カミタクの部屋

  

カミタク・ブログ

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

STATISTICS
「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」トップ > 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」メニュー(フレーム枠内) > 隼人,国分観光案内(現霧島市〜溝辺,横川,福山,妙見温泉地域を含む),姶良町,加治木町等姶良地域観光案内

IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理

木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント
  

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

国分・隼人など霧島市平地部(霧島温泉地域を除く),姶良市(加治木,姶良,蒲生)観光案内

隼人・国分・姶良の観光情報を、行った場所は訪問記で、未訪問の場所はリンク集で紹介する、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」HPのサブ・コンテンツ。夏休み,冬休み,春休みや土日・休日の遊び、デート、ドライブ情報の計画を立てる際に、お使いいただけます。

  
アルバム「せつなくて...sentimental season」






このページのトップへ,  観光ガイド欄の詳細目次へ



鹿児島県の温泉&観光
(訪問した所は訪問記(注),訪問未済みの所はリンク集)

(注)100箇所以上に及ぶ、当HPオリジナル・コンテンツ。
地域 温泉案内 観光案内
鹿児島市
(桜島を含む)
鹿児島温泉とは(鹿児島市内温泉とは) 鹿児島市内(含む桜島)観光案内
鹿児島市の温泉(ホテル・旅館,桜島も含む)
鹿児島市の温泉(温泉銭湯[日帰り温泉立ち寄り湯],桜島も含む)
指宿 指宿及びその周辺の温泉 指宿観光案内
南薩 南薩地域の温泉 知覧観光案内
南薩観光案内
霧島 霧島温泉 霧島観光案内
霧島市,姶良
(霧島温泉以外)
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 隼人・国分・姶良地域観光案内
日当山温泉&姫城温泉
その他霧島市(旧国分市,旧隼人町),姶良地区の温泉
北薩・中薩 北薩・中薩地域の温泉 北薩・中薩の観光案内
大隅
(霧島以外)
大隅地域の温泉 大隅観光案内
種子島,屋久島,三島村,十島村地区 種子島,屋久島,三島村,十島村の温泉 種子島,屋久島,三島村,十島村の観光案内
奄美諸島 奄美大島,与論島,沖永良部島地区の温泉 奄美大島,与論島,沖永良部島,喜界島,徳之島の観光案内
全般的に 訪問入湯記
(当HPオリジナル・コンテンツ:訪れた感想と観光案内)
観光訪問記
(当HPオリジナル・コンテンツ:訪れた感想と観光案内)
鹿児島県の温泉宿宿泊予約 鹿児島県内全域観光案内別サイト(リンク集)
特集 NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介(鹿児島観光案内)(New! 2007年12月)

「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内(New! 2010年08月)

鹿児島へのご旅行は





当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域





この地域の温泉案内は、当HP内の以下のページへ
妙見温泉 妙見温泉案内
日当山温泉 日当山温泉案内
上述以外の国分・隼人温泉郷や姶良・加治木地区の温泉 その他霧島市(旧国分市,旧隼人町),姶良地区温泉案内



このエリアの「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」の訪問記or体験記
地域 訪問or体験した観光地orスポット
隼人・国分・姶良地域 上野原縄文の森(上野原遺跡)
隼人・国分・姶良地域 鹿児島神宮(大隅国一宮)
隼人・国分・姶良地域 霧島市立隼人歴史民俗資料館
隼人・国分・姶良地域 隼人塚
隼人・国分・姶良地域 霧島市立隼人塚史跡館
隼人・国分・姶良地域 熊襲の穴
霧島周辺 和気神社
霧島周辺 犬飼滝
隼人・国分・姶良地域・溝辺 高屋山上陵
(日向神話の彦火々出見尊(ヒコホホデミノミコト,別名・火遠理命(ホオリノミコト),山幸彦)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)
隼人・国分・姶良地域 龍門滝
隼人・国分・姶良地域 長年寺跡と島津墓地・亀墓
隼人・国分・姶良地域 加治木島津館跡(加治木護国神社)
隼人・国分・姶良地域 蒲生八幡神社
隼人・国分・姶良地域 蒲生の大クス(特別天然記念物)
霧島周辺(&当地域) 特急きりしま
霧島周辺(&当地域) 観光特急「はやとの風」(肥薩線の旅行)
霧島周辺(&当地域) 観光列車「いさぶろう・しんぺい」号(肥薩線の旅行)
ここで紹介しきれていない最新の訪問記or体験記はこちらへ



このエリアの温泉天国・鹿児島温泉紹介!の温泉・温浴施設の入湯記
(温泉地・カテゴリーごとに50音順等)
温泉,地域 入湯した温泉・温浴施設
妙見温泉 妙見石原荘
妙見温泉 味の宿どさんこ
妙見温泉 田島本館
新川渓谷温泉郷 塩浸温泉福祉の里
新川渓谷温泉郷 日の出温泉きのこの里
国分,隼人,姶良地区・足湯 鹿児島空港天然温泉足湯「おやっとさあ」
国分市,隼人町,姶良地区 船津温泉
国分,隼人,姶良地区 重富温泉
国分,隼人,姶良地区 姶良市温泉センター くすの湯(旧・蒲生町多目的温泉保養センター「くすの湯」)
国分,隼人,姶良地区 龍門滝温泉
ここで紹介しきれていない最新の入湯記はこちらへ



鹿児島県の宿泊予約 & まち楽
(powered by 楽天トラベル, and 楽天市場.)
  ↓

全国温泉宿予約(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
  
  ↓

宿泊施設情報(ホテル検索&宿泊予約ができます) ・ 鹿児島県
鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)&桜島  温泉宿一覧    鹿児島市内(鹿児島・桜島)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  空室検索    南薩(指宿・枕崎)  ホテル・旅館一覧
指宿温泉  温泉宿一覧
南薩(指宿・枕崎)  温泉宿一覧
吹上温泉  温泉宿一覧
   北薩(出水・川内)  ホテル・旅館一覧
市比野温泉  温泉宿一覧
宮之城温泉  温泉宿一覧
北薩(出水・川内)  温泉宿一覧
霧島温泉  空室検索    大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  ホテル・旅館一覧
霧島温泉  温泉宿一覧
妙見温泉  温泉宿一覧
大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)  温泉宿一覧
種子島・屋久島  温泉宿一覧    種子島・屋久島  ホテル・旅館一覧
      奄美大島・喜界島・徳之島  ホテル・旅館一覧
      沖永良部島・与論島  ホテル・旅館一覧
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったANA楽パック ・ 鹿児島県
【楽天トラベル】航空券+ホテルがセットになったJAL楽パック ・ 鹿児島県



鹿児島県庁

鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 鹿児島県観光交流局観光課)

鹿児島観光コンベンション協会



霧島市  (霧島温泉地域以外)(注)
  (注) 姶良市については、当画面(当ページ)後方(下方)の姶良市観光案内欄でご参照いただけます。また、霧島市の観光スポットの中でも霧島温泉地域のものは、当HP内の別画面(別ページ)・「霧島観光案内」でご参照いただけます。
掲載先 →  ○   (当画面(当ページ)後方(下方)の)姶良市観光案内欄
○   霧島観光案内画面(ページ)



霧島市全般>

霧島市ホームページ ・ 霧島市総合観光案内

霧島市
(リンク先はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のサブ・コンテンツ。平成17年(2005年)11月7日に、国分市,  姶良郡溝辺町,  横川町,  霧島町,  牧園町,  隼人町,  福山町が市町村合併して成立しました。)

霧島観光.com((社)霧島市観光協会)

まるごと霧島.com

霧島ジオパーク

ふるさと霧島.com(ふるさと霧島夏祭り実行委員会が運営する霧島情報サイト)
(公式ブログとしてふるさと霧島.com公式ブログがあり、国立公園霧島 目指せジオパーク,  祝:日本ジオパーク認定等の記事が載っています。)

妙見温泉振興会(旧妙見温泉観光協会)
(国民保養温泉地・隼人・新川渓谷温泉郷 鹿児島県 隼人町,牧園町。妙見温泉入湯手形「湯路」(ゆ〜ろ)の紹介ページや、妙見温泉MAPもあります。)

霧島の観光・情報サイト「きりなび」

★2012 霧島ふるさと大使の部屋★(ブログ)
(例えば鉄道の日 『霧島VS指宿☆冬』 キックオフイベント等の日記記事があります。)

天降川情報局


霧島市平成の大合併前の市町村ごとの、当画面(ページ)内の目次
国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。






のったりおりたりマイプラン(霧島地区)
(リンク先は、運営するバス会社「いわさきバスネットワーク」のホールディング会社(グループ親会社)・いわさきコーポレーション(株)のサブ・コンテンツで、リンク先URLは2013年12月現在。)
ならびに
霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)
(リンク先は霧島市ホームページのサブ・コンテンツで、リンク先URLは2013年12月現在google検索結果は、のったりおりたりマイプラン(霧島)です。2013年12月現在「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券で、霧島温泉妙見温泉など新川渓谷温泉郷がある霧島地域の観光スポットを廻るいわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークの路線バスに乗れる、1日乗り放題の乗車券「のったりおりたりマイプラン(霧島地区)」です。2013年12月現在、以下の路線の路線バスに乗ることができ、時刻表については、リンク先URLは2013年11月現在九州のバス時刻表ホームページ,  霧島市ホームページ ・ 霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表),ならびにいわさきコーポレーション(株) ・ のったりおりたりマイプラン(霧島地区)でご参照いただけます。)
◎   霧島−霧島神宮−国分線   ○   国分駅JR九州 ・ 日豊本線)(地図)・国分営業所(重久車庫 )(地図)・「霧島神宮駅JR九州 ・ 日豊本線)」バス停(地図)・「霧島神宮」バス停(地図霧島神宮以外にも、霧島神宮温泉郷など最寄り)・蓬泉館前(地図)・神話の里入口(地図)・湯之谷温泉入り口(地図)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
◎   霧島温泉駅−霧島いわさきホテル線   ○   霧島温泉駅JR九州 ・ 肥薩線)(地図)−牧園小前(地図)・柳平下(地図霧島高原まほろばの里最寄り)・柳平(地図霧島国際音楽ホール みやまコンセール最寄り)・牧場(地図霧島高原乗馬クラブ最寄り)・塩湯温泉(地図殿湯温泉最寄り)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
◎   メモリーライン(指宿〜鹿児島・空港〜霧島)   ○   鹿児島空港地図)乗換>
山川桟橋地図いぶすき山川港特産市場「活お海道(いおかいどう)」最寄り−山川駅前(地図)・)指宿いわさきホテル地図)・指宿駅前バス停(地図)・今和泉(地図篤姫関連歴史観光スポット最寄り)・喜入(地図)・平川(地図)・高速伊敷(地図)・鹿児島空港地図)・(乗換)塩浸温泉地図「塩浸温泉龍馬公園」&「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」最寄り)・牧園麓(地図)・柳平下(地図霧島高原まほろばの里最寄り)・柳平(地図霧島国際音楽ホール みやまコンセール最寄り)・牧場(地図霧島高原乗馬クラブ最寄り)・塩湯温泉(地図殿湯温泉最寄り)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
  ○   <ノンストップ便>
指宿いわさきホテル地図)−指宿駅前バス停(地図)・鹿児島中央駅地図)・鹿児島空港地図)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)−霧島いわさきホテル地図
◎   霧島−妙見・日当山−国分   ○   霧島市役所地図)−国分(山形屋前)地図)・国分駅構内(JR九州 ・ 日豊本線)(地図)・中ノ城 (地図姫城温泉(ひめぎおんせん)最寄り)・姫城温泉地図姫城温泉最寄り)・木ノ房(地図(狭義の)日当山温泉(ひなたやまおんせん)中の木房温泉(西郷どん湯など)最寄り)・日当山(ひなたやま)地図(狭義の)日当山温泉,  姫城温泉最寄り)・松永岐れ(地図清姫温泉,姫城温泉最寄り)・水天渕(地図新川渓谷温泉郷中、かれい川の湯,  季一湯(トキイチユ)最寄り)・立花上 (地図妙見温泉中、味の宿どさんこ最寄り)・妙見(地図妙見温泉薩摩隼人妙見ホテル),ならびに折橋温泉(おりはしおんせん)最寄り)・安楽橋(地図;数百m歩きますが、妙見温泉中、妙見石原荘,  忘れの里 雅叙苑最寄り)・安楽(地図新川渓谷温泉郷中、安楽温泉最寄り)・新川(地図新川渓谷温泉郷中、天降川温泉(ホテル華耀亭)最寄り)・山之湯下(地図新川渓谷温泉郷中、妙見新川温泉(せせらぎ荘)最寄り)・日之出温泉(地図新川渓谷温泉郷中、日の出温泉きのこの里最寄り)・塩浸温泉地図「塩浸温泉龍馬公園」&「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」最寄り)・牧園麓(地図)・柳平下(地図霧島高原まほろばの里最寄り)・柳平(地図霧島国際音楽ホール みやまコンセール最寄り)・牧場(地図霧島高原乗馬クラブ最寄り)・塩湯温泉(地図殿湯温泉最寄り)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
◎   妙見路線バス
(妙見温泉バス)
  ○   旧・温泉バスの後継路線>
鹿児島空港地図)−嘉例川駅地図)・日之出温泉(地図新川渓谷温泉郷中、日の出温泉きのこの里最寄り)・山之湯下(地図新川渓谷温泉郷中、妙見新川温泉(せせらぎ荘)最寄り)・新川(地図新川渓谷温泉郷中、天降川温泉(ホテル華耀亭)最寄り)・安楽(地図);宿によっては歩きますが、新川渓谷温泉郷中、安楽温泉朱峰,  さかいだ温泉,  本家 しおゆ,  佐藤温泉,  みょうばん湯,  鶴乃湯最寄り)・雅叙園前(地図忘れの里 雅叙苑最寄り)・安楽橋(地図;数百m歩きますが、妙見温泉中、万里苑(旧 楽園荘)最寄り)・石原荘前(地図妙見温泉中、妙見石原荘最寄り)・妙見温泉(地図妙見温泉薩摩隼人妙見ホテル,  田島本館,  妙見田中会館,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  素泊まり旅館きらく,数百m歩きますが秀水湯最寄り),ならびに折橋温泉(おりはしおんせん)おりはし旅館,  おりはし旅館別館 山水荘)最寄り)・立花上 (地図妙見温泉中、味の宿どさんこ最寄り,数百m歩きますが秀水湯最寄り)・水天渕(地図新川渓谷温泉郷中、かれい川の湯,  季一湯(トキイチユ)最寄り)・木ノ房(地図日当山温泉(ひなたやまおんせん)中、例えば西郷どん湯(木房温泉)等の(狭義の)日当山温泉(ひなたやまおんせん)中の最寄り)・鹿児島神宮前(地図鹿児島神宮最寄り)−隼人駅JR九州 ・ 日豊本線,  肥薩線)(地図

<その他、霧島地域の観光スポットを巡るバス>
  なお、霧島地域の観光スポットを巡るいわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークのバス路線の内、「霧島連山周遊バス」については、2013年12月現在霧島市ホームページ ・ 霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)では「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券の対象路線として載っていますが、いわさきコーポレーション(株) ・ のったりおりたりマイプラン(霧島地区)では「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券の対象路線として挙げられていません。実際にどうであるかは不明ですが、霧島地域の観光スポットを巡るバス路線として載せておきます。時刻表については、2013年12月現在九州のバス時刻表ホームページ,ならびに霧島市ホームページ ・ 霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)でご参照いただけます。さらになお、霧島地域の観光スポットを巡る際には、いわさきコーポレーション(株)霧島・えびの高原定期観光バスもご利用いただけますので、併せて紹介します。
◎   霧島連山周遊バス   ○   丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)−えびの高原地図>霧島連山韓国岳えびの高原登山口,  えびの高原最寄り)−高千穂河原地図>霧島連山中岳高千穂河原登山口,  高千穂峰登山口,  霧島神宮古宮址,  高千穂河原ビジターセンター最寄り)−丸尾地図
◎   霧島・えびの高原定期観光バス   ○   2013年12月現在いわさきコーポレーション(株)公式WEBサイト ・ バスのご案内 ・ 定期観光バス  ・ 霧島・えびの高原定期観光バス 時刻表(&案内:PDF版)ご参照。もしも将来リンク切れになったら、いわさきコーポレーション(株)公式WEBサイト上のキーワード「霧島・えびの高原定期観光バス」のgoogle検索結果でお探し下さい。
  ○   鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課) ・ バスご利用の方ご参照。もしも将来リンク切れになったら、(社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課ホームページ上のキーワード「霧島・えびの高原定期観光バス」のgoogle検索結果でお探し下さい。
  ○   霧島市ホームページ ・ 「観光案内:市内の交通案内 ・ 霧島遊めぐりバスマップダウンロード・ページ」,または霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)ご参照。もしも将来リンク切れになったら、霧島市ホームページ上のキーワード「霧島・えびの高原定期観光バス」のgoogle検索結果でお探し下さい。


当HP内のこのエリアの温泉案内&隣接エリアの観光案内
霧島温泉 「霧島温泉案内」でご参照いただけます。
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 「妙見温泉など新川渓谷温泉郷」でご参照いただけます。
日当山温泉&姫城温泉 「日当山温泉&姫城温泉」でご参照いただけます。
その他の国分・隼人・姶良地域の温泉 「国分・隼人・姶良地域の温泉案内」でご参照いただけます。
霧島温泉地域の観光 「霧島観光案内」でご参照いただけます。



(当HP内の)九州新幹線乗車記
  霧島市へは、終点の鹿児島中央駅で、特急きりしま等のJR日豊本線の列車や、観光特急「はやとの風」等のJR日豊本線経由で隼人駅からJR肥薩線に乗り入れる列車に乗り換えれば、行けます。

(当HP内の)特急きりしま乗車記(兼)交通・観光案内(日豊本線の旅)
→   霧島温泉へは、日豊本線霧島神宮駅から霧島いわさきホテル行きのいわさきバスネットワークのバスに乗り換えれば行けます。いわさきバスネットワークの時刻表は、以下のリンク先サイトでご参照可能です。
九州のバス時刻表

交通ナビかごしま

(当HP内の)観光特急「はやとの風」乗車記(兼)交通・観光案内(肥薩線の旅)
→   霧島温泉へは、JR肥薩線霧島温泉駅から霧島いわさきホテル行きのいわさきバスネットワークのバスに乗り換えれば行けます。いわさきバスネットワークの時刻表は、以下のリンク先サイトでご参照可能です。
九州のバス時刻表

交通ナビかごしま

(当HP内の)観光列車「いさぶろう・しんぺい」号乗車記(兼)交通・観光案内(肥薩線の旅)
  観光列車「いさぶろう・しんぺい」号自体は霧島市を通りませんが、霧島市を通る観光特急「はやとの風」と組み合わせて乗ると楽しい列車です。


霧島市平成の大合併前の市町村ごとの、当画面(ページ)内の目次
国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。







霧島市国分(こくぶ)市地域>

霧島観光.com((社)霧島市観光協会)

(当HP内の)日当山温泉&姫城温泉案内

(当HP内の)霧島市旧国分市地域の温泉案内欄
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

(当HP内の)上野原縄文の森(上野原遺跡)訪問記

大隅国分寺跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央1-23-7。Tel.:0995-45-5111(霧島市教育委員会)。全国旅そうだんでも大隅国分寺跡として、じゃらんnetでも大隅国分寺跡として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でもでも大隅国分寺跡として紹介されています。)

城山公園の場所(国分)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。霧島市国分上小川3819番地。霧島市ホームページでも城山公園(国分)として(リンク先URLは2010年8月現在)全国旅そうだんでも城山公園として、JRおでかけネットでも国分城山公園として紹介されています。
  
城山公園の山は、国分城(舞鶴城)の裏山を後詰めの城とした城山です。鹿児島市鶴丸城(鹿児島城)の裏山が後詰めの城城山(城山展望台)になっている城郭設計の、国分城(舞鶴城)版と言える城山です。
関連する城 →  国分城(舞鶴城)

  城山公園がある山は、養老4年(720年)に起きた隼人の反乱で、隼人族が立てこもった曽於乃岩城(そのいわき;隼人城)だとする説もあるとの由です。隼人の反乱を鎮めたのは、万葉歌人としても知られる大伴旅人大伴家持の父)です。大伴氏は、古代軍事貴族の家柄でした。
  
城山公園には、城山展望台(国分)や、霧島市立国分郷土館があります。また、城山公園の登り口には、島津義久の墓所(金剛寺跡)があります。
  交通・アクセスは、九州新幹線の終着駅・鹿児島中央駅地図)で、特急きりしま等のJR日豊本線の電車に乗り換えて国分駅地図)に行き、国分駅地図)から車(タクシー等)です。
  霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。)

城山展望台の場所(国分)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。〒899-4316 鹿児島県霧島市国分上小川3819番地。全国旅そうだんでも城山展望台として紹介されています。
  
城山展望台は、鹿児島県 ・ 霧島市国分(こくぶ)市地域の、城山公園にある展望台です。城山公園自体の高さが192mあり、展望台の高さは20mで、国分市街地が一望できます。
  2011年5月現在、大人・大学生100円,小・中・高校生50円で展望台に登ることができます。
  入館可能時間は、4〜9月が9:30〜18:00、10〜3月が9:30〜17:00です。定休日は月曜日(祝日の場合には、その翌日)ですが、7月20日から8月31日の間は無休です。
  交通・アクセスは、九州新幹線の終着駅・鹿児島中央駅地図)で、特急きりしま等のJR日豊本線の電車に乗り換えて国分駅地図)に行き、国分駅地図)から車(タクシー等)です。
  霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。)

霧島市立国分郷土館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。〒899-4316 鹿児島県霧島市国分上小川3819番地。Tel.:0995-46-1562。全国旅そうだんでも霧島市立国分郷土館として、じゃらんnetでも霧島市立国分郷土館として、霧島市ホームページでも霧島市立郷土館等施設の中で(リンク先URLは2011年5月現在)、紹介されています。
  
霧島市立国分郷土館は、鹿児島県 ・ 霧島市国分(こくぶ)市地域にある、郷土史博物館です。市町村合併によって平成17年(2005年)に成立した霧島市には、合併前の各市町村の市立郷土博物館が複数ありますが霧島市立国分郷土館もその中の一つであり、城山公園の中にあります。
  展示内容は、国分(こくぶ)市地域の歴史資料や民俗資料で、朱印状、止上神社の面、環頭太刀、城山山頂遺跡出土品、国分たばこ等が展示されているとの由です。また、郷土史年表から、国分(こくぶ)市地域の歴史を知ることができるとの由です。
  2011年5月現在、営業概要は以下のとおりです。
開館時間:9:00〜17:00
休館日 :月曜日(祝日の場合はその翌日)
     12月29日〜翌年1月3日
入館料 :大学生・一般 120円
     小・中・高校生 60円
  交通・アクセスは、九州新幹線の終着駅・鹿児島中央駅地図)で、特急きりしま等のJR日豊本線の電車に乗り換えて国分駅地図)に行き、国分駅地図)から車(タクシー等)です。
  霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。)

島津義久公の墓所(金剛寺跡)の場所
(リンク先は、googleマップ「隼人歴史探訪(抗戦跡)」に基づくアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。住所:霧島市国分中央2丁目3840-2 金剛寺跡。霧島市ホームページ ・ くらしの窓 ・ 教育・歴史・スポーツ(教育委員会) ・ 文化財 ・ 霧島市の指定文化財 ・ 指定(登録)文化財一覧表【国分】でも島津義久の墓所(金剛寺跡)として、筑後川の航海日誌でも鹿児島県史跡巡り2009(4日目後半:富隈城・舞鶴城・島津忠将供養塔・廻城)の中で、たふたふと探題ふでも金剛寺跡として、霧島っ子のブログでも霧島市 国分 金剛寺跡として紹介されています。
  
金剛寺跡とは、鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域城山公園への登山道脇にある廃寺跡であり、金剛寺跡には、戦国時代から江戸時代初期にかけての戦国大名で、島津氏宗家第16代当主・島津義久公の墓があるとの由です。島津義久公は、戦国時代には島津氏の領国・三州(薩摩国,  大隅国,  日向国)の国主として、薩摩国鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市)の内城うちじょう城主でした。詳しくは当ホームページ内の帖佐館紹介欄で解説したとおりの事情のため、安土桃山時代の文禄4年(1595年)の豊臣秀吉の中央政権の命令により、当初は「島津義久公に薩摩国島津義弘公に大隅国を与えていた」分配を逆転させて、「島津義久公に大隅国島津義弘公に薩摩国とした」国替えが行われた結果、島津義久公は、大隅国 浜之市(現・鹿児島県 ・ 霧島市隼人町地域浜之市地区)の富隈城に移りました。なお、島津義弘公は主君であり兄である島津義久公に異心無きことを島津家中で示すための政治的配慮から、薩摩国には入らずに、大隅国帖佐(ちょうさ;現・鹿児島県 ・ 姶良市姶良町地域)の帖佐館を居城とし、島津氏当主の城である旨の政治的意味を持つ内城には、島津義弘公の実子で、かつ島津義久公の婿養子である、当時の次世代の当主候補・島津家久(忠恒)公が入りました。
  その後、詳しくは当ホームページ内の
国分城(舞鶴城)紹介欄で解説したとおり、養子の島津忠恒(家久)公に家督を譲った島津義久公は、江戸時代の慶長9(1604)年に、富隈城から、大隅国国分(こくぶ;現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)の国分城舞鶴城に移ったとの由です。このため、霧島市国分市地域は、島津義久公が晩年を過ごした地になりました。これが、島津義久公の墓が、鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域にある理由です。また、島津義久公の墓がある金剛寺跡が登り口にある城山公園は、国分城舞鶴城の後詰めの山城としての位置づけの山であり、このような後詰めの山城がある平地の城や館というのは、島津氏の城のパターンの中の1つであるとの由です。
  島津義久公の墓は、本墓と呼べる墓は鹿児島県 ・ 鹿児島市
福昌寺跡にあります。霧島市ホームページ ・ 島津義久の墓所(金剛寺跡)によれば、鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域金剛寺跡にあるこの墓には、島津義久公の遺体の一部が祀られているとの由であり、それは、抜歯であると言われているとの由です。また、霧島市ホームページ ・ 島津義久の墓所(金剛寺跡)によれば、平成11年(1999年)8月18日に、市指定の史跡文化財に指定されたとの由です(指定時点では、市町村合併前の旧国分市)。霧島市ホームページ ・ 島津義久の墓所(金剛寺跡)によれば、島津義久公の墓は、5m以上ある石造りの層塔であり、「妙谷寺殿貫明存忠庵主」と刻まれているとの由です。膏肓記 ・ 京都の島津家ゆかりの墓(下)によれば、「貫明存忠庵主妙谷寺殿」は島津義久公死後、菩提寺が妙谷寺(鹿児島市下伊敷)になった際の島津義久公の法号であるとの由です。現在では金剛寺は廃寺になっており、廃寺の時期について正確には存じ上げませんが、遅くとも、慶応4年(1868年)からの廃仏毀釈の時には廃寺になったものと推測します。なお、島津義久公の墓は、ここと、上述のとおり鹿児島県 ・ 鹿児島市福昌寺跡にある他、鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域島津義久公の墓(徳持庵跡)にも、あります。
  交通・アクセスは、九州新幹線の終着駅・鹿児島中央駅地図)で、特急きりしま等のJR日豊本線の電車に乗り換えて国分駅地図)に行き、国分駅地図)から徒歩または車(タクシー等)です。かつては国鉄(日本国有鉄道) ・ 大隅線金剛寺駅地図)が近くにありましたが、残念ながら大隅線昭和62年(1987年)に廃線になってしまいました。なお、大隅線の廃駅の地図は、青い森ウェブ工房 ・ 自社向けサービス開発実績 ・ 制作実績 ・ 鉄道地図検索 ・ 大隅線 ・ 地図に基づくものです。
  霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。
  その他、島津氏宗家・庶流各家の墓/墓地については、当ホームページ内の
感応寺訪問記内の島津氏諸家の墓一覧表で、ご参照いただけます。)

遠寿寺跡(おんじゅじあと;島津義久公夫人の墓):この辺り(地図)からこの辺り(地図)までの間
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市国分中央1丁目。遺跡ウォーカー ・ 遠寿寺によれば、鹿児島県霧島市国分中央1丁目19(この辺り(地図))。申し訳ありませんが、正確な場所は特定化できませんでした。
  戦国島津の女達(戦国島津女系図) ・ 種子島時尭女(島津義久後室)によれば、
遠寿寺跡には、戦国時代から江戸時代初期にかけての島津氏宗家第16代当主・島津義久公の2度目の正室・種子島時尭の娘(島津義久後室)の墓があるとの由です。種子島時尭の娘(島津義久後室)は、島津義久公や島津義弘公の従兄弟である島津以久の嫡男・島津彰久の夫人になった島津新城と、島津義弘公の嫡男・島津久保、ならびに島津久保島津義弘公の次男で後に島津氏宗家第18代当主(兼)薩摩藩初代藩主になった島津忠恒(家久)公の夫人の島津亀寿の、2人の娘の母親です。
  戦国島津の女達(戦国島津女系図) ・ 種子島時尭女(島津義久後室)によれば、種子島時尭の娘(島津義久後室)の墓は、
遠寿寺跡の他にも、京都府 ・ 京都市本能寺と、鹿児島県 ・ 鹿児島市福昌寺跡にもあるとの由です。
  交通・アクセスは、2014年3月現在九州新幹線の終着駅・鹿児島中央駅地図)で、特急きりしま等のJR日豊本線の電車に乗り換えて国分駅地図)に行き、徒歩です。恐縮ながら上述のとおり正確な場所を存じ上げておりませんので、鹿児島県霧島市国分中央1丁目の範囲でお探し下さいますよう、お願いいたします。
  霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。
  その他、島津氏宗家・庶流各家の墓/墓地については、当ホームページ内の
感応寺訪問記内の島津氏諸家の墓一覧表で、ご参照いただけます。)

国分物産館じょうもん市場
(住所:霧島市国分中央5-3-10(旧国分地区消防組合)。Tel.:0995-45-3322。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図で場所を示せば国分物産館じょうもん市場の場所のとおり。ニチノウのタネ・日本農産種苗(株)でも鹿児島県霧島市 国分物産館「じょうもん市場」として紹介されています。)

薩摩製菓 国分とらや
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドで場所を示せば、国分での店には2011年5月現在本店(霧島市国分中央1-7-54),  八坂店(霧島市国分中央3-24-2)があります。国分とらや社長ブログもあります。2010年1月現在、国分とらやのお菓子は楽天市場でもお求めいただけます。)
→  【楽天市場】キーワード「国分とらや」の検索結果

きりしま国分山形屋
山形屋の国分店です。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドで場所を示せば、リンク先のとおりです。楽天市場にも【楽天市場】山形屋オンラインショップとして出店しています。)
→  【楽天市場】山形屋オンラインショップ

こくぶ通り会連合会facebookページ

川跡(かわと)ちょうちん通り会

CD・楽器販売・ミヤタカンパニー
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドで場所を示せば、リンク先のとおりです。)

岩切美巧堂公式WEBサイト
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、岩切美巧堂の場所のとおり。住所:〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央4-18-2,Tel.:0995-45-0177。鹿児島県の伝統工芸品・薩摩錫器の製造販売元です。鹿児島市 ・ 谷山地域には、かつて錫山鉱山があったため、伝統工芸品として薩摩錫器が盛んになりました。)

大穴持神社の場所(おおなむちじんじゃ),中世の旧小村海浜(旧小邨海M)周辺の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:〒899-4321 霧島市国分広瀬3-1089。詳しくは、当画面下方の大穴持神社紹介欄,  小村海浜紹介欄小邨海M紹介欄で、ご参照いただけます。)

島津義久公の墓(徳持庵跡)の場所
場所は
南公園(地図)(上井城跡地)最寄り
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。住所:霧島市国分上井5-2 徳持庵跡。霧島市ホームページ ・ くらしの窓 ・ 教育・歴史・スポーツ(教育委員会) ・ 文化財 ・ 霧島市の指定文化財 ・ 指定(登録)文化財一覧表【国分】でも島津義久の墓(徳持庵跡)として、筑後川の航海日誌でも鹿児島県史跡巡り2009(4日目後半:富隈城・舞鶴城・島津忠将供養塔・廻城)の中で、Samurai Worldサムライワールドでも島津義久の墓 鹿児島県霧島市として、鹿児島大学 ・ 鹿児島大学理学部・鹿児島大学院理工学研究科(理系)鹿児島大学理学部数理情報科学科 鹿児島大学院理工学研究科数理情報科学専攻 ・ 鹿児島フィールドミュージアム(文化財)(かごしま知的散策マップ(文化財))でも島津義久公の墓(徳持庵跡)として、歴史と文化と和の心♪でも国分舞鶴城跡と島津義久として紹介されています。
  
徳持庵跡とは、鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域にある廃寺跡で、大隅国上井(現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域の一部)の上井城うわいじょう跡地である南公園(地図(霧島市国分上井183)の近くにあります。徳持庵跡の前に軽く上井城うわいじょうの解説を申せば、播磨屋 ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 上井氏によれば、上井城うわいじょうは、諏訪氏(後の上井(うわい)氏)の城だった城であるとの由です。戦国時代の天文17年(1548年)に島津氏に降った際に、日新斎(じっしんさい)島津忠良公の次男で、島津氏宗家第15代当主・島津貴久公の弟である島津忠将大隅国国分(こくぶ;現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)の国分清水城こくぶきよみずじょう城主に転じ、代わりに、島津忠将の旧領であった、南郷城野首城がある薩摩国 永吉(現・鹿児島県 ・ 日置市吹上町地域 ・ 永吉地区)の地頭に任じられて拠点を移し、諏訪為秋は上井為秋に改姓したとの由です。播磨屋 ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 上井氏によれば、島津氏宗家第16代当主・島津義久公の側近として老中(家老)の一員にもなり、天正2年(1574年)〜同14年(1586年)の島津氏九州の諸大名の動向を調べるための貴重な史料である『上井覚兼日記』の著者として知られる戦国時代島津氏の家臣・上井覚兼は、上井為秋(諏訪為秋)の孫であるとの由です。上井覚兼について詳しくは、当ホームページ内の南郷城(野首城)紹介欄で、ご参照いただけます。
  霧島市ホームページ ・ 島津義久の墓(徳持庵跡)によれば、
徳持庵跡には、戦国時代から江戸時代初期にかけての戦国大名で、島津氏宗家第16代当主・島津義久公の墓があるとの由です。島津義久公は、戦国時代には島津氏の領国・三州(薩摩国,  大隅国,  日向国)の統一を成し遂げた国主として、薩摩国鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市)の内城うちじょう城主でした。詳しくは当ホームページ内の帖佐館紹介欄で解説したとおりの事情のため、安土桃山時代の文禄4年(1595年)の豊臣秀吉の中央政権の命令により、当初は「島津義久公に薩摩国島津義弘公に大隅国を与えていた」分配を逆転させて、「島津義久公に大隅国島津義弘公に薩摩国とした」国替えが行われた結果、島津義久公は、大隅国 浜之市(現・鹿児島県 ・ 霧島市隼人町地域浜之市地区)の富隈城に移りました。なお、島津義弘公は主君であり兄である島津義久公に異心無きことを島津家中で示すための政治的配慮から、薩摩国には入らずに、大隅国帖佐(ちょうさ;現・鹿児島県 ・ 姶良市姶良町地域)の帖佐館を居城とし、島津氏当主の城である旨の政治的意味を持つ内城には、島津義弘公の実子で、かつ島津義久公の婿養子である、当時の次世代の当主候補・島津家久(忠恒)公が入りました。
  その後、詳しくは当ホームページ内の
国分城(舞鶴城)紹介欄で解説したとおり、養子の島津忠恒(家久)公に家督を譲った島津義久公は、江戸時代の慶長9(1604)年に、富隈城から、大隅国国分(こくぶ;現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)の国分城舞鶴城に移ったとの由です。このため、霧島市国分市地域は、島津義久公が晩年を過ごした地になりました。これが、島津義久公の墓が、鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域にある理由です。
  島津義久公の墓は、本墓と呼べる墓は鹿児島県 ・ 鹿児島市
福昌寺跡にあります。霧島市ホームページ ・ 島津義久の墓(徳持庵跡)によれば、上井徳持庵には元々、島津義久公の分骨が金襴の袋に納められていた、即ち言い換えれば江戸時代には徳持庵島津義久公の墓は無かったとの由ですが、慶応4年(1868年)からの廃仏毀釈徳持庵が破壊されて廃寺になった後、明治8年(1875年)に埋葬して、今日の島津義久公の墓になったとの由です。霧島市ホームページ ・ 島津義久の墓(徳持庵跡)によれば、徳持庵島津義久公の墓石には大國豊知主命」「慶長十六年辛亥正月二十一日」と刻まれているとの由ですが、上記の伝承によれば墓が建立(こんりゅう)されたのは明治8年(1875年)のことですので、慶長16年(1611年)という江戸時代の年とは、タイミングが逆転してしまっています。このことは、 「江戸時代には既に墓があって、骨を明治8年(1875年)になってから後で埋めた」のか、或いはそれとも、「明治8年(1875年)に墓石を作った時に、島津義久公の没年『慶長16年(1611年)』を(時間を)遡及して刻印した」のか、2つの仮説が想定可能ですが、そのいずれであるのかは、存じ上げません。霧島市ホームページ ・ 島津義久の墓(徳持庵跡)によれば、平成17年(2005年)4月28日に、市指定の史跡文化財に指定されたとの由です。この平成17年(2005年)4月28日は、市町村合併で今日の霧島市ができた平成17年(2005年)11月7日よりも数ヶ月前の時点のことですので、指定時点では、市町村合併前の旧国分市による指定だったことになります。なお、島津義久公の墓は、ここと、上述のとおり鹿児島県 ・ 鹿児島市福昌寺跡にある他、鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域金剛寺跡にも、あります。
  交通・アクセスは、2014年3月現在九州新幹線の終着駅・鹿児島中央駅地図)で、特急きりしま等のJR日豊本線の電車に乗り換えて国分駅地図)に行き、国分駅地図)から、いわさきコーポレーション解説) ・ 三州自動車(旧・大隅交通ネットワーク)(九州のバス時刻表ホームページ上の表記は、2013年8月現在鹿児島交通)の「鹿児島空港地図)−姫城温泉国分駅地図)・検校橋経由−垂水港(地図)」の空港アクセス・バス、「国分駅前(地図)−検校橋経由−垂水港(地図)」路線、鹿児島空港地図)−ノンストップ国分駅地図)・牧之原(地図)・岩川(地図)経由−志布志(地図)」の空港アクセス・バス(急行)、「国分駅地図)−牧之原(地図)」路線、の各路線バスに乗り、「御神田」バス停(この辺り(地図))下車、徒歩です。これらのバス路線の内、空港アクセス・バスについては、空路でお越しの方は、鹿児島空港地図)から乗ることもできます。かつては国鉄(日本国有鉄道) ・ 大隅線銅田駅(どうたえき)地図)が近くにありましたが、残念ながら大隅線昭和62年(1987年)に廃線になってしまいました。なお、大隅線の廃駅の地図は、青い森ウェブ工房 ・ 自社向けサービス開発実績 ・ 制作実績 ・ 鉄道地図検索 ・ 大隅線 ・ 地図,ならびにphoblog de otchee ・ 銅田駅跡に基づくものです。
  霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。
  その他、島津氏宗家・庶流各家の墓/墓地については、当ホームページ内の
感応寺訪問記内の島津氏諸家の墓一覧表で、ご参照いただけます。)

国分ハイテク展望台の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市国分川内1137-69(上野原テクノパーク内)。Tel.:0995-46-8485。全国旅そうだんでも国分ハイテク展望台として紹介されています。上野原縄文の森(上野原遺跡)に隣接しています。)

霧島市国分キャンプ海水浴場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでも霧島市国分キャンプ海水浴場として紹介されています。国分海浜公園に隣接しています。)

国分海浜公園の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市国分下井2512。Tel.:0995-47-1232。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課)でも国分海浜公園 ソフトボール場として(リンク先URLは2013年8月現在)YAHOO!ロコでも国分海浜公園として紹介されています。霧島市国分キャンプ海水浴場に隣接しています。)

台明寺渓谷公園台明寺渓谷公園の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市国分台明寺1253。Tel.:0995-45-5111。全国観光情報サイト 全国観るなび(日本観光振興協会)でも台明寺渓谷公園として、じゃらんnetでも台明寺渓谷公園として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも台明寺渓谷公園として、KTS鹿児島テレビ ・ WHAT'S NEW かごしま ・ NikiNiki 公開日記でも台明寺渓谷公園へ♪として、紹介されています。WHAT'S NEW かごしま ・ NikiNiki 公開日記は、KTS鹿児島テレビが運営する地域SNS「NikiNiki」の公開日記です。
  
台明寺渓谷公園は、日枝神社の群田川のすぐ上流にあり、また、詳しくは(当画面内の)台明寺跡紹介欄で解説したとおり、日枝神社は、かつては、今日では廃寺になった台明寺跡の領域の一部であった模様です。)

日枝神社日枝神社の場所(江戸時代の旧称:日吉山王社)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:〒899-4302 霧島市国分台明寺1103(上野原縄文の森&鹿児島県立埋蔵文化財センター公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡名「旧台明寺」による旧字(あざ)表記では、霧島市大字(おおあざ)国分台明寺字(あざ)不動堂)。鹿児島県神社庁ホームページでも日枝神社として、yorihime3.netでも台明寺 霧島市国分の中で、大和ハウス工業(株)でも平安の昔、都で名を馳せた霧島のブランド−台明寺・日枝神社の「青葉の笛」として、薩摩旧跡巡礼でも台明寺跡(1)の中で、鴨着く島 おおすみ 〜南九州の歴史の謎を探る〜 ・ 『三国名勝図会』から学ぶ おおすみ歴史講座でも平成24年度(2012年度)「第3回『三国名勝図会』大隅国・国分郷(3) および清水郷」の中で紹介されています。その他、キーワード「日枝神社+ 霧島市国分台明寺」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  鹿児島県神社庁ホームページ ・ 日枝神社,ならびに鴨着く島 おおすみ 〜南九州の歴史の謎を探る〜 ・ 『三国名勝図会』から学ぶ おおすみ歴史講座 ・ 平成24年度(2012年度)「第3回『三国名勝図会』大隅国・国分郷(3) および清水郷」によれば、
日枝神社は、かつては、慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で廃寺になった台明寺一山を守護する尊社だった日吉山王社(上古の地主権現)であったとの由です。上記各情報源によれば、日吉山王社(上古の地主権現で、現・日枝神社)の境内に生える青葉竹は「台明竹」とも呼ばれて知られており、この青葉竹林は江戸時代には「青葉山」と呼ばれていたとの由です。今日でも自生しており、「青葉の竹」と呼ばれて市の文化財になっているとの由です。現・日枝神社は、台明寺の領域の一部であった模様であり、また、日枝神社の群田川のすぐ上流に、台明寺渓谷公園があります。)

竹林山衆集院台明寺跡(廃寺跡)遺跡名「台明寺跡」の場所(この辺り)遺跡名「旧台明寺」の場所(この辺り)(の2場所にかけて)(時期にもよりますが、概ね天台宗
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:〒899-4302 霧島市大字(おおあざ)国分台明寺字(あざ)台明寺上(上野原縄文の森&鹿児島県立埋蔵文化財センター公式WEBサイト ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡名「台明寺跡」による旧字(あざ)表記では、霧島市大字国分台明寺柿ヶ迫)。実際に訪問された、以下に示すリンク先情報源によれば、遺跡名「台明寺跡」の場所(この辺り)から、日枝神社を中心とする遺跡名「旧台明寺」の場所(この辺り)までにかけての一帯である模様です。
  yorihime3.netでも台明寺 霧島市国分として、大和ハウス工業(株)でも平安の昔、都で名を馳せた霧島のブランド−台明寺・日枝神社の「青葉の笛」として、薩摩旧跡巡礼でも台明寺跡(1)として、鴨着く島 おおすみ 〜南九州の歴史の謎を探る〜 ・ 『三国名勝図会』から学ぶ おおすみ歴史講座でも平成24年度(2012年度)「第3回『三国名勝図会』大隅国・国分郷(3) および清水郷」の中で紹介されています。その他、キーワード「台明寺+霧島市+天台宗」のgoogle検索結果でお探しいただけます。
  
台明寺跡は、慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で廃寺になった寺院の跡地です。鹿児島県神社庁ホームページ ・ 日枝神社,ならびに鴨着く島 おおすみ 〜南九州の歴史の謎を探る〜 ・ 『三国名勝図会』から学ぶ おおすみ歴史講座 ・ 平成24年度(2012年度)「第3回『三国名勝図会』大隅国・国分郷(3) および清水郷」によれば、台明寺一山を守護する尊社だった日吉山王社(上古の地主権現で、現・日枝神社)の境内に生える青葉竹は「台明竹」とも呼ばれて知られており、この青葉竹林は江戸時代には「青葉山」と呼ばれていたとの由です。今日でも自生しており、「青葉の竹」と呼ばれて市の文化財になっているとの由です。現・日枝神社は、台明寺の領域の一部であった模様であり、また、日枝神社の群田川のすぐ上流に、台明寺渓谷公園があります。)

黒石岳森林公園の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市国分川内4227-48。Tel.:0995-49-3688(黒石岳森林公園管理事務所)。霧島市公式ホームページでも霧島市黒石岳森林公園として(リンク先URLは2011年5月現在)全国旅そうだんでも黒石岳森林公園として、じゃらんnetでも黒石岳森林公園として紹介されています。)

国分観光農園(の中の1つとして、(有)竹ノ内観光農園)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。(有)竹ノ内観光農園で連絡先を示せば、住所:〒899-4301 鹿児島霧島市国分重久5865-3。Tel.:0995-45-6803。(有)竹ノ内観光農園以外も含めた国分観光農園についての詳しい情報は、霧島の旬 ・ 観光農園体験 ・ 国分地区、或いは霧島市ホームページ ・ 観光農園(国分観光農園・溝辺観光農園)のご案内で、ご参照いただけます(リンク先URLは2011年5月現在)全国旅そうだんでも国分観光農園として、じゃらんnetでも国分観光農園として紹介されています。)

陸上自衛隊国分駐屯地(基地)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。2011年12月現在防衛省 ・ 陸上自衛隊 ・ 西部方面隊 ・ 第8師団・第12普通科連隊,第8後方支援連隊第2整備大隊,第3教育団第113教育大隊等の部隊が駐屯しています。旧大日本帝国海軍飛行場「第一国分基地」,「国分海軍航空隊駐屯地」があった場所との由です。年1回の国分駐屯地記念行事(基地公開)のイベントについては、第8師団公式WEBサイト,  自衛隊鹿児島地方協力本部自衛隊鹿児島地方協力本部公式WEBサイト等のホームページでご参照いただけ(リンク先URLは2011年12月現在)、例えば2011年は12月4日に実施されたとの由です。2011年12月現在、公式ホームページとしては師団本部(在熊本県)の第8師団公式WEBサイトがあり、この他、フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」でも第8師団,  第12普通科連隊,  国分駐屯地,  第8後方支援連隊,  第3教育団等として紹介されています。)

かつて、鹿児島ベスト電器国分店があった場所(平成25年(2013年)2月閉店)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市国分野口東1294-1。なお、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ カコイエレクトロに載っているとおり、鹿児島ベスト電器を平成25年(2013年)10月まで運営していたカコイグループは、フランチャイズ契約先をベスト電器からエディオンに変更して、その各店舗は、平成25年(2013年)10月に旧鹿児島ベスト電器アーカイブ・ページ)の店舗からエディオン鹿児島の店舗に変わっています。カコイグループは、楽天市場にも【楽天市場】デジ倉楽天市場店として出店しています。)
→   【楽天市場】デジ倉楽天市場店

薩摩ビール園(残念ながら倒産)
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せば、薩摩ビール園の場所のとおり。NetIBNEWS ・ 「薩摩ビール園」の薩摩麦酒(株)ら2社が破綻〜健康医学社に連鎖,  地方ブライダル産業の難しさ ,  東京商工リサーチ ・ 倒産情報・黄金酒造(株)ほか1社等によれば、残念ながら薩摩麦酒(株)は、2013年5月31日に東京地裁に破産を申請し同日、保全管理命令を受けて、残念ながら倒産してしまったとの由です。焼酎製造業、ブライダル事業は譲渡による存続を目指して、2013年6月時点でも保全管理人の下で事業を継続しているとの由ですが、今後どうなるかは不明であり、地ビール事業は残念ながら閉鎖になる模様です。以下のリンク先で、在庫があるお店では購入できるかも知れません。)
→  【楽天市場】キーワード「薩摩ビール」の検索結果

(当HP内の)日当山温泉&姫城温泉案内

(当HP内の)霧島市旧国分市地域の温泉案内欄(再掲)
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

霧島市旧国分市地域でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「鹿児島県霧島市国分」での楽天トラベル登録宿検索結果


<この地域の交通案内:時刻表参照サイト>
(当HP内の)九州新幹線乗車記,  特急きりしま乗車記
  霧島市国分(こくぶ)市地域へは、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅特急きりしま等のJR日豊本線の列車に乗り換えれば行けます。JR九州、ならびにこの地域に着いてから乗り換えるいわさきバスネットワーク(旧・林田バス)の路線バス等の時刻表は、以下のリンク先でお調べいただけます。
→   ○   JR九州公式ホームページ

○   九州のバス時刻表

○   交通ナビかごしま

のったりおりたりマイプラン(霧島地区)
(リンク先は、運営するバス会社「いわさきバスネットワーク」のホールディング会社(グループ親会社)・いわさきコーポレーション(株)のサブ・コンテンツで、リンク先URLは2013年12月現在。)
ならびに
霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)
(リンク先は霧島市ホームページのサブ・コンテンツで、リンク先URLは2013年12月現在google検索結果は、のったりおりたりマイプラン(霧島)です。2013年12月現在「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券で、霧島温泉妙見温泉など新川渓谷温泉郷がある霧島地域の観光スポットを廻るいわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークの路線バスに乗れる、1日乗り放題の乗車券「のったりおりたりマイプラン(霧島地区)」です。
  
「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券について詳しくは、当画面(当ページ)上方ののったりおりたりマイプラン(霧島地区)紹介欄で、ご参照いただけます。
詳しくは →  当画面(当ページ)上方ののったりおりたりマイプラン(霧島地区)紹介欄



当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域





舞鶴城跡:舞鶴城跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。鹿児島県霧島市国分中央2丁目5-1。全国旅そうだんでも舞鶴城跡として、城郭放浪記でも大隅・舞鶴城として、Samurai Worldサムライワールド ・ 古城紀行でも古城紀行 舞鶴城跡として、かごしま検定をめざす鹿児島案内 でも舞鶴城と島津義久として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも国分城(大隅国)として紹介されています(いずれもリンク先URLは2010年8月現在)
  島津氏第16代当主の戦国大名 ・ 島津義久公が、養子の島津忠恒(家久)公に家督を譲って慶長9(1604)年に富隈城から移り住んで来てから死ぬまでの間、隠居城として住んでいた城の城跡です。また、舞鶴城は、島津義久公の娘で、最初の夫・島津久保公とは死に別れ、次ぎに結婚した夫・島津忠恒(家久)公とは不仲だった薄幸の女性・亀寿が、父・島津義久公の死後、本人(亀寿)が死ぬまで住んでいた城です。この亀寿は、島津義久公が男子に恵まれなかったために島津氏宗家の家督相続権を持っていた女性であり、亀寿との婚姻により、島津久保公、その没後の島津忠恒(家久)公の両名の島津義弘公の子供は「島津義久公の養子として島津氏宗家の世子になることができ、その結果得られた正統性(レジティマシー(legitimacy))故に、島津忠恒(家久)公は島津氏第18代当主で薩摩藩初代藩主になることができたにもかかわらず、島津忠恒(家久)公が亀寿に対して冷たかったことは、郷土史の史実としてよく知られている悲劇です。
  感情も交えて所感を述べれば、島津氏の歴史が大好きな当ホームページ管理人のでさえ、島津忠恒(家久)のこの冷酷さ・酷薄さは、能力的には高く評価しても、人物・人間的には決して好きになれないものです。島津忠恒(家久)公の苛烈さ・酷薄さは、近代大名としての権力集中が進んでいなかった藩政初期の混乱した薩摩藩の内情の中で、藩主に権力を集中させて薩摩藩を近代的な組織にするためにはやむを得なかった必要なことではありますので、感情を殺して冷静に分析すれば、不本意ながらも能力的には極めて高く評価せざるを得ないものではあります。とは申せ、光には必ず陰があり、他の事例も含めてそのために犠牲になった人達のことを思うと、やはり人間的に好きにはなれない訳です。
  なお、島津忠恒(家久)公と不仲の正室・亀寿との間には子が無く、島津忠恒(家久)公は義理の父・島津義久公の没後に当てつけのように側室を大量に抱えて大量の子宝に恵まれました。島津忠恒(家久)公の嫡子で、後に島津氏第19代当主で薩摩藩2代藩主になる島津光久公を、亀寿は養子にしています。島津光久公は島津忠恒(家久)公の世子だというだけで本来は家督相続のための正統性(レジティマシー)を持っていた筈ですが、上述のような経緯のために、家督相続のための正統性(レジティマシー)をより確実にするために、本来の正統性(レジティマシー)の保有者たる亀寿が配慮した形跡が窺えます。
  亀寿も没した後の国分は藩直轄領となり、舞鶴城は地頭屋形になりました。地頭とは、鎌倉時代の荘園領主の「地頭」のことではなく、江戸時代の一国一城令下の薩摩藩で、幕府の目を盗んで実質的な支城ネットワークの軍事・行政制度「外城制度」下の、各地の設けられた武家屋敷群「麓」のトップのことです。
  舞鶴城は、薩摩国,  大隅国両国の間にあることから江戸時代を通じて何回か藩庁移転構想が起きましたが結局実現せず、今日に至るまで鹿児島市が鹿児島県の県都になっています。国分の街は舞鶴城築城時の島津義久公の京都を模した都市計画により、碁盤目状の城下町になりました。
  舞鶴城跡は、今日の霧島市立国分小学校と国分高校がある場所ですが、石垣と掘が残っています。また、かつて舞鶴城にあって一時期は他家に移築されていた朱門が、昭和50年(1975年)に当地に復元され、その後さらに舞鶴城跡内で移築され、今日も残っています。この朱門は、昭和51年(1976年)2月1日に、市指定有形文化財に指定されました。
  舞鶴城の後詰めの山城は、現在の
城山公園です。
  舞鶴城は上述のように江戸時代の国分城であり、戦国時代までの国分城である
国分清水(きよみず)城と区別するべく、舞鶴城を国分新城、国分清水城国分本城と呼んで区別することがあります。
  公共交通機関によるアクセスは、2011年3月12日に全線開通した九州新幹線の終着駅・鹿児島中央駅地図)で、特急きりしま等のJR日豊本線の電車に乗り換えて国分駅地図)に行き、国分駅地図)下車、徒歩またはタクシー、駅から約2kmの距離です。
  霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。)

国分清水城跡:国分清水城跡の場所(こくぶきよみずじょう)(この辺り),  忠将屋形跡の場所(この辺り)
(リンク先URLはアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。地図は、概ねこの程度という精度のものです(ごめんなさい)。住所:鹿児島県霧島市国分清水,Tel.:0995-45-5111(霧島市役所)。位置は城郭放浪記 ・ 大隅国のお城一覧に基づくものです(リンク先URLは2012年3月現在)桃李不言下自成蹊でも清水城址,  清水城址(前述とは別ページ)として、霧島っ子のブログでも霧島市 清水城跡探索として紹介されています。YouTubeでもほたるの杜北辰神社初詣、天御中主神社、断崖絶壁の城清水城跡、霧島市として動画が載っています。
  
国分清水城こくぶきよみずじょうは、大隅国 囎唹郡(そおぐん)国分(こくぶ;現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)にあった中世城郭の遺構であり、江戸時代以降の国分城である国分城(舞鶴城)が築城される以前の、戦国時代までの国分城です。このため、舞鶴城は、この国分清水城と区別するために国分新城と呼ぶばれることがあります。逆に、舞鶴城と、この国分清水城と区別するために、国分新城に対して国分清水城国分本城と呼ばれることがあります。霧島っ子のブログ ・ 霧島市 清水城跡探索によれば(リンク先URLは2012年3月現在)平安時代末期〜鎌倉時代には在地豪族・税所氏の支城であったとの由です。播磨屋 Part2 ・ 風雲戦国史 戦国武将の家紋 ・ 地方別武将家一覧 ・ 九州 ・ 薩摩本田氏によれば(リンク先URLは2012年3月現在)国分清水城鎌倉時代本田氏の居城になっていますので、鎌倉時代早々に税所氏の城ではなくなったことになります。
  本田氏は、初代・本田親幹の孫・本田親恒が畠山重忠の宿将だったとの由です。島津氏初代の島津忠久公が畠山重忠の娘婿だったことから、この縁で、島津忠久公が薩摩国大隅国日向国の三国(三州)の守護職に任じられた際に、本田親恒は島津忠久公の命令により、一足先に代官(守護代)として三州に下向し、国を整えて数年後に復命したとの由です。島津忠久公下向の際に、本田親恒の子・本田貞親も従って下向し、大隅国守護代になり、
国分清水城を拠点にして島津忠久に重臣として仕えたとの由です。島津忠久公は母が比企氏出の丹後内侍であったために建仁3年(1203年)の比企の乱(比企能員の変)に連座して一時は三州の守護の座を失い、後に薩摩国守護職には復帰したものの、以降は鎌倉時代を通じて大隅国守護には復帰できませんでした。この比企の乱のタイミングに鑑(かんが)みれば、上述の本田貞親が島津忠久公の指揮下に大隅国守護代になったという時期は、建仁3年(1203年)以前のことになります。
  播磨屋 Part2 ・ 風雲戦国史 戦国武将の家紋 ・ 地方別武将家一覧 ・ 九州 ・ 薩摩本田氏によれば(リンク先URLは2012年3月現在)本田氏は、本田貞親以降、代々
国分清水城を居城にしていたとの由であり、本田貞親の子・本田親保は島津氏第4代当主・島津忠宗の下で国老を務めたとの由です。この時期は、まだ鎌倉時代島津氏大隅国守護から外れていた時期ですので、本田親保は、自らの拠点は大隅国にありながらも、薩摩国に出仕していたことになります。
  以降代々、本田氏は歴代の島津氏の国老を務める島津氏重臣の家系でしたが、本田氏14代当主の本田薫親は、島津氏第15代当主の島津貴久公に叛(そむ)いてしまったとの由です。その結果、天文17年(1548年)に、霧島っ子のブログ ・ 霧島市 清水城跡探索によれば(リンク先URLは2012年3月現在)日新斎(じっしんさい)島津忠良公・島津貴久公父子の攻撃を受けて
国分清水城は落城したとの由です。本田薫親は諸県郡庄内(現・宮崎県 ・ 都城市)に追放となり、国分清水城島津氏直属の城になったとの由です。なお、本田氏は後に再び島津氏家臣に復帰しましたが、この時期の本田氏国分清水城城主ではありません。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津忠将,ならびに南日本新聞社公式WEBサイト「373news.com」 ・ さつま人国誌 ・ 〈136〉垂水家の祖・島津忠将によれば、その後、
国分清水城島津貴久公の弟・島津忠将が、大隅国 ・ 肝付氏,  日向国 ・ 伊東氏への備えとして、南郷城(野首城)があった薩摩国 永吉(現・鹿児島県 ・ 日置市吹上町地域 ・ 永吉地区)から移って来て、城主になったとの由です。島津忠将が永禄4年(1561年)の廻城(めぐりじょう)の戦いで肝付兼続軍と戦って討ち死にした後は、嫡男の島津征久(島津以久)が城主になりました。
  台明寺岩人島津家の謀略: 伊集院忠棟、忠眞の非業の死地方・小出版流通センター南方新社),2007年08月)p.52,ならびにSamurai Worldサムライワールド ・ 島津以久の墓 宮崎市佐土原によれば、天正14年(1586年)7月〜同15年(1587年)4月の豊臣秀吉九州征伐(九州平定)後、天正16年(1588年)9月10日、島津征久(島津以久)は、嫡男の島津彰久
国分清水城に譲り、自分自身は上井城に移り住んで隠居したとの由です。島津征久(島津以久)島津忠将の嫡男ですので、島津四兄弟(島津氏宗家第16代当主・島津義久公,  島津義弘公,  島津歳久公,  島津家久公)の従兄弟になります。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津彰久にによれば、島津彰久は、文禄元年(1592年)〜慶長3年(1598年)の文禄・慶長の役(朝鮮出兵)に出陣しましたが、文禄4年(1595年)に現地で陣没してしまったとの由です。
  いちご畑よ永遠に ・ 種子島皆既日食ツアー 2 千座の岩屋 私学校跡 西郷隆盛洞窟によれば(リンク先URLは2014年10月現在)島津征久(島津以久)は、文禄4年(1595年)に、種子島に移封(転封)になり、大隅国 熊毛郡 西之表(現・鹿児島県 ・ 西之表市
新城に移ったとの由です。この時、島津征久(島津以久)新城に移ったのは、上井城からであったのか、それとも、上述のとおり島津彰久が死んだことに伴い、一旦、国分清水城に戻り移ってからのことであったのか、そのいずれであるかについては、調べてみましたが分かりませんでした。原口虎雄薩摩藩外城制度の成立と元和の一国一城令」(法制史学会法制史研究』,Vol.1979 (1979) No.29)pp.79-81,ならびに桐野作人関ケ原島津退き口 敵中突破三〇〇里学研新書,2010)p.237によれば、島津征久(島津以久)のこの種子島への移封(転封)は、島津氏領では安土桃山時代の文禄4年(1595年)に行われた太閤検地の結果、家臣団の大幅な所替が、減封を伴う形で行われた結果によるものであるとの由です。
  鴨着く島おおすみ ・ 『三国名勝図会』から学ぶおおすみ歴史講座 ・ 第十回 大隅国・大隅郡・垂水郷によれば、その後、慶長4年(1599年)に島津征久(島津以久)は、大隅国 大隅郡垂水(たるみず;現・鹿児島県 ・ 垂水市)に移封(転封)となり、
垂水城に移ったとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津以久によれば、島津征久(島津以久)は、江戸時代初期の慶長8年(1603年)に、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで壮絶な戦死を遂げた島津豊久の旧領である、日向国 那珂郡 佐土原(さどわら)(現・宮崎県 ・ 宮崎市佐土原町地域)を与えられて、日向国 佐土原佐土原城さどわらじょう城主になり、佐土原藩を立藩したとの由です。島津征久(島津以久)の子孫の内、上述の島津彰久の嫡男であり、島津征久(島津以久)にとっては嫡孫である島津久信(別名:島津忠仍,島津信久)日向国 佐土原には行かず、慶長4年(1599年)以降の島津征久(島津以久)の本領だった大隅郡垂水を継承したことは、郷土史ではよく知られた史実です。鹿児島県庁公式WEBサイト ・ 垂水市まち歩きマップによれば(リンク先URLは2011年11月現在)島津久信(別名:島津忠仍,島津信久)は、慶長16年(1611年)に、垂水城から、大隅国 大隅郡垂水(現・鹿児島県 ・ 垂水市)の林之城(林城)に拠点を移したとの由であり、江戸時代薩摩藩における島津氏庶流の名門・垂水家(垂水島津家)になりました。また、このように、嫡孫が日向国 佐土原に行かなかったため、佐土原藩藩主の家督の方は、島津征久(島津以久)の三男・島津忠興が継ぎました。なお、島津彰久島津忠興の間の、島津征久(島津以久)の次男は、薩摩国 薩摩郡 入来院(いりきいん;現・鹿児島県 ・ 薩摩川内市(さつませんだいし)入来町地域)の清色城きよしきじょう城主の入来院氏の養子に入って入来院重時(いりきいん しげとき)になり、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで男児を残さないまま没していますので、島津征久(島津以久)佐土原藩主になった時点で、既にこの世にいませんでした。
  なお、島津貴久公が天文18年(1549年)8月28日(太陽暦9月29日)にフランシスコ・ザビエルと会見したのは、当時の島津貴久公の居城だった伊集院(現日置市)の
一宇治城(伊集院城)とされていましたが、松尾千歳鹿児島歴史探訪高城書房,2005)pp.46-47,南日本新聞ホームページ ・ さつま人国誌 ・ わが国初のキリシタン・アンジロー(中)(リンク先URLは2012年3月現在)等によれば、この会見場所は実は国分清水城とする「国分清水城説」もあるとの由です。その理由は、島津貴久公はこの時期には未だ大隅国を制圧できておらず。天文18年(1549年)は5月から、姶良市加治木町地域の黒川崎で加治木肝付氏肝付兼演(かねのぶ)や、それを支援する祁答院(けどういん)氏,  薩摩蒲生(かもう)氏と対峙していて、和睦が結ばれる12月までの間は国分清水城にいることが多かったからであるとの由です。
  
国分清水城近くにある天御中主神社(アメノミナカヌシジンジャ)地図)は、本田氏による信仰が厚かったと伝えられる神社です。鹿児島県神社庁ホームページ ・ 天御中主神社によれば(リンク先URLは2012年3月現在)国分清水城の南側に七ヶ所の突き出た場所があり、それが北斗七星に似ていることから、北辰(北極星)大明神と称されたとの由です。今日でも天御中主神社地図)の通称は「北辰さあ(ホッシンサア)」であるとの由です。
  
国分清水城の廃城時期は、国分城(舞鶴城)築城時期であるのか、一国一城令発令時であるのかは存じ上げません。廃城後は、薩摩藩の地方軍事・行政ネットワークである外城制の下に、他の城と同様に城山の麓に外城(麓)武家屋敷群として「清水(きよみず)麓」が設けられたとの由です。未訪問故、詳しい場所は存じ上げませんが、江戸の名残/江戸の名残香を訪ねて ・ 清水麓によれば(リンク先URLは2012年3月現在)、清水麓は南方神社(ミナミカタジンジヤ)地図)の周辺であったとの由です。
  公共交通機関での行き方・アクセスは、2012年3月現在九州新幹線 ・ 鹿児島中央駅地図)の「鹿児島中央駅前」バス停からは、いわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークの「69-1路線:伊敷ニュータウン(地図)(鹿児島市)−重久(地図)・重久車庫(国分営業所)(地図)(霧島市国分市地域)」路線バスの「重久・重久車庫(国分営業所)」行きに乗り、「きよみず」バス停(地図)下車、徒歩です。JR九州 ・ 日豊本線国分駅地図)からは、「国分駅前」バス停で、いわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークの「国分駅前−重久(地図)・鹿児島神宮地図)・丸尾地図)−霧島いわさきホテル地図)」バス路線の「霧島いわさきホテル」行き、或いは「国分・隼人循環(日当山温泉,  国分駅,  隼人駅等を結ぶ循環路線)」バス路線の「重久車庫(国分営業所)(地図)・鹿児島市)−重久(地図)」方面行きに乗り、「きよみず」バス停(地図)下車、徒歩です。「国分・隼人循環(日当山温泉,  国分駅,  隼人駅等を結ぶ循環路線)」バス路線には、JR九州 ・ 日豊本線,  肥薩線隼人駅地図)(霧島市隼人町地域)で、「隼人駅前」バス停から乗ることもできます。国分駅地図)や隼人駅地図)へは、九州新幹線の終着駅・鹿児島中央駅地図)で、特急きりしま等のJR日豊本線の列車に乗り換えれば、行けます。バスの時刻表については、九州のバス時刻表ホームページで、タクシー会社については【gooタウンページ】タクシー会社の検索結果で、お調べいただけます。
  霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。)

上井城跡:上井城跡の場所(うわいじょう)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:鹿児島県霧島市国分上井。城郭放浪記でも大隅・上井城として、お城の旅日記でも大隅 上井城として、Samurai Worldサムライワールドでも上井城跡 鹿児島県霧島市として紹介されています。
  
上井城うわいじょうは、大隅国 囎唹郡(そおぐん)国分(こくぶ;現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)にあった中世城郭遺構です。今日では、城跡は南公園地図として、整備されています。
  Samurai Worldサムライワールド ・ 上井城跡 鹿児島県霧島市によれば、
上井城は、『上井覚兼日記』を書いたことで知られる、戦国時代島津氏家臣の武将・上井覚兼(うわい かくけん)の祖父・上井為秋の城であったとの由です。播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 武家家伝 上井氏等によれば、上井氏の出自は、信州(信濃国)(現・長野県)の名族・諏訪氏(すわし)であるとの由です。武家家伝 上井氏によれば、戦国時代の天文17年(1548年)に、上井為秋は、薩摩国伊作(現・鹿児島県 ・ 日置市吹上町地域の一部)の亀丸城伊作城城主の伊作家(伊作島津家)当主(兼)薩摩国田布施(現・鹿児島県 ・ 南さつま市金峰町地域の一部)の亀ヶ城城主の相州家(相州島津家)当主の日新斎(じっしんさい)島津忠良公と、その嫡男で、島津氏宗家第15代当主で、この時期は薩摩国伊集院(現・鹿児島県 ・ 日置市伊集院町地域)の一宇治城(伊集院城)城主の島津貴久公に降ったとの由です。そして、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津忠将,ならびに南日本新聞社公式WEBサイト「373news.com」 ・ さつま人国誌 ・ 〈136〉垂水家の祖・島津忠将によれば、日新斎島津忠良公の次男(つまり、島津貴久公の弟)で、薩摩国 永吉(旧薩摩国南郷,現・鹿児島県 ・ 日置市吹上町地域 大字 吹上町永吉)の南郷城(野首城)城主だった島津忠将が、同年(天文17年(1548年))に大隅国 囎唹郡国分(現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)の国分清水城こくぶきよみずじょう城主に転じると、武家家伝 上井氏等によれば、島津忠将に代わって上井為秋は薩摩国 永吉地頭になり、南郷城(野首城)城主になったとの由です。なお、島津忠将は、日新斎島津忠良公の次男、即ち島津氏宗家第15代当主・島津貴久公の弟であり、この時期の島津氏宗家出身の武将の中でも、特に猛将として名高い武将です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 上井覚兼によれば、上井覚兼は天文14年2月11日(1545年3月23日)に生まれており、これは、祖父・上井為秋が
南郷城(野首城)がある薩摩国 永吉に移封(転封)になった年・天文17年(1548年)よりも前のことですので、上井覚兼上井城で生まれたことになります。上井氏は、上井為秋、上井薫兼、上井覚兼と続き、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 上井覚兼によれば、上井覚兼本人は、永禄2年(1559年)に元服して、薩摩国鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市)の内城うちじょう城主で島津氏宗家第15代当主の島津貴久公に仕えたとの由です。上井覚兼は、幾多の合戦で軍功を挙げた後、宮崎県遺跡資料リポジトリ・「宮崎市文化財調査報告書 第75集 宮崎城跡測量調査報告書」p.5によれば、天正8年(1580年)に、日向国 宮崎郡 宮崎(現・宮崎県 ・ 宮崎市の一部)の宮崎城城主になったとの由です。上井覚兼日向国 地頭に任じられたとの由であり、日向国 那珂郡 佐土原(さどわら)(現・宮崎県 ・ 宮崎市佐土原町地域)の佐土原城さどわらじょう城主で日向国 守護代島津家久公と共に、島津家中の日向衆を率いる重責を担(にな)っていたとの由です。
  ところが、戦国時代末期/安土桃山時代の天正14年(1586年)7月〜同15年(1587年)4月の豊臣秀吉九州征伐(九州平定)における最終決戦であった、天正15年(1587年)4月17日の
根白坂の戦い(場所は、日向国新納院(にいろいん)根白坂(日向国 児湯郡根白坂)(現・宮崎県 ・ 児湯郡 木城町 大字椎木(しいのき))の根白坂の戦い古戦場)で、島津軍は敗北してしまいました。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 上井覚兼によれば、島津軍の敗北後、上井覚兼は、島津家久公と共に降伏したとの由です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 宮崎城によれば、豊臣秀吉九州征伐(九州平定)後の戦後処理としての九州国分(きゅうしゅうくにわけ)では、日向国 宮崎郡 宮崎は、豊前国 田川郡 香春(かわら)(現・福岡県 田川郡 香春町)の
香春岳城かわらだけじょうから移封(転封)になって日向国土持院(つちもちいん)縣(県,あがた)(現・宮崎県 ・ 延岡市)の縣松尾城あがたまつおじょうに移って来た高橋元種の飛び地領になり、島津氏宮崎城を失ってしまったとの由です。このため、上井覚兼も、宮崎城を去らざるを得ませんでした。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 上井覚兼によれば、上井覚兼は、薩摩国伊集院(現・鹿児島県 ・ 日置市伊集院町地域)の地頭職に任じられたとの由です。確認した上での史実ではありませんが、薩摩国伊集院地頭ですので、一宇治城(伊集院城)城主であった可能性が高いであろうと推測します。
  台明寺岩人島津家の謀略: 伊集院忠棟、忠眞の非業の死地方・小出版流通センター南方新社),2007年08月)p.52,ならびにSamurai Worldサムライワールド ・ 島津以久の墓 宮崎市佐土原によれば、天正14年(1586年)7月〜同15年(1587年)4月の豊臣秀吉九州征伐(九州平定)後、天正16年(1588年)9月10日、大隅国 囎唹郡国分(現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)の
国分清水城こくぶきよみずじょう城主で、島津忠将の嫡男の島津征久(島津以久)は、嫡男の島津彰久国分清水城に譲り、自分自身は上井城に移り住んで隠居したとの由です。島津征久(島津以久)島津忠将の嫡男ですので、島津四兄弟(島津氏宗家第16代当主・島津義久公,  島津義弘公,  島津歳久公,  島津家久公)の従兄弟になります。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津彰久にによれば、島津彰久は、文禄元年(1592年)〜慶長3年(1598年)の文禄・慶長の役(朝鮮出兵)に出陣しましたが、文禄4年(1595年)に現地で陣没してしまったとの由です。
  いちご畑よ永遠に ・ 種子島皆既日食ツアー 2 千座の岩屋 私学校跡 西郷隆盛洞窟によれば(リンク先URLは2014年10月現在)島津征久(島津以久)は、文禄4年(1595年)に、種子島に移封(転封)になり、大隅国 熊毛郡 西之表(現・鹿児島県 ・ 西之表市
新城に移ったとの由です。この時、島津征久(島津以久)新城に移ったのは、上井城からであったのか、それとも、上述のとおり島津彰久が死んだことに伴い、一旦、国分清水城に戻り移ってからのことであったのか、そのいずれであるかについては、調べてみましたが分かりませんでした。原口虎雄薩摩藩外城制度の成立と元和の一国一城令」(法制史学会法制史研究』,Vol.1979 (1979) No.29)pp.79-81,ならびに桐野作人関ケ原島津退き口 敵中突破三〇〇里学研新書,2010)p.237によれば、島津征久(島津以久)のこの種子島への移封(転封)は、島津氏領では安土桃山時代の文禄4年(1595年)に行われた太閤検地の結果、家臣団の大幅な所替が、減封を伴う形で行われた結果によるものであるとの由です。
  種子島大隅国 熊毛郡 西之表(現・鹿児島県 ・ 西之表市
新城に移ってから以降の島津征久(島津以久)と、その子孫の行く末については、当画面(当ページ)内の国分清水城で概要を述べています。また、これら各移転先の城での状況について詳しくは、当ホームページ内の、新城紹介欄,  垂水城紹介欄,  佐土原城(さどわらじょう)紹介欄,  林之城(林城)紹介欄などで、ご参照いただけます。
  
上井城の廃城時期については、調べてもよく分かりませんでしたが、遅くとも、慶長20年/元和元年(1615年)の一国一城令の時には廃城になったはずです。
  なお、前述のとおり、一時期
上井城の城主だった上井氏の出自・諏訪氏(すわし)は、日本神話建御名方神(たけみなかたのかみ)(が神話化される前の、そのモデルとなった霊長目ヒト科ヒト属ヒトという種の動物に属する1個体としての建御名方神)の子孫であり、その宗家は信濃国(現・長野県一之宮である諏訪大社公式サイト,  解説上社(上社本宮(かみしゃほんみや),  上社前宮(かみしゃまえみや)の大祝(おおほうり)を代々勤めて、信濃国では諏訪神党と呼ばれる武士団を率いていた、神代の時代からの名家です。このため、日本各地で中世に諏訪氏の支族が散っていった先には諏訪神社がある場合が多いのですが、上井氏諏訪氏)が城主を務めた上井城の近くにも、諏訪神社地図(〒899-4313 霧島市国分上井716)があります。この諏訪神社地図は、上井氏諏訪氏)が創建したものであるか否かは不明ですが、鹿児島県神社庁ホームページ ・ 諏訪神社によれば、創建年代は不詳ながらも慶長7年(1602年)に島津氏宗家第16代当主だった島津義久公が再興した旨の記録があるとの由であり、慶長7年(1602年)時点で「創建」ではなく「再興」だったということは、上井氏諏訪氏)が上井城にいた時期に、既に諏訪神社地図は存在していた可能性があり得ます。もしも、この仮説が間違っていなかった場合、創建した訳ではなかった場合でも、この諏訪神社地図が、上井城在城時期の上井氏諏訪氏)の信仰の対象であったことは、想像に難くありません。
  なお、「逆は必ずしも真ならず」はこの場合にも当てはまり、日本各地で諏訪神社がある場所でも、中世に諏訪氏の支族が創建した訳ではない場合も数多くあります(「論理の学問である数学」の用語で言い換えれば、集合「各地の諏訪神社一族由来の諏訪神社」は集合「各地の諏訪神社」の真部分集合であり、集合「各地の諏訪神社」における集合「各地の諏訪神社一族由来の諏訪神社」の補集合も、数多くあります)。この様々な理由の中の一つは、建御名方神が武神として武将達の信仰の対象になったためであると巷間言われており、鹿児島県では、南方神社(みなかたじんじゃ)と呼ばれる神社は、諏訪神社の別名です。
  交通・アクセスは、2014年3月現在九州新幹線の終着駅・鹿児島中央駅地図)で、特急きりしま等のJR日豊本線の電車に乗り換えて国分駅地図)に行き、国分駅地図)から、いわさきコーポレーション解説) ・ 三州自動車(旧・大隅交通ネットワーク)(九州のバス時刻表ホームページ上の表記は、2013年8月現在鹿児島交通)の「鹿児島空港地図)−姫城温泉国分駅地図)・検校橋経由−垂水港(地図)」の空港アクセス・バス、「国分駅前(地図)−検校橋経由−垂水港(地図)」路線、鹿児島空港地図)−ノンストップ国分駅地図)・牧之原(地図)・岩川(地図)経由−志布志(地図)」の空港アクセス・バス(急行)、「国分駅地図)−牧之原(地図)」路線、の各路線バスに乗り、「御神田」バス停(この辺り(地図))もしくは「銅田(どうた)」バス停()下車、徒歩です。これらのバス路線の内、空港アクセス・バスについては、空路でお越しの方は、鹿児島空港地図)から乗ることもできます。かつては国鉄(日本国有鉄道) ・ 大隅線銅田駅(どうたえき)地図)が近くにありましたが、残念ながら大隅線昭和62年(1987年)に廃線になってしまいました。なお、大隅線の廃駅の地図は、青い森ウェブ工房 ・ 自社向けサービス開発実績 ・ 制作実績 ・ 鉄道地図検索 ・ 大隅線 ・ 地図,ならびにphoblog de otchee ・ 銅田駅跡に基づくものです。
  霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。)

大穴持神社&旧小村海浜(旧小邨海M):大穴持神社の場所(おおなむちじんじゃ)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図。住所:〒899-4321 霧島市国分広瀬3-1089。大穴持神社については、鹿児島県神社庁ホームページでも大穴持神社として、神奈備にようこそ! でも大穴持神社として、玄松子の記憶でも大穴持神社として、古樹紀之房間(こきぎのへや)でも薩隅日三州の宮永氏一族と大穴持神社として紹介されています。小村海浜小邨海Mについては、播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州でも武家家伝 肝付氏の中で、鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・  鹿児島県史料集についてでも鹿児島県史料集 第50集 西藩烈士干城録(二)(PDF版)p.52で、九州戦国史〜室町末期から江戸初期まで〜でも【本藩人物誌・肝付氏(兼続以外)】の中で紹介されています。
  鹿児島県神社庁ホームページ ・ 大穴持神社,  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 大隅国の式内社一覧,  曽於郡によれば、
大穴持神社おおなむちじんじゃは通称を「オナンヂサア」と言い、創建年月は不詳であるとの由ですが、延喜式 神名帳(じんみょうちょう)に載っている式内社の古社であるとの由です。鹿児島県神社庁ホームページ ・ 大穴持神社によれば、御祭神は大己貴命(オオナムチノミコト),  少彦名命(スクナヒコナノミコト),  大歳神(オオトシノカミ)であるとの由です。
  鹿児島県神社庁ホームページ ・ 大穴持神社によれば、
大穴持神社の御祭神・大己貴命は昔、奥州津軽(恐らくは青森県 弘前市岩木山解説,  地図のことと思量)に鎮座していたとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 岩木山神社によれば、岩木山解説,  地図の山麓にある岩木山神社解説,  地図の御祭神の中の1神・顕国魂神(うつしくにたまのかみ)は異論もあるものの大国主神と同一神とされており、大国主神大穴持神社の御祭神・大己貴命と同一神とされますので、津軽に鎮座していたとは即ち、岩木山神社解説,  地図の御祭神の中の1神が顕国魂神(うつしくにたまのかみ;大国主神)であることを指すのであろうと推測します。いずれにせよ、鹿児島県神社庁ホームページ ・ 大穴持神社によれば、大穴持神社の御祭神・大己貴命は昔、奥州に鎮座されていたとの由ですが、西国に守護神が少なかったため、勅命をもって西国の鎮守として下向されたとの由です。常陸国(現・茨城県)の橘氏、宮永氏四兄弟、岩元氏の一族等25名の一行で下向されたとの由です。鹿児島県神社庁ホームページ ・ 大穴持神社によれば、大己貴命の一行は、日向国 宮崎郡串島(くしま,櫛間,福島とも;現・宮崎県 ・ 串間市)、大隅国 囎唹郡(そおぐん)福山(「福山」は江戸時代以降の地名であり、中世以前には廻(めぐり)だった筈(はず)ですが;現・鹿児島県 ・ 霧島市福山町地域)、大隅国 囎唹郡(そおぐん)敷根(現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域大字(おおあざ)国分敷根」)を経て、大隅国囎唹郡(そおぐん))福瀬の渡(具体地不明)に着船、大隅国 囎唹郡(そおぐん)福島村(現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域大字(おおあざ)「国分福島(この辺り(地図))」)にお仮屋を作られた後、大隅国 囎唹郡(そおぐん)小村(現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域大字(おおあざ)「国分広瀬(この辺り(地図))」)の現在地(地図)に本営を設けられたとの由です。鹿児島県神社庁ホームページ ・ 大穴持神社によれば、大己貴命が農道を歩いていた時に、犢牛(コッテ牛(雄牛))が突進して来たために麻畑に逃れたところ、その麻畑にいた蝮(まむし)に咬みつかれたとの伝承が伝わっているとの由です。このため、この大穴持神社の御祭神の大己貴命は犢牛(コッテ牛(雄牛))と麻と蝮(まむし)を嫌うようになり、その結果、小村(現・霧島市国分市地域大字(おおあざ)「国分広瀬」)では、犢牛(コッテ牛(雄牛))を飼ったり麻を植えたりすると家が栄えないという伝承が生じたとの由であり、集落では馬を飼う人は多くても牛を飼う人はほとんどいなかったと言われているとの由です。また、この集落を中心にして、天降川(あもりがわ)地図)と検校川(地図)との間には、蝮(まむし)が生息しないと言い伝えされているとの由です。
  鹿児島県神社庁ホームページ ・ 大穴持神社によれば、
大穴持神社がある鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域大字(おおあざ)「国分広瀬」は、かつては小村(大隅国 囎唹郡(そおぐん)小村)と呼ばれていたとの由です。神奈備にようこそ!  ・ 大穴持神社によれば、往古には大穴持神社のすぐ南側は海であったとの由であり、後に、江戸時代の弘化2年(1845年)からの6年間で行われた干拓工事の結果、小村新田になったとの由です。この大隅国 囎唹郡(そおぐん)小村(現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域大字(おおあざ)「国分広瀬」)がかつて海岸地域だった時期の小村海浜小邨海Mは、詳しくは次段落で解説するとおり、戦国時代の合戦の舞台になった場所の中の一つです。
  播磨屋.com ・ 家紋World ・ 風雲戦国史 ・ 地方別武将一覧 ・ 九州 ・ 武家家伝 肝付氏,  鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・  鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第50集 西藩烈士干城録(二)(PDF版)p.52,ならびに九州戦国史〜室町末期から江戸初期まで〜 ・ 【本藩人物誌・肝付氏(兼続以外)】によれば、大隅国 肝属郡(きもつきぐん) 高山(こうやま;現・鹿児島県 ・ 肝付町(きもつきちょう)高山町地域)の
高山城城主で反島津氏大隅国国人戦国大名 ・ 肝付氏の第18代当主・肝付兼亮(きもつき かねあき)は、戦国時代の元亀3年1月19日(1572年2月2日)に、大穴持神社がある、この大隅国 囎唹郡(そおぐん)小村(現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域大字(おおあざ)「国分広瀬」)の小村海浜小邨海Mを水軍をもって攻めて、島津氏と交戦したとの由です。しかし、一族の岸良将監以下20余人が陣没して、攻撃は失敗に終わったとの由です。この時の肝付氏当主は、武家家伝 肝付氏によれば肝付氏第18代当主・肝付兼亮になっていますが、鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・  鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第50集 西藩烈士干城録(二)(PDF版)p.52によれば、,ならびに九州戦国史〜室町末期から江戸初期まで〜 ・ 【本藩人物誌・肝付氏(兼続以外)】によれば、肝付兼亮の兄で先代の肝付氏第17代当主・肝付良兼であることになっています。しかし、戦国島津の女達(戦国島津女系図) ・ 島津忠良女(肝付兼続室、御南)孫引きの『旧記雑録』家わけ2肝付氏「新編伴姓肝属氏系譜」15によれば肝付良兼は元亀2年7月31日(注)に、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ によれば元亀2年7月30日(1571年8月20日)に、いずれにせよ、この肝付氏による小村海浜小邨海M侵攻に先立つ元亀2年7月(1571年8月)に肝付良兼は既に病死しているため、この時の肝付氏の当主は、肝付良兼ではなく肝付兼亮の方である可能性が高いと考えます。なお、この時の島津氏側の武将が誰であるかは調べても確認できませんでしたが、合戦が行われた場所から推して、大隅国 囎唹郡(そおぐん) 国分(現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)の国分清水城こくぶきよみずじょう城主で、島津四兄弟の従兄弟である島津征久(島津以久)辺りである可能性が高いと推測します。
(注) 元亀2年7月31日は、高精度計算サイト ・ 和暦・西暦 ・ 和暦から西暦変換(年月日) - 高精度計算サイト,ならびに公卿類別譜 ・ 和暦・西暦対照表 ・ 1571年1月1日(元亀元年11月25日)〜1572年12月31日(元亀3年11月17日)等によれば、元亀2年7月は7月30日までしかなくその翌日は8月1日であるため、日付に誤りがある可能性があり得ます。元亀2年7月30日は1571年8月20日であり、その翌日・1571年8月21日は元亀2年8月1日であり、元亀2年7月31日という日にちは存在しなかった可能性があります。これが、戦国島津の女達(戦国島津女系図) ・ 島津忠良女(肝付兼続室、御南)自体の誤記であるのか、それともオリジナルな参照先文献である『旧記雑録』家わけ2肝付氏「新編伴姓肝属氏系譜」15で既に誤っていたのかは、そのいずれであるのかは存じ上げません。

  2015年6月現在、公共交通機関での行き方は、鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域JR九州 ・ 日豊本線国分(こくぶ)駅地図)から徒歩圏内の「国分山形屋前」バス停(地図),もしくは鹿児島市のの九州新幹線停車駅・
鹿児島中央駅地図等から、いわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークの「69-1系統 伊敷台ニュータウン(地図)バス停−鹿児島中央駅地図・加治木本町(地図)・国分山形屋前 経由−重富(重富車庫())」路線の路線バスに乗る等、のバス路線で、「西広瀬」バス停(地図)、徒歩すぐです。バスの時刻表については、九州のバス時刻表ホームページで、タクシー会社については【gooタウンページ】タクシー会社の検索結果で、お調べいただけます。
  空路で鹿児島空港経由でお越しの方は、空港アクセス・バスで一旦、鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域の「国分山形屋前」バス停(地図)か、或いは鹿児島市
鹿児島中央駅地図に行き、そこから上述の路線バスに乗り換えれば、行けます。
  霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。)

(当HP内の)日当山温泉&姫城温泉案内

(当HP内の)霧島市旧国分市地域の温泉案内欄(再掲)
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)


当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域







霧島市隼人町地域>

霧島観光.com((社)霧島市観光協会)

妙見温泉振興会(旧・妙見温泉観光協会)
妙見温泉の各旅館が加盟している観光団体です。)

(当HP内の)妙見温泉など新川渓谷温泉郷案内

(当HP内の)日当山温泉&姫城温泉案内(再掲)

(当HP内の)霧島市旧隼人町地域の温泉案内欄
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

(当HP内の)特集:「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内

(当HP内の)鹿児島神宮(大隅国一宮)訪問記

(当HP内の)霧島市立隼人歴史民俗資料館訪問記(旧・隼人町歴史民俗資料館)

(当HP内の)隼人塚訪問記

(当HP内の)霧島市立隼人塚史跡館訪問記(旧・隼人町立隼人塚史跡館)

(当HP内の)熊襲の穴訪問記

(当HP内の)妙見石原荘入湯記

(当HP内の)妙見温泉・味の宿どさんこ入湯記

(当HP内の)日当山温泉・花の湯入湯記

(当HP内の)龍馬ハネムーンウォークin霧島案内
(リンク先は当HP内の特集ページ「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内の当該観光スポット紹介欄。公式WEBサイトは龍馬ハネムーンウォークin霧島 公式サイトです。(当HP内の)霧島観光案内と重複掲載です。)

(当HP内の)浜之市(はまんち)港案内
(リンク先は当HP内の特集ページ「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内の当該観光スポット紹介欄。楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県でも浜之市として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも浜之市として紹介されています。浜之市エリアには、浜之市港地図と併せてお楽しみいただけるスポットとして、浜之市バーガー(はまんちバーガー)1号店(中村鮮魚店)温泉施設「浜之市ふれあいセンター富の湯」富隈城跡もあります。)

浜之市バーガー(はまんちバーガー)1号店(中村鮮魚店)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島霧島市隼人町真孝1159-1。Tel.:0995-42-0195。霧島市商工会青年部が商品開発した、ご当地グルメです。きりなび ・ 中村鮮魚店によれば、参照時2013年8月現在の掲載内容では「日曜日・祝日」が定休日との由ですので、訪問日は定休日に重ならないようにするべく、要注意です。
  霧島市商工会青年部でも隼人支部の中で、(有)植山かまぼこ屋 ・ 店長ブログ(薩摩隼人のさつま揚げ!!植山屋のブログ!!)でも昨日はの中で、るるぶ.comでも中村鮮魚店として、きりなびでも中村鮮魚店として、食べログでも浜之市バーガー1号店 (中村鮮魚店)として紹介されています。
  
「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポットでもある浜之市港エリアにあり、浜之市港エリアには、浜之市港浜之市バーガー(はまんちバーガー)1号店(中村鮮魚店)以外にも、温泉施設「浜之市ふれあいセンター富の湯」富隈城跡があります。)

山形屋ストア・山形屋ショッピングプラザ隼人店
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図で場所を示せば、山形屋ショッピングプラザ隼人店の場所のとおり。住所:〒899-5102 鹿児島県霧島市隼人町真孝158-1、Tel.:0995-43-6555。山形屋系列のスーパー・マーケット山形屋ストアのお店です。
  なお、
山形屋は、楽天市場にも【楽天市場】山形屋オンラインショップとして出店しています。)
→  【楽天市場】山形屋オンラインショップ

隼人駅前通り会facebookページ

A-Zはやと(AZスーパーセンター隼人店)の場所
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。住所:〒899-5102 鹿児島県霧島市隼人町真孝3677、Tel.:0995-56-5200。鹿児島県 ・ 阿久根市(あくねし)にある(株)マキオ運営のA-Zあくね(A-Zスーパーセンター)の隼人店です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でもA-Zスーパーセンターとして、goo ・ タウンページでもA−Zはやととして、iタウンページでもA−Zはやととして、オムちゃんのPAPA生活雑記帳 「雨のち晴れ、ときどき Z」でも「A Z隼人店」 って、こんな店です。(^^)として、ぶらり立ち寄り温泉でも2010年9月25日 AZはやと店 [観光【鹿児島】]として、都城から建築をこめてでもA-Zはやと店/巨大店舗として紹介されています。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ A-Zスーパーセンターによれば、隼人店は平成21年(2009)年3月に3号店としてオープンしたものであり、りんかい日産建設(株)ホームページ ・ 作品紹介・都道府県別一覧 ・ 鹿児島県 ・ AZはやとによれば、りんかい日産建設(株)による建築物であるとの由です。テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」の「連続転勤ドラマ 辞令は突然に…」コーナーでも紹介された店です。また、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ A-Zスーパーセンターによれば、土地は平成19年(2007年)3月30日に、鹿児島県 ・ 鹿児島市にある
城山観光ホテルを運営する城山観光(株)から譲渡されたものであるとの由です。なお、メディカルパークはやと公式WEBサイトによれば、開業日は未定ながら、2013年12月現在、隣接するこの辺り(地図)に、メディカルパークはやとを設ける計画があるとの由です。)

縄文遺跡ミュージアム
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。ホテル京セラに併設されています。MAPPLE観光ガイドでも縄文遺跡ミュージアムとして紹介されています。)
  【楽天トラベル】ホテル京セラ

嘉例川駅
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県サブ・コンテンツ。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも嘉例川駅として紹介されています。嘉例川駅は、観光特急「はやとの風」等の肥薩線の旅でお楽しみいただけます。すぐ最寄りに 物産館「かれい川ふれあい館」があります。)

物産館「かれい川ふれあい館」の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:霧島市隼人町嘉例川2170-3。Tel.:0995-43-9124。日曜日のみ営業さくらじまネット21-公益社団法人 鹿児島県農業・農村振興協会- ・ 農産物直売所マップ でも姶良・伊佐エリアの中で、たふたふと探題ふでも嘉例川の思い出は椎茸の重さとともにの中で、温泉気まま旅でも大隅横川駅〜嘉例川駅 [鹿児島の観光]の中で紹介されています。嘉例川駅のすぐ前(対面)にあります。)

小浜海水浴場(おばまかいすいよくじょう)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市隼人町小浜228番地。Tel.:0995-45-5111(霧島市観光課)。MAPPLE観光ガイドでも小浜海水浴場として、鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも小浜海水浴場として(リンク先URLは2013年8月現在)全国旅そうだんでも小浜海水浴場として、じゃらんnetでも小浜海水浴場として紹介されています。)

南風の匠工房・木と生活文化ミュージアム南風人館(はやとかん)
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せば、木と生活文化ミュージアム南風人館(はやとかん)の場所のとおり。住所:鹿児島県霧島市隼人町小田630-2。Tel.:0995-42-1148。goo ・ タウンページでも南風人館として紹介されています。)

Noah coffee(ノアコーヒー,フードデザイナーズNOAH)Noah coffee(ノアコーヒー,フードデザイナーズNOAH)公式WEBサイト
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、Noah Coffee(ノアコーヒー)の場所のとおり。住所:鹿児島県霧島市隼人町内1449-1,Tel.:0995-50-1646,営業時間:11:00〜18:00,休業日:祝日。2015年10月現在、関連する公式facebookページ/ブログとして、ノアコーヒー(Noah coffee)公式facebookページ,  フードデザイナーズNOAH公式facebookページ,  オーナーブログ「のあのブログ」,  店舗情報/スタッフブログ「自家焙煎のNOah Coffee のあコーヒー」もあります。
  
Noah Coffee(ノアコーヒー)は、鹿児島県の温泉地「日当山温泉ひなたやまおんせん」(鹿児島県 霧島市隼人町地域にある珈琲店です。霧島国際音楽ホール みやまコンセール ・ 施設概要,  Noah coffee(ノアコーヒー)公式WEBサイト ・ NOAH COFFEE(ミヤマコンセール内)によれば、2015年10月現在霧島温泉の中の霧島温泉郷がある鹿児島県 ・ 霧島市牧園町地域霧島国際音楽ホール みやまコンセール内のみやまコンセール・カフェコーナー(喫茶コーナー)も、Noah Coffee(ノアコーヒー)が運営しているとの由です。
  オーナーブログ「のあのブログ」 ・ 沖永良部島珈琲収穫,  NHKの番組「サキどり↑」の公式WEBサイト「サキどり↑」内のこれまでの放送 ・ 2015年10月11日放送「あれっ 輸入じゃない!広がる農作物の"国産化"」によれば(リンク先URLは2015年10月現在)
Noah Coffee(ノアコーヒー)経営者の東さつき氏の実家の農園である、鹿児島県沖永良部島鹿児島県 大島郡 和泊町)の沖永良部島コーヒー農園(沖永良部島珈琲研究所)で収穫した沖永良部島産の珈琲を飲めるとの由ですが、ただし、2015年時点では、まだ収穫量が少ないため、期間限定であるとの由です。この沖永良部島産珈琲の放送については、上記のNHKオンライン ・ サキどり↑ ・ これまでの放送 ・ 2015年10月11日放送「あれっ 輸入じゃない!広がる農作物の"国産化"」(リンク先URLは2015年10月現在)以外にも、沖永良部島観光情報サイト「沖永良部島 - 沖永良部島エコツアーネット」 ・ 沖永良部島観光情報サイトfacebookページ ・ 2015年10月6日付『Noah coffeeが、テレビ出演します。』,  ノアコーヒー(Noah coffee)公式facebookページ ・ 2015年10月6日付『Noah coffeeが、テレビ出演します。』,  Noah coffeeオーナーブログ「のあのブログ」 ・ 2015年10月6日付「Noah coffeeが、テレビ出演します。」,  Noah coffee店舗情報/スタッフブログ「自家焙煎のNOah Coffee のあコーヒー」 ・ 10/10(土)・11(日)の連日テレビに出ま〜す♪で紹介されています。
  
Noah Coffee(ノアコーヒー) ・ フードデザイナーズNOAH製の商品は、2015年10月現在楽天市場でも【楽天市場】キーワード「フードデザイナーズNOAH」の検索結果で検索することができ、2015年10月現在霧島珈琲,  霧島珈琲羊羹をお求めいただくことができます。)

(当HP内の)妙見温泉など新川渓谷温泉郷案内(再掲)

(当HP内の)日当山温泉&姫城温泉案内(再掲)

(当HP内の)霧島市旧隼人町地域の温泉案内欄(再掲)
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)


霧島市旧隼人町地域でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「鹿児島県霧島市隼人」での楽天トラベル登録宿検索結果


<この地域の交通案内:時刻表参照サイト>
(当HP内の)九州新幹線乗車記,  特急きりしま乗車記,  観光特急「はやとの風」乗車記
  霧島市隼人町地域へは、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅特急きりしま等のJR日豊本線の列車や、観光特急「はやとの風」等のJR日豊本線経由でJR肥薩線に乗り入れる列車に、乗り換えれば行けます。JR九州、ならびにこの地域に着いてから乗り換えるいわさきバスネットワーク(旧・林田バス)の路線バス等の時刻表は、以下のリンク先でお調べいただけます。
→   ○   JR九州公式ホームページ

○   九州のバス時刻表

○   交通ナビかごしま


のったりおりたりマイプラン(霧島地区)
(リンク先は、運営するバス会社「いわさきバスネットワーク」のホールディング会社(グループ親会社)・いわさきコーポレーション(株)のサブ・コンテンツで、リンク先URLは2013年12月現在。)
ならびに
霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)
(リンク先は霧島市ホームページのサブ・コンテンツで、リンク先URLは2013年12月現在google検索結果は、のったりおりたりマイプラン(霧島)です。2013年12月現在「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券で、霧島温泉妙見温泉など新川渓谷温泉郷がある霧島地域の観光スポットを廻るいわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークの路線バスに乗れる、1日乗り放題の乗車券「のったりおりたりマイプラン(霧島地区)」です。
  
「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券で載れる路線の内、特に霧島市隼人町地域にある日当山温泉(ひなたやまおんせん)妙見温泉など新川渓谷温泉郷を通る路線の情報として、霧島−妙見・日当山−国分線ならびに妙見温泉バス(妙見路線バス)について紹介すれば、以下のとおりです。それ以外の路線について詳しくは、当画面(当ページ)上方ののったりおりたりマイプラン(霧島地区)紹介欄で、ご参照いただけます。
詳しくは →  当画面(当ページ)上方ののったりおりたりマイプラン(霧島地区)紹介欄

  なお、時刻表については、2013年11月現在九州のバス時刻表ホームページ,  霧島市ホームページ ・ 霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表),ならびにいわさきコーポレーション(株) ・ のったりおりたりマイプラン(霧島地区)でご参照いただけます。)

◎   霧島−妙見・日当山−国分   ○   霧島市役所地図)−国分(山形屋前)地図)・国分駅構内(JR九州 ・ 日豊本線)(地図)・中ノ城 (地図姫城温泉(ひめぎおんせん)最寄り)・姫城温泉地図姫城温泉最寄り)・木ノ房(地図(狭義の)日当山温泉(ひなたやまおんせん)中の木房温泉(西郷どん湯など)最寄り)・日当山(ひなたやま)地図(狭義の)日当山温泉,  姫城温泉最寄り)・松永岐れ(地図清姫温泉,姫城温泉最寄り)・水天渕(地図新川渓谷温泉郷中、かれい川の湯,  季一湯(トキイチユ)最寄り)・立花上 (地図妙見温泉中、味の宿どさんこ最寄り)・妙見(地図妙見温泉薩摩隼人妙見ホテル),ならびに折橋温泉(おりはしおんせん)最寄り)・安楽橋(地図;数百m歩きますが、妙見温泉中、妙見石原荘,  忘れの里 雅叙苑最寄り)・安楽(地図新川渓谷温泉郷中、安楽温泉最寄り)・新川(地図新川渓谷温泉郷中、天降川温泉(ホテル華耀亭)最寄り)・山之湯下(地図新川渓谷温泉郷中、妙見新川温泉(せせらぎ荘)最寄り)・日之出温泉(地図新川渓谷温泉郷中、日の出温泉きのこの里最寄り)・塩浸温泉地図「塩浸温泉龍馬公園」&「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」最寄り)・牧園麓(地図)・柳平下(地図霧島高原まほろばの里最寄り)・柳平(地図霧島国際音楽ホール みやまコンセール最寄り)・牧場(地図霧島高原乗馬クラブ最寄り)・塩湯温泉(地図殿湯温泉最寄り)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
◎   妙見路線バス
(妙見温泉バス)
  ○   旧・温泉バスの後継路線>
鹿児島空港地図)−嘉例川駅地図)・日之出温泉(地図新川渓谷温泉郷中、日の出温泉きのこの里最寄り)・山之湯下(地図新川渓谷温泉郷中、妙見新川温泉(せせらぎ荘)最寄り)・新川(地図新川渓谷温泉郷中、天降川温泉(ホテル華耀亭)最寄り)・安楽(地図);宿によっては歩きますが、新川渓谷温泉郷中、安楽温泉朱峰,  さかいだ温泉,  本家 しおゆ,  佐藤温泉,  みょうばん湯,  鶴乃湯最寄り)・雅叙園前(地図忘れの里 雅叙苑最寄り)・安楽橋(地図;数百m歩きますが、妙見温泉中、万里苑(旧 楽園荘)最寄り)・石原荘前(地図妙見温泉中、妙見石原荘最寄り)・妙見温泉(地図妙見温泉薩摩隼人妙見ホテル,  田島本館,  妙見田中会館,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  素泊まり旅館きらく,数百m歩きますが秀水湯最寄り),ならびに折橋温泉(おりはしおんせん)おりはし旅館,  おりはし旅館別館 山水荘)最寄り)・立花上 (地図妙見温泉中、味の宿どさんこ最寄り,数百m歩きますが秀水湯最寄り)・水天渕(地図新川渓谷温泉郷中、かれい川の湯,  季一湯(トキイチユ)最寄り)・木ノ房(地図日当山温泉(ひなたやまおんせん)中、例えば西郷どん湯(木房温泉)等の(狭義の)日当山温泉(ひなたやまおんせん)中の最寄り)・鹿児島神宮前(地図鹿児島神宮最寄り)−隼人駅JR九州 ・ 日豊本線,  肥薩線)(地図



当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域





富隈城跡の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。〒899-5102 鹿児島県霧島市隼人町真孝283-1。姶良・かごしま便りでも富隈小学校(富隈城趾)として、城郭放浪記でも大隅・富隈城として、Samurai Worldサムライワールド ・ 古城紀行でも古城紀行 富熊城跡として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも富隈城として紹介されています(いずれもリンク先URLは2010年8月現在)
  
富隈城(とみくまじょう)跡は、鹿児島県霧島市旧隼人町地域にある、安土桃山時代の城跡で、現在では現・霧島市立富隈小学校になっています。
  今日では、石垣だけが残っており、北側には公園ができているとの由です。なお、南東隅の石は加藤清正が寄進したものとの伝承があります。
  島津義久公が文禄4年(1995年)に築城して鹿児島(現・鹿児島市)の
内城(うちじょう)から移り住み、慶長9年(1604年)に国分(こくぶ:現・霧島市国分市地域)の国分城(舞鶴城)に写るまでの間、住んでいた城です。島津義久公のこの移住は豊臣秀吉政権の圧力によるによるもので、鹿児島の内城(うちじょう)には代わりに島津忠恒(家久)公が入りました。
  島津氏の城は、鹿児島市
鶴丸城(鹿児島城)に対する城山(城山展望台)や、国分の舞鶴城(国分新城)に対する城山(現・城山公園のように後詰めの山城がある場所に設ける場合が多いのですが、この富隈城には後詰めの山城が無く、これは豊臣政権に対する恭順の意を示したものと言われているとの由です。
  義久公は、
富隈城在城10年の間に近くの浜之市港の修築整備を行い、江戸時代を通じて浜之市港は、この地域の重要港湾になりました。浜之市港自体は義久公在城以前からありましたので、開港ではなく修築です。
  また、後の江戸時代に、一国一城令下で建前上は支城を設けられなくなった時代の薩摩藩の実質的な支城ネットワークである「外城(とじょう)制」下の各地の武家屋敷群である「麓」も、富隈においては義久公在城期に整備が始められたとの由です。
  上述の
浜之市港「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポットでもあります。この浜之市港エリアには、浜之市港富隈城跡以外にも、浜之市バーガー(はまんちバーガー)1号店(中村鮮魚店)温泉施設「浜之市ふれあいセンター富の湯」があります。
  交通・アクセスは、JR九州 ・ 日豊本線,  肥薩線隼人駅地図)から車(タクシー等)です。隼人駅地図)には、九州新幹線の終着駅・鹿児島中央駅地図)で特急きりしま等のJR日豊本線の電車に乗り換えれば行けます。タクシー会社については【gooタウンページ】タクシー会社の検索結果で、お調べいただけます。
  霧島市旧隼人町地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市隼人町の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。)

(当HP内の)妙見温泉など新川渓谷温泉郷案内(再掲)

(当HP内の)日当山温泉&姫城温泉案内(再掲)

(当HP内の)霧島市旧隼人町地域の温泉案内欄(再掲)
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)


当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域







霧島市霧島町地域>

霧島観光.com((社)霧島市観光協会)

(当HP内の)旧霧島町地域の観光案内欄
(例えば霧島神宮,  高千穂峰,  霧島連山等の霧島市霧島町地域の観光スポットについては、(当画面(当ページ)ではなく、)(当HP内の)霧島観光案内ページ(画面)内の旧霧島町地域の観光案内欄をご参照下さい。)

(当HP内の)霧島神宮温泉郷案内
霧島市霧島町地域の温泉地・霧島神宮温泉郷の温泉施設については、(当HP内の)霧島温泉案内ページ(画面)内の霧島神宮温泉郷案内欄をご参照下さい。)


<この地域の交通案内:時刻表参照サイト>
(当HP内の)九州新幹線乗車記,  特急きりしま乗車記
  霧島市霧島町地域へは、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅特急きりしま等のJR日豊本線の列車に乗り換えれば行けます。霧島温泉へは、霧島神宮駅で、いわさきバスネットワーク(旧・林田バス)の路線バスへの乗り換えになります。JR九州、ならびにこの地域に着いてから乗り換えるいわさきバスネットワーク(旧・林田バス)の路線バス等の時刻表は、以下のリンク先でお調べいただけます。
→   ○   JR九州公式ホームページ

○   九州のバス時刻表

○   交通ナビかごしま


のったりおりたりマイプラン(霧島地区)
(リンク先は、運営するバス会社「いわさきバスネットワーク」のホールディング会社(グループ親会社)・いわさきコーポレーション(株)のサブ・コンテンツで、リンク先URLは2013年12月現在。)
ならびに
霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)
(リンク先は霧島市ホームページのサブ・コンテンツで、リンク先URLは2013年12月現在google検索結果は、のったりおりたりマイプラン(霧島)です。2013年12月現在「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券で、霧島温泉妙見温泉など新川渓谷温泉郷がある霧島地域の観光スポットを廻るいわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークの路線バスに乗れる、1日乗り放題の乗車券「のったりおりたりマイプラン(霧島地区)」です。2013年12月現在、以下の路線の路線バスに乗ることができ、時刻表については、リンク先URLは2013年11月現在九州のバス時刻表ホームページ,  霧島市ホームページ ・ 霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表),ならびにいわさきコーポレーション(株) ・ のったりおりたりマイプラン(霧島地区)でご参照いただけます。)
◎   霧島−霧島神宮−国分線   ○   国分駅JR九州 ・ 日豊本線)(地図)・国分営業所(重久車庫 )(地図)・「霧島神宮駅JR九州 ・ 日豊本線)」バス停(地図)・「霧島神宮」バス停(地図霧島神宮以外にも、霧島神宮温泉郷など最寄り)・蓬泉館前(地図)・神話の里入口(地図)・湯之谷温泉入り口(地図)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
◎   霧島温泉駅−霧島いわさきホテル線   ○   霧島温泉駅JR九州 ・ 肥薩線)(地図)−牧園小前(地図)・柳平下(地図霧島高原まほろばの里最寄り)・柳平(地図霧島国際音楽ホール みやまコンセール最寄り)・牧場(地図霧島高原乗馬クラブ最寄り)・塩湯温泉(地図殿湯温泉最寄り)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
◎   メモリーライン(指宿〜鹿児島・空港〜霧島)   ○   鹿児島空港地図)乗換>
山川桟橋地図いぶすき山川港特産市場「活お海道(いおかいどう)」最寄り−山川駅前(地図)・)指宿いわさきホテル地図)・指宿駅前バス停(地図)・今和泉(地図篤姫関連歴史観光スポット最寄り)・喜入(地図)・平川(地図)・高速伊敷(地図)・鹿児島空港地図)・(乗換)塩浸温泉地図「塩浸温泉龍馬公園」&「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」最寄り)・牧園麓(地図)・柳平下(地図霧島高原まほろばの里最寄り)・柳平(地図霧島国際音楽ホール みやまコンセール最寄り)・牧場(地図霧島高原乗馬クラブ最寄り)・塩湯温泉(地図殿湯温泉最寄り)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
  ○   <ノンストップ便>
指宿いわさきホテル地図)−指宿駅前バス停(地図)・鹿児島中央駅地図)・鹿児島空港地図)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)−霧島いわさきホテル地図
◎   霧島−妙見・日当山−国分   ○   霧島市役所地図)−国分(山形屋前)地図)・国分駅構内(JR九州 ・ 日豊本線)(地図)・中ノ城 (地図姫城温泉(ひめぎおんせん)最寄り)・姫城温泉地図姫城温泉最寄り)・木ノ房(地図(狭義の)日当山温泉(ひなたやまおんせん)中の木房温泉(西郷どん湯など)最寄り)・日当山(ひなたやま)地図(狭義の)日当山温泉,  姫城温泉最寄り)・松永岐れ(地図清姫温泉,姫城温泉最寄り)・水天渕(地図新川渓谷温泉郷中、かれい川の湯,  季一湯(トキイチユ)最寄り)・立花上 (地図妙見温泉中、味の宿どさんこ最寄り)・妙見(地図妙見温泉薩摩隼人妙見ホテル),ならびに折橋温泉(おりはしおんせん)最寄り)・安楽橋(地図;数百m歩きますが、妙見温泉中、妙見石原荘,  忘れの里 雅叙苑最寄り)・安楽(地図新川渓谷温泉郷中、安楽温泉最寄り)・新川(地図新川渓谷温泉郷中、天降川温泉(ホテル華耀亭)最寄り)・山之湯下(地図新川渓谷温泉郷中、妙見新川温泉(せせらぎ荘)最寄り)・日之出温泉(地図新川渓谷温泉郷中、日の出温泉きのこの里最寄り)・塩浸温泉地図「塩浸温泉龍馬公園」&「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」最寄り)・牧園麓(地図)・柳平下(地図霧島高原まほろばの里最寄り)・柳平(地図霧島国際音楽ホール みやまコンセール最寄り)・牧場(地図霧島高原乗馬クラブ最寄り)・塩湯温泉(地図殿湯温泉最寄り)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
◎   妙見路線バス
(妙見温泉バス)
  ○   旧・温泉バスの後継路線>
鹿児島空港地図)−嘉例川駅地図)・日之出温泉(地図新川渓谷温泉郷中、日の出温泉きのこの里最寄り)・山之湯下(地図新川渓谷温泉郷中、妙見新川温泉(せせらぎ荘)最寄り)・新川(地図新川渓谷温泉郷中、天降川温泉(ホテル華耀亭)最寄り)・安楽(地図);宿によっては歩きますが、新川渓谷温泉郷中、安楽温泉朱峰,  さかいだ温泉,  本家 しおゆ,  佐藤温泉,  みょうばん湯,  鶴乃湯最寄り)・雅叙園前(地図忘れの里 雅叙苑最寄り)・安楽橋(地図;数百m歩きますが、妙見温泉中、万里苑(旧 楽園荘)最寄り)・石原荘前(地図妙見温泉中、妙見石原荘最寄り)・妙見温泉(地図妙見温泉薩摩隼人妙見ホテル,  田島本館,  妙見田中会館,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  素泊まり旅館きらく,数百m歩きますが秀水湯最寄り),ならびに折橋温泉(おりはしおんせん)おりはし旅館,  おりはし旅館別館 山水荘)最寄り)・立花上 (地図妙見温泉中、味の宿どさんこ最寄り,数百m歩きますが秀水湯最寄り)・水天渕(地図新川渓谷温泉郷中、かれい川の湯,  季一湯(トキイチユ)最寄り)・木ノ房(地図日当山温泉(ひなたやまおんせん)中、例えば西郷どん湯(木房温泉)等の(狭義の)日当山温泉(ひなたやまおんせん)中の最寄り)・鹿児島神宮前(地図鹿児島神宮最寄り)−隼人駅JR九州 ・ 日豊本線,  肥薩線)(地図

<その他、霧島地域の観光スポットを巡るバス>
  なお、霧島地域の観光スポットを巡るいわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークのバス路線の内、「霧島連山周遊バス」については、2013年12月現在霧島市ホームページ ・ 霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)では「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券の対象路線として載っていますが、いわさきコーポレーション(株) ・ のったりおりたりマイプラン(霧島地区)では「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券の対象路線として挙げられていません。実際にどうであるかは不明ですが、霧島地域の観光スポットを巡るバス路線として載せておきます。時刻表については、2013年12月現在九州のバス時刻表ホームページ,ならびに霧島市ホームページ ・ 霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)でご参照いただけます。さらになお、霧島地域の観光スポットを巡る際には、いわさきコーポレーション(株)霧島・えびの高原定期観光バスもご利用いただけますので、併せて紹介します。
◎   霧島連山周遊バス   ○   丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)−えびの高原地図>霧島連山韓国岳えびの高原登山口,  えびの高原最寄り)−高千穂河原地図>霧島連山中岳高千穂河原登山口,  高千穂峰登山口,  霧島神宮古宮址,  高千穂河原ビジターセンター最寄り)−丸尾地図
◎   霧島・えびの高原定期観光バス   ○   2013年12月現在いわさきコーポレーション(株)公式WEBサイト ・ バスのご案内 ・ 定期観光バス  ・ 霧島・えびの高原定期観光バス 時刻表(&案内:PDF版)ご参照。もしも将来リンク切れになったら、いわさきコーポレーション(株)公式WEBサイト上のキーワード「霧島・えびの高原定期観光バス」のgoogle検索結果でお探し下さい。
  ○   鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課) ・ バスご利用の方ご参照。もしも将来リンク切れになったら、(社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課ホームページ上のキーワード「霧島・えびの高原定期観光バス」のgoogle検索結果でお探し下さい。
  ○   霧島市ホームページ ・ 「観光案内:市内の交通案内 ・ 霧島遊めぐりバスマップダウンロード・ページ」,または霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)ご参照。もしも将来リンク切れになったら、霧島市ホームページ上のキーワード「霧島・えびの高原定期観光バス」のgoogle検索結果でお探し下さい。


霧島市旧霧島町地域でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「霧島市霧島」での、ホテル・旅館の検索結果(注)
(注) 検索結果では、霧島市旧霧島町地域以外の宿も表示されることがあり得ます旨、ご注意下さい。



当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域







霧島市牧園町地域>

霧島観光.com((社)霧島市観光協会)

妙見温泉振興会(旧・妙見温泉観光協会)
妙見温泉の各旅館が加盟している観光団体です。)

(当HP内の)旧牧園町地域の観光案内欄
霧島市牧園町地域の観光スポットの内、霧島温泉郷エリアの観光スポットについては、(当画面(当ページ)ではなく、)(当HP内の)霧島観光案内ページ(画面)内の旧牧園町地域の観光案内欄をご参照下さい。)

(当HP内の)霧島温泉案内,特に霧島温泉郷案内欄
(例えば「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行」ゆかりの観光スポットでもある栄之尾温泉(現・霧島いわさきホテル),  硫黄谷温泉(現・霧島ホテル)等、霧島市牧園町地域の温泉地・霧島神宮温泉郷等の霧島温泉の温泉施設については、(当HP内の)霧島温泉案内、特に霧島神宮温泉郷案内欄をご参照下さい。)

(当HP内の)妙見温泉など新川渓谷温泉郷案内(再掲)
妙見温泉など新川渓谷温泉郷も、霧島市牧園町地域の温泉地です。)

以下に示す観光スポットは、霧島市牧園町地域の観光スポットの内、妙見温泉など新川渓谷温泉郷エリアのものに関して、(当HP内の)旧牧園町地域の観光案内欄(当HP内の)妙見温泉など新川渓谷温泉郷案内と重複掲載したものです。

(当HP内の)田島本館入湯記

(当HP内の)妙見田中会館入湯記

(当HP内の)湯治の宿妙見館・妙見元湯入湯記

(当HP内の)日の出温泉きのこの里入湯記(温泉+そば屋+喫茶店)

(当HP内の)特集:「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内

(当HP内の)塩浸温泉龍馬公園入湯記(「塩浸温泉福祉の里」の後身施設)
(当HP内の特集ページ「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内でも紹介しています。)

(当HP内の)和気神社訪問記
(当HP内の特集ページ「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内でも紹介しています。)

(当HP内の)犬飼滝訪問記
(当HP内の特集ページ「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内でも紹介しています。)

(当HP内の)龍馬ハネムーンウォークin霧島案内(再掲)
(リンク先は当HP内の特集ページ「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内の当該観光スポット紹介欄。公式WEBサイトは龍馬ハネムーンウォークin霧島 公式サイトです。)

(当HP内の)旧牧園町地域の観光案内欄(再掲)
霧島市牧園町地域の観光スポットの内、霧島温泉郷エリアの観光スポットについては、(当画面(当ページ)ではなく、)(当HP内の)霧島観光案内ページ(画面)内の旧牧園町地域の観光案内欄をご参照下さい。)

(当HP内の)霧島温泉案内,特に霧島温泉郷案内欄(再掲)

(当HP内の)妙見温泉など新川渓谷温泉郷案内(再掲)

霧島市旧牧園町地域でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「霧島市牧園町」での、ホテル・旅館の検索結果(注)
(注) 検索結果では、霧島市旧牧園町地域以外の宿も表示されることがあり得ます旨、ご注意下さい。



<この地域の交通案内:時刻表参照サイト>
(当HP内の)九州新幹線乗車記,  特急きりしま乗車記
  霧島市牧園町地域の中でも霧島温泉郷エリアへは、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅特急きりしま等のJR日豊本線の列車に乗り換えれば行けます。霧島温泉郷へは、霧島神宮駅で、いわさきバスネットワーク(旧・林田バス)の路線バスへの乗り換えになります。JR九州、ならびにこの地域に着いてから乗り換えるいわさきバスネットワーク(旧・林田バス)の路線バス等の時刻表は、以下のリンク先でお調べいただけます。
→   ○   JR九州公式ホームページ

○   九州のバス時刻表

○   交通ナビかごしま


(当HP内の)九州新幹線乗車記,  観光特急「はやとの風」乗車記
  霧島市牧園町地域へは、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅観光特急「はやとの風」等のJR日豊本線経由でJR肥薩線に乗り入れる列車に乗り換えれば行けます。JR肥薩線の列車は、隼人駅始発の場合には、特急きりしま等のJR日豊本線の列車からの乗り換えになります。霧島温泉郷等の旧牧園町エリアへは、霧島温泉駅で、いわさきバスネットワーク(旧・林田バス)の路線バスへの乗り換えになります。JR九州、ならびにこの地域に着いてから乗り換えるいわさきバスネットワーク(旧・林田バス)の路線バス等の時刻表は、以下のリンク先でお調べいただけます。
→   ○   JR九州公式ホームページ

○   九州のバス時刻表

○   交通ナビかごしま


のったりおりたりマイプラン(霧島地区)
(リンク先は、運営するバス会社「いわさきバスネットワーク」のホールディング会社(グループ親会社)・いわさきコーポレーション(株)のサブ・コンテンツで、リンク先URLは2013年12月現在。)
ならびに
霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)
(リンク先は霧島市ホームページのサブ・コンテンツで、リンク先URLは2013年12月現在google検索結果は、のったりおりたりマイプラン(霧島)です。2013年12月現在「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券で、霧島温泉妙見温泉など新川渓谷温泉郷がある霧島地域の観光スポットを廻るいわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークの路線バスに乗れる、1日乗り放題の乗車券「のったりおりたりマイプラン(霧島地区)」です。2013年12月現在、以下の路線の路線バスに乗ることができ、時刻表については、リンク先URLは2013年11月現在九州のバス時刻表ホームページ,  霧島市ホームページ ・ 霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表),ならびにいわさきコーポレーション(株) ・ のったりおりたりマイプラン(霧島地区)でご参照いただけます。)
◎   霧島−霧島神宮−国分線   ○   国分駅JR九州 ・ 日豊本線)(地図)・国分営業所(重久車庫 )(地図)・「霧島神宮駅JR九州 ・ 日豊本線)」バス停(地図)・「霧島神宮」バス停(地図霧島神宮以外にも、霧島神宮温泉郷など最寄り)・蓬泉館前(地図)・神話の里入口(地図)・湯之谷温泉入り口(地図)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
◎   霧島温泉駅−霧島いわさきホテル線   ○   霧島温泉駅JR九州 ・ 肥薩線)(地図)−牧園小前(地図)・柳平下(地図霧島高原まほろばの里最寄り)・柳平(地図霧島国際音楽ホール みやまコンセール最寄り)・牧場(地図霧島高原乗馬クラブ最寄り)・塩湯温泉(地図殿湯温泉最寄り)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
◎   メモリーライン(指宿〜鹿児島・空港〜霧島)   ○   鹿児島空港地図)乗換>
山川桟橋地図いぶすき山川港特産市場「活お海道(いおかいどう)」最寄り−山川駅前(地図)・)指宿いわさきホテル地図)・指宿駅前バス停(地図)・今和泉(地図篤姫関連歴史観光スポット最寄り)・喜入(地図)・平川(地図)・高速伊敷(地図)・鹿児島空港地図)・(乗換)塩浸温泉地図「塩浸温泉龍馬公園」&「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」最寄り)・牧園麓(地図)・柳平下(地図霧島高原まほろばの里最寄り)・柳平(地図霧島国際音楽ホール みやまコンセール最寄り)・牧場(地図霧島高原乗馬クラブ最寄り)・塩湯温泉(地図殿湯温泉最寄り)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
  ○   <ノンストップ便>
指宿いわさきホテル地図)−指宿駅前バス停(地図)・鹿児島中央駅地図)・鹿児島空港地図)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)−霧島いわさきホテル地図
◎   霧島−妙見・日当山−国分   ○   霧島市役所地図)−国分(山形屋前)地図)・国分駅構内(JR九州 ・ 日豊本線)(地図)・中ノ城 (地図姫城温泉(ひめぎおんせん)最寄り)・姫城温泉地図姫城温泉最寄り)・木ノ房(地図(狭義の)日当山温泉(ひなたやまおんせん)中の木房温泉(西郷どん湯など)最寄り)・日当山(ひなたやま)地図(狭義の)日当山温泉,  姫城温泉最寄り)・松永岐れ(地図清姫温泉,姫城温泉最寄り)・水天渕(地図新川渓谷温泉郷中、かれい川の湯,  季一湯(トキイチユ)最寄り)・立花上 (地図妙見温泉中、味の宿どさんこ最寄り)・妙見(地図妙見温泉薩摩隼人妙見ホテル),ならびに折橋温泉(おりはしおんせん)最寄り)・安楽橋(地図;数百m歩きますが、妙見温泉中、妙見石原荘,  忘れの里 雅叙苑最寄り)・安楽(地図新川渓谷温泉郷中、安楽温泉最寄り)・新川(地図新川渓谷温泉郷中、天降川温泉(ホテル華耀亭)最寄り)・山之湯下(地図新川渓谷温泉郷中、妙見新川温泉(せせらぎ荘)最寄り)・日之出温泉(地図新川渓谷温泉郷中、日の出温泉きのこの里最寄り)・塩浸温泉地図「塩浸温泉龍馬公園」&「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」最寄り)・牧園麓(地図)・柳平下(地図霧島高原まほろばの里最寄り)・柳平(地図霧島国際音楽ホール みやまコンセール最寄り)・牧場(地図霧島高原乗馬クラブ最寄り)・塩湯温泉(地図殿湯温泉最寄り)・丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷,  霧島温泉市場(旧・霧島湯けむり広場パライソ)最寄り)・丸尾温泉地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)・硫黄谷地図硫黄谷温泉 霧島ホテル最寄り)経由−霧島いわさきホテル地図
◎   妙見路線バス
(妙見温泉バス)
  ○   旧・温泉バスの後継路線>
鹿児島空港地図)−嘉例川駅地図)・日之出温泉(地図新川渓谷温泉郷中、日の出温泉きのこの里最寄り)・山之湯下(地図新川渓谷温泉郷中、妙見新川温泉(せせらぎ荘)最寄り)・新川(地図新川渓谷温泉郷中、天降川温泉(ホテル華耀亭)最寄り)・安楽(地図);宿によっては歩きますが、新川渓谷温泉郷中、安楽温泉朱峰,  さかいだ温泉,  本家 しおゆ,  佐藤温泉,  みょうばん湯,  鶴乃湯最寄り)・雅叙園前(地図忘れの里 雅叙苑最寄り)・安楽橋(地図;数百m歩きますが、妙見温泉中、万里苑(旧 楽園荘)最寄り)・石原荘前(地図妙見温泉中、妙見石原荘最寄り)・妙見温泉(地図妙見温泉薩摩隼人妙見ホテル,  田島本館,  妙見田中会館,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  素泊まり旅館きらく,数百m歩きますが秀水湯最寄り),ならびに折橋温泉(おりはしおんせん)おりはし旅館,  おりはし旅館別館 山水荘)最寄り)・立花上 (地図妙見温泉中、味の宿どさんこ最寄り,数百m歩きますが秀水湯最寄り)・水天渕(地図新川渓谷温泉郷中、かれい川の湯,  季一湯(トキイチユ)最寄り)・木ノ房(地図日当山温泉(ひなたやまおんせん)中、例えば西郷どん湯(木房温泉)等の(狭義の)日当山温泉(ひなたやまおんせん)中の最寄り)・鹿児島神宮前(地図鹿児島神宮最寄り)−隼人駅JR九州 ・ 日豊本線,  肥薩線)(地図

<その他、霧島地域の観光スポットを巡るバス>
  なお、霧島地域の観光スポットを巡るいわさきコーポレーション解説) ・ いわさきバスネットワークのバス路線の内、「霧島連山周遊バス」については、2013年12月現在霧島市ホームページ ・ 霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)では「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券の対象路線として載っていますが、いわさきコーポレーション(株) ・ のったりおりたりマイプラン(霧島地区)では「のったりおりたりマイプラン」バス1日乗車券の対象路線として挙げられていません。実際にどうであるかは不明ですが、霧島地域の観光スポットを巡るバス路線として載せておきます。時刻表については、2013年12月現在九州のバス時刻表ホームページ,ならびに霧島市ホームページ ・ 霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)でご参照いただけます。さらになお、霧島地域の観光スポットを巡る際には、いわさきコーポレーション(株)霧島・えびの高原定期観光バスもご利用いただけますので、併せて紹介します。
◎   霧島連山周遊バス   ○   丸尾地図丸尾温泉(温泉地名)等の霧島温泉郷最寄り)−えびの高原地図>霧島連山韓国岳えびの高原登山口,  えびの高原最寄り)−高千穂河原地図>霧島連山中岳高千穂河原登山口,  高千穂峰登山口,  霧島神宮古宮址,  高千穂河原ビジターセンター最寄り)−丸尾地図
◎   霧島・えびの高原定期観光バス   ○   2013年12月現在いわさきコーポレーション(株)公式WEBサイト ・ バスのご案内 ・ 定期観光バス  ・ 霧島・えびの高原定期観光バス 時刻表(&案内:PDF版)ご参照。もしも将来リンク切れになったら、いわさきコーポレーション(株)公式WEBサイト上のキーワード「霧島・えびの高原定期観光バス」のgoogle検索結果でお探し下さい。
  ○   鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課) ・ バスご利用の方ご参照。もしも将来リンク切れになったら、(社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課ホームページ上のキーワード「霧島・えびの高原定期観光バス」のgoogle検索結果でお探し下さい。
  ○   霧島市ホームページ ・ 「観光案内:市内の交通案内 ・ 霧島遊めぐりバスマップダウンロード・ページ」,または霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)ご参照。もしも将来リンク切れになったら、霧島市ホームページ上のキーワード「霧島・えびの高原定期観光バス」のgoogle検索結果でお探し下さい。



当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域







霧島市溝辺町地域>

霧島観光.com((社)霧島市観光協会)

(当HP内の)霧島市旧溝辺町地域の温泉案内欄(再掲)
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

(当HP内の)鹿児島空港天然温泉足湯「おやっとさあ」入湯記
鹿児島空港国内線ターミナルビルにあります。)

航空展示室「SORA STAGE(ソラステージ)」(がある、鹿児島空港)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:〒899-6494 鹿児島県霧島市溝辺町麓822番地。公式WEBサイトとしては、鹿児島空港ビルディング公式WEBサイトに、鹿児島空港航空展示室「SORA STAGE(ソラステージ)」として載っています(リンク先URLは2011年5月現在)鹿児島空港国内線ターミナルビルにあります。)

鹿児島空港(鹿児島空港ビルディング)公式WEBサイト,  鹿児島空港公式Facebookページ
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せば、鹿児島空港の場所のとおりです。国土交通省九州地方整備局ホームページでも鹿児島港湾・空港整備事務所の中で、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも鹿児島空港として紹介されています。鹿児島空港国内線ターミナルビルには、鹿児島空港天然温泉足湯「おやっとさあ」,  鹿児島空港航空展示室「SORA STAGE(ソラステージ)」,  エアポート山形屋等があります。山形屋は、楽天市場にも【楽天市場】山形屋オンラインショップとして出店しています。
→  【楽天市場】山形屋オンラインショップ
  2014年12月現在鹿児島空港に発着する航空便を、その予約可能なサイトと共に示せば、以下のとおりです。)
飛行機(空路)(注)
(注) 以下の掲載内容は、2014年12月現在の内容です。当ホームページご来訪者が、それ以降の時点で当画面をご覧いただく場合、2014年12月以降の就航会社・就航便の増減等の状況変化については、例えば鹿児島空港公式WEBサイト,  【ウィキペディア】鹿児島空港,以下の各予約サイト、航空会社公式サイト等で、ご確認下さいますよう、お願い申し上げます。

国内線
【楽天トラベル・楽パック・国内ツアー(JAL,ANA航空券と宿の同時予約)】 > 鹿児島ツアー
○   【楽天トラベル・ANA楽パック - 国内ツアー(航空券+宿)】 > 「鹿児島県ツアー or 鹿児島県の宿泊施設一覧
○   【楽天トラベル・JAL楽パック - 国内ツアー(航空券+宿)】 > 鹿児島県の宿泊施設一覧
2014年12月現在鹿児島県種子島,  屋久島,  奄美大島,  喜界島,  徳之島,  与論島,  沖永良部島の島々に行く航空路線等を運行しているJAL系列のJAC(日本エアコミューター),RAC(琉球エア・コミューター),JEX(JALエクスプレス)の路線も、【楽天トラベル・JAL楽パック】鹿児島県の宿泊施設一覧で予約することができます。)

【楽天トラベル】航空券予約(ANA,JAL,ソラシド エア(Solaseed Air))
2014年12月現在、ANA,JAL本体の運航便だけでなく、ソラシド エア(Solaseed Air)の予約もできます2014年12月現在鹿児島県種子島,  屋久島,  奄美大島,  喜界島,  徳之島,  与論島,  沖永良部島の島々に行く航空路線を運行しているJAL系列のJAC(日本エアコミューター),RAC(琉球エア・コミューター),JEX(JALエクスプレス)の路線も、JALの予約画面で予約することができます。また、2014年12月現在、ソラシド エア(Solaseed Air;社名はスカイネットアジア航空)は、羽田空港公式HP,  解説)−鹿児島空港線、沖縄県 ・ 那覇空港解説)−鹿児島空港線を就航しています。)
スカイマーク(SKY)
2014年12月現在羽田空港公式HP,  解説)−鹿児島空港線、神戸空港解説)−鹿児島空港線を就航しています。)
フジドリームエアラインズ(FDA)
2014年12月現在、2009年夏から就航した静岡県 ・ 富士山静岡空港公式HP,  解説)−鹿児島空港線を就航しています。)
LCC(格安航空会社)各社の国内路線
鹿児島空港奄美空港に行くLCC(格安航空会社)各社の航空路線については、(当HP内の)「鹿児島への交通,アクセス」画面(ページ)内の「飛行機(空路)」欄でご参照いただけます。)
国際線 国際線の路線
国際空港・鹿児島空港に行く国際線路線の運行会社については、(当HP内の)「鹿児島への交通,アクセス」画面(ページ)内の「飛行機(空路)」欄でご参照いただけます。)

  また、2014年12月現在鹿児島空港への交通アクセス・行き方として、空港連絡バスについては、以下のリンク先ホームページで、お調べいただけます。)
→   ○   鹿児島空港(鹿児島空港ビルディング)公式WEBサイト
○   九州のバス時刻表
○   (当HP内の)妙見路線バス(旧・温泉バス,妙見温泉バス)紹介欄



(当HP内の)高屋山上陵訪問記
(日向神話の彦火々出見尊(ヒコホホデミノミコト,別名・火遠理命(ホオリノミコト),山幸彦)の陵墓で、神代三山上陵の1つ)

焼酎テーマパーク・バレル・バレー PRAHA&GEN(バレルバレー・プラハ&ゲン,BARREL VALLEY PRAHA&GEN)
(関連する公式WEBサイトには、レストラン「Little Praha(リトル・プラハ)」,  錦灘酒造株式会社公式ホームページ,  霧島高原ビール公式WEBサイト,  源麹研究所等があります。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せばバレルバレー・プラハ&ゲンの場所のとおり。全国旅そうだんでもバレル・バレープラハとして、じゃらんnetでもバレル・バレープラハ&GENとして紹介されています。また、錦灘酒造は、楽天市場にも【楽天市場】錦灘酒造として出店していて、焼酎霧島高原ビールをお求めいただくことができます。)
→   【楽天市場】錦灘酒造

西郷公園
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイド(まっぷる,マップル)でも西郷公園として紹介されています。)

上床公園(ウワトココウエン)上床公園のサクラ
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で示せば上床公園の場所として、鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも上床公園として(リンク先URLは2011年5月現在)全国旅そうだんでも上床公園(ウワトココウエン)として、紹介されています。)

十三塚原史跡公園の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。〒899-6405 鹿児島県霧島市溝辺町崎森。観石万歩ホームページでも二等三角点 十三塚原として紹介されています。様々な地図情報が参考にならない中で、このリンク先を地図情報として参考にしました。全国旅そうだんでも十三塚原史跡公園(ジュウサンツカバルシセキコウエン)として、じゃらんnetでも十三塚原史跡公園として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも十三塚原の中で紹介されています。
  十三塚原(じゅうさんづかばる)史跡公園は、中世の「十三塚原伝説」に基づく13基の墳墓に基づく史跡公園です。
  十三塚原自体は、鹿児島県霧島市と姶良市にまたがる国分(こくぶ)平野北方の、東西6.5km、南北11kmにまたがる広大なシラス台地の丘陵です。今日では茶(溝辺(みぞべ)茶)の産地であると同時に、この台地の北東部に鹿児島空港があります。
  大隅国一宮である鹿児島神宮は、江戸時代が終わるまでは大隅国正八幡宮と呼ばれていました。このため、全国の八幡宮の総本家と言うべき宇佐八幡宮(現宇佐神宮)と正統性を巡る論争が生じ、「正八幡宮」の「正」が本物か否かを14名の検使が確かめに来て、乱暴にも大隅国正八幡宮に放火してしまいました。
  火は7日7晩燃え続け、7日目に火の中に「正」の字が現れたために検使達も大隅国正八幡宮が「正八幡宮」だと認めざるを得ず、驚き慌てて帰路につきました。ところが十三塚原まで来たところで13人の検使が死んでしまいました。その13人の墳墓が設けられたことが、十三塚原の地名の由来になりました。
  この13基の墳墓がある場所が、十三塚原史跡公園です。場所は霧島市旧溝辺町にありますが、鹿児島神宮(旧・大隅国正八幡宮)の社史に出て来る話であるため、鹿児島神宮がある霧島市旧隼人町の郷土史に出て来る話の舞台です。
  なお、資料によっては「十三塚史跡公園」という名称だったり、或いは、地図で示されている場所が、十三塚原海軍特攻記念碑がある十三塚原台地北方の上床公園だったりして位置情報が混同されたりしています。後者は地図情報の混同で誤りですが、前者はどちらが本当は正しい名称かは存じ上げません。
  公共交通でのアクセスは、南国交通バスの「加治木−空港−溝辺」路線に乗り、「馬立」バス停下車、徒歩もしくは、鹿児島空港,JR日豊本線・隼人駅または加治木駅からタクシーになります。)

溝辺観光農園(の中の1つとして、(有)はぎいわ農園)の場所(ぶどう狩り,梨狩り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。(有)はぎいわ農園で連絡先を示せば、住所:〒899-6402 霧島市溝辺町竹子1325-1。Tel.:0995-59-3817。(有)はぎいわ農園以外も含めた溝辺観光農園についての詳しい情報は、霧島の旬 ・ 観光農園体験 ・ 溝辺地区、或いは霧島市ホームページ ・ 観光農園(国分観光農園・溝辺観光農園)のご案内で、ご参照いただけます(リンク先URLは2011年5月現在)。2010年8月時点では、溝辺町観光農園果樹部会の公式サイトもあったのですが、リンク切れになってしまいました。全国旅そうだんでも溝辺町ブドウ狩り農園として、じゃらんnetでも溝辺町ブドウ狩り農園として、KTS鹿児島テレビ ・ WHAT'S NEW かごしま ・ NikiNiki 公開日記でも梨狩り♪「はぎいわ農園」として紹介されています。WHAT'S NEW かごしま ・ NikiNiki 公開日記は、KTS鹿児島テレビが運営する地域SNS「NikiNiki」の公開日記です。)

竹子の里きらく館の場所(物産館)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市溝辺町竹子638-3。Tel.:0995-59-2425。きりなびでも竹子の里きらく館として、全国旅そうだんでも農林産物直売所 「竹子の里 きらく館」として、じゃらんnetでも農林産物直売所 「竹子の里 きらく館」として紹介されています。

鹿児島県県民の森丹生附(にっけ)地区の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。お問い合わせ先の中の一つ・「鹿児島県県民の森 緑化センター」は、住所:〒899-6401 鹿児島県霧島市溝辺町有川2987-37。Tel.:0995-59-2374。県民の森の公式WEBサイトは鹿児島県県民の森です(リンク先URLは2013年8月現在)霧島市溝辺町地域姶良市加治木町地域とにまたがっています。2011年5月時点での指定管理者(社)鹿児島県森林整備公社です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも鹿児島県県民の森として、全国旅そうだんでも鹿児島県県民の森として、じゃらんnetでも鹿児島県県民の森として紹介されています。丹生附(にっけ)地区には、鹿児島県県民の森丹生附オートキャンプ場があります。)

鹿児島県県民の森丹生附オートキャンプ場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでも鹿児島県県民の森丹生附オートキャンプ場として紹介されています。霧島市溝辺町地域姶良市加治木町地域とにまたがっています。鹿児島県県民の森丹生附(にっけ)地区にあります。)

鹿児島県県民の森長尾平地区の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。お問い合わせ先の中の一つ・「鹿児島県県民の森 緑化センター」は、住所:〒899-6401 鹿児島県霧島市溝辺町有川2987-37。Tel.:0995-59-2374。県民の森の公式WEBサイトは鹿児島県県民の森です(リンク先URLは2013年8月現在)霧島市溝辺町地域姶良市姶良町地域とにまたがっています。2011年5月時点での指定管理者(社)鹿児島県森林整備公社です。国土地理院 > 地方測量部 > 九州地方測量部 > 九州の主な山岳標高 > 鹿児島県の主な山岳標高でも長尾山(ながおやま;「地図閲覧サービス 2万5千分1地形図名:横川(鹿児島)」の該当箇所)として(リンク先URLは2011年5月現在)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも鹿児島県県民の森として、全国旅そうだんでも鹿児島県県民の森として、じゃらんnetでも鹿児島県県民の森として紹介されています。)

<この地域+隣接エリア+その他県内のゴルフ場>
○   【楽天GORA】鹿児島県のゴルフ場一覧
○   【楽天GORA】溝辺カントリークラブ(鹿児島県霧島市旧溝辺町)
○   【楽天GORA】入来城山ゴルフ倶楽部(薩摩川内市入来町浦之名)
(この地域外ですが、かつて城山観光ホテル経営だったゴルフ場であり、個人的に城山観光ホテルの大ファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】島津ゴルフ倶楽部(鹿児島市宮之浦町)
(この地域外ですが、個人的に尚古集成館,  島津家別邸:名勝 仙巌園(磯庭園),  野天風呂 薩摩いろはの湯などを運営する島津興業グループのファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県指宿市開聞川尻)
(この地域外ですが、個人的に指宿いわさきホテル,  霧島いわさきホテル,  屋久島いわさきホテルなどいわさきグループのファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】コスモリゾート種子島ゴルフクラブ(鹿児島県熊毛郡中種子町増田)
(この地域外ですが、個人的に指宿いわさきホテル,  霧島いわさきホテル,  屋久島いわさきホテルなどいわさきグループのファンですので、載せておきます。)



(当HP内の)霧島市旧溝辺町地域の温泉案内欄(再掲)
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

霧島市旧溝辺町地域でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「霧島市溝辺町」での、ホテル・旅館の検索結果(注)
(注) 検索結果では、霧島市旧溝辺町地域以外の宿も表示されることがあり得ます旨、ご注意下さい。



<この地域の交通案内:時刻表参照サイト>
(当HP内の)九州新幹線乗車記,  特急きりしま乗車記
  霧島市溝辺町地域へは、隼人駅でバスに乗り換える等の場合には、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅特急きりしま等のJR日豊本線の列車に乗り換えれば行けます。また、旧溝辺町地域へは、鹿児島中央駅から鹿児島空港・アクセス・バスに乗っても行けます。JR九州、ならびにこの地域に着いてから乗り換えるいわさきバスネットワーク(旧・林田バス)南国交通の路線バス等の時刻表は、以下のリンク先でお調べいただけます。
→   ○   JR九州公式ホームページ

○   九州のバス時刻表

○   交通ナビかごしま


(当HP内の)九州新幹線乗車記,  観光特急「はやとの風」乗車記
  霧島市溝辺町地域へは、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅観光特急「はやとの風」等のJR日豊本線経由でJR肥薩線に乗り入れる列車に乗り換えれば行けます。JR肥薩線の列車は、隼人駅始発の場合には、特急きりしま等のJR日豊本線の列車からの乗り換えになります。また、旧溝辺町地域へは、鹿児島中央駅から鹿児島空港・アクセス・バスに乗っても行けます。JR九州、ならびにこの地域に着いてから乗り換えるいわさきバスネットワーク(旧・林田バス)南国交通の路線バス等の時刻表は、以下のリンク先でお調べいただけます。
→   ○   JR九州公式ホームページ

○   九州のバス時刻表

○   交通ナビかごしま


当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域





鷹屋神社の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図・いつもガイドの地図。住所:〒899-6404 霧島市溝辺町麓4260,Tel.:0995-58-3191(霧島市教育部溝辺出張所教育振興課教育グループ)。鹿児島県神社庁ホームページでも鷹屋神社として、霧島市ホームページでも文化財【溝辺】:8鷹屋神社の銀杏として(リンク先URLは2012年3月現在)神社探訪 狛犬見聞録・注連縄の豆知識でも鷹屋神社として、いちご屋さんちの次男坊日記でも聖域・続編の中て、鹿児島県の神社訪問記でも第一回 高屋山陵と鷹屋神社 その1,  第一回 高屋山陵と鷹屋神社 その2,  第一回 高屋山陵と鷹屋神社 その3として紹介されています。後述の移転前の場所については、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索でも鷹屋神社跡として紹介されています。
  
鷹屋神社の御祭神は彦穂穂出見命(ヒコホホデミノミコト)で、神武天皇の祖父に当たり、山幸彦火遠理命(ホオリノミコト)の別名がある、日本神話の日向三代の神様です。
  鹿児島県神社庁ホームページ ・ 鷹屋神社によれば、
鷹屋神社は、かつては鷹屋山陵(高屋山上陵)下の神割岡という場所の一角にあったとの由ですが(地図)、応永18年(1411年)・後小松天皇の御代に、神威を恐れた住民が、麓郷の中心地であった現在地に遷座したと伝えられているとの由です。宝徳3年(1451年)に島津貴親が社殿造営の棟札を納めたとの由です。宝徳3年(1451年)は室町時代であり、島津氏は、宗家の当主が第9代島津忠国公だった時期の年になりますが、島津貴親」の名については、島津忠国公と同時代の島津氏の本家・庶流について調べてみましたが同じ名前の人は見つけることができず、誰であるのかは分かりませんでした。いずれにせよ、以来、藩主によって尊ばれ、当地の総鎮守として祀られたとの由です。鹿児島県神社庁ホームページ ・ 鷹屋神社によれば、『旧記』に、「元禄2年(1689年)に再興され、鏡と金幣が社宝である」旨が記されているとの由ですが、この『旧記』とは、恐らくは『薩藩旧記雑録』のことなのではないか、と推測します(本文を書いている2012年3月現在、裏付け調査して確認した訳ではありませんので、「推測」であるに過ぎません。誤解を避けるべく念のため)。また、この既述からは、一時は衰えていたか、或いは社殿が老朽化していた旨が窺えます。
  鹿児島県神社庁ホームページ ・ 鷹屋神社によれば、
鷹屋神社近代社格制度における社格は郷社であったとの由であり、例祭日は4月3日であるとの由です。また、明治42年(1909年)12月20日に無格社保食神社を合祀したとの由です。鷹屋神社の境内の樹齢数百年の銀杏(イチョウ)檜(ヒノキ)は、昭和57年(1982年)6月に、旧溝辺町指定の文化財になったとの由です。平成17年(2005年)11月7日の市町村合併以降でも、霧島市ホームページ ・ 文化財【溝辺】:8鷹屋神社の銀杏として(リンク先URLは2012年3月現在)鷹屋神社銀杏(イチョウ)は(市町村合併前の旧溝辺町時代の)昭和57年(1982年)6月1日指定の市指定の天然記念物として載っていますが、檜(ヒノキ)の方は載っていません。檜(ヒノキ)の方は載っていない理由は何か?、と考えた場合、市町村合併時の旧溝辺町地域の市民の心情への配慮という見地からも文化財自身の価値という見地からも、檜(ヒノキ)が無事に現存しているのに市町村合併を機に文化財指定から外すための合理的な理由は推測し難いため、もしかしたら檜(ヒノキ)は枯れたか何かの理由により現存していない可能性も否定できません(現地に行って確認した上での話ではありません。誤解を避けるべく念のため)。
  かつて
鷹屋神社が、その近くにあったという鷹屋山陵(高屋山上陵)は、日本神話の日向三代の神様の中の2代目であり、鷹屋神社の御祭神でもある彦穂穂出見命(ヒコホホデミノミコト)山幸彦,  火遠理命(ホオリノミコト))の陵墓です。この日向三代の皇室の祖先神の陵墓は神代三山陵と呼ばれており、その陵墓だとされている場所は3陵墓共に鹿児島県にあります。ところで、この神代三山陵においては、薩摩川内市(さつませんだいし)川内市地域可愛山陵に対する新田神社,  鹿屋市吾平町(あいらちょう)地域吾平山上陵に対する鵜戸(うと)神社のように、その山陵の遙拝所とも言うべき神社があります。また、高屋山上陵のもう一つの有力参考地(候補地)である肝付町(きもつきちょう)高山町(こうやまちょう)地域,  肝付町内之浦町地域の旧町境界線地域の国見山に対しても内之浦町地域高屋神社があり、吾平山上陵のもう一つの有力参考地(候補地)である宮崎県 ・ 日南市吾平山上陵候補地(地図:この辺りに対しても鵜戸神宮があります。このように、神代三山陵に対しては、山陵に対する遙拝所機能を果たし得る神社が対になって存在していることが「通例である」とさえ言える状況にあります。この見地から見れば、上述のとおり「かつては鷹屋山陵(高屋山上陵)下の神割岡という場所の一角にあった」ことがあり、御祭神が正に高屋山上陵に埋葬されている彦穂穂出見命(ヒコホホデミノミコト)であり、かつ名称も山陵と同音の「たかや」の名の神社であるこの鷹屋神社は、上述の諸例のような、山陵に参拝するための併設神社であろうと推測しております。実際、鷹屋神社移転前の場所の跡地は、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索 ・ 鷹屋神社跡によればこの辺り(地図)であり、鷹屋山陵(高屋山上陵)山麓と言える場所にありました。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 高屋山上陵孫引きの平凡社日本歴史地名大系(47) 鹿児島県の地名平凡社,1998)によれば、高屋山上陵の場所が明治7年(1874年)7月10日に今日(こんにち)の霧島市溝辺町地域
高屋山上陵に定められた理由・経緯は、明治元年(1868年)〜6年(1873年)にかけての三島通庸らによる調査の結果、「古事記の『高千穂山の西』という記載内容における『高千穂山』を高千穂峰と見なした上で、高千穂峰の西にあった「鷹大明神社」の「鷹」の字を「高屋」の「高(タカ)」と結びつけたものと考えられている」との由です。「考えられている」という表現からは「決定経緯に関する物証が無く推測も混じっているという意味か?」という疑念も湧きますが、江戸時代の「○○明神社」等の「社」の字で終わる神社の名前が、明治時代以降に「神社」の字で終わる「○○神社」等の名前に変化することはよくある話ですので、御祭神、上記の移転前の鷹屋神社跡地の場所(この辺り)等に鑑(かんが)みれば、この「鷹大明神社」とは即ち今日(こんにち)の鷹屋神社のことである可能性が高いと考えます。
  この「鷹大明神社」所在地については、2012年3月現在現地で調査した方がおられ、ブロガー「poyantare」さんのブログ「鹿児島県の神社訪問記」の記事「第一回 高屋山陵と鷹屋神社 その1,  第一回 高屋山陵と鷹屋神社 その2,  第一回 高屋山陵と鷹屋神社 その3」に、その状況が載っています(リンク先URLは2012年3月現在)。ブロガー「poyantare」さんは、「鷹大明神社」の名称が変わった可能性を排除して探しておられたので結局辿り着けなかったのですが、上述のように名称が変わった可能性を考慮すれば、当ホームページ管理人・は上述のとおり、「明治初めに『鷹大明神社』と呼ばれていた神社」とは、即ち現在の
鷹屋神社のことである可能性が高いと考える訳です。ブロガー「poyantare」さんが「辿り着けなかった理由」は実はもう一つあります。それは、ブロガー「yan」さんのブログ「古代文化研究所」の記事「神代三山陵(3)」の中に(リンク先URLは2012年3月現在)、「『鷹大明神社』は、高屋山陵認定後に、南に2q程の場所に遷座させられた」旨の記述がある旨をブロガー「poyantare」さんが参照しておられるのですが、この「認定後に(=明治以降=1800年代後半以降)」という記述が、上記の「応永18年(1411年)」という鷹屋神社の遷座(移転)時期と矛盾するからです。ただし、ブロガー「yan」さんのこの記述は参考文献が明示されていないため孫引きにならずに由来が不明な情報であることに鑑(かんが)みれば、移転時期の矛盾よりはむしろ、「移転前の鷹屋神社跡地の場所(この辺り)高屋山上陵山麓にあったことと、鹿児島県神社庁ホームページ ・ 鷹屋神社記載の上述の『かつては鷹屋山陵(高屋山上陵)下の神割岡という場所の一角にあった』旨の情報があること」の方に基づいて、「恐らくは、『鷹大明神社』は、今日の『鷹屋神社』である可能性が高い」と見なした方が、「今のところ、まだ間違っていない仮説モデル(注)」である可能性は高いのではないか、と考えます。
(注)   上記で「今のところ、まだ間違っていない仮説モデル」という表現をが用いた理由は、この注釈欄で後述するようなカール・ポパー流の科学的方法論に基づいての表現です
  カール・ポパー流の科学的方法論に基づけば、実証科学の方法論は、「今まで判明している実験・観察事実を矛盾無く説明可能な、反証可能な仮説モデル」を「まだ間違っていない仮説モデル」として採用するというのが、カール・ポパー流の科学的方法論の方法論になります。この方法論の下では、実証科学の世界では、「『まだ間違っていない仮説モデル』はあっても『正しいモデル』などというものは無い」ことになります(理由:「正しいモデル」などという代物には、「実験・観察モデルによる反証可能性」が無いため)。


(当HP内の)霧島市旧溝辺町地域の温泉案内欄(再掲)
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

霧島市旧溝辺町地域でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「霧島市溝辺町」での、ホテル・旅館の検索結果(注)
(注) 検索結果では、霧島市旧溝辺町地域以外の宿も表示されることがあり得ます旨、ご注意下さい。



当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域







霧島市横川町(よこがわちょう)地域>

霧島観光.com((社)霧島市観光協会)

(当HP内の)霧島市旧横川町地域の温泉案内欄
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

大隅横川駅の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも大隅横川駅として紹介されています。観光特急「はやとの風」で、お楽しみいただけます。

霧島市立横川郷土館の場所(旧・横川町立歴史資料展示館)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:霧島市横川町中ノ192-7。Tel.:0995-72-1596。インターネット・ミュージアムでも霧島市立横川郷土館として、霧島市ホームページでも霧島市立郷土館等施設の中で(リンク先URLは2011年5月現在)、紹介されています。横川城跡を発掘した際に出て来たの出土品が展示されているとの由です。)

安良神社(やすら神社)の場所
(リンク先は、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索 ・  安良神社の情報に基づく、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市横川町上ノ上小脇。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも安良神社として(リンク先URLは2011年5月現在)鹿児島県神社庁でも安良神社として(リンク先URLは2011年5月現在)、紹介されています。
  
安良神社(やすら神社)は、和銅元年(708年)の頃の創建と伝えられる、鹿児島県霧島市旧横川町地域にある古社で、鹿児島神宮、霧島神宮、加治木春日神社、福山宮浦神社とともに大隅5社として崇められてきたとの由です。
  祀られている御祭神は、安良姫命(ヤスラヒメノミコト),十一面観世音菩薩,稲牟礼宮(イナムレグウ),腰越宮(安良姫母君),諏訪宮(農工商の神)です。
  安良姫とはこの神社の由来となった人物で、都の官女として仕えていた際、川辺で直垂(ひたたれ)を洗っていた際に、来訪した白鷺(さぎ)に見とれて直垂の片袖を流失させてしまい、その罪に問われることになったとの由です。十一面観音への信仰により十一面観音が身代わりになって助かり、大隅国横川(現・霧島市旧横川町地域)に逃れて隠れ住みました。その後、追っ手に対する心配、都や母への思いから安良山山頂で自害したとの由です。
  安良姫自害後、様々な霊怪が生じたために御霊を鎮めるために山頂に神社を建立(こんりゅう)したのが安良神社で、今から700年位前に、現在地に遷座されたとの由です。安良姫の母君は近くの腰越神社に祀られていましたが、
安良神社に合祀されたため、今日では安良神社に母君も祀られています。
  様々なホームページやブログを見たところでは、霧島市旧横川町地域の歴史周遊観光では、この
安良神社山ヶ野金山跡とを併せて周遊するのが、一つの定番コースになっている模様です。
  
安良神社の御祭神・安良姫について詳しくは、吉田陞安良媛 安良の里高城書房,1994)等の本に載っています。)
→   【楽天ブックス】  吉田陞安良媛 安良の里高城書房,1994)

大出水の湧水の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:霧島市横川町下ノ赤水。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課)でも【特集】初夏のヒーリングを求めて旅に出る 02として(リンク先URLは2013年8月現在)まるごと霧島.comでも大出水の湧水として、まーさんの雑記帳でも大出水の湧水として、WHAT'S NEW かごしま ・ NikiNikiアラカルトでも【鹿児島の穴場】大出水の湧水として紹介されています。大出水の湧水の名水は、出水酒造株式会社(2011年4月の社名変更前は旧・霧島横川酒造)の芋焼酎よこがわにも使われています。よこがわ以外の出水酒造株式会社(旧・霧島横川酒造)の芋焼酎は、【楽天市場】キーワード「出水酒造株式会社+鹿児島」の検索結果(旧社名では【楽天市場】キーワード「霧島横川酒造+鹿児島」の検索結果)でお求めいただくことができます。この他、出水酒造株式会社(旧・霧島横川酒造)に限らず鹿児島県の焼酎については、【楽天市場】山形屋オンラインショップ,  【楽天市場】しまづ屋楽天市場店((株)島津興業)でもお求めいただけます。)
→   【楽天市場】キーワード「焼酎+よこがわ」の検索結果
【楽天市場】キーワード「出水酒造株式会社+鹿児島」の検索結果
【楽天市場】キーワード「霧島横川酒造+鹿児島」の検索結果
【楽天市場】山形屋オンラインショップ

丸岡公園の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市横川町上ノ3201。Tel.:0995-72-1362。霧島市公式ホームページでも丸岡公園として(リンク先URLは2011年5月現在)鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも丸岡公園として(リンク先URLは2011年5月現在)MAPPLE観光ガイドでも丸岡公園として紹介されています。)

横川物産館よいやんせの場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市横川町上ノ3411-2。Tel.:0995-64-6088。食べログでも横川物産館よいやんせとして、ホットペッパーでも横川物産館 よいやんせとして、霧島の旬 ・ 物産館でも横川物産館 よいやんせとして、goo地域でも横川物産館 - 鹿児島として紹介されています。)

<この地域+隣接エリア+その他県内のゴルフ場>
○   【楽天GORA】鹿児島県のゴルフ場一覧
○   【楽天GORA】かごしま空港36カントリークラブ(鹿児島県霧島市旧横川町)
(温泉宿泊施設【楽天トラベル】かごしま空港36カントリークラブ(温泉宿)として宿泊も可能です。)
○   【楽天GORA】入来城山ゴルフ倶楽部(薩摩川内市入来町浦之名)
(この地域外ですが、かつて城山観光ホテル経営だったゴルフ場であり、個人的に城山観光ホテルの大ファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】島津ゴルフ倶楽部(鹿児島市宮之浦町)
(この地域外ですが、個人的に尚古集成館,  島津家別邸:名勝 仙巌園(磯庭園),  野天風呂 薩摩いろはの湯などを運営する島津興業グループのファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県指宿市開聞川尻)
(この地域外ですが、個人的に指宿いわさきホテル,  霧島いわさきホテル,  屋久島いわさきホテルなどいわさきグループのファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】コスモリゾート種子島ゴルフクラブ(鹿児島県熊毛郡中種子町増田)
(この地域外ですが、個人的に指宿いわさきホテル,  霧島いわさきホテル,  屋久島いわさきホテルなどいわさきグループのファンですので、載せておきます。)



(当HP内の)霧島市旧横川町地域の温泉案内欄(再掲)
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

霧島市旧横川町地域でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「鹿児島県霧島市横川町」での楽天トラベル登録宿検索結果



<この地域の交通案内:時刻表参照サイト>
(当HP内の)九州新幹線乗車記,  観光特急「はやとの風」乗車記
  霧島市横川町地域へは、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅観光特急「はやとの風」等のJR日豊本線経由でJR肥薩線に乗り入れる列車に乗り換えれば行けます。JR肥薩線の列車は、隼人駅始発の場合には、特急きりしま等のJR日豊本線の列車からの乗り換えになります。JR九州、ならびにこの地域に着いてから乗り換える南国交通の路線バス等の時刻表は、以下のリンク先でお調べいただけます。
→   ○   JR九州公式ホームページ

○   九州のバス時刻表

○   交通ナビかごしま


当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域





横川城跡の場所(よこがわじょう,別名:長尾城)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県霧島市横川町中之城山。城郭放浪記でも大隅・横川城として(リンク先URLは2011年5月現在)サムライワールド ・ 古城紀行でも横川城跡として(リンク先URLは2011年5月現在)霧島市公式ホームページでも「文化財【横川】」ページ内の「横川城跡」掲載欄として(リンク先URLは2011年5月現在)、紹介されています。
  
横川城跡は、大隅国 桑原郡 横川(現・鹿児島県 ・ 霧島市横川町地域)にあった中世城郭の、遺跡です。
  霧島市公式ホームページ鹿児島県高等学校歴史部会『鹿児島県の歴史散歩 歴史散歩 (46)』山川出版社,2005)pp.188-189によれば、
横川城の築城は承久元年(1219年)で、築いたのは横川藤内兵衛尉時信であり、別名を長尾城と呼ぶとの由です。
  
横川城が鹿児島県郷土史に出て来るのは、戦国時代島津氏による三州(薩摩国,  大隅国,  日向国)の領国内統一平定戦における、永禄5年(1562年)の横川城攻め(横川崩れ)の時です。この時期、横川城にいたのは北原氏でした。北原氏は、日向国 真幸院(まさきいん)(今日の宮崎県 ・ えびの市,  小林市)の飯野城えびの市)を拠点として、真幸院を領有していた国人の一族です。この時期、北原氏家臣団は、日向国 児湯郡(こゆぐん)都於郡(とのこおり)(現・宮崎県 ・ 西都市 大字鹿野田,大字都於郡町等)の都於郡城とのこおりじょうならびに日向国 那珂郡 佐土原(さどわら)(現・宮崎県 ・ 宮崎市佐土原町地域)の佐土原城さどわらじょう国人系反島津氏戦国大名 ・ 伊東氏に与(くみ)する勢力と、与せずに薩摩国 鹿児島郡 鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市)の内城うちじょう城主の島津氏に与する勢力とに内部分裂していたとの由です。伊東氏に与せずに、島津氏に与しようとした北原兼親は、宗家から追い出されてしまい、北原氏宗家の家督相続を狙って島津氏に援助を要請しました。サムライワールド ・ 古城紀行 ・ 横川城跡,  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 北原兼正,ならびに小助官兵衛の部屋 ・ 小助官兵衛の戦国史シナリオ/小助官兵衛の戦国史に登場する城郭一覧 ・ 【大隅国】によれば、横川城北原兼正(北原伊勢介)・新助親子は伊東氏に与する勢力だったとの由です。このため、大隅国 桑原郡 横川(現・鹿児島県 ・ 霧島市横川町地域)が属する大隅国北部の攻略を島津氏が進めていた頃、横川城は、大隅国北部〜北地域の最後の反島津氏拠点の中の一つでした。
  このような情勢下、永禄5年(1562年)5月に、島津義弘公・島津歳久公兄弟が、北原兼正(北原伊勢介)・新助親子が籠城していた
横川城攻めを開始して、その後、横川城を落城させたとの由です。鹿児島市ホームページ ・ 喜入町郷土誌(平成16年3月発行) ・ 第2編 原始・古代・中世の喜入(PDF版)pp.133-134によれば、鹿籠桜之城かごさくらのじょうに移る以前の給黎城地図城主時期の喜入季久は、永禄5年(1562年)6月3日に、上記の国人系反島津氏戦国大名 ・ 伊東氏が、大隅国 桑原郡 横川(現・鹿児島県 ・ 霧島市横川町地域)に侵攻して来た時に、横川でこれを破って軍功を挙げたとの由です。恐らくは、この6月3日の伊東氏による大隅国 桑原郡 横川侵攻は、落城寸前の横川城北原兼正(北原伊勢介)・新助親子を救うために行ったことであり、上記の喜入季久の軍功とは、この伊東氏の援軍を撃退して横川城に近づけさせなかったことに成功したことにより、島津氏による横川城攻めの成功に貢献したことなのであろうと推測します。
  薩摩国 鹿児島郡 鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市)の
内城うちじょう城主で、島津氏宗家第15代当主・島津貴久公は、この横川城と、日向国 真幸院(まさきいん) 小林(現・宮崎県 ・ 小林市)の三ツ山城この辺り(地図)を攻撃しながら、真幸院馬関田城まんがたじょう(現・宮崎県 ・ えびの市)を攻略することによって北原兼親を支援し、北原兼親真幸院飯野城(現・宮崎県 ・ えびの市)に戻ることができたとの由です。
  島津氏
横川城を、大隅国 菱刈郡太良(たら;現・鹿児島県 ・ 伊佐市菱刈町地域大字(おおあざ)「菱刈南浦」等)の太良城たらじょう城主・菱刈(ひしかり)大和守重猛に与え、その一族の菱刈中務が城主になりましたが、永禄10年(1567年)に菱刈重猛の弟・菱刈隆秋が島津氏に背くと中務も島津氏に反旗を翻してしまったとの由です。島津氏が、大隅国 菱刈郡馬越(まごし;現・鹿児島県 ・ 伊佐市菱刈町地域大字(おおあざ)「菱刈前目」等)の馬越城(まごしじょう)を攻めると菱刈中務は横川城を捨てて逃亡し、横川城は再び島津方の城になったとの由です。
  霧島市公式ホームページ鹿児島県高等学校歴史部会『鹿児島県の歴史散歩 歴史散歩 (46)』pp.188-189によれば、島津氏占領の後、
横川城は廃城になったとの由です。ただし、次段落以降数段落で解説するとおり、それ以降の在城情報もあるため、直ちに廃城になった訳ではない模様です。
  鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.10によれば、永禄10年(1567年)の十一月廿五日に「以横川城賜家□」、永禄12(1569年)の正月十八日に「家□自平泉徒居横川」、元亀元年(1570年)の正月五日に「家□以串木野、而為隈城地頭職、除前書采横川、於是家□徒居串木野」とあり(注)、これら掲載情報によれば、島津家久公は永禄10年(1567年)11月に大隅国 桑原郡 横川(現・鹿児島県 ・ 霧島市横川町地域)を(所領として)賜り、(約1年のタイムラグを置いて)永禄12(1569年)1月に実際に移住したことになります。そして、翌年・元亀元年(1570年)1月に薩摩国 日置郡(ひおきぐん)串木野(現・鹿児島県 ・ いちき串木野市串木野市地域)(城は
串木野城)と薩摩国 薩摩郡 隈之城(くまのじょう)(現・鹿児島県 ・ 薩摩川内市川内市地域大字隈之城町」等)(城は二福城(隈之城))に移封(転封)になって串木野城に移住するまでの間、大隅国 桑原郡 横川に住んでいたことになります。島津家久公は、島津氏宗家第15代当主・島津貴久公の子供達・島津四兄弟(島津氏宗家第16代当主・島津義久公,島津義弘公,島津歳久公,島津家久公)の末弟です。島津家久公が大隅国 桑原郡 横川を賜った永禄10年(1567年)と、賜ったのに移住するに至らなかった翌永禄11年(1968年)は、詳しくは当ホームページ内の大口城紹介欄で解説したとおり、薩摩国 伊佐郡 大口(現・鹿児島県 ・ 伊佐市大口市地域)の大口城で、菱刈隆秋と島津氏は激烈な合戦を繰り広げていた時期ですので、大隅国における、薩摩国 伊佐郡 大口への攻守の入り口となる大隅国 桑原郡 横川の地を賜った理由も、賜りながらすぐには移住できなかった理由も共に、大口城での合戦に島津家久公が忙殺されていたからであろう、と推測します(注:確認した上での史実ではなく、推測であるに過ぎません。誤解を避けるべく念のため)。大口城攻略戦は、詳しくは当ホームページ内の大口城紹介欄で解説したとおり、永禄12(1569年)に一旦和議が結ばれて、再び和議が破綻して結局、島津氏大口城を攻め落としたという経緯を辿(たど)りましたので、実際に移住した永禄12(1569年)1月とは、この「一時的な和議が結ばれていた時期、またはその前後」の、大口城攻略戦における「小康状態」期間であって、引っ越しにワークロード(労力)を割く余力が生じたのかも知れないと、推測します。
(注) 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.10では、「島津家□」の「□」の脇に「久カ(久か)」との補記があり、かつ、この「島津家口」は「中務大輔 初又七郎」、「大中公第四子」、「母本田親康女」、「天文十六年、丁未之歳生」とあります。鹿児島県立図書館鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)(の、恐らくは公開する前の活字化紙版)を公開する際に手書き原文が読み取れなかったため「□(しかく)」で置き換えた訳です。「中務大輔」は島津家久公の武家官位であり、「又七郎」は島津家久公の幼名であり、「大中公」とは「島津氏宗家第15代当主・島津貴久公を、本名で呼ぶのは恐れ多いとしてはばかって、戒名『南林寺殿大中良等庵主』に基づいて呼ぶ呼び方」であり島津貴久公の第四子とは即ち島津家久公のことであり、本田親康女(本田親康の実娘)とは即ち島津家久公の生母のことであり、生年「天文十六年」(1547年)は正しく島津家久公が生まれた年であり、書かれている順番も島津四兄弟の三男・島津歳久公のすぐ次であり、書かれている他の事績が島津家久公のものですので、「□」に入る字は「久」であり、この「島津家□」とは、即ち「島津家久公」のことであろうと推測します。

  大隅国 桑原郡 横川の地を賜っていたこの期間中、島津家久公の居城であった城が
横川城であったか否かについては、調べてみても分かりませんでしたが、横川城である可能性は、十分高いと考えます。ただし、大隅国 桑原郡 横川には、横川城の他にも、長坂上城この周辺一帯(地図)(現・鹿児島県霧島市横川町中ノ長坂上),中尾田城この周辺一帯(地図)(現・鹿児島県霧島市横川町中ノ下尾田),鳥越城この周辺一帯(地図)(現・鹿児島県霧島市横川町中ノ下尾田)等、他の城もありましたので、横川城以外の城である可能性も否定はできません。当欄では仮に、島津家久公の大隅国 桑原郡 横川での城は、横川城であった可能性が最も高そうだ、としておきます。どの城にいたのであれ、鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.10によれば、永禄10年(1567年)の十一月廿五日に「以横川城賜家□」、永禄12(1569年)の正月十八日に「家□自平泉徒居横川」、元亀元年(1570年)の正月五日に「家□以串木野、而為隈城地頭職、除前書采横川、於是家□徒居串木野」とある以上は、島津家久公が大隅国 桑原郡 横川にいたと言えると思うのですが、2014年10月現在、インターネットで検索しても、島津家久公と横川とのつながりを示す情報は鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)でしか見つけられなかったため、存外知名度が低いことである模様です。知名度が低い理由は、不明です(し、これは2014年10月現在のことであり、将来、変わるかも知れません)。
  島津家久公は、次の「赴任地」である薩摩国 日置郡(ひおきぐん)串木野(現・鹿児島県 ・ いちき串木野市串木野市地域
串木野城に在城していた間に、戦国時代末期/安土桃山時代の天正6年(1578年)に、島津氏が、豊後国 府内(現・大分県 ・ 大分市)の大友氏館前城主で、豊後国 海部郡(あまべぐん)臼杵(現・大分県 ・ 臼杵市 大字臼杵)の隠居城・丹生島城にうじまじょう)(臼杵城うすきじょう))城主で、大友氏先代・第21代当主の大友宗麟(大友義鎮)を撃破した耳川の戦い(場所は現・宮崎県 ・ 児湯郡 ・ 木城町から川南町にかけての耳川の戦い古戦場)では、島津家久公と、日向国新納院(にいろいん)(現・宮崎県 ・ 児湯郡東部 + 日向市 美々津(みみつ))高城(たかじょう)(現・宮崎県 ・ 児湯郡 木城町 大字高城)の高城たかじょう)(新納院高城にいろいんたかじょう))城主で島津氏家臣の山田有信による高城新納院高城からの側面攻撃が、釣り野伏せと化して、劇的大勝利の要因の一つになる等の、戦史に残る武勲を挙げたことで知られています。また、さらに次の「赴任地」である日向国 那珂郡 佐土原(さどわら)(現・宮崎県 ・ 宮崎市佐土原町地域)の佐土原城さどわらじょうに在城していた間に、日向国 守護代を勤め、島津家久公が率いる島津氏と、有馬晴信の連合軍が龍造寺氏の軍を撃破した、戦国時代末期/安土桃山時代の天正12年3月24日(1584年5月4日)の沖田畷の戦い(戦場跡は、肥前国 高来郡(たかきぐん)島原の北門周辺(現・長崎県 ・ 島原市北門町周辺)の沖田畷古戦場)と、戦国時代末期/安土桃山時代の天正14年12月12日(1587年1月20日)に、豊後国 府内(現・大分県 ・ 大分市)の大友氏館城主の大友氏豊臣秀吉の先遣部隊の援軍を、島津家久公が率いる島津氏 日向勢が撃破した戸次川の戦い(へつぎがわのたたかい)(戦場跡は、豊後国 大分郡稙田荘戸次庄(へつぎのしょう)(現・大分県 ・ 大分市 大字中戸次)の戸次川古戦場)の2つの合戦において、「総司令官」としてこれらの合戦を戦法「釣り野伏せ」を駆使して勝利に導いた名将として、歴史に名を残しました。島津四兄弟は、その全員が「天才的な知将にして、かつ猛将・勇将」という、良い意味で化け物のような知勇兼ね備えた名将揃いなのですが、島津家久公は特に、優秀な兄達に比しても優れて完璧に島津氏のお家芸的戦法「釣り野伏せ」を使いこなしていたことで知られており、知将の特徴が強い武将だと当ホームページ管理人は考えております。戦国時代末期/安土桃山時代の天正14年(1586年)7月〜同15年(1587年)4月の豊臣秀吉九州征伐(九州平定)における、天正15年(1587年)4月17日の最終決戦・根白坂の戦い(場所は、日向国新納院(にいろいん)根白坂(日向国 児湯郡根白坂)(現・宮崎県 ・ 児湯郡 木城町 大字椎木(しいのき))の根白坂の戦い古戦場)で、島津家久公も参加した島津氏勢は敗北しました。敗北したため、島津家久公が豊臣軍の日向表陣(日向方面軍)の総大将・豊臣秀長に降伏した直後に、残念ながら、島津家久公は急死してしまいました。毒殺説もある程の急死でしたが、豊臣軍、島津軍双方に島津家久公を暗殺する積極的な理由が存在しないこともあり、有力説は病死です。
  鹿児島県立図書館 ・ 本館 ・ 鹿児島県史料集について ・ 鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)p.47には「元龜元年、庚午、遷封於横川邑、因徃居焉」とあり、この情報と併せてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 樺山善久によれば、島津氏庶流の樺山氏第8代当主・樺山善久(樺山玄佐)は、戦国時代の元亀元年(1570年)に、それまでの領土である大隅国 囎唹郡(そおぐん)小浜(現・鹿児島県 ・ 霧島市隼人町地域大字(おおあざ)「隼人町」)(城は
生別府城(おいのびゅうじょう;後の長浜城)地図),堅利(場所不明)の替地として、大隅国 桑原郡 横川(現・鹿児島県 ・ 霧島市横川町地域)に移封(転封)になり、移り住んだとの由です。これは、上述の通り、島津家久公が横川から薩摩国 日置郡(ひおきぐん)串木野(現・鹿児島県 ・ いちき串木野市串木野市地域串木野城に移ったのが元亀元年(1570年)1月ですので、島津家久公と入れ替わっての人事だということになります。樺山善久(樺山玄佐)がこの時に住んだのが横川城であるか否かについては、島津家久公の場合と同様に、調べてみても分かりませんでしたが、横川城である可能性は、十分高いと考えます。ただし、大隅国 桑原郡 横川には、横川城の他にも、長坂上城この周辺一帯(地図)(現・鹿児島県霧島市横川町中ノ長坂上),中尾田城この周辺一帯(地図)(現・鹿児島県霧島市横川町中ノ下尾田),鳥越城この周辺一帯(地図)(現・鹿児島県霧島市横川町中ノ下尾田)等、他の城もありましたので、横川城以外の城である可能性も否定はできません。同時代の一次史料ではない二次史料であるとは申せ、信頼可能な古文書である鹿児島県史料集 第49集 西藩烈士干城録(一)(PDF版)に載っている情報が「元龜元年、庚午、遷封於横川邑、因徃居焉」と、地名しか載っていません。また、樺山善久(樺山玄佐)が書いた史料として知られる『樺山安藝守善久入道玄佐自記』を見られるならば、何か情報が載っているかも知れませんし、同時代一次史料でもあるのですが、鹿児島大学附属図書館コレクション(古典籍類デジタルアーカイブ) ・ 玉里文庫 ・ 天の部 ・ 樺山安藝守久入道玄佐自記 / 樺山善久 著は、ネット上で公開されていても鹿児島大学の学外からは見られませんし、リアルな図書館でまだ見に行ったことがありませんので、2014年10月現在、どの城に移ったかは確認未済です。
  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 樺山忠助によれば、戦国時代の天正4年(1576年)〜天正5年(1577年)の伊東崩れ日向 伊東氏が一旦滅んだ後、樺山善久(樺山玄佐)の子・樺山忠助は、日向国穆佐院(日向国 諸県郡(もろかたぐん)穆佐)(むかさ;現・宮崎県 ・ 宮崎市高岡町(たかおかちょう)地域の一部)(城は
穆佐城むかさじょう)(穆佐院高城むかさいんたかじょう)))の地頭になったとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 樺山忠助によれば、日向国穆佐地頭ですが穆佐の地は嫡子・樺山規久に任せて自身は大隅国堅利に住んだとの由ですが、不思議なことに、大隅国堅利の地は大隅国 桑原郡 横川に移封(転封)になった際に領有権を失った旧領であり、旧領でありながら館はあったのか、それとも大隅国 桑原郡 横川から大隅国堅利に領地が戻ったのか、そのいずれであったのかは調べても分かりませんでした。なお、大隅国堅利の場所についても、2014年9月現在、調べても分かりませんでした。樺山忠助は、詳しくは当ホームページ内の佐土原城紹介欄で解説したとおり、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後の混乱期の佐土原城さどわらじょう防衛戦で、活躍した武将でもあります。江戸の名残/江戸の名残香を訪ねて ・ 藺牟田麓によれば、樺山忠助の次男で樺山氏の家督を後に継いだ樺山久高は、日向国志布志(しぶし;現・鹿児島県 ・ 志布志市志布志町地域)の志布志,  薩摩国出水(いずみ;現・鹿児島県 ・ 出水市出水市地域)の出水麓,  薩摩国伊作(現・鹿児島県 ・ 日置市吹上町地域の一部)の伊作地頭を歴任し、私領主として領地を統治する権利のある重臣・一所持の家格の重臣の家として、薩摩国 伊佐郡 藺牟田郷(いむたごう)(現・鹿児島県 ・ 薩摩川内市(さつませんだいし)祁答院町(けどういんちょう)地域大字 祁答院町藺牟田(けどういんちょういむた))を拝領したとの由です。江戸の名残/江戸の名残香を訪ねて ・ 藺牟田麓によれば、藺牟田藺牟田 統治者の役所(兼)館「御仮屋」は、今日の薩摩川内市立藺牟田小学校地図の場所にあったとの由です。
  話を
横川城に戻します。市町村合併前の旧横川町は、昭和61年(1986年)10月21日〜11月29日に、横川城の本丸と推測される場所の発掘調査を行ったとの由です。この時の出土品は、霧島市立横川郷土館に保管されているとの由です。また、横川城跡は、昭和37年(1962)に2月1日に町指定史跡(現・霧島市の市指定史跡)になりました。
  公共交通機関でのアクセス・行き方は、2013年8月現在JR九州 ・ 肥薩線大隅横川駅地図)から徒歩です。肥薩線へは、2011年3月12日に全線開業した九州新幹線鹿児島中央駅地図)から、JR九州 ・ 日豊本線 ・ 隼人駅地図)経由で行くことができ、2013年8月現在観光特急「はやとの風」等で行くことができます。
  最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市
霧島温泉(特に狭義の霧島温泉郷),  妙見温泉,  湧水町栗野岳温泉,  吉松温泉郷等があります。)

「山ヶ野金山 坑口」の場所(山ヶ野金山産業遺跡(永野金山,長野金山も含む))
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で関連スポットの場所を示せば、山ヶ野金山 坑口,  山ヶ野金山 坑口その2(*),  山ヶ野金山郵便局,  山ヶ野集落,  永野金山 坑口(1/2),  永野金山 坑口(2/2),  永野金山郵便局のとおりです(ただし、「(*)」印のものについては、参照元WEBページの地図精度の正確性に制約があるものです)。鹿児島県霧島市横川町上ノ。各場所情報のオリジナル掲載ページは、 鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも山ヶ野金山山ヶ野金山 坑口その2(*)),  永野金山跡(胡麻目坑口跡)として(リンク先URLは2011年5月現在)くろぶた.ねっと ・ 鹿児島へいらっしゃい!でも第16回 山ヶ野金山を訪ねてさつま町永野の坑口,  山ヶ野集落)として、みんから ・ ちぇすといけ!えすふぉ〜でも山ヶ野金山 山ヶ野金山 坑道口山ヶ野金山 坑口),  永野金山 永野金山 坑道口永野金山 坑口(1/2)),  永野金山 金山跡永野金山 坑口(2/2))として、 日本郵政でも山ヶ野金山郵便局山ヶ野金山郵便局),  永野金山郵便局永野金山郵便局)として、載っていたものです。なお、地図情報抜きに内容自体の解説ウェブページとしては、 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも山ヶ野金山として、 霧島市総合観光案内でも山ヶ野金山物語として(リンク先URLは2010年8月現在)ワシモ(WaShimo)のホームページでもレポート:山ヶ野金山として、 まるごと霧島.comでも山ヶ野金山として紹介されています。鹿児島県 ・ 霧島市横川町地域山ヶ野金山と、鹿児島県 ・ さつま町薩摩町地域永野金山(長野金山)とは坑道がつながっており、別の金山であるかのように扱われる場合と、同一金山の別名であるとされる場合とがあります。
  
山ヶ野金山跡山ヶ野金山解説の跡地で、かつて坑道がつながっていて連動している永野金山と共に、鹿児島県 ・ 霧島市横川町地域と、鹿児島県 ・ さつま町薩摩町地域とにまたがる金と銀の金属鉱山の産業遺産です。江戸時代の寛永17年(1640年)に宮之城島津家島津久道によって採鉱が開始され、昭和40年(1965年)に最終的に閉山するまで掘られました。一時期、江戸幕府に採掘を禁じられたりまた採掘が再開されたりする等の紆余曲折(うよきょくせつ)がありましたが、最盛期には山ヶ野金山跡佐渡金山解説と並ぶ日本の二大金山でした。最盛期には2万にもの人が働き、田町という所には遊郭もあったとの由です。
  過採掘によって産出量は落ちていましたが、幕末から明治にかけての西洋技術導入時に西洋の近代的鉱山技術を導入して採掘・精錬能力が向上したとの由です。明治維新後は、島津家直営を経て、大正時代以降には島津家運営の会社・島津興業が経営していました。
  昭和18年(1943年)に、太平洋戦争の激化に伴い、金鉱山が不要不急産業の指定を受けたことから
山ヶ野金山は一旦休山になりました。戦後、昭和25年(1950年)に再開されたものの、新たな鉱脈が見つからなかったため、昭和28年(1953年)に再び休山になったとの由です。昭和32年(1957年)7月から島津興業が再び試掘を始めましたが有望な鉱脈が見つからず、上述のとおり昭和40年に最終的に閉山になりました。最後のこの経緯のため、閉山年は昭和40年だけでなく、資料によっては昭和28年としているものもあります。
  今日でも山ヶ野集落があり、山ヶ野金山奉行所跡、役人と村人の間を取り次いだ役職・山先の役宅跡、坑口跡、精錬所跡などの産業遺産や、山神社が残っているとの由です。
  なお、
山ヶ野金山に関する歴史博物館は、同じく旧横川町にある霧島市立横川郷土館です。また、この地域の歴史散策周遊コースでは、安良神社と組み合わせて訪れるのが定番コースの模様です。
  行き方は、JR肥薩線の大隅横川駅から車(タクシー等)です。JR肥薩線へは、2011年3月12日に全線開業した九州新幹線の鹿児島中央駅から、JR日豊本線・隼人駅経由で行くことができ、観光特急「はやとの風」等で行くことができます。
  
山ヶ野金山跡について詳しくは、吉田陞山ケ野金山物語(続)地方・小出版流通センター,2008)等の本に載っています。)
→   【楽天ブックス】  吉田陞山ケ野金山物語(続)地方・小出版流通センター,2008)

(当HP内の)霧島市旧横川町地域の温泉案内欄(再掲)
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

霧島市旧横川町地域でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「鹿児島県霧島市横川町」での楽天トラベル登録宿検索結果



当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域







霧島市福山町地域>

霧島観光.com((社)霧島市観光協会)

(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内(再掲)

福山町惣陣平のツツジ
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。)

松下美術館
楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県でも松下美術館として紹介されています。)

宮浦宮の場所
神武天皇を祀る神社。リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:〒899-4501 霧島市福山町福山2437。Tel.:0995-56-2026(霧島市教育委員会福山出張所)。鹿児島県神社庁でも宮浦宮として(リンク先URLは2011年5月現在)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも宮浦宮として、全国旅そうだんでも宮浦宮として、じゃらんネットでも宮浦宮として紹介されています。)

旧田中別邸の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市福山町福山2926番地。Tel.:0995-45-5111。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも旧田中別邸として(リンク先URLは2011年5月現在)全国旅そうだんでも旧田中別邸として、じゃらんネットでも旧田中別邸として紹介されています。大正7年(1918年)に旧制・私立福山中学校を創設した田中省三の別邸です。旧制・私立福山中学校太平洋戦争の戦後、新制・県立福山高等学校になりましたが、この学校は昭和62年(1987年)に閉校となった学校であり、旧・県立牧之原高等学校の後身と言うべき現・鹿児島県立福山高等学校とは別物です。)

くろず情報館「壺畑」(旧・くろず情報館 阿萬屋)
楽天トラベルでも【楽天トラベル】楽天おすすめ特集〜春〜ムーブメント企画2006 スローライフ・スローフード 鹿児島LOHAS紀行の中で、MAPPLE観光ガイドでもくろず情報館「壺畑」として紹介されています。くろず情報館「壺畑」を運営する坂元黒酢醸造の黒酢は、楽天市場でも【楽天市場】キーワード「坂元+黒酢+鹿児島」の検索結果でお求めいただけます。)

黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田(かくいだ)
(リンク先は、壷造り黒酢の黒酢本舗による公式WEBサイトです。ぐるなびでも黒酢本舗桷志田 として、食べログでも黒酢本舗 桷志田 として紹介されています。桷志田の黒酢は、楽天市場でも【楽天市場】キーワード「桷志田+黒酢+鹿児島」の検索結果でお求めいただけます。)

【楽天市場】福山産の黒酢
くろず情報館「壺畑」黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田に限らず、福山は黒酢の産地です。福山産の黒酢は、以下の楽天市場のリンク先でお求めいただけます。)
【楽天市場】キーワード「坂元+黒酢+鹿児島」の検索結果
【楽天市場】キーワード「桷志田+黒酢+鹿児島」の検索結果
【楽天市場】「山形屋オンラインショップ」でのキーワード「福山 黒酢」の検索結果
お店のトップ画面は → 【楽天市場】山形屋オンラインショップ(山形屋百貨店)
【楽天市場】「しまづ屋楽天市場店」でのキーワード「黒酢」の検索結果
お店のトップ画面は → 【楽天市場】しまづ屋楽天市場店((株)島津興業)
【楽天市場】キーワード「鹿児島 福山 黒酢」の検索結果


島津忠将公供養塔の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市福山町福山。古代文化研究所 でも島津忠将公供養塔として、Samurai Worldサムライワールドでも島津忠将 鹿児島県福山町として、戦国浪漫でも島津忠将の墓として、筑後川の航海日誌でも鹿児島県史跡巡り2009(4日目後半:富隈城・舞鶴城・島津忠将供養塔・廻城)の中で、シングルおやじの気ままな一人旅でも日向街道〈薩摩道)を歩くの中で紹介されています。
  島津忠将(しまづ ただまさ)は、戦国時代島津氏中興の祖として知られる、島津氏庶流の伊作家第10代当主で薩摩国伊作(現・鹿児島県 ・ 日置市吹上町地域の一部)の
亀丸城伊作城城主(兼)相州家第4代当主で薩摩国田布施(現・鹿児島県 ・ 南さつま市金峰町地域)の亀ヶ城城主の日新斎(じっしんさい)島津忠良公の次男で、兄の島津氏宗家第15代当主・島津貴久公を助けて、島津氏宗家の三州(薩摩国,  大隅国,  日向国)の領国国内統一平定戦で活躍した戦国武将です。南郷城(野首城)があった薩摩国 永吉(現・鹿児島県 ・ 日置市吹上町地域大字(おおあざ)吹上町永吉」)の領主を経て、大隅国国分(こくぶ;現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)の国分清水城こくぶきよみずじょう城主になりました。
  南日本新聞社公式WEBサイト「373news.com」 ・ さつま人国誌 ・ 垂水家の祖・島津忠将等によれば、島津忠将は、大隅国廻(めぐり;現・鹿児島県 ・ 霧島市福山町地域の一部)の
廻城めぐりじょうを廻って永禄4年(1561年)に行われた廻城の戦いにおいて、大隅国の反島津氏勢力の国人戦国大名で、大隅国高山(こうやま;現・鹿児島県 ・ 肝付町(きもつきちょう)高山町(こうやまちょう)地域)の高山城こうやまじょう城主で肝付氏第16代当主の肝付兼続と戦って戦死したとの由です。廻城の戦い自体は、島津忠将の死で奮い立った島津氏が勝ちましたが、島津氏の中でも勇将として知られる島津忠将の早すぎる死は惜しまれるものであると同時に、対肝付氏戦で島津氏が苦境に立たされることになりました。この状況は、島津氏庶流の豊州島津家の養子になって日向国飫肥(おび;宮崎県 ・ 宮崎県日南市 ・ 飫肥地区)の飫肥城解説,  地図伊東氏から防衛する任に就いていた次男の島津義弘公を、島津貴久公が永禄5年(1562年)に、(島津氏本宗家に)呼び戻さざるを得なくなった程の影響を、島津氏にもたらしました。
  
島津忠将公供養塔は、島津忠将が戦死した場所近くにあり、古代文化研究所  ・ 島津忠将公供養塔によれば、島津忠将の嫡男(つまり、島津氏宗家第16代当主・島津義久公や島津義弘公の従兄弟)の島津以久(しまづ もちひさ)が、天正3年(1575年)に建立(こんりゅう)したものであるとの由です。島津以久は、後年、江戸時代初期の慶長8年(1603年)に、日向国佐土原(さどわら;現・宮崎県 ・ 宮崎市佐土原町地域)の佐土原城地図を居城とする佐土原藩の初代藩主になり、その三男・島津忠興の系統が佐土原藩藩主家になりました。また、島津忠将 ・ 島津以久の系統はこの他、島津以久の嫡孫・島津久信島津以久の嫡男・島津彰久(しまづ てるひさ)の子)は、大隅国垂水(たるみず;現・鹿児島県 ・ 垂水市)の林之城(林城)を拠点とする江戸時代島津氏庶流の垂水島津家(垂水島津氏)を島津以久から継ぎました。
  その他、島津氏宗家・庶流各家の墓/墓地については、当ホームページ内の
感応寺訪問記内の島津氏諸家の墓一覧表で、ご参照いただけます。)

<この地域+隣接エリア+その他県内のゴルフ場>
○   【楽天GORA】鹿児島県のゴルフ場一覧
○   【楽天GORA】桜島カントリークラブ(鹿児島県霧島市旧福山町)
○   【楽天GORA】入来城山ゴルフ倶楽部(薩摩川内市入来町浦之名)
(この地域外ですが、かつて城山観光ホテル経営だったゴルフ場であり、個人的に城山観光ホテルの大ファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】島津ゴルフ倶楽部(鹿児島市宮之浦町)
(この地域外ですが、個人的に尚古集成館,  島津家別邸:名勝 仙巌園(磯庭園),  野天風呂 薩摩いろはの湯などを運営する島津興業グループのファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県指宿市開聞川尻)
(この地域外ですが、個人的に指宿いわさきホテル,  霧島いわさきホテル,  屋久島いわさきホテルなどいわさきグループのファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】コスモリゾート種子島ゴルフクラブ(鹿児島県熊毛郡中種子町増田)
(この地域外ですが、個人的に指宿いわさきホテル,  霧島いわさきホテル,  屋久島いわさきホテルなどいわさきグループのファンですので、載せておきます。)



(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内(再掲)

霧島市旧福山町地域近隣の、霧島市の他地域,垂水市でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「鹿児島県霧島市」での、ホテル・旅館の検索結果(注)
(注) 検索結果では、霧島市以外の宿も表示されることがあり得ます旨、ご注意下さい。
【楽天トラベル】キーワード「垂水市」での、ホテル・旅館の検索結果(注)
(注) 検索結果では、垂水市以外の宿も表示されることがあり得ます旨、ご注意下さい。
【楽天トラベル・全国温泉宿予約】垂水温泉の温泉宿(温泉旅館・ホテル)一覧



<この地域の交通案内:時刻表参照サイト>
(当HP内の)九州新幹線乗車記,  特急きりしま乗車記
  霧島市福山町地域へは、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅特急きりしま等のJR日豊本線の列車に乗り換えれば行けます。JR九州、ならびに国分(こくぶ)駅に着いてから乗り換える大隅交通ネットワーク(旧・鹿児島交通大隅地区路線)の路線バス等の時刻表は、以下のリンク先でお調べいただけます。
→   ○   JR九州公式ホームページ

○   九州のバス時刻表

○   交通ナビかごしま


当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域





廻城跡の場所(めぐりじょう;仁田尾城跡跡)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県霧島市福山町福山前平。鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索でも仁田尾城跡として、城郭放浪記でも大隅国のお城一覧((鹿児島県霧島市)の中で、お城の旅日記でも大隅 仁田尾城として、鴨着く島 おおすみ 〜南九州の歴史の謎を探る〜 ・ 『三国名勝図会』から学ぶおおすみ歴史講座でも第十一回 史跡めぐり(輝北町・福山町・垂水市牛根)として、Samurai World ・ 薩摩紀行でも廻城跡 鹿児島県霧島市福山膏肓記でも垂水家の祖・島津忠将として、南日本新聞ホームページ ・ 薩摩人国誌でも垂水家の祖・島津忠将 最前線の勇将、廻城で死すとして紹介されています。
  
廻城めぐりじょうは、中世にこの地を豪族として支配した廻(めぐり)氏の居城だった城で、別名を仁田尾城と言うとの由です。戦国時代島津氏と、大隅国戦国大名 ・ 肝付氏との抗争の過程で、廻氏は島津氏側の武将として、大隅国 肝属郡(きもつきぐん) 高山(こうやま;現・鹿児島県 ・ 肝付町(きもつきちょう)高山町地域)の高山城城主で、肝付氏第16代当主・肝付兼続(きもつき かねつぐ)に対する最前線に位置していました。ところが永禄4年(1561年)、当時の廻氏当主の目が不自由であったことにつけ込んで肝付氏の攻撃に遭い、一旦、廻城は落城して肝付氏に奪われてしまいました。これに対して、島津氏宗家第15代当主・島津貴久公は、弟で猛将として知られていた島津忠将と、嫡男の島津義久公を向かわせて肝付氏に対峙させ、永禄4年(1561年)に廻城の戦いが発生しました。
  島津忠将は、島津貴久公の弟であることから容易に分かるように、日新斎(じっしんさい)島津忠良公の次男です。兄・貴久公をよく補佐して、島津氏による薩摩国,  大隅国,  日向国の三州(三国)領国統一戦の初期で多大なる貢献をした戦国武将です。南日本新聞ホームページ ・ 薩摩人国誌 ・ 垂水家の祖・島津忠将 最前線の勇将、廻城で死すによれば(リンク先URLは2012年3月現在)、天文7年(1538年)から翌年にかけて、今日の南さつま市加世田市地域で行われた
加世田城合戦の際に、島津忠将は搦手(からめて)口を攻める大将として、敵対する薩州家(薩州島津家)島津実久方の市来早左衛門を討ち取り、大寺越前守と鎌田加賀守の軍勢を撃退した上に追撃して散々に打ち破ったとの由です。加世田城合戦での勝利は、島津忠良公・貴久公父子勢力が薩摩半島で勢力を固めることになった戦ですので、その合戦での猛将ぶりの活躍は大いなる武勲だということになります。島津忠将は最初は日置郡  永吉(今日の日置市吹上町地域大字 ・ 永吉)を領して、北方の薩州家(薩州島津家)渋谷諸族に対峙したとの由です。その後、島津氏宗家・島津貴久公の勢力が大隅国に進出すると、大隅国 囎唹郡(そおぐん) 国分(現・鹿児島県 ・ 霧島市国分市地域)の国分清水城こくぶきよみずじょうの城主となり、肝付氏をはじめとする大隅国の反島津氏勢力に対峙する最前線を任されることになったとの由です。天文23年(1554年)に今日の姶良市姶良町地域で行われた有名な岩剣(いわつるぎ)城の戦いで島津氏蒲生(かもう)氏,  祁答院(けどういん)氏らと戦った際には、島津忠将国分から軍船で帖佐(ちょうさ;今日の姶良市姶良町地域の一部)に到着して、鉄砲で敵を制圧したとの由です。この岩剣城の戦いは、我が国で鉄砲が戦に使われた初期の戦争の中の一つです。
  このように島津忠将は兄・島津貴久公を補佐して島津氏宗家の領国国内統一戦で活躍した猛将ですが、話を
廻城に戻せば、結論から先に申せば、廻城の戦いで残念ながら討ち死にしてしまいました。廻氏から廻城を奪った肝付兼続に対する島津氏方武将の中の1人として、島津忠将廻城の戦いに参加していました。島津忠将は馬立(またて)という所に陣していたとの由ですが、7月12日、島津忠将軍の最前線である竹原山に肝付氏の軍勢が襲来したとの由です。苦戦する味方を見捨てることができなかった島津忠将は、危険だとして家老の町田忠林(ただしげ)が制止するのを振り切って主従70騎程で救出に駆け付けましたが、肝付氏に包囲されて討ち死にしてしまったとの由です。町田忠林ら家来達の多くも討ち死にしたとの由です。島津忠将の死で逆に奮い立った島津勢は最終的には肝付氏を撃退して、廻城を奪回することに成功したとの由です。しかし、一族中の猛将・島津忠将を失ったことは、島津氏にとって大きな痛手になった戦でした。
  このように廻城跡は、猛将・島津忠将が討ち死にする程に激しい、島津氏肝付氏間の合戦が行われた城として、鹿児島県戦国時代史に名をとどめている城の城跡です。なお、この地域には、
島津忠将公供養塔も、あります。
  2013年8月現在、公共交通機関での行き方は、以下の2通りです。いずれにせよ運行本数は極めて少ないので、事前に時刻表をよく確認することが必要ですし、ローカル路線ですので将来もこの路線が残るか否かは不明です。
(1) JR九州 ・ 日豊本線国分駅地図)から、いわさきコーポレーション解説) ・ 三州自動車(旧・大隅交通ネットワーク)(九州のバス時刻表ホームページ上の表記は、2013年8月現在鹿児島交通)の「鹿児島空港地図)−姫城温泉国分駅地図)・検校橋経由−垂水港(地図)」の空港アクセス・バス、或いは「国分駅前(地図)−検校橋経由−垂水港(地図)」路線等の垂水(たるみず)方面行きの路線バスに乗り、「福山支所」前バス停(地図)で鹿児島交通三州自動車)の「清水(しみず,地図)−検校橋・福山支所(地図)・牧之原(地図)経由−福山高校前(地図)」路線バスの福山高校前(地図)行き、或いは「渡瀬(地図)・平山小前(地図)−福山支所(地図)・検校橋・銅田−牧之原(地図)」循環バス路線の牧之原(地図)行きに乗り換えて、「上之茶屋」バス停(地図)下車、徒歩約20分。
(2) JR九州 ・ 日豊本線国分駅地図)から、いわさきコーポレーション解説) ・ 三州自動車(旧・大隅交通ネットワーク)(九州のバス時刻表ホームページ上の表記は、2013年8月現在鹿児島交通)の「鹿児島空港地図)−国分駅地図)・牧之原(地図)・岩川(地図)経由ー 志布志(地図)」空港アクセス急行バス路線の志布志(地図)行き、、或いは「国分駅地図)−牧之原(地図)」普通バス路線の牧之原(地図)行きに乗り、「牧之原」バス停(地図)で、鹿児島交通三州自動車)の「清水(しみず,地図)−検校橋・福山支所(地図)・牧之原(地図)経由−福山高校前(地図)」路線バスの清水(しみず,地図)行き、或いは「渡瀬(地図)・平山小前(地図)−福山支所(地図)・検校橋・銅田−牧之原(地図)」循環バス路線の渡瀬(地図)・平山小前(地図)方面行きに乗り換えて、「上之茶屋」バス停(地図)下車、徒歩約20分。

バスの時刻表については、九州のバス時刻表ホームページで、タクシー会社については【gooタウンページ】タクシー会社の検索結果で、お調べいただけます。
  2013年8月現在霧島市福山町地域には楽天トラベル登録宿はありませんが、霧島市内の隣接地域・霧島市旧国分市地域のご宿泊については、
【楽天トラベル】鹿児島県霧島市国分の宿の検索結果でお探しいただけます。また、最寄りの温泉地や温泉宿には、霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉ホテル京セラ等),  日当山(ひなたやま)温泉数寄の宿 野鶴亭,  清姫温泉,  スパホテルYou湯,  吉田温泉等),  妙見温泉妙見石原荘,  味の宿どさんこ,  薩摩隼人 妙見ホテル,  湯治の宿妙見館・妙見元湯,  きらく温泉>,  秀水湯,  田島本館,  妙見田中会館等),  姶良市内の姶良市の温泉等があります。)

(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内(再掲)

霧島市旧福山町地域近隣の、霧島市の他地域,垂水市でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「鹿児島県霧島市」での、ホテル・旅館の検索結果(注)
(注) 検索結果では、霧島市以外の宿も表示されることがあり得ます旨、ご注意下さい。
【楽天トラベル】キーワード「垂水市」での、ホテル・旅館の検索結果(注)
(注) 検索結果では、垂水市以外の宿も表示されることがあり得ます旨、ご注意下さい。
【楽天トラベル・全国温泉宿予約】垂水温泉の温泉宿(温泉旅館・ホテル)一覧



当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域







霧島市・その他>

この他、霧島市の霧島温泉エリアの観光スポットについては、当HP内の霧島観光案内で紹介しております。

霧島市の温泉
霧島温泉 「霧島温泉案内」でご参照いただけます。
妙見温泉など新川渓谷温泉郷 「妙見温泉など新川渓谷温泉郷」でご参照いただけます。
日当山温泉&姫城温泉 「日当山温泉&姫城温泉」でご参照いただけます。
その他の国分・隼人・姶良地域の温泉 「国分・隼人・姶良地域の温泉案内」でご参照いただけます。



(注):姶良市については、当画面(当ページ)後方(下方)の姶良市観光案内欄でご参照いただけます。

<この地域+隣接エリア+その他県内のゴルフ場>
○   【楽天GORA】鹿児島県のゴルフ場一覧
○   【楽天GORA】かごしま空港36カントリークラブ(鹿児島県霧島市旧横川町)
(温泉宿泊施設【楽天トラベル】かごしま空港36カントリークラブ(温泉宿)として宿泊も可能です。)
○   【楽天GORA】溝辺カントリークラブ(鹿児島県霧島市旧溝辺町)
○   【楽天GORA】霧島ゴルフクラブ(鹿児島県霧島市旧牧園町)
○   【楽天GORA】高千穂カントリー倶楽部(鹿児島県霧島市霧島田口)
○   【楽天GORA】桜島カントリークラブ(鹿児島県霧島市旧福山町)
○   【楽天GORA】入来城山ゴルフ倶楽部(薩摩川内市入来町浦之名)
(この地域外ですが、かつて城山観光ホテル経営だったゴルフ場であり、個人的に城山観光ホテルの大ファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】島津ゴルフ倶楽部(鹿児島市宮之浦町)
(この地域外ですが、個人的に尚古集成館,  島津家別邸:名勝 仙巌園(磯庭園),  野天風呂 薩摩いろはの湯などを運営する島津興業グループのファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県指宿市開聞川尻)
(この地域外ですが、個人的に指宿いわさきホテル,  霧島いわさきホテル,  屋久島いわさきホテルなどいわさきグループのファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】コスモリゾート種子島ゴルフクラブ(鹿児島県熊毛郡中種子町増田)
(この地域外ですが、個人的に指宿いわさきホテル,  霧島いわさきホテル,  屋久島いわさきホテルなどいわさきグループのファンですので、載せておきます。)



【楽天トラベル・全国温泉宿予約】鹿児島県の温泉旅館・ホテル一覧
【楽天トラベル・全国温泉宿予約】大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦))の温泉旅館・ホテル一覧
【楽天トラベル】大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)のホテル・旅館
(注:温泉宿以外のホテル・旅館・民宿・ペンションも含みます)
【楽天トラベル・ANA楽パック】大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)のホテル・旅館
(注:温泉宿以外のホテル・旅館・民宿・ペンションも含みます)
【楽天トラベル・JAL楽パック】大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦)のホテル・旅館
(注:温泉宿以外のホテル・旅館・民宿・ペンションも含みます)
【楽天トラベル・たびノート】霧島・国分の観光スポットの観光スポット(大隅半島全般も含みます)






当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域







湧水町等、霧島市以外の霧島観光

(当画面内の)姶良市の観光案内欄の前に・・・

(当HP内の)鹿児島県湧水町の観光案内欄
霧島市横川町地域の北側に隣接する湧水町の観光スポットについては、(当画面(当ページ)ではなく、)(当HP内の)霧島観光案内ページ(画面)内の湧水町の観光案内欄をご参照下さい。)

(当HP内の)宮崎県えびの市の観光案内欄
霧島市鹿児島県湧水町東北東に隣接する宮崎県えびの市の観光スポットについては、(当画面(当ページ)ではなく、)(当HP内の)霧島観光案内ページ(画面)内の宮崎県えびの市の観光案内欄をご参照下さい。)

(当HP内の)宮崎県小林市の観光案内欄
霧島市の北東に隣接する宮崎県小林市の観光スポットについては、(当画面(当ページ)ではなく、)(当HP内の)霧島観光案内ページ(画面)内の宮崎県小林市の観光案内欄をご参照下さい。)

(当HP内の)宮崎県高原町の観光案内欄
霧島市の東側に隣接する宮崎県高原町(たかはるちょう)の観光スポットについては、(当画面(当ページ)ではなく、)(当HP内の)霧島観光案内ページ(画面)内の宮崎県高原町の観光案内欄をご参照下さい。)

(当HP内の)宮崎県都城市の観光案内欄
霧島市の東側に隣接する宮崎県都城市の観光スポットについては、(当画面(当ページ)ではなく、)(当HP内の)霧島観光案内ページ(画面)内の宮崎県都城市の観光案内欄をご参照下さい。)




当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域







姶良市(あいらし)>

姶良市全般>

姶良市(あいらし)ホームページ ・ 文化・観光(リンク先URLは2010年3月現在)

姶良市
(リンク先はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のサブ・コンテンツ。姶良市は、平成22年(2010年)3月23日に加治木町,  姶良町,  蒲生町が合併して成立しました。)

姶良市観光協会ホームページ

姶良市市商工会(本所(旧姶良町),  加治木支所,  蒲生支所

姶良・かごしま便り(エリア案内)

(当HP内の)姶良市の温泉案内欄
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)


姶良市あいらし)の平成の大合併前の市町村ごとの、当画面(ページ)内の目次
加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  




(当HP内の)九州新幹線乗車記
  姶良市へは、終点の鹿児島中央駅で、特急きりしま等のJR日豊本線の列車に乗り換えれば、行けます。

あいらびゅー、あいらView、I love you:姶良市周遊観光バス「あいらびゅー号」公式WEBサイト
姶良市周遊観光バス あいらびゅー号facebookページや、あいらびゅー号おもてなし課笑顔チームスタッフブログもあります。住所:「あいらびゅー号」運行事務所(「あいらびゅー号」運行事務局):鹿児島県姶良市蒲生町上久徳2308-1(蒲生観光交流センター敷地)、Tel.:0995-55-7005(ご予約電話番号;ご予約は運行予定日3ヶ月前から、前日18:00まで)。全国旅そうだんでも姶良市周遊観光バス 「あいらびゅー号」として、じゃらんnetでも姶良市周遊観光バス 「あいらびゅー号」として、運行会社・(株)あいら交通でも姶良市周遊観光バス「あいらびゅー号」パンフレット(PDF版)として、姶良市(あいらし)ホームページでも市内周遊観光バス「あいらびゅー号」として、姶良・かごしま便り(エリア案内)でも観光バス  あいらびゅー号 アイラビュー号として紹介されています。
  姶良市周遊観光バス「あいらびゅー号」公式WEBサイト上野「あいらびゅー号」パンフレット・WEBサイト版,ならびに(株)あいら交通 ・ 姶良市周遊観光バス「あいらびゅー号」パンフレット(PDF版)によれば、事前予約制の姶良市あいらし)観光周遊バスです。土・日・祝1日1便の運行で、鹿児島県 ・ 鹿児島市九州新幹線,  JR九州 ・ 鹿児島本線,  日豊本線,  指宿枕崎線,ならびに鹿児島市電の列車・電車の駅・鹿児島中央駅地図)前の西口ロータリー(地図)発着です。鹿児島中央駅地図)前の西口ロータリー(地図)9:15発で、桜島,  錦江湾(鹿児島湾)の眺望を楽しみながら10:00にJR九州 ・ 日豊本線帖佐駅地図)前10:00発、10:00〜16:00に姶良市の旬の周遊観光を楽しんだ上で、JR九州 ・ 日豊本線帖佐駅地図)前16:30頃着、鹿児島中央駅地図)前の西口ロータリー(地図)17:30頃着です。10:00〜16:00に「姶良市の旬の周遊観光」で訪問する具体的な観光スポットは当日発表であり、2013年12月現在、パンフレット上の周遊観光コースの例としては、見どころ:
白金酒造(工場見学),  パワースポット:蒲生の大クス,  絶景ポイント:重富海岸,  癒しスポット:龍門滝が挙げられています。この例に挙げられている場所も、当日の訪問先にはならない可能性もあり加治木町地域,  姶良町地域,  蒲生町地域の観光スポットの中から、「旬の」訪問先を訪れることになります。)

(当HP内の)特急きりしま乗車記
  姶良市へは、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅特急きりしま等のJR日豊本線の列車に乗り換えれば行けます。


姶良市あいらし)の平成の大合併前の市町村ごとの、当画面(ページ)内の目次
加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  






姶良市加治木町地域>

姶良市観光協会ホームページ

姶良市市商工会加治木支所

姶良・かごしま便り(エリア案内)

あいらびゅー、あいらView、I love you:姶良市周遊観光バス「あいらびゅー号」公式WEBサイト
姶良市周遊観光バス あいらびゅー号facebookページや、あいらびゅー号おもてなし課笑顔チームスタッフブログもあります。住所:「あいらびゅー号」運行事務所(「あいらびゅー号」運行事務局):鹿児島県姶良市蒲生町上久徳2308-1(蒲生観光交流センター敷地)、Tel.:0995-55-7005(ご予約電話番号;ご予約は運行予定日3ヶ月前から、前日18:00まで)。全国旅そうだんでも姶良市周遊観光バス 「あいらびゅー号」として、じゃらんnetでも姶良市周遊観光バス 「あいらびゅー号」として、運行会社・(株)あいら交通でも姶良市周遊観光バス「あいらびゅー号」パンフレット(PDF版)として、姶良市(あいらし)ホームページでも市内周遊観光バス「あいらびゅー号」として、姶良・かごしま便り(エリア案内)でも観光バス  あいらびゅー号 アイラビュー号として紹介されています。
  姶良市周遊観光バス「あいらびゅー号」公式WEBサイト上野「あいらびゅー号」パンフレット・WEBサイト版,ならびに(株)あいら交通 ・ 姶良市周遊観光バス「あいらびゅー号」パンフレット(PDF版)によれば、事前予約制の姶良市あいらし)観光周遊バスです。土・日・祝1日1便の運行で、鹿児島県 ・ 鹿児島市九州新幹線,  JR九州 ・ 鹿児島本線,  日豊本線,  指宿枕崎線,ならびに鹿児島市電の列車・電車の駅・鹿児島中央駅地図)前の西口ロータリー(地図)発着です。鹿児島中央駅地図)前の西口ロータリー(地図)9:15発で、桜島,  錦江湾(鹿児島湾)の眺望を楽しみながら10:00にJR九州 ・ 日豊本線帖佐駅地図)前10:00発、10:00〜16:00に姶良市の旬の周遊観光を楽しんだ上で、JR九州 ・ 日豊本線帖佐駅地図)前16:30頃着、鹿児島中央駅地図)前の西口ロータリー(地図)17:30頃着です。10:00〜16:00に「姶良市の旬の周遊観光」で訪問する具体的な観光スポットは当日発表であり、2013年12月現在、パンフレット上の周遊観光コースの例としては、見どころ:
白金酒造(工場見学),  パワースポット:蒲生の大クス,  絶景ポイント:重富海岸,  癒しスポット:龍門滝が挙げられています。この例に挙げられている場所も、当日の訪問先にはならない可能性もあり加治木町地域,  姶良町地域,  蒲生町地域の観光スポットの中から、「旬の」訪問先を訪れることになります。)

(当HP内の)姶良市旧加治木町地域の温泉案内欄
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

(当HP内の)龍門滝訪問記

(当HP内の)龍門滝温泉入湯記

(当HP内の)加治木島津館跡(加治木護国神社)訪問記
加治木島津館跡には、加治木郷土館があります。)

(当HP内の)長年寺跡と島津墓地・亀墓訪問記
(加治木島津家の墓地は2ヶ所あり、能仁寺墓地(加治木島津家墓地)と共に、2ヶ所ある加治木島津家の墓地の中の一つです。
  その他、島津氏宗家・庶流各家の墓/墓地については、当ホームページ内の
感応寺訪問記内の島津氏諸家の墓一覧表で、ご参照いただけます。)

能仁寺墓地(加治木島津家墓地)の場所(この辺り)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県姶良市加治木町日木山123-3。加治木島津家の墓地は2ヶ所あり、長年寺跡(島津墓地)と共に、2ヶ所ある加治木島津家の墓地の中の一つです。姶良市ホームページでも市指定文化財の中で、鹿児島県上野原縄文の森 ・ 埋蔵文化財情報データベース ・ 遺跡分布図検索でも島津忠朗墓,  島津久徴墓として、シングルおやじの気ままな一人旅でも隼人〜加治木〜白銀峠〜鹿児島の中で紹介されています。
,  能仁寺墓地は、江戸時代島津氏庶流(分家)の加治木島津家の歴代当主の墓地です。加治木島津家は、島津氏第18代当主で薩摩藩初代藩主の島津忠恒(家久)公の三男・島津忠朗が興した家で、島津氏の庶流(分家)の中では、宗家の正嫡が絶えた時に代わりに藩主を出し得る高い家格の御一門と呼ばれる4つの家の中の一つです。実際、加治木島津家からは、加治木家4代・久門島津氏第24代当主で薩摩藩第7代藩主の重年公に、加治木家5代・久万島津氏第25代当主で薩摩藩第8代藩主の重豪公に、と2人の藩主を出しています。
,  加治木島津家の墓は、加治木島津家2代・島津久薫と夫人達の多くの墓は
長年寺跡(加治木島津家墓地)にあり、宗家当主となった久門重年公)・久万重豪公)の墓は島津家当主の墓地である鹿児島市福昌寺跡にありますが、他の加治木家当主の墓は能仁寺墓地にあります。なお、婦人達でも一部の人の墓は能仁寺墓地にあり、久門重年公)・久万重豪公)以外の加治木家の墓は能仁寺墓地長年寺跡(加治木島津家墓地)とに分かれています。
,  能仁寺は元々、島津義弘公が戦死者の慰霊のために建立(こんりゅう)した般若寺の跡に加治木家初代の島津忠朗が万治元年(1658年)に建立したのが起源との由で、寛文10年(1670年)に現在地に移転したとの由です。
,  薩摩藩では明治の初めの廃仏毀釈を過度に行い、藩主菩提寺も含めて藩内の寺が全滅したため、能仁寺も廃寺になってしまいました。しかし、能仁寺墓地は残っています。能仁寺墓地に眠る加治木家の人々の内、初代忠朗と6代久徴の墓は市史跡に指定されているとの由です。なお、廃仏毀釈により島津一族の家の宗教が神道になったこともあろうかと拝察しますが、平成23年(2011年)現在の加治木加治木島津家当主であり、薩摩琵琶奏者や野太刀自顕流(薬丸自顕流)の剣術の使い手としても知られる島津義秀氏は、現在、姶良市旧加治木町の
精矛神社くわしほこじんじゃの宮司を務めておられます。
,  交通・アクセスは、JR九州 ・ 日豊本線 ・ 加治木駅地図)から車(タクシー等)または徒歩です。加治木駅地図)へは、2011年3月12日に全線開業した九州新幹線鹿児島中央駅地図)から、特急きりしま等の日豊本線の列車に乗れば行けます。また、鹿児島空港からのアクセス・バスでも行けます。
,  地図は、概ねこの辺りという精度です(精度の粗さはお許しいただきたく)。以下の電話番号は、姶良市役所のものです。
  最寄りの温泉地や温泉宿には、姶良市内の
姶良市の温泉,  霧島市国分温泉,  霧島市旧隼人町地域の温泉,  日当山(ひなたやま)温泉,  妙見温泉等があります。
  その他、島津氏宗家・庶流各家の墓/墓地については、当ホームページ内の
感応寺訪問記内の島津氏諸家の墓一覧表で、ご参照いただけます。)

加治木郷土館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県姶良市加治木町仮屋町250。Tel.:0995-62-2605。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも加治木郷土館として(リンク先URLは2011年5月現在)姶良市ホームページでも加治木郷土館として(リンク先URLは2011年5月現在)姶良市観光協会ホームページでも加治木郷土館として(リンク先URLは2013年3月現在)全国旅そうだんでも加治木郷土館として、じゃらんネットでも加治木町立図書館・郷土館として紹介されています。加治木島津館跡にあります。)

椋鳩十文学記念館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。鹿児島県姶良市加治木町反土2624-1。Tel.:0995-62-4800。鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも椋鳩十文学記念館として(リンク先URLは2011年5月現在)姶良市ホームページでも椋鳩十文学記念館として(リンク先URLは2011年5月現在)姶良市観光協会ホームページでも椋鳩十文学記念館として(リンク先URLは2013年3月現在)全国旅そうだんでも椋鳩十文学記念館として、じゃらんネットでも椋鳩十文学記念館として紹介されています。)

加治木くも合戦会場・加治木福祉センターの場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。住所:〒899-5215鹿児島県姶良市加治木町本町395、Tel.:0995-62-2111(姶良市加治木総合支所地域振興課)。2013年12月現在、毎年6月の第3日曜日に開催されるとの由です。毎年の具体的な開催日については、姶良市観光協会ホームページ上のキーワード「くも合戦」のgoogle検索結果でお調べいただけます。国の選択無形民俗文化財に指定されています。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも加治木くも合戦として、るるぶ.comでもくも合戦として、MAPPLE観光ガイド(マップル,まっぷる)でもくも合戦として紹介されています。)

ふれあい物産館の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:姶良市加治木町本町401、Tel.:0995-62-5311。姶良市ホームページでもふれあい物産館として(リンク先URLは2011年5月現在)紹介されています。)

加治木饅頭(の販売店の中の一店・美坂饅頭屋の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。販売店の中の1店・美坂饅頭屋さんの所在地で住所等を示せば、住所:〒899-5222 鹿児島県姶良市加治木町錦江町180、Tel.:0995-62-2545。鹿児島県ホームページ(鹿児島県庁)でも「加治木まんじゅう食べ歩きマップ」(googleでの検索結果ご参照)として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも加治木饅頭として、加治木町商工会でも特産品〜おかしの中で(リンク先URLは2011年5月現在)、製造・販売店の中の一つとして美坂饅頭屋公式WEBサイト(リンク先URLは2011年5月現在)、紹介されています。)

山形屋ストア・山形屋ショッピングプラザ加治木店
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図で場所を示せば、山形屋ショッピングプラザ加治木店の場所のとおり。住所:〒899-5215 鹿児島県姶良市加治木町本町349、Tel.:0995-63-8611。山形屋系列のスーパー・マーケット山形屋ストアのお店です。
  なお、
山形屋は、楽天市場にも【楽天市場】山形屋オンラインショップとして出店しています。)
→  【楽天市場】山形屋オンラインショップ

かもだ通り商店街協同組合(かもだ想い通り笑店街)

エディオン姶良加治木店
エディオン鹿児島の姶良加治木店です。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドで場所を示せば、リンク先のとおりです。エディオン鹿児島を運営するカコイグループは、楽天市場にも【楽天市場】デジ倉楽天市場店として出店しています。また、エディオン本体は、楽天市場【楽天市場】エディオン樂天市場店として出店しています。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ カコイエレクトロに載っているとおり、エディオン鹿児島を運営するカコイグループがフランチャイズ契約先をベスト電器からエディオンに変更して、2013年10月に旧鹿児島ベスト電器アーカイブ・ページ)の店舗からエディオン鹿児島の店舗に変わりました。)
→   【楽天市場】デジ倉楽天市場店
【楽天市場】エディオン樂天市場店

精矛神社(くわしほこじんじゃ)の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。〒899-5204 姶良市加治木町日木山311(姶良市加治木町日木山308-1とも)。Tel.:0995-62-5716。姶良市観光協会ホームページでも精矛神社として(リンク先URLは2013年12月現在)鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」((社)鹿児島県観光連盟&鹿児島県観光交流局観光課)でも精矛神社として(リンク先URLは2013年3月現在)鹿児島県神社庁ホームページでも精矛神社として、全国旅そうだんでも精矛神社として、じゃらんnetでも精矛神社として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも精矛神社として紹介されています。その他、関連するホームページとしては、精矛神社宮司を務める、加治木島津家現当主で、薩摩琵琶奏者にして薬丸自顕流(野太刀自顕流)の使い手でもある島津義秀氏の公式ブログ薩摩琵琶弾奏家 島津義秀のブログや、島津義秀氏が理事長を務めるNPO法人島津義弘公奉賛会等があります。精矛神社の御祭神が精矛厳健雄命(くわしほこいずたけをのみこと=島津義弘公)であることから、義弘公を偲んで始まった祭り「薩摩ISHIN祭」のウォーキング・ラリーのゴール地点が、精矛神社でもあります。「薩摩ISHIN祭」に関して詳しくは、薩摩ISHIN祭公式ブログ第2回 薩摩ISHIN祭公式ブログ等でご参照いただけます。)
→   【楽天ブックス】  島津義秀薩摩の秘剣 野太刀自顕流新潮新書,2005)


大平山安国寺大平山安国寺の場所(国指定史跡「南浦文之の墓」の場所)  (臨済宗 相国寺派)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:鹿児島県姶良市加治木町反土1810、Tel.:0995-63-2514。全国の安国寺全般については、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも安国寺,ならびに安国寺利生塔として紹介されています。大隅国安国寺である、ここ、鹿児島県 ・ 姶良市加治木町地域大平山安国寺については、栗林義長の歴旅でも平成18年12月15日 鹿児島の中で、歴史の足跡 ・ 全国各地の安国寺と利生塔でも大隅安国寺として、MCT 南九州ケーブルテレビネット ・ 取材先でも安国寺として、Samurai Worldサムライワールドでも安国寺 鹿児島県加治木町として、goo ・ タウンページでも安国寺として紹介されています。薩南学派僧・南浦文之,ならびに大平山安国寺境内にある南浦文之の墓については、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも南浦文之として、全国旅そうだんでも南浦文之の墓として、じゃらんnetでも南浦文之の墓として、私と鹿児島でも南浦文之の墓として、鴨着く島でも南浦文之の墓(加治木町城)として紹介されています。
  
大平山安国寺は、栗林義長の歴旅 ・ 平成18年12月15日 鹿児島によれば、室町幕府初代征夷大将軍 ・ 足利尊氏が、鎌倉時代から南北朝時代にかけての臨済宗の禅僧・夢窓疎石の勧めで、後醍醐天皇の菩提を弔うために全国に建立(こんりゅう)した寺「安国寺」と仏塔「安国寺利生塔」の、大隅国におけるものであるとの由です。建立当初の古寺は現在地よりも200mほど南西の地にあったとの由であり、京都妙心寺解説の末寺であったとの由です。
  鹿児島県の寺院は、藩主の寺院も含めて一時は全ての寺院が廃寺になった程の過激な廃仏毀釈で廃寺になった場合が多いのですが、栗林義長の歴旅 ・ 平成18年12月15日 鹿児島によれば、
大平山安国寺は、それよりもはるかに以前の江戸時代初期の島津氏宗家第18代当主(兼)薩摩藩初代藩主・島津家久(忠恒)公の時代に一旦、尊や山門などが薩摩国鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市)や薩摩国伊集院(現・鹿児島県 ・ 日置市伊集院町地域)に移されて、(江戸時代には既に)長い間「廃壊」状態のまま、放置されていたとの由です。大正13年(1924年)に鹿児島県 ・ 鹿児島市南洲寺の協力を得た結果、昭和10年(1935年)に、京都相国寺地図の末寺として再建されたとの由です。
  全国旅そうだん ・ 南浦文之の墓等によれば、
大平山安国寺境内には、安土桃山時代から江戸時代にかけての薩南学派儒学者として知られる臨済宗の僧侶・南浦文之の墓があるとの由であり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 南浦文之によれば、南浦文之の墓は、国の史跡に指定されているとの由です。薩南学派とは、室町時代から戦国時代にかけての儒学者で臨済宗の僧侶・桂庵玄樹に始まる薩摩国朱子学系の儒学の学派で、独自の新たな訓点「桂庵点」や、南浦文之がさらに改良した訓点「文之点」で知られる学派であるとの由です。
  
大平山安国寺加治木城跡南麓にあり、JR九州 ・ 日豊本線加治木駅地図)から徒歩15分であるとの由です。
  
大平山安国寺は、一時期は薩摩藩領内の寺院が1寺も残さずに全滅した、過度の廃仏毀釈が行われた鹿児島県においては、復興できた数少ない寺院の中の一つであり、この点で、とても貴重な寺院です。なお、大平山安国寺以外の鹿児島県内の、廃仏毀釈後に復興した歴史の古い寺院については、当ホームページ内の感応寺(感応禅寺),五廟社訪問記画面(ページ)の「鹿児島県内の、廃仏毀釈後に復興した歴史の古い寺院」欄で、ご参照いただけます。
→   (当HP内の)感応寺(感応禅寺),五廟社訪問記内の「鹿児島県内の、廃仏毀釈後に復興した歴史の古い寺院」欄


護国山法城院護国山法城院公式WEBサイト  (高野山真言宗
護国山法城院についてアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもNAVIの地図で場所を示せば、護国山法城院の場所のとおり。住所:鹿児島県姶良郡加治木町朝日町99,Tel.:0995-63-2672。九州八十八ヶ所百八霊場公式WEBサイトでも第43番 護国山法城院として、goo ・ タウンページでも高野山法城院として、iタウンページでも高野山法城院として、Yahoo! JAPAN ・ Yahoo! ロコでも護国山法城院として、遍路生活野宿生活でも九州八十八ヶ所百八霊場徒歩巡拝66日目 第43番法城院として紹介されています。
  護国山法城院公式WEBサイト ・ ご紹介によれば、
護国山法城院は、文禄5年/慶長元年(1596年)に、大隅国 桑原郡(後に、江戸時代には始羅郡(しらぐん)加治木(現・鹿児島県 ・ 姶良市加治木町地域)の加治木城城主の祈願所として開創されたとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 加治木城によれば、大隅国 桑原郡 加治木は、安土桃山時代の文禄4年(1595年)の太閤検地の結果、豊臣秀吉蔵入地(直轄領)になって一時期島津氏の手を離れた時期があり、日本の城跡 ・ 加治木城(別称:本城・大蔵城・古城),ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 加治木町によれば、石田三成が、その蔵入地の代官になったとの由です。したがって、護国山法城院が創建された文禄5年/慶長元年(1596年)の加治木城城主とは、戦国時代加治木城城主・加治木肝付氏(きもつきし)ではなく、城代として派遣された石田三成の部下であったことになります。具体的に誰であったかについては、存じ上げません。
  国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会:60巻.13(巻之37-39)コマ番号3,ならびにコマ番号31等によれば、江戸時代薩摩藩の地誌の本『三国名勝図会』の大隅国 始羅郡(しらぐん) 加治木郷の寺社の欄には、
法城院の名前が見当たりません。国立国会図書館ホームページ ・ 近代デジタルライブラリー ・ キーワード「三国名勝図会」の検索結果 ・ 三国名勝図会:60巻.13(巻之37-39)コマ番号31に、薩摩国 鹿児島郡 鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市鹿児島市地域)の真言宗の寺院・大乗院(現・高野山最大乗院)の末寺として、法城院山号と宗派と後述するとおり本山が同一の護国山長楽寺普門院の名が載っており、また、列挙された寺院の後に「等」の1文字があることから、『三国名勝図会』は代表例示であって限定列挙ではないことが窺えます。今日の護国山法城院江戸時代の前身寺院が、この護国山長楽寺普門院であったのか、それとも『三国名勝図会』では省略・割愛されて「等」の1文字で片付けられてしまっていたのか、そのいずれであるかは定かではありません。確認した上での史実ではなく推測ではありますが、上述のとおり山号と宗派と後述するとおり本山が同一であることから、江戸時代護国山長楽寺普門院の後継寺院が護国山法城院である可能性は、十分想定可能であると考えます。
  護国山法城院公式WEBサイト ・ ご紹介によれば、
護国山法城院は、慶応4年/明治元年(1868年)からの廃仏毀釈で、一旦廃寺になったとの由です。明治29年(1896年)に鹿児島県 ・ 鹿児島市鹿児島市地域高野山真言宗の寺院・高野山最大乗院の大仙和尚によって説教所として再興されて、大正3年(1914年)に、高野山開創千百年記念の際に独立した寺院になったとの由です。
  護国山法城院公式WEBサイト・トップ画面,ならびに九州八十八ヶ所百八霊場公式WEBサイト ・ 第43番 護国山法城院によれば、
護国山法城院は、九州八十八ヶ所百八霊場の第四十三番札所であるとの由です。
  
護国山法城院は、一時期は薩摩藩領内の寺院が1寺も残さずに全滅した、過度の廃仏毀釈が行われた鹿児島県においては、旧社地での復興であるのか移転復興であるのかは存じ上げませんが、いずれにせよ、復興できた数少ない寺院の中の一つであり、この点で、とても貴重な寺院です。なお、護国山法城院以外の鹿児島県内の、廃仏毀釈後に復興した歴史の古い寺院については、当ホームページ内の感応寺(感応禅寺),五廟社訪問記画面(ページ)の「鹿児島県内の、廃仏毀釈後に復興した歴史の古い寺院」欄で、ご参照いただけます。
→   (当HP内の)感応寺(感応禅寺),五廟社訪問記内の「鹿児島県内の、廃仏毀釈後に復興した歴史の古い寺院」欄


姶良市文化会館加音(カノン)ホール(旧・加治木町文化会館加音ホール)
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せば、姶良市文化会館加音ホールの場所のとおり。住所:〒899-5241 鹿児島県姶良市加治木町木田5348-185、Tel.:0995-62-6200。姶良市ホームページでも加音ホールとして、きりなびでも加音ホールとして、姶良・かごしま便りでもカテゴリー「加音ホール」として紹介されています。
  直属の付属オーケストラに
加音オーケストラがあり、また、2013年度にはあいらん家うまいもんフェスタ2013の会場になったとの由です。また、(株)舞研ホームページ ・ シアターシステム部によれば、姶良市文化会館加音ホールの音響設備の設備設計と保守は、(株)舞研ホームページが行っているとの由です。)

加音オーケストラ・ホームページ
(公式ブログ加音オーケストラ ブログもあります。姶良市文化会館加音ホール直属の付属オーケストラです。所属する姶良市文化会館加音ホールについて、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せば、姶良市文化会館加音ホール の場所のとおり。住所:〒899-5241 鹿児島県姶良市加治木町木田5348-185、Tel.:0995-62-6200。)

あいらん家うまいもんフェスタ(あいらん家うまいもんプロジェクト チーム日誌)
(2013年度開催の「あいらん家うまいもんフェスタ2013」については、あいらん家うまいもんフェスタ2013 Facebookページもあります。2013年度の場合、姶良市ホームページ ・ あいらん家うまいもんフェスタ2013によれば(リンク先URLは2013年12月現在)、「あいらん家うまいもんフェスタ」は、姶良市文化会館加音ホールで行われたとの由です。2013年度の会場姶良市文化会館加音ホールについて、アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せば、姶良市文化会館加音ホール の場所のとおり。住所:〒899-5241 鹿児島県姶良市加治木町木田5348-185、Tel.:0995‐66‐3111(姶良市商工観光課商工観光係),0995-73-6760(あいらん家うまいもんフェスタ実行委員会)。
  2013年度の場合、姶良市ホームページ ・ あいらん家うまいもんフェスタ2013によれば(リンク先URLは2013年12月現在)
あいらん家うまいもんフェスタのチケットは、姶良市役所(企画部商工観光課(姶良庁舎。住所:〒899-5492 姶良市宮島町25番地(地図),Tel.:0995-66-3111),加治木総合支所加治木地域振興課(加治木庁舎。住所:〒899-5294 姶良市加治木町本町253番地(地図),Tel.:0995-62ー2111),蒲生総合支所蒲生地域振興課(蒲生庁舎。住所:〒899-5392 姶良市蒲生町上久徳2399番地(地図),Tel.:0995-52ー1211)),蒲生観光交流センター(土日も販売),姶良市市商工会(本所(住所:〒899-5421 鹿児島県姶良市東餅田502番地(地図),Tel.:0995-65-2211)、加治木支所(住所:〒899-5212 鹿児島県姶良市加治木町諏訪町185-1地図),Tel.:0995-63-2295)、蒲生支所(住所:〒899-5302 鹿児島県姶良市蒲生町上久徳2699-1地図),Tel.:0995-52-0039))で入手可能であったとの由です(注:2014年度以降も同様であるか否かは不明)
  2014年度以降の開催日程や会場等については、姶良市ホームページ上のキーワード「あいらん家うまいもんフェスタ」でのgoogle検索結果,  姶良市観光協会上のキーワード「あいらん家うまいもんフェスタ」でのgoogle検索結果,  姶良市周遊観光バス「あいらびゅー号」公式WEBサイト上のキーワード「あいらん家うまいもんフェスタ」でのgoogle検索結果,  あいらん家うまいもんプロジェクト チーム日誌等でお調べいただけます。)

さえずりの森公式WEBサイト
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県でもさえずりの森として、MAPPLE観光ガイド(マップル,まっぷる)でもさえずりの森として、姶良市観光協会ホームページでもさえずりの森(キャンプ場)として(リンク先URLは2013年12月現在)、紹介されています。アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図で場所を示せば、さえずりの森の場所のとおり。住所:鹿児島県姶良市加治木町西別府3490、Tel.:0995-62-6666。さえずりの森キャンプ場(地図もあります。)

龍門司焼:龍門司焼企業組合ホームページ
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図で場所を示せば、龍門司焼企業組合の場所のとおり。住所:〒899-5203 姶良市姶良市加治木町小山田5940、Tel.:0995-62-2549。姶良市観光協会ホームページでも龍門司焼企業組合として(リンク先URLは2013年12月現在)鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも龍門司焼企業組合として(リンク先URLは2011年5月現在)MAPPLE観光ガイド(マップル,まっぷる)でも龍門司焼企業組合として紹介されています。龍門司焼の薩摩焼の焼き物については2011年5月現在、楽天市場でも【楽天市場】キーワード「龍門司焼+鹿児島」の検索結果 【楽天市場】キーワード「龍門司焼」の検索結果等でお求めいただけます。また、龍門司焼に限らず薩摩焼の焼き物についてや、薩摩切子や薩摩錫器等の工芸品については、楽天市場【楽天市場】山形屋オンラインショップ等でお求めいただくことができます。)
→   【楽天市場】キーワード「龍門司焼+鹿児島」の検索結果
【楽天市場】キーワード「龍門司焼」の検索結果
【楽天市場】山形屋オンラインショップ

龍門陶芸・健康の里「陶夢ランド(とむランド)」
アット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図で場所を示せば陶夢ランドの場所の場所のとおり。住所:姶良市加治木町小山田1583-1、Tel.:0995-62-1000。全国旅そうだんでも加治木龍門陶芸・健康の里陶夢ランドとして、じゃらんnetでも加治木龍門陶芸・健康の里陶夢ランドとして、姶良市観光協会ホームページでも陶夢ランド 屋内競技場として(リンク先URLは2013年12月現在)姶良市ホームページでも陶夢ランドとして(リンク先URLは2011年5月現在)、紹介されています。)

龍門司坂(坂の下(登り口))の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:姶良市加治木町木田高井田、Tel.:0995-62-2111(姶良市加治木総合支所企画課)。全国旅そうだんでも龍門司坂(国指定史跡)として、じゃらんnetでも龍門司坂(国指定史跡)として、姶良市観光協会ホームページでも龍門司坂として(リンク先URLは2013年12月現在)鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも龍門司坂として(リンク先URLは2011年5月現在)姶良市ホームページでも龍門司坂として(リンク先URLは2011年5月現在)S席かごしま・デートのアイデア(ブログ)でも竜門寺坂(たつもんじざか)として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも薩摩街道の中で紹介されています。)

金山橋の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:〒899-5203 鹿児島県姶良市加治木町小山田井手向地内 、Tel.:0995-62-2111(姶良市加治木総合支所地域振興課)。全国旅そうだんでも金山橋と板井手の滝として、じゃらんnetでも金山橋と板井手の滝として、姶良市観光協会ホームページでも金山橋として(リンク先URLは2013年12月現在)おじゃったもんせでも加治木のまち歩き・・・姶良市加治木町「金山橋新ビュースポット巡り」として、私と鹿児島 でも金山橋 として、、霧島っ子のブログでも姶良市加治木町 金山橋として紹介されています。
  この橋から、最寄りの
板井手の滝を見ることができるとの由です。)

板井手の滝の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:〒899-5203 鹿児島県姶良市加治木町小山田井手向地内 、Tel.:0995-62-2111(姶良市加治木総合支所地域振興課)。全国旅そうだんでも金山橋と板井手の滝として、じゃらんnetでも金山橋と板井手の滝として、姶良市観光協会ホームページでも板井手の滝として(リンク先URLは2013年12月現在)、紹介されています。
  最寄りの
金山橋から、見える滝であるとの由です。)

高岡公園の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。住所:姶良市加治木町西別府2944番地、Tel.:0995-62-2111(姶良市加治木総合支所企画課)。姶良市観光協会ホームページでも高岡公園として(リンク先URLは2013年12月現在)鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま((社)鹿児島県観光連盟 & 鹿児島県観光交流局観光課) ・ 観光スポットでも高岡公園として(リンク先URLは2011年5月現在)全国旅そうだんでも高岡公園として、S席かごしま・デートのアイデア(ブログ)でも高岡公園(加治木町)として紹介されています。)

鹿児島県県民の森丹生附(にっけ)地区の場所
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図 いつもガイドの地図。お問い合わせ先の中の一つ・「鹿児島県県民の森 緑化センター」は、住所:〒899-6401 鹿児島県霧島市溝辺町有川2987-37。Tel.:0995-59-2374。県民の森の公式WEBサイトは鹿児島県県民の森です(リンク先URLは2013年8月現在)霧島市溝辺町地域姶良市加治木町地域とにまたがっています。2011年5月時点での指定管理者(社)鹿児島県森林整備公社です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも鹿児島県県民の森として、全国旅そうだんでも鹿児島県県民の森として、じゃらんnetでも鹿児島県県民の森として紹介されています。丹生附(にっけ)地区には、鹿児島県県民の森丹生附オートキャンプ場があります。)

鹿児島県県民の森丹生附オートキャンプ場
(リンク先は楽天トラベル ・ たびノート ・ 鹿児島県のサブ・コンテンツ。MAPPLE観光ガイドでも鹿児島県県民の森丹生附オートキャンプ場として紹介されています。霧島市溝辺町地域姶良市加治木町地域とにまたがっています。鹿児島県県民の森丹生附(にっけ)地区にあります。)

<この地域+隣接エリア+その他県内のゴルフ場>
○   【楽天GORA】鹿児島県のゴルフ場一覧
○   【楽天GORA】鹿児島国際ゴルフ倶楽部(鹿児島県姶良市旧加治木町)
○   【楽天GORA】加治木カントリークラブ 日木山コース>(鹿児島県姶良市旧加治木町)
○   【楽天GORA】入来城山ゴルフ倶楽部(薩摩川内市入来町浦之名)
(この地域外ですが、かつて城山観光ホテル経営だったゴルフ場であり、個人的に城山観光ホテルの大ファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】島津ゴルフ倶楽部(鹿児島市宮之浦町)
(この地域外ですが、個人的に尚古集成館,  島津家別邸:名勝 仙巌園(磯庭園),  野天風呂 薩摩いろはの湯などを運営する島津興業グループのファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県指宿市開聞川尻)
(この地域外ですが、個人的に指宿いわさきホテル,  霧島いわさきホテル,  屋久島いわさきホテルなどいわさきグループのファンですので、載せておきます。)
○   【楽天GORA】コスモリゾート種子島ゴルフクラブ(鹿児島県熊毛郡中種子町増田)
(この地域外ですが、個人的に指宿いわさきホテル,  霧島いわさきホテル,  屋久島いわさきホテルなどいわさきグループのファンですので、載せておきます。)




(当HP内の)姶良市旧加治木町地域の温泉案内欄(再掲)
(リンク先は、(当HP内の)国分・隼人・姶良地域の温泉案内画面(ページ)内の該当箇所)

姶良市旧加治木町地域でのご宿泊は
【楽天トラベル】キーワード「姶良市加治木町」での、ホテル・旅館の検索結果(注)
(注) 検索結果では、姶良市旧加治木町地域以外の宿も表示されることがあり得ます旨、ご注意下さい。



<この地域の交通案内:時刻表参照サイト>
(当HP内の)九州新幹線乗車記,  特急きりしま乗車記
  姶良市加治木町地域へは、九州新幹線の終点・鹿児島中央駅特急きりしま等のJR日豊本線の列車に乗り換えれば行けます。JR九州、ならびにこの地域に着いてから乗り換えるいわさきバスネットワーク(旧・林田バス)南国交通の路線バス等の時刻表は、以下のリンク先でお調べいただけます。
→   ○   JR九州公式ホームページ

○   九州のバス時刻表

○   交通ナビかごしま


当画面(当ページ)内の目次
当画面(当ページ)の先頭(トップ)
霧島市 国分市地域 隼人町地域
霧島町地域(注) 牧園町地域(注)
溝辺町地域 横川町地域
福山町地域  
(注)   旧霧島町地域旧牧園町地域については、当画面(当ページ)よりも、当ホームページ内の別画面霧島観光案内の方が、詳しいです。

姶良市 加治木町地域 姶良町地域
蒲生町地域  
隣接エリア、ならびに重複エリアを紹介する、当ホームページ内の別ページ
→   (当HP内の)霧島観光案内

霧島市 霧島町地域 牧園町地域
湧水町 栗野町地域 吉松町地域





加治木城跡の場所(加治木旧城)
(リンク先はアット・ニフティ@nifty ・ @nifty地図いつもガイドの地図。住所:鹿児島県姶良市加治木反土、電話: 0995-62-2111(姶良市役所加治木総合支所)。全国旅そうだんでも加治木城跡として、城郭放浪記でも大隅・加治木城として(リンク先URLは2010年8月現在)お城の旅日記でも大隅 加治木城として(リンク先URLは2010年8月現在)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でも加治木城として、 星ヶ嶺、斬られて候でも加治木城(鹿児島県姶良市)として紹介されています。
  
加治木城跡は、大隅国加治木(現・鹿児島県姶良市加治木町地域)にあった中世城郭・加治木城の跡地で、市指定の史跡との由です。
  城郭放浪記 ・ 大隅・加治木城,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 加治木城によれば、
加治木城は元々、平安時代に当時の地元の豪族・大蔵氏によって築かれたとされていますが、正確な築城年代等は不明との由です。平安時代中に、当時男子に恵まれなかった大蔵良長が関白・藤原頼忠の三男・藤原経平を養子に迎え、経平が土着して加治木氏となり、鎌倉御家人として当地を支配したとの由です。城郭放浪記 ・ 大隅・加治木城,ならびにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 加治木城によれば、後に加治木氏は、大隅国帖佐(ちょうさ;現・鹿児島県 ・ 姶良市姶良町地域の一部)の瓜生野城(建昌城)城主で、島津氏の庶流(分家)・豊州家(豊州島津氏)の初代当主・島津季久の三男・満久を養子に迎えましたが、満久の子・久平の代に島津氏(島津宗家)に叛旗を翻してしまったとの由です。これに怒った薩摩国鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市)の清水城しみずじょう城主で、三州(薩摩国,  大隅国,  日向国守護職の島津氏第10代当主・島津忠昌公に攻められて敗れ、加治木氏は薩摩国阿多(現・南さつま市金峰町地域)に移封になったとの由です。
  城郭放浪記 ・ 大隅・加治木城によれば、加治木氏退去後の
加治木城には、大隅国垂水(たるみず;現・鹿児島県 ・ 垂水市の一部)の垂水本城城主の伊地知氏庶流の伊地知重貞が、加治木地頭になって入城したとの由です。
  
加治木城は、詳しくは当ホームページ内の亀丸城(伊作城)紹介欄,  亀ヶ城紹介欄,ならびに出水城紹介欄で述べた経緯により、戦国時代の大永7年(1527年)〜天文8年(1539年)に、「島津氏庶流の伊作家(伊作島津家)第10代当主(兼)島津氏庶流の相州家(相州島津家)第3代当主の日新斎(じっしんさい)島津忠良公+島津氏宗家第15代当主・島津貴久公」父子と、島津氏庶流の薩州家第5代当主の島津実久(しまづ さねひさ)との間で行われた、島津氏宗家第14代当主・島津忠兼(後の島津勝久)公の後継者争いを巡っての島津氏の内紛・内ゲバ抗争において、その初期の舞台の中の一つになりました。戦国時代の永正16年(1519年)に島津氏宗家の後を継いだ島津氏宗家第14代当主・島津忠兼(後の島津勝久)公は、権力基盤が弱かったため、詳しくは当ホームページ内の亀丸城(伊作城)紹介欄欄等で解説した様々な経緯の後、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津勝久,ならびに島津忠良,ならびに戦国島津+夢の牙城 ・ 島津家年表等によれば、島津氏の有力庶流で、かつ英明の評価が高かった、薩摩国伊作(現・鹿児島県 ・ 日置市吹上町地域の一部)の亀丸城(伊作城)伊作家(伊作島津家)第10代当主(兼)薩摩国田布施(現・鹿児島県 ・ 南さつま市金峰町地域)の亀ヶ城相州家(相州島津家)第3代当主の日新斎(じっしんさい)島津忠良公の力を借りることになったとの由です。このため、日新斎島津忠良公の嫡男・島津貴久公を大永6年(1526年)に養子に迎え入れることになり、翌大永7年(1527年)、島津氏宗家前当主・島津忠兼(後の島津勝久)公は、日新斎島津忠良公の領地・薩摩国伊作の亀丸城(伊作城)で隠居し、島津氏宗家第15代当主・島津貴久公が、薩摩国鹿児島(現・鹿児島県 ・ 鹿児島市)の清水城に入ったとの由です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ・ 島津実久,  島津勝久,ならびに島津忠良等によれば、この政治情勢を快く思わず自らが島津氏宗家の座を継ごうとした、島津氏のもう一つの有力分家であった薩州家(薩州島津氏)第5代当主で、薩摩国出水(いずみ;現・鹿児島県 ・ 出水市出水市地域)の出水城城主の島津実久(しまづ さねひさ)は反発して、大永7年(1527年)に謀反を起こしました。
  城郭放浪記 ・ 大隅・平山城によれば、島津実久の謀反の前年の大永6年(1526年)暮れに、大隅国帖佐(ちょうさ;現・鹿児島県 ・ 姶良市姶良町地域の一部)の
平山城(平安城)