愛山陵
(天孫降臨伝説・日向神話の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 泰平寺
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 薩摩国分寺跡史跡公園
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内歴史資料館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内まごころ文学館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内戦国村
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内原子力発電所展示館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 きやんせふるさと館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市 藺牟田池(いこいの村いむた池入湯記)
北薩・中薩 肥薩おれんじ鉄道
北薩・中薩 ・ 出水市 感応寺(感応禅寺)・五廟社(島津氏最初の5代の墓)
北薩・中薩 ・ 出水市 出水市ツル観察センター
北薩・中薩 ・ 出水市 出水麓武家屋敷群
北薩・中薩 ・ 出水市 出水市出水駅観光特産品館「飛来里」
北薩・中薩 ・ 出水市 日本一のお地蔵様(出水市・八坂神社)
北薩・中薩 ・ さつま町 紫尾神社(紫尾区営温泉「神の湯」入湯記)
大隅半島 ・ 志布志市 大慈寺
屋久島 益救神社(最南端の式内社,旧多禰国一宮)
屋久島 屋久島大社
屋久島 屋久杉自然館(+「縄文杉の写真」,杉の茶屋)
屋久島 ボタニカルリサーチパーク(屋久島有用植物リサーチパーク)+トローキの滝
屋久島 屋久杉ランド(ヤクスギランド)
屋久島 紀元杉
屋久島 白谷雲水峡
横浜 ホテルニューグランド
横浜 横浜伊勢佐木町ワシントンホテル
横浜 横浜ランドマークタワー&横浜ロイヤルパークホテル
湘南・三浦・鎌倉 観音崎京急ホテル・レストラン「浜木綿」(&「SPASSO(スパッソ)」案内)
湘南・三浦・鎌倉 観音崎灯台
北九州,下関他 門司港レトロ地区:全般
北九州,下関他 門司港レトロ地区:旧門司税関
北九州,下関他 門司港レトロ地区:門司港駅
北九州,下関他 門司港レトロ地区:旧門司三井倶楽部
北九州,下関他 門司港レトロ地区:海峡プラザ赤煉瓦ガラス館 & オルゴールミュージアム門司港を含む)
高知の観光 高知城
高知の観光 桂浜
高知の観光 高知県立坂本龍馬記念館
高知の観光 坂本龍馬像
高知の観光 高知市立龍馬の生まれた町記念館
高知の観光 坂本龍馬誕生地の碑
北海道美唄市 炭鉱メモリアル森林公園
北海道美唄市 三菱美唄記念館
北海道美唄市 美唄市郷土史料館
北海道美唄市 美唄鉄道旧東明駅
北海道美唄市 アルテピアッツァ美唄
名古屋の観光 覚王山日泰寺
名古屋の観光 末森城址(末盛城址)&城山八幡宮
福島県の観光 いわき市石炭・化石館 ほるる
福島県の観光 みろく沢炭鉱資料館
福島県の観光 湯本山神社
長野県の観光 岩松院(福島正則公霊廟)
長野県の観光 諏訪大社上社本宮
長野県の観光 諏訪大社上社前宮
長野県の観光 神長官守矢史料館
長野県の観光 尖石縄文考古館,尖石遺跡,与助尾根遺跡
長野県の観光 御射鹿池(みしゃかいけ)
(東山魁夷の「白い馬」シリーズの名画「緑響く」の取材地)
長野県の観光 横谷渓谷(よこやけいこく)
岐阜県の観光 治水神社(薩摩義士ゆかりの神社)
岐阜県の観光 千本松原(油島千本松締切堤)
岐阜県の観光 国営木曽三川公園・木曽三川公園センター
三重県の観光 海蔵寺(薩摩義士の墓)
三重県の観光 常音寺(薩摩義士の墓)
ここで紹介しきれていない最新の訪問記or体験記はこちらへ





このページのトップへ    (当ページ内)入湯記一覧へ    (当ページ内)観光地訪問記一覧へ    (当ページ内)全国の観光・温泉案内へ

「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」の温泉・温浴施設の入湯記
温泉,地域 入湯した温泉・温浴施設
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) 城山観光ホテル・城山温泉・さつま乃湯(桜島と海が見える露天風呂があります。)
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) ホテル吹上荘
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) 温泉ホテル中原別荘
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) ホテル満秀
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) KKR鹿児島敬天閣
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) 錦江高原ホテル
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) ホテルエスポワールタナカ
鹿児島市内温泉(ホテル(兼)立ち寄り湯) 健康プラザ田中温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 芦刈温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 池田温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 一本桜温泉センター(市内西部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 今村温泉(市内中心部)(注)
(注)残念ながら2011年5月31日をもって閉店しました。
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) うちの温泉センター(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) お乃湯(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 温泉錦湯(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) かごっま温泉(天文館最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 春日温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 霧島温泉(天文館最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 花野温泉たぬき湯(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 郡元温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) さつま温泉(天文館最寄り かつ ウォーターフロント・ベイエリア)(注)
(注)残念ながら2007年6月に廃業したとの由です。
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 野天風呂 薩摩いろはの湯(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 慈眼寺温泉(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 寿康温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 城山長寿泉(市内中心部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 新川温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 新とそ温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 太陽ヘルスセンター(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 武岡温泉(市内西部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 竹迫温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 玉里温泉(市内北部)(注)
(注)残念ながら2012年に廃業したとの由です。
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 中山温泉(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 中村温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 永吉温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 滑川温泉(市電沿線,JR鹿児島駅最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 南開温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 西田温泉(鹿児島中央駅最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) はらら温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 真砂温泉(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みずほ温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みやこ温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みょうばん温泉(鹿児島中央駅最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みょうばん温泉まきばの湯(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) めいわ温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 薬師温泉(市内北部)
桜島マグマ温泉(鹿児島市) 国民宿舎レインボー桜島・マグマ温泉
桜島白浜温泉(鹿児島市) さくらじま白浜温泉センター
桜島古里温泉(鹿児島市) ふるさと観光ホテル(注)
(注)残念ながら2012年に閉館したとの由です。
桜島古里温泉(鹿児島市) 桜島シーサイドホテル
桜島古里温泉(鹿児島市) さくらじまホテル
鹿児島市内温泉・足湯 ドルフィンポート・足湯
鹿児島市内温泉・足湯 奄美の里・足湯
指宿温泉 指宿いわさきホテル
指宿温泉 指宿白水館
指宿温泉 指宿こころの湯(日帰り温泉立ち寄り湯のスーパー銭湯。旅館「指宿こころの宿」も併設されています。)
指宿温泉 二月田温泉殿様湯(指宿温泉でも特に歴史と伝統のある、日帰り温泉立ち寄り湯)
山川温泉郷鰻温泉(指宿市旧山川町地域) 区営鰻温泉
山川温泉郷鰻温泉(指宿市旧山川町地域) うなぎ温泉まつまえ
山川温泉郷伏目温泉(指宿市旧山川町地域) 山川ヘルシーランド露天風呂(海が見える露天風呂がある日帰り温泉立ち寄り湯)
南薩地域・枕崎市 枕崎なぎさ温泉(海が見える露天風呂がある日帰り温泉立ち寄り湯)
霧島温泉郷 霧島いわさきホテル
霧島温泉郷 霧島国際ホテル
霧島温泉郷 霧島スパヒルズ(旧「霧島第一ホテル スパヒルズ」)
霧島温泉郷 硫黄谷温泉霧島ホテル
霧島温泉郷 静流荘
霧島温泉郷 旅行人山荘
霧島温泉郷 前田温泉カジロが湯(日帰り温泉立ち寄り湯)
霧島温泉郷 新湯温泉・霧島新燃荘
霧島温泉(霧島山麓) 野々湯温泉
霧島温泉郷&霧島山系山麓の温泉地 栗野岳温泉南洲館
霧島山系周辺平野部・吉松温泉郷 吉松駅前温泉
妙見温泉 妙見石原荘
妙見温泉 味の宿どさんこ
妙見温泉 田島本館
妙見温泉 妙見田中会館
妙見温泉 湯治の宿妙見館・妙見元湯
新川渓谷温泉郷 塩浸温泉龍馬公園
新川渓谷温泉郷 日の出温泉きのこの里
日当山温泉 日当山温泉・花の湯
国分,隼人,姶良地区・足湯 鹿児島空港天然温泉足湯「おやっとさあ」
国分,隼人,姶良地区 船津温泉
国分,隼人,姶良地区 重富温泉
国分,隼人,姶良地区 姶良市温泉センター くすの湯(旧・蒲生町多目的温泉保養センター「くすの湯」)
国分,隼人,姶良地区 龍門滝温泉
北薩・中薩吹上温泉郷 みどり荘
北薩・中薩いちき串木野市 薩摩金山蔵 「杜氏乃湯」
(温浴施設は、後になくなっており、焼酎蔵[焼酎工場]見学,金山跡坑道見学,薩摩料理&焼酎お食事処専用施設になっています。)
北薩・中薩川内市街地温泉 川内ホテル・川内温泉センター
北薩・中薩川内市街地温泉 温泉平佐城(平佐城温泉)
北薩・中薩藺牟田温泉 いこいの村いむた池
北薩・中薩阿久根温泉 グランビュー あくね
北薩・中薩阿久根温泉 ふれあい温泉ぼんたん湯(栄屋旅館)
北薩・中薩紫尾温泉 紫尾区営温泉「神の湯」
屋久島等・屋久島の温泉 屋久島いわさきホテル
屋久島等・屋久島の温泉 JRホテル屋久島
屋久島等・屋久島の温泉 縄文の宿 まんてん
屋久島等・屋久島の温泉 平内海中温泉
屋久島等・屋久島の温泉 湯泊温泉
屋久島等・屋久島の温泉 尾之間温泉
屋久島等・屋久島の温泉 楠川温泉
屋久島等・屋久島の温泉 旧・大浦温泉(大浦の湯)
横浜の温泉 横浜みなとみらい万葉倶楽部
横浜温泉 綱島温泉・綱島ラジウム温泉東京園
横浜温泉 綱島温泉・富士乃湯
横浜温泉 天然温泉みうら湯弘明寺店
横浜温泉 若宮湯
横浜温泉 中島館
横浜の大浴場付きホテル ブリーズベイホテル・リゾート&スパ,&  リゾートカプセル桜木町
東京都の温泉 麻布十番温泉  (注) 残念ながら2008年3月末で廃業しました。
東京都の温泉 東京ドーム天然温泉 Spa LaQua(スパ ラクーア)
川崎温泉 縄文天然温泉 志楽の湯
福岡市内温泉 薬院しろやま乃湯  (注) 残念ながら閉館しました。
福岡市内温泉 萃豊閣ホテル&南福岡グリーンホテル温泉
福岡市内温泉 八百治博多ホテル・八百治の湯
人吉市内の温泉 球磨川ラフティング MAIN STREAM & ビジネスホテル白山山荘 附属温泉
高知の温泉 龍河温泉(香美市)
高知の温泉 物部川ほとりの温泉 夢の温泉(香美市)
高知の温泉 高知黒潮ホテル・黒潮温泉「龍馬の湯」(香南市)
高知の温泉 高知三翠園・高知三翠園温泉水哉閣(高知市)
高知の温泉 スーパーホテル高知・長岡温泉・龍馬の湯(高知市)
高知の温泉 国民宿舎 桂浜荘(高知市桂浜:人工温泉)
札幌市内温泉 JRタワーホテル日航札幌・スカイリゾートスパ「プラウブラン(月の島)」
札幌市内温泉 ホテルモントレエーデルホフ札幌・スパ
大阪市内温泉 スーパーホテルCity大阪天然温泉(なにわ天然温泉「花乃井」)
大阪市内温泉 ホテル阪神「徳次郎の湯」(天然温泉スパ&サウナ)
大阪市内温泉 天然温泉なにわの湯
大阪府・箕面温泉 箕面温泉スパーガーデン
秋田県の温泉 乳頭温泉郷・鶴の湯温泉
宮城県の温泉 鳴子温泉・貸切露天風呂の宿扇屋
福島県の温泉 スパリゾートハワイアンズ
山梨県の温泉 下部温泉郷・古湯坊源泉館
山梨県の温泉 下部温泉・くつろぎの宿裕貴屋(旧・大市館)
長野県の温泉 奥蓼科温泉郷 渋御殿湯
長野県の温泉 明治温泉旅館
長野県の温泉 毒沢鉱泉神乃湯
ここで紹介しきれていない最新の入湯記はこちらへ



このページのトップへ    (当ページ内)入湯記一覧へ    (当ページ内)観光地訪問記一覧へ    (当ページ内)全国の観光・温泉案内へ




全国と鹿児島県の温泉&観光
鹿児島県の温泉&観光
(訪問した所は訪問記(注),訪問未済みの所はリンク集)

(注)100箇所以上に及ぶ、当HPオリジナル・コンテンツ。
地域 温泉案内 観光案内
鹿児島市
(桜島を含む)
鹿児島温泉とは(鹿児島市内温泉とは) 鹿児島市内(含む桜島)観光案内
鹿児島市の温泉(ホテル・旅館,桜島も含む)
鹿児島市の温泉(温泉銭湯[日帰り温泉立ち寄り湯],桜島も含む)
指宿 指宿及びその周辺の温泉 指宿観光案内
南薩 南薩地域の温泉 知覧観光案内
南薩観光案内
霧島 霧島温泉 霧島観光案内
霧島市,姶良
(霧島温泉以外)
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 隼人・国分・姶良地域観光案内
日当山温泉&姫城温泉
その他霧島市(旧国分市,旧隼人町),姶良地区の温泉
北薩・中薩 北薩・中薩地域の温泉 北薩・中薩の観光案内
大隅
(霧島以外)
大隅地域の温泉 大隅観光案内
種子島,屋久島,三島村,十島村地区 種子島,屋久島,三島村,十島村の温泉 種子島,屋久島,三島村,十島村の観光案内
奄美諸島 奄美大島,与論島,沖永良部島地区の温泉 奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島の観光案内
温泉宿 →鹿児島県の温泉宿宿泊予約はこちらへ
特集 NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介(鹿児島観光案内)(New! 2007年12月)

「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内(New! 2010年08月)


横浜
(全般,観光

(横浜のホテル)
東京
(全般,観光

(東京のホテル)
川崎
(全般,観光

(川崎のホテル)
横浜温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
東京の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
川崎温泉
湘南・三浦・鎌倉の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
相模原市,厚木市,相模湖,丹沢,小田急沿線(箱根,東京,川崎以外)の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
札幌市内観光・温泉定山渓温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
夕張の温泉・観光
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
花巻温泉郷
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
名古屋・愛知県の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
京都市の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
大阪府の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
神戸市の温泉・観光有馬温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
高知の観光・温泉

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
松山市の観光・温泉道後温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
北九州&筑豊&豊前&下関の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
福岡市の観光
(全般,観光

(福岡のホテル)
福岡市及びその近郊の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
甘木朝倉地域の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
荒尾・大牟田地域の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
黒川温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
由布院温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
別府温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
人吉温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
その他の地域の温泉・観光(全国各地)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
各地の温泉入湯記 各地の観光訪問記




 このHPはリンク・フリーです。サブ・コンテンツへの直リンクもOKです。






HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

楽天トラベル

  


  


  



  


  


  




  


  



このHP作者に関係のある別HPです。

カミタクの部屋

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine



このページの先頭へ


温泉天国・鹿児島温泉紹介!へ(戻る)    温泉天国・鹿児島温泉紹介!(フレーム枠内メニュー画面)へ(戻る)


鹿児島の鉄道「肥薩おれんじ鉄道」の乗車記(鹿児島観光案内ガイド)。:鹿児島,観光,ガイド,鹿児島県,案内,肥薩おれんじ鉄道