カミタクの部屋

  

カミタク・ブログ

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

STATISTICS
「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」トップ > 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」メニュー(フレーム枠内) > 「北薩・中薩地域温泉案内 ・ 紫尾温泉」 or 「北薩・中薩地域観光案内 ・ さつま町」 > 紫尾区営温泉「神の湯」入湯記(&紫尾神社訪問参拝記)

紫尾区営温泉「神の湯」

  

紫尾区営温泉「神の湯」(紫尾区営大衆浴場)入湯記&紫尾神社参拝記
(鹿児島県・紫尾温泉の名湯・立ち寄り湯)

「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」トップ > 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」メニュー(フレーム枠内) > 「北薩・中薩地域温泉案内 ・ 紫尾温泉」 or 「北薩・中薩地域観光案内 ・ さつま町」の紫尾区営温泉「神の湯」(紫尾区営大衆浴場)&紫尾神社を訪れた入湯記録)




施設名  :  紫尾区営温泉「神の湯」(紫尾区営大衆浴場)&紫尾神社
(しびくえいおんせん「かみのゆ」(しびくえいたいしゅうよくじょう)&しびじんじゃ)

泉質  :  単純硫黄泉

電話番号  :  0996-59-8975(紫尾温泉)
0996-59-3111(紫尾神社に関して、さつま町鶴田総合支所総務管理課)

住所
(リンク先は地図)
 :  鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾2165
(旧・鶴田町で、町村合併により「さつま町」になりました。)


地図
(powered by Google Map
 : 


入湯日  :  2005年6月19日(日)

HP  :  紫尾温泉,  紫尾区営温泉「神の湯」,  紫尾神社,  紫尾温泉神の湯ふれあい館
(リンク先は楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ) ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。)

紫尾温泉,  紫尾神社
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。)

紫尾区営温泉『神の湯』薩摩郡さつま町
(リンク先はKTS鹿児島テレビ ・ WHAT'S new KAGOSHIMA ・ NikiNikiアラカルトのサブ・コンテンツ。)

この他、紫尾温泉ならびに紫尾区営温泉「神の湯」については、
さつま町ホームページ温泉マップ温泉・湯処でも紫尾区営温泉(別名「神の湯」)として紹介されています。また、楽天トラベル ・ 旅コミ(クチコミ)では上述の紫尾区営温泉「神の湯」の他にも、コミュニティ ・ 温泉力を感じる会の中に紫尾区営温泉「神の湯」(紫尾区営大衆浴場)のトピックがあります。 アット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉でも紫尾区営温泉神の湯(紫尾区営大衆浴場)として、 鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも紫尾温泉として(リンク先URLは2012年8月現在)MAPPLE観光ガイドでも紫尾温泉として、 るるぶ.comでも紫尾温泉として、 じゃらんnetでも紫尾温泉として、 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも紫尾温泉として、マップルネット(mapple)でも紫尾温泉として、 よかとこBY・写真満載九州観光九州の観光地と温泉地案内北薩(出水、川内、国分周辺)でも紫尾(しび)温泉として、脱サラ農夫の南九州の温泉にいってみたでも紫尾区営大衆温泉として、 鹿児島 温泉.netでも紫尾区営大衆浴場として、 熊谷温泉鹿児島県の温泉でも紫尾温泉「紫尾区営大衆浴場」として、九州の名湯・美人湯49選鹿児島県のお勧め美人湯でも紫尾温泉 紫尾区営大衆浴場として、鹿児島南薩摩でも北薩 紫尾温泉として、日本の情景・写真・温泉・森睦夫温泉館でも(鹿児島県)紫尾温泉 強アルカリ泉「紫尾区営大衆浴場」(通称:紫尾温泉神ノ湯)として、 drecom_garoutenのブログ(ブログ)でも神の足湯?紫尾区営温泉足湯(硫黄泉)(紫尾温泉)として、 デジタリアンの散歩道(blog)でも紫尾温泉っていいところとして、 View Touch! 私的グッドデザイン。(blog)でも鹿児島の超秘湯!紫尾温泉として、 S席かごしま・デートのアイディア(blog)でも柿と我慢比べをする 〜紫尾区営温泉・足湯〜として、 西湯庵(blog)でも鹿児島 紫尾温泉 神の湯として、 泉都巡礼4126でも『神の湯/紫尾温泉』20080307として、 焼酎アイスのおいどん家、店長奮闘記(blog)でも神の湯として、 AWL Action(ブログ)でも神の湯 共同浴場 柴尾温泉ざんまいとして、 腹五鹿児島のブログ 目指せ!! 薩摩川内市の地域情報bPブロガー「kagoshima, JAPAN ,blog」(ブログ)でも完全保存版『全部見せます 神の湯 紫尾温泉の全て…』として、 バボザル(ブログ)でも紫尾温泉として、 ☆ヨッサンの湯巡りうまいモン巡り☆(ブログ)でも紫尾温泉 神の湯として、 かごしま検定をめざす鹿児島案内(ブログ)でも紫尾(しび)温泉(区営浴場「神の湯」)として、 湯巡り ふたり・・・ 時々ひとり旅 (ブログ)でも紫尾温泉 神ノ湯として、 ゆのきろく(ブログ)でも紫尾温泉:紫尾区営大衆浴場として、 DI★ction★ARY(ブログ)でも紫尾温泉 【紫尾区営温泉/足湯】として、 ★hiroの部屋★(ブログ)でも新日本百名湯 紫尾温泉神の湯 日本一の美人の湯 鹿児島県さつま町として、 おっさんおばはんの気まぐれ紀行 (ブログ)でも鹿児島県さつま町“紫尾温泉”ヌルヌル感最高です!として、 風呂夢湯〜(ブログ)でも折尾野共同浴場・紫尾区営温泉・出水市・さつま町として、 toyotaboxyのblog(ブログ)でも紫尾温泉 神の湯とあおし柿として、 乙女手帳(ブログ)でも紫尾温泉 旅籠しび荘 と 共同浴場 神の湯  − 鹿児島県 薩摩郡さつま町 −として、 teru's blog〜ヨコハマ食い出し紀行〜(ブログ)でも神の湯 @ 紫尾温泉(鹿児島県薩摩郡さつま町)として、 かごしまの青空(ブログ)でも紫尾温泉 旅籠 しび荘として、 のっくの「週末は温泉へGO!」 (ブログ)でも鹿児島県 紫尾温泉 しび荘 ★★★★ 2012年5月3日として紹介されています。)

この他、紫尾神社については、
さつま町ホームページでも紫尾神社として、 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも紫尾神社(さつま町)として、 鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも紫尾神社として、 鹿児島県神社庁でも紫尾神社として、 まっぷるnetでも紫尾神社として、 @nifty地域ガイドでも紫尾神社として、 奄美大島タウン ・ 初詣&初日の出でも紫尾神社として、 鹿児島の自然と食(ブログ)でも紫尾神社と紫尾温泉として、 霧島・牧園・高千穂の風景 動物 植物(blog)でも紫尾神社・温泉わきでは 蝋梅(訂正)が満開でしたとして、 peonyflora(blog)でも紫尾神社に初詣として、 gokigendazebaby(ブログ)でも紫尾神社 紫尾温泉として、 「身の丈」経営,「身の程」人生(ブログ)でも鹿児島 初詣スポット − さつま町 紫尾神社として、 岡田宮ブログ〜八咫烏の声〜(ブログ)でも第1回『紫尾神社(鹿児島県薩摩郡)』として、 ライブカフェデルタブルース (ブログ)でも紫尾神社と紫尾温泉として、 〜風の宿り〜ブログ(ブログ)でも【紫尾神社】【紫尾神社上宮】(鹿児島県さつま町 )として、 ガレージSAIZOのNSRとKDX (ブログ)でも紫尾神社六月灯として紹介されています。)

その他、紫尾温泉神の湯ふれあい館については、
さつま町ホームページでも紫尾温泉神の湯 ふれあい館として紹介されています。)

また、廃仏毀釈が行われるまで紫尾神社と共にあった紫尾山神興寺については、
さつま町ホームページ ・ 広報誌 ・ (合併前の)旧3町バックナンバーでも旧3町「鶴田町」・広報誌つるだ 平成14年2月号 ・ 16ページ(PDF):ふるさといいとこ歩き「神興寺僧侶の墓石塔群」,  旧3町「鶴田町」・広報誌つるだ 平成15年1月号 ・ ふるさといいとこ歩き「石塔の種類と見方」として、 さつま町ホームページ ・ さつま町町勢要覧でもP13 歴史・文化2(PDF)(中の紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群【町指定文化財】欄)として、 鹿児島県上野原縄文の森&鹿児島県立埋蔵文化財センター鹿児島県埋蔵文化財情報データベースでも遺跡番号40-7-0:紫尾山神興寺跡として紹介されています。)


交通案内
アクセス
 : 
鹿児島県への行き方(2009年4月現在)
鉄道 JR九州 ・ 鹿児島支社
・   九州新幹線
・   特急「きりしま」
日豊本線 : 宮崎市−(都城経由−「霧島温泉への拠点駅・霧島神宮駅」経由)−鹿児島市 ・ 鹿児島中央駅
・   観光列車「いさぶろう・しんぺい」号,  観光特急「はやとの風」
肥薩線 : 熊本県 ・ 人吉−(鹿児島県 ・ 湧水町 ・ 吉松駅乗換−「霧島温泉への拠点駅・霧島温泉駅」経由)−鹿児島市 ・ 鹿児島中央駅
・   特急「指宿のたまて箱」
鹿児島県県内路線・指宿枕崎線鹿児島市 ・ 鹿児島中央駅指宿市 ・ 指宿駅
・   吉都線  宮崎県 ・ 都城市鹿児島県 ・ 湧水町 ・ 吉松駅
・   日南線  宮崎市 ・ 南宮崎駅鹿児島県 ・ 志布志市 ・ 志布志駅

肥薩おれんじ鉄道 ・ 快速「スーパーおれんじ」「オーシャンライナーさつま」
熊本県 ・ 八代市−(鹿児島県 ・ 出水(いずみ)経由)−鹿児島県 ・ 川内(せんだい)。旧JR鹿児島本線の同区間が、九州新幹線開業に伴い並行在来線分離により設立された第三セクター鉄道。)
飛行機
【楽天トラベル:航空券+ホテルがセットになったANA楽パック】 > 鹿児島県
(ANAの予約画面経由でSNA(スカイネットアジア航空)やオリエンタルエアブリッジ(ORC)の予約もできます。)

【楽天トラベル:航空券+ホテルがセットになったJAL楽パック】 > 鹿児島県
【楽天トラベル】航空券予約
(SKYMARK Airlines(スカイマーク)や、ANAの予約画面経由でSNA(スカイネットアジア航空)やオリエンタルエアブリッジ(ORC)の便の予約もできます。)
オリエンタルエアブリッジ  長崎鹿児島線)
フジドリームエアラインズ(FDA)  静岡県 ・ 富士山静岡空港鹿児島線:2009年3月現在、2009年夏から就航しました。)
鹿児島国際空港ホームページ ・ 交通アクセス
海路 当HP内の鹿児島の交通・アクセスをご参照下さい。
バス オール九州 高速バス予約サイト 楽バス
福岡市鹿児島市桜島号,  大阪鹿児島市トロピカル号,  神戸鹿児島市トワイライト神戸号,  大分鹿児島市トロピカル号,  宮崎市鹿児島市線などの高速バスの予約ができます。)
いわさきバスネットワーク(旧・林田バス)鹿児島交通バス等の時刻表・路線検索は、以下のリンク先でご参照可能です。
九州のバス時刻表
交通ナビかごしま
九州のバス乗り放題乗車券「SUNQパス」
九州ローカルバス時刻表(バス時刻表ボランティアHP) ・ 鹿児島県
レンタカー オリックス・レンタカー鹿児島・種子島・屋久島・宮崎・熊本



<鹿児島県に着いてからの行き方>

  飛行機(航空機)でお来しの方は、鹿児島空港から空港シャトルバスで宮之城(みやのじょう)さつま町宮之城町地域)に行き、宮之城からはタクシーを拾えば辿り着けます(2011年1月現在)。タクシー会社については、gooタウンページでの、鹿児島県薩摩郡さつま町のタクシー会社検索結果でお探しいただけます(リンク先URLは2011年1月現在)

  鉄道でお来しの方は、まずは宮之城まで行く行き方と、宮之城から紫尾温泉に行く行き方の2段階に分けてご説明申し上げます。なお、以下のバス路線は、2011年1月現在のものです(念のため)。
1. 宮之城までの行き方
(1) 九州新幹線,  JR九州在来線の鹿児島中央駅からの行き方
→   JR九州バス宮之城に行けます。
(2) 九州新幹線,  JR九州在来線,肥薩おれんじ鉄道等の川内駅(せんだいえき)からの行き方
→   いわさきバスネットワーク(旧・林田バス)のバスで宮之城に行けます。
2. 宮之城から紫尾温泉までの行き方
→   宮之城からは、バス路線が無くなってしまった模様ですので、タクシーをお使い下さい。タクシー会社については、gooタウンページでの、鹿児島県薩摩郡さつま町のタクシー会社検索結果でお探しいただけます(リンク先URLは2011年1月現在)


  上記の各路線バスの時刻表は、JR九州バス公式WEBサイト,  九州のバス時刻表ホームページ,  交通ナビかごしまでご確認いただけます。
JR九州バス公式WEBサイト

九州のバス時刻表

交通ナビかごしま

  CLUB九州九州ふるさと情報「秋の風物詩―紫尾温泉のあおし柿」によれば(リンク先URLは2005年参照時のもの。2011年1月現在、リンク切れです)、鉄道での最寄り駅はJR九州 ・ 九州新幹線肥薩おれんじ鉄道出水駅(いずみえき)とされていますが、出水(いずみ)からはバス路線を見つけられませんでした。出水駅からはタクシーもしくはレンタカー国道328号線を南下し、途中で右折して県道397号線に入れば辿り着けます。なお、九州新幹線停車駅から直接タクシーで行く場合、最も近い駅は、正確に距離を測った訳ではなく「恐らく」ベースの責任を取れない予想ではありますが、恐らくは出水駅です。

  お車でお来しの方は、福岡市方面からは九州自動車道 ・ 横川ICで下車し、県道50号線,  国道504号線で西に行きさつま町宮之城町市街地の虎居町交差点で右折し、国道328号線、県道398号線,  県道397号線を北上すると辿り着けます。

  鹿児島市からは国道3号線を川内方面に向けて北上し、小山田で右折して国道328号線を北上し、さつま町(旧宮之城町)山崎三文字交差点から国道267号線を北東方面に進み宮之城市街地北部で県道398号線県道397号線を北上すると辿り着けます。


鹿児島の温泉地&観光地  : 
鹿児島県の温泉&観光
(訪問した所は訪問記(注),訪問未済みの所はリンク集)

(注)100箇所以上に及ぶ、当HPオリジナル・コンテンツ。
地域 温泉案内 観光案内
鹿児島市
(桜島を含む)
鹿児島温泉とは(鹿児島市内温泉とは) 鹿児島市内(含む桜島)観光案内
鹿児島市の温泉(ホテル・旅館,桜島も含む)
鹿児島市の温泉(温泉銭湯[日帰り温泉立ち寄り湯],桜島も含む)
指宿 指宿及びその周辺の温泉 指宿観光案内
南薩 南薩地域の温泉 知覧観光案内
南薩観光案内
霧島 霧島温泉 霧島観光案内
霧島市,姶良
(霧島温泉以外)
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 隼人・国分・姶良地域観光案内
日当山温泉&姫城温泉
その他霧島市(旧国分市,旧隼人町),姶良地区の温泉
北薩・中薩 北薩・中薩地域の温泉 北薩・中薩の観光案内
大隅
(霧島以外)
大隅地域の温泉 大隅観光案内
種子島,屋久島,三島村,十島村地区 種子島,屋久島,三島村,十島村の温泉 種子島,屋久島,三島村,十島村の観光案内
奄美諸島 奄美大島,与論島,沖永良部島地区の温泉 奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島の観光案内
特集 NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介(鹿児島観光案内)(New! 2007年12月)

「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内(New! 2010年08月)


紫尾温泉
宿泊案内
 :    紫尾区営温泉「神の湯」は日帰り温泉立ち寄り湯ですが、紫尾温泉にご宿泊の際は、以下のとおりの温泉宿4軒やキャンプ場があります(注)
(注) キャンプ場にご宿泊の際には、温泉は紫尾区営温泉「神の湯」に立ち寄り湯していただくことになります。

紫尾温泉の宿泊案内(紫尾温泉の温泉宿+キャンプ場)
紫尾温泉
温泉宿
紫尾温泉 旅籠 しび荘(旅館独自公式WEBサイト)
楽天トラベルでも【楽天トラベル】紫尾温泉 旅籠しび荘として、さつま町HPでもしび荘として、鹿児島 温泉.netでもしび荘として、 かごしまの青空(ブログ)でも紫尾温泉 旅籠 しび荘として、 のっくの「週末は温泉へGO!」 (ブログ)でも鹿児島県 紫尾温泉 しび荘 ★★★★ 2012年5月3日として紹介されています。松田忠徳温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版光文社新書,2002)pp.410−411によれば、紫尾区営温泉「神の湯」の湯と自家源泉とを混合ブレンドしているとの由です。)
【楽天トラベル】紫尾温泉 旅籠しび荘
【楽天トラベル ANA楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 旅籠しび荘
【楽天トラベル JAL楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 旅籠しび荘
【楽天トラベル】くすのき荘
(リンク先は楽天トラベルのサブ・コンテンツ。さつま町HPでもくすのき荘として、鹿児島 温泉.netでもくすのき荘として、jiang cafe −ジャンカフェ−でもくすのき荘(紫尾温泉)として紹介されています。松田忠徳温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版光文社新書,2002)pp.410−411によれば、紫尾区営温泉「神の湯」の湯と自家源泉とを混合ブレンドしているとの由です。)
【楽天トラベル】くすのき荘
【楽天トラベル】紫尾温泉 ちどり荘
(リンク先は楽天トラベルのサブ・コンテンツ。鹿児島 温泉.netでもちどり荘として、さつま町HPでもちどり荘として紹介されています。松田忠徳温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版光文社新書,2002)には記載が無いので、旅籠しび荘くすのき荘と同様に「紫尾区営温泉「神の湯」の湯と自家源泉とを混合ブレンド」しているか否かは不明です。)
【楽天トラベル】紫尾温泉 ちどり荘
【楽天トラベル ANA楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 ちどり荘
【楽天トラベル JAL楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 ちどり荘
四季の杜 紫尾庵
旅籠しび荘の別館として、2010年春にオープンしました。MAPPLE観光ガイドでも四季の杜 紫尾庵として、九州沖縄7紙合同サイト プレス9 ・ 九州温泉プレスでも四季の杜 紫尾庵として紹介されています(リンク先URLは2011年2月現在)。)
キャンプ場 神の湯キャンプ場(神の湯ふれあい公園)(注)
(リンク先はさつま町HPのサブ・コンテンツ。鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも神の湯ふれあい公園として、全国旅そうだんでも紫尾神の湯キャンプ場として、じゃらんnetでも紫尾神の湯キャンプ場として紹介されています(いずれも、リンク先URLは2012年8月現在)。)
(注) 神の湯キャンプ場でご宿泊の場合、温泉は紫尾区営温泉「神の湯」に立ち寄り湯していただくことになります



鹿児島県の温泉宿,ホテル宿泊予約  : 
鹿児島県の宿泊予約
鹿児島県の温泉宿宿泊予約
鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧
宮之城温泉  温泉宿一覧
指宿温泉  温泉宿一覧
霧島温泉  温泉宿一覧
妙見温泉  温泉宿一覧
鹿児島県:航空券+ホテル・宿の宿泊予約 鹿児島県:航空券+ホテル・宿の宿泊予約


感想  :    紫尾温泉(しびおんせん)は、紫尾神社拝殿下に湯元があるため、別名を「神の湯」と呼ばれている温泉です。紫尾区営温泉「神の湯」は、県別源泉数日本2位の、日本を代表する温泉県・鹿児島で温泉慣れしている鹿児島県民の中でも、特にその泉質で評判が高い名湯であり、温泉教授として辛口批評有名な松田忠徳教授でさえ、松田忠徳温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版光文社新書,2002)pp.410−411で誉めて下さっている名湯・秘湯でもあります。これ程地元で評判の高い温泉が、2005年5月時点では未だアット・ニフティ@nifty ・ @nifty温泉@nifty温泉で紹介されていなかった(注)のが不思議に思える程、地元での評判はべらぼうに高く、あちこちで「紫尾温泉鹿児島県でも特に良い」という噂を聞きます。鹿児島県内でも、これ程までに至る所で良い評判を耳にする温泉は珍しいので是非とも行きたいと思い、会社の後輩の友人が誘ってくれたので、我が愛車(入湯時2005年時点)トヨタ・セリカ7代目T230型でのドライブと兼ねて友人3人で一緒に浸かりに行ったものです。区外からの来訪者でも200円(ただし、2005年6月現在)という入湯料は驚きの安さです。。
(注) @nifty温泉@nifty温泉に載っていないというのは、2005年時点の話であり、その後、載りました。【@nifty温泉】紫尾区営温泉神の湯(紫尾区営大衆浴場)


  入湯してみると紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の単純硫黄泉のお湯は、塩化物泉,炭酸水素塩泉,単純温泉など「透明系」のお湯が多い鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)とは異なり、硫黄のぷーんという臭いが漂っていて、いかにも「山の中の温泉」という気分に浸れます。誘ってくれた友人が、「お湯の泉質が良くて、ぬるぬる感がたまらなく素晴らしい」と事前に教えてくれたのですが、実際に入湯してみるとそのとおりでした。泉源のすぐ近くにあって源泉かけ流しなので、飲泉もできます。私は実は「飲泉派」ではないのですが、この素晴らしいお湯は飲まなきゃ損だ、と思って珍しく飲泉してみたところ、あっさりした気持ちの良い味で、飲むのにも素晴らしいものでした。かつては泉質は余りにも素晴らしいながら建家は老朽化していたという噂もききますが、「CityDO!」 ・ 紫尾区営温泉によれば(2005年参照,2010年2月現在リンク切れ)、平成14(2002)年暮れに改築されたばかりという木の香りが漂ってきそうな新鮮な建家は、「不潔恐怖症系温泉ファン」の私にも、「おつりが余って十分な」ものでした。泉質の良い秘湯系名湯の類は、ともすれば「泉質はいいけど衛生的にはちょっと...」ということになりがちな印象がある(←偏見でしょうか?)のですが、ここは「泉質」と「綺麗さ」とを兼ね備えた山奥の谷あいの秘湯という感じで、実に素晴らしい温泉です。誘ってくれた友人はお尻に怪我をしていたとの由なのですが、お湯に浸かっていたら治ってしまったとの由で、やはり、この素晴らしい泉質は「神の湯」なのだと思いました。

  紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の浴槽は3槽に分かれていて、熱い湯、普通(少し熱い)湯、ぬるい湯の3段階になっていました。源泉の様子は分からないのですが、一番熱い湯は若干透明で、他の2浴槽は濁り湯ではないながらも色弱の私にも分かる「淡い硫黄色」で色が異なっていました。もしかしたら厳密には源泉が2つあるのか、熱い源泉を冷ましている内に色が変わるのか、どうなっているのか私は知りません。東京都出身とは申せ山の手・世田谷区生まれの私はべらぼうに熱い湯は苦手(注1)なので、一番熱い湯は避けて入湯していました。元々が地元の共同湯・元湯なのでカラン(蛇口)の数は少なく、どこかの本か雑誌かWEBサイトで、「評価が高いのはうれしいけれども、キャパシティ(容量,容積,収容可能人数)を超える客が訪れて困惑した」という施設関係者の本音を読んだような記憶があります(注2)。秘湯がいきなり全国区になったことの副作用かも知れません。痛し痒しですね。カラン(蛇口)から出るお湯も源泉なので、「他人も浸かった湯船に浸かった後では必ず上がり湯をかけたくなる」という「不潔恐怖症系温泉ファン」の私にとっては、「上がり湯を浴びても温泉成分が逃げていかない」というメリットを享受できる温泉でもあります。兎に角、鹿児島県の温泉の中でも特にイチオシの素晴らしい温泉です。
(注1) 東京では銭湯の温度が山の手よりも、「痩せ我慢で有名な江戸っ子」の街・下町の方が高いので、「山の手育ちの者は下町の銭湯には熱くて入れない」と言われています。
(注2) うろ覚えのまま書いているので出典不明ですが・・・。


  また、紫尾温泉では、シブ柿を12時間温泉に漬けて甘い柿に変える「あおし柿」も、紫尾温泉の秋の名物として知られています。

  紫尾区営温泉「神の湯」に隣接する物産館(兼)休憩所「紫尾温泉神の湯ふれあい館」では、地元の特産品や、新鮮で安い野菜が展示即売されており、お土産を買うことができますので、こちらも併せて訪れると楽しいです。私はここで、菓子処 松屋(リンク先はさつま町ホームページのサブ・コンテンツ。2009年4月参照。)の「つるだせんべい」と、紫尾温泉 健康温泉水紫尾温泉水(注)とを買いました。紫尾温泉 健康温泉水紫尾温泉水)を買い求めたのは紫尾区営温泉「神の湯」で飲泉したらおいしかったからです。それ以外のさつま町の特産品については、さつま町HP特産品・物産館情報でご参照可能です。紫尾温泉の秋の名物である、上述の「あおし柿」も、紫尾温泉神の湯ふれあい館でお求めいただくことが可能との由です。
(注) 紫尾温泉水は、2012年8月現在楽天市場でお買い求めいただけます。
   →  
【楽天市場】紫尾温泉水


  紫尾温泉神の湯ふれあい館では、2011年2月現在、館内に休憩室があり、利用料を支払えば、紫尾区営温泉「神の湯」に1日何回でも入湯できるとの由です。紫尾温泉神の湯ふれあい館の営業は、以下のとおりです(ただし、2011年2月現在のものですので、例えば利用料金や営業時間等、ご来訪時には事前にご確認下さい)
1. 営業時間
   8:30〜18:00(午前8時半〜午後6時)
2. 定休日
   大晦日及び元旦
3. 休憩室利用料金
(1) 大人:840円,子供(4歳〜小学生):420円。
(2) 1日1人で、紫尾区営温泉「神の湯」入浴料込み。
4. 休憩室利用条件
(1) 食べ物・持ち物は持ち込み可との由です。
(2) 繰り返しになりますが、1日限りで紫尾区営温泉「神の湯」に何回でも入れます。
(3) 送迎相談可(9名までで、電話連絡要)との由ですが、どこまで迎えに来て下さるのかは存じ上げません。


  源泉が湧く紫尾神社については、上述の鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)紫尾神社として紹介されている(2012年8月参照)他に、鹿児島県神社庁でも紫尾神社として、さつま町ホームページでも紫尾神社として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも紫尾神社(さつま町)として紹介されています。御祭神は、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課) ・ 紫尾神社によれば、伊装冊尊(イザナギノミコト),  事解男神(コトサカオノミカミ),  速玉男神(ハヤタマオノカミ)です。ここでお詫びがあります。当ページ作成以来、2008年8月まではアウトドアショップ遊働館 ・ のらちゃんの鹿児島情報 ・ 鹿児島の神社に載っていた出水市(いずみし)にある同名の紫尾神社と混同してしまい、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト。別名or別表記:山幸彦,天津日高日子穂穂手見命,火遠理命)鵜茅茸不合尊(ウガヤフキアエズノミコト。別名or別表記:天津日高日子波限建鵜草葦不合命)としてしまっていたのですが、これは誤りでした。紫尾神社という名前の神社は県内に二つあり、祭神が異なっているとの由です。誤報をお伝えしてしまい、大変申し訳ありません伊装冊尊(イザナギノミコト)とは、言うまでもなく、記紀(古事記,  日本書紀)の日本の建国神話に出てくる神様です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 熊野権現によれば、速玉男神(ハヤタマオノカミ)とは和歌山県 ・ 熊野三山熊野本宮大社,  熊野速玉大社,  熊野那智大社)の神様である熊野権現の神様の中の1神で、薬師如来とされる神であるとの由でであり、同様に、事解男神(コトサカオノミカミ)についても同ページ(熊野権現)に載っている「事解之男神」のことと推測します。いずれにせよ、熊野権現の祭神です。実際、この3神は、熊野神社(鎌倉市)など各地の熊野権現系神社の祭神になっている模様です。

  さつま町ホームページ ・ 広報誌 ・ (合併前の)旧3町バックナンバー ・ 旧3町「鶴田町」・広報誌つるだ 平成14年2月号 ・ 16ページ(PDF):ふるさといいとこ歩き「神興寺僧侶の墓石塔群」によれば(2009年4月参照)紫尾神社はかつては和歌山県 ・ 熊野三山熊野本宮大社,  熊野速玉大社,  熊野那智大社)の流れをもつ紫尾権現(ごんげん)と呼ばれており、権現とは同資料(PDF)を引用すれば「伊弉册尊、事解男尊、速玉男尊の熊野三神(三所)が、仏に変化すれば阿弥陀如来であるという、神社であり寺院でもある言葉」であるとの由です。つまり、熊野三神である訳です。このことは、上述の「速玉男神は薬師如来とされる」旨と平仄(ひょうそく)が合う話です。余談ながら、「神でもあり、仏でもある」存在には明神というものもありますが、同資料(PDF)によれば明神とは熊野三神以外の神様の場合を指すとの由です。ただし、熊野三神としていながらも、紫尾神社の御祭神「伊装冊尊,  事解男神,  速玉男神」は、熊野三山それぞれの主祭神・熊野権現の「家都御子神(けつみこのかみ)or家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)熊野本宮大社,  熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)熊野速玉大社,  熊野夫須美大神:熊野那智大社」と比べた場合、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 熊野速玉大社によれば熊野速玉大神は伊邪那岐神と同一視されるとの由ですので、これが正しければ紫尾神社の御祭神で伊装冊尊と速玉男神が分かれているのは「同じ神様を二つに分けるのか?」ということになりますし、この辺りの事情はよく分かりません。また、全国各地の熊野神社がある所には、熊野神社を祀る一族・鈴木氏が多い(少なくとも中世には多かった)場合がよくあるのですが、今日の鹿児島県では鈴木氏は名字としては少ないです。紫尾神社熊野権現の影響を受けている旨はほぼ確かなのでしょうが、正確な関係はよく分かりませんでした。

  鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課) ・ 紫尾神社によれば(2012年8月参照)紫尾神社は1500年前に空覚上人により創建されたとの由です。同ページによれば、昔は紫尾山三所権現と呼ばれていたとの由であり、また、御神体の鏡三面は鎌倉幕府源実朝が奉納したと伝えられているとの由ですので、歴史の古さが窺えると思います。また、同ページによれば、「古くから祁答院(けどういん)七ヶ郷(山崎、大村、黒木、佐志、藺牟田(いむた)、宮之城、鶴田)の総社として尊崇されていた」との由であり、藩政時代には島津氏により、明治時代には県社として祭典が営まれて繁栄してきたとの由で、今日でも初詣(はつもうで)の名所になっている模様です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 紫尾神社(さつま町)によれば、江戸時代に「永野金山の発見をお告げしたことで有名になった」との由です。

  紫尾神社創建の由緒については、アウトドアショップ遊働館 ・ のらちゃんの鹿児島情報 ・ 「紫尾山(しびさん)の話」によれば、上述の空覚上人が紫尾神社の背後にある山・紫尾山に登山した際に、山頂に山の神々が集まって来て、「この山に社寺をたて法を広めよ」とのお告げが聞こえたからであるとの由です。また、「紫尾」の名前の由来については、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 紫尾山によれば、この空覚上人の登山の際に、紫尾山の山頂から麓へ向かって紫の雲がたなびく様子を見て名付けたとの伝承があるとの由です。ただし、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 紫尾山によれば、伝承の中での空覚上人の登山が継体天皇の時代とされていることに対して、継体天皇の御代は仏教伝来前なので時代を疑問視する説があるとの由です。時期は不明ながら古代としか言いようがないのでしょう。いずれにせよ、上述のように熊野権現の神様が祀られていたり、かつては紫尾山三所権現と呼ばれていたり、後述するように空覚上人は紫尾山祁答院(けどういん)神興寺という寺も同じ場所に創建していたりする旨に鑑(かんが)みれば、和歌山県 ・ 熊野三山熊野本宮大社,  熊野速玉大社,  熊野那智大社)から高野山にかけてと同様の山岳信仰の神社であった可能性が高い神社だと思います。

  上述のとおり、かつては紫尾神社の近くに、空覚上人が紫尾神社と併せて建立(こんりゅう)した紫尾山祁答院(けどういん)神興寺という寺もありました。紫尾山祁答院神興寺創建の縁起は、上述の紫尾神社と同じであり、神仏混交(神仏習合)の下に中世には神社と寺とが一体化して興隆していた模様ですが、残念ながら、紫尾温泉組合ホームページ ・ 紫尾温泉の歴史によれば、明治2年(1869年)の廃仏毀釈で、残念ながら紫尾山祁答院神興寺は廃寺になってしまったとの由です。かつての興隆状況については、さつま町ホームページ ・ 広報誌 ・ (合併前の)旧3町バックナンバー ・ 旧3町「鶴田町」・広報誌つるだ 平成14年2月号 ・ 16ページ(PDF):ふるさといいとこ歩き「神興寺僧侶の墓石塔群」によれば(2009年4月参照)、紫尾山祁答院神興寺は最盛期には多くの僧坊を抱えて栄えたとの由です。さつま町ホームページ ・ さつま町町勢要覧でもP13 歴史・文化2(PDF)(中の紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群【町指定文化財】欄)によれば(2009年4月参照)、紫尾山神興寺は、天保14年(1843年)に薩摩藩が編纂した『三国名勝図会』に載っているとの由ですので、江戸時代後期までは存在していた旨が分かります。上述の16ページ(PDF):ふるさといいとこ歩き「神興寺僧侶の墓石塔群」によれば、今でも石塔が、往時の興隆を伝えているとの由です。YOMIURI ONLINE 九州発紫尾温泉によれば(2005年参照,2009年時点消滅)、紫尾温泉の神の湯を浴用に用い始めた貞享年間(1684〜87)当初はこの寺の僧侶だけが入浴していたようですが、江戸時代末期から一般にも開放されたとの由です。

  鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 簡単検索の地図によれば、紫尾山祁答院神興寺跡の場所はこの辺り(地図)であるとの由です。また、さつま町観光物産品協会ホームページ ・ 史跡・観光によれば、紫尾山祁答院神興寺関連の史跡には、神興寺僧侶の墓石塔群があるとの由であり、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 簡単検索の地図によれば、神興寺僧侶の墓石塔群の場所は、この辺り(地図)であるとの由です。

  なお、鹿児島県高等学校歴史部会『鹿児島県の歴史散歩 歴史散歩 (46)』山川出版社,2005)pp.155-156によれば紫尾山神興寺は紫尾神社別当寺だったとの由で、これは、紫尾神社の祭神が熊野権現の祭神であって紫尾神社がこの地域の山岳信仰の神社であった可能性が高い旨と、熊野権現が元々神仏混交(神仏習合)色が強い旨に鑑(かんが)みれば、なんら不思議ではない神仏混交(神仏習合)性だと思います。熊野三山修験道の本拠地でもあった旨に鑑みれば、熊野権現山岳信仰の地域メッカだったと推測可能な「かつての紫尾神社紫尾山祁答院神興寺」の有りようも、修験道の色合いを帯びており、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 紫尾神社(さつま町)によれば、中世には紫尾山祁答院神興寺修験者(山伏)が群参したとの由です。

  なお、鹿児島県内の、廃仏毀釈後に復興した歴史の古い寺院は、2011年1月現在で私(当HP管理人)が知る限り、以下のとおりです。
鹿児島県内の、廃仏毀釈後に復興した歴史の古い寺院
(リンク先が地図の場合、powered by アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイド. )
所在地
(移転した場合、移転前)
宗派 寺院
廃仏毀釈 移転復興先
鹿児島市 曹洞宗 福昌寺
(現島津家墓地
薩摩川内市に移転(地図
曹洞宗 南林寺
(場所は現松原神社,  南林寺由緒墓,  南洲寺
大中寺
(同一市内で移転)
時宗 浄光明寺(地図
南洲墓地にあります。)
高野山真言宗 大乗院 最大乗院(地図
(同一市内で移転)
姶良市 高野山真言宗 護国山法城院ホームページ
(復興後の現所在地が、前の所在地と同じであるか否かは不明ですが、もしも異なっていたとしても、同じ姶良市加治木町地域内での移転です。)
日置市 曹洞宗 妙円寺
(場所は現徳重神社
妙円寺
(同一市内で移転)
いちき串木野市 高野山真言宗 冠岳山岳信仰エリア
廃仏毀釈 近年復興後
冠嶽山鎭國寺頂峯院(Wikipedia)
(かつては冠岳エリア内・今日の冠嶽園の場所にあったとの由です。)
冠嶽山鎭國寺頂峯院公式サイト
(昭和53年(1983年)、冠岳エリア内で、現地(地図)に移転再興。)
鎭國寺頂峯院,  冠嶽園等がある、古代から山岳信仰が盛んだった冠岳の他のスポットや総合案内リンク先については、(当HP内の)「北薩・中薩摩観光案内」ページ内の「冠岳」総合案内欄に載っています。

薩摩川内市 真言宗 泰平寺
出水市 臨済宗 感応寺
志布志市 臨済宗 大慈寺



当HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」を紹介する本  : 
本の表紙
   共著:高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント 』((株)ケー・ユー・ティー発行,丸善発売,2006年12月10日),\1,575−.






紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の全景。湯元が拝殿下にある紫尾神社は、この「神の湯」左側(写真で向こう側)に隣接しています。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の入り口。「CityDO!」紫尾区営温泉によれば(リンク切れ)、平成14年(2002年)暮れに改築されたとの由で、綺麗な新築です。私のような愛煙家の場合、この玄関前の長い庇の下で喫煙することができます。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の入り口部・玄関前の暖簾です。うーん、魅力満点!。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の番台部。左が男湯、右が女湯です。定番の牛乳もあり、また、新築の綺麗な建家は木の香りが漂ってきそうです。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の男子更衣室の中。入湯日時点で新築なので、更衣室も清潔かつ綺麗です。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の更衣室から見た浴室。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の浴室(注)。建て替えられたので綺麗で、素晴らしい泉質と綺麗な浴室という贅沢を200円(2005年6月現在)で楽しめるなんて、鹿児島県は素晴らしい!、と思います。
(注) 紫尾区営温泉「神の湯」は、が入湯した2005年には浴槽が3層に分かれていましたが、その後の改修工事の結果、2012年8月現在、浴槽は2層になっていますさつま町ホームページ ・ 紫尾区営温泉がリニューアルオープンしました! によれば(リンク先URLは2012年8月現在)、その工事が完成したのは9月19日との由ですが、どの年かはネットで調べてみましたが、分かりませんでした。【@nifty温泉】紫尾区営温泉神の湯(紫尾区営大衆浴場)の口コミ欄によれば、2009年4月時点ではまだ3層であり、2011年11月には2層になっているので、この工事は2009年か、2010年か、或いは2011年に行われたことになります。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の浴室で天井を眺めた方向。結構天井が高いです。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」では浴槽が温度差ごとに3槽に分かれていました(注)。最も熱い湯とそれ以外でお湯の色が異なっており、その差が分かる写真を撮ろうとしてみましたが、うまく色の差を捉えられませんでした。
(注) 紫尾区営温泉「神の湯」は、が入湯した2005年には浴槽が3層に分かれていましたが、その後の改修工事の結果、2012年8月現在、浴槽は2層になっていますさつま町ホームページ ・ 紫尾区営温泉がリニューアルオープンしました! によれば(リンク先URLは2012年8月現在)、その工事が完成したのは9月19日との由ですが、どの年かはネットで調べてみましたが、分かりませんでした。【@nifty温泉】紫尾区営温泉神の湯(紫尾区営大衆浴場)の口コミ欄によれば、2009年4月時点ではまだ3層であり、2011年11月には2層になっているので、この工事は2009年か、2010年か、或いは2011年に行われたことになります。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の浴槽が3槽に分かれている様子(注)を撮った写真。各浴槽ごとに湯口があります。
(注) 紫尾区営温泉「神の湯」は、が入湯した2005年には浴槽が3層に分かれていましたが、その後の改修工事の結果、2012年8月現在、浴槽は2層になっていますさつま町ホームページ ・ 紫尾区営温泉がリニューアルオープンしました! によれば(リンク先URLは2012年8月現在)、その工事が完成したのは9月19日との由ですが、どの年かはネットで調べてみましたが、分かりませんでした。【@nifty温泉】紫尾区営温泉神の湯(紫尾区営大衆浴場)の口コミ欄によれば、2009年4月時点ではまだ3層であり、2011年11月には2層になっているので、この工事は2009年か、2010年か、或いは2011年に行われたことになります。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の3槽に分かれた浴槽(注)を撮った写真です。
(注) 紫尾区営温泉「神の湯」は、が入湯した2005年には浴槽が3層に分かれていましたが、その後の改修工事の結果、2012年8月現在、浴槽は2層になっていますさつま町ホームページ ・ 紫尾区営温泉がリニューアルオープンしました! によれば(リンク先URLは2012年8月現在)、その工事が完成したのは9月19日との由ですが、どの年かはネットで調べてみましたが、分かりませんでした。【@nifty温泉】紫尾区営温泉神の湯(紫尾区営大衆浴場)の口コミ欄によれば、2009年4月時点ではまだ3層であり、2011年11月には2層になっているので、この工事は2009年か、2010年か、或いは2011年に行われたことになります。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」浴室の洗い場の写真。建て替えられた後なので、洗い場もとても綺麗です。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」の温浴施設外側に、温泉水給湯所がありました。左側の料金箱が「寸志」となっているのは、豊富な湯量と日本人のモラルの高さとの賜物ですね。





紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」温浴施設(右側)とすぐ隣接する紫尾神社拝殿下(左側)との境目の状況。拝殿下の岩の割れ目に自噴泉源があるとの由ですが、給湯の仕組みはよく分かりませんでした。





紫尾神社の拝殿。この拝殿下から天然温泉水が自然湧出するだなんて、正に紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」は「神の湯」です。





紫尾神社の拝殿裏から撮った写真。右側が拝殿で、左側の建家が紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」です。




紫尾温泉 ・ 紫尾区営温泉「神の湯」に隣接する休憩所「紫尾温泉神の湯ふれあい館」では、地元の特産品や新鮮で安い野菜を、展示即売等でお土産として買うことができます。




鹿児島県へは、九州新幹線で行けます。九州新幹線では、大阪新大阪駅)から鹿児島市鹿児島中央駅)間まで最短3時間45分で直通で結ばれます。九州新幹線全線開業で、一気にかごしますぐそこに、鹿児島県。

時刻表は  →  JR九州公式ホームページ

沿線観光案内  →  (当HP内の)九州新幹線乗車記





鹿児島県宮崎県方面から行く場合には、特急きりしま等のJR九州 ・ 日豊本線の列車で行けます(2012年8月現在)

時刻表は    JR九州ホームページ

列車案内は    (当HP内の)特急きりしま乗車記






鹿児島県人吉温泉方面からJR九州 ・ 肥薩線の列車で行く場合には、楽しい観光列車「いさぶろう・しんぺい」号観光特急「はやとの風」で乗り継いで行くことができます(2012年8月現在)

時刻表は    JR九州ホームページ

列車案内は    (当HP内の)観光特急「はやとの風」乗車記

   (当HP内の)観光列車「いさぶろう・しんぺい」号乗車記


↑ 観光特急「はやとの風」

観光列車「いさぶろう・しんぺい」号 ↓




鹿児島県 ・ 北薩・中薩地域熊本県 ・ 八代市方面から行く場合には、肥薩おれんじ鉄道で行くことができます。

時刻表は    肥薩おれんじ鉄道公式ホームページ

沿線観光案内は    (当HP内の)肥薩おれんじ鉄道乗車記




紫尾温泉薩摩川内市(さつませんだいし) ・ 川内駅から途中の宮之城までいわさきバスネットワーク(旧・林田バス)等の会社のバスで行く場合、時刻表は九州のバス時刻表ホームページ,  交通ナビかごしまでご確認いただけます(写真は同一企業グループ内別会社の鹿児島交通のもの。)
九州のバス時刻表

交通ナビかごしま







紫尾温泉の宿泊案内(紫尾温泉の温泉宿+キャンプ場)
紫尾温泉
温泉宿
紫尾温泉 旅籠 しび荘(旅館独自公式WEBサイト)
楽天トラベルでも【楽天トラベル】紫尾温泉 旅籠しび荘として、さつま町HPでもしび荘として、鹿児島 温泉.netでもしび荘として、 かごしまの青空(ブログ)でも紫尾温泉 旅籠 しび荘として、 のっくの「週末は温泉へGO!」 (ブログ)でも鹿児島県 紫尾温泉 しび荘 ★★★★ 2012年5月3日として紹介されています。松田忠徳温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版光文社新書,2002)pp.410−411によれば、紫尾区営温泉「神の湯」の湯と自家源泉とを混合ブレンドしているとの由です。)
【楽天トラベル】紫尾温泉 旅籠しび荘
【楽天トラベル ANA楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 旅籠しび荘
【楽天トラベル JAL楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 旅籠しび荘
【楽天トラベル】くすのき荘
(リンク先は楽天トラベルのサブ・コンテンツ。さつま町HPでもくすのき荘として、鹿児島 温泉.netでもくすのき荘として、jiang cafe −ジャンカフェ−でもくすのき荘(紫尾温泉)として紹介されています。松田忠徳温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版光文社新書,2002)pp.410−411によれば、紫尾区営温泉「神の湯」の湯と自家源泉とを混合ブレンドしているとの由です。)
【楽天トラベル】くすのき荘
【楽天トラベル】紫尾温泉 ちどり荘
(リンク先は楽天トラベルのサブ・コンテンツ。鹿児島 温泉.netでもちどり荘として、さつま町HPでもちどり荘として紹介されています。松田忠徳温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版光文社新書,2002)には記載が無いので、旅籠しび荘くすのき荘と同様に「紫尾区営温泉「神の湯」の湯と自家源泉とを混合ブレンド」しているか否かは不明です。)
【楽天トラベル】紫尾温泉 ちどり荘
【楽天トラベル ANA楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 ちどり荘
【楽天トラベル JAL楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 ちどり荘
四季の杜 紫尾庵
旅籠しび荘の別館として、2010年春にオープンしました。MAPPLE観光ガイドでも四季の杜 紫尾庵として、九州沖縄7紙合同サイト プレス9 ・ 九州温泉プレスでも四季の杜 紫尾庵として紹介されています(リンク先URLは2011年2月現在)。)
キャンプ場 神の湯キャンプ場(神の湯ふれあい公園)(注)
(リンク先はさつま町HPのサブ・コンテンツ。鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも神の湯ふれあい公園として、全国旅そうだんでも紫尾神の湯キャンプ場として、じゃらんnetでも紫尾神の湯キャンプ場として紹介されています(いずれも、リンク先URLは2012年8月現在)。)
(注) 神の湯キャンプ場でご宿泊の場合、温泉は紫尾区営温泉「神の湯」に立ち寄り湯していただくことになります




鹿児島県の宿泊予約
鹿児島県の温泉宿宿泊予約
鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧
宮之城温泉  温泉宿一覧
指宿温泉  温泉宿一覧
霧島温泉  温泉宿一覧
妙見温泉  温泉宿一覧
鹿児島県:航空券+ホテル・宿の宿泊予約 鹿児島県:航空券+ホテル・宿の宿泊予約


北薩・中薩の温泉・温浴施設の入湯記と、北薩・中薩の観光の訪問記
吹上温泉郷(日置市) みどり荘
川内市街地温泉 川内ホテル・川内温泉センター
(ホテルの温泉ですが、温泉銭湯として安く入湯できます)
温泉平佐城(平佐城温泉)
藺牟田温泉(薩摩川内市) いこいの村いむた池
紫尾温泉(さつま町) 紫尾区営温泉「神の湯」
日置市の観光 さつま湖公園
妙円寺
(島津義弘菩提寺で、妙円寺詣り発祥の禅寺)
徳重神社
(島津義弘を祭神とする、妙円寺詣り会場の神社)
雪窓院跡&島津義久公剃髪石(座禅石)
一宇治城跡(伊集院城跡;城山公園)
いちき串木野市の観光 薩摩金山蔵
(焼酎蔵[焼酎工場]見学,金山跡坑道見学,薩摩料理&焼酎お食事処)
薩摩川内市街地の観光 川内川花火大会
新田神社(薩摩国一宮)
可愛山陵
(天孫降臨伝説・日向神話の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)
泰平寺
薩摩国分寺跡史跡公園
川内歴史資料館
川内まごころ文学館
川内戦国村
(鹿児島県の歴史を紹介するテーマパーク(兼)博物館。村内に展示館「西郷記念展」があります。)
川内原子力発電所展示館
きやんせふるさと館
鉄道 肥薩おれんじ鉄道
出水市の観光 感応寺(感応禅寺)・五廟社(島津氏最初の5代の墓)
出水市ツル観察センター
出水麓武家屋敷群
出水市出水駅観光特産品館「飛来里」
日本一のお地蔵様(出水市・八坂神社)



鹿児島県の寺社仏閣観光スポットの訪問記
カテゴリー 地域 訪問or体験したスポット
天孫降臨伝説日向神話 霧島周辺 霧島神宮
(天孫降臨伝説のニニギノミコトが祭神。良い神社が多い鹿児島県内でも、特に別格的にお薦めの神社)
霧島神宮古宮址
高千穂峰登山(霧島神宮御神体:天孫降臨の場所)
薩摩川内市 新田神社(薩摩国一宮)
可愛山陵
(天孫降臨伝説・日向神話の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)
霧島市 鹿児島神宮(大隅国一宮)
高屋山上陵
(日向神話の彦火々出見尊(ヒコホホデミノミコト,別名・火遠理命(ホオリノミコト),山幸彦)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)
その他 鹿児島市(含む桜島) 照国神社
(島津斉彬公を祭神とする、鹿児島市を代表する神社)
猫神神社
(島津家別邸・名勝 仙巌園(磯庭園)にあります)
南洲神社・南洲墓地
(西郷隆盛命を祭神とする神社と、西郷隆盛ら西南戦争薩軍戦死将兵を合葬した墓地)
荒田八幡宮
福昌寺跡(島津家墓地)
南洲寺(僧月照の墓)
南林寺由緒墓
松原神社
大中寺(薩摩義士の墓)
慈眼寺公園(慈眼寺跡)
谷山神社
霧島エリア 和気神社
隼人・国分・姶良地域 蒲生八幡神社
長年寺跡と島津墓地・亀墓
加治木護国神社(加治木島津館跡)
日置市 妙円寺
(島津義弘菩提寺で、妙円寺詣り発祥の禅寺)
徳重神社
(島津義弘を祭神とする、妙円寺詣り会場の神社)
雪窓院跡&島津義久公剃髪石(座禅石)
薩摩川内市 泰平寺
薩摩国分寺跡史跡公園
出水市 感応寺(感応禅寺)・五廟社(島津氏最初の5代の墓)
日本一のお地蔵様(出水市・八坂神社)
さつま町 紫尾神社(紫尾区営温泉「神の湯」入湯記)
志布志市 大慈寺
屋久島 益救神社(最南端の式内社,旧多禰国一宮)
屋久島大社
その他 鹿児島の観光スポット訪問記については、当ページ(当画面)内の観光地訪問記一覧に目次があります。





紫尾温泉の宿泊案内(紫尾温泉の温泉宿+キャンプ場)
紫尾温泉
温泉宿
紫尾温泉 旅籠 しび荘(旅館独自公式WEBサイト)
楽天トラベルでも【楽天トラベル】紫尾温泉 旅籠しび荘として、さつま町HPでもしび荘として、鹿児島 温泉.netでもしび荘として、 かごしまの青空(ブログ)でも紫尾温泉 旅籠 しび荘として、 のっくの「週末は温泉へGO!」 (ブログ)でも鹿児島県 紫尾温泉 しび荘 ★★★★ 2012年5月3日として紹介されています。松田忠徳温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版光文社新書,2002)pp.410−411によれば、紫尾区営温泉「神の湯」の湯と自家源泉とを混合ブレンドしているとの由です。)
【楽天トラベル】紫尾温泉 旅籠しび荘
【楽天トラベル ANA楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 旅籠しび荘
【楽天トラベル JAL楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 旅籠しび荘
【楽天トラベル】くすのき荘
(リンク先は楽天トラベルのサブ・コンテンツ。さつま町HPでもくすのき荘として、鹿児島 温泉.netでもくすのき荘として、jiang cafe −ジャンカフェ−でもくすのき荘(紫尾温泉)として紹介されています。松田忠徳温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版光文社新書,2002)pp.410−411によれば、紫尾区営温泉「神の湯」の湯と自家源泉とを混合ブレンドしているとの由です。)
【楽天トラベル】くすのき荘
【楽天トラベル】紫尾温泉 ちどり荘
(リンク先は楽天トラベルのサブ・コンテンツ。鹿児島 温泉.netでもちどり荘として、さつま町HPでもちどり荘として紹介されています。松田忠徳温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版光文社新書,2002)には記載が無いので、旅籠しび荘くすのき荘と同様に「紫尾区営温泉「神の湯」の湯と自家源泉とを混合ブレンド」しているか否かは不明です。)
【楽天トラベル】紫尾温泉 ちどり荘
【楽天トラベル ANA楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 ちどり荘
【楽天トラベル JAL楽パック(航空券+宿泊同時予約)】紫尾温泉 ちどり荘
四季の杜 紫尾庵
旅籠しび荘の別館として、2010年春にオープンしました。MAPPLE観光ガイドでも四季の杜 紫尾庵として、九州沖縄7紙合同サイト プレス9 ・ 九州温泉プレスでも四季の杜 紫尾庵として紹介されています(リンク先URLは2011年2月現在)。)
キャンプ場 神の湯キャンプ場(神の湯ふれあい公園)(注)
(リンク先はさつま町HPのサブ・コンテンツ。鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも神の湯ふれあい公園として、全国旅そうだんでも紫尾神の湯キャンプ場として、じゃらんnetでも紫尾神の湯キャンプ場として紹介されています(いずれも、リンク先URLは2012年8月現在)。)
(注) 神の湯キャンプ場でご宿泊の場合、温泉は紫尾区営温泉「神の湯」に立ち寄り湯していただくことになります




鹿児島県の宿泊予約 & まち楽
(powered by 楽天トラベル, and 楽天市場.)
  ↓

全国温泉宿予約(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
  
  ↓

宿泊施設情報(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧    鹿児島市内(鹿児島・桜島)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  空室検索    南薩(指宿・枕崎)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  温泉宿一覧
南薩(指宿・枕崎)  温泉宿一覧
吹上温泉  温泉宿一覧
   北薩(出水・川内)  ホテル・旅館一覧
市比野温泉  温泉宿一覧
宮之城温泉  温泉宿一覧
北薩(出水・川内)  温泉宿一覧
霧島温泉  空室検索    大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  ホテル・旅館一覧
霧島温泉  温泉宿一覧
妙見温泉  温泉宿一覧
大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  温泉宿一覧
種子島・屋久島  温泉宿一覧    種子島・屋久島  ホテル・旅館一覧
      奄美大島・喜界島・徳之島  ホテル・旅館一覧
      沖永良部島・与論島  ホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったANA楽パック ・ 鹿児島県
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったJAL楽パック ・ 鹿児島県










このページのトップへ    (当ページ内)入湯記一覧へ    (当ページ内)観光地訪問記一覧へ    (当ページ内)全国の観光・温泉案内へ

「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」の温泉・温浴施設の入湯記
温泉,地域 入湯した温泉・温浴施設
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) 城山観光ホテル・城山温泉・さつま乃湯(桜島と海が見える露天風呂があります。)
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) ホテル吹上荘
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) 温泉ホテル中原別荘
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) ホテル満秀
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) KKR鹿児島敬天閣
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) 錦江高原ホテル
鹿児島市内温泉(ホテル,旅館) ホテルエスポワールタナカ
鹿児島市内温泉(ホテル(兼)立ち寄り湯) 健康プラザ田中温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 芦刈温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 池田温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 一本桜温泉センター(市内西部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 今村温泉(市内中心部)(注)
(注)残念ながら2011年5月31日をもって閉店しました。
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) うちの温泉センター(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) お乃湯(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 温泉錦湯(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) かごっま温泉(天文館最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 春日温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 霧島温泉(天文館最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 花野温泉たぬき湯(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 郡元温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) さつま温泉(天文館最寄り かつ ウォーターフロント・ベイエリア)(注)
(注)残念ながら2007年6月に廃業したとの由です。
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 野天風呂 薩摩いろはの湯(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 慈眼寺温泉(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 寿康温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 城山長寿泉(市内中心部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 新川温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 新とそ温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) ジェルめいわ温泉(旧・めいわ温泉,市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 太陽ヘルスセンター(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 武岡温泉(市内西部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 竹迫温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 玉里温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 中山温泉(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 中村温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 永吉温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 滑川温泉(市電沿線,JR鹿児島駅最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 南開温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 西田温泉(鹿児島中央駅最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) はらら温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 真砂温泉(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みずほ温泉(市電沿線)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みやこ温泉(市内北部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みょうばん温泉(鹿児島中央駅最寄り)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) みょうばん温泉まきばの湯(市内南部)
鹿児島市内温泉(立ち寄り湯) 薬師温泉(市内北部)
鹿児島温泉(桜島地域) 国民宿舎レインボー桜島・マグマ温泉
鹿児島温泉(桜島地域) さくらじま白浜温泉センター
鹿児島市・桜島古里温泉 ふるさと観光ホテル
鹿児島市・桜島古里温泉 桜島シーサイドホテル
鹿児島市・桜島古里温泉 さくらじまホテル
鹿児島市内温泉・足湯 ドルフィンポート・足湯
鹿児島市内温泉・足湯 奄美の里・足湯
指宿温泉 指宿いわさきホテル
指宿温泉 指宿白水館
指宿温泉 指宿こころの湯(日帰り温泉立ち寄り湯のスーパー銭湯。旅館「指宿こころの宿」も併設されています。)
指宿温泉 二月田温泉殿様湯(指宿温泉でも特に歴史と伝統のある、日帰り温泉立ち寄り湯)
指宿市(旧・山川町地域)・鰻温泉 区営鰻温泉
指宿市(旧・山川町地域)・鰻温泉 うなぎ温泉まつまえ
指宿市(旧・山川町地域)・伏目温泉 山川ヘルシーランド露天風呂(海が見える露天風呂がある日帰り温泉立ち寄り湯)
南薩地域・枕崎市 枕崎なぎさ温泉(海が見える露天風呂がある日帰り温泉立ち寄り湯)
霧島温泉郷 霧島いわさきホテル
霧島温泉郷 霧島国際ホテル
霧島温泉郷 霧島スパヒルズ(旧「霧島第一ホテル スパヒルズ」)
霧島温泉郷 硫黄谷温泉霧島ホテル
霧島温泉郷 静流荘
霧島温泉郷 旅行人山荘
霧島温泉郷 前田温泉カジロが湯(日帰り温泉立ち寄り湯)
霧島温泉郷 新湯温泉・霧島新燃荘
霧島温泉(霧島山麓) 野々湯温泉
霧島温泉郷&霧島山系山麓の温泉地 栗野岳温泉南洲館
霧島山系周辺平野部・吉松温泉郷 吉松駅前温泉
妙見温泉 妙見石原荘
妙見温泉 味の宿どさんこ
妙見温泉 田島本館
新川渓谷温泉郷 塩浸温泉龍馬公園
新川渓谷温泉郷 日の出温泉きのこの里
日当山温泉 日当山温泉・花の湯
国分,隼人,姶良地区・足湯 鹿児島空港天然温泉足湯「おやっとさあ」
国分,隼人,姶良地区 船津温泉
国分,隼人,姶良地区 重富温泉
国分,隼人,姶良地区 姶良市温泉センター くすの湯(旧・蒲生町多目的温泉保養センター「くすの湯」)
国分,隼人,姶良地区 龍門滝温泉
北薩・中薩吹上温泉郷 みどり荘
北薩・中薩いちき串木野市 薩摩金山蔵 「杜氏乃湯」
(温浴施設は、後になくなっており、焼酎蔵[焼酎工場]見学,金山跡坑道見学,薩摩料理&焼酎お食事処専用施設になっています。)
北薩・中薩川内市街地温泉 川内ホテル・川内温泉センター
北薩・中薩川内市街地温泉 温泉平佐城(平佐城温泉)
北薩・中薩藺牟田温泉 いこいの村いむた池
北薩・中薩紫尾温泉 紫尾区営温泉「神の湯」
屋久島等・屋久島の温泉 屋久島いわさきホテル
屋久島等・屋久島の温泉 JRホテル屋久島
屋久島等・屋久島の温泉 縄文の宿 まんてん
屋久島等・屋久島の温泉 平内海中温泉
屋久島等・屋久島の温泉 湯泊温泉
屋久島等・屋久島の温泉 尾之間温泉
屋久島等・屋久島の温泉 楠川温泉
屋久島等・屋久島の温泉 旧・大浦温泉(大浦の湯)
横浜の温泉 横浜みなとみらい万葉倶楽部(ローリー温泉(運び湯))
横浜温泉 綱島温泉・綱島ラジウム温泉東京園
横浜温泉 綱島温泉・富士乃湯
横浜温泉 天然温泉みうら湯弘明寺店
横浜温泉 若宮湯
横浜温泉 中島館
横浜の大浴場付きホテル ブリーズベイホテル・リゾート&スパ,&  リゾートカプセル桜木町
東京都の温泉 麻布十番温泉  (注) 残念ながら2008年3月末で廃業しました。
東京都の温泉 東京ドーム天然温泉 Spa LaQua(スパ ラクーア)
川崎温泉 縄文天然温泉 志楽の湯
福岡市内温泉 薬院しろやま乃湯  (注) 残念ながら閉館しました。
福岡市内温泉 萃豊閣ホテル&南福岡グリーンホテル温泉
福岡市内温泉 八百治博多ホテル・八百治の湯
人吉市内の温泉 球磨川ラフティング MAIN STREAM & ビジネスホテル白山山荘 附属温泉
高知の温泉 龍河温泉(香美市)
高知の温泉 物部川ほとりの温泉 夢の温泉(香美市)
高知の温泉 高知黒潮ホテル・黒潮温泉「龍馬の湯」(香南市)
高知の温泉 高知三翠園・高知三翠園温泉水哉閣(高知市)
高知の温泉 スーパーホテル高知・長岡温泉・龍馬の湯(高知市)
高知の温泉 国民宿舎 桂浜荘(高知市桂浜:人工温泉)
札幌市内温泉 JRタワーホテル日航札幌・スカイリゾートスパ「プラウブラン(月の島)」
札幌市内温泉 ホテルモントレエーデルホフ札幌・スパ
大阪市内温泉 スーパーホテルCity大阪天然温泉(なにわ天然温泉「花乃井」)
大阪市内温泉 ホテル阪神「徳次郎の湯」(天然温泉スパ&サウナ)
大阪市内温泉 天然温泉なにわの湯
大阪府・箕面温泉 箕面温泉スパーガーデン
宮城県の温泉 鳴子温泉・貸切露天風呂の宿扇屋
秋田県の温泉 乳頭温泉郷・鶴の湯温泉
山梨県の温泉 下部温泉郷・古湯坊源泉館
山梨県の温泉 下部温泉・くつろぎの宿裕貴屋(旧・大市館)
長野県の温泉 奥蓼科温泉郷 渋御殿湯
長野県の温泉 明治温泉旅館
長野県の温泉 毒沢鉱泉神乃湯
ここで紹介しきれていない最新の入湯記はこちらへ





このページのトップへ    (当ページ内)入湯記一覧へ    (当ページ内)観光地訪問記一覧へ    (当ページ内)全国の観光・温泉案内へ

「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」の訪問記or体験記
地域 訪問or体験した観光地orスポット
鹿児島県全体 鹿児島の芋焼酎が楽天市場で買える鹿児島県内店(リンク先は当HP管理人のブログ・カミタク・ブログの記事。)
鹿児島市内(含む桜島) 九州新幹線
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市電
(鹿児島市電については、当HP管理人の別サイト・鉄道艦船航空陸自マニアでも、鹿児島市交通局として紹介されています。)
鹿児島市内(含む桜島) カゴシマシティビュー乗車記(鹿児島市内観光地周遊バス)
鹿児島市内(含む桜島) 尚古集成館(島津斉彬公による我が国初の洋式工業団地・集成館事業の産業遺産)
鹿児島市内(含む桜島) 島津家別邸:名勝 仙巌園(磯庭園)
鹿児島市内(含む桜島) 猫神神社(+猫グッズ専門店「猫屋」)
鹿児島市内(含む桜島) 磯工芸館(旧島津家吉野植林所)
鹿児島市内(含む桜島) 薩摩ガラス工芸(薩摩切子)工場見学
鹿児島市内(含む桜島) 磯くわはら館(旧芹ヶ野島津家金山鉱業事業所建物のレストラン)
鹿児島市内(含む桜島) 異人館(旧鹿児島紡績所技師館)
鹿児島市内(含む桜島) caf'e潮音館(旧・重富島津家別邸米蔵の石蔵のカフェ:田之浦潮音館)
鹿児島市内(含む桜島) 城山(城山展望台)
鹿児島市内(含む桜島) 鶴丸城(鹿児島城)
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島県歴史資料センター黎明館
鹿児島市内(含む桜島) 薩摩義士碑
鹿児島市内(含む桜島) 大中寺(薩摩義士の墓)
鹿児島市内(含む桜島) 平田公園(平田靱負屋敷跡&平田靱負銅像)
鹿児島市内(含む桜島) 西郷隆盛銅像
鹿児島市内(含む桜島) 大久保利通銅像
鹿児島市内(含む桜島) 維新ふるさと館
鹿児島市内(含む桜島) 東郷平八郎誕生地
鹿児島市内(含む桜島) 甲突川河畔(桜のお花見&歴史散策)
鹿児島市内(含む桜島) 示現流兵法所史料館(示現流史料館)
鹿児島市内(含む桜島) 天璋院篤姫の生家・今和泉島津家本邸跡
鹿児島市内(含む桜島) 南洲神社・南洲墓地
鹿児島市内(含む桜島) 西郷南洲顕彰館
鹿児島市内(含む桜島) 西郷洞窟
鹿児島市内(含む桜島) 福昌寺跡(島津家墓地)
鹿児島市内(含む桜島) 照国神社と六月灯
鹿児島市内(含む桜島) 探勝園跡(島津三銅像〜照国神社脇の島津斉彬公像,島津久光公像,島津忠義公像〜
鹿児島市内(含む桜島) 荒田八幡宮と六月灯
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市立美術館
鹿児島市内(含む桜島) 長島美術館
鹿児島市内(含む桜島) 陽山美術館
鹿児島市内(含む桜島) 児玉美術館
鹿児島市内(含む桜島) 三宅美術館
鹿児島市内(含む桜島) かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島県立博物館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市立科学館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島大学総合研究博物館
鹿児島市内(含む桜島) 石橋記念公園・石橋記念館(祇園之洲公園)
鹿児島市内(含む桜島) いおワールド かごしま水族館
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市平川動物公園
鹿児島市内(含む桜島) 奄美の里(本場大島紬の里)
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島市立ふるさと考古歴史館(掃除山遺跡出土品,草野貝塚展示博物館)
鹿児島市内(含む桜島) 県立吉野公園(桜のお花見の名所)
鹿児島市内(含む桜島) 多賀山公園(東郷平八郎銅像,東福寺城址)
鹿児島市内(含む桜島) おはら祭
鹿児島市内(含む桜島) かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」
鹿児島市内天文館 山形屋百貨店
鹿児島市内(含む桜島) 天文館(鹿児島の中心街・繁華街)
鹿児島市内天文館 うなぎの末よし
鹿児島市内天文館 正調さつま料理 熊襲亭
鹿児島市内天文館 cafe de MANON(カフェ・ド・マノン)
鹿児島市内天文館 さつまいもの館
鹿児島市内天文館 唐芋ワールド
鹿児島市内天文館 池畑天文堂
鹿児島市内天文館 T−MAXボウル(T-MAX BOWL)
鹿児島市内(含む桜島) アミュプラザ鹿児島&大観覧車アミュラン
鹿児島市内(含む桜島) 南洲寺(僧月照の墓)
鹿児島市内(含む桜島) 南林寺由緒墓
鹿児島市内(含む桜島) 松原神社
鹿児島市内(含む桜島) 天保山公園(坂本竜馬新婚の碑,共月亭,砲台跡,調所広郷の像)
鹿児島市内(含む桜島) 慈眼寺公園(慈眼寺跡)
鹿児島市内(含む桜島) 谷山神社
鹿児島市内(含む桜島) 鹿児島カテドラル・ザビエル教会
鹿児島市内(含む桜島) ザビエル滞麑記念碑(ザビエル公園)
鹿児島市内(含む桜島) 桜島納涼観光船
鹿児島市内(含む桜島) 桜島フェリー
鹿児島市内(含む桜島) 桜島(特に湯之平展望所)
鹿児島市内(含む桜島) 桜島焼窯元・桜岳陶芸
指宿周辺 岩崎美術館・工芸館
指宿周辺 時遊館COCCOはしむれ(指宿市考古博物館),橋牟礼川遺跡
指宿周辺 知林ヶ島
指宿周辺 特急「指宿のたまて箱」紹介+特別快速なのはなDX乗車記
知覧周辺 知覧特攻平和会館
知覧周辺 知覧武家屋敷群
知覧周辺 ミュージアム知覧(南九州市立博物館)
知覧周辺 薩摩英国館
南薩地域(指宿市山川) 長崎鼻
南薩地域(指宿市山川) フラワーパーク かごしま
南薩地域(指宿市山川) JR日本最南端の駅「西大山駅」
南薩地域 開聞岳 & 開聞山麓自然公園
南薩地域 池田湖
南薩地域 あじろ浜(網代浜)訪問記&坊津観光案内
霧島周辺 霧島神宮
霧島周辺 霧島神宮古宮址
霧島周辺 高千穂河原&高千穂河原ビジターセンター
霧島周辺 霧島連山登山(霧島トレッキング・霧島縦走コース:韓国岳,獅子戸岳,新燃岳,中岳)
霧島周辺 高千穂峰登山
霧島周辺 和気神社&霧島市和気公園
霧島周辺 犬飼滝
霧島周辺 高千穂牧場
霧島周辺 生駒高原 コスモス園
霧島周辺 特急きりしま
霧島周辺 観光特急「はやとの風」(肥薩線の旅行)
霧島周辺 観光列車「いさぶろう・しんぺい」号(肥薩線の旅行)
隼人・国分・姶良地域 上野原縄文の森(上野原遺跡)
隼人・国分・姶良地域 鹿児島神宮(大隅国一宮)
隼人・国分・姶良地域 霧島市立隼人歴史民俗資料館
隼人・国分・姶良地域 隼人塚
隼人・国分・姶良地域 霧島市立隼人塚史跡館
隼人・国分・姶良地域 熊襲の穴
隼人・国分・姶良地域・溝辺 高屋山上陵
(日向神話の彦火々出見尊(ヒコホホデミノミコト,別名・火遠理命(ホオリノミコト),山幸彦)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)
隼人・国分・姶良地域 龍門滝
隼人・国分・姶良地域 長年寺跡と島津墓地・亀墓
隼人・国分・姶良地域 加治木島津館跡(加治木護国神社)
隼人・国分・姶良地域 蒲生八幡神社
隼人・国分・姶良地域 蒲生の大クス(特別天然記念物)
北薩・中薩 ・ 日置市 さつま湖公園
北薩・中薩 ・ 日置市 妙円寺
(島津義弘菩提寺で、妙円寺詣り発祥の禅寺)
北薩・中薩 ・ 日置市 徳重神社
(島津義弘を祭神とする、妙円寺詣り会場の神社)
北薩・中薩 ・ 日置市 雪窓院跡&島津義久公剃髪石(座禅石)
北薩・中薩 ・ 日置市 一宇治城跡(伊集院城跡;城山公園)
北薩・中薩 ・ いちき串木野市 薩摩金山蔵
(焼酎蔵[焼酎工場]見学,金山跡坑道見学,薩摩料理&焼酎お食事処)
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内川花火大会
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 新田神社(薩摩国一宮)
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 可愛山陵(瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の墓)
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 泰平寺
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 薩摩国分寺跡史跡公園
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内歴史資料館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内まごころ文学館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内戦国村
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 川内原子力発電所展示館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市街地 きやんせふるさと館
北薩・中薩 ・ 薩摩川内市 藺牟田池(いこいの村いむた池入湯記)
北薩・中薩 肥薩おれんじ鉄道
北薩・中薩 ・ 出水市 感応寺(感応禅寺)・五廟社(島津氏最初の5代の墓)
北薩・中薩 ・ 出水市 出水市ツル観察センター
北薩・中薩 ・ 出水市 出水麓武家屋敷群
北薩・中薩 ・ 出水市 出水市出水駅観光特産品館「飛来里」
北薩・中薩 ・ 出水市 日本一のお地蔵様(出水市・八坂神社)
北薩・中薩 ・ さつま町 紫尾神社(紫尾区営温泉「神の湯」入湯記)
大隅半島 ・ 志布志市 大慈寺
屋久島 益救神社(最南端の式内社,旧多禰国一宮)
屋久島 屋久島大社
屋久島 屋久杉自然館(+「縄文杉の写真」,杉の茶屋)
屋久島 ボタニカルリサーチパーク(屋久島有用植物リサーチパーク)+トローキの滝
屋久島 屋久杉ランド(ヤクスギランド)
屋久島 紀元杉
屋久島 白谷雲水峡
横浜 ホテルニューグランド
横浜 横浜伊勢佐木町ワシントンホテル
横浜 横浜ランドマークタワー&横浜ロイヤルパークホテル
湘南・三浦・鎌倉 観音崎京急ホテル・レストラン「浜木綿」(&「SPASSO(スパッソ)」案内)
湘南・三浦・鎌倉 観音崎灯台
北九州,下関他 門司港レトロ地区:全般
北九州,下関他 門司港レトロ地区:旧門司税関
北九州,下関他 門司港レトロ地区:門司港駅
北九州,下関他 門司港レトロ地区:旧門司三井倶楽部
北九州,下関他 門司港レトロ地区:海峡プラザ赤煉瓦ガラス館 & オルゴールミュージアム門司港を含む)
高知の観光 高知城
高知の観光 桂浜
高知の観光 高知県立坂本龍馬記念館
高知の観光 坂本龍馬像
高知の観光 高知市立龍馬の生まれた町記念館
高知の観光 坂本龍馬誕生地の碑
名古屋の観光 覚王山日泰寺
名古屋の観光 末森城址(末盛城址)&城山八幡宮
岐阜県の観光 治水神社(薩摩義士ゆかりの神社)
岐阜県の観光 千本松原(油島千本松締切堤)
岐阜県の観光 国営木曽三川公園・木曽三川公園センター
三重県の観光 海蔵寺(薩摩義士の墓)
三重県の観光 常音寺(薩摩義士の墓)
長野県の観光 岩松院(福島正則公霊廟)
長野県の観光 諏訪大社上社本宮
長野県の観光 諏訪大社上社前宮
長野県の観光 神長官守矢史料館
長野県の観光 尖石縄文考古館,尖石遺跡,与助尾根遺跡
長野県の観光 御射鹿池(みしゃかいけ)
(東山魁夷の「白い馬」シリーズの名画「緑響く」の取材地)
長野県の観光 横谷渓谷(よこやけいこく)
ここで紹介しきれていない最新の訪問記or体験記はこちらへ



このページのトップへ    (当ページ内)入湯記一覧へ    (当ページ内)観光地訪問記一覧へ    (当ページ内)全国の観光・温泉案内へ




全国と鹿児島県の温泉&観光
鹿児島県の温泉&観光
(訪問した所は訪問記(注),訪問未済みの所はリンク集)

(注)100箇所以上に及ぶ、当HPオリジナル・コンテンツ。
地域 温泉案内 観光案内
鹿児島市
(桜島を含む)
鹿児島温泉とは(鹿児島市内温泉とは) 鹿児島市内(含む桜島)観光案内
鹿児島市の温泉(ホテル・旅館,桜島も含む)
鹿児島市の温泉(温泉銭湯[日帰り温泉立ち寄り湯],桜島も含む)
指宿 指宿及びその周辺の温泉 指宿観光案内
南薩 南薩地域の温泉 知覧観光案内
南薩観光案内
霧島 霧島温泉 霧島観光案内
霧島市,姶良
(霧島温泉以外)
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 隼人・国分・姶良地域観光案内
日当山温泉&姫城温泉
その他霧島市(旧国分市,旧隼人町),姶良地区の温泉
北薩・中薩 北薩・中薩地域の温泉 北薩・中薩の観光案内
大隅
(霧島以外)
大隅地域の温泉 大隅観光案内
種子島,屋久島,三島村,十島村地区 種子島,屋久島,三島村,十島村の温泉 種子島,屋久島,三島村,十島村の観光案内
奄美諸島 奄美大島,与論島,沖永良部島地区の温泉 奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島の観光案内
温泉宿 →鹿児島県の温泉宿宿泊予約はこちらへ
特集 NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介(鹿児島観光案内)(New! 2007年12月)

「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内(New! 2010年08月)


横浜
(全般,観光

(横浜のホテル)
東京
(全般,観光

(東京のホテル)
川崎
(全般,観光

(川崎のホテル)
横浜温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
東京の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
川崎温泉
湘南・三浦・鎌倉の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
相模原市,厚木市,相模湖,丹沢,小田急沿線(箱根,東京,川崎以外)の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
札幌市内観光・温泉定山渓温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
夕張の温泉・観光
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
花巻温泉郷
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
名古屋・愛知県の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
京都市の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
大阪府の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
神戸市の温泉・観光有馬温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
高知の観光・温泉

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
松山市の観光・温泉道後温泉も含む)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
北九州&筑豊&豊前&下関の温泉・観光

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
福岡市の観光
(全般,観光

(福岡のホテル)
福岡市及びその近郊の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
甘木朝倉地域の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
荒尾・大牟田地域の温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
黒川温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
由布院温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
別府温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
人吉温泉
(温泉宿の宿泊予約ができます。)
その他の地域の温泉・観光(全国各地)

ホテル宿泊予約,  観光案内,  温泉
各地の温泉入湯記 各地の観光訪問記




 このHPはリンク・フリーです。サブ・コンテンツへの直リンクもOKです。






HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

楽天トラベル

  


  


  



  


  


  



  



このHP作者に関係のある別HPです。

カミタクの部屋

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine



このページの先頭へ


温泉天国・鹿児島温泉紹介!へ(戻る)    温泉天国・鹿児島温泉紹介!(フレーム枠内メニュー画面)へ(戻る)


紫尾温泉(鹿児島県さつま町[旧鶴田町])の紫尾区営温泉「神の湯」入湯記。:鹿児島,温泉,鹿児島県さつま町の温泉(旧鶴田町の温泉),紫尾温泉,立ち寄り湯,紫尾区営温泉「神の湯」